ホーム > カテゴリ: 恋愛・復縁・結婚
男のはっきりしない態度(グレー・曖昧・キープ)に振り回される女性。「これからの時代は、愛することより見極めること」これを主眼に置こう。

私はいつも言っている「好きになるのはいちばん最後でいい」と。
結婚式が終わってから、この男性を「好き」になるくらいで丁度いい。
本気の好きは、ちゃんと約束を果たしてもらってから。
約束を果たす前の甘いロマンにはひっかからないこと。
皆さんは男の甘いロマンの言葉にやられ過ぎ。
言葉が真実なのか?行動が真実なのか?まだ審査が終わっていないのに、恋する気持ちを抑えられなくて、好きになることばかりを先行させるからいけない。
そして見事に、男のはっきりしない態度(グレー・曖昧・キープ)のトラップにひっかかっている。「好き」を先行させた女性は、みんな男のはっきりしない態度に振り回されている。

最初はあれだけ、私のこと好きだと言っていたのに…。
「君は僕の天使だ」「君は僕の女神だ」「君は僕の運命の人だ」「僕は君と出会うためにこの世に生まれたのだ」歯の浮くような男の押せ押せゲームに引っ掛かるから、3カ月後に音信不通となり、半年後に破局を迎えている。天国の3カ月、地獄の3カ月、浮かれた3カ月、苦しんだ3カ月を永遠続けてもしかたがない。人という生き物は、楽しんだ時間より苦しんだ時間の方が後に残る。後に残った後悔の時間、これほど人生に無駄な時間はない。いつまでこの無駄な時間にいるの?時間の大切さをそろそろ自覚した方がいいよ。

本物の好きはトキメキではない。
雷に打たれたような運命を感じる直感型の恋愛はすべて偽物。直感型の恋愛は高い確率で付き合うことはできるが、その後がいけない。その後に一番悲しい別れが待っているからだ。通常の恋愛なら別れてもさほど傷つかないが、直感型の恋愛の別れは相当ダメージがひどく、立ち直れないくらい傷つく。別れをいつまでも後悔するのが直感型の恋愛。君はいつまでこの時間にいるのだ。「あの人が運命の人だった…」といつまで悲しんでいるのだ。はっきり言おう「運命の人はあなたの傍に居て、あなたと別れない」別れたのは、その人は運命の人ではなかったからだ。その人は、あなたが孤独で悩んでいるすきに、恋愛の悪のトラップにひっかかった偽物に過ぎない。あなたは偽物に対して、いつまで反省の世界にいる?早くそこから出なさい。そして前へ進むのだ。今度こそ本物の運命の人と出会うために。本物の好きはトキメキではない。本物の好きは充実だ。充実の継続こそが本物の好きであり運命の相手。それを忘れないように。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
基本のない男をどう教育するか?君たちも大変だね。
私なら、そんな男はさっさとやめて次に行くが、君たちにはできないだろう。
なぜなら、君たちは「女」だからだ。
女の愛は強い。
だが、
女の愛は困ったものだ。
病的なわからずやの愛、これが女の愛、この愛は困ったものだ。
この愛で、たくさんの女性たちが不幸になっている。
基本を取り戻せない男に泣かされて苦しめられて不幸になっている。
いつか、基本を取り戻すと信じて一生懸命尽くすが、いつも裏切られている。
人生でこれ以上ない悲しみに包まれても、女はその愛を放棄しようとはしない。
哀れという壮絶な愛の物語を繰り返すのみ。結果はいつも破局の道。
なぜ?いつも、そんな苦しい道ばかりを行くのか?
それは、女としてのもうひとつの基本が成り立っていないからだ。

不幸のループにいる男女は、男がかたわなら、女もかたわ。
人生がうまくいかない男と女は、もうひとつの基本が成り立っていない。そしてそのことに気づいていない。

もうひとつの基本って、なんですか?
それは、
『男を見極める力』。
その基本がないから、あなたは幸せになれない。

女の愛の基本は十分。
十分すぎるくらい、女には愛の力がある。
それに比べて見極める力は、動物以下、人間でいえば子供か赤ちゃんレベル。

前記で、男の基本は、
「仕事を守り、女(家族)を守る」とした、
それに対して女の基本は、
それをやってくれる男を見極めること。
その基本がないから、いつまで経っても苦しい恋愛ばかりしている。
どうすれば…。
この基本を身につけることができますか?

