ホーム > 月別アーカイブ: 2008年11月
あなた

年齢、できれば生年月日。公表するのが嫌なら九星の本命星の運勢(一白金星~九紫火星)例えば26歳九紫火星と。九星が解らない場合は、Dr沖川の恋する九星占いを書店でお買い求めください(すみません宣伝してしまって)

血液型、A型とか。

所在地(神奈川)とか。お任せします。


職業、OL、販売員、とか。

勤務時間と休み、これは彼と比較してお互いの自由時間、休みが合うかどうか知るために必要です。



九星の運勢と年齢、32歳六白金星とか。

血液型。

職業、公表できる範囲で詳しく書いてください。男性の性格は仕事によって変わります。社会性の高い生き物なので、仕事は性格に大きく影響してきます。

所在地、遠距離の場合、どこからどこと書いてください。(関西⇔関西)(大阪⇔東京)どちらでも構いません。

勤務時間、彼がどのくらい働いているのか詳しく書いてください。朝から夜中まで働く忙しい男性が最近多いので。その勤務時間が恋愛には大きく左右されます。

休み、彼の休日、土日休みなのかローテーションで不定休なのか、あなたと休みが合うかどうか書いてください。休みが合うかどうかも恋愛には大きく影響します。


上記の基本的な情報ができましたら、今度はあなたの恋愛における状況を詳しく書いてください。みなさんのいくつかのコメントからセレクトして沖川がメール文章をつくってみたいと思います。全員の方はとても無理なので、私がセレクトさせていただいたものに限らせていただきます。

尚、ここでのコメントや投稿は川越占い館の管理の下に寄与させていただくことになることをご承知ください。沖川が管理する本の出版や、宣伝、各メディアに使わせて頂くこともあります。


名前はイニシャルでもハンドルネームでも構いません。あなたの個人情報はご自分でお守りください。状況を伝えるのに、場所や設定を変えても構いません。年齢も九星の方だけ教えていただいて、20代後半としてもいいです。彼の仕事も詳しく明かすことができなければ、会社員、内勤勤務、もしくは営業としても構いません。こちらが知りたいのは恋愛における男女の状況や葛藤です。そこは詳しく教えてください。



いろいろなパターンのメールを10個か20個つくってみたくなりました。沖川流で。通用するかどうかわかりませんが、参考にでもなればと思いまして。


みなさんのコメントお待ちしています。



女性らしく、甘えて相手のココロを打つ

27歳独身女性、職業は一般事務のOL、平日は9時~18時まで勤務、土日際休み、一白水星。彼は33歳独身、職業は大工職人、平日は8時より19時まで勤務、休みは日曜だが依頼された仕事によっては不定休、職場は一箇所ではなく、関東全域に渡って建築現場を数ヶ月単位で移動する。七赤金星。(付き合って半年)

彼女の悩み。
最近は一ヶ月以上彼に会っていない。メールは音信不通、電話にも出ない。彼と付き合いが順調だったのは最初の二ヶ月だけ、その頃は毎週日曜日に会っていたし、メールのやりとりも毎日だった。ところが、二ヶ月過ぎた頃ちょっとしたケンカをしてしまい、そのケンカが原因で、彼とはなかなか会えないようになってしまった。ケンカの詳細は、私のメールに彼がなかなか返してくれないのを注意したところ、彼は忙しいから仕方ないだろうとキレてしまった。私も「何そのいいぐさ!」とキレてしまい、感情的になって言い争いをした。翌朝、私は反省して彼に謝罪メールを送ったが、彼からは返事はなかった。それから私が毎日メールを送っても、彼が返信をよこすのは週に一~二回程度、申し訳ない程度の短い文だけ、そして今はぜんぜん返ってこない。これじゃ付き合っているのかわからないと言う。


彼の性格
職人気質の性格、仲間を大事にしてお酒が大好き。仕事がひけたら毎晩仲間と酒を飲んでいる。気楽でバカ話ができ、一日の終わりは酒を飲んで締めくくっている。職人暦が長く、仲間の信望も厚く、面倒見のいい彼はみんなから兄貴分的に慕われている。彼女に会うより、彼はみんなとワイワイやっている方が楽しいのだろう。



