ホーム > 月別アーカイブ: 2008年03月
最後の調理(審判)

鬱になりながら必死に求めてくる彼、誠実で穏やかなBさん。

審判を下すときがきた。

その審判は結婚が基準となっている。

結婚は恋愛と違って、50年続けなければいけない。恋愛は数ヶ月、数年で終わっても、結婚はそういうわけにはいかない。まして子供ができたら、その子供たちの人生の責任を負わなければいけない。それが夫婦の努めである。

50年持つ相手は誰だろう。

彼女は冷静に客観的に判断をした。彼女がモテ子になったのはその判断を下すためだったのかもしれない。

愛に執着のある女性は、彼の鬱になりながらも自分に向かってくる彼が愛しく感じるだろう。哀れ惨めでこんなにしてまで私のことを好きなんだという彼の思いを切り捨てることはできない。切り捨てるということは、まるで身内を裏切るような、我が子を見捨てるような胸を引き裂かれる思いである。女性特有の愛、母性愛・・・復縁を望む女性はみんなこの愛を持っている。今の彼がこの彼と同じようになることをみんな望んでいる。「大好きな彼が私を追いかけてほしいと望んでいる」

しかし、彼女は違った。

こういう愛を受け入れてはいけないと思った。激情方の愛情は熱しやすく冷めやすい。彼の性格からして、またほとぼりが冷めたら、忙しいといって、他の女に飛び回りながら勝手に振舞い、また私は孤独に陥るだろう。人の性格は大人になったらもう変わらない。彼以外の複数人の男性を見てきて、この原理を彼女は知った。

物事を冷静に客観的に判断できる能力を持った彼女は、50年持つ正しい決断を下した。

そう、彼女が選んだ男性はBさんだった。そして彼との縁はここで経ち消えた。

終わり。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
不誠実で不安定な彼

彼が来るようになって、三度目のデートをした。時間の都合がなかなか会わず、今日のデートもやっとできたのである。彼女はもう彼に合わすことはしていない。彼が彼女に合わせる習慣が出来上がってきた。

食事をしながら、彼は・・・「実は今の会社辞めるつもりなんだ」
「ええっ、転職するの」・・・「ああ、今の会社では将来性がないからな」

彼女は彼の考えに不満を持った。二人のケンカの原因、半年も無視され沈黙された原因が今の会社の忙しさからだったからだ。私を拒絶しながら頑張った仕事なのに、もう辞めようとしている。彼は大学を出てから何度も仕事を転職している。仕事に対して堪えきれない彼の性格が気になった。

また食事中も彼の携帯の着信音が鳴り響く、彼女は男性とデート中はマナーとして携帯をバイブにしているが彼は違った。いそいそと携帯をチェックして、私との会話をよそにメールを返している。私には半年間もメールをくれなかったのに、彼は頻繁にメールを返していた。まるで自分がモテるんだとわざと誇示するような態度だった。

彼女は自分がモテているので、彼の行動はお見通しだった。
「新しい彼女でもできたの?」

「あっイヤ、友達がうるさくてさ~」・・・「可愛い女友達?」・・・「そんなんじゃないよ」

「私と食事するより、その友達とメールするほうが楽しいのね、じゃあ私帰るわ」

「あっ、待って、(汗)・・・誤解だよ。これから飲みにいこう、まだ時間があるだろ」

「いいえ、私これから用事があるの、時間ないのゴメンね」

「何だよ用事って」

「あなたと違って私は忙しいのよ!」・・・「何!(怒)」その言葉がきっかけで二人はケンカになってしまった。

「せっかく会ったのに女の子と夢中にメールしているあなたとこれ以上時間を無駄にすることはできないわ」・・・「どこにそんな証拠があるんだよ!」・・・「じゃあ、あなたのその携帯見せてよ」・・・「なんで人の携帯を見るんだよ、そんなにオレが信用できないか」・・・「私はあなたを信用して半年待ったのよ、私にはメール1本よこさないくせに、他の女の子にはこうしてメールをよこすんだ」・・・「誤解だと言っているだろ、これは男友達だって」・・・「もういいです、私は帰ります」・・・「あっ、ちょっと待って!」

