ホーム > アーカイブ 2007年10月
はてなブックマーク - こんな子ならキープしたい
こんな子ならキープしたい

合コンです。
メンバーは男性4人、女性4人です。

男性の職業は医者、弁護士、ITの起業家、外資系のエリートサラリーマンで年収2000万クラスの独身のエリートたちです。
対する女性はスッチー、女子アナ、デザイナーとそれぞれ女性の花形産業で活躍する独身の女性たちです。おっと・・その中に普通のOLの子がいました。

その子は名も知れない小さな会社の庶務課の事務員で、そうそうたるこのメンバーでは引け目を感じたのかおとなしくしていました。A子といいます。

女性たちは、自分の美貌と能力に応じた「玉の輿」獲得作戦を演じています。そして言葉の展開はこんな感じです。

スッチー「昨夜はニューヨークからのフライトでほとんど寝ていないわ」
女子アナ「私もそうよ、昨夜は歌手の○○と次回の出演交渉の打ち合わせで朝方5時よ」
デザイナー「あらみんな大変ね、私も秋のコレクションに向けて毎日睡眠不足よ」
花形産業の女性たちは、いかに自分が優秀で忙しく社会で活躍しているかをアピールした。その方がエリートの男性たちには受けると思ったからだ。「あなた方と結婚する器は持っているわよ」と男性たちには聞こえたのかもしれない。

A子はどうなの
「私は・・・昨日はお茶くみに専念しました。社長室、役員室、会議室、と2回も往復で~す」どっととみんなが笑う。

スッチー「A子はしょうがない!A子だもんね、そのほうが似合っているしね」

A子「はい、お茶くみも楽しい仕事ですから」とおくびも出さずに素直に言う。

男性たちはニコニコしながらA子に関心を持つようになった。
A子は、見た目はそんなに目立つ子ではない。周りの女性たちは豪華なブラインドに身を包み、いかにもエステに金をかけている美貌を誇示している。輝きと匂いが一流品である。A子はというと、ブランド品に身を包んでいるわけでもなく普通の質素な清潔感のある装いである。控えめな古風な女性を思い出させる。
合コンの飲食中、A子は飲み物を取りにいったり、料理を追加したり、テーブルが汚れたりしているとサッサと布巾で拭いたりした、まるで気の利くホステスのように、しかしそれはA子が持っている自然の性格だった。誰に命令されることもなく自発的に自然に気を利かしていたのだ。

他の女性たちは、話に夢中だ。それぞれが目当ての男性のそばに行き、自分をPRしている。政治・社会・経済などの理論に精通した会話を心がけ、男性の話に耳を傾け、その中に自分の意見も入れる。それぞれの女性たちが自分なりに「やった」という手ごたえを感じていた。

A子は、理論的な難しい話は分からない。それなりに新聞やテレビを見てはいるのだが、このメンバーの専門的な話にはついていけなかった。分からないながらも聞くことはできるので聞き役に専念した。後はおすましながら、美味しそうに料理を食べ、頬をやや赤らめながらお酒を飲み、ときどき見せる気の使うしぐさがキュートで可愛いいものだった。

そんなときである。
「キャー」「うわーやっちゃった」酔っ払った勢いで、誰かがテーブルの上のワインをこぼした。そして男性のズボンにひっかかった。A子は即策と自分のバックからハンカチを取り出し、お冷の水にハンカチを浸して男性のズボンにひっかかったワインを拭き落とした。「あっ、いいから大丈夫です」と男性が言ったが「いいえこうやって拭かないとせっかくの高いお洋服がしみでダメになってしまいますから」しみにならないようハンカチを水にしたしながらポンポンと叩きながら丁寧に拭いた。その様子を他の男性たちは見ていた。

合コンも最終段階に入り、A子も一息し、トイレに向かった。そうするとどうだろう、今まで楽しく会話していた男性たちが会話を突然止めた。A子がいないのがつまらなく寂しいのである。男たちはA子が帰ってくるのを待った。美人のスッチーや女子アナがトイレに行っても誰も見向きもせず気づかないのに何故だかA子は気にかかる。そこにいないことが寂しいのである。

