ホーム > カテゴリ: 恋愛・復縁・結婚
「非観の後には同等かそれ以上の幸福が待っている」
私はその言葉が好きである。

最悪な事態に遭遇したとき人は凄く落ち込むが、チャンスというものは必ずやってくるものである。だから、崖っぷちにぶら下がっている手を離しなさい。「手を離したらそこは地獄ではなく天国だよ」といいたい。手を離せば、一時期非観に暮れるかもしれないが、人間という生き物は強い。そこからだ、立ち直るのは。そして、立ち直る権利が与えられるのは手を離した瞬間に与えられる。その大事なことを見逃して、人は苦難の枝にぶら下がっている。離してたまるものか!とぶら下がっている。不幸になる無駄な抵抗を永遠に続けている。時間というのは限られているのに、タイムリミットを無視して、何も解決策を見いだせないまま、ただただぶら下がっている。

苦難の枝にたくさんの人がぶら下がっている。手を離してなるものか!とぶら下がっている。手を離したら私の人生は終わり、地獄へ真っ逆さまだと勘違いしている。恐いんだ、手を離すのが…恐いんだ。だが、案ずることはない、なるようになる。

なるようになる。
私はその境地も好きである。「なるようになる」いいね。開き直りともいえるこの適当な言葉がなぜか好きである。いま思えば、いつもなるようになってきた。案じることはない、世の中なるようになるさ。恐れている悪いことの97%は実際に起きない。真面目に生きてさえいれば、世の中なんとかなる。非観のときは悪いことが100%起きると信じていた。だが、全てを失って気づいたことだが、前へ進めば意外と道は拓けるものだと思った。一日1%拓けて来て、100日後には100拓けた。3カ月もすると過去の嫌なことは全部忘れていた。そして数年後…。あの過去があったから今の自分がいる、前より良くなって。「非観の後には同等かそれ以上の幸福が待っている」これは誰でも経験できる生き方の教訓である。

案ずることはない。
世の中、なんとかなるさ。
だから、早く手を離しなさい。
手を離した瞬間、あなたの運命が変わり、幸福になる権利が与えられる。
一日1%と道が拓けてくる。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
人間はどんな欲求でも心をコントロールすれば手に入るようになっている。奇想天外な欲求ではく、その人に見合った欲求なら何でも手に入る。少なくとわたし自身はそれを経験してきた。自分の器に合った自分が欲しいと思ったものは何でも手に入った。今現在手に入らなくても、手に入るまで諦めない長期的な計画と継続によって手に入った。商売で成功する大規模なものは10年、マイホームを買うなどの中規模なものは5年、結婚や車を買うなどの小規模なものは1年、旅行やパソコンを買い替えるなどの微細規模のものは半年、たまには美味しいものを食べに行くプチ贅沢なものは1カ月、心を豊かにする読書や啓蒙が1週間、そして毎日の筋目ごとの計画と行動。毎日、日々、小さな目標に向かいながら生活している。

念頭には大きな夢を抱いているが、普段はそれを忘れている。大きな夢はすぐに達成できないことを知っているからだ。日々の積み重ねによって大きな夢に近づく。それを決して忘れないようにしている。毎日の生活は、ただ無駄のない日々をどうやって過ごすか、いかに充実させるかしか頭にない。大きな夢は数週間に一度、15分程度の時間を割いて構想する。構想時間は目標に近づいているか、目標から遠ざかっているかの確認で使っている。例えばパソコンの買い替えが予定より遅れていれば、予定を半年から1年遅らせる。お金が足りないとか、今のパソコンはまだまだ使えるなど、様々な理由を加味しながら予定を変更している。すぐには手に入らなくても、後から必ず手に入るようになっている。「欲望は先送りすること」「予定は先送りすること」「楽しみは後から」欲望を先送りすることを私自身は自ら楽しんでいる。楽しいことは後にたくさんあった方が人生は楽しい。だから日々の仕事も頑張れる。

君たちも、
「欲望を先送りする」人生を歩んだらどうですか?楽しいですよ。
楽しみはあとにとっておいて、普段の仕事を一生懸命やる。
そうすればとっておいた楽しみが、あとから追いかけてくる。
音信不通などでうまくいっていない彼でも、あとから君を追いかけてくる。
なぜなら、これがうまくいく方法だからだ。
人生は余裕がある人が勝つようにできている。
楽しみをあとにできる人は余裕のある証拠。
この余裕が何でも手に入る基本となる。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
独身?結婚していない?
それで悩んでいるの?
それって悩むものかな?
ふと思う…もったいないと。
いいじゃない、自由で。
羨ましい、限りだ。
自由を手にしているあなたはいいポジションにいる、だからとても羨ましい。
制約が多い中で、貴重な自由な時間、その時間をもっと大切にしたら。

