ホーム > カテゴリ 恋愛
はてなブックマーク - 彼に別れを告げられたら②
この別れは不思議でない。
方程式さえ分かって入れば不思議でない。
方程式はこうだ。
「命の部分を命で邪魔すれば男女は別れることになる」
これが方程式。

彼が仕事で忙しいときは、男の命が燃えているとき。
彼女が愛に夢中になっているときは、女の命が燃えているとき。

男の命の灯が燃えているときに女の愛を注入してはいけない。
女の命の灯が燃えているときに男の仕事を注入してはいけない。
両者は火と油。
炎上して爆発する。
この方程式さえわかっていれば、男女は別れないで済む。

では、彼が仕事で忙しいとき、女性はどうすればいいか?
別のことを考えることだね。
女性はあまりにも愛情ばかりに関心を持ち過ぎ。
男の仕事が忙しい=愛が希薄。
彼の愛が希薄になれば、女性はますます彼に関心を寄せる。朝から晩まで彼のことばかり考える。長~い長~いトンネルの考えが延々と続き、考えている時間は全てネガティブな考えとなる。恐ろしく長く考えた時間は、大きなストレスとなり、これがやがて自爆のスイッチを形成する。一万時間考えた結論は、数分で自爆して終わりとなる。このバカバカしい流れをそろそろ止めよう。

そのために、忙しい男に関心を持たないこと。
愛情が希薄な彼のことは考えないで、彼以外の別のことを考えること。
そう心に強く決めること。
そうすれば流れが変わる。
良い方に。

それでも、少しは彼のことを考えることはあるでしょう?
そときは、こう考えなさい。
「彼を信じて、無事に仕事が終わるように」とだけ考えなさい。
一日2~3分でいいよ。それ以上の時間は作らないこと。

さあ、残った大量の時間。
あなたは自由だ。
伸び伸び自由を楽しみなさい。
男の愛を引き寄せるのは、
まず、あなたが自由であること。
あなたが前向きで人生を楽しんでいること。
明るくて可愛くて綺麗であること。
自分を磨いて、夢に向かっていること。
そして、生活を充実していること。
これさえできれば男の愛を引き寄せることができる。これが方程式、これしかない。

恋愛の何十倍も何百倍もある、別なこと。
別なこと、楽しいことは、たくさんある。
これを見つけること。
そうすれば流れは変わる。

あなたがハッピーで楽しく過ごしていれば、彼はあなたの楽しさに引き寄せられて帰って来る。辛い仕事から楽しくエンジョイしているあなたの元へ帰って来る。安住の地を求めて。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 彼に別れを告げられたら①
「君のこと好きなのかわからなくなった」
「君を幸せにする自信がない」
「君には僕よりもっとふさわしい人がいる」
「僕では、君の希望に答えられない、だから別れよう」
男の定番である、別れの言葉。
これを聞いた女性はショックを受ける。
今までの愛の歴史が閉じる瞬間、数々の想い出が走馬灯のように悲しい物語に変わる瞬間、頭は真っ白でお先真っ暗、「それはない、こんなの嫌だ」と、うろたえても、彼の別れの決意は固く、どうすることもできない。ただただショックで、この場をどうしのいでいいのかわからない。

男性が別れる理由。
付き合いの長いカップルは「彼女が仕事の邪魔をしたから」それが別れの一番の理由。

女性という生き物は、男性の仕事が忙しい時に限って仕事の邪魔をするようにできている。タイミングが悪いのか、不思議とそうなってしまう。なぜ?男の忙しい時期に邪魔をするのか?それは男と女がそれぞれ持っている本能の違い「男は仕事が命」「女は愛が命」という命の部分が違うからだ。仕事が命である男性が仕事にのめり込めば愛情は薄くなる。愛が命である女性は、彼の愛情が薄くなるのは耐えられない、だから愛の邪魔ものである仕事を敵視して邪魔する。「私と仕事どっちが大切なの」と。