そして合コンが終わり、男たちが心の中で気に入った子はA子だけだった。

連れて歩いてかっこよく見栄えがするのは、A子以外の女性たちである。遊びや恋愛ならそれでいいだろう。ただA子の存在は、男たちが先を見る存在だった。その存在は男が本能の部分で求めている女性らしさである。

男がキープしたいと思う子は、先を見る存在の子である。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 「キープされる子」の特徴
「キープされる子」の特徴

<男性のキープの心理>

(本命とキープ)
「いずれ結婚するのなら彼女」、これが本命です。そしてキープでもあります。ただ結婚前の男性は年が若いこともあって、いろいろな人を見てみたい、そして経験を積みたいという欲求があります。自分が外でいろいろ経験を積んで来るまで待っていてほしいと思う女性のことをキープというのではないでしょうか。

「結婚」にはそれぞれ時期があります、これは男女同じだと思います。恋愛で付き合っているカップルがすべて結婚するとは限らないし、また結婚できない確率のほうが高いのです。何人かお付き合いしてみて結婚まで至るのが一般的な流れです。

キープは時間の経過とともに変わっていきます。経験を積むことで視野が広まり変わっていくのです。人が持っている基本的な好みである外見のタイプはそうそう変わりませんが、能力や性格の好みは年とともに変わっていくものだと思います。キープも今現在の自分の好みです。年をとり経験を積めば当然変わることもあります。また経験を積んでみて、他を見てみてやはり彼女が一番よかったいう場合もあります。

(ホルダー保存)
削除するのも捨てるのも勿体無い、取っておこうと思われる女性です。男性は女性と違って恋愛に白黒をはっきりつけたがりません。捨てるのも削除するのも勿体無いからとホルダーに保存するのです。ホルダーには保存するのですが、それを毎日見ることはありません。年に何回か見るのが関の山で、そのうちホルダーに保存したことも忘れてしまいます。そして記憶から薄れてきた女性たちを削除していくのです。勿体無いという発想から生まれたキープはやがて自然消滅していくのです。


(精神的なキープ)
精神的なキープは、外見はさほど好みではないが、自分にとって優しく性格がいいという女性です。自分と釣り合いのとれないくらい綺麗でスタイルのいい女性とは、男は変に緊張したり、見栄をはってかっこつけたくなります。ただ毎回それだと疲れてボロが出てしまいます。分に応じた女性なら自分を素直に表現できます。その方が精神的には楽なのです。理想は超美人の女性ですが、心の支えでは性格のいい女性をキープします。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 第三弾、男はメールをよこさない
第三弾、男はメールをよこさない

前記に記載した内容で、男は本脳的にメールは用があるときのみである。用もないのにメールを送るのは男の本質上苦手なのです。

その本脳からくる男のメールに対する本質が世界中で明らかにされています。日本人であろうと、アメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国、東南アジア、オーストラリア・ニュージーランド・・・メールという文明の利器を使える国々の男性たちは、ある時期になると、彼女へのメールが極端に減るか、よこしたりしてないのです。これは嘘ではなく、国際電話を通じて、世界中で恋愛相談をしてきた私の報告です。その相談は100件を超えています。もっともその相談者は海外に住んでいる日本の女性たちですが。「ああ男って動物は、日本人だけに限らず世界中の男たちがメールをよこしてないのだな」と実感できました。

その本質を理解してつくったのが「男はメールをよこさない」というルール(法則)です。

対面鑑定や電話相談、ネット上のブログ、何千、何万にも及ぶ恋愛相談で、必ずといっていいほど彼とのメールのやりとりについて相談を受けたり、ブログに投稿されたりしています。ほとんどの女性たちが、メールをよこさない彼に嘆き苦しんでいるのです。たかだかメール、単なる通信機器なのですが、女性たちはそれを生命維持装置のように肌身離さず抱きかかえています。

<メールをよこさない男性たちからの提案です>
1、 僕からのメールを待つことないよ。
2、 用があるときは僕からメールする。
3、 メールを催促しないでほしい。
4、 君からのメールは受けるが、返事は期待しないでほしい。
5、 メールの文字数や頻度が僕たちの愛の証ではない。