そんな彼にココロを打つメールとは、

(分析)
男気があって職人気質。その性格はどんな女像を抱いているか分析する。そして33歳の七赤金星の基本的な特徴を組み合わせてみる。そうすると彼が求めている女像はこうなる。忍耐強く優しい女性、男の仕事を理解して家庭をしっかり守る内助の功を持っている女性、自分の仲間に明るく接することができ、仲間の前で自分を立てることのできる女性。そしてセックスが好きな女性。

仲間を大事にする彼の人間関係の良いところをうまく利用する。彼は頼まれたら断らないで引き受けるクセがある、それをうまく利用して上手に甘えることにしよう。もちろん女性らしさを最大限発揮して。


メールは次回書きます。(続く)


メールに責任を持つ、今回はそれをテーマにしたいと思います。

正直、女性たちのメールは回りくどいです。用件を理解するのに時間がかかります。たったこれぽっちの用件のために、メールを5回も6回も往復してやっと理解するような回りくどさは時間の無駄です。電話では相手の意思を理解するのに、2~3分もあれば充分ですが、メールだとそうはいきません。場合によっては返信するタイミングがずれて数日かかることもあります。メールによるタイムラグは計り知れない時間の無駄という不満を呼び起こし、イライラをつのらせます。よく相手からなかなかメールが来ないという現象は、その回りくどさが、もうメンドクサイに変換しているからではないでしょうか。


例えばデートでディズニーランドに行くとしたら、ずばりあなたとディズニーランドに行きたいと言えばいいものを「友達がディズニーランドに彼氏と行ったんだって、いいなあ」とか、「今度ディズニーでこんなイベントがあるんだって」それに対して男性の答えは「あっそう」で終わりです。女性たちのように話が察するように輪が広がって最終的にはディズニーに行こうということにはなりません。会話を察する機能の少ない男性に、何であなたは女ココロがわからないのとか気持ちを察してよとか鈍感とかいってもそれが男性のコミュニュケーション機能だから、しかたありません。現実性のない希望とかロマンでは男は用が足さないのです。


そういった現象が男と女ではあっちこっち起きています。
ならば男性に察することを望むのはやめましょう。端的に用件を伝えて、それでNOなら自分の希望を本日は取りやめればいいのです。そのNOは永遠のNOではありません。本日のNOなのです。また機会を新たにして望めばいいのです。NOが恐くて回りくどい言い方の方が心象は悪くします。

それともうひとつ、大事なことを忘れています。
それは責任です。その部分は現代の男性が女性に感じていることです。ディズニーランドに彼と行きたいという希望に対して、前記の回りくどいメールは相手に任した誘い水です。依存した考えであり責任がありません。どこか相手任せの感があります。「友達が彼氏と行った、いいなあ!」とかは他人事で、オレは忙しく時間がない、第一今月は金欠だから行けないと彼は思っているかもしれません。だから彼は他人事のように「あっそう」と答えているのかもしれません。男は恋愛のロマンにお金をかけないところがあります。一時期の頭に血が上った恋愛初期の男性なら、女性のロマンのため時間とお金を費やすでしょうが、第二ステージに入った男性は、女性のロマンに時間とお金を費やすのを控えようとします。その現象は相談の中で多く起きています。


その現象が起きている現実を踏まえ、これからの男性にはロマンに頼らないということです。自己責任という自立がデートでも余儀なくされるのではないでしょうか。

自立心のあるあなたが彼とディズニーに行きたかったら、こう誘うでしょう。
「今度ディズニーでこういったイベントがあるんだって、よかったら一緒にいかない?」自分が行きたいから相手を誘う。依存ではなく自己責任と自立した誘い方の方が男性には功をそうすると思います。たとえ相手がそれに対してNOでも「あっそう」と片付けられるでしょう。相手の都合や状況がいけないんだなと察して切り替えることが自立した女性ならできるからです。


