お待たせしました。
明日9/22(金)から、10月分の予約を受け付けます。
受付時間は、明日9/22、明後日9/23、8時30分~9時、17時45分~18時です。

9月分にまだ少し空きがあります。
9/22(金)18時~18時30分
9/26(火)19時~19時30分
9/27(水)12時~12時30分
9/29(金)18時~18時30分
9/30(土)16時~16時30分
併せて明日より受付けます。

皆様の御予約お待ちしています。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
見極めること。
見極めが足りないから、賞味期限の短い男性と付き合うことになる。

私は、半年で恋が終わる男性の特徴を知っている。
その特徴とは、
それは、「仕事が安定していない男性」
仕事が安定していない男性は恋愛も安定しない。
だから、半年で息が切れてしまう。
このことを女性がよく知るべし。よく勉強して、よく理解すること。
よく勉強し、よく理解すれば、仕事が不安定な男性とは付き合わないはずだ。

私は半年で恋が終わる女性の特徴も知っている。
その特徴とは、
それは、「恋愛が中心になる女性」
男性のバックボーン(仕事)を見ないで、男の恋心の気持ちの上げ下げばかりを見ている。「連絡が取れない=私への気持ちが下がった」とばかり見て、なぜ男性の仕事の安定不安定を見ないのか?不思議でしょうがない。これだから半年で恋が終わってしまうのだよ。


1,半年で恋が終わる男性は、仕事が暇なときに恋をする。
2,半年で恋が終わる男性は、仕事が不安定な時に恋をする。
3,半年で恋が終わる男性は、精神が病んでいるときに恋をする。

1は忙しくなれば彼女を放置して仕事に戻る、遊びは終りだと言わんばかりに。
2は仕事が不安定で将来に不安があるから女に逃げ込むが、不安定な男ほど長く続かない。女に逃げ込んだのは錯覚だとあとで気づく。
3は孤独で可愛そうな男性を演じて女性の母性愛をくすぐるが、精神的に病んでいるので恋愛が長くつかない。母性愛だけが取り残されて後始末の悪い終り方となる。

いずれのパターンも、仕事が不安定な男性の特徴。
それで、次の対策が取れる。


●入社5年未満の男性とは付き合わないこと。男性は5年を経過してから安定する。5年未満は常に不安定。

●近々転勤がある男性とは付き合わないこと。男性は転勤が決まると心が不安定になり、彼女との別れのスイッチが入る。

●仕事にストレスを抱えている、仕事の愚痴不満ばかりこぼしている男性とは付き合わないこと。仕事に対する愚痴不満が多い男性は仕事ができない男。仕事ができない男=仕事が不安定。だから、恋はすぐに終わる。

●不健康な人とは付き合わないこと。女性ならそっちの勘は働くだろう。その男性の健康面、心身共に健康か不健康か?直感で分かるはずだ。同情や母性愛で付き合うのではなく、「不健康な人とは付き合わない」と自分でルールを作るしかない。

以上が対策。
男性の見方はその男性の恋心より、その男性の仕事を見ること。バックボーン(仕事)をしっかり見ないで恋をすると失敗するよ。


では、そういう男性とすでに付き合っている女性はどうすればいいのですか?
答えは簡単。
あきらめよう・・・そうすればうまくいく。


「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」にもいろいろな解釈がある。
「仕事が不安定な人との恋愛の成就はあきらめること、成就は仕事が安定してから」彼の仕事が安定するまで、グレーでもなんでもいいから併走して付き合うこと。そんな形で3年~5年付き合えば、彼の仕事は安定する。普通の男性なら安定するはずだ。その間白黒求めないで、彼が成長するまで待てば良い。

そんなに待てないと言うのなら、彼をあきらめて他を見ればいい。あなたの人生だ、そうすればうまくいく。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
鑑定において毎日のようにある、男性の恋愛の賞味期限が短い話が。

「男性の恋の賞味期限は半年」
半年たてば男性の恋心は下がる。
半年以内で恋が終わったという相談は多い。

順調でラブラブだった期間はわずか2ヶ月。
3ヶ月目に入ると彼の仕事が急に忙しくなり連絡が取れなくなった。
白黒決着型の女性は、2ヶ月間、苦しんだ後に最後の勝負(自爆)に出て終わる。
半年以内で恋が終わる話は無数にある。

