ホーム > 月別アーカイブ: 2009年02月
3、 男に頼らない、依存しない。

最近つくづく思うのですが・・・
男を頼らない方がいいのかもしれません。
みなさんは頼りすぎです。
今の時代は男を頼らないが正解ではないでしょうか。


割り勘時代の今日。それぞれが自立した意志を持ち、自分の人生は自分で切り開いて行こうという風潮が最近の恋愛でも見受けられます。昔は男が全部のデート費用を持ち、結婚したら給料は全部カミさんが管理しましたが、今は生活費も割り感の時代です。それぞれが働いた給料はそれぞれが管理する、その中から必要な生活費を分に応じて出す。男の役割女の役割が皆無になりつつあります。


その中で子供を生み育てるわけですから大変です。妊娠すると片方の稼ぎ手がなくなるわけで、割り勘生活に慣らされた男の負担は大変です。割り勘生活も少子化の一因でしょう。さらに世界的経済不況の煽りで日本も格差社会へと突入し、非正規の雇用社員が三分の一にも達する国。派遣社員やフリーター、バイトで生計を立てている若者が急増している。これじゃますます結婚できない社会を作り出している。年収200万では、一人が生活していくだけで精一杯だろう。


この時代の状況や環境を把握し、女性たちは知恵を働かさなくてはいけない。ただ好きだけでは結婚はできない。男の能力や性格を見抜き、これからの時代を逞しく生き抜いていく男を見つけ出していかなくてはならない。せめてこのブログを読んでいる女性たちはそうしてほしいと願うばかりである。


そのためにおんぶにだっこの依存心を改めよう。正社員でも先の見えない時代。いつ自分が職を失うか、男たちは日夜不安なのである。仕事に不安を抱える時代、仕事が命の男は仕事が不安定のときは恋愛のことや結婚のことは考えないのである。その不安定な時代に旧態依然のやり方で女性が恋愛をすると男はプレッシャーを感じて逃げるのである。


旧態依然の恋愛とは、男に頼り依存することである。今の男は頼りにならない、いや時代がそうさせている。そのために女性たちは何をどうすればいいか、答えは自立するこことである。その自立とは、何も女性が生計を立てるように男並みに働けとは言っていない、せめて自分の食いプチは自分で稼ぐという心がけが必要だろう。子供ができても、お母さんは自分のものは自分で稼いでいる、というのが言葉には言わないが男の本音だろう。


男はこの女と組むと生活が成り立つと思って結婚するのではないだろうか。若いときはキレイで可愛くとも、ワガママで金遣いが荒いとなると、やはり結婚には不向きと考え敬遠するだろう。


現実に今自分が得ている給料で男は生活を考えるからだ。月25万なら25万の生活、20万なら20万の生活を希望し、足りない分は彼女がいくら補填してくれるかを心の底では望んでいる。誕生日に高級なフレンチレストランで食事を希望し、ブランドのヴィトンのバックを買ってとせがむ女なら、その女と結婚を望まないだろう。1980円のバックでガマンする女と結婚する方が現実的である。これは日本の、平均年収440万円の男たちの考えである。それ以下だともはや日本ではなくて発展途上の国か無人島でもいかないと男たちは結婚できないだろう。


一家4人、普通の生活もできない昨今の経済事情。男たちの収入の激減。そんな時代にあなたは何を考えるかである。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
2、 男の恋愛心理の流れを見る。

男の恋愛の流れ、統計でとった流れをざっと書いてみよう。川越占い館の一万人の平均である。


男の恋愛の賞味期限は半年である。
男の恋愛は減点方式、女の恋愛は加点方式。
男は最初100%の好きからスタートする。月日を重ねることで、その好きという気持ちはだんだんと減少していく。半年経てば、その好きという気持ちは50%を切る。反対に女性は、最初好きという気持ちは10%からスタートし、月日を重ねることでだんだんと好きという気持ちが増していく、半年後には50%を超え、男より好きという気持ちが上回る。平均して半年を境に男と女の逆転現象が起きる。


その頃からである。彼からの連絡が減少し、会う頻度が減ってくるのは。最初はあれだけ熱心に私にアプローチしていたのに、今はぜんぜん閑古鳥、彼からのメールが二週間来ていないという現象があなたの彼だけではなく世界中で起きている。だから心配しなくていい、ああ、男ってこういうもんだと知ることである。


中には半年経ってもマメに連絡をよこす男もいるだろう。いやいや一ヶ月でテンションが下がり連絡を寄こさない男もいる。その平均値が半年なのである。男は半年で好きという気持ちが50%を切り、別れたとき好きという気持ちは10%になる。反対に女は別れたとき好きという気持ちが100%になる。この別れは男が振った場合である。復縁を望む女性たちの手相は、別れたときが100%の愛情線になっている。女が次に行けないのは、別れた彼が100%好きに対して、新しい男はどんな良い人でも10%しか好きになれないから行けないのである。100%対10%では最初から勝負にならない。


男の恋愛の流れ、(減点方式)をマスターしよう。その流れを会得し、あなたは男との付き合い方にある心がけを持ってスタートさせることである。


その心がけとは、第二ステージを見て男とは恋をすることだ!