片思いの彼に思いを伝える方法

過去に成功した方法を書きます。【けなげメールです】おそらくここを見ている女性たちには評判は悪いと思います。これじゃ重い、ひいてしまう、かえって良くないというご意見です。が、過去にこのようなメールを出して、かなりの男性のココロをうち、成功しました。男性も誠実なのです、そして純なココロを持っているのです。主にこのメールは誠実で人当たりがよく、同性の友達が多い人気者で、勉強やスポーツも一生懸命、憧れの先輩みたいな人です。そんな人にこのメールは勇気をだして送りました。そして、気持ちは間違いなく純に通じたと確信しています。その証拠が相手の真面目な返信率の高さです。その返信は女性たちを傷つけるものではありませんでした。


自分が誰であるか正体を明かす。
「○○さんへ、突然このようなメールを出して失礼します。私はあなたと同じ職場・サークル・同級生の○○と申します。


相手を褒める
「私が○○さんと出合ったのは昨年の11月です。当時から仕事・勉強・スポーツ・サークルなどの活動、何事にも一生懸命で、人に親切で優しく、みんなの人気者で、【あ、いいな】という憧れを抱いていました」


男らしさ、かっこよさを絶賛し、尊敬する。
「○○さんは(仕事・勉強・スポーツ)等の能力が高いにも関わらず、それを自慢することもなく、人に合わせ、みんなと仲良くしようとするバランスがとても素敵です。そこにかっこいい男らしさを感じ、尊敬します。


自分の気持ちを素直に言う。
「そんな○○さんを私は遠くから見ていました。そしてずっと憧れていました。憧れだけで遠くから見ているだけにしようと思ったのですが、私はそれが今はできずにいます。○○さんに恋してしまったからです」


自分の苦しい胸を訴える。
「○○さんに恋してしまった私は自分でもどうしていいかわかりません。苦しいのです。私は臆病で勇気もなく、この先どうしていいかわからず、いつも迷いの中にいます。」



相手に訴える
「○○さんにこんなメールを送ってゴメンナサイ。自分でもどうしていいかわからないのです。勝手に憧れて、勝手に恋して、勝手に好きになって、心臓がパクパクして、正直苦しいです。勝手なお願いで申し訳ないのですが、もし可能であれば返事をいいただければ嬉しいです。答えがYESでもNOでも、私の思いとはかけ離れていても構いません、○○さんの考えですので尊重します。それによって私の苦しみは軽減できます。そして○○さんを好きになったことに感謝できます」



最後に
「このメールは大変失礼なことを承知で送らせていただきました。迷惑なら削除しても構いません。一週間経って返事が来なければ私も削除して、あなたの思いに封を閉じたいと思います。そして何事もなかったように、また私と普段通り接してくださるようお願いします」



片思いのこのようなメールはお客さんと何通りもつくってきました。もちろん状況や相手の性格に合わせてです。つくる作業には時間をかけ、その時間だけ努力してつくります。ただ漠然とここで作るのではなく、お客さんも何通りか自身でつくったメールを持ってきてもらいます。それとミックスして私なりの男性心理の経験を加え、メールをつくっていきます。

結果はどうかというと。

返信率は高いです。

真摯に真面目につくったものは相手のココロを打つと確信しています。


メールテクニック実践編


好き

両思い片思いの「好き」に採用できそうなのがあれば使ってください。


「○○です。メールって難しいですよね。どう伝えていいかときどきわからないことがあります。文章は難しい。言葉では簡単にいろいろなメッセージがポンポンでてくるのに、いざかしこまって文章にすると出てこない。メールで果たして人の心や気持ちを伝えることができるかどうかわかりませんが、とりあえず言いたいことをメールします。【私はあなたが好きです】・・・注意、この言葉に沈黙しないでほしい。注意は世界中の女の子の本音です。」


「女の子はメールが大好きです。電話で言えないこと、目の前にして恥ずかしくて言えないことがメールだと素直に伝えることができます。電波に乗せて気持ちを送信します。【私はあなたが好きです】きゃ~恥ずかしい。間違えて送信しちゃった。もう取り消せない。こうなったら、開き直って・・・この好き!採用してください(汗)」


「あなたが好きです」・・・ズバリ。
「もうあなた以外他の男性を見ることができません」
「私のスイッチはあなたに向けてONになりました。」
「他の男性はコンセントからはずしました。それでも不満ならブレーカーまで落とさせていただきます。」

少しユニークな部分を取り混ぜて作ってみました。いろいろご意見あると思いますが、他にいいメールがありましたらコメントください。今後の相談に役立てたいと思います。


メールは中身、文章が大事か?

