ホーム > 月別アーカイブ: 2006年06月
気の弱い男はなかなか彼女ができないのと同時に、真面目すぎる男も彼女がなかなかできません。
つまらないからです。

そういう男たちは、何か勘違いしてます。女性に対しては真面目な方がいいと。男が散々悩んで勇気を出した告白が受け入れられなかった場合、もう無理だと真面目に考えるのです。相手のことは考える余裕がなく、自分がいかに真面目かを考えています。

だから、あなたは頭が硬いのです。
ここに男は二度告白すること。という定義を頭の中に叩き込んでください。それは真面目に叩き込んでください。告白は2回するから面白いのです。奇跡も2回目にあります。

女性心理は2回告白して、1回目となるのです。

2回告白して、ダメなら退散してください。それ以上やるとストーカーになります。
男は積極的にやらないかんというへんな雑誌に即発されないでください。告白という微妙な恋愛心理では積極過ぎるのもいけないのです。その告白を受けるのも受け入れないのも女性が決めることです。男が決めてはいけません。恋愛の決定権を女性に委ねる男が男らしく光るのです。振られた腹いせみたいな追いかけはみっともないし、女性を恐怖に陥れます。

2回の告白は、さすがに勇気がいります。普通みなさんやらないでしょう。1回の撃沈で人生真っ暗闇になるくらい落ち込んでいるからです。気の弱い、真面目な男ほど落ち込みます。とくに若い男は経験がないから、尚更落ち込みが激しいでしょう。みっともなくて次の告白はできないと思います。もし、次告白してダメだったら、もう立ち直れないと。

さあ、男の恋愛ルールはそこからです。
昔も今も、女性が求める男性は、頼もしい男です。

男らしく、たくましく2回目の告白にチャレンジしましょう。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
昼休みのひととき、パソコンに向かっています。
恋愛日記というブログは自分の占いによる体験談をまとめたものです。すべてにあい通じるものではないことも自覚しております。

恋愛心理は、複雑で個人個人多彩に変化します。ここで述べているのは、多くの相談から得たものをベースに成功法則としています。個人の状況や状態によっては適用しないのも、もちろんあります。

重要なのは、現在の恋愛心理。お客さんからの体験談をもとにした心理です。ここにくる人は、過去の人ではありません。今現在を恋愛している人たちです。それを私は日夜相談にのっているわけです。それを恋愛日記としてブログしているわけです。

少しでも多くの方がこの日記を通して恋愛の苦しみから解放されることを期待しながら。


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
まず、第一に女性は『結論』を早く出したがる生きものです。
恋愛はせっかちなのです。優柔不断で白黒はっきりしないのがイヤなのです。

女性が男の優しさを求めるのは誰しも知っています。
ところが何回デートしても『君が好きだ』という告白もできない優しい男ではダメなのです。その優しさは、自信のない優柔不断に見えてしまうのです。

4回5回とデートを重ねて、手も握ってくれない、キスもしてくれない。となると、いったいこの付き合いはなんなの?と女性なら誰でも疑問を抱きます。

最近はいくじのない男性が多くなってます。そんなことなら、突然現れた、女慣れした男に強引にキスされて君の彼女を持っていかれてしまうぞ!と注意したくなります。

確かに恋愛の決定権は女性にあります。でも、肝心な初めの一歩は男性から踏み出さなければいけません。『君が好きだ』という言葉と、キスをする行動です。

決定権は女性にあるので、告白したらNOかもしれません。キスをしようとしたら、イヤがって避けられるかもしれません。
男ならそれでいいのです。意志を明確にした。それだけで男の株は上がります。

女心と秋の空。
その心は、日進月歩、分進秒歩で揺れ動くのです。

告白してNO。キスを拒絶された。その心の奥にあるのは、『まだ早いから・・・』という女性特有の心理が働いているのです。決してあなたのことを嫌っているわけではありません。嫌いなら3回以上女性はその人とデートしません。

勇気を出した。男の告白、男の行動。
女性なら誰しも衝撃的な感動を呼ぶのです。

ちょっと強引とは、男の勇気です。
それを女性は待っています。決定権を自分が持ちながら。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
メールは今世紀最大の愛のツールです。
この道具を有効に活用しましょう。
女の子は、この道具が大好きです。