第一ステージの心地よい夢みたいな、男の熱心なアプローチは永遠に続くと期待しないこと、「どれだけ持つか楽しみだわ」という感覚で彼を見ることである。ほら案の定半年経った連絡が半分になった。さて、これからが本番の恋(第二ステージ)だなと認識することである。その認識があれば、第一ステージから第二ステージの変わり目に起きている別れが回避できる。実はその別れは男女の恋で一番多いのである。女が最初から第二ステージを予想して、またそれを準備して男と恋をすれば、焦ることがなくなり、よって別れることもなくなる。ここにも男を知るというワザがある。あなたは第二ステージを予測して彼と恋をする。その余裕があれば、第一ステージでいかに長く私のことを好きでいてくれるように仕向ける作戦とアイデアがいろいろと出てくるだろう。ルールズの方式を採用してもいいだろう。女からメールや電話をしない、女から会いに行かない、割り勘にしない、予定が合わなければデートを断る、SEXはすぐにしない、男にとって優しくない冷たい女を演じることで、男のハンター意欲を高める方法がルールズである。それを第一ステージに使っても私はいいと思う。何故なら第一ステージの半年間で、男がいかに努力したかでその恋愛の今後の行く末が決まるからだ。「男は最初の半年間、いかに努力したかで、その女を一生大事にするか決まる」という男脳の普遍のルールがある。


そのルールをさらに有効にするためにも、女は第二ステージを見て男と恋をすることである。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
【これから学ぶ恋愛は逆転の発想が必須項目】

1、 男と恋愛する心構えを覚える、男ってこうなんだと知る。

「男を知る」難しいですね。
かくいう私もすべての男性の心理を知っているわけではありません。すべてを知っているわけではありませんが、一般の人よりはたくさん知っています。7年間、九星学の運勢や特徴から性格を割り出してアドバイスを今まで一万人以上にしてきました。経験というキャリアを積んでいけば、相手の男性の特徴や性格は手に取るように分かるものです。


性格や特徴を割り出してアドバイスはできるのですが、それが成功へ結びつくとは限りません。聞き手である女性側の能力いかんによるからです。


能力とは経験と分析力によってアップしていきます。失敗を何度も繰り返し、失敗した原因を分析し、それを次回に生かすことをしていけば能力は向上します。


人が生きていく過程で進化向上するための経験は必要です。学問であれ、仕事であれ、恋愛であれ、結婚であれ、子育てであれ、夢であれ、それぞれの項目において経験は必要なのです。そして成長していくには、失敗はつきものなのです。大切なのは失敗を恐れないことです。


恋愛においても一緒です。失敗(失恋)を恐れてはいけません。失敗は進化の過程なのです。男を知るにはたくさん恋愛をし、たくさん失敗をすることです。経験によって男を知る以外方法はないと思います。ブログや本である程度の男の心理を知ることは可能ですが、やはり生の経験には勝てません。カップルの恋の物語は一冊の本を上回るからです。実体験こそが生きた教科書なのです。実体験を通して、是非私のブログをお読みください。あなたのサポート役として私のブログはうってつけだと思います。


男と恋愛する心構えは失敗を恐れないことです。女の感情のままぶつかったら必ず男とうまくいかなくなることをあなたは身をもって体験することができるでしょう。そこからです。どうすれば男とうまくやっていけるか、自分の考えと反対にある男の考え、同性の友達とは違う習性、その違いにあなたは戸惑いを感じながら失敗を繰り返し、だんだんと覚えていかなくてはなりません。これからの恋愛は逆転の発想が必須項目になります。経験を通して「男ってこうなんだ」と知ることです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
ポジティブとネガティブ

ポジとネガ。

写真に例えるのなら、ポジとネガの原形は同じである。デジカメの主流の時代、今はほとんど使っていないフイルムというものがある。それをカメラの本体に収め、シャッターを押し写真を撮る。撮ったフイルムを現像液に浸し乾燥させるとネガフイルムとなる。ネガからプリンターに搭載されている2種類の三原色(シアン・マゼンタ・イエロー)(レッド・グリーン・ブルー)のフイルターに光源をあてて印画紙に焼き付ける。その印画紙を現像液、漂白液、定着液に浸し乾燥させると写真が出来上がる。


