ホーム > 月別アーカイブ: 2010年09月
前向きになって失敗する「前向き失敗症候群」この言葉を書くのは久しぶりである。あなたが元彼をあきらめ、前へ進むと決めたのなら、その言葉を是非思い出してほしい。前へ向いて歩いたからといってうまくいくわけがない、世の中そんなに甘くない。不公平が当たり前で、それが逆に面白いというのが世の中である。面白いという境地に達するには、数々の試練を乗り越えて達するもので、甘い考えのエゴやワガママで達するものではない。見事というほどの挫折にあい失敗するだろう。


問題はそこにある。

前向き失敗症候群になる原因を皆さんの相談から分析し、まとめてみたいと思う。


女性が前向きになって失敗する最初の関門に、「比べる」がある。別れた元カレと新しい人を比べてしまうのだ。私から見れば男はみな同じ、目があって鼻があって口があって、ほら同じだろうと思うものだが、女性の見方は違うらしい。形から匂い、性格、雰囲気、愛情表現の態度やしぐさ、落ち着き、癒し、ありとあらゆるものすべてが違うらしい。確かにそうかもしれないが、好きになり過ぎて冷静な見方を誤っていると言った方が正解かもしれないよ。その証拠に新しい人を好きになった女性たちの中には、元カレのことを生理的に受け付けないほど嫌いになってしまった人たちもたくさんいる。失恋したばかりのときは、あれほど元カレが好きだと言っていたのに、数年後にはご覧のあり様。元カレが可哀そうになるくらい女性の豹変ぶりである。男はそんなことはないのだが、男は何年経っても元カノに愛は少し残っている。ホルダー保存の未練がそうさせるのだろう。ただその愛は期待できるものではない、心の隅にそっと閉まっている愛だからだ。思い出の愛と言っていいだろう。生理的に受け付けない愛には男はなかなかなれない。



元カレをあきらめて前へ進むと決心したのに、元カレと他の男性を比較するということは何故だろう?その答えは・・・「怖い」のである。その決心が怖い、ホントに元カレのことをあきらめていいの?もし次の人を本気で好きになってしまったら元カレとは完全に終わってしまう。「それが怖い」その残像の愛が女性にはある。その残像の愛が前向き失敗症候群を招き入れると思った方がいいだろう。



前へ進むことに障害となるその残像の愛を乗り越えるためには、「意識することだ」常に自分に言い聞かせて意識する。「元カレと新しい人を比較してはならない」と。その言葉を何度も何度も言って意識することだ。頭では分かっていても気持ちがついていけないと言う人もいるだろうが、気持ちは何度も何度も言い聞かせることで変化していくものだから、気持ちが変化するまで、それを何度も繰り返し実践することである。


前向き失敗症候群の最初の関門である「比べる」がクリアできたら次へ進もう。


続く。

人生は選択である。あきらめて前へ進むべきか、あきらめないで頑張るべきか。どちらを選択するかはあなた自身である。あきらめて前へ進むのもあなたの選択、あきらめないで頑張るのもあなたの選択。今まであきらめないで頑張る選択の記事ばかりを書いてきたが、反対側の視点からも見てみたいと思うようになりました。反対側にも良い考えと有効な手段がある。私の世界の仕事は陰陽説をどう有効に使いこなすかである。表もあれば裏もある。陽もあれば陰もある。その時々で陰陽を上手に使う、逆もまた真なりをうまく使いこなすことで幸福になれる道が見えてくる。