自由で貴重な時間をなに悩んでいるの?
結婚していないから?
人より遅れているから?
このままでは将来危なくなるから?
将来の孤独に耐えられないから?
将来の不安に耐えられないから?
そんなことで悩んでいるの?
とてもとても、時間がもったいないことをしているね。

今日から考え方を変えてみたら。
自由とは素晴らしいと。
これに勝る幸福はないと。
寂しさは自由を手にするおまけだと。
自由の素晴らしさを再確認すれば、悩まなくなるよ。
人生は何であれ、好きなように生きた方が得だよ。
独身でもいいではないか、貴重な自由な時間を好きなように生きよう。

後のことは考えない方がいい。
明日は明日の風に任せ、今日一日好きなように生きることに専念しよう。
後のことを考えないで生きる?これって計画性がない無防備な生き方ではないの?脳天気な怠け者の生き方ではないの?と、余計なことを考えないようにしましょう。何も心配することはありません。明日の心配より今日の我が身に重点を置いている話ですから。未来は今日一日の積み重ね。未来の計画はすでにあなたは持っているはずです。このブログを読んでいる皆さんは、未来の計画のお持ちの方です。その未来を実現するために今日があるのです。だから何はともあれ、自由に好きなようにいきなさい。未来の夢は自由な発想と想像力から生まれるのです。気持ちが楽しくないと夢は実現しません。死に物狂いで悩んでも夢は実現しません。努力は楽しみながらするものです。やる気はやってやろうというワクワク感から生まれるものです。悩んでいる苦しんでいる世界からは何も生まれません。だから、人生は何であれ好きなように生きることです。

未来に不安を抱かない人の方が、願ったことは何でも手に入っています。
未来に不安を抱いた人は、願ったことは何も手に入っていません。
それが生き方のルールです。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
最悪の状態から復帰して自分の夢(願い)を成し遂げた人がいる。
それは、世界の偉人達と、このブログを読んでいる皆さん(笑)
だいたい最悪の状態とはなんだろう?
なに最悪の事態って?
考え過ぎではないの。
悪いことの97%は実際に起きない。
最悪の状態(事態)を考え過ぎ。
これを取り越し苦労という。
最悪の状態から復帰して自分の夢(願い)を成し遂げた人がいる。その人は、悪いことは実際に起きないと信じた人たちである。
悪いことの97%は実際に起きない。だから今考えている悪いことは考えないことにすることだ。考えれば考えるほど悪いことが起きる確率がどんどん高くなる。膨大な時間をかけて、なにもわざわざ好き好んで自ら悪いことを演出する必要はない。これ以上不運に巻き込まれてどうする?これ以上失敗してどうする?これ以上悩んで精神を崩壊してどうする?「あなたが考えている悪いことは実際に起きない」そう考えた方が今後の人生は楽しく豊かに生きることができる。

人生で人は、時々災難と不幸に見舞われることがある。仕事を失い経済的な困窮に追い込まれたり、恋人に振られてお先真っ黒になったり、その時点で人は何もかも嫌になる最悪な時間を過ごすことになるだろう。だが、未来は違う。未来はあなたの考え方でどうにでもなる。今日は最悪でも明日は最悪でない、明日はきっと楽しいと楽観的になって人は救われるようになっている。今日最悪で明日は楽しい?それは無理だわ。この最悪な状況を一日でどうにかなるものではない…明日からいきなり明るくなるなんて無理だわ…。ならば耐えなさい。忍耐も人には必要。お金が無くて耐える、愛が無くて耐える。先のことを心配するより、現在お金が無ければお金に頼らないギリギリの生活をしなさい。愛が無ければ愛に頼らないギリギリの生活をしなさい。そしてギリギリの生活の中でも喜びを感じなさい。貧乏でも幸せ、愛が無くても幸せ、という最低限の生活でもいいと腹をくくりなさい。そうすれば道は拓けて来る。多くの偉人たちはこれ以上ない極貧の生活から這い上がった人たちが多い。彼らは最悪なときでも、最悪を甘えることなく受け入れ、悪いことは実際に起きないと信じて夢を実現した人たちである。

最悪なときほど明日は良くなると考える。考えることは問題思考より解決思考。一個一個小さな問題を解決に向けて一生懸命考える。一つクリアすれば、また一つとクリアしていく。解決思考の積み重ねによって未来は拓ける。それを多くの偉人たちが実証している。あなたもそれに続け。最悪な事ばかり考えている暇はないよ。どうやってそれを解決するか、時間は解決するために使いなさい。頭はそこだけに集中すること。そうすれば道は自ずと拓けてくる。