女性も普段はそういうことを言わない。我慢しているのだ。男性は仕事が大切だということを理解して我慢をしているのだ。だが、あまりにも彼は仕事が忙しい忙しいと連発する。嫌になるくらい連発する。彼との会話は「仕事が忙しい」という会話しか出てこない。「今日も仕事、明日も仕事、一週間先も一カ月先も仕事、ずっとずっと仕事、ああ~忙しい忙しい」バカがつくほどの仕事人間。仕事しか能のないつまらない男。でも、そんな彼を好きになった。私は仕事が出来る男が好きだから仕方がない。でもいくらなんでもあまりにもひどすぎる。彼が忙しい間、私はどれだけ我慢したか。連絡は寄こさない、数カ月も会っていない。こんな付き合い(恋愛)があるのか?と憤りさえ覚える。友達に相談すると、友達の彼はそんなことをしないという。毎日連絡をくれて、週に一回は会っているという。年配の男性に相談すると、仕事が忙しいという男ほど能力がない人間だと言われる。周りの意見を聞けば聞くほど、私の彼は不良品、私のことを愛していないということになる。

周りから不良品の彼はやめたらと言われ、
「愛を取り戻さなくちゃ」となり。
取り戻すために女性は彼の仕事が忙しい時期に行動する。
女性は仕事の邪魔をするつもりはないのに…
不思議と、タイミング悪く、男の仕事を邪魔することになる。
仕事の邪魔をされた男は、「よくもオレの仕事の邪魔をしたな、君とはもう付き合えない」と怒りをあらわにする。

彼の逆鱗にふれた女性はパニックとなる。
今までの愛の歴史が閉じる瞬間、数々の想い出が走馬灯のように悲しい物語に変わる瞬間、頭は真っ白でお先真っ暗、「それはない、こんなの嫌だ」と、うろたえても、彼の怒りは収まることなく、どうすることもできない。ただただショックで、この場をどうしのいでいいのかわからない。

物語は次回へ続く。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 男の別れの言葉で傷つかないこと
メールやラインで別れを告げる男に傷つかないこと。
姑息な手段の卑怯な男の別れ方にいちいち反応しないこと。
メールやラインで別れを告げられたら、無視すること。
無視して他のことを考えること。
無視して他のことを考えれば、いつのまにか解決できる。

彼女が無視すれば、彼は考える。
オレの別れになぜ彼女は無視するんだろう???といろいろ考える。
男は考えれば冷静になる。
冷静になれば、別れることを諦める。
そして、明日から普段通りの彼に戻る。

男の別れの阻止は意外と簡単。
無視すればいいだけのこと。
私は、ネガティブは受付けないと無視すればいい。
それによって、別れの8割は阻止できる。

男は単純、男の頭の中は曖昧。
男は、白黒決着はつけられない。
グレーな男の別れの言葉など無視すればいい。

男がおかしくなったら、放置に限る。
放置すれば、男は元気になって戻って来る。
だから、自信を持って放置をしよう。
それによって、8割の男性は戻って来る。


中には神経質な男がいる。
女みたいな男だ。
なぜ?オレの別れを無視する!とかみつく男。
そういう男は別れの原因を、オマエが悪い、オマエのせいだ、と彼女を散々けなすだろう。彼にそう言われて、パニックにならないこと。そして傷つかないこと。クズな男の言葉など真に受けてはならない。

そのときは、こう考えよう。
彼があなたを否定すると、あなた自身が非難されていると感じる。だが、それは否定する側に欠落があるので、あなたが何か欠けているわけではない。悪いのは彼の方で、あなたが悪いわけではない。

クズな男は心が弱い。心の強い女には勝てない。
だから、強くなろう。
クズ男の言葉に傷ついたら、あなたもクズ女になる。
そうなったら、君たちの恋愛は終わりだ。
終わりにしたくなかったら、欠落品の男の言葉など真に受けるな。
無視してスルーしてダンマリを決め込もう。
そして彼以外の別のことを考えよう。
彼以外の別のことを考える時間を多くすることで、クズオ君は帰って来る。
なぜなら、君がいないと生きていけないからだ。