私は若い頃写真の技術者として10年以上働いたことがある。一日に10万枚のネガフイルムを焼き付けたことがある。色彩のカラーや濃淡が反対側にあるネガの世界。白は黒に写り、赤は青く見える、まるで反対の世界。その世界の特徴をとらえ、濃度はいくつ、カラーバランスの補正はいくつとキーボードを叩きながらプリンターに指示を与える。そうして私がイメージした通りの写真ができる。出来上がった写真より、ネガフイルムを見れば、この人は写真を撮るのが下手か上手か分かる。プロの写真家のフイルムも現像したことがあるが、やはりプロはプロ、シロウトとは違う、ネガに引き締まったバランスと調和がある。シャウカステンという光版に当てるとその差がくっきりと分かる。


年取ってから、今もポジとネガの世界の仕事をしている。職種の内容は変わったが、今度は心のポジとネガの世界だ。不思議な因果の世界である。


そして、
ポジの原形はネガである。反対にネガの原形はポジである。その二つは同じ人間の心の中に同居している。それぞれの性格を持ちながら。


世の中のすべてがポジティブ思考、前向きに生きているわけでもない、反対にネガティブ思考、後ろ向きに生きているわけでもない。その二つが同居して生きているのである。個人の性格によって、ポジティブがやや強かったり、ネガティブがやや強かったりしながら生きているのである。状況や環境にもよって、ネガとポジのバランスはいろいろ変化するだろう。心の明暗がいろいろ変化するのが人間なのかもしれない。ネガティブはポジティブの原形である。それを知った私は、もっとネガティブを研究したくなった。ネガをポジに変えるには、ネガの特性を知ることである。そしてどういったフイルターの光源をあたれば、鮮明なポジに変わっていくのか、今後も修練を重ねていきたいと思う。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
9、 人生で最高の喜びと一番嬉しい奇跡を起こそう。


人生で最高の喜びとは何ですか?
「好きな人」と一緒にいることではないですか。
人を好きになる、人を愛する喜びは、いくつになっても変わらないと思います。仕事がどうだ、遊びや趣味がどうだ、夢がどうだと言っても、最終的には人を愛する気持ちには勝てません。事業を成功して、すべての栄誉を得たとしても、人を愛することができない人生なら寂しい一生を送るだけでしょう。


異性を愛する気持ちは、天から与えられた純粋な気持ちです。その純な気持ちは、どの事業よりも大切な心と誠実な心を与え、どの食べ物やどのサプリメントよりも生きる源のパワーを与えます。恋は自分に足りない片方の命を探す行動です。その片方の命がないと自分は人間として完成できないからです。人は愛する伴侶を得ることで、人生の喜び、幸福の完全体へと向かうのではないでしょうか。


何のために働くのか、何のために夢を追いかけるのか、そのすべてが愛する人のためにあるのではないでしょうか。ときどき男性の中には夢を追いかけ、一生結婚しないという人を見かけます、人の生き方は自由で尊重しますが、ただし恋をしないでいただきたい。結婚する気のない人が恋をするとたくさんの女性たちが被害に合います。何故かというと女性の大半は恋の先は結婚を望むからです。


人生で最高の喜びと一番嬉しい奇跡を起こすために。
これからの時代は女性たちも、人生で最高の喜びと一番嬉しい奇跡を起こすため、男性を見極めなければいけません。結婚する気のない男性と恋に落ちないために、自分の先見能力を磨いていきましょう。女性がこの地球上で一番必要とされている能力は、「男性を瞬時に見極める能力です」その能力の開花こそが、自身を守り、自身を幸せへと導くのです。好きになることだけに一生懸命にならないで、後で後悔しないためにも見極める選択能力を身に着けましょう。その能力はどんな学問より最優先させて学んでください。


「男を瞬時に見極める能力が見につけば、あなたは結婚する気のない男性と付き合う気も好きになることもないでしょう」まだあなたに新しい彼氏がいなければ、彼氏を作る前に、その勉強を先にしてください。その勉強の初歩は好きにならないで相手をあらゆる角度からリサーチすることです。いずれその見極める方法をブログしたいと思います。


結婚する気のない相手を好きになった場合はどうすればいいか。
女性の恋でうまくいってない恋は、実はそういった恋が多いのです。それもあなたの選択に任せるしか方法はありません。人生は選択だからです。