あきらめて前へ進む。あきらめないで頑張る。どちらも二者択一の選択である。ここで重要なのが選択である。人生は常に選択だと言っていいだろう。どちらを選ぶかはあなた次第である。何故2回も同じことを書いたかと言うと、とても大切なことだからである。そして選択は他人に任せてはいけない、あくまであなた自身が決めることである。間違っても他人に選択をしてもらってもいけない、アドバイスを受けたとしても選択の最終決断はあなた自身が下すことである。私のところにも「どちらに決めたらいいですか?」という相談がよく迷い込んでくることがあるが、個人が決めなければいけない重要な選択はできるだけしないようにしている。あきらかに悪い男とつきあっているとか、あるいはいけない恋をして他人を巻き込み不幸になると分かっているものには「やめなさい」と忠告しているだけである。経験の豊富さが一般人の数百倍あるとしても、私の選択が全て正しいわけではない。また私があなたの傍らにいつもいて、適切な判断を毎日下すこともできない。他人があなたの人生になりかわって責任が取れるわけがない、責任はあなた自身にあるのです。重要な選択は他人に依存しないことです。



自分で決めるから自身に自己責任が芽生え「覚悟」というものができてくる。その覚悟ができてこそ、あなたの人生の道が開かれるのです。道を開きたかったら覚悟を決めることです。


あなたの覚悟が、「あきらめないで頑張る」と決めたのなら拍手喝さいものです。よく決断したと褒めてあげたい。ならば「覚悟」はできていますね。これからどんな苦しい状況でも耐えて頑張りぬくことです。復縁は今世紀最大の難しい挑戦となります。人の気持ちが下がった、無くなったものを取り戻しにかかるのですから、全ての英知を結集しなければなりません。ただ好きだとかいう情だけではうまくいきませんよ。それこそありとあらゆる心理や成功哲学を学び、その技術を取得することです。その技術の最終目標は信念です。そのヒントが過去の恋愛日記にたくさんあります。記事を深く読んで復縁した人が何人もいます。参考にしてください。



あなたの覚悟が、「あきらめて前へ進む」と決めたのなら拍手喝さいものです。よく決断したと褒めてあげたい。ならば「覚悟」はできていますね。これからどんな苦しい状況でも耐えて頑張りぬくことです。あなたの決心が前へ進むということは前向きになるということです。前向きは素晴らしいことです。新規開拓は人間の可能性を広げ経験値を増やす絶好のチャンスです。新規開拓は人を成長させてくれます。あなたの決断は決して「逃げたのではない」ということを私自身がよくわかっています。辛いのによく決心したと逆に褒めてあげたいくらいです。さあ!過去を振り返らず、前に向かって進みましょう。今後の新規開拓の前向きな計画を立てて行きましょう。



どちらの選択をしても「覚悟を持つ」これが大切なのです。そして一度覚悟を決めたらもう迷ったりしないことです。優柔不断は人類共通の敵です。スジの通らない迷いでブレないことです。

「あきらめる」この意味のある深い言葉。


しばらくこれをテーマにして書いていきたいと思います。


今までの恋愛日記は「あきらめるな」が中心でしたが、あきらめるのも人生には必要なことです。「一度しかない人生、無駄に過ごすな」そう思う相談も多々あるからです。


「失うのを恐れるより筋を通す」このかっこいい言葉を実践するのはとても難しいです。私自身失うのが怖くて、何回もすがりついてきました、筋を通す勇気が持てなかったのです。


普通の人間は失うのが怖いと思います。私の場合も長年親しんできた仕事を辞める時が一番辛かった。将来が不安で失うのが怖く、仕事が嫌でも生活のためしがみついた経験が何年もあります。この仕事には将来性がない、会社は経営不振で火の車、今にも潰れそう。社員の大半がリストラされて明日は我が身の状態、毎日がアリ地獄、それでも生まれたばかりの子供を守るため、買ったばかりのマンションのローンを払うため、妻と自分の生活を守るため、必死に諦めないで食らいつきました。



今にして見れば家族を守るため仕方がなかったと分かっていても、往生際が悪くみっともない自分でした。何で筋を通せなかったのだろう。どうせ次の仕事に行くのだから、早く見切りをつければよかったと今でも後悔しています。あの数年間は人生の無駄だったと反省しています。