「男性の恋の賞味期限は半年」半年で終わったという相談内容が、毎日2~3名はいる。これをトータルで換算すると、15年で1万8千人ほどの数となります。私のところでこのくらいの数ですから、全国に広げるとおぞましい数になるのではないでしょうか。

最初は彼からのアプローチが凄かった。
連絡は毎日、デートは週に2~3回。
これでもか、これでもか、という彼の情熱に押されて私は久しぶりに恋に落ちた。ところが、この夢心地の時間はわずか2ヶ月で終わった。3ヶ月あたりから彼との連絡が取りづらくなった。あの日を最後にもう2ヶ月も彼に会っていない・・・。散々苦しんだあげく私は自ら彼に別れを告げた。この苦しみがいつまで続くの?苦しみから解放されたくて、しかたなく私から別れを告げた。でも・・・別れを告げて後悔した。次の日に早速彼に謝罪の連絡を入れたが、彼からはそのことについて一切返事が来ない。何度連絡しても返事が来ない。彼は私をずっとグレーにしたまま。はっきりしないまま今も悩みが続いている。彼は何を考えているの?私はどうすればいいの?

こんな訳の分からない、答えの見つからない相談ばかりが永遠と続く。
こうなったら、個人個人状況は違うが、大きくまとめるしかない。

大きくまとめると、
答えは女性が見つけること。
判断は女性がすること。

今の時代はそれでいい。
いつまでも男に頼るな!判断は女がすること。
これでいい。

今日からあなたは、答えは自分で見つけ自分で判断を下せる自立した女性になろう。いつまでも男性に頼るな、依存するな、甘えるな、こんなことをするボンクラ男などこっちから願い下げだ、切ってしまえ。そのくらいでいい。

答えは自分で見つけ、
判断は自分で下せる、
自立した女性になろう。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
「男性の恋の賞味期限は半年」とはよく言ったもので、本当に半年で男性の気持ちが下がっている恋愛は多い。しかも最近は、賞味期限がどんどん短くなっている。

なぜ男性は?突然気持ちが下がるのか?
単純に説明すると、
それは生殖機能の差です。
つまり性欲、性機能、SEXの感じ方の差です。
男性は一気に盛り上がり一気に果てる。
女性はじわじわと盛り上がる。
男性は一気、女性はじわじわ。
この差が男女にあります。
この差が、男性の恋の趣味期限は短く、女性の恋の賞味期限は長いということになります。生殖機能の差はそれぞれの男女の性格を司り、本能となります。
なぜ男性は?突然気持ちが下がるのか?これでおわかり頂けたでしょうか。答えは生殖機能の差だと。

では、男性の賞味期限を長く待たせるにはどうすればいいのですか?賞味期限を長く持たせてそのまま結婚まで持って行くにはどうすればいいのですか?

ここから答えが難しくなります。
方法は宇宙の法則くらい無限にあるからです。
そのときは私の鑑定を受けてください。

賞味期限を長く持たす方法を一つだけ言えるとすれば、
女性たちが早い段階で「スイッチ」を入れないことです。
好きというスイッチ。
このスイッチが女性に入った途端、男性の気持ちが冷めます。
この仕組みは今も昔も変わらない。なぜなら男性はハンターの本能を持っているからです。獲物を100%自分のものにするまでは頑張るが、100%自分のものにしたら頑張らない。釣った魚に餌を与えない。女性が好きになった時点でこの現象が起き、男性の気持ちが下がっていくのです。早い段間で彼を上回る好きに女性側がならないことです。「彼を上回る好きになるのは結婚式が終わってから」これを目標にするといいでしょう。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

世の中に携帯という便利なものが出来たお陰で音信不通という厄介なものが出来た。音信不通は人の心を傷つけ、これ以上ない不安と苦しみを与え、生きる希望まで失う精神的屈辱は音信不通以外に他は見当たらない。

人間は5つの欲求で生きている。第一の欲求(生理的欲求)第二の欲求(安全欲求)第三の欲求(社会的欲求)第四の欲求(尊厳欲求・承認欲求)第五の欲求(自己実現の欲求)以下マズローの欲求5段階説より。