あなたがそれでも彼が「好き」というのなら、奇跡に向けて努力を惜しまないことです。ただし、無理やり私が好きだからという気持ちのみで焦らないことです。相手の気持ちや心理に合わせ、相手の状況や環境を精査して、それに見合った計画を根気よく続けることです。あなたの計画が正しければ、相手は心をあなたに向けるでしょう。その方法はひとりひとり千差万別、それこそ宇宙の方程式です。宇宙の方程式に望むのはあなた自身です。


私のところでは不可能にチャレンジする事柄をたくさんやっています。宇宙のからくりがなかなか解けず、毎日悪戦苦闘しています。人の気持ちや心理はどんな文明の力学をもってしても解けるものではありません。それでも奇跡を信じ努力しています。


奇跡を起こした人たちをここで紹介すると。
最後まで諦めない人たちでした。そしてその力は愛でした。
その力によって、
人生で最高の喜びと一番嬉しい奇跡を起こしたのです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

勇気ある行動の前に。
行動をしなければ何も変わらない、慎重なあなたはいつか行動を起こさなければいけないと考えている。けど、不安でたまらない。寝る時間も惜しんでいろいろ考えて、この方法をやってみようと思うのですが、いざ行動起こすとなると勇気がもてません、どうしたらいいのでしょう。


そういう人は、勇気ある行動の前に心の準備が必要だと思います。
さて、なんの心の準備が必要でしょう。


その心の準備とは明確な目標と計画です。
その明確な目標と計画を立てるため、あなたは時間をかけても構いません。慎重にあれこれ考えてつくってください。私が推奨する方法は、あなたの頭の中にあるものを全部紙に書き出して、そこからひとつ選ぶと良い目標ができます。そして計画は時系列にするといいでしょう。


明確な目標と計画は、ただ目標を決めた、計画を立てた、というだけのものではなく、あなたの精神訓示として毎日目視をし、そして確認することです。その確認作業は重要となります。計画を達成しない人は、その確認作業ができていません。ただ目標を決めた計画を立てたというだけで、お蔵入りにしている人が多いからです。


確認作業とはどういうものでしょうか、例えばあなたが今年の12月のクリスマスに彼にプロポーズされるという明確な目標を立てたとします。そしてそれに添った月単位の行動計画を立てました。計画とは必ずしも予定通りにいかないことがしばしばあります。三月には彼と復縁しているはずなのに、未だに連絡が取れていません。予定通りにいかない計画に挫折感を覚え、もう何もかもやる気を失せ、放り出したくなると思います。そういうときこそ、初心に戻って確認することです。何のためにあなたはその目標と計画を立てたのですが、ただ誇大妄想のために立てたのですか?いや違うでしょう。あなたが献身的な努力をすれば達成すると、あなたの分に応じた目標と計画を立てたはずです。確認作業とはその初心に戻ることです。


世の中うまくいかないことだらけです。そして世の中そんなに甘くありません。目標達成の障害はあっちこっちに仕掛けられています。その障害の大半は人の心です。とくに恋愛においては彼の心とあなたの心がカギになります。そのカギである心のハーモニーが調和されて恋愛が成立するのです。


一度壊れた心のハーモニーを取り戻すのには絶大な努力が必要となります。その努力の方法は誠意ある行動のみしか方法はないと思います。そのため、あなたは目標と計画を立てました。その途中で相手の心のあくなき抵抗に合うのは仕方のないことなのです。その抵抗に傷つき落胆することも当たり前のように起きるでしょう。そして挫折を繰り返し、あなたは目標と計画を放棄することにもなるでしょう。


でも・・・忘れないでください。あなたは何のために目標と計画を立てたのですか?彼のことが好きだから立てたのではないですか?彼と将来一緒になりたいから立てたのではないですか?そのことを再度確認してください。


明確な目標と計画は、単なる表面上のものだけではありません。夢に向かって、夢達成のために、今日一日何をやると確認するためにあるのです。そして計画が遅れていたら、自身の反省を加え、遅れを取りもどすために自分にはっぱをかけるためにあるのです。明確な目標と計画を毎朝確認し、「よし今日も頑張るぞ!そのために今日はなにをする」と鼓舞するために明確な目標と計画はあるのです。その毎日の確認作業の習慣はやがて奇跡を起こす原動力となります。


明確な目標と計画は必要な冒険をするための心の支えとなります。それに伴なった勇気ある行動は、あなたの人生に奇跡を起こす行動となります。


勇気ある行動、必要な冒険をしない人には運も味方しない。潜在意識の力はその通りで、何もしない人には何も働かないのです。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
7、 素晴らしい自分と思える、心の広い女を目指そう。