数年間は本当に無駄でした。見切りをつけて次の仕事について一年後にそう思いました。新しい会社に入って1年、何で早く前の会社を辞めなかったのだろう。もったいないことをした、人生の遠回りをした。もっと前に晴れやかな人生を送れていたのに、優柔不断で決断力のない自分が情けなかったです。


前の会社は15年努めました。高校を卒業して初めて努めた会社。15年も努めれば愛着も情もあります。仕事も管理職として任され、チームリーダーとガツガツ仕事をしていました。15年務めた会社を去る時は、命を失くした気分となりました。「男は仕事が命」とこのときつくづくかみしめました。


仕事は失った男は、将来もの凄く不安になります。女性が愛を失ったときと同じでしょう。


それでも、前へ向かっていけば未来は開けます。いつまでも15年の思いに執着してはいけません。無駄に執着して未来の可能性を遠ざけた自分を今は反省しています。終わる時はいつか来る、それを恐れないで素早く筋を通すことです。それをもっと前に早く実行していれば、今よりもっと豊かな人生を送っていたと反省しています。

昨日、15日の初日はいつも通り、一時間電話が鳴りっぱなし、息する暇もないくらい電話がかかってくる。キャッチホン機能がついているので電話がかかっても出れない状況が続いたと思われます。


またその日は、13時から電話相談、予約の電話と重なり、予約の電話を何度も切りながら、電話相談の方と連絡を取るのに懸命でした。13時間際の予約の方には大変失礼しました。対面鑑定なら13時に電源を落とすのですが。相手が電話相談の場合、電源を切ることができません。予約の電話はひっきりなしにかかってきて、13時から電話相談の電話がなかなか繋がらないというのが昨日でした。15日から数日は13時に電話相談の予約は入れないように心がけたいと思います。



10月分の予約状況

昨日は40人ほど予約がはいりました。まだ150人ほど予約が取れます。本日も(12時~13時)の間予約を受付けます。予約をスムーズに運ぶため、事前に鑑定する日と鑑定時間、お名前と電話番号をご用意ください。本日も皆様のご予約をお待ちしています。


スカイツリー.jpg

浅草から見たスカイツリー。





悩みながらも人は成長する。


その悩みが変化して進化を遂げる。


そういった意味でもよく悩んでよく考えなさい。最後に悩むことがバカバカしいと開き直るまで考えなさい。最後のオチはポジティブに持っていくことで、その悩みは解決する。そこに変化して成長しようとする進化がある。


昨日は久しぶりに東京を散策したが、進化の象徴であるスカイツリーを見た。日々着実に成長し進化を遂げようとしている。人間も同じかもしれない。

続けることの大切さ。
怠けることでの不安感。
を、しみじみ味わった。


過去にはもう戻れない。過去にもどってもう一時ちゃんとやろうと思っても過去は取り戻せない。怠けた過去は後悔の連続しか生まれない。今こそ、今日からでもちゃんとやろう。続けることの大切さは、怠けないで続けることで覚えてくる。


「継続は力なり」いつの間にかその言葉が沖川の座右の銘になってしまった。本人は楽しくて夢中になってやり続けただけ・・・・。けど、最初は苦しかった、でもここで負けてたまるかと変なスポコン魂は持っていた。精神時代に流行っていたアニメの「巨人の星」や「アタックNO1」のおかげだろう(笑)。。。あの当時は根性が定番の精神訓示だった。私も格闘技を高校時代やっていたが「根性無しは男として使いものにならない」と言われた。お宅という言葉やダメ男という言葉はなく、そういう人種は当時もいただろうが、ほとんど自分のいる世界では皆無だった。