男は彼女からのメールが決してイヤではない。大好きな彼女からのメールを嫌うわけがない。嫌いになるのは、メールの返事を催促されたりするのが、義務感を感じて、自由を奪われている気がしてイヤなのだ。愛のメールは相手を縛るものではない、相手に喜びと癒しを与えるものである。僕にメールを返すという義務感さえ与えなければ、君からのメールは喜んでいつでも受けるよ。僕は君のメールを必ず見ているから。

<メールは自己満足で>
こう考えたらどうだろう。
男はメールをしたがらない。
女はメールをしたがる。
ならば、女性側の自己満足でメールを送ろう。

自己満足という言葉は、使いようによっては悪くない。自分が納得して満足するからいいのである。男性は「彼女からのメールはいいよ」と言っている、ただし返事は期待しないでほしい。女性はメールを恋人との繋がりで付き合っている証だと思っている。本来ならメールも会話と同じで対等に返事がほしい。その部分を男の本質を理解するということで、別に会話にならなくてもいいと解釈することである。「彼は私のメールを見ている」と思うことである。そして楽しく自分に満足させてメールを送ることである。彼から返事がこなくても怒らないように、あなたがメールすることに満足を覚えることである。うちのお父さんお母さんを見てみよう。身内である夫婦は、一方的にお母さんが喋って、たまにお父さんが「うー」とうなずいているはずだ。このように身内になったら男はあまり喋らない。メールもこれと同じだと理解しよう。

あなたは自己満足で彼に9回メールする。そして彼は1回返す。お父さんお母さんの会話と同じである。恋愛の中期の男は9対1の原則が働くと思えば、だから、あなたが彼からメールが来ないことにいちいち苦しむことないよ。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 第二弾、男はメールをよこさない
この評語?は、女性たちの不安撲滅キャンペーンのつもりで書きました。


男はメールをよこさない、これは男脳の性質からきているものです。中には、何年経ってもマメに彼女にメールする男もいますが、それは例外としておきます。

基本的に男は、メールや電話は用件のみです。そういうふうに脳がつくられていると解釈しましょう。それについて、いろいろ意見があると思いますが、先に進まないので、そう解釈しましょう。


恋愛の当初男たちが、マメにメールするのは、彼女に用があるからです。その用とは、彼女を「オレの女にするため」の用なのです。

メールに気を遣いながらたくさん送り、やっと彼女の信頼をとりつけて、名実ともに「オレの女」となる。登山家が山の頂上を征服した気分と同じで、そのとき男の愛情が最高潮に達するのです。そして頂上を征服した男は山を降りなければいけません。山を下るのごとき、用であるメールが少なくなってくるのです。


男は山を征服したら、もうその山に興味がないの?


それが女性たちの誤解です。男の征服はHだけではありません。男が山(女性)を征服するということは、その女性を全面的に信頼するということです。征服するまでは、赤の他人で不安でしょうがないのです。何度もメールをしたり、何度も電話をするのは、男が不安だからしているのです。

そして、彼女を征服して、その不安がなくなり、やっと安心して彼女を信頼していくのです。その信頼は身内を信頼するものと同じレベルになります。


男は恋愛の期間に長くいる習性は持っていません。仕事が待っているからです。そう恋愛に早く決着をつけ仕事に戻りたいのです。

恋愛に与えられたタイムリミットは平均して半年です。その半年間男たちは、恋愛を第一優先としてパワーをあげるのです。

そして半年後、運良く彼女を征服した男は、安心して、男の本来の役目である仕事に戻るのです。

本来の形に戻った男はメールをしません。彼女を信頼して安心しているので用がないのです。


半年経っても、マメに連絡してくる男は中性化現象の男か、まだ彼女を征服しきってないか、あるいは彼女に振られた男でしょう。


まだあるとすれば、最高の理想の女を追い求めている男でしょう。


一般的には、
恋愛の初期が終われば、男たちのメールは激減するものです。これは世界中の男たちが同じ道を歩みます。

その男の性質さえわかれば、何も不安になることはありません。連絡がないということは、無事で一生懸命働いているということです。あなたに信頼しているという証拠です。それともあなたは、細かいことをいちいち連絡しなくてはいけない、神経質で気難しいく男を信用できないメンドーな女性ですか?そうではないでしょう。少なくてもあなたは彼を信頼して愛しているはずです。