自信がない人も、自分は素晴らしいと思うことである。何故素晴らしいの?人として生きていることが素晴らしいことなんだよ。人はこの地球上でもっとも尊厳があり最も価値がある生き物だから、その人間に生まれたこと事態が素晴らしいことなんだ。


自分は「自信がない」という人がいる。毎日が「不安」でたまらないという。とかく人は小さなことでクヨクヨするものだ。でもそれでいいではないか、素直で良いと思うことだ。素直でなくて自信過剰に生きている人の方が危なっかしいと思うよ。


自信がない、不安でたまらないという人は、不安を払拭し自信をつけるための務めを毎日果たせばいいんだよ。日本プロ野球界のあの世界の王さえ、シーズン前に、今年は一本もホームラン打てないかもしれないと不安になったという。その不安を払拭するため日夜人一倍練習に励んだという。世界の王さんでも、そういうもんだよ。私も偉そうなことをブログに書いているが、毎日不安と戦っているのです。不安だから務めを果たす。毎日ブログの更新、毎日占い館に出かけ占いをする。今はときどき休むようになったが、駆け出しの頃は2年間、朝から晩まで年中無休で働き、7年間二足の草鞋生活を余儀なくされ、旅行もいかず、映画も見ず、、普通の人が楽しんでいる、すべての遊びを捨ててというバカげたことをやったおかげで、少しは自信がついた気がする。自信なんてそういうもんです。



自信をつける方法は、人よりバカげたことをするくらいでないと自信はつかないかもしれません。あなたが小心者で体力や知力がなくても、心配することはありません。私も小心者で体力や知力には自信はありませんでした。ただ好きなことにバカになっただけです。



あなたも好きなことがあればバカになるこです。
絵を描くことが好きなら、描くことにバカになりましょう。音楽が好きなら音楽バカになることです。スポーツが好きならスポーツバカでいいし、勉強が好きなら勉強バカでもいいのです。仕事バカ人間でもいいでしょう。ただし中途半端ではなく、最低三年から五年は専門バカになることです。あなたがやりたい時期にそれをやればいいのです。スタートする時期は何歳でもいいと思います。



若いときは恋愛に夢中になっても構わないでしょう、若くてキレイな時期の恋愛バカも素晴らしいと思います。成就するまで楽しみや苦しみをいろいろ分かち合い経験することは男女の若葉の成育上とてもいいことなのです。

大人になって、結婚して子供を育てることも素晴らしいです。自分の子孫を生み、親バカになって、それを育てることは人類の歴史の営みを体験することができます。



子育てが終え、自分が何のためにこの世に生まれてきたかという志を持つようになったら自分の夢を追っても構わないでしょう。自分の生きた証として自分のために自分のやりたいことをすればいいと思います。仕事で社会に貢献し、男女の幸福のための結婚をし、人類繁栄のための子供を産み、子育てを終えたあなたは、誰一人に文句を言われないで好きなことをやる権利があります。



あなたは人として、ひとつひとつの役割を果たしてきました。学校を出て、仕事をし、恋愛もして結婚もし、子供を生み育て、夫婦仲良く離婚もなく、ひとつひとつの役割をりっぱに果たしてきました。途中災難や危険に見舞われながらも逃げることなく無事障害を乗り越えてきました。そんなあなたは素晴らしい自分と思える、心の広い女性です。


心の広い女性とは、大それた精神修行をする必要はありません。ひとつひとつの人の営みをりっぱに成し遂げればいいのです。


ひとつひとつの事柄がりっぱな精神修行なのです。そこから逃げないで、どんなことがあっても諦めないことです。それもバカになるくらいでないとできないかもしれません。



バカになれる人はプライドを捨てることができます。ひとつひとつの役割を病気以外で、達成できなかったり、失敗する人は、プライドがあって頭がいいのでしょう。


頭が良いだけでは、プライドが高いだけでは生きていけません。バカになることです。究極の達成は騙されてもバカになるだけです。ひとつひとつの事柄に専門バカになればいいのです。


4つの専門バカになる。ひとつひとつが大変だけど、人間として生まれ、健康ならばチャレンジすることをお奨めします。そのひとつひとつのチャレンジが心の広さを大きくします。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
一時的に忙しいのは仕方ないと思いますが、それがずっと続くってどうなんでしょう?


