ホーム > アーカイブ 2007年04月
はてなブックマーク - 危険だからこそ、チャレンジする
危険だからこそ、チャレンジする。

不安・・・苦しい・・・怖い・・・

マイナス心理のドツボにいるあなた。

あなたはきっと何もかもやる気がないだろう。


頭では、やらなければいけないことが分かっているが、『でもやる気がない』。

一日のこなさなくてはいけないカリキュラム、やらないと自分が堕落することが分かってはいるが、やる気がない。


でも案ずることはない。

最初から確信のあるものはこの世にない。

初めから自信にある人はいない。

みんなマイナス心理と同居させて戦っているのである。

『いいんですよ、不安で、苦しくて、辛くて、そして怖くて』

だからこそ、それと同居させながら、一歩づつ前へ進むのです。

善いことを教えましょう。

物事を達成する人は、自信のある人より、自信のない人の方が達成するのです。

自信がないから、不安だから、怖いから、そんな自分が嫌でしょうがないから根気よく続けることができるからです。

なめてかかった自信より、謙虚な不安の方がいいのです。


あなたが目指している復縁は、多くの人に反対されています。

最初はあなたの味方だった人たちも、今はすっかり反対意見に回っているのではないでしょうか。

でもその人たちを許してあげてください。彼等はあなたのためを思って忠告しているのです。

人はマイナスの相談を長く続けることが苦手なのです。それは自分がマイナスになってしまうからです。だから嫌がるのです。

他人はあなたのことを、往生際が悪い、諦めが悪いと非難することでしょう。そして辞めさせることの忠告もすると思います。

特に女性はコミュニュケーション能力の高さで、多くの人たちの意見を取り入れます。とくに自信のない不安な子はありとあらゆる意見に左右されます。どれが正しいのか分からない状況に追い込まれたりします。世界の成功者はこう言っています。自分の信念に他人のマイナス意見、反対意見は入れるなです。

また、その意見が自由に入るように間口を開放しないということです。間口を開放すると、マイナス心理というウイルスがどんどんあなたの心に侵入し、あなた自身を機能不全にするからです。だからこそ、開放にしないで検問所を設けることです。その人の意見は有効かどうかの判定をしましょう。必要だったら、あなたの肥やしにし、不必要だったら削除することです。それで友を失うことや確執をを怖れないでください。

世の中の摂理を教えます。とくに日本人は保守的な島国根性から、否定から入りやすい民族だということです。道理に合わないものは反対するのです。その保守的な島国根性が、いつのまにか狭い心をつくっているのかもしれません。日本人は外国からはサルまねが得意で創造力が足りない国だと言われた時代がありました。今は海外に若者が多く進出し、想像力も高まってきましたが、やはり日本人の基本は保守的な考えの持ち主が多いと思われます。

復縁は想像力の産物です。

割れたガラスコップの道理だけでいきますと、その保守的な考えだけでは復縁は『無理だから諦めなさい』という答えしかありません。事実昔の人はその道理に従い、復縁を望む人があまりいませんでした。失恋という悲しい人生の出来事だけで済ましてきました。

ところが今はどうでしょう。

復縁を望む人たちが後を絶ちません。『復縁ブーム』です?

これは何なんでしょう???

『好きな人を諦めたくない』

それが本質だと思います。


古い経験や教えから、また次にいい人は必ず現れるという神話は崩壊しつつあります。

それは他人の意見で、本人は自己納得をしていないということです。

確かに将来いい人は現れるかもしれません。


でも、『好きな人は一生に一人しかいないのです』

実際結婚している多くの人は好きな人を諦め、いい人と結婚をしています。恋愛と結婚は違うという道理です。

でも、最近の若い人は本当に好きな人と結婚をしたいのです。いい人ではありません。自分が本気で好きになった相手とです。

『一生に一度本気で好きになった相手』

現在結婚をしている人が昔を思い出し本当に好きだった人を懐かしがっているより、最近の若い子はそれを手に入れようとしているのかもしれません。それは自分に後悔をしたくないからです。