男はメールなんて面倒くさい、電話一本入れれば、それで用事が済むではないかと思うのですが、女性は違います。愛については面倒くささを要求するのです。わざわざ時間をかけて作ったメールが好きなのです。

もっとも中にはメールが大好きな男性もいますし、メールを嫌う女性もいます。でも基本的には女性の方がメールは好きでしょう。

ここ占い館でも、彼からのメールを待ち望んでいる女性が多く見受けられます。男性よりメールに関しては、圧倒的に女性のほうが反応してます。

愛の某体であるメール。女性はそのメールに生命維持装置のように頼っているのです。

女性はメールでのキャッチボールが好きなのです。それに面倒くさがらず付き合ってください。限りなく付き合う必要はありませんが、最低3回は付き合いましょう。自分の彼女です。そのくらいは頑張りましょう。疲れて長い文章を打つ時間がなかったら短くてもいいのです。最低一日に3回は送りましょう。

愛を語る、長い文章を女性は好きです。もっと好きなのが短くても回数です。男は論理的に長文で最高のメールを送ると達成感があって、それでいいと思いますが、女性は違います。もう一回のメールで愛を感じるのです。

ここに来る女性たちが彼と昨日は20回メールしたとか。朝は行って来ます♪のメールから始まり、お昼はこんなの食べたよ♪。仕事が終わったよ♪メール。というメールのやりとりをよく聞かされます。楽しそうに一日のタイムスケジュールを彼とのメールのやりとりで幸せ感を感じているのです。

『あ~メンドクサ』と思わないで下さい。私も面倒くさいと思っています。でも、女性と恋愛をするのなら、この面倒くさい作業も飽きずに付き合いなければいけません。しかし、勘違いしないでください。あなたはあくまでも男です。男はあくまでも男の路線を守りながら仕事を優先させてからメールをしてください。忙しいのに無理して返す必要はありません。男の忙しい路線の中に、バランスをとりながら彼女とのメールのやりとりができる男が望ましいのです。忙しい仕事の合間に打ったメールこそ彼女の心をつかむのです。仕事を放ったらかしにして、いくら女性がメールを好きだからといって、めめしくメールを打つものではありません。男性であるということを忘れないで下さい。女性が嫌うメールは男なのに女らしいメールです。度を超えた優しさはいけません。

今世紀最大のラブレター発信装置。これを有効に使ってください。そして回数です。忙しい男が彼女のためにメールするから愛が深まるのです。忙しさにかまけてメールひとつも送れない男は、今世紀最大の最低男です。







ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
その恋愛を自由にできます。こんなにつまらない相手だと思えば、終わりにすることもできるし、晴れて結婚することもできます。だから、その力を得るまでの今が、大事なんだよと言いたい。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
その力は、ほしいほしいと思ったときは手に入りません。邪心を捨てて、忘れたときです。そして、自分磨きに撤しているとき備わるのです。顕在意識のとき、相手に自分にできる最大限の愛を捧げ尽くして、そのときは叶わなくても、半年から数年たって身につくのが魔法の力です。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
それは、都合のいい心。悪魔の心がなくなったときです。相手に必要に捉われているときは、潜在意識は働きません。では働く時間は期日はいつ?それは、人によって千差万別です。個人個人の能力によって違うのです。言えることは、顕在意識のときどれだけ努力をしたかです。三月真剣に努力して、三月放っておいてください。潜在意識の魔法はその愛が本物なら放っておいた期間に活動し始めるのです。潜在意識は自由と余裕をこよなく愛するのです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
お昼のひととき、携帯からブログします。潜在意識は顕在意識の努力によって創られます。顕在意識の努力の最中は、恋愛でも、仕事でもなかなかうまくいかないものです。でも、うまくいかないからといって努力を放棄してはいけません。放棄すると、その奥にある魔法の力、潜在意識が働かないのです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
男性からの告白の仕方。
ルール4の続きになりますが、見栄の部分のプライドは捨ててください。見栄ではなく自分の素直な部分を表現したほうがいいでしょう。告白するときもかっこつけて告白しないようにしょう。そういう告白は曖昧な言葉が多く、相手に真意が伝わりません。緊張しながらも、震えながらも、勇気を出して『僕と付き合ってください』頭を下げて、はっきりと男らしく言ったほうが相手は感動するのです。彼女が即答しなくてもいいのです。大体女性は即答できません。唐突で突発すぎた告白の場合、すぐに返事はしません。すぐに『ノー』の返事が来たら、初めからあなたと付き合う気はないのです。男らしく潔く諦めましょう。すぐに返事できないで黙っている場合、あなたは沈黙を守りながらお願いの頭を下げ続ければいいのです。本気で真剣な場合、沈黙が訪れるはずです。その沈黙さえ得られば、たとえ彼女がその後『ノー』といってもあまり深刻に傷つくことありません。女性は唐突な告白の場合、優柔不断な性格と同調して反射的に出す答えがお断りなのです。そういうものと思ってください。すぐにOKを出す女性は、告白の予感がしていて、あなたと付き合いたいと願っていた女性のみです。付き合えるかどうかの五分五分の場合、女性の沈黙は、一つの好意です。そのことを理解してください。それで断られたからといって『さよなら』なんてわけの分からない言葉をいってダッシュでその場から逃げないでください。断られたら、男は恥ずかしいものです。でも、あなたは男らしく真剣に本気で告白しました、逃げ出すものではありません。最後まで彼女をサポートして安心できる場所か家まで送らなければいけません。

