ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > ロマンを大切に
男のロマン。
女のロマン。
ロマンはいろいろある。
男のロマンは仕事の成功。
女のロマンは恋愛の成就。
簡単に分けるとそういうことになるが、それは浅はかな沖川の考えで、ロマンは個人個人に宇宙規模のロマンがある。でもあえていう、「男のロマンは仕事の成功」「女のロマンは恋愛の成就」だと。単純に分けた方がシナリオはうまくいくから単純に分ける。

ここは恋愛日記。
このブログは、恋愛をベースに人生のシナリオを説く場所。
このページで私は人生のシナリオを書く。

人生にロマンは必要。
最近ロマン忘れちゃったな・・・そういう方も多いと思う。
歳を取るとロマンがなくなる、そういう話もよく聞く。
私はどうか?
「オレはロマンチック」と豪語したい。
いつまでもロマンを持ち続けたい。
そういう男でありたいと願っている。

男のロマンが仕事の成功だとすると、自分はまだまだ途中でしかない。「男の夢にこれで終りという夢はない」「男の目標にこれで終りという目標はない」という負荷を自分にかけ、今日もこうしてブログを書いている。なぜ負荷をかけるか、仕事の成功が男のロマンであると同時に仕事は健康に良いからだ。そう仕事は健康に良い、また仕事をやっていればボケない(笑)これもひとつの理由。正月休みで頭の回路がたるんだが、充電はたっぷりした。これで明日からまた頑張れる。

女のロマンが恋愛の成就だとすると、あなたはまだまだ途中でしかない。「女の夢にこれで終りという夢はない」「女の目標にこれで終りという目標はない」という負荷をかけ、今日も頑張ろう。なぜ負荷をかけるか、恋愛の成就が女のロマンであると同時に恋愛は健康に良いからだ。そう恋愛は健康に良い、また恋愛をやっていればボケない(笑)いつまでも乙女でいられる。正月休みで充電はたっぷりした。これで明日からまた頑張ろう。

人間はロマンがあるから頑張れる。
ロマンとは常に戦いかもしれない。
戦いには苦痛が伴うが、生きる気力も生まれる。
生きている間は常に自分との戦い。
この戦いは一生制することはできないだろう。
それでもいい。
それがロマンだから。
人間ロマンを失ったら終り。
ロマンを大切にしよう。


関連記事

コメント

明けましておめでとうございます(*^^*)

お正月、小さな男の子のロマン?話しを…(笑)
末娘(高学年)に毎日毎日『あそーぼー』と
来てくれる二人のあどけない少年(*^^*)
…なのに毎日断る娘…(><)
娘の留守中にまた来てくれた。ゴメンね、動物園に行ってるの。
数時間後、またまた力一杯の空気感で来た!
『動物園(市内)行ったけど、おらんかったー!』
えーーー⁈だって県外の動物園(^人^)

翌日、マタマタ来てくれる(笑)ナント娘がようやく了承!
超仲良しの女の子が来ると言われたそうな。
…で、帰宅した娘が言うには…
【〇〇ちゃんも、私が来るって言われたから来てんて!】
みんなで仲良く遊べてヨカッタね〜(*^^*)

少年たち、二人で知恵をしぼったのね!
可愛すぎる!(*^^*)なんとも微笑ましい出来事でした♡

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

女のロマンが恋愛の成就だけだと少し虚しいです。
4、50年前でしたら、「将来何になりたい」という問いに「お嫁さん」という答え。それも立派な女の生き方でしたが、現代では乞食と言われますからね。今では、結婚して、仕事を生きがいとしながら子供を育て、恋をして、年齢を重ねても若々しく綺麗でいるのが女のロマンなのでは。今の女性達は非常にタフだなーと思います。

女ですが

恋愛が女のロマンですか。
確かに男性より、恋愛に大きなロマンを求める人は多いでしょう。でも、恋愛以外にもロマンを求める女性も沢山います。仕事、趣味、プライベート‥。比重は人により違いますが、色んな方面にロマンを求めている。
どれかに偏り、他を疎かにするのはバランスが悪い。
これからは、バランスのよい人間が求められる時代です。
男でも女でも。
男性は、シングルタスクだから、仕事に偏っても仕方がない‥
というのは、昔の男の言い訳ですね。

男女ともにバランスよく、ロマンを追い求めたいものですね^_^

同感!!

本来、女はいつまでも若々しく美しく輝いていたいと願っています。
そのために恋をしたり、仕事で認められたり自分に自信をつけたい。
結婚したからといって女を卒業したらおばさんになっちゃう!
結婚していても子供がいても、女としての魅力を保ち続ける努力を惜しまないのが現代の女性達。
年代を問わず、女性起業家もどんどん誕生しています。
長い人生、輝き続けるために自己実現する女性が増えています。
女のロマンだなぁ❤

ありがとうございました。

昨日はお世話になりました。
疲れ果て、ついに恋愛のロマンは諦めて、仕事のロマンにのみ、ひた走ろうか…
と思いつめての久々鑑定でしたが…。
いつも背中を押していただき、感謝しています。

それを受けて今日、
年末に観た Lalaland という映画
もう一度、景気づけに観にいきました。

男と女のロマン
恋と仕事、夢と現実織り交ぜた人生を
音楽に載せて魅せる
アカデミー賞を幾つか獲ったラブストーリーです。

どうにも泣けてしまうお話なのですが
流した涙でまた
ほろ苦く甘い人生を
明日からもまたがんばろう
って励ましてくれるような作品です。

ロマンティックで何が悪い❣️

主人公の科白にもありました。
私はどちらかというと、この男性寄りの生き方をしてきたのかも…

先生のアドバイスを受けて
女性らしさをもっと大切にしていきますね。

ありがとうございました。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する