ホーム > 月別アーカイブ: 2006年07月
さあ!お待たせしました(笑)

沖川劇場、プラス思考の始まりです。暑い夏、愚図愚図悩んでいるあなた。そのグズを吹き飛ばしましょう。(ものはすべて考えようです。)

そうです、考え方によっては地獄が天国になります。または天国が地獄に落とされることもあるでしょう。人は結局、自分が考えた通りになるのです。

考えた通りの人生になるのであれば、有意義な人生を送ろうではありませんか!
どうせなら、『明るく前向きに生きようではありませんか』。

プラス思考。
その作り方を伝授します。

プラス思考は心技体からなります。
心(精神)体を鍛えて、技術を身につけることです。

心や精神をいくら鍛えても、体が不健康では途中で挫折します。
体はバカ健康でも、精神を鍛える学問を積まないと途中挫折します。

心と体を強くしなければ、プラス思考にはなれないのです。

プラス思考になる。第一弾として、
最初に『言葉』です。

言葉は言霊といいます。

みなさんは、言霊・言霊といいますが、その意味をご存知ですか?

プラス思考になる言霊もあるのですよ。
その言霊は、マイナスの発言を一切言わないということです。

相手が聞いてイヤだなと思う発言はしないということです。

例えば、こんな発言です。
今は夏、暑いです。
『暑いねえ、暑くてイヤだ、疲れる、やってられない』」『疲れる、疲れる。』を連発する。
それを聞いた人は、その言葉の波動で同じように疲れるでしょう。そして不快な気分になるはずです。言っている本人は素直に人間らしさを表現していると錯覚しているのですが、聞いているほうはイヤな気分になります。疲れたという言葉は相手にも自分にもマイナスな言葉です。

こういう場合は、こう言いましょう。
『今日も暑いですね、だから元気がでますね。汗が気持ちいいです』
決して、疲れたと言わないことです。

恋愛でマイナス思考を連発しているあなた。
さっそく総点検してください。

彼とうまくやりたい、あるいは復縁をしたい、新しい恋をしたいというあなたへ沖川から素敵なプレゼントがあります。

今後、一切マイナス発言をしないことです。
あなたが考えていること、発している言葉のすべて逆をやってください。

『彼に会えなくて、不安でさびしい』→『やったー自由だ、自分の時間が持てる、嬉しい』

『彼からメールが来ない』→『さあ、風呂でも入って寝ますか、明日が楽しみだわ』

『彼が浮気しているかも・・』→『バカだねぇ私よりいい女いないのに』

『彼はどうして思い通りにいかないの』→『手強い相手、でも面白い』

『彼には何やってもダメ』→『ますます面白い次はこの手でいきますか』

ポイントは『大丈夫・大丈夫』と自分に言い聞かせることです。

はっきりと言えば、今後起る彼とのマイナスな葛藤を全部楽しんじゃえばいいのです。

女性には考えられない、男性の不可解な部分。

不安・心配・悲しみ、これを→よくもまあ!これだけ不幸がくるもんだ。でも面白い!と不幸を楽しむことです。

愚図愚図悩んでいるあなたへのプレゼントは、マイナスを全てプラスに置き換えることです。
そのために、
あなたのまったく反対の考え方を身につけてください。
男性を相手にしているわけですから、女性の反対の考え方でいいのです。同性ならあなたの考え方でいいですが、異性は反対なのです。
反対側にある異性を理解して、初めてあなたは大人の女性になれるのです。
男性とうまくいく方法はそれがベストな方法です。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
幸福なはずなのに・・・・

何故か僕の心が、不安に脅える。

この不安は何だろう?

子供は中学3年と中学生1年となり、反抗期ではあるが、子育ての大変さからは解放された。妻は、ずっと家庭の主婦をやっていたが、これからかかるであろう高校進学や大学進学へ向けた学費を稼ぐためにこの春からパートの勤めに出ている。

僕の仕事は順調で、世間一般並みの収入は得ている。
どこにもあるような、一般家庭である。

なのに僕の心は落ち着かない。
何か一本真が通ってない。
ステップ通りに来ているかに思われる僕の人生は、途中で遮断されている。
遠い過去に置き忘れた忘れ物を捜すように、僕の心は過去に向いている。

切れた『運命の糸』を僕はつなげようとしている。
20年前のあの出来事、僕がトラウマとなった出来事。
大人になった今、僕は解決を図りたいと無性に思うようになった。

それを解決しないと、僕は次へ進めない気がしてきた。
僕の人生の汚点、これをクリアにしないと、僕の今後の人生はありえない。

『彼女に無性に会いたいと思った』・・・
今の家庭を壊すつもりはもうとうない。
ただ彼女に会って、話がしたい。
お互いのあのときの、事件や気持ちを整理して、わだかまりを取り払いたい。
『そして僕は彼女を許したい』
お互いを許しあい、最後に彼女と握手をして別れたい。