恋愛には自己責任があると思います。愛する人への思いは、それぞれの見識と責任において判断するしかないと思います。愛する人は一人、あなたがそう思えばその人と結ばれるまで何年も何十年も、あるいは一生かけても、その愛をまっとうするのもあなたの自由です。そんなに待てないというのなら他の人を見るのも自由でしょう。



私の経験による判断ですが。
待って良い待ちかたと、待ってはいけない待ち方があると思います。


待ってよい待ち方とは、
現在付き合っていて、彼が仕事で忙しい場合。男の頭はひとつしかないと勉強してきたはずです。仕事モードのときの男は恋愛のことを忘れています。そこを理解してあげて自爆しないことです。仕事が忙しくなる前兆として男は様子がおかしくなります。連絡が絶えがちになったり、会うのをおっくうがります。その心理は、【これから仕事が忙しくなる準備だと思いましょう。】


忙しくなることに男は不安なのです。そして正直嫌なのです。できれば仕事は暇で、彼女と恋愛を楽しみたいのです。でもこれから仕事が忙しくなる。ああ~やだやだ、と思いながら男は仕事に突入していくのです。男の欠点は、頭が辛い仕事のことばかりでいっぱいになると彼女のフォローを忘れるということです。頭の中は仕事の局面をどう乗り越えればいいのか、そればかり考えています。そしてその頭の中には彼女はいません。そこへ彼女から、「最近メールの返事が来ないけどどうしたの?」「今度いつ会える?」というメールが来ると、仕事のことで頭がいっぱいになった男は「メンドクサイ」となるのです。頭がひとつしかないのに、仕事と恋愛が同居するとパニクッてしまうのです。



不器用な男の頭は、同時に二つのことができません。そこを理解してあげましょう。そして男は説明が下手なのです。昔から男性は、女性が安心して待てる説明をしてきませんでした。「ただ仕事が忙しい」という説明のみです。その説明は男には通用するのですが、女性には通用しないというのを男はわからないのです。女性が望んでいる説明は仕事が忙しいのは理解できる。問題はその忙しいという期間と連絡は毎日取れるというのが分かれば安心できるのですが、どうも男脳はそれを約束できないみたいです。仕事モードのときは、それすらメンドーと思われる男があまりにも多いということです。



その男脳の性質を理解することができれば、男はめんどくさがりや仕事が忙しいときはどの男もメールをよこさない。私だけの彼ではない。全世界の男が同じようにメールをよこさない。なんだ男ってこういうものかと分かれば、アホらしく心配することはなくなるでしょう。それが分かれば、妄想から自爆はすることは無くなると思います。暇になればまたデートができるというくらいの姿勢で一人遊びを楽しみましょう。



男の仕事はあるサイクルがあります。
忙しさのピークは三ヶ月、半年、一年、二年、三年とあるでしょう。繁忙期の忙しさなのか、大きなプロジェクトの忙しさなのか、海外転勤などによる忙しさなのか、企業や職種によって違います。付き合っているあなたは男の仕事の職制や性格を知るのは必要となります。それによってあなたの待ち方のルールができるからです。



数ヶ月の繁忙期の忙しさなら、暇の時期が来るまで待てばいいでしょう。数年単位の忙しさなら、勇気を持って彼と話し合わなければなりません。あなたが大事なら、ちゃんとした説明をするのが恋する男の責任となります。


待ってはいけない待ち方
彼と別れた場合は待つ必要ないと思います。復縁を望む女性が多いですが、まず別れたという事実を認めましょう。男性によっては、平気で何年も何十年も待たせておいて、罪の意識を感じない人もいます。でも、その前に大抵彼女と別れているはずです。別れているのに彼女が勝手に自分に好意を寄せている、それは彼女の勝ってで、僕には罪はない関係ないという心理が働きます。付き合っていない待ち方は女性に長い苦しみを与えます。私のところにもこういったケースの相談が多いのですが、難しさも千差万別にあります。



そのときの判断も、やはり女性の好きという気持ちに委ねるしかありません。好きならとことんやればいい。私が必要なら相談に乗ってあげて、一緒に考えてあげてもいいです。また他を見てもいいし、最終的にはあなたが決めることです。



どんな場合でも努力を惜しむな。という姿勢は活路を見出すという前提で私は相談に乗っています。そしてその前提は、自然の偶然を生み出すという潜在意識の力を信じてやっています。彼が運命の人で、縁のある人なら、あなたの努力は結ばれると信じているからです。縁がなければ、やることはやって執着はしないことです。やることはやっての期間をあなたがどのくらいに期間にするか、それに目標を持てばいいでしょう。一年と決めたなら、とことん一年間、目標通りに行動をすればいいのです。その目標つくりも私のところでは手伝っています。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
男が忙しいとき、平気で一人遊びができる女、恋の休憩ができる女


去年の12月は別れた方が多くいました。
年末商戦に賭けた男たちは忙しく、女をかまってあげられなかったのが原因です。


しかし・・・なんで12月にこんなに別れるの?と思うくらいです。


来てるお客さんに、「たった一ヶ月待てなかったの?」と質問したくらいです。
たった一ヶ月何故女性は待てないのでしょう・・・・・????