スポコンでも自分はエースになることなく、どちらかと言うと二番手三番手に甘んじていた。スポコンの頂点に立つスーパースターの能力はなく、強制労働みたいな運動をイヤイヤ練習していたのである。スポーツが強制労働とは誤解を生じるかもしれないが、当時は先輩後輩の規律が厳しく、まだ軍隊の名残があるのか、ビシビシと鍛え上げられた。今あるようなアマちゃんのサークルや仲良しクラブとは違う。真夏の炎天下のロードワークでも「水は飲むな!」と怒られたものだ。今では水分補給は当然のごとく必要とされているが、昔は飲んではダメと叱咤された。スポーツ医学や科学と反対のことをしていたのが昔である。


それでも、根性だけは人一倍ついた。普通の人よりは根性だけはあると思って社会に出た。それがサラリーマン36年、占い師9年(途中二足の草鞋7年)の自分を支えている。仕事だけは、ほとんど休むことなく継続している。それはあの強制労働みたいなスポコンのお陰かもしれない。巨人の星の星一徹が言った。「男の人生にこれでいいという目標はない」この言葉が妙に残り、それは実行した感がある。



若いころのあのわずかな数年間が基礎をつくる。そういった意味でもあのスポコン時代は良かった。

ウォーキングを始めて2カ月、体が少し軽くなり体力もついてきた。毎朝7時から8時に散歩に出る、朝の空気は清々しい。歩数計を買って一日一万歩を目標にしようと決めた。歩数計をつけて分かったが一万歩歩くとなれば一時間半歩かなければいけない。それで朝一時間では足りないので夜も30分歩くことにした。目標を持てばその通りにする性格なのか二カ月毎日続けている。休みの日も休まないで普通に続けている、かえって休み日の方が倍歩いている。時間もたっぷりあり森林浴を楽しんでいる。


ウォーオキングをしなかったら、一日三千歩も歩いていなかっただろう。仕事は歩くとは無縁の占い師、頭は使うが身体は使わない、これではいかんと思って歩くことにした。


猛暑の中ひたすら歩く。熱中症にならないよう水分を補給しながら。8月は暑かったが、ここへきて朝晩涼しくなってきた。涼しい爽やかさが8月とは違う、9月、秋めいてきた・・・。困難(猛暑)を抜け切った感がある。ウォーキングが楽しくなってきた。


ウォーキングの楽しみを覚えてきた私は、休みの日に東京を散策しようと思っている。皇居を一周してもいいし、お台場あたりの海浜公園をプラプラ歩くのもいい、ついでに東京のどこかの喫茶店で占いをしてもいい。ブログで公開すれば人は集まるだろう。そういう小さな楽しみが増えつつある。いつか東京をプラプラ散歩しながら占いをする、それもおつかもしれない。


考えに考え抜いて一度決心したら、小さなことにクヨクヨしない。それを肝に銘じること。彼との状況を把握し、今後仲良くなろうと決めた。今日彼にあったらそのことを告げようと思う。告げる言葉はさんざん考えて選んだ言葉、何度も何度も練習した。なのに、彼に会った途端、彼の態度やしぐさに敏感になり思っていることが言えなかった。言えないどころか、目的と違った方向に進んでしまった。ということは誰しもあると思います。



「信念は感情で放棄してはならない」その言葉を思い出そう。大変失礼だが、女性は感情で信念を放棄する悪い特徴がある。それは小さなことにあまりにあまりにもクヨクヨしすぎるからだ。自分が考え抜いて、やっと決心した言葉を言ったのに・・・彼の反応がいまいち・・・喜んでくれない、賛成してくれない。彼は黙って聞いているだけ、ただ「うん」と機嫌悪そうにうなずくだけ。私が仲良くしようとする提案は間違っていたのかな?かえって彼に嫌われたのかな?・・・と小さなことにクヨクヨする。これじゃこの先見込みがない。そうではなく彼の反応がいまいちでも、あなたは自分の信念に従うことだ。男が黙るのは賛成だと思えばいい。男のリアクションがないのはあまりにもあなたが前向きな言葉を言うものだからびっくりしてリアクションをしようにも真面目になって躊躇しているだけである。核心のある言葉に男は黙る特徴がある。そのときの男の顔は大抵無愛想だ。あなたは考えに考え抜いて「核心にある言葉を言った」それを聞いた男は黙って正解、いちいちリアクションもしない。後は今後の彼の行動を見よう。男の答えは今後の行動に出る。あなたの核心のある言葉は後になって効いてくるのだ。だから小さなことにクヨクヨしないで、信念に従ってあなたの目標を達成するべきである。