男がメールをよこさないのは無事で仕事に頑張っている。そう考える方が潜在意識には正解なのです。


それを、私にメールをよこさないのは、他の女と浮気をしている。私を嫌いになった、あきた、気持ちがなくなったと考えるのなら、あなたは潜在意識に悪い答えを植え付けています。そしてそれは実現します。潜在意識はジョークは通じないのです。


だから、
男がメールよこさないのを悪い方向に考えるのはやめましょう。


男がメールをよこさないのは男脳の習性なのです。あなたを嫌ってそうしているわけではないのです。それを心配してあたふたするからかえって嫌われるのです。


でーんと構えてください。

男は日常のメールや電話より、忙しい合間をつくって会うのを喜びとします。


会ってしまえば、普段の優しい彼がいるはずです。それが男なのです。


男はメールよりも会えればそれで良いと思っています。その後のメールはいりません。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 男はメールをよこさない
タイトルとは違う内容を書きます。

新しいルールです。

「男はメールをよこさない」
これをあなたのルールに加えてください。


そのルールを厳守すれば、あなたは楽になります。男ってこういうもんだシリーズ(いつかブログします)それの第一弾です。

男ってこういうもんだ!「男はメールをよこさない」こう決め付ければ、あなたは彼から来ないメールをいちいちイライラすることなく過ごすことができます。その方が精神衛生上平穏な楽しい生活をエンジョイすることができます。


メールが来ると思うから、期日はいつ?となるのです。一週間後、一ヵ月後とメールに支配されるのです。

ブログを開設して3年、恋愛日記やブログ広場で、何百、何千という女性たちが、彼からメールが来ないと悩んでいます。日本中の女性たちが彼からメールが来ないのです。男はメールをよこさないという事実がここにあります。あなたの彼だけではありません。日本中の、いや世界中の男たちがメールをよこしていないのです。この事実に基づいて法則を作ります。


「男はメールをよこさない」

どうでしょうかこの法則。的を得ているものだと思いませんか?


じゃあどうする?ここからが問題です。逆の発想には常に逆転現象を起こさせる方法が隠れているのです。

男がメールをよこさないのなら、女はどうすればよいか、うーんいつかブログします。

ひとつ言えることは、私にメールよこさないのは彼が浮気しているからなどと決して考えないことです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 「本命」の女になるために
献身的な愛、見返りをもとめない愛。

生理的な好みとかタイプとかは別に、精神的な部分では、これが男性が求めている本命の女像だろう。


ところが女性たちは、その献身的な見返りを求めない愛を間違って使っている場合が多い。せっかく彼のことを「好きで愛しているのに」その伝え方が下手なのである。


これは長い間恋愛相談をしている私が感じ取ったことである。


ホント!へたくそである。失礼だが、男の心理をぜんぜん分かっていない、まるっきり反対のことをやっている。「このままでは、彼に嫌われるから、これ以上しつこくしないように」と何度注意したかわからない。

その要因の一位は、女性のサガである。サガの要求が強すぎると、いくら愛情があっても心が反対に動くのである。もちろん女性を欲求不満にした男性にも非があるだろうけど、男性はそのことに対しては鈍感で気がつかないのである。

サガは男も女も持っているその代表が自分の都合である。結局、人は自分の都合で生きて、自分の都合でものごとを考えたいのである。あなたのことはどうでもいいのがサガの本質なのである。

恋愛関係になると、そのサガの部分を乗り越えて、相手と一体感となる感情が芽生える。相手を気に掛け、相手に尽くし、相手を愛し、相手を好きになる。その感情は男女平等であるはずである。


ところが、その感情はどうも女性の方が男性より強いのである。

そしてその強さがバランスを崩しているのである。


ほどよいバランスをとれば男性にあなたの献身的な愛が通じるものである。


愛情の伝え方もキャパがある。男性はあなたの愛を決して重いとか、うざいとか思ったりしていない。愛情を自分に注ぐ女性が嫌いになるわけではない、嫌いになるのは自分のキャパを超えた愛情を注いでくるから、プレッシャーを感じ嫌いになるのである。言葉に表すと「しつこい」のである。