別れた後に気づいた・・・彼が仕事でいっぱいいっぱいだったことを・・・それでは遅いのです。もう・・・別れたら・・・手遅れなのです。


ここに別れの原因の第一位があることを認識してください。別れは男が仕事で忙しいときに、一番多く発生しているのです。その別れの原因は世界一です。人類誕生以来、何万年も続いたその流れをそろそろ止めましょう。その合言葉は「男が忙しいとき、平気で一人遊びができる女になる」それを目指しましょう。



あなたが望むスーパーマンはそうそういません。仕事ができて、女性にも優しい男性。どんなに仕事が忙しくても、メールや電話をかかさず、どんなに仕事が忙しくても女性に会いに行く男性。素晴らしい理想の男性です。女性の立場から言えば、そういう男性がこの世にいっぱいいてほしいと願うでしょう。またいなければ、男性たちにそれを目指してほしいと考えるでしょう。しかし現実にはそういう男性はほとんどいません。そういう男性が大半なら、男が忙しいときに別れの原因が第一位にならないはずです。


男性に質問してみました。
「あなたは仕事がいっぱいいっぱいで忙しいとき、まず先に何を考えますか?」
まず先に考えるのは、「彼女と別れることです」これが男脳です。



仕事と恋愛のストレスを抱えた男の心理。
仕事は頑張ればお金になるけど、恋愛はいくら頑張っても1円にもならない。仕事は疲れるけど、生活のためなら仕方がない。恋愛で疲れたら生活のためにならない。仕事もストレスだけど、恋愛もストレス。どちらかのストレスを取り除きたいかというと、それは間違いなく恋愛、仕事を失ったら生きていけない。男たちは極度のストレスを抱えた限界点ギリギリのところでは、いつでも彼女と別れる覚悟で忙しい日々を過ごしている。そう思ったほうが別れの危機は回避できる。



「男が忙しいとき、恋愛では役に立たない」と思ったらどうでしょう。
そう彼は、あなたの役に立たない、忙しい期間は期待しないことである。私の役に立たせようと思うからトラブルの元になるのである。不思議と女性たちは、男が忙しいほど邪魔をする。男が忙しくなればなるほど、わざと自分たちの愛を確かめようとする心理が働く。究極の愛はピンチのときこそ開花するものだと思わんばかりに。そのときの男は恋愛では役に立たないのに、そんなドラマみたいなシチュエーションになるわけがない。なるのは、「もう疲れた、一人にさせてくれ」という言葉をもらうだけである。追い詰めなければそんな言葉はかないのに、【男は恋愛の耐性能力がないのです】



だから、
彼を放っておける女になりましょう。忙しい期間は恋愛では役に立たないから放っておきましょう。その期間あなたの役に立つのは彼ではなく、あなたの友達や趣味や遊びなのです。仕事でもいいし、自分磨きでもいいし、とにかく彼以外の他のものがあなたの役に立つのです。


そんな役に立たない男は(男性のみなさん失礼)放っておいて、一人遊びを楽しみましょう。これからの女性は彼一色にならず、男が忙しいとき平気でひとり遊びができ、恋愛に休憩を入れられる女性こそが、男の理想の女性となれるのです。




女性たちへ注意点。
「放って置く期間は、彼の愛を疑わないことです」間違っても、彼は忙しいのにかこつけて他で遊んでいると思わないことです。他の女と遊んでいるとか、浮気をしているとか、他にいい人を見つけているとか、決して思わないことです。そのことによって多くの女性たちが彼の信用を失いました。「仕事がマジ忙しいのに、彼女はオレを疑っている、オレを信用できない女とはもう付き合いたくない」という言葉をたくさんもらっています。一部では、確かにそういう男もいるでしょう。でも女性の考えは一部ではなく、全部の男がそうするもんだと決め付けてあらぬ疑いを持っています。必ずといっていいほど、相談の中で他の女の心配ごとがでてきて、その詮索の時間に大量の時間を費やしています。「ああ女ってみんな同じことを心配するね、彼は信用されてないんだ」彼が聞いたらがっかりすることばかり女性は考えています。それでは恋愛で一番大事な信頼関係が築けませんね、信頼がなくなったら別れてもしかたないかなと思います。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
6、 男を追いかけない、去るものは追わず、来るものを拒まず。


【追いかければ逃げる、逃げれば追いかける】
この原理、現象が毎日私のところでは起きています。女性が男性を追いかければ逃げる。反対に女性が諦めて追いかけるのを辞めると、今度は男性が追いかけてくるという事実です。


この毎日起きている事実から、女性のみなさんは彼を追いかけるのを辞めたらどうでしょうか。私のところに相談に来るのは、全世界から何万何千人と来ています。気の遠くなるような膨大な相談から、「追いかければ逃げる」という答えが出てきました。その答えをあなたは採用してみませんか?