僕は憎悪にかられた20年を整理し、それに決着をつけたいと思った。

(彼が占い館に来た理由)

彼は衝撃的な恋愛の決着をはかりにきた。

最初は私に、霊視で持って、『彼女の今の生活状況を教えてほしい』と来たが、私にその力がなく、それはできませんと断った。

『手相ならある程度の判断はできますよ』という私の言葉に、『では手相でお願いします』
という流れで鑑定に入った。

そして、彼の現在の年齢の位置に、ものすごく強い愛情線。
この愛情線は、10代後半から20代前半に見られる純愛の愛情線である。
彼、44歳の位置に、この線が出ている人は私の占いの歴史でも見たことがない。

彼は、今・純愛をしているのである。
20年も前に置き忘れた『純愛を』。

その純愛は、どんな恋愛だったのか、彼が語った物語が今までブログで投稿した内容である。

20年経って、彼はプロを使って彼女の詮索をした。
興信所を使って彼女の所在と生活状況を調べたのである。

その結果、
彼女はあの男と結婚して、子供もいる。
住まいは関西。安アパート暮らしで、決して裕福とはいえない。

この状況を調べ上げて、彼は占い館を訪れた。

彼の望みはひとつである。
彼女と会って話し合いをしたい、そしてわだかまりをとって、最後に握手をして別れたい。
ただ、それだけである。

そして不安もある。
もし、彼女が拒否したら、僕はもう立ち直れないと・・・・

『みなさんは、どう思われますか?』

このブログは一日、800人~1000人の読者が見てます。
みなさんの貴重なご意見をいただけますと助かります。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
29歳で結婚した僕は、やっと一般的な幸せを手に入れました。
環境も変わり、すべてが新しいスタートです。
人生をやり直すといことは、こういうことを述べているのかもしれません。

子供も男女二人に恵まれ、我ながら良いお父さんになりました。
子供とは可愛いもので、これ以上の宝物はありません。
幼稚園、小学校の運動会。パパは頑張って子供たちのために父兄の行事にも参加しました。家族で行った旅行、たくさん素敵な想い出ができました。

幸福な家庭。
僕はこのまま、この家族を守ると決めました。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
お休みの日曜日。気のむくまま散歩、夏の日差しの暑い中、汗をかきながら歩く。私はこのひとときが好きである。時間を忘れて、仕事を忘れて、占いを忘れて、ひとときの自分の時間を楽しむ。体全体に深呼吸を入れる空間でもある。その深呼吸のおかげで私はブラスの精神力を保っている。占いという仕事は、占い師自身がプラスでないといいアドバイスはできない。相手はマイナスの悩みで押し寄せてくる。そのマイナスをプラスに変える道しるべをつくらなければいけない。そのためにもブラスの充電が必要である。今日は私の充電日にしょうと思っている。だから、占いとブログはお休みにします。

ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
結婚前夜、彼は夢にうなされた。。。

忘れていた悪夢がまた再現するのかと思った・・・
もうとっくに忘れてたはずなのに・・・昨夜の夢は・・花嫁は彼女で、今度は親・親族、来賓たちが大勢集まる目の前で、また彼女がさらわれるという悪夢にうなされた。

『僕は結婚式のトラウマになっていた』。

夢とは反対に、結婚式は華やかに祝福のもとに行われた。

今度は、双方の両親、兄弟・親族。高校、大学時代の親友、会社の上司や同僚。妻の親族や親友。総勢100人の人たちが、僕たちの結婚を祝福してくれた。

感動的なエピソード。
それは、妻の祖父からのスピーチだった。
祖父は末期ガンで、無理を押して孫の結婚式に出席した。余命わずかな命のスピーチは場内がシーンと静まって魂のこもるスピーチだった。
『○○ちゃん、結婚おめでとう。』祖父は、子供のころのエピソードや孫に対する愛を声がとぎれとぎれに語った。妻はおじいちゃん子でおじいちゃんに大事に育てられ、愛されたという感動が伝わってきた。そして最後に感極まって泣く。妻も一緒に大粒の涙を流してなく。そして僕も泣いた・・・。

僕はそのとき決心した。
『もう彼女のことは完全に忘れよう、このおじいちゃんのために妻を大事にしようと』

結婚式には、ひとそれぞれの想いを持ちながら出席している。私を愛で育てた両親、そして妻の両親。それにまつわる親戚、家族。親友や会社の同僚。100人がひとつの想いで僕たちの結婚を祝福している。

