ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 5、最後にいつ別れてもいい覚悟で付き合う
女性の皆さんに、驚くべき事実を伝えよう。

男性は、
「いつ別れても覚悟で、女性と付き合っている」ということだ。
ええ?と思うかもしれませんが、それが事実だ。

男は頭のどこかで女と別れる覚悟をもって付き合っている。
女性と付き合うことは楽しいが、それだけが男の人生ではない。
確かに女性との付き合いは刺激的だ。本能を揺さぶる出来事がたくさん起こる。
霞みかかったシークレットの秘密の園を暴くのはとても神秘的でやりがいがある。
まさしく男の闘争本能に火がつく。「オレは男だ!」を実感しながら野生のサガを発揮できる。

だが、味気ない。最初は女を求めるサガが強かったけど、時間の経過と共に味気なくなってしまった。女と長く居ることを男の本能は求めていない。24時間、365日、そこだけに思考を照らすわけにはいかない。女と長く居ると疲れる。女との付き合いが人生の全てではない。女といる時間は一瞬でいい。与えられた人生の1割でいい。残り9割は自分で自由に使いたい。男は9割の時間を大切にしたい。女と愛を語り合うより、仕事と語りたい。「オマエ今後仕事はどうするんだ、このままだと仕事がダメになって仕事を失うぞ」という恐怖と戦いたい。仕事には夢と恐怖があって、それが男の人生の大半の時間を費やす。

男の、人生の時間割を示すとこうなる。
仕事に55%。
睡眠時間に25%。
趣味・友人との付き合い、ボーとしている自由時間に10%。
最後に恋愛に10%。

恋愛に用する時間は10%。多くて一日2時間ちょっと。
一日2時間として、一週間で14時間、1カ月で60時間、1年で730時間。この時間は行動している時間ばかりではなく、彼女のことを思っている時間もカウントする。行動における稼働率は大体50%くらいである。


稼働率50%として、
恋人のことを思っているのが1日1時間。メールやラインで連絡を取る行動時間が1日15分。残り45分がデートに充てる時間。週に1回デートするとなるとデートの時間は約5時間となる。

行動における稼働率で再計算すると。
行動する時間は、1日1時間、週で7時間、1か月で30時間、1年で365時間となる。彼があなたに費やす時間は1週間で7時間しかない。
週末あなたとデートして1泊したとすると、彼は恋愛に24時間使いきったとなる。デートは週に5時間しか使えない彼は、もうすでに1日でデート5回分使ってしまったことになる。そうなると次のデートは1週間後ではなく1か月以上先となる。これがよく起きている現象。男性の恋愛の持ち時間はほぼ決まっている。持ち時間をオーバーすると、男性は自分の時間を取り戻すため、恋愛の時間を削る。

よく起きている現象は、
彼女の誕生日に、イベントで2泊3日の旅行をプレゼントしたとする。
そのあと彼と3カ月も連絡が取れないことはよくあること。男からすれば、3か月分の時間を彼女に費やしたから、今は動く気がしない。行動する時間はないが、彼女のことを思っている時間はある。今はそれに時間を費やしているだけ。

たっぷり楽しんだ後に急に冷たくなる男の心理はそこにある。男の習性を知れば、何も苦しむことはない。男はお腹いっぱいになるとしばらく餌を求めないからだ。男の時間管理を女性が知れば、何も案ずることはない。ああ~彼は私に3か月分の時間をイベントで使いきってしまった。「だから3カ月放置しよう」それでいいのである。


男性は女性とはいつ別れてもいいという覚悟が持てるのは、その時間管理にある。恋愛にかけられる時間は10%。それをオーバーする女性とは、いつ別れてもいいという覚悟を持ちやすい。皆さんと恋愛相談をするたびに、男の心理が、如実にわかってくる。男には恋愛する時間に限りがあると。

さて、あなたも「いつ別れてもいい覚悟で付き合う」ことをやってみたら。これを女性たちに推奨したい。
女性の「いつ別れてもいい覚悟とは?」男性とはまったく異なる心理。
これを次回述べます。


沖川の書籍はこちら

鑑定の予約はこちら

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

No title

男性が、いつ別れてもいい覚悟で付き合っている。
驚くべき、初耳です。
なるなる、なるほどですね〜〜

これすごく分かります!