そうなんです。『後悔をしたくないのです』いい人ではなく好きな人と結ばれるために、相手の沈黙(無視)、拒絶と戦っているのです。


その道のりは険しくて苦しい道のりです。どの仕事のプロジェクトより難しいでしょう。実利的なビジネスの気持ちではなく、相手の気持ち、情との戦いですから、お金で買えない気持ちとの戦いは試練がつきます。

その試練は危険がつきものです。不安で苦しく辛いのです。

その危険にチャレンジすることは、誰もが尻込みするでしょう凡人は『やめとけと言います』

ただし、その人たちは分かっていないのです。それにチャレンジしていない人の方が空虚な生活を送っていることを。

人は苦しくても不安でも辛くてもチャレンジするものがあるということは幸せなことなのです。

その幸せを放棄してはいけません。

だからこそ、

危険があるからこそ、危険は承知の上で『チャレンジするのです』




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - ネバーギブアップ
ネバーギブアップ


たとえ1000万人が反対しても、私は自分の道を歩く!


絶対諦めない!


何があっても諦めない!


とことん最後までやる!


私にはこれしかない!




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 究極の復縁哲学
次回のブログタイトル

究極の復縁哲学

怖いからこそ挑戦する・不安だからこそチャレンジする。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 6、最後に魅力的な優しい女性
6、最後に魅力的な優しい女性

『優しい女性』これは幼い頃から抱いた男の願望です。

その反対に『優しい男性』女性の理想の男性像のランキング1位を独走中です。

魅力的な女性、男の憧れです。魅力的な男性、女性の憧れです。

優しくて魅力的な人、すべての人の憧れです。

彼が久しぶりに連絡してくるのは、魅力的な優しい部分を思い出して連絡してくるのではないでしょうか。

嫌な部分を思い出して連絡してくる男はまずいません。付き合ってた当時の彼女の良いところを思い出して連絡してくると思います。

もちろん、それは男のエゴ、都合で連絡してきます。

淋しいから、落ち込んだときとか、他の女性との失恋、罪悪感、哀愁・・・さまざまな未練的孤独感と、仕事などの忙しいと表現される社会的要因に暇ができたときでしょう。


その心理状態のとき、男は昔付き合っていた女を思い出すのです。

そして、連絡をする女性はやはり、魅力的だった女性に限ります。

過去に5人の女性と付き合っていれば、その中の一番魅力的な女性に連絡をとりたいものです。外見ではありません、その男にとって一番魅力的な女性です。それは彼に聞いてみないと分かりません。

男が求めるのは自分と釣り合いのとれた優しい魅力的な女性です。

そして、男は過去に幻想を抱くのです。


あの当時の綺麗だった、輝いていた彼女です。

だが残酷なことに、この幻想は夢破れることはたたあります。久しぶりに会った彼女が、当時と見る影もない状態だと、男は優しいそぶりをしながら引いていくでしょう。求めるのはやはり、幻想より成長した魅力的な女性です。

夢憧れた人が同窓会などで久しぶりに会って、当時と見る影もない状態だと、100年の恋も一気に冷める現象と同じです。それは男女とも同じ感覚でしょう。逆に当時は見栄えは悪かったが、素敵に成長した異性を見ると、恋心が芽生える気持ちみたいなものです。

だから、女性は失恋をしても手を抜いてはいけません。失恋するたびに魅力度をアップするくらいの自分磨きをおろそかにしてはいけません。

『君はぜんぜん変わってない』悪いほうに男が言えば、別れた状態の心理から成長してないあなたです。別れた原因となった性格が直ってないと指摘されているのでしょう。

逆に笑顔で優しく男が言えば、前より魅力的になったねという意味です。

男が久しぶりに連絡する→優しく受け入れる

久しぶりに会う→魅力的な女性を演じる

この二つが見事にクリアされれば、彼はまたあなたを追い求めるでしょう。

そして、彼を受け入れて復縁するか、それともこの恋を終わりにするか選ぶのはあなたです。

恋愛の最終決定権は女性にある。それが自然界の掟です。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 5、作戦をノートに書いて練る
ノートに書き出す。