僕が彼女に今だに、未練をもったら、『僕は100人の敵を作ることになる』

妻初め、命がけでスピーチしたおじいちゃんを裏切ることはできない・・・・

僕はその日を境に、彼女との悪夢を断ち切った。
そして、彼女が可哀相に思えた。

彼女は、100人の敵をつくり・・・今苦しんでいるのだと・・・・

続く。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
人の悲しみや苦しみは時間が解決してくれる。
どんな慰めや、アドバイスよりも時間という薬には勝てない。

人間の脳は忘れるという働きがある。一日、一日という時間の経過とともに悲しみは薄れていく。

彼はどうだっただろうか・・・
彼もやはり、時間と経過とともに憎しみや悲しみが薄れていった。

一時期は自暴自棄になっていたが、仕事に夢中になることで彼女の存在を忘れていった。

しかし、女の人との恋愛はしばらくできなかった。

彼は女性を好きになることにトラウマになっていた。

彼が再び女性と恋に落ちるのは、5年という歳月が経ってからであった。

彼女を失って5年後、彼は新しい女性と出会い、結婚した。

そして『結婚式』



ありがとうございました。
では、
続きを書きます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
彼の彼女に対する憎しみがあまりにも強かったので、私は女性側の立場に立った気持ちを彼に述べた。

彼の衝撃的な話は、私自身も感動した。哀れみも感じた。こんなにひどい裏切りはないと憤りも感じた。

が・・しかし、女性という生き物は彼が言うほどの悪者にはなれない。

彼は、彼女があの男と結託して、卒業をテーマにしたドラマを演じたに違いないと思っていた。すべては、あの男が悪く、彼女は騙されていると錯覚もしていた。騙された僕がバカで、あの二人を許せないという憎悪も持っていた。

果たしてそうだろうか・・・
女性は愛については真剣である。策略だとか、戦略とかは考える生き物ではない。彼が彼女と付き合ったいきさつや、デートなどのシーンを聞いていると、普通の女の子で、とても策略的に人を陥れる女性ではない。

彼は間違いなくあなたのことが好きだった。と私は彼に告げた。

そして、新しく現れた男も彼女は真剣に愛していたと思うと告げた。

男から見れば、女性の『好き』という気持ちは不可解な感情である。その不可解な感情が天使にも悪魔にもなる。
彼女は彼とその男との両方の愛の狭間で悩んでいたに違いない。

こういう場合、女性は一人で決心をしない。
男性と違って女性は多くの女友達と相談をする。信頼できる人であれば男性とも相談する。そして、私みたいな占い師とも相談をする。

そして大抵は、その男と別れて彼を選んだ方がいいよと諭されるのである。そこからが女性心理の神秘の部分で、悪いという男、批判された男の肩を持つ真理が働くのである。彼との付き合いは4年目で、馴れ合い状態になっている。新しい男は、付き合いも浅い。恋愛は初期が楽しく、好きという気持ちも当然新しい男に集中してしまう。

理屈や論理とは関係なく女性は『好き』という気持ちを優先する。

この『好き』という女性の気持ちは感情をコントロールすることはできない。

女性は好きになると、天使にも悪魔にもなる。

そして、自分の正当性を理解する味方を求める。自分ひとりの決断での責任は取れないのである。それは依存心という女性特有の性格からきている。

彼には運悪く、彼女には味方の女性がいた。会社の先輩である。
その先輩は、彼女よりいろんなものに経験豊富で、男遊びも絶えない。彼女のとっては尊敬できる女性であった。周りの友達はみんな反対したけど、唯一その先輩だけは彼女の味方になってくれた。

『人生は一回しかないわよ、本気で好きな人と結ばれないと一生後悔するわよ』とでも言われたのだろう。彼女はその先輩の言葉に鵜呑みするように決心した。

女性は一人では決められない。依存する味方がいれば決めることができる。

当事21歳の彼女には、良し悪しの判断はできない。どれが本物かの判断もできない。
『好き』だからこれはもうどうしょうもないという感情だけで動いてしまうのである。

この『好き』という感情は、後で一人の男を一生傷つけるということを彼女は考えてもなかった。

彼にとっては、その彼女の先輩という女性の存在が運を悪いものになってしまった。

同性は同性同士で共感し、異性との正しい判断をゆがめることがある。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
入院して二週間。気持ちとは裏腹に体は回復していった。
病院の治療のおかげと、毎日ベットで寝ていたせいだと思う。

検査の結果には以上は見られず、そろそろ退院が迫っていた。

退院後は、またあの空虚な生活にもどるのがイヤだった。

明日退院が決まり、僕はベットの上でイヤーホンを耳につけながらテレビを見ていた。

金の先物取引、悪徳商法の豊田商事事件。彼は略奪したあの男が、金の先物取引に関わっていることを5日間の彼女を探す放浪で調べ上げていた。彼女があの男と知り合ったのは8ヶ月前だということも。