最悪なときからの復帰は数カ月後~1年後。
そのために長くても1年間は耐えよう。
最低限のギリギリの生活で1年は耐えよう。
あなたが夢に向かって1年耐えれば、人間の夢は何でも叶う。
そして、生涯生活に困らない基礎ができる。

悪いことは実際に起きないと信じている人たちが成功する。あなたもその考えを取り入れ、今から悪い考えはもう抱かないようにしよう。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
女性の愛はくどい。
別れようとする男性を「解放してやれ」と思うことが時々ある。
もういいじゃないか、早く解放してあげたらという例はたくさんある。
彼もあなたもよく頑張った。
最後は中途半端だったけど、別れは別れ、別れに理由など無い。
二人には縁がなかっただけ。
数々の想い出があったとしても、ここは潔く別れを認めよう。
想い出をポケットにしまいこんであなたの経験にしよう。
そうすればあなたの器が広がる。
その別れをきっかけにして、人間として大きく成長できる。
さあ!認めよう別れを。潔く。

女性は、なぜ?別れようとする彼を解放してあげられないのでしょう?
愛は女性の命だから?愛を失ったら生きていけないから?
それで解放できないのでしょうか。
それは迷惑、男性にとってそれは大変迷惑な話。

女性ばかりでない、男性の中にもしつこい男がいる。
彼女に別れを切り出され、別れるのは嫌だ、別れるのは納得がいかないといって、彼女を付け回し、ストーカーになる男。
これも迷惑、しつこい男性の愛は恐怖さえ感じる。

私は思う。
別れを「かっこよくしたら」と。
そもそも別れるということは、本物でない証拠。
本物の愛は別れることはない。
別れる愛は偽物でしかない。
別れを思い立った時からその愛は本物でなくなった。
だから、「あきらめよう…そうすればうまくいく。」

別れても、縁があれば戻って来る。
そのときは本物として。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
営業できる女子はガッツと信念があります。
音信不通の彼に対して、それでも「好き」だからと営業かける。飽きることなく腐ることなく、相手をお客様だと思って営業をかける。相手はお客様、「お客様は神様だ!」と思って営業かける。このガッツと信念は見習いたい。

相手が彼氏だと思うからいけない。
彼氏は恋愛相手。恋愛相手は対等でなければいけない。でも、相手は対等でなく音信不通にしている。ずいぶんと私のことを舐めている。ここまで舐められれば対等ではない。彼が王様で私が奴隷。彼が上で私が下。地平線上の対等の恋愛でなく天と地の差のある恋愛。ここまで対等でない恋愛で心を安定させる方法はひとつしかない。それは彼をお客様だと思うことだ。

彼がお客様なら私はセールスレディーになること。私が商品の販売員で彼がそれを買うお客様。彼は、最初に私の商品を買う気でいた。最初は本気で、テンション高く買う気でいた。私もおしゃれして自分の商品を気持ちよく売り込んだ。三カ月ほどは順調だった。彼は最高の見込み客、いずれ良い条件で最高の取引ができると確信していた。だが…彼の態度が突然怪しくなった。なぜ?なにがいけなかったの?悶々…悶々…え?何が???不安が…不安が…よぎる。それからしばらく経って彼からの連絡は途絶えた。まさしく音信不通。そのお客様は、もうその商品を買う気がない。

お客様の思わせぶりな態度。商売の世界ではよくあること。最初は買う気だったお客様が途中から買う気が失せることはよくあること。人の気持ちは移り気で変わりやすい。ちょっとしたタイミングのずれですぐに気持ちが変わってしまう。恋愛もビジネスも一緒。恋愛で厄介なのはビジネスと違って気持ちが入っていること。気持ちが入れば苦しくなる。苦しくなれば売り込むことは困難となる。成功させるには、苦しまないで前向きに対処すること。買う気がなくなったお客様に再度こちらに興味持たせ、購買意欲を起こさせるのは難しいかもしれない。だが、それをやってのける人もいる。素晴らしい営業マンと素晴らしいセールスレディーだ。彼らなら購買意欲が失せたお客様を再度その気にさせることができる。この方法は?それは簡単に教えることができない。この技術は「ポンと簡単にはいそうですか」と教えられるものではない。まずはビジネス書の自己啓発を年間100冊以上読むこと。これが第一段階のベース。そこからガッツと信念を学ぶこと。年間100冊自己啓発を読めば、信念の意味、願望の意味、熱意の意味、計画の意味が、しっかりと学ぶことができる。その基礎ができてこそ、買う気が失せたお客様を再度買う気にさせることができる。優秀な営業マンやセールスレディーはいつもそこに頭を使っている。
それをあなたが学べば、音信不通からの復縁はチョロイものとなる。また復縁ができなくても「彼はそれまでの男」と切り捨て、どんどん前に進んで新規開拓ができる。結果として、前の男性よりはるかに素晴らしい男性と結ばれることになる。