メールはタイミングが大事か?

メールは恋愛において必要か?


●どんな文章よりも、メールは送るタイミングが大事だと私は思います。タミングが悪ければ、どんな優れた文豪がメール文章を作っても、相手は興味を示さないでしょう。

タイミングが悪いのに、メールがメールがとこだわる人に、一度中止する勇気を持ってほしいです。

メールは恋愛において必要か?・・・8割は不要、用件や緊急時のみ必要と多くの男性たちは思っていると思います。普段のコミュニュケーションでは必要ないと。

自分に暇を与えないクセを作る男性の多くはそう思っています。仕事でも遊びでも趣味でも何でも次から次へと優先事項を男はつくっていきます。彼の仕事は9時~17時まで18時以降は時間があるはずと思うかも知れませんが、そうではないのです。よく女性は彼の帰宅時間、家で休んでいる時間を狙ってメールするが効果がないという話はよく聞きます。彼は確かに家にいるかも知れないが、大抵は何かの作業をしているのです。昨日壊れたプラモが気になって、それを一生懸命修理しているとか、今日買ってきたばかりの雑誌やマンガ本を読んでいるとか、何かの作業をしているのです。彼女のケイタイを待ち受けているわけではありません。

そこへ彼女からのコミュニュケーションメール。男は1・2秒でパッと見て、大した用でなければプラモの修理に夢中になります。(男はひとつのことしかできない)そしてプラモを直し、少々疲れたのでリラックスするためにマンガ本を読みます。一日の疲れを取るための自分の時間です。(男は明日の仕事のために休まなければならない)・・・そのまま寝てしまう。・・・あっ!彼女のメール忘れた。。。いいや大した用ではないから放っておこう。それで男のいいわけは「昨夜は忙しかった」です。


自分のリラックスタイムに彼女とのメールのやり取りに参加するのは最初の第一ステージだけで、第二ステージになると男は自分の自由時間を大事にします。生まれたから何十年、自分のペースで生きてきた男は自由を一番大事とし、彼女と過ごした半年間よりも、自分の自由の時間の方が大事なのです。その自由時間を8割確保し、残り2割を彼女と過ごしたいのです。


その第二ステージこそが男の本来の恋愛です。女性にとって物凄く物足りない恋愛。あなたはどう考えますか。




嫉妬で成功した人はいない

ちょっとした可愛い嫉妬ではなく、執着するような嫉妬で成功した人はいない。みんな彼を失っている。

驚くほど・・・惨めに終っている。
残るのは後悔と恨み、遺恨を中心とした愛のみである。しかし、その愛は相手には受け付けられない。人は自分が中心で生きているため、相手の深い愛に答えようとしない、罪悪感と自分にとって都合の悪い愛にはフタをしてしまうのである。


男の浮気は浮気である、本気ではない。女の浮気は時間が経てば本気になるが、男の浮気は時間が経っても本気にはならない。すべてではないが男と女はこういうふうにわかれる。だから男も女と同じように本気になると思い込んではいけない。男と女は違うのだ。

浮気=本気だと思い込むから、そうさせないために執拗な嫉妬となるのである。だがその執拗な嫉妬は相手を本気へと向かわさせることになるってことを覚えてほしい。あなたが嫉妬すればするほど、彼は相手の女に夢中になっていくという方程式がある。あなたの嫉妬ときつい責めで、浮気を止めることもあるかもしれないが、その代わり彼はあなたを好きでなくなる。気弱な男はあなたに恐妻家の烙印を押し、愛がなく仕方なく顔色伺いながら生活を共にするだけである。その生活に好きという感情はもはやない。