彼女は駆け足で、彼と食事をしているレストランを出て行ってしまった。

残された彼は憮然としていたが、・・・時間が経ち、自分の低脳ぶりが見えてきた。いい気になってバカげたことをした。彼女にはもう男の誇示する自慢は通じないことを彼は悟った。反省と後悔を繰り返しているうち、彼は「はっと」不安と恐怖に陥った。「このままでは彼女に嫌われる、彼女を失ってしまう」・・・と。何を思ったのか「彼女はこれから別の男と会うつもりだ!」誇示していた感情が急に嫉妬の感情へと転換していった。

それからである。彼の執拗なストーカーにも似た行動が展開された。男のプライドを捨て、恥も外聞もなく彼女を追い求めた。メール、電話、何十回送ったりかけたりしたが、彼女は沈黙を続けた。

恋愛心理の大逆転である。彼女が苦しんだ分、今度は彼が苦しむようになった。これでおあいっこかもしれない。でも彼女はまだそんな彼が好きだった。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
Bさんの誠実な愛

彼女は正しいモテ方をした。彼が好きで愛しているうちは、決して他の男性とSEXをしないことである。「女性は体より心を奪われることを嫌うが、男性は心より体を奪われることが何よりも嫌う。」その性質を知ってか知らずか、彼女はSEXに対する貞操だけは守り通した。そんな彼女のモテる行動がBさんという優しく誠実な男性とめぐり合わせた。

Bさんは知っていた、彼女がひどい仕打ちに合いながらも、まだ彼を愛していることを。彼女とデート中に、ときどき彼からメールが来て、悲しんだり嬉しがったりする彼女を見て、彼女の支えになろうと決心した。

彼女もBさんだけには全てを打ち明けた。苦しみのすべてをBさんは優しく聞いてくれた。Bさんは彼女が最も信頼できる男性であった。そんなBさんに彼女は何度もグチをこぼして甘えた。仕事のことや家庭のこと、そして自分勝手な彼のことも。そのたびにBさんは彼女を励ましてくれた。

彼女と会うたび、彼女の彼との不幸の苦しい話を聞くたび、Bさんはだんだんと彼女のことが好きになっていった。・・・しかしそれは胸の奥にしまった。「二番手に徹しよう、僕は彼女が幸せになればいい」僕が一番手に名乗りを上げたら彼女を苦しめることになる。彼女はまだ彼を愛している、僕の役目は彼女と彼を結びつけることだ。その方が彼女は幸せになれる。Bさんはそう決心した。

欲望の愛とは裏腹にBさんは彼女を守り続けた。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
本物の縁のある相手は、失いたくないから来る

「失ってもいい」どっちに転んでもいいという覚悟ができた彼女は強い。モテているからなおさら強い。彼の曖昧な態度に振り回されない、彼の勝手な都合にも乗らない。ルールズよりさらに冷たい女を演じてみた。

そうするとどうだろう・・・今度は彼が精神的に病んできた。

最初は男が持つ亭主関白よろしく強気に出てきたが、だんだんとその陰が落ちてきた。そういう状態のときの男性は大体二つに分かれる。ひとつは「もういいや」と諦める男性、もうひとつは彼女を失いたくないという男性だ。

彼女を失いたくない・・・こういう男性が縁のある相手である。

彼は根性のある縁の持ち主だった。

彼女の心を取り戻そうと必死にアプローチしてきた。

やっと彼も彼女と結婚する候補の一人になった。
そして、もう一人の候補はBさんである。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
モテ期の女性の運

モテているときは、いろいろな異性を引き寄せる。彼であろうが、元彼であろうが、他の男性であろうが、みんな寄ってくる。そういう甘い蜜のような運を持っている。

彼一色で苦しんでいるよりはモテた方が俄然有利だが、愛に貞操を持つ女性はなかなかそれができない。「彼以外は気持ち悪い」という男性恐怖症もいるぐらいである。他の男性は気持ち悪い、でも肝心の彼は自分に対して拒絶している。かといって他の自分磨きに精が出ない、毎日が暗く憂鬱である。