音信不通は全ての欲求に対して迫害と危険を与えるものである。とくに第四の欲求である(尊厳と承認の欲求)人は愛する人に認められ、愛され愛することで生きる尊厳(希望)を持ちたい。なのに・・・音信不通は、人の尊厳を無視し、認められるのを無視する、ひどく凶悪な仕打ちである。音信不通にしている本人は気づいていないが、音信不通にされた側は、人の尊厳を無視され、愛する人に認めてもらえない、これ以上ない悲しみと苦しみに耐えているのである。第四の欲求である(尊厳と承認の欲求)を無視する音信不通、これは人としてやってはいけない行為である。


音信不通=人としてやってはいけない行為。文部科学省はこれを辞書に載せ、学校教育で教えるべきである。(私の記事を参考にしてもいい)

さて、
人としてやってはいけない行為の音信不通。

なぜ男性は?ひどく凶悪な仕打ちである音信不通を突然するのか?
それは私にも分からない。
ただ多い。
理由は分からないが、多いのは事実である。
なぜこんなに多くなったのか?

ここから私の仮説を述べる。
私が思うのは、学歴社会でエリート色が強くなった分、人に対する情が薄くなった。競争社会で揉まれているうちに人を思いやる心を失った。そういった時代の積み重ねによって音信不通が増えてきたのではないかと思う。

競争社会では他人よりまずは自分、自分さえ良ければいいという性格が出来上がる。音信不通にしている男性の性格で一番多いのは、自分勝手オトコである。自分勝手オトコは、プライドが高く自分さえ良ければいいという性格が強く、世の中の全てが自分を中心に回っていると思っている。その性格が音信不通にしている一番の元凶である。

学歴社会でエリート色が強くなった?
学歴=頭がいい?
私は学歴=バカだと思っている。
本当に頭がいいのは学歴ではない。
学歴は単なる記憶力に過ぎない。
記憶力を養う環境に恵まれただけ。
誰しもその環境を与えられればいい学歴は持てる。
人間の脳神経細胞の数に差はないからだ。

私が本当に頭のいいと思っている人間は人として出来た人間。
人が出来ている人間は音信不通などしない。
人を思いやる心を持っている人間こそが本当に頭がいい。

学歴が良くても人間失格の人は大勢いる。
人間失格の人が音信不通にしているのは事実。
彼らは頭がいいわけではない、彼らは人間として失格しているだけである。


音信不通にされている皆さんへ。
音信不通は頭の悪い男がすること。
別に君の彼氏のことを悪くいっているつもりはない、人間失格として事実を言っているのである。人間失格になるのは彼だけのせいではない。社会や政治も悪い。政治・社会がブラック化すれば、当然人間失格の人間は増える。今は個人ではコントロールできない時代になっているのかもしれない。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
それは男性にとって、「仕事と彼女」どっちが大切か?という問いになります。
女性の皆さんはどうですか、「仕事と彼氏」どっちが大切ですか?

答えはそれぞれの判断に任すとして、私の長年の鑑定経験では、男性は彼女より仕事の方が大切という答えになります。ここで出来上がったルールが「男は仕事が命」。この答えをメインに私は長年ブログを書き続けてきました。男は仕事が命、男は仕事が命、これを何百何千と書き続けてきました。これだけ書いても、女性の皆さんには到底理解できないと思います。何故なら女性は「恋愛が命」だから。恋愛を命とする女性にいくら男は仕事が命だと説明しても理解はできないと思います。それこそ人類が誕生して以来、何十万年も引き継がれてきた本能の遺伝子、「男は仕事が命」「女は恋愛が命」というDNAをたかだか10年ちょっとのブログで変えることはできません。私個人の努力では、人間の本能は変えることはできない。それも承知している。承知しているが、私はあえてそれにチャレンジしている。そうでないと、男性の仕事が忙しくなり放置された女性たちがいつまでも苦しみ悩むからです。この悩みを軽減するために、私はこのブログを通して「男とはこういうものだよ」と本能の翻訳家として、説明しているのです。