君たちは運がいい。
神は君たちを見捨てなかった。
なぜなら、このブログに出会えたから。

男の見極め方は、このブログに全部書いてある。
このブログを読破すれば、どんな男ともうまくいく。
だから、君たちは運がいい。

女としてのもうひとつの基本。
「男を見極める力」をもっと向上させよう。

これからの時代は、男を愛する力より男を見極める力。
この力を手に入れない限り女は幸せにはなれません。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
女は恋愛が命。
男は仕事が命。

「女は恋愛が命」女性の方は概ねそうだが、「男は仕事が命」男性の方は果たしてそうかな?という疑問が残る。皆さんのお話を聞いていると、仕事が忙しいのを理由にして(仕事にかこつけて)逃げている男性が多い気がする。同じ男として、「これが男か?いや、これは男ではない!」という答えにどうしても辿り着く。

本当に仕事が命なら、愛する人も同様に大切にするからだ。仕事にかこつけて逃げている男は、つまり男とは言わない。なんて言えばいいかな?「図体だけ大人で中味は子供」「メンタルが弱く、男として確立していない」と評価するしかない。まだまだ発展途上、男になるにはまだまだ遠い。

男は「仕事を守り、女(家族)を守るのが当たり前」これが基本。この基本以外に例外はない。

「なんで男ばかり苦労しなくてはいけないんだ!」と、嘆いている奴は、生きる基本から外れた男。社会で役に立たない男か、口ばかり達者の生意気な反逆児か、つまりいい人生を歩めない男。その手の男は、生きる基本を持っていない。だから、常に不幸のループにいる。不幸のループは、生きる基本がなく生きる基本に反抗するから時が経つにつれて不幸になるようにできている。そのことに本人は気づいていない。また気づいていたとしても、反逆精神が基本を遠ざける。自分は苦労をしたくない。自己否定ともいえる変な保身が、自分だけが助かればいい、自分だけが楽をすればいい、自分だけが幸せになればいい、という自分だけの世界に隔離される。自分だけの世界に隔離された男は、仕事はうまくいかず、金もなくなり、愛する家族もいない人生へと転落する。あとは、天涯孤独の人生が待っているだけ。

若いときは反逆精神でなんとか乗り越えられたかもしれない。だが、歳をとって、それなりの経験が積まれて反逆児精神が薄れてくると、今度は生きるパワーを失う。基本のないつけは後から必ず廻って来る。天涯孤独の下流老人へとツケが廻って来る。

女性たちはそのことを知っている。
つまり男性より女性の方が生きる基本を知っている、といことだ。
ここまで説明しなくても、女性は直感で解っている。
このままでは、彼の人生はやばいと。
だから、基本のない男に基本を取り戻して欲しいと願う。
またその男の基本を取り戻させようと努力する。
基本のない男は、その女の愛を嫌う。
重い・ウザイ・しつこい、と嫌う。

基本のない男をどう教育するか?君たちも大変だね。男の基本を取り戻すのはとても難しい。男の性格は変わらないので、たぶん教育はできないだろう。そこに情熱を向けるより、もっと違うやり方がある。それは女の基本を取り戻すことだ。

女の基本って…なに?
次回、女のもうひとつの基本について述べる。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
愛のレパートレリーは女性にある。女性の愛のレパートリーは広く、男性の愛のレパートリーは狭い。男性の愛はほとんど役に立たない。愛の主導権は女性にある。愛は女性に決定権があり、女性がリードすべきである。つまり決めるのは女性、男性ではない。


キープ男を待つ必要があるのか?ないのか?決めるのは女性で男性ではない。男性は、ただ無責任に「君を将来のために取って置く」だけである。将来のために取って置くけど、今の時点では、はっきりとしたことは言えない。将来になって、その時になって、まだ君のことが好きなら、それから二人の今後を考えようというわけである。この下りは、10代から70代の男性が言っている。純粋無垢な少年も人生の終盤を迎えた老人も、みな同じことを言っている。つまり35億人の男性が自信のないときに言っている言葉、全世界の男性が言っている言葉である。「君を将来のために取って置く」と。将来、そのときになって判断すると。これが男脳である。女脳から見れば、なんて単細胞で、無能なバクテリア脳である。こんな単細胞をあてにするからおかしくなる。これからは単細胞の男をあてにしないこと、期待することも、依存することもしないこと。決めるのは女性である私だと、そう決心すること。男は兵隊、働き蜂である。女王蜂であるあなたが意志の決定をすることである。