彼に貞操を持つのは素晴らしいことだと思う。彼があなたに対して誠実で正しい恋愛をしてくれれば貞操は守らなくてはいけない。

正しい恋愛とは、お互いが相手を信頼し尊敬している。メールをしてくれればきちんと返す、デートもあまり間をおかずきちんと会えることができる、男性側がどんなに仕事が忙しくてもメールや電話、デートする時間は作れる。お互いが相手をイライラさせることなく思いやりを持ち続けている恋愛である。そんな恋愛が2年ほど続いて結婚へと進むのが正しい恋愛である。三月や半年で拒絶されるのは正しい恋愛ではないのである。

正しい恋愛をしてくれない男性にあなたは貞操観念を持つ必要がない。拒絶からの後追い恋愛は苦しい時間ばかりが過ぎていく。

そんな苦しい恋愛はやめよう!時間の無駄である。そんな苦しい恋愛があなたは「楽しいかい。楽しくないだろう!」だったら「楽しい恋愛」にチャレンジしようよ!

確かに苦しみの中から学ぶべきことはたくさんある。後悔や反省からも学ぶものはあるだろう。そんな経験をさせてくれた彼に感謝をすることもあるだろう。しかし、ここに長く滞在してはいけないよ、学んだら卒業するしかない、それともあなたは留年をするつもりかい。何年も何十年も留年している人を時々見かけるが、とっくに結婚適齢期を過ぎてしまっているよ。苦しい恋愛に自分の人生を犠牲にしてはいけないよ。

逃げている相手を振り向かせる確率の高い手段はあなたがモテることです。別に逃げている相手に対して、私はモテているよと言う必要はありません。あなたがモテるだけで自然に相手を追いかけることを辞めます、返事の来ない相手にメールも打つ必要ありません、それだけであなたの精神状態は安定します。そうこうしているうちに流れが変わります。あなたの精神が安定すれば流れが変わるのです。その流れとは、今度は彼が追いかけてくるのです。

そういった事例はたくさんあります。

幸せについての成功例をここで述べます。
女性が苦しんで追いかける恋愛の成功例はほとんどありません。あったとしても100人に一人くらいでしょう。
次に追いかけるのを辞め、モテることによって成功する確率は100人のうち50人はいるでしょう。
追いかけていた彼と結ばれた人もいるし、彼を上回る他の素敵な男性と結ばれた人もいます。いずれにしても女性は幸せになっています。

追いかけている恋愛の実に50倍の幸せのチャンスがあるのにほとんどの女性が100人の一人を目指しています。じつにもったいないことです。

恋愛運を上げよう・・・それはあなたがモテることです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
「心は積極的に!勇気ある行動は万物すべての成功のカギである」

恋愛であれ、仕事であれ、結婚であれ、夢であれ、人生の成功のカギは積極的な心と勇気ある行動の人のみがその栄冠を勝ち取っている。

勇気があって積極的な人にみんな道を譲るのだ!生意気でも行動に信念のある人にはみんな道を譲っている。譲るどころかみんなその人についていっている。

恐怖心に立ち向かう勇気!その心が先にあって信念の行動ができる。

恐いからこそチャレンジする。その精神がないと何も変わらないし何も生まれない。失敗は恐れてはいけない。それは失敗ではないのだ、唯一失敗だといえるのは、あなたが行動に移す前に失敗したことばかり考えているそのネガティブな心だけだ。

チャレンジしてみて例え相手がNOと言ってもそれは失敗ではない。彼がNOと言ったのはあなたの準備不足が原因なのである。線で考えたありとあらゆる想定問題集を駆使して事前準備をしていけば成功する確率のほうが高くなる。「そこに頭を駆使しよう。」妄想に頭を駆使してはならない、それは点の考えで決して良い結果にはならない。頭の良い人は線で物事を考える、恋愛も頭が悪いと失敗する、失礼な言い方だが、それは事実である。