中にはこういう反論もあります。
いくら忙しくても彼女を大切にする男性はいます。大切にしないのは、彼女のことを愛していないからだと。

もちろん、いくら忙しくても彼女を大切にする男性はいます。大切な彼女を仕事が忙しくなったくらいで放置などしない、これも男のルールだからです。この男のルールは私も持っていますが、世界的にみて優秀な日本男子なら誰しも持っていると思います。その男のルールを私は「基本」と呼んでいます。男は仕事に一生懸命励み家族を大切にする。「社会に貢献し、女房・子供を守る」これが男の基本だからです。この基本がある男性は、どんなに忙しくても彼女を放置することはありません。放置はしませんが、仕事が忙しくなった分、彼女との接する時間がなくなり、連絡頻度や会う頻度は少なくなりますが、彼女を不安にさせ寂しい思いをさせないようなフォローはちゃんとできています。基本を持っている男性なら、女性も安心して付き合えるはずです。

いくら忙しくても彼女を大切にする男性と、忙しくなったら彼女を放置する男性の差は、基本を持っているか?持っていないか?の差だと思います。


では、基本を持っている男性は日本にどのくらいいるのでしょうか?
私は大勢いると思います。
たまたま私のところへ相談に訪れている女性は、基本を持っていない男性と付き合っている人の方が多いですが、広く世間を見渡せば基本を持っている男性方が多いのではないでしょうか。

彼の仕事が忙しくなり放置された女性たちへ。
放置されて苦しいと思います。
いろいろなネガティブな悩みも引き起こし、頭の中はモヤモヤでぐるんぐるんしていると思います。来る日も来る日もネガティブスパイラルにいるあなた、そろそろ考え方を変えてみませんか?

悩みというものは思考です。
思考とは考え方です。
考え方を、そろそろ変えてみませんか?

この場合、どんな考えが正しいか?
せっかく彼のことで考えて悩んでいるのなら、彼のことを正しく分析してみることです。
分析には目標が必要です。目標の題材は、「彼は基本を持っているか?」という題材にするといいでしょう。

彼は基本を持っていますか?
愛ではなく基本を持っていますか?
私が好き・・・ではなく、彼は基本を持っていますか?

彼のことが好きという感情だけでは、男の本質である基本を見極めることができません。
どうぞ好きだという感情を抑えてください。その好きという感情では判断を間違えてしまうから、好きという感情は捨ててください。好きという感情がコントロールできたら、彼は基本を持っているか?持っていないか?冷静に正しく判断してください。

思考を変えなさいというのは、彼を正しく見極めて判断することをいいます。

彼は基本を持っていますか?
基本を持っていないと判断できれば、彼を切ることです。
そうやって放置する男性を切ることが出来ます。
そして、その判断は正しかったと後生に引き継がれるでしょう。

大丈夫。
世の中には、基本を持っていない男性より、基本を持っている男性の方がたくさんいる。
それを信じることです。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
転職=彼女との別れ。
転勤=彼女との別れ。
男性は、仕事の環境が変わると恋愛を終りにしたくなる。
なぜ?
それが男だからだ。

私も最初はなぜ???と思った。
たかだか仕事の環境が変わっただけで大切な彼女と別れるなんてあり得ない。同じ男としてそれはあり得ないと思っていた。だが、現実ではそれが起きている。ひとつふたつの事例ではなく、私の鑑定でも何万人と起きている。この多さは半端ではない。これが現代社会の負の象徴なのかもしれない。今は昔と違って、環境が変われば男と女は別れる時代になった。なぜ?仕事の環境が変わると恋愛を終りにしたくなるのか、「それが男だから」という答えしか今は見つからない。あまりにも多いので、その多さから、そういう答えになった。それが男だからという答えに。

だから私はルールを作った。
男性選びは、「仕事が安定している人を選ぶこと」
近々転勤がある人、転職を考えている人は選ばないこと。
男は仕事の環境が変われば彼女と別れる。この失敗を未然に防ぐために、近々転勤がある人、転職を考えている人は選ばないこと。これがルール。このルールに従えば、失敗を未然に防げる。