これはとても大切です。紙に書くこと自体が大切なのです。それは潜在意識を高め、願いを叶う方法だからです。

久しぶりに彼から連絡がきた。

それをただ単にあなた流の流れにするのではなく、今度こそちゃんとした計画の下に彼を取り込みましょう。

ただ、思考のみの感覚でやってはうまくいきません。紙に書いて、その字とにらめっこしながら、前へ進む作戦を練っていくのです。

あなたの思考、想像力は確かに優れています。ただし難点は道をしるすことができないのです。

道しるべは、紙に書くことで、それを精査することで見えてくるのです。

お客さんが見えたので、次回ブログします。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - ぽかぽか陽気に誘われて
200704290903000.jpg

みなさんお早ようございます。連休どうお過ごしですか。

私は午後から占いに出かけるのですが、その前に心のリフレッシュ、散歩です。

川越の入間川の畔が自分の散歩コースです。のんびりとこ一時間ほど歩きます。

川越は駅の周辺は都会的ですが、ちょっと奥に入ると自然が多いのです。

入間川は東京の多摩川より水はきれいです。自分もよく多摩川に散歩にでかけましたので、その違いはよく分かります。


沖川は名前の通り、川が好きです。

人生は川の流れのように生きたいです。


川は高いところから低いところに流れます。どんなに高い地位にいても慢ることなく、威張ることなく、常に低い方へ流れていきます。そして、多くの人々に生きるための資源と潤いを与えているのです。


ときに、心ない人々が川を汚したり、台風や大雨が川を濁らせても、川は文句ひとつ言いません。いつものようにサラサラ流れて、三日も経てば、またキレイな水に戻るのです。

川は焦ったり、非難したりしません。ゆったりと忍耐強く、そして確実に前に進んでいくのです。

どんなに汚れても、立ち止まることはありません。水は流れを止めると腐るのです。だからどんなに辛くても前へ進みましょう。

ただ彼のことばかり想って止まって腐るのではなく、ゆっくりでいいですから、自分磨きをしてください。


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 4、平行して自分磨きをする、忙しい女を演じる
4、平行して自分磨きをする、忙しい女を演じる

自分磨きとは恋愛と平行して行いましょう。

それは彼氏一色にならないための方法です。彼氏以外にも夢中になれるものがあって男とうまくやれると私は確信しています。

その確信は、今までの相談から得た答えです。

ほとんどが、男が忙しくなってから恋が終わっているのです。

中には忙しいのを隠れ蓑にしている男もいると思いますが、純粋に仕事で忙しい男の方が多いと思います。

日本人はこと仕事においては真面目な人が多いのです。そのおかげで、こんな小国でも世界のトップクラスの位置にいるのです。

みんながみんな忙しいのを隠れ蓑にして遊んでいたり、浮気ばかりしていたら、堕落した貧困な国になります。とてもこの豊かな日本国にはなりません。

一部の人間を全員だと思わないでください。それは100人うち99人が賛成して1人が反対している。結論は1人の反対意見を重要視してそっちの方向にいくのと同じです。賛成する人は納得しているので、あまり意見をいいません。ところが反対する人は不満がいっぱいあるので、のべつくまなく反対意見をグチとともに言います。おとなしい賛成意見と強い反対意見、マイナス集団にかかると、答えは反対になるのです。

だから、『男はみんな忙しいのを隠れ蓑にして浮気をしている』のではないかという疑いが後を絶ちません。
私は確信を持って言います。あなたの彼はあなたが思うほどモテません。

真面目に仕事で忙しい男が大半だということを自覚しましょう。あなたが彼を本当に好きなら、彼をもっと信じましょう。

彼に疑いを持つようなら、あなたは本当は彼のことを好きではないという証拠ではないでしょうか。(厳しい意見ですみません)