その夜の女性心理を勉強しましょう。
告白はどの女性にもグサっときます。
告白された女性は感動して眠れない夜を過すのです。
あなたの告白のときの言葉、眼差し。
沈黙。沈黙に耐えられなくて、相手を傷つけないようにいったお断りの返事。
それでよかった。よかったのかな・・後悔・と引きずるのが女性です。そのときの女性は優柔不断の感情が高ぶって自分で方向性を決められません。真剣に本気で言えば言うほど、動揺して感動するのです。
言い方は悪いが、たとえ嫌いなタイプからの告白でも女性は動揺します。
告白の嫌いな女性はいないと私は思っています。
もちろん好きな相手から告白を待ち望んでいます。
ここで言えるのは、女性が沈黙をしたという事実があれば、その沈黙が長ければ長いほど、たとえそれが『ノー』でもあなたは諦める必要はないのです。何日かおいてもう一回告白しましょう。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
謙虚、ひたむきさ。忘れていた心です。プライドが高い男ほど、その部分が足りません。足りないから自分勝手に振舞うのです。自分は人より優れているという横柄な態度。他人から見ればこっけいです。横柄な態度を示す人は、第三者から見れば、あなたのことを能力があると心から思ってないし、大したことないと思っています。横柄な態度を示せば示すほど、ああ、この人は自分より下だなと思ってしまいます。人間は自分自慢の前向きはいけません。もっともそれは前向きとは言いませんが、前向きとは自分を自慢しないで謙虚にひたむきに努力する事をいいます。

女性は自分を自慢する男を結果的には嫌います。最初は頼りがいがあると思いますが、結局は自分が中心で物事を自分で判断されてしまうのを恐れるのです。女性は共同作業が好きなのです。二人で決めて、二人で苦労するところに喜びを感じるのです。男性が一方的に全てを仕切るとなると、女性の役割が失われるからです。ですから肝心なところは二人で話し合いの上決めたいのです。

ここに二人の男性がいます。
一人は男らしく仕事もできて、責任感があって何でも任せられる男。
一人は頼りがいがなくて、何でも相談する男。

女性は後者を選ぶ傾向の方が多いのです。確かに前者を選んだ方が生活は安定するでしょう。でも、その男性は仕事ができる。できる男は幅広い知識を得るため、付き合いも多い。常に自分に課した目標がある。男性から見ればりっぱな男です。でも女性から見れば、愛情が足りません。何の問題もない生活を妻に与えているつもりですが、女性は愛情のない生活は耐えられません。そして自分に向けてくれる愛情探しの旅にでるのです。ネットで相手と知り合う女性が多いのもそういう類の女性たちです。

男性のみなさんへ、仕事とか付き合いにだけに一生懸命になって、彼女を置き去りにしてませんか?もしそうであれば、女性からいつ別れを切り出されても仕方がないのですよ。

男らしく頼りがいのある男をどの女性も求めています。昔も今も。
また、昔も今も、変わらないのが男性からの謙虚な自分だけに向けたひたむきな愛です。
女ってなんて贅沢だなんて思わないでください。男性にない神秘な生き物を相手にしているのですから、男性の価値基準でものごとを見ないようにすることです。それを失う男は逆に惨めになります。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。