意志の決定は、ビジネスと恋愛の愛を融合させ共有させること、ここに心願を置くといい。
男性の単細胞ではできないけど、女性の深いレパートリーな愛ならできる。男のビジネス愛を理解し、これを恋愛の愛に転換させる、この離れ業ができるのは女性しかいない。男性には無理だ。男性の愛は女性に対して下心の愛しかない。つまり性欲で好きになっている。99%は仕事に愛が忙殺され、1%の単細胞(下心)のバクテリア脳で女を好きになっている。女性の愛は一生ものに比べて、男性の愛は数週間から数カ月。ほら1%だろう。まずは、このたった1%しか男脳の愛は発揮できないことを理解すること。では?残り99%の愛はどこに行ったの?それはビジネスの世界にある。このビジネスの世界に隠れた男の愛を、あなたが上手にコントロールし共有することだ。それができれば、彼はあなたを認め、あなたを尊敬し、あなたなしでは生きていけない男となる。この技術をどう見つけるか、またどうやって自分のものにするか、それによって好きな人と幸せになる自己実現ができる。


男のビジネスの愛を上手にコントロールし共有すること???意味分からない???一般的な女脳を持っているあなたにはまだ理解できないと思う。でも、恋愛日記はそれを上手にコントロールする。この役目を私は楽しみとしている。次回をお楽しみに。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
忍耐。

大切な人は忍耐強く待つ
「自分が愛して大切だと思う人は忍耐強く待つ」これが私の答え。一般的に忍耐はしんどく苦しいものと捉えがちだが、私は忍耐を苦しいものと捉えない。むしろ至極当然な精神修行で楽しいものと捉えている。忍耐があるから人間は成長できる、忍耐があるから人間は夢が叶うことができる、と固く信じている。好きなものは忍耐が余儀なくされる、このルールが私の身体の中に自然に染み付いているので忍耐を苦と感じない。逆に忍耐を楽しんでいる。その証拠がここにある。あなたが読んでいるこのブログ、このブログは10年以上の忍耐の固まりだ。ここまで書き続けることができるのは、忍耐を苦と思わず楽しんでいるからこそできる。また、ただ楽しいだけでは続けることはできない、忍耐の深い意味を知っているからこそ続けることができる。なぜそこまで?それは、この先に何があるか見えているからだ。この先に何がある?それは自己実現の世界。自分がこうなりたいという夢を実現する世界が見えている、そのために今は忍耐を楽しんでいる。大切な人は忍耐強く待つ、これは苦でも何でもない。大切な人に苦を感じてはいけない。大切な人は愛の習練であり愛の修行である。この世で一番大切な宝物である。だから苦を感じてはいけない。


ビジネスと恋愛を混合しないでください。
女性の意見としては確かにそうだ。だが、その考えは甘い!。甘いから男とうまくいかない。男性と付き合うのなら、ビジネスと恋愛を混合すべきである。それができてこそ、男女の愛が融和の戦線協定を結ぶことができる。ビジネスの愛と恋愛の愛を融和させないから、いつまで経っても男と女は価値観を共有できないのである。恋愛の愛も素晴らしいが、仕事の愛も素晴らしい。どちらも生きるために神が与えた教訓。この教訓を片方の(恋愛かビジネス)の愛で処理するものではない。両方のバランスをとって処理するものである。ビジネスと恋愛を融和させた愛こそが本物である。ここに記したものは、一般の人々にはわからない。つまり一般の男性にも分からないし、一般の女性にも分からない。ここに記したものは、70億人の一部しかわからない特別なものである。あなたは簡単に特別なものを手に入れた。ビジネスと恋愛の愛を融和される特別な授業を受けた。これであなたは男性とうまくいくことができる。一般の女性たちがビジネスと恋愛を一緒にしないでくださいと騒いで、男性とうまくいかず悩んでいる隙に、あなたはちゃっかりと男性とうまくいくようになる、この差は大きい。


大切な人は忍耐強く待つ。この意味が少しでもお分かり頂けたでしょうか。忍耐とは苦ではなく、忍耐とは楽しむ愛のことを指します。ビジネスでも恋愛でも。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
5月分は残り少なくなってきました。
5月分は下記に空きがあります。
5/30(火)13時~13時30分、17時~17時30分
5/31(水)11時~13時30分

予約の受付は、本日5/13(土)8時30分~9時、17時45分~18時にて、受付けます。
皆様の御予約お待ちしています。

追記、沖川は5/15~5/22までお休みを取らせて頂きます。
その間の予約は受付できません。ご了承ください。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
待たせている人は、待たせているという自覚がない。
女性のショッピングに付き合った男性と同じだと考える。
女性のいつ終わるかわからないショッピングを待ってイライラしている男性と同じ。待たせている人は、待っている人のことを考えず、自分のことしか考えない。