そして彼が見たテレビニュースは衝撃的なものだった。
(そのとき、私もリアルタイムで、その衝撃的なニュースを見ていた)

豊田商事事件。『悪徳商法のチャンピオン』被害者数3万人以上。被害総額1500億以上。
金の先物取引、現物の金を売買するわけではなく、先物取引、いわゆるペーパー商法である。騙されたのは老後のために蓄えたお年寄りが多く。被害も全国規模で広がった。
豊田商事グループの会長であった永野という人物がマスコミのカメラが見守る中でアウトローに刺し殺された。日本刀を持った男二人が、マンションの窓をぶち破って永野がいる部屋に侵入する様子は、衝撃的な映像だった。

彼は殺された永野と彼女を奪った男と重ね合わせて見ていた。
『あの男もこうやって殺されればいい・・』彼は憎悪にみなぎっていた。

そして彼は人を憎むことで、健康を取り戻していった。
あの男と彼女はうまくいくはずがない。きっと彼女はあの男に捨てられるだろう。又はあの男が警察沙汰になる可能性だってある。悪い商売をやっているあいつが、今後彼女を幸せにできるわけない。

その彼女を救ってやるのは僕だ。僕が何年かけても彼女の帰りを待たなければいけない。
彼は憎悪と愛情との狭間で彼女を待つと決めた。
いずれにせよ、彼が生きる活力が湧いてきたのは、彼女に対する、憎しみと愛情である。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
彼女のご両親とも疎遠になる。

横浜医療センターに僕は担ぎこまれた。昏睡していて僕自身まったく記憶がない。

三日間僕は眠った。

三日目に目を覚ますと、傍らに母が心配そうに僕の目覚めを持っていた。僕の身体の周りは管だらけである。点滴やIVH、中心静脈栄養のカテーテル。鼻には酸素を送り込む管。そして心拍を図る心電計。ICUとは、こんなに騒々しく医療器械に囲まれている場所だということが初めて体感した。

一般病棟に移った私は、気力を持ち直すことなくふさぎこんでいた。直りたくない、このまま体をもっと悪くしたい・・意識が戻れば、僕はまた悪魔と戦わなければいけない。もう僕には無理だ。

次の日、僕が意識を取り戻したという事を聞いた彼女のご両親がお見舞いに訪れた。僕はご両親にこんな惨めな姿を見せることが辛く、ずっと顔を背けていた。

将棋で交友を深めていた彼女のお父さんが、最初に口を開いた。
『○○君、すまない。こんな娘に育てた覚えはないのに、私たちの育て方が悪かった』とむせび泣くようにお父さんとお母さんは僕に謝罪した。どうやら彼女は実家ににも連絡をしてないらしい。

そのときである。
うちの母が、そのご両親に激怒して、彼女のしでかした悪意を責めた。
『息子をこんな状態にしたお宅の娘が許せない。一生恨んでやる』普段の母は優しい母なのだが、このときは僕の事を心配して、また愛してパニクッていた。

僕はどうすることもできなかった。
母を止めようとしたが、言葉も出ない、体も動かない。

それを境に、彼女とのご両親とは疎遠になってしまった。







ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
想い出の地を徘徊する男。

彼は横浜の馬車道に立っていた。

彼女との想い出の街をさまよっていた。

よく似た女を見かけては、周り込み、彼女と違うと判断すると、怪訝そうな女性に向かって『すみません』と謝る。

そのことをさまよいながら繰り返していた。

二人の思い出の街。

彼はこの街で、必ず彼女とめぐり合うと信じていた。
そして僕に誤り、僕はそれを許し、また二人で愛し合うことを夢見ていた。

この街に彼女がいないと分かると、ああ、あそこだ。二人で行った八景島。あるいは江ノ島。もしかすると野毛山かもしれない。あるいは待ち合わせ場所の坂東橋かな・・・

彼は4年間彼女と付き合った想い出の場所を探し歩いた。

会社からもらった5日間の結婚休暇を彼女の詮索にあてた。
しかし、彼が何年この街でさまようが、彼女はこの地にいなかった・・・・

そして月曜日。

彼は重苦しい気持ちで朝を向かえた。

結婚休暇が終わり、今日から会社に出勤である。会社にはそのことは報告してない。
仕事真面目な彼は責任感も手伝って会社に出ようとして起きた。

5日間、ほとんど寝てなく、食事もとってない彼は、
ついに・・・倒れた。

母親の叫び声、そして救急車のサイレンの音。。。。。。。。

『僕はもう・・・死ぬ・・・』
生きる活力を失った彼は死にたいと思った・・・





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。