なぜ男性は?仕事の環境が変わると恋愛を終りにしたいのか?
もっとかみ砕いて言えば、
それは男と仕事の関係性にある。
男にとって仕事とは、
命。
まさしく命。
辛くてしんどくても避けて通れない命。
できれば仕事などしたくない、だが働かねばおまんまが食えない。おまんまが食えねば死ぬだけ。まさしく生死をかけた命。
その命に比べれば恋愛など大したことない。命が不安定なら恋愛はさっさと終りにすればいい。これが現代社会の男の考え、としかいいようがない。

これが男なら、
正直言って「情けなか~」と思う。
同じ男として、それはない。あまりにも情けない。それでは男失格だ。
こういう男を私は「基本がない男」と呼んでいる。

男の基本とは、
男とは荷物を背負ってナンボ。
女房・子供を背負ってナンボ。
女房・子供を背負っても余裕があるのが男の基本。
基本を持っている男もこの世にはたくさんいる。
あなたは、基本を持っている男を探すことだね。

女の命とは、
基本を持っている男を捜すこと。
それを好きになること。
これ女の宿命。
そう考えれば良い。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
それは自信がないから。
彼女を幸せにする自信がない。
だから、肝心な話し合いができない。
話し合いをしたくても、自分には準備ができていない、今は準備不足だ。準備が整うまで、これなら間違いないという確信が持てるまで男は肝心な話し合いをしない。もし準備不足で話し合いをしたら、ダメになったとき男のプライドが傷つく。男は役に立たない、使い物にならない男と思われるのを最も警戒する。ダメ男と彼女に思われたくないからだ。だから肝心な話し合いはスルーする。スルーすれば、時間稼ぎができるからだ。

では、準備ができて自信のある男はどうか?準備ができて自信のある男でも肝心な話し合いをしないことがある。なぜ肝心な話し合いをしないのか?それは彼女が急かすからだ。女に急かされて話し合いをするのは男の沽券に関わる。自信のある男はプライドも高いので、自分のペースで肝心な話し合いをしたい。急かす女は焦りがにじみ出て、とてもネガティブで、とても暗くて、とても嫌な感情を持っている。そんな暗い女と話し合いをしたところで、まとまる話もまとまらないで、かえって気分を悪くする。自信のある男が彼女と肝心な話し合いをするときは、彼女がポジティブな時と決まっている。


男が肝心な話し合いをするときは、
準備が整ったとき。
そして、自信がついたとき。
そこまで待ちなさい。
と、いうしかない。

でも、多くの女性が待てない。
女性は愛に関してはせっかちだからだ。
なぜせっかちになるのか、女性にはタイムリミットがあるからだ。

ならば勝負に出なさい。
ただし、明るく、ね。
ポジティブな感情で勝負に出ること。
女性の準備は、ネガティブ感情をポジティブ感情に持っていくこと。
ポジティブな感情が整えば、前向きな話し合いの勝負出てもいい。

女性の前向きな勝負なら、男性にインパクトを与えることができる。
ネガティブならNOだが、ポジティブならYES、これが仕事をする男脳には組み込まれている。ポジティブに前向きに話し合えば、理解もするし、応えてもくれるだろう。


基本的に男性という生き物は、女性にとって厄介で面倒臭い生き物。
仕事では肝心な話し合いをするが、プライベートではしない。
この辺が厄介で面倒臭い生き物。

では果たして、男性は仕事で肝心な話し合いをしているのか?それも疑わしい。男性だって感情を持っている生き物だ。嫌な上司とは肝心な話し合いをしない。どっちかというと忌み嫌って避けている。嫌な上司は自分のことを意地悪する、とても嫌な奴。感情論で叱咤し、罵声も浴びせる。こんな奴と腹を割った話し合いなどできるわけがない。話し合えば、頭ごなしに言われるだけで気分を悪くする。肝心な話し合いができる上司は自分の味方と決まっている。自分の味方である上司は尊敬できる。ネガティブな嫌な上司よりポジティブな尊敬できる上司と話し合いをしたい。

あなたが、
嫌な上司になっていませんか?
口うるさく、ネガティブで、相手を責め立てて自爆する嫌な上司になっていませんか?もしそうなら、彼はあなたと肝心な話し合いをしません。忌み嫌って避けるだけです。