さあ!あなたが持っている140億もの脳神経細胞を有効に活用しよう。その奇跡とも言える頭脳は誰でも備わっている。ただその才能をネガティブな考えのみで封鎖しているだけだ。あなたが頭の良い女性になりたければ、その封鎖を解き、物事を線で考え、幅広い知識、幅広い経験を通して心に余裕を持たなければいけないことくらいすぐに気づくだろう。余裕は己の自信である。「彼を失ってもどうってことない」くらいの毅然とした自信があなたに備われば、すべての恋愛が成功する。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
彼は縁のある相手?

他の人に少し心が奪われそうになって、彼は連絡をしてきた。ギリギリセーフで縁のある相手だということを認めよう。

もし、連絡をして来ないのなら「それまでの男」と諦めるつもりだった。彼は首の皮1枚で縁を残した。

しかし、まだ本物ではない。首の皮1枚の愛情は、男の都合の部分が高く私は彼の都合のいい女にはなりたくない。首の皮1枚の薄い愛情を鵜呑みにするとまた私は彼の勝手な冷たい仕打ちを受けることになる。そんなアホらしいことで苦しみたくない。

その防御策として彼女はある決意をした。

それは「男の言葉を鵜呑みにしないこと、良い言葉でも悪い言葉でも」そして信じるのは彼の行動のみである。

口では「君に会いたい、いつ会える?」と嬉しいことを言うが、ぜんぜん実行に移さない。口では「結婚は考えていない」女性にとって悪魔の言葉を男は平気で言うが、それさえも彼女は信じないことにした。男は失う恐怖に陥れば、昨日までは結婚をしたくないと言っていた男が明日結婚しようとコロっと態度を変えることもあるからだ。

そういう考えになれるよう備わった技術が、「失ってもいい」という考えである。開き直りとも言えるその技術は実は恋愛で成功するカギでもある。その失ってもいいという勇気ある決断が男のココロを変えるのである。

縁のある男なら、その勇気のある決断で真剣に動くだろう。
縁のない男なら、その勇気のある決断を下したら「さよなら」と言ってあなたの下を去っていくだろう。「去るものは追わず」これが縁の見極め方である。

二つに一つ、彼女はどちらにころんでもいい心構えで彼に相対した。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
胸に秘めた心がけ

1、楽しいひとときを過ごすことだけを考える
2、SEXはしないこと

彼女は彼に会う前、深呼吸しながらこの二つを唱え、彼に会った。

最初はお互い久しぶりで緊張したが、すぐに打ち解けあった。(男は会ってしまえば、普段通りの優しい男性になる)楽しいひと時を過ごすと心に決めた彼女は、ニコニコと明るく接した。実際彼女は彼と会っているときは自然と嬉しくなる。

「楽しそうだね、オレと会っているとそんなに嬉しい?」・・・「うん♪」というような会話が聞こえてくる。どうやら楽しく過ごすという計画は順調に行きそうだ。

そしてデートの終盤、予想通り彼は誘ってきた。男のサガ、性衝動が体の関係を求める。彼女はそれをやんわりと断った。その断り方は、まるで銀座のホステスのようだった。NO1のホステスはたくさんの男性に気に入られ、たくさんの男性の誘いをうまく断っている。断っても指名が減るわけではない。その断り方が絶妙で、男たちは次のチャレンジ意欲が生まれ、だんだんとそのホステスの虜になっていく。「相手を傷つけることを最大限考慮してやんわりと断る」そのテクニックはBさんCさんDさんとの付き合いを通して覚えた。