ではどうすればいいか。
いずれ、その方法は過去の経験事例からいっぱい書きたいと思う。今日は時間がなく、私の大雑把な男の主観を述べたいと思う。


単純に、嫉妬で成功した人はいない。まずはそう思い込むこと。だから嫉妬なんてちんけでアホらしいと決め付けてはどうだろう。

男の七癖、小さな嘘、小さな悪さに関わらないことだ。その悪い癖を男たちは自由、あるいは小さな親切と呼んでいる。本道から外れてコソコソ遊ぶ男は、子供体質である。良いことばかりしているより、たまに悪いことをしないと生きている甲斐がないみたいに、お母さんに内緒で、ソフアの下におもちゃを隠すようなものだ。真面目でつまらない男よりも、浮気をしてモテル俺がどこかでカッコイイと思っているかもしれないが、中身は隠れてソフアの下におもちゃを隠して、自分の秘密を作っている子供と何ら変わらない。いつかお母さんにばれて叱られるのを刺激とし、それがバレないように工夫したいのかもしれない。人間は何もない生活より、どこかで刺激を求める生き物である。胸キュン、ワクワク・ドキドキする恋も似たようなものである。良いことも悪いことも人は刺激を求めているのである。

男の浮気は、子供じみて隠れてコソコソするようなものだ。それは一種の刺激で、決して本気にはならない。何故かって?男の本気は責任だからである。責任を取っている相手が本気なのである。たとえ愛が薄くなっても、責任を取っている相手が本気なのである。女性みたいに「好きだから、愛しているから」という理由だけで責任を放棄するようなことは男にはなかなかできない。男は好きより責任を重要視するようにDNAの遺伝子が組み込まれているのである。

だからっと言ってはなんだが、男の浮気はさほど心配することではない。放っておけば勝手に終る。いつまでも子供じみた遊びは終るのである。その遊びには責任がないからである。たとえひと時真剣に好きになっても、責任のとれない「好き」は時間が来れば終る。それを男たちは本能的にわかっている。

そんな男のひと時の遊びに、嫉妬しないことである。そして携帯を見て詮索もしないことである。詮索による嫉妬が結果を悪くしている、そして嫉妬で成功した人はいないのである。



情熱的でロマンチスト、火のイメージ。熱しやすく冷めやすく、うそはすぐにバレ、陽気で憎めないところがある。子供のように一箇所になかなか落ち着かない性格であり飛び火する傾向がある。


情熱とロマン
物事に対するあなたのロマンと情熱は、物凄くエキサイトで感動します。

能力の高さ
仕事に対する姿勢や切り開いてゆくあなたの情熱に、やり遂げる意志を感じます。

特別な人
他の人にない特別な魅力をあなたに感じます。




八白土星は、山を形成するような土のイメージ。慎重でオクテだが、一度決めたら頑固、意志は曲げない。鉄の意志を持つと言われている。土の穏やかな部分が最初は人あたりがいいが、相手をなかなか信用しない。

(褒め言葉)

家族、身内を大切にする
親、兄弟、家族を大切にするあなたを尊敬します。家族思いの温かみのあるあなたが好きです。

興味(若いときはいろいろなものに論理的に興味を持つ)
仕事、社会、経済、科学、スポーツ、趣味多芸、いろんな分野に挑戦しているあなたを凄いと思います。

意志の固さ
一度決めたら最後までやり通すあなたについていきたいと思います。



外に向かって輝く金のイメージ。外交的で友達付き合いが多く、華やかなことが好きで、話題の中心にいたい目立ちたがり屋の性質。

(褒め言葉)

交友関係
たくさんの友人に囲まれて、友達や仲間を大切にするあなたが素敵です。

仕事に対するプライド
誇りをもって仕事をこなし、人が避けて通るような仕事でも一生懸命こなすあなたに魅力を感じます。

話題
ユニークな話題、楽しい会話、相手を楽しまてくれるあなたの話は面白くて愉快です。