男と女は愛情も仕事も価値観が違う生き物です。女性が愛情に重点を置けば、男性は仕事に重点を置きます。

よく君とは価値観が違うと別れの言葉などに使われますが、そんなの当たり前なのです。


価値観が違う男と女。

その破局は、浮気より、どちらかが忙しくなってから起きていることの方が多いのです。

片方が忙しくて、片方が暇なときに起きているのです。

だからお互いの精神的バランスがずれてくるのです。お互いがイライラしてくるのです。

バランスをとりましょう。

その唯一の方法が、彼以外に夢中のなれる自分磨きです。

朝から晩まで彼一色にならないために自分のなすことをやりましょう。どうせ忙しい彼はあなたのことを考えている暇がないのですから、あなたも彼を忘れるくらいの夢中になるものを探しましょう。そうすることで男と女のバランスはよくなります。また恋愛が新鮮になります。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 期待と依存
女性の相談を伺っていますと、どうしても期待と依存はぬぐえません。なくすことはできないのかもしれませんね。

男の論点から、彼に過度の期待をしないように、依存しないようにと言っても、どこかで必ずみなさんはしています。

ただ男の頭の硬い論点ばかり追求してもしょうがないので、男性ももっとゆとりを持った方がいいと思いますよ。

人生の非常事態みたいに忙しがっている男?うーん?です。?とは忙しさを隠れ蓑にしているか、要領が悪いのではないかとさえ思います。

私も忙しいですが、デートする時間は十分にあります。もちろんカミさんとですけど。

そのくらいの余裕がないとなんのために生きているのか、その存在理由がないのではないでしょうか。


女性の期待と依存に勘違いを持っている男性がいるのも事実です。


その勘違いとは、


『重い』という言葉で発する男性です。

はなはだ勘違いです。男の本能に逆らってます。


男の本能に逆らうから、男は孤独になるのです。


男は重たい荷物を背負って男らしくなるのです。女性に期待されて依存・頼られることで男は、男冥利につきると思わなくてはいけません。もし、絶世の美女に『あなたって頼りになります』と言われて、嫌がったり逃げたりする男はいないと思います。どうして?彼女だと嫌がるのでしょうか。


外面と内面、もっと内面を大切にし、大事にしても罰は当たりません。その内面(彼女)が、やがてあなたの成功の支えになるのです。

さて、期待と依存について、今度は女性側にいいたいのは、

過度に期待、依存しないことです。現在の男性は女性に自立を求めています。
男らしく口の悪い表現ですが、

『何でもかんでも、男に頼るな、せめて自分の食い扶持くらいは自分で何とかしろ』です。

そういう考えを持っている男性が多いのも理解しましょう。もうシンデレラコンプレックスは通用しません。

今は女性も生きるための技術、能力、スキルを持つ時代です。だから男ばかりに夢中にならないで、自分の食い扶持くらいは自分で稼げる能力も必要なのです。離婚の多い時代、その技術は必需品になります。


日本の教えで、人という字は、お互いを支え合うとなりますが、アメリカやユダヤの教えでは、人という字はHなのです。Hの字を見てください。二本の柱が立っていて、横に手をのばして協力している姿に見えませんか。男女とも自立しているのです。そして協力しあう。これが現代の男性の希望かもしれません。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 一日が終わって
占いが終わり、今、自宅でのんびりしています。

明日一日頑張れば、ゴールデンウィークですね。みなさん、それぞれ計画があると思います。

楽しんでください。

一年を通して最高の季節。明るい日差しと爽やかな風、自由な気分で、気持ちもリフレッシュ。

暗く悩んでいる場合ではないですよ。この季節のように自由に心を開放しましょう。

明るくなれば、何とかなる!

おやすみなさい。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 彼に依存しない
過度に期待しない。

次は彼に依存しないです。
久しぶりに連絡きた男性はまだそのレベルまで達してません。期待したり、依存したりすると、またすぐどこかへいってしまいます。

優しく受け入れるが依存しないことです。

続きは次回書きます。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。