さあ学ぼう。今は学ぶのにいいチャンスだ。音信不通?学ぶのに丁度いいではないか。時間もできたし丁度いい。彼は私に学びの機会を与えた。いい女になるように。あとで後悔するのは彼の方だ。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
苦しみながら悪戦苦闘している愛。
はっきりしない愛。
中途半端に置き去りにされた愛。
グレーで責任を取ろうとしない愛。
グレー、中途半端、はっきりしない、責任をまったく取ろうとしない愛に、多くの女性たちが翻弄され、悩み、苦しみ、私のもとを訪れています。
愛とは責任を取るもの。
なぜ学校では?なぜ社会では?それを教えないのでしょう?
「愛とは責任を取るものだと」。
政府や国もなぜ?放って置くのでしょう。
愛を無法地帯にしたまま何も手を打っていません。

自由は尊重するべきですが、自由を悪用して無責任な人間を多く輩出しても意味がありません。今の男女の世界は、自由を悪用した無法地帯です。女性を好きになっても、将来をはっきりさせない男たちのオンパレードです。なぜそうなったのか?それは日本という国が将来不安定だからです。「結婚に夢がない」「結婚に希望がない」という若者たちの声を何万人と聞いています。私だけで何万人ですよ。全国に換算したら、国を滅ぼすくらいのおびただしい数ではないでしょうか?この危機的状況を愛は自由だからと放って置く国の政策をそろそろ変えた方がいいと思います。

いっそのこと義務化にしたらどうでしょうか。
義務教育と同じように愛も義務教育とする。
愛の責任の取り方を(小・中・高)と教える。
愛の責任の取り方の免許を取ってから恋愛する許可書を与える。自動車の免許と同じで、免許を取ってから車を運転する。無免許だと事故ばかり起こして危険ですから。こんなイメージでどうでしょうか。

日本は世界有数の法治国家です。
震災のとき、秩序正しくルールを守る国民は世界を見渡してもそうそういません。ルールを守る日本の底力。愛を法整備すれば、多くの国民が報われ幸せになれると確信できます。.

今日の記事は普段の鑑定から生まれた沖川の妄想です。
お気を悪くしないように。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
音信不通からの立ち直りは、プライドを持って積極的になること。
積極的になるとは、音信不通にしている相手に積極的になるということではありません。自分の人生に積極的になりなさいということです。自分の人生に積極的になれば、不誠実な人を相手にしている暇などありません。不誠実な人は相手にせず、前に向いて行動する。これが積極的な生き方です。あなたが前に向いて行動すれば、音信不通にしている相手は危機を感じて後から追いかけて来る、そのくらいの心構えでいいということです。

私はよく「復縁したかったら早く新しい恋人を作れ」といっています。女性なら「復縁したかったら早く新しい彼氏を作れ」です。これが前を向いた積極的な生き方です。過去の愛にすがりついている人より未来に向けて前進している人の方が間違いなく幸せを掴んでいます。「新しい彼氏を作ったら、別れた元彼が復縁を迫って来た」この報告は世界中からきています。私のところでも数千人の報告があります。過去の愛にすがっている人より未来の愛に向けて前進した人の方が復縁率は何十倍も高いということです。「復縁したかったら早く新しい彼氏を作れ。」この法則をいかにあなたが採用するかです。

でも、ほとんどの女性は船を乗り換えたら過去の船には戻りません。新しい彼氏ができたら元彼を切り捨てます。女性の愛はひとつ。切り捨てられた男性が哀れな姿になった、この数も何千人とみています。彼女を音信不通にして、散々苦しめた罰がここに来て自分に廻って来たのです。因果応報ですね。

女性の心に、それが嫌だから前進したくないというものがあります。女性の愛はひとつ。この愛は今好きな人。いま音信不通にしている不誠実な彼。彼が好きなの…彼が好きなの…と好きな彼に拘り、前進しようとしません。だが、この愛はいずれ裏切られます。本物の愛に音信不通は存在しないからです。現時点で音信不通にしている段階でこの愛は偽物、それに早く気づくことです。