女性は 自分が納得するまで頑固。
第三者が、それはどうなの…? と思う男性でも私は彼しかいない、今は忙しいだけ、など女性都合で解釈します。限界(?)まで待ってようやく気付くこともある。

逃げグセのある人は、女性の愛情とかで直らない。
いつまでも待っているのは時間の無駄。精神的によくない。私の深い愛情に気付けない相手を結婚相手にしていいのか?平気で無視・音信不通にする相手を待っていいのか?
見極めることは、本当に本当に大事ですね。

冷めて良かったと思うこと。
音信不通には、音信不通で。最後の言葉を伝える価値もない。好きだったのに、ここまで冷める事ができてよかった。色んな男性に目を向けたほうがいい。すると、好きだった男がなんともちっぽけで情けない男に見えてくるから不思議!

以上コメントの抜粋から。
皆さんのコメントは題材が多くて助かります。コメントからいろいろな物語が作れます。コメントから得た情報で無限にタイトルが作れ、無限にためになる文章が書けます。時間があれば、コメントから得たヒントを基に長編小説を書きたいくらいです。残念ながら今の私にはそんな時間がありません。占い師を引退したら時間が持てますので、そのときにゆっくり考えます。その日のために、このブログ(恋愛日記)は保存版としてとっておきます。私の老後の楽しみとして(笑)

キープ男を待つ必要があるのか?
次回、沖川の考え方・意見を述べます。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
「キープとはずるい男がやること」
そう、彼は男としてずるい男。「裁判なら有罪」これで付き合いは終わりと決めたいところだが、裁判にも「情状酌量の余地」(刑罰を軽くする。同情すべき、諸事情を考慮する)というのがある。これを採用する。


1、罪を軽くする。

「彼のキープを許す」もうそのことで悩んだり怨んだりしない。器の大きな人間になるためには、キープした男を許し可能にすること。許せないからいつまでもグダグダ悩む。もうそんなバカな堂々巡りの苦しみは卒業する。「キープ男を許す」なんと私は器の大きな人間だという女性になる。そのために、彼のキープを許し、私の器の大きさを認めることにする。キープをする男は、生き方に自信のない男。男として一人前になっていない。キープをしている男性自身もそれは分かっている「オレは男として自信がない、まだまだ幼い、まだまだ半人前の子供だ、こんなオレが彼女を幸せにすることはできない」と分かっている。自信のない子供に罪を重くしても仕方がない、かえっていじけるだけだ。だから許す「あなたのキープを許す」その代わり見ている。あなたが一人前の男として成長するかどうか見ている。ただし、私には時間がない、半年か一年見て、あなたに成長する兆しが見えない場合は、この恋は終わりとする。私は終わりも覚悟をもってできる。なぜなら私は愛のプロだから。女はいつまでも待っていない。別れたとき、後悔するのはあなたの方。私という偉大な女性を失ったから。


2、同情すべき、諸事情を考慮する。
彼の弱いところを認めている私。同情すべき、諸事情は全部知っている。彼の仕事が忙しいこと、朝から深夜までホントによく働いていること、世間で評判のよくないブラック企業に勤めていること、彼とのラインで、逐一仕事の大変さが伝わってくる。私は今まで男性の仕事に興味無かったが、男との愛を全うするためには、これからは男の仕事に興味を持ち、男の仕事を理解する女になるべきだという知恵を備えることにした。その知恵は他の女性にはない、私だけの知恵、だから私はどの女性にも勝てる。その知恵があるお陰で、他の女性みたいに男性に放置されて悩むことはない。私が心配するのは、彼の放置されたことより、彼は大丈夫かな?という心配のみ。この心配は同情である。彼の男の生きざまを心配して同情してあげる、なんと私は器の大きな女性だ。彼も私の器の大きさに感服するだろうと確信している。だが、私は女として彼の心配や同情もするが、彼が試験に合格しなかったら切り捨てる覚悟もできている。これがもうひとつの知恵。

もうひとつの知恵。
「男なら、女を幸せにできる強い男になれ」という審査基準だ。
●仕事が忙しいといって、いつまでも私を放置するな。
●「あなたを僕の未来のために取って置く(キープする)」ならば期日を決めろ。
●いつまで幼い子供でいる、早く一人前の男になれ。
それが審査基準。この審査だけには同情はいれない。彼がこれをはっきりできるかどうか?冷静にきちんと判断する。半年か1年以内に。彼がその審査に合格しなければ、彼は将来性なしと切り捨てる。いつまでも男の同情や心配事に付き合わない、私は私の人生を歩む。それをしっかりやるから、私の器は大きくなる。

