ホーム > アーカイブ 2012年08月
はてなブックマーク - 予約はいっぱいとなりました。
本日にて、予約はいっぱいとなりました。

明日、明後日、予定していた予約の受付は中止とさせていただきます。

ありがとうございました。

また来週の金曜日にお願いします。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 精神的な哲学
1、退屈
「ああ~退屈だ・・・つまらない」と言っていないで、退屈を楽しむこと。身の丈に応じた生活を楽しむこと。退屈の中の幸せをおろそかにしてはいけない。衣食住がそれなりに足りている生活に幸せを感じること。そして向上心のある仕事に就けていることに感謝をすること。長い時間と空間をあなたに提供してくれる退屈をもっと楽しまないと損である。退屈はつまらないと言って動き廻るから暗い顔になるのである。


退屈に感謝しよう。心の持ちようで退屈に感謝することができる。若いうちは死に急ぐように動き回る。それも過ぎるくらいに。何故動き廻るのか?それは孤独に耐えられなくて寂しいから、刺激を求めて動くのではないだろうか。このままではつまらな過ぎて耐えられない、我慢できないと言って。


刺激を求めて動き廻っても良いことは何も起きらない。良いことは節度ある計画を実行することで起こるもので、つまらないからと言って闇雲に動き廻っても良いことは起きない。サガの欲望の行動は運を悪くする集団に出会うだけである。類は友を呼ぶ悪い集団に。その中の人間関係でさらにサガと強欲を身につけるだけである。悪い業界の中に入れば、その性格が身につく。人は人によって多大な影響を受ける。人はあなたに悪い影響を与える、自分を見失うくらいに。刺激を強く求めればそれだけあなたのリスクは高くなる。それを経験として生かせることができれば成長できるが、大抵の人は暗さだけが残ってしまう。生き方に満足していないから暗さが残るのである。不安と欲求ばかり求めて動き廻るから何とも言えない悲壮感が漂ってくるのである。


若いうちは刺激を求めてもいいだろう。ただ、そろそろ落ち着きなさいよ。その悲壮感漂う暗さが出てきたらもうおしまいだ。刺激を求めて行動するのはおしまいだ。神はあなたに警告している、そろそろ刺激を求める行動は終わりにしなさいと。


その代わり、退屈をあなたにプレゼントしよう。


退屈はいいぞ。

その恩恵をあなたはたっぷり味わうことである。

前向きにアグレッシュブに動かなくちゃ。・・・・と思わないこと。退屈を楽しみなさい。静かに楽しみなさい。そうでないとあなたの顔から暗さが消えない。


何かの節度ある計画を実行しなさい。計画を実行するのはとても単調な作業だ。人はそれを退屈だ!つまらないと言う。退屈だ!つまらないと言っている間は、あなたは永遠に幸せにならない。退屈の中に幸せの極意がある。それを神はあなたにプレゼントしている。その恩恵をありがたく頂戴することです。


節度ある計画が実行できない?
ならば、普段の生活に感謝しなさい。今のあなたにいいたいのは「落ち着け」である。何何の資格を取りなさいとか、アスリートになって国体の競技に出ないさいと強要しているわけではない。刺激を求めてアグレッシュブに無駄な行動をしているあなたに落ち着きなさいと言っているだけである。動いて動いて、動き廻って、悲壮感漂う暗い顔ではどうしょうもないだろう。今は刺激を止めることである。「退屈を楽しんで心を落ち着ける。」それがあなたには必要である。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 能力はあるけど、思い通りにいかない彼女たち
常識破りだが能力はある彼女たち。洗練された美しい外見、大人しくしていればパーフェクト。「黙っていればいい女」その言葉がぴったり合う女性である。



これだけの洗練された外見を持ちながら、中身はめちゃめちゃ。男を振り回す能力だけが妙に抜きん出ている。この常識破りの抜きん出た能力は彼女たちの特権であり、男たちはその特権に騙されている。無理もないだろう視角からはいれば、彼女たちは男好みの女だからだ。美人に弱い男の性格が彼女たちのワガママと横暴を許している。


彼女たちのワガママと横暴には、たくさんエピソードがある。バカバカしいほどの常識破りの行動。ここには書けないほど凄まじい。ここに開示するとたくさんのひんしゅくを買われそうなのでやめておく。沖川の胸の内に閉まっておくことにしよう。中にはくっくく、、、わっはっはは(笑)とたまらなくて大笑いする内容もある。「ばかだね~」というバカバカしいお話もたくさんある。男に振り回されて悩んでいる女性たちに彼女らの性格を植え付けたいと思う時もある。それだけ彼女らは傍若無人に振る舞っている。



傍若無人に振る舞い、中には男を食い物にし、常軌を逸したワガママで無茶な行動をしている彼女たち。外見を武器に楽しんでいるか?と聞くと、どうやらそうではないらしい。



何か暗い。


そして寂しそうである。


表面的には明るさを装っているが・・・暗い影と孤独感がにじみ出ている。


思い通りにいっていないんだ・・・。


思い通りにいかない理由はたくさんある。あまりにも膨大な量で、とてもこのブログでは書き表すことができない。千差万別の理由は個人個人で対応している。このブログでキーを絞ることにする。


彼女らの思い通りにいかない理由のキーポイントは?