愛に恐怖はありません。
愛に苦しみはありません。
愛とは相手を傷つけ苦しめるものではありません。
愛とは相手を思いやり相手を助けるものです。
それが本物の愛。
あなたは本物を探すべきです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
今日の記事は強気で書くから、心して読むように。

筋を通すとは?
音信不通に対しては音信不通にすること。
相手から連絡があるまで、こちらかは一切しないこと。
中途半端でなく100%こちらからは連絡しないこと。
根気勝負は女が勝つようにできている、だから安心して勝負に出ること。
しばらく経って、音信不通にしている相手が「最近君から連絡がないね」と嫌みなことを言われても、その言葉に一切耳を貸さず。「あなたから連絡がないから連絡できなかっただけです、私はいつでも連絡できる用意ができています」と平然と答えよう。
相手が不誠実ならこちらもその対応に合わせて無視すること。
このくらいの強気とプライドが必要。
失うことを恐れなければ、それができる。
その方法が一番効果的。

果たして皆さんにできるだろうか?
失うことを恐れず、音信不通に対しては音信不通で対抗する。これができるだろうか。強い人はできる。何も恐れずいとも簡単にできる。精神的に強い人は自分というものを持っている。「不誠実は無視する」という基本を持っている。この基本が強さの秘訣。この世で大切なのは、愛することより見極めること。見極めることを中心に男を見ているので、相手が失礼な音信不通をした時点でバッサリと切り捨てる。「愛するより見極めること」これが恋愛の基本。あなたもその基本と強さを身につけよう。

復縁できている人にはこの強さがある。音信不通にされてウダウダ悩んでいる人より、100倍も効果高く復縁できている。筋を通せる女に男は弱い。男は女のプライドに憧れている。そしてそのプライドに惚れる。私を捨てないでとすがる女はどの男も切り捨てる。あなたたちがやっていることはあべこべだ。もっと女のプライドを大切にしよう。不誠実な音信不通男をいつまで愛している。そろそろ見極めて、切り捨てろ。

失う恐怖は失ってなくなる。切り捨てれば恐怖はなくなる。不誠実な音信不通は切り捨てること。一時期はショックで悲しいが、三日後には目の前が明るくなる。未来の明るい陽が指して明るくなる。

本物の愛に音信普通はない。
本物の愛に恐怖はない。
恐怖に陥れる不誠実な愛は偽物だ。
だから、音信不通にする男は偽物。
偽物の愛に多大な時間をかけないこと。

本物の愛は「誠実で安心」
本物に、音信不通などない。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
D・カーネギーの「道は開ける」にこういうくだりがある。
1、「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。
2、やむえない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
3、それから落ち着いて最悪状態を好転させるよう努力すること。
D・カーネギー「道は開ける」引用。(くだりとは解りやすく説明すること)

1、起こりうる最悪の事態を想定する。
音信不通の最悪の事態は、恋人と別れること。
2、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
恋人を失う覚悟を持つこと。
3、最悪状態を好転させるよう努力すること。
失うことを恐れなければ、人は前向きに解決に向かって努力することができる。

簡単なくだりだが、詳しくは著書をお読みください。読めばこのくだりの意味がもっと深く理解できます。

私の持論。
音信不通の相手に対して、
音信不通にされると確かに気分が悪い。
気分は悪いが、そこに長く居てはいけない。
長くいると、気分を悪くしたまま悩んでしまう。
するとどうなるか?
悪いのは相手なのに、自分が悪者となってしまう。
自分を悪者にしてしまう悩みはよくない。

これからは悩まないこと。
失いたくない、別れたくないと悩むからいけない。
悔しい、納得いかないと悩むからいけない。
なんで?なんで?私が何か悪いことしたの?と悩むからいけない。
悪いのは音信不通にしている相手、あなたは悪くない。
私は悪くないと筋を通すこと。
筋を通せば、悩みは終わりにすることができる。
そろそろ終わりにしようか、病気になるくらいの音信不通の悩みを。

終わりの仕方は、
「起こりうる最悪の事態とは何か」と自問すること。
最悪の事態は、彼との別れ。その覚悟ができれば事態は好転する。

別れる覚悟ができれば、
すっきりと悩みは消えさる。
別れる覚悟ができれば、
泥沼から脱出できる。
別れる覚悟ができれば、
冷静に客観的に正しい判断ができるようになる。
別れる覚悟ができれば、
暗い過去から明るい未来に向かうことができる。

本物の愛に「恐怖などない」
恐怖を払拭するのは、最悪の事態を受け入れること。
最悪の事態を受け入れる覚悟ができた日を、「あなたの記念日という」
最悪の事態を受け入れる覚悟ができてこそ人間は成長できる。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。