また終わりにしたかったら、こんなクズな男と将来はないとあなたが切り捨てればいい。
あなたは欠落品ではない、あなたは優良品だ。最後の決着をつけるのは優良品のあなたしかいない。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - メールやラインで卑怯な別れ方をするな
最近の男性の別れは、メールやラインの文字の送信で別れを告げる。
大切な人との別れを、もっとも楽な方法で、もっとも簡単な方法で、別れを告げている。
中を見ると、昨日までは普通にラインやメールをしていたのに、今日になって急に別れたいと言い出す男性もいれば、ラインでコミュニュケーションを取っている最中に価値観の違いで喧嘩に発展し、別れたいと言い出す男性もいる。あれ?5分前までは仲が良かったのに、5分後に急に別れたいと言い出す男性。いくら男のプライドとはいえ、これでは節操がない。これでは男と言わない。単なるワガママな子供に過ぎない。わかるよ、男のプライドを傷つけた彼女が許せないことは、最近の女性はワガママできついからな、でも、だからといって姑息な手段で別れを告げることはない。その別れ方は卑怯だ。

最後は責任を取るのが男ではないか。数カ月~数年の愛の歴史である恋愛をこんな形で終わらせたらいけない。人類の最大の喜びである恋愛を、こんな卑怯な形で終わらせてはいけない。別れるときは逃げるな、ちゃんと彼女と向き合って話せ、これが愛に対する礼儀、これが男のプライド。礼儀を忘れたら男ではない。感情的になってカーッとなった怒りはプライドとは言わない。こんなの人生で何も役に立たない。役に立たないプライドを男のプライドというな、男のプライドは最後に女を守る、それしかない。

メールやラインで別れを告げる男性を、女性たちはなんて言うか、知っているかい?
その男は、「卑怯者」と言うんだよ。
「姑息な手段を使う卑怯者」女性にそう言われたら、男は終わりだ。卑怯者は、今後も同じような別れを繰り返して、いつまで経っても幸せにはなれない。なぜなら卑怯者だからだ。

卑怯者になりたくなかったら、最後は会ってけじめをつけること。メールやラインで終わらせようとしないこと。最後は会ってしっかりとけじめをつけること。そしてこの話し合いは一回で終わらせないこと。女性という生き物は納得しない生き物。納得させるまで何度も何度も話し合いをしなくてはいけない。一回目は男性の言い分、二回目は女性の言い分、双方の考えを持って三回目の話し合いで納得する形にすること。これをけじめという。君は知らなかっただろう、女性と別れるときは最低三回会って話し合わなければならないことを。これを今後の君のルールにするとよい。女性を納得させてこそ、君は責任の取れる男になれる。本来なら女を守るのが男の役目なのだが、目まぐるしい世の中、途中から気持ち(愛情)がなくなることは仕方がないこと。気持ち(愛情)がなくなったら、逃げずにその旨をちゃんと彼女に伝えること。そして納得してもらえること。これを男のプライドという。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 男の別れの言葉は嘘
男の別れの言葉には真実はない。
自信がなくて、
自由になりたくて、
ただ、逃げているだけ。
だから、その言葉に真実味はない。

私は断言する。
男の突然の別れの言葉は信用しなくていい。
この言葉は嘘である。
と、断言していい。

男の別れが決着するのは、女がネガティブになって決着する。
こう断言していい。

男は女の気持ち次第でどうにでも変わる。なぜなら男は女から生まれた。常に男は母性のコントロール下にある。だから、別れを決めるのは女、男には決定権がない。決定権のない男の言葉など信用しなくていい。

今日の沖川は随分強気だね。
うむ、このくらい言わないと、みんな自信が持てないだろう。
「男の別れの言葉は嘘だ」と断言した方が、これから先、ポジティブになって面白くなる。男性は女性のように白黒ではない、曖昧(グレー)なのだ。このグレーの部分をついて、それを理解して対処するのがこれからの女性の役目。上手に男性をコントロールしよう。