案の定、彼はだんだんと彼女の虜になっていった「以前の彼女とは何か違う、まるで別人だ」・・・。

男は断ることで闘志を燃やす。

いったんチャレンジ意欲に火がつけば、男という動物は何度も何度もチャレンジしてくる。そのチャレンジ意欲に火をつけるには、絶妙なテクニックがいる。

「自分に惚れているくせに・・・」わざと反対なことをしている。・・・と男が感じたときに男はそうしてくる。「あなたに好意があるわよ♪と思わせながら、ひらひらと逃げていく銀座の蝶」核心に触れることはできないが、自分が頑張れば核心に触れることができると男が悟ったとき、男はチャレンジしてくる。

絶妙な断り方・・・彼女はモテる技術を取得中にそれを覚えた。そしてそれを大好きな彼に試した。結果は成功だった、彼も単なる男だった。
それから彼女は大好きな彼に対して、「一般の女性の心理とは逆のことをやった」
男性心理を知れば知るほど、「ああ、女と逆のことをすればいいんだ」今の現状を大逆転させるためには、女の考えを捨てること!である。

不安、苦しみ、悲しみを捨てること、朝から晩まで彼のことばかり考えない。小さなことばかりにこだわりを持たない。

点で考えない線で考える。

点とは、例えば・・・「メールの返事が来ない」あなたはそればかりに囚われる。何故?返事が来ないの・・・来ないという理由付けをあなたの妄想が勝手にネガティブに創り上げていく、そしてその妄想の結末は、「彼に嫌われた・・・」と結びつける女性が大半である。メールが来ないという「点」ばかりに囚われて時間が止まる。点とは無駄に止まった時間のことである。世の中時間はどんどん進んでいるのだ。

線とは時間を進めて、長期の計画を立てることである。願望や目標を持ち、どんな障害に対しても忍耐でそれを乗り越え、願望を達成することに信念を持つことである。線とは道である。点で一箇所ばかりに留まっていてはゴールにたどり着けない。

彼女の幸せへのゴールは、決して彼だけではなかった。

彼もやっと候補に上がっただけだった。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
恋愛日記はついに150万人の訪問突破です。

アクセスは500万です。


現在1日の訪問数、3、000人
1日のアクセス数、15、000アクセス、月約50万アクセスです。


今後とも増え続けると思います。なるべく多くの皆さんに見ていただき、皆さんの恋愛運と恋愛技術を上げるような日記にしていきたいと思います。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
断ったことで動く、男の心理

自分に惚れている女が断った・・・。
しかも冷たく・・・。

あいつだけはオレを裏切らないという調子に乗った部分が崩れた。自分の都合通り行かなかったところに腹が立つ、女を支配する亭主関白に似たココロが苛立ちを覚える。

彼はしばらく彼女に連絡を取らなかった、自分を怒らせたことに罰を与えるらしい。

彼女は、彼が連絡をくれないことに少しも不安を抱かなかった。以前なら、「私は彼に悪いことをした、彼を怒らせてしまった、彼に嫌われる」と思ってすぐ謝る子だった。それの繰り返しが事態をさらに悪化しているということに気づいた。BさんCさんDさんと接したように、彼も同等レベルで都合が合わなければ断ってもいいという態度をとった。「男は断った後に来る」ということを彼女は訓練で覚えた。

断られて欲求不満の男は必ず動く、何故なら男にはプライドがあるからだ。

誇り高い彼は、それから数週間後、彼女にまた連絡をした。

「今メールしても平気?」
数週間前までは、都合通りにいかない彼女に対して怒っていたが、わだかまりもとれ、気の使うこんな優しいメールを送ってきた。男とはこういうものである。彼女がぴしゃりと冷たい態度に出れば、次は優しく出るのである。

「あ、いいですよ」と彼女は優しく返した。
すると、「声が聞きたい、電話してもいいですか?」
「もちろん」彼女は躊躇することなく優しく返した。どうやら男のスピードと波長が合ってきたらしい。

二人は8ヶ月ぶりに電話で話をした。(2時間も)久しぶりに男と女が2時間も語り合えば、わだかまりも消える。

そして二人は会うことになった。

久しぶりの再会、彼女はある心がけを胸に秘め彼に会った。

続く。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。