そして、最後の採点基準。

キープしている間に、もし他に女を作ったら、その時点で彼を終わりとする。そこには、「情状酌量の余地」はない。

器の大きな女性は、先のことは何も心配しない。
だから、いい人と巡り合えて幸せになれる。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
これだから恋愛日記を卒業できません。くくり罠にかかったように抜け出せません。
こちらのブログに出会ってもう1年になります。 本当に救われました。先生のブログは無料で提供していいのかな?ってくらいの内容です。 そして、ここに辿り着かなかったら私は今頃どうなっていたのかな?って、たまに怖くなります。
嬉しいメッセージに後押しされて、恋愛日記はまだまだ続きます。


男性のキープとは、「取って置く」という意味。
「未来のために取って置く」という意味として男性たちは使っている。
「あなたを僕の未来のために取って置く(キープする)」これが男性の真意。
この真意を深く掘り下げていきます。

男性のキープとは、「取って置く」という意味。この真意をはっきり言うと、「ずるい」という意味です。男とはずるいのです。「曖昧にする男はみなずるい男」といっていいでしょう。審査基準はそこです、「キープとは、ずるい男がやること」これを審査の基準にしてください。

そして、さらに掘り下げると、「彼はあなたのことをキープ(曖昧)にしているけど、心の奥底ではあなたのことを愛している」これがずるい男の心理です。とても厄介ですね。でも、女性はその厄介な愛が好きなのです。愛のプロである女性は、男のわずかな心の動きを見逃しません。たとえひどい男でも、愛がわずかに残って入れば、その愛を成就したくて頑張るのが女性だからです。

審査の基準は、
1、「キープとはずるい男がやること」
2、「キープにしているけど、彼は私のことを愛している」
このバロメーターをチェックして、採点することです。
難しけど、愛のプロである女性にはできるはずです。


私なら、このように採点します。
私の採点方法は、男性の将来性のみです。細かい点数はつけません。
女性たちに言いたい。「あまり細かく男を見るな」「男の見かたは総合点で見ろ」そして、「間違った愛、狂った愛で男を見るな」「あくまでも冷静に男を見ろ」これが私の採点方法です。この採点方法に間違いはありません。これは、神の採点法だからです。

次回具体的な、男性のキープに対する、審査の具体的な方法を述べます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
恋愛のオーディションは女性がするべし。彼が恋人にふさわしい相手か?結婚にふさわしい相手か?合格か不合格かの採点は女性がするべし、これが自然界の流れ、自然界に逆らうから苦しくなる、なぜ苦しいか?それは本能に逆らっているからだ。苦しいからイライラしたり、怒ったり、悲しんだり、不信になったりする。あなたがネガティブになるのは、本能に逆らっているからだ。


本能に従えば苦しまないで済む。あなたが彼を審査し、合格か不合格かの採点をする。愛の主導権は女性にある。オーディションは女性であるあなたがするべし。それが自然界の掟。


男性のキープとは、「取って置く」という意味。
「未来のために取って置く」という意味として男性たちは使っている。
「あなたを僕の未来のために取って置く(キープする)」これが男性の真意。

これに対して女性は、待っていい相手なのか、見極めることが大事です。
コメントからの抜粋。
キープする心理は分かったとしても、これにキスや、体の関係がついちゃうと、完全に女性からみたら遊びか?となってしまいます。 女性のほうもグレーには一線引かないと、傷ついて終わってしまうかもしれません。男性の考えで、いつ終わるかわからない用事を待って保留にされて心をかき乱される。待っている間も幸せであるなら、何の問題もありませんが、結局、相手の曖昧な言動に振り回され、心も時間も奪われていることに苦しんでいる。彼のオーディションに合格して、私は本当に幸せになれるのかな? これからも彼の基準で私は生きていくのかな?答えの出ないグレー期間に私は悩むばかりです。待っている女性は、待っている間に、いろいろ考え、いろいろ悩みます。


女性の悩みとは、愛があるがゆえに深く悩みます。これが女性の良いところかもしれません。また、これが女性の能力でしょう。心底惚れた男に深く愛し深く悩む。女性の生涯をかけて絶対手放したくないと悩む。深い愛を知らない唐変木(とうへんぼく)(気の利かない)男にはもったいない愛。ただウザイとか重いとかしつこいとか感じない男の気持ちに愛の審査員になる資格がありません。つまり能力がないのです。能力は、彼ではなくあなたにあるのです。

ここに任命します、「愛のオーディションの審査員はあなただと」そして、もうひとつ権限を与えます。この愛の主導権はあなたにある。これを今日から任命します。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。