女ですが、私も今はそんなつもりで
婚活してます。
付き合う段階にもいけないときもしばしばで。

昔はそうではなかったのですが、
今はそう。一瞬一瞬大切にと言いますか。


そしてこの男の気持ちもすごく良く分かる。

女の友人同士で1日会ったりランチしたり、
長時間長電話に付き合ったのに…
何故次の日もまた電話掛けてきたり、
3日後とかにまた電話していい?とかに
なるの?
そんなザ女脳の友達は少ないですが、
これをやられて、1日中会ったのに
とか密度の濃い時間を提供したのに…
何故そこで満足しないの?
無尽蔵なの?!
貴女の愚痴聞き役じゃないんだけど…
って思ってしまうのです。

それで男の気持ちがすごく良く分かったのです。

私もわかります!

私も女ですが、すごくよくわかります!
元々、密度の濃い、じとじと湿っぽい関係が苦手です。
男性とのお付き合い中も、あまりに束縛がきついといつでも逃げ出せるようにスタンバイします。
お互いを尊重し合い、好きなようにさせてもらえるゆとりのあるお付き合いが一番です。
そのような関係の中において、今まで音信不通も無視もされたことはありません。

音信不通や無視は、男性のコミュニケーションキャパを越えたサインと言うことですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すごい!!

沖川先生、とってもためになるブログをありがとうございます!!
え!?男性はこんな時間感覚なの!?と、びっくりですが、とても参考になります。
女性側の続きも、楽しみにしています~!!(^^)

まさに今までの人たちそうでした。
誕生日にお祝いしてくれて甘い2日間すごしたあと、音信不通になり3週間後にそっけない返事。そこで私がきれて何度かあいましたが結局はダメになりました。

でも、あれですか?ちゃんと責任とれる男性はそんなことしませんか?
今は大体の男子はこうですか?(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

沖川先生 神ですか!

先生のブログ拝見するようになってから約4ヶ月半。まるで彼の心見えているのですか?っていうくらいその通りなんです!忙しくてなかなか会えない彼に寂しすぎて自爆して別れを切り出されて1ヶ月半後の先日同級生の集まりで数ヶ月ぶりに彼と再会!彼はきちんと話を私にしてくれました。《うさぎのことはまだ好きだけど考え方が合わないから恋人としてはやっていけないーこれからは友達以上恋人未満で!》って。一晩考えて私が出した答えは《私たちの付き合い方の結論ってもう少し先の未来まで待ってくれないかな?》です。私はまだまだ彼との恋人としてのつきあいの中で学ばないと!って思ったのです。合わない人だった〜さよなら〜では私また同じ恋愛を繰り返してしてしまうと〜 だから彼に提案したんです《会えない時が長くてもマイナスに捉えない。会えないときは自分磨きする。自分のかんがえばかりあなたに押しつけないしあなたの考えに無理なく合わせられるように学びたい》って!決して女々しくすがったわけではありませんよ〜〜そしたら彼は私の決意理解してくれたようでした。男からのさよならは曖昧とかたとえまだ彼女のこと好きでも男は別れを切り出せるとか先生のブログに書いてありましたよね。そのおかげで私は彼にこの提案言えたんです。さぁてとー これから私どんな状況でも彼のことはポジティブに考えますね!彼のこと半ば忘れるくらい楽しく過ごしますね!これは実験と捉えてます。私の運 彼の運がどれくらいアップするかのです。私を成長させてくださる先生に感謝 感謝。新刊も必ず読ませていただきますね〜〜

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する