男性に向ける愛はしつこくするものではない。それが世の男性たちの女性に対する要望である。


せっかくの献身的な愛をしつこさで水をささないことで、あなたの見返りを求めない献身的な愛は、相手に通じるのである。


サガの部分を理性でどうコントロールするかで、あなたの愛はより確実に受け入れられ、やがて「本命」の女となるのである。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 「本命の女」に対する男の愛情
「本命の女」に対する男の愛情

男性が本命だと思う女性は、やはり他の女性とは違う愛情がある。
本命はあくまで本命、他に理由などない、「本命」だからだ。

本命の愛を言葉で表すと、男性はテレながらこう言うだろう。
「オレのことを一番わかっているのはオマエだけだ」
「オレが一番信用できるのはオマエだけだ」
「オマエには苦労かけた」

この三つの言葉は、実際川越占い館で聞いた言葉である。男たちはテレながら最後のプロポーズの言葉を言った。

その言葉を言った男性たちは、彼女を誠実に愛し、順調な恋愛をしたわけではなかった。どちらかというと彼女を振り回し、浮気に走った男たちである。


それでも最後には彼女を選んだ。・・・何故だろう。それは彼女が本命だったからだ。わかっていたのだ、彼女とは切って切れない縁があったことを。

そんな男性たちと付き合った女性たちの愛情を一言で言えるとすれば、これは「献身的な愛、見返りを求めない愛と言ってもいい」女性の大半は「好きな人」に対してはそういう心を持っている。その愛を男性がいつ理解するかである。

不安になりながら、傷つきながら、苦しみながら、女性たちは命である恋愛と戦っている。そんな女性たちの愛を男性がいつかわかってくれると信じて献身的に尽くしている。

彼女を愛している「本命」だと決めている男性は。
女性の愛情が重いとかウザイとかしつこいとかいう次元の低い男性たちと違い、彼女の献身的な愛を理解しているのだ。ただ仕事が忙しかったり、仕事で疲れているときは、その愛を構ってあげられないだけなのである。

女性の尽くす愛は、本来なら素晴らしいものである。旗から見れば、「うらやましいよオマエは彼女にそんなに愛されて何が不満なの、オレなんかここまで彼女に愛されてないよ」と思うものである。当事者はその愛の大切さがなかなかわからないだけである。

女性の献身的な愛を「ウザイ」という男は失格で、やはり本物の男はその愛の大切さを理解しているものである。

ひとたび男が彼女を本命だと決めれば、「いつか彼女を幸せにしたい」と願うものである。そしてそうなるように努力したいのが本来の男の姿である。しかし、その努力は現実の社会の位置づけとリンクしている、仕事の安定と得ている収入に応じて幸せの計画を練っているのである。

そしてその男の「本命」の女に向ける愛情は、他の女性に向ける気持ちとはやはり違う。他は遊びなのである。遊びだから、かっこつけて親切、丁寧にするが、ボロが出たり、あきたりしたら、終わりにするのである。遊びはいつか終わるが、終わらないのが「本命」の女なのである。

男の本命の女は終わらない女のことである。


最後に。
どんなに極悪非道の冷酷無比の男でも、心の中では「本命の女」を求めているものである。こんなオレでも心の中から愛してくれる唯一の味方を求めている。ただ男は不器用なので、その愛を素直に表現することができない。男のプライドなのか、意地でも素直さを見せないだけなのである。その愛は、自分が改心して最後に言う言葉だととってあるのである。「オレのことを一番わかっているのはオマエだけだ」、「オレが一番信用できるのはオマエだけだ」、「オマエには苦労かけた」



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 「本命」の女になるには
「本命」の女になるには

本命の女とは、男の「帰巣本能を植え付ける女」のことだと私は思っている。
男が安心して帰ってくる場所は、リラックスしてくつろぐことができ、おいしいゴハンを食べ、疲れた身体を癒し、安心して眠れる場所である。そこは平和で緊張感がなく自分が素のままに出せる場所である。