男性が肝心な話し合いをするときは、
準備が整って自信があるとき。
まずはそこまで待とう。

準備が整って自信がある男性が肝心な話し合いをするときは、
明るくて可愛くてポジティブな女性に彼女がなったとき。
前向きな女性とは、いくらでも男性は肝心な話し合いができる。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
それは、キープしたいから。
なぜ、キープしたいか?
それは、自信がないから。
自信のない男性はキープしたまま未来の成長する自分へと繋ぐ。
いつか自分が成長して、彼女を幸せにできる男になるまで彼女をキープしたい。
今の自分では彼女を幸せにすることができない、今の自分は準備不足だ。

何が準備不足?
1はお金。自分にはお金がない、今の経済力では彼女を幸せにすることができない。
2は精神的なもの。彼女と結婚する心構えができていない、自分はまだまだ遊びたいし、結婚して不自由になりたくない、自分にはまだまだやりたいことがたくさんある。

男性のキープって愛なの?
それは、愛。
男性特有の愛。
その愛は未来に向けたチャレンジ。
今の自分はダメ、でも未来の自分は違う、みたいなチャレンジ。
チャレンジ精神はどの男性も持っている。
だが、全員がチャレンジに成功するわけではない。
8割強は失敗に終わる。
失敗した8割はキープした彼女にこう言う。
「別れよう・・・僕では君を幸せにすることができない、君はいい女だ、君にはもっとふさわしい人がいるよ」と、彼女の幸せを願って別れを切り出す。
男は一度愛した女の幸せを願う。
これも男の愛。

キープした男性は、いつもそうやって女性を待たす、はっきりしないままに。

私は思う。男性のキープ愛は統計的には高い確率で終わる。私ならこんな高い確率で終わる愛にチャレンジなどしない。8割強で負け戦となるギャンブルにわざわざ投資するバカはいないからだ。私が女性なら、はっきりしない男性とは別れる。勇気を持って別れる。どんなに愛していても、どんなに辛くても、どんなに悲しくても、勇気を持って別れる。この勇気ある別れこそが、女性のチャレンジ。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
なぜ男性は?
浮気をするの?
その理由は、前回の記事の「自由」
野に放たれた野獣は自由を求める。
これが浮気の原因。

子供を産まない男性は、愛は一途という女性のような本能に目覚めない。
男性の愛はばらまき。
ばらまいて、物色して、最後に自分が一番気に入ったものと夫婦になりたい。また、いつまでもばらまいて物色していたら疲れる。なぜ疲れるか?男性の基本は女性との愛ではないからだ。「男性の基本は仕事」女性を愛することが男性の人生ではない、女性との愛は、基本の仕事を安定させるためのもの。だから愛は一過性で長く続かない。男性が女性を愛する時間は短い。賞味期限は半年。限度の半年が過ぎれば、基本である仕事に男性は戻ろうとする。


多くの女性が男性の浮気で悩んでいる。
なぜ悩むのか?
それは男性の本能を知らないからだ。
また、女性だから悩むのだ。
あなたが男になっちぇば悩まなくなる。
男になる?それは無理だと言うかもしれない。
ならば、男の心理をよく勉強して悩まない女性になればいい。

男性の本能は、愛ではない。
女性を愛することだけが男性の本能ではない。またそれが一生ではない。
ではなぜ最初にあれだけテンションが上がるの?最初は彼からのアプローチが凄かった。これもよく聞く話。多くの女性たちが同じことを言っている、最初は彼からのアプローチが凄かったと。これは男の愛の本能ではなく、野生の性欲の本能。性衝動を抑えきれない躍動感に過ぎない。愛よりも性欲、それを愛と勘違いするから、すぐに相手が消えてなくなる。単なる男のばらまきに引っかかっただけ。男の本物の愛は、ばらまきが終わったあと、植えた種が熟成して一本だけ大きな花を咲かせた愛、その女性を本命とする。本命だけ見つければ、男の恋愛はこれで終り。あとは仕事に戻るだけ。男性の女性への愛は、基本である仕事を安定させるためのもの。それに女性が気づけば、愛は不変となる。不変となれば、男性は浮気をしない。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。