「恋を命」とする女性は相手を愛することも大事だが、相手を冷静に見極めることも大事。愛することと見極めることのどちらが大事かというと見極めることを選択したほうが将来は豊かになる。



恋愛において、女性が最初に身につけてほしい能力が見極めである。愛すること、好きになることに一生懸命になるより、見極めることに一生懸命になってほしい。



見極める技術が上がっていけば、いつでも冷静でいられる。最初の男のハイテンションの恋愛の動きも分かるし、半年後に仕事が忙しくなり音信が途絶える様子も手にとるように分かる。女が執拗にすれば音信不通になるという流れも理解できるだろう。男の性格や将来性も分かるし、男の優しさや思いやりも分かる。そして男の優柔不断や男の悪さや嘘もわかる。最初から最後まで男を見抜く力が見極める能力である。その能力を是非磨いて身につけてほしい。これからの時代はあなたの見極めによる判断があなたの運勢を良くするのです。



見極める能力ができたら、次に必要なのは決断力です。決断はあなたの人生を左右する重要な決定事項です。人生は選択によって活路が見いだされていくのです。選択のみが人生と言っていいでしょう。選択が正しければ豊かに幸せになり、選択が間違っていれば路頭に迷い不幸になります。見極める能力があっても選択を間違える人が後を絶ちません。選択を間違え路頭に迷う人の大半は「好き」という感情のみに支配されているからです。好きは重要だが好きよりもっと大切なのが見極めるという決断力です。その判断を間違えるから路頭に迷うのです。豊かな幸せを手にする人はいざというとき、好きより見極めた決断を断行する。「好きより筋を通す」そこに勇気をもって行動するから豊かな幸福を手にすることができるのです。

流れが解決してくれる。男と女の自然の流れに任そう。


人間関係において、焦って何かを求めても自分の力では解決できないこともある。恋愛も同じ、相手の心の問題や気持ちの問題があり、自分の力で相手をコントロールしようなどと思わないことだ。


自然の流れに任そう。後は時間が解決してくれる。


苦しい時、面倒な時、人は早くその日が過ぎないかなと思う時がある。とくに疲れているときは面倒なものに関わりたくない。だけど男と女の関係はいつも時間がないとき、疲れているとき、面倒な事柄が発生する。何もわざわざ疲れている時に忙しい時に面倒を起こさなくてもいいのではと思うものだが、人の心や気持ちは待ったが効かない。相手は必至で窮地を求めてくるのに時間がなく疲れている人はその問題を避けようとする。今は疲れているのでその問題に関わりたくない。だけど相手は窮地の助けを求めてくる。



時間に任そう、恋愛関係において相手が助けを求めてくる場合はどんなに疲れていてもどんなに時間がなくてもそれに応じることだ。逃げないで、時間の許す範囲で応じることだ。時間はあなたの意志でいくらでもつくれる。苦しい時は苦しい時の流れがある。それから逃げるより、その苦しい流れに乗って行こう。「苦しい時の流れは一生続くことはない」ある時間がくれば苦しい流れは治まり平穏となる。平穏となり心が安定すればその先の幸福が見えてくる。男性たちよ!彼女が助けを求めてくればそれに応じるが良い。女性たちよ!なんでもかんでも男に甘えるのではなくこういう時こそ自助努力の自立を目指そう。お互いがそういった努力をすることで男と女の自然の流れができる。そういった正しい努力をすることで、後は時間が解決してくれる。