<本命の女の条件とは>

料理が上手。
男の愛情は「好き」だとか「愛している」とかのメンドーな言葉より、自分を癒してくれる言葉や料理の方がなにより嬉しい。「おつかれさんでした。ビール冷やしているよ」とか、「今日はあなたの好きなビーフシチューよ」とか愛の言葉よりおいしい料理の方が100倍も愛情を感じる。料理の上手な女性は間違いなく本命候補のNO1になれる。

リラックスできる。
外で7人の敵と戦っている男は、リラックスできる場所、オアシスを求めている。仕事でへとへとになっているのに、家に帰ってまで残業をしたくない。まして会議の延長はしたくないのである。今日はメールが返ってこなかったとか、電話に出てくれなかったとか、今度いつ会えるの、という会議はしたくないのである。それよりも彼女と会っているときは、おいしいお酒でも飲みながら赤らめた彼女を見ながら、自分のペースで楽しい会話をしたいのである。彼女が尊敬の眼差しで自分の夢や構想を褒めながら聞いてくれたら、もう他には行く気しなくなるのである。

安心して眠れる。
母のような大地の中で、男は安心して眠りたい。

リラックス・料理・睡眠、この三点セットを自然に持っている女性なら、男はその女性を本命と認めるだろう。そして何も言わず帰ってくる。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 男にとっての「本命」
男にとっての「本命」

男はみな「本命」を持っている。

奥さんが本命の人もあれば、付き合っている彼女が本命の人もいるだろう。その「本命」の見極め方は?それはその男性自身に聞いてみないとわからない。人それぞれ本命の尺度が違うからだ。

私は、「男っていう動物」をいろいろなパーセンテージを持っている生き物だと解釈している。恋愛において女性は限りなく100%に近い愛情を注ぐが、男性は違う。男性には愛情にも優先順位がある。奥さんや彼女が60%で、職場で気になる子が20%、スポーツジムのインストラクターの子が10%、飲み屋のおねえちゃんが5%、最近ネットで知り合ったメル友が5%となるような順位の縮図を持っている。彼女や奥さんが100%だという男性は日本人男性の全体の何割いるだろうか、私は20%もいないのではないかと推測している。それに対して女性は好きな人は一人だけ、全体の8割が旦那さんや彼一本に愛情を注いでいるのである。


その男性の愛情の優先順位は、時として順位が変わることがある。付き合っている彼女が重くなったり、自分にプレッシャーを与えたりすると、すぐに2番手の女性に気持ちが移ったりする。彼女が60%だったものが、30%となり、職場の気になる子が40%になることもある。そしてまた彼女と仲直りして仲良くなると、50%となり、職場の気になる子は25%となる。このように男の愛情は数字みたいなところもある。

愛情を数字に換算するとは何事だとお叱りを受けるかもしれないが、まあ聞いてほしい。これは男性の社会生活から作られている。男性はタイムイズマネーと仕事で長年教え込まれている。社会の構造は生産性を上げるための合理化が中心である。生産性を生むため、上げるため、常に数字との戦いである。営業マンは数字というノルマを課せられ、提案と企画の事業に携わっている人は常に納期に追われている。いつでもどこでも男の仕事は、数字!数字!との戦いである。実利の社会が男の仕事である。情だけでは「メシ」が食べていけないのである。数字の中で生活している男にとって、恋愛も数字が反映されるのはしかたのないことだと私は思っている。

男の本命は数字のパーセンテージである。彼女が60%なら彼女が本命なのである。とは言っても数字だけなら男の愛情に殺伐した砂漠のような誤解が生まれるので、次回男の愛情について述べる。「男にも愛情がある」その愛情は「本命」の女性に対してどう向けられるのか、またどう想っているのか、他の女性との違いはなんなのか、その辺のところを書いていきたいと思う。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - なぜたくさんの女性を追うのか
●女友達がたくさんいるので、アプローチの仕方に戸惑います
(なぜたくさんの女性を追うのか/男にとっての「本命」/「キープされる子」の特徴)


(なぜたくさんの女性を追うのか)

神があなたに生涯でSEXを100回だけしてよいと言ったら。
女性は「好きな人と100回したい」と答えるのに対して、
男性は「100人の女としたい」と答えるだろう。