別れを告げた彼は迷っているのだ。
別れて、本当に良かったのかなと迷っているのだ。
迷っているところへ彼女がネガティブになるから別れが決定する。

彼が迷い、彼女がネガティブ。それを合体させるから別れが決定する。
その流れが男と女の別れ方。いつまでその流れの中にいる。
今日から、その流れを変えよう。

さて、
このシリーズの続きはまた次回。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 危機のときこそ感情をポジティブにする
危機のとき思考をネガティブにすれば、ネガティブの結果となる。

例えば、
突然彼に別れを告げられたとする。
「君のことが好きなのか分からなくなった」
「僕では君を幸せにすることができない」
「君とは結婚できない」
「君には僕よりもっとふさわしい人がいる」

男の別れの言葉は、辞書のようにみな同じ。こういった言葉は世界中の男性が発している。日本でも北海道から沖縄まで、みな同じことを言っている。最初の第一声世が、「君のことが好きなのか?わからなくなった…」から始まり、「君を幸せにする自信がなくなった」ことを中間に告げて、最後には「君にはふさわしい人がいるよ」と他人に責任を押し付ける形で別れを告げている。

あっはは、みな同じだ。男の別れ言葉はみんな同じでお見通しだ!。これを辞書にして全国で発売したいくらいだ。できれば学校教育でこの辞書を取り上げて勉強して欲しいものだ。


男を知れば、男の別れの言葉で、傷つくことはない。

傷つくのは男を知らないからだ。
男を知らないからネガティブになる。

彼に突然別れを告げられた。
普通は当然ネガティブになる。ネガティブになってパニック(危機の状態)になる。多くの女性がそうなってしまう。だが、このままでは納得できない形で終わってしまうよ。なぜかというと、ネガティブな危機の感情が現実化してしまうからだ。危機のときこそ、ポジティブの感情を導入する。その術を覚えることだ。全国統一の男の別れの言葉に惑わされないこと、惑わされなければ、感情はネガティブからポジティブに変えることができる。自信を持って感情をポジティブに変えることにしよう。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 考え方をコントロールする。(思考は現実化する)
あなたが考え過ぎるのは、納得がいかないからだろう。
では納得がいくまでとことん考えるがいい。
ただし、その中にネゲティブな感情をいれないこと。
辛いとか、悲しいとか、不安だとか、心配だとか、怒りだとか、嫉妬だとかのネガティブな感情は入れないこと。ネガティブな感情を入れれば納得できない。納得はポジティブな感情によってもたらされる。あなたが納得したければ、ポジティブな感情を導入することだ。

考え方をコントロールするのは簡単なこと。
ネガティブ感情をポジティブ感情にすればいい。
それができれば、人間界で起きている様々なトラブルは全て解決できる。

ネガティブ感情をポジティブ感情に変える場面は、危機に面したとき。
そう、危機のときに…いかに感情を、ネガティブからポジティブに変えるかだ。
危機のときの人間の頭の中はネガティブだらけ。すべてが悪い方悪い方考えがち。生きる希望を失い、自信もなくしている。頭の中は100個のネガティブ感情。それでは、結果は全て悪い結果になる。

思考は現実化する。悪いことを考えれば悪い結果に。良いことを考えれば良い結果に。そんなこと小学生でも知っている、今さら偉そうに言うな!とお叱りを受けるかもしれないが、小学生でも知っていることを大の大人が実践できていない。大の大人が小学生以下にあたふたしているのを私は何万人と観ている。だからあえて言わせて頂く、「思考は現実化すると。」

大の大人に教えよう。悪いことを考えれば悪い結果に。良いことを考えれば良い結果に。その意味は、危機に面したときに使うもの。危機のない平凡な暮らしではあまり役に立たない。思考は現実化するは何かの志を持った時に使うもの。何かの志を持てば人は当然危機に遭遇する、その時に使うのだ、思考は現実化するという意味を。

