ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 許すことで徳を積む
自分にとって恨みや憎しみの対象であった相手を許すことで、誰がいちばん得をするかというと?言うまでもなく最も得をするのは自分です。許すことで得を積む、それを続けることで、人徳である「徳」を積むことができます。

人と人との繋がりでは、
どうしても許せない、我慢ができない、怒りが消えない・・・。などのイライラはどの人にもあると思います。中には恨みすぎて呪いたくなる相手もいるかもしれません。こいつさえいなければ・・・私の人生は変わったのに、今より良くなって、今よりもっと幸せになれたのに、こいつのお陰で私の人生は終わった、私はこいつのお陰で不幸になった。許せない・・・一生許せない・・・こんな奴死んでしまえ!一生恨むから!おぞましいほど悪意に満ちた許せない相手。生涯に一人や二人はどの人にもいるかもしれません。職場の人間関係だったり、家族や親戚や身内との人間関係だったり、友達との人間関係だったり、恋愛関係の彼氏や彼女だったり、夫婦関係の夫や妻だったり、許せない相手はどこに潜んでいるかわかりません。

人と人との繋がりでは、味方もいれば、許せない相手もいます。どうしても許せない、どうしても我慢ができない、この人に対して怒りが消えないという相手に対して、あなたは許すことができますか?たとえ呪いたくなるほど憎んでいる相手でも許すことができますか?

幸せになる答えを言います。
許しなさい。
どんな相手でも。
恨みの大きさ小ささは関係ありません。
恨みのすべてを許しなさい。
許さないと、あなたは一生その恨みに支配されます。
恨んでいる相手に一生支配される。
今あなたが不幸なのは、恨んでいる相手にずっと支配されているからです。
その支配から解放されなさい。
そのために相手を許すことです。
許すことであなたは解放されます。
解放されれば、あなたの人生は幸福に向かっていきます。
自分にとって恨みや憎しみの対象であった相手を許すことで、誰がいちばん得をするかというと?言うまでもなく最も得をするのはあなた自身です。徳を積むとは、人を許すことで自分が一番得するコツを覚えることです。この積み重ねが徳を積むことになります。


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

本気で憎み、許し、経験しないと以降の人生で出来ない境地だと思います(*^^*)
先生はその相手が誰でしたか?
友達でも、身内でも、恋人でも。人は弱い。人は強い。人は可愛い。
みんな、自分の心を守るのに必死(*^^*)…私も…。

ストーカー報道を見て、色々思いました。
本当にその女性(男性)はストーカー?…違う場合もあるような…
恋愛のすれ違いで意思疎通が出来ない状況があり、相手に真意を聞きたかった?
鬼ライン、鬼電話、よく聞くフレーズ
老いも若きも、恋愛は色々あります。結婚生活も同じ。
子供のマモリーノが、何人の旦那さんの車に仕込まれてるか(笑)GPS!

人は一人。基本は一人。産まれる時も、死ぬ時も。
タマタマ誰かが居合わせてくれたら超ラッキー✨
それくらい太く強い精神にならないと、女も。
人に振り回されるんじゃなく、振り回すのでもなく、
ワタシはワタシ、デーンとニコニコ笑って生きるのが大切と思います(*^^*)

今日はありがとうございました

私は裏切られたと言われる立場ですが
裏切られた とはおもってなくて
恨んでもないです。それは時間が経ったからじゃなく
初めから、彼が好きだからなんでも許せるって思っています。

私は彼よりずっと恋愛経験は少ないですが
本物の愛を伝えたいんです。
許すこともそうだし、許すことで責めないことで
彼を守りたいんです。
幸せにしてあげる自信があります。

友達に彼のことを相談して褒められました!
そんなことになっても彼のことを貶さないんだね って
だから応援してくれてますみんな。
私の好きな人(彼)だから
私の好きな人たち(友達や家族)に
嫌いになってもらいたくないんです

やれることはあんまりないかもしれませんが
頑張ります
ありがとうございました。

またお伺いさせていただきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

よくぞここまで書いてくださいましたね。本当です。一生許せない.こんな奴死んでしまえ。
おぞましいくらいの悪意が湧き上がってくるほど憎い気持ちにさせられる人間というのが
います。人をそういう気持ちにさせるのがまるで趣味、喜びみたいな人。姿を見た時には
斧で叩き殺したい気持ちになりましたが、やってしまったら日馬富士です。
しかしポジティブ思考で生きられる今では、そういう気持ちも忘れられるくらい、
楽しい事、好きなことに熱中できます。それでもまたこういう気持ちにさせられる人間と
出会ったら、この記事を読み返します。今から明るくなるまでひと仕事です。
6時になったら一時間くらいウォーキングに出かけるのが毎日の習慣です。この季節だと
血圧などの関係で、早朝に歩く人は誰もいません。寒いうちに歩くとわたしも死ぬかもしれませんが、冷たく澄んだ空気、真っ赤に染まる朝焼け、水平線から昇る太陽、
たとえ死んでもいいからやめられません。好きなことを我慢するくらいなら死んだ方がいいです。

忘れる

許すのが難しい場合に、忘れることもラクにしてくれますね。
大好きなおばあちゃんが、昔、嫌なことをされたり悪口を言われても、ほっておきなさい。やり返したらそんな人と同じレベルになるよというような意味のか話をしたか聞いたか、覚えています。
私の防衛策は、そのような人や物、言葉から、自ら離れていくということをします。
とにかく関わらない。
そうして時間を味方にします。
いつの間にか忘れていて、何か別のことのようになり、自分の世界から居なくなっています。
そんな方法もあります。

安井金毘羅宮

随分と昔になりますが、京都にある安井金毘羅宮に行った事があります。

悪縁(男女関係だけではなく病気とかも含めて)を斬るというので有名なのです。ここの絵馬を見ると人を呪わば穴二つって本当にあるかも‥と自分を振り返る良い機会になりました。本当に凄い内容のもあります(笑)

この絵馬を書いた人たちのようになりたい?なりたくないならどうすればいいのか?とその頃よく考えてあちこちの神社仏閣に行って厄落ししつつ振り返りました。今は無事に乗り越えて子育てをして過ごしています。

たぶんこれからも不愉快な事は多々あるでしょうが、やはり時には自分なりの厄落し&いのちの洗濯をして過ごしたいですね。本当に人を許せた時って許す許さないを超えた無関心及びどっちでもいいかな。そっちはそっちで暮らしてくださいといった風に。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する