これは、どの男性も奥に秘めた願望として持っているのではないだろうか。「いやーね男は不節操、不潔」と女性たちから非難されようが、男の本能である性衝動はコントロールが効かないことがある。そのコントロールを理性でカバーしているが、その理性さえも精神的に不安定なときは制御不能となる。

よく下半身に人格はないと言うが、それは男がつくった「いいわけ」である。自身の人格、下半身も含めてコントロールするのが、人間としての役目、モラルである。

<なぜたくさんの女性を追うのか>
私が考えている理由は二つあると思う。

ひとつは、「男の性欲」
子孫繁栄のため、男は種(精子を)を多くの女性にばらまくてはいけないという男なりの役目、本能を持っているという男性が言った言葉が印象的である。「これは浮気ではなく、人類の永続のため(優秀なオレ様の血を引継ぎ残すため)」とある浮気男が言っていた。(女性からみれば、とんでもない発想だが)男性からみれば、うむ、これが男の性衝動の原点かなと思った。昔読んだ医学的論文によれば、一日でつくられる精子の数は1億個、三日で3億個、5日で5億個と読んだのを記憶している。性欲は体内にあるテストステロンが原因とされている。つまりテストロンの豊富な男性が種を多くばらまく。そして、そのテストロンは睾丸の大きさに比例しているという、つまり睾丸が大きい人はそれだけテストロンも豊富で性欲も強いのである。睾丸がでかいと浮気に走り、小さいと男らしさを失い頼りがなくなるということらしい。きっとあの浮気男はタマのでかい男だったのだろう。次から次へと女性遍歴を重ね、たくさんの女性を追う男性は、性欲テストロンの豊富な男性が多いだろう。


二つ目は、「権力」
男性は権力があればハーレムを形成したいという欲望を持っている。これは歴史をみてもわかる。金と地位と権力がある政治指導者や権力者はハーレムを形成していることが多い。日本でも徳川幕府の大奥がそうである。大奥がハーレムかどうか少し御幣があるかもしれないが、徳川幕府永続のためにたくさんの女性たちがそこにはいた。アラブの一夫多妻制の国であれば、権力さえあれば、第一婦人から複数の何10人もの婦人を順位をつけて持つことができる。淫乱で不埒な言い方がハーレムだが、大奥にしろ一夫多妻にしろハーレムと何ら変わらない。このように男性は権力と金が手に入れば、心の中ではハーレムを形成したいという欲望をどこかに持っている。ただ現実問題で、国の法律や秩序、女性たちの圧力でおとなしくしているのである。

男には牧場主的発想がある。
つまりたくさんの牛(女性)たちを飼いたいのだ。A子、B子、C子から始まって何十頭の牛たちを有刺鉄線の中で飼いたい。そして自分が牧草をあげながら世話をしたいのだ。一頭の牛に集中的に面倒を見るのではなくバランスよく役割分担に応じて面倒を見ることが楽しいのである。

またこんな発想もある。男は船頭で、自分の船にたくさんの女性たちを乗せたい。女性は、船は男性と1対1で乗るもで、そこに他の女性が入れば、他の船に乗り換える。男性は、ひとつの船にたくさん女性を乗せたいのである。それは自分が船長だからである。


もっと極論を言えば、
彼女と同棲しています。彼女は家で彼のために夕飯を作っています。「ピンポーン」そこへ彼が帰って来ました。なんと・・・彼は新しい女友達を連れてきたのです。しかも手を繋いで、『僕の新しい女友達のA子さんです。みんなで仲良く夕飯をたべよう♪』○×△★▲×・・・。。。。何でケンカするのか僕にはわからない。。。。。

最後はバカバカしい発想でしたが、これが男です。法と秩序、それに女性たちの一夫一婦制を強く守るという強い圧力がないと男はたくさんの女性を追いかけるのです。

今回のブログは女性たちの心情を逆なでる内容で申し訳ありません。しかし、ある面、男たちの性欲、権力、発想が理解できたと思います。それにブレーキをかけるのが女性たちの役目かもしれません。また男性も下半身のコントロールを制御不能にしないことです。理性を働かせていきましょう。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。