何かの志とは、その人が一番大切だと思っているもの。女性であれば恋愛や結婚、男性であればビジネスだと思う。「女性の命である愛」「男性の命である仕事」両方甲乙つけがたい志し。どちらも人間には大切なもの。命の部分である志には紆余曲折な危機がたくさん埋蔵されている。その危機をどうやって乗り越えるのか?それによって成功と失敗と成就と失恋に分かれる。乗り越えなければ地獄に真っ逆さま、乗り越えれば成功と成就が約束される。後者の人間になるために、あなたは危機に面したとき、思考は現実化するという正しい意味を理解することになるだろう。

次回、危機の時に思考は現実化する。
その具体例を述べていきます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 考え過ぎ
多くの女性が考え過ぎ。
あなたも人によく言われるだろう「君は考え過ぎだ」と。そう…私は考え過ぎ。自分でもそれが欠点だということはわかっている。考え過ぎはいけないとわかっているが、でも事あるごとに考えてしまう。彼が言った言葉の意味?真意は?何だろうと考えてしまう。彼と音信不通になったら、なぜ彼はそういうことをするのか?何が原因なのか?私のどこがいけなかったのか?彼は不誠実で常識のない人なのか?それとも私の態度が悪かったのか?あるいはただ単に仕事が忙しいだけなのか?その他のいろいろな原因を夜も眠らず考えてしまう。

考え過ぎる人は、人間関係のありとあらゆる問題にとてもナーバス。とても繊細でとても神経質。だから、ついつい考えてしまう。人間は考える葦だと言われているが、それにしても弱すぎる。弱いのは自分の考えによって押し潰されるからだ。

考えることは悪いことではない。
何も考えずボーっと生きている人間よりましだ。
人は考えることによって成長する。
だが、成長するのは正しい考えに思考をコントロールしたとき。
悪い考えに思考をコントロールすれば、成長はおろか、後退するだけ。
考え過ぎるほとんどの人は、悪い考えに思考をコントロールしている。
それに気づいていないのが本人。
気づいていないから他人に「君は考え過ぎだよ」と言われる。
他人は知っているのだ。君の運が悪いのは、考え過ぎが原因だと。
過ぎる考え。この中身は正しい考えではなく、悪い考えが大半を占めている。
つまりネガティブ。
ネガティブの考えに思考を凝らすと結果は当然悪い結果となる。
悪い結果へ悪い結果へ導くあなたの考え。
これが考え過ぎるあなたの欠点である。

では、どうすればいいか?
次回、考え方をコントロールする。思考は現実化するについて述べます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - うまくいく人とうまくいかない人の続き
では、
どうすればいいか。
まず前日の記事をもう一度読み返すこと。
うまくいく人とうまくいかない人の違いを、読み返して頭に叩き込むこと。頭に叩き込めば、あなたが今後どうすればいいかが見えてくるはずだ。
そう、まずは、自分に自信をつけること。
いつまでもうまくいかない人のパターンをあなたは繰り返してはいけない。
何事も「無理、無理」と考えない。
チャンスを障害と考えない。
成長の可能性を失敗の可能性と考えない。
保証を求める選択はしない。保証は自らの行動によって勝ち取るもので、相手から得られるものではない。だから相手に依存しないこと。
選択は、自らの責任でしよう。選択とはチャレンジなり、チャレンジを恐れるものは、現状維持の不安の中に一生いることになる。さあ!飛び出せ、現状維持の不安の中の君よ。

今の男性に保証は求めても無駄なこと。男性だって自信がない。頭に叩き込んだ君ならわかるはずだ。自信のない男性の調理法が。男だって同じこと、この世に生きている男の中で、自信のある男はほんの一握り。間違いなくあなたの彼も自信のない男。