私があなたなら、うむを言わず簡単に採用します。その方がうまくいくと知っているからです。


「押してダメなら引いてみな」そのことわざは、間違いなく当たっていると実証します。さすが昔の人が長年の経験でうたった言葉、その言葉をその通りだと言えるくらいの相談を重ねてきました。


恋愛心理は動物の習性と同じところがあります。動物は逃げるものを追いかける習性があります。反対に向こうから襲ってきたら逃げます。人間の男女の営みもその動物と何ら変わらないところがあります。「人間の恋愛は動物の習性と同じ」面白いのでいつかブログに書いてみたいと思います。


【追いかければ逃げる、逃げれば追いかける】その心理に隠されているのは、お互い好きだということです。でもタイミングがずれているのです。そうです、好きというタイミングがずれているのです。


「追いかければ逃げる」という習性。
正直書きます。嫌いだから逃げているのです。簡単ですね。
嫌いだったら逃げません。簡単にその事実を知るということです。


「逃げれば追いかける」という習性。
相手が好きで、相手を求めています。
でもその好きは、相手の気持ちより自分の気持ち、そうプライドで追いかけているのです。
何故?私から逃げるの、あなたは誤解をしているわ、私はここまで反省し謝罪しているのに、何故私の気持ちをわかってくれないの!というプライドが許さないので追いかけているのです。


プライドでは恋愛は成就しません。悲しくて必死に求めても恋愛は成就しません。何故かというと、「自分がここまで好きだ」というエゴの感情では男には通じないからです。その執拗な女性の感情では男は恐怖に脅えるのです。


もっと単純に考えましょう。
簡単にまず追いかけるのを辞めることです。追いかけるのを辞めれば、あなたの誤解は解けます。男は感情がどうだ、気持ちがどうだと言葉で訴えるより、行動を止めたほうが効果は高いのです。


女性は話し合いで解決しますが、男は行動で解決します。そしてストレスが溜まると孤独の旅人になります。そのときは放って置くのが一番いいのです。それを女性たちは何を勘違いしているのか、話し合いこそがすべてだと思って彼のストレスの上乗りを開始します。中には鬼の形相になって相手を責め立ててやっつけます。これではあなたを求める、あなたを追いかけるという行動を起こす気になれません。多くの失敗例が、そのストレスの上乗りです。男がストレスで逃げに回ったとき、話し合いで解決しないということです。いっぱいいっぱいの限界点を超えたときは、あなたが絶世の美女でも男は帰る気になりません。その失敗を繰り返さないためにも男の心理を勉強しましょう。


彼が逃げに回ったとき、追いかけないで、彼に孤独の旅をさせましょう。あなたは女性らしさを発揮して、けなげに、少し寂しげに待っていればいいのです。


何で女性ばかりが待たなければいけないのと怒りをぶちまけても仕方ありません。では待たないで怒りを彼にぶちまけてください。これは自爆となって取り返しのつかない惨状が起きるだけです。もう少し待てば結果は良くなったという事例があまりにも多いからです。自爆したら、もう何も残りません、残るのは悲しみと言う後悔だけです。


ここで言いたいのは、待ち方を勉強しましょうということです。待ち方を覚えることです。反対に彼を待たなくてもいいです。それは彼に対して白黒つけないということです。彼のことを忘れて他を楽しむ、逃げている男は、男の私から見てもどうしょうもない男で、そんな男をいちいち気にしたり、愛情を注いでももったいないし、そんなの無駄と私は判断してます。そして放っておけば、向こうから勝手に来るということを何度も経験しています。来ない男は、最初から縁のない男で、縁のないものに執着する気はもうとうありません。それが男であれ、女であれ、「去るものは追いかけない、来るものは拒まず」をずっと私は実践しています。その実践で、私は人間関係が安定してきました。人との関わりあいで、寂しくもなく辛くもなく安定した幸せな時を過ごしています。


あなたが逃げる男を追いかけるのをやめたとき、目先の恋愛に捉われない真の恋愛ができると私は確信しています。どだい逃げる男はダメなのです。どこがダメかというと責任感がないからダメなのです。だから逃げる男に執着しないことです。縁があろうとなかろうと、彼に責任感があれば戻ってきます。彼がもどってきたとき、広い心で受け入れてあげればいいだけです。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。