自信のない女…自信のない男…(あ~っ)と合体させても、Wで自信のないカップルしか誕生しない。あなたが見本を示すのだ。この記事を読んだあなたが、彼に自信をつけさすために。

今の時代は男に頼る時代ではない。
女が見本を見せる時代。
そう考えた方が、これからはうまくいく。
さようなら、逞しく頼れる男たちよ。
これからは私が男になる(笑)
女が男になるはオーバーだが、これからの時代は男でも女でもない。男と女は平等で対等。相互依存ではなく、どちらかがリーダーになればいい。あるいは平等な協力関係を保てばいい。女がリーダーになることが負担なら、後者の対等な協力関係を結べばいい。それが今の時代にふさわしい。

では、具体的にどうすればいいの?

具体的な個人ミッションは、鑑定の場でご案内します。
個人的な「CIA作戦」はあなたと相談しながら決めていきましょう。
どうやって彼に自信をつけさせられるか?ミッションの誘導作戦は個人鑑定で行います。

男と女の複雑で入り組んだ世界は、表題のブログでは明かすことはできません。表題は基本的な訓示のみで、個人のミッションは私と相談してください。経験豊富な私が、彼とうまくいく方法を伝授致します。あるいはあなたのうまくいく未来をご案内させていただきます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - うまくいく人とうまくいかない人の考え方
うまくいく人(自信がある)
うまくいかない人(自信がない)
自信がある人は何事も「できるできる」と考えます。
自信がない人は何事も「無理、無理」と考えます。

自信がある人は必然的に「自分の実力を試してみたい」と考えるので、上へ上へと行こうとします。自信がない人は必然的に「いまのままでいい」と考え、現状維持を望みます。結果、自信がある人はチャンスの幅を広げ、自信がない人はチャンスの幅が制限されます。

お金持ちになれる人は「チャンス」が見える。
お金に縁のない人には「障害」が見える。
お金持ちになれる人は「成長の可能性」がわかる。
お金に縁のない人には「失敗の可能性」がわかる。

人によってこれはチャンスだ!と考える人と、これはただのトラブルだと考える人と分かれます。目の前で起こっていることは全く同じ事なのにこうも捉え方が変わってくるのは不思議なものですが、お金持ちになる人はチャンスと捉えるようなポジティブシンキングを持っています。

一方で、お金持ちになれない人の考え方の基本は、「上手くいかなかったらどうしよう」、「うまくいくはずがない」と思ってしまう。最初からこのように諦めてしまっていては、誰がどう見てもチャンスだと思えるようなことでも、ただのトラブルとしてしか認識することができないでしょう。以下引用「NAVERまとめより」


上記に記載されている内容が、私の鑑定の場でも実際に起きています。皆さんの愛は自信のないものばかり。常にネガティブで、物事を悪い方悪い方へ考える傾向がある。できることを無理と考え、チャンスを障害と考え、成長の可能性を失敗の可能性と考える。自信のない現状維持の心が、選択する勇気もなく、今後の人生に常に不安を抱かせている。うまくいく人は保証のないものにチャレンジし、うまくいかない人は保証がないからといってチャレンジしない。保証は自ら勝ち取るものなのに、依存して保証ばかり求める。保証は行動を起こした先に見えるもので、依存では見えない。今の男性に保証は求めても無駄なこと、男性だって自信がない。男性の中にもうまくいく人うまくいかない人がいる。うまくいく人はほんの一握りで、うまくいかない人の方が圧倒的に多い。あなたの彼も間違いなくうまくいかない人の部類に入る。自信がなく女性に頼られるのを恐れている。だからこの先の言葉「プロポーズ」が言えない。「プロポーズ」ができないのは自信がない証拠。そして結婚に対する見かたも間違っている。結婚を障害と考え、結婚を失敗の可能性と見ている。考え方が圧倒的多数のうまくいかない人の考え方の中で生きている。だから、自信がないのだ…あなたの…彼も…。

では、
どうすればいいの?
この続きは次回書きます。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。