「精神的な哲学の勉強が足りていない。」これがキーポイントである。「精神的な哲学」これが今回の成功ツールである。このツールは一般の人も取り入れると良いだろう。反面教師である彼女らから導いた、精神的な哲学。これを次回詳しく述べていこう。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 本性
ぶりっこが本性をむき出すとどうなるか?

今までの記事を読んでいる皆さんは想像できるだろう。

そう、破局に向かっていく。

最初はいいが、後で破局する。

それを繰り返す。

これがネガティブによる反面教師である。


恋愛期間中の男には夢がある。どの男も同じ夢を見る。

その夢とは、

「ロマン」である。



ロマンが無くなった恋愛は、

やる気が起きない。

やる気が起きなくなった男はどうなる。やる気が起きない男の行動は逃げるだけである。卑怯にも逃げるだけである。「逃げる男は卑怯」卑怯者は逃げる説明をしない。ただ自由を求めて逃げるだけである。女性が踏ん張れば踏ん張るほど、女性が苦しめば苦しむほど、もう自分ではどうすることもできない「勘弁してくれ」と逃げる。恋愛が終わりかけの男はみな同じような行動をとる。嫌になったら逃げるという行動である。そして逃げる説明は一切しない。後は女性たちがもがき苦しんで諦めるだけである。女性がその後どれだけ多大な時間を要して苦しんだか、男は知る由もない。逃げる男は後のことなど何も考えていないからだ。


やる気が起きなくなる現象は、別に彼女らだけではない。広く一般の恋愛でも、その現象は起きている。ロマンが無くなった恋愛はやる気が起きなくなるという現象である。


やる気がいかに大事か、人はモチベーションで生きている。生きるために、仕事をするために、恋をするために、毎日のモチベーションがいかに大切か、身を持って皆さんはわかっているはずだ。これを恋愛に例えれば、最初のラブラブで蓄えたモチベーションはどんどん減っていく。蓄えたモチベーションを減らさないようにするのが頭のいいやり方なのに、彼女らは本性で蓄えをどんどん消費していく。ワガママで我慢できない性格で、あっという間に減らしていく。モチベーションというエネルギーの残量が無くなった男は一目散に逃げるだけである。



彼女らが本物をなかなか捕まえられないのは、男のモチベーションであるエネルギーをすぐに空にしてしまうからだ。エネルギーがなくなれば男は使い物にならない。エネルギーをどんどん消費するのではなく、節約しながら、上手に補填していかなくてはならない。その術を彼女らは知らないのである。


彼女らのワガママは魅惑的でもある。だがそれは紙一重の魅力で過ぎたれば悪魔の化身となる。ぶりっ子で可愛いワガママは長いこと武器としては使えない。使えないと知った彼女らは悪魔の感情の化身となる。見てはいけない悪魔の感情に遭遇したとき、男は彼女と別れようとする。何事も過ぎたれば終わりをむかえる。


今回の反面教師による成功ツールは、
男のロマンを潰さないこと。男は女性たちが思っているほど強くて逞しくはない。弱くて繊細でシャイである。強くて逞しいどころか、いつも不安と戦いながらこの世を生きている。そんな男たちが求める恋はロマンである。自分を良い気分にさせてくれるロマンである。

そんな男たちの言い分はこうだ。
「恋愛期間中はオレに夢を持たせてくれ。どうせ結婚すれば君の尻にしかれるのだから。」




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 普通と変態の中間地点にいる彼女ら
頭でっかちの常識で判断するのなら、彼女らの強欲は常軌を逸しているとしか思えない。古い人間の私でもそう思うことはたびたびある。「やり過ぎだ!やめなさい!喝!」とうなるときもある。経験によって人間形成が彼女らよりできていると自負している私は、強欲なものに対しては時々修正を加える。その修正を聞きいれてくれるかどうかは彼女らの自由である。


彼女らが常軌を逸しているのなら、私も尋常でない相談件数と鑑定件数の経験値がある。大抵のことでは驚かないし、恐怖も緊張感もない。時に驚く内容のものもあるが、それらを全て経験というこやしにしている。私の経験値による潜在意識はどんどん貯蔵されている。その貯蔵庫から必要なものを引っ張り出し、こうして記事にしている。


彼女らが常軌を逸しているのなら、私も常軌を逸している。同じむじなとなっていくらでも相談はできる。逸している常軌に節度を保ちながら。


彼女らの強欲は、一般の人から見れば常軌を逸している。同じ同性からは毛嫌いされひんしゅくも買うだろう。あるいは可哀そうな人・・・もっと自分を大事にしたらと同情心による警告もされるだろう。または一般の人たちとは考え方が違う、同じ業界の人たちからは面白いと絶賛されていることもある。変わったユニークなキャラでないとその業界では生き残れないからだ。彼女らが所属する業界はまともな人もいるが、どちらかというと奇人変人の変態の方が多く集まっている。彼女らは一般の人たちからはひんしゅくを買われ、変態の集まる集団からは遊ぶ女のターゲットにされている。その中で彼女らは尊敬できる人、できる人、まともな人を探している。普通と変態の中間地点に彼女らはいる。中間地点にいる彼女らは悩む。罪悪感によって普通の女の子のように悩んだり、業界の悪い見本によるサガの強さをコントロールできないと悩んだり、中間地点にいる彼女らはいろいろ悩む。もっとも女という生き物は、どのポジションにいても悩むものだ。それだけ強欲なのかもしれない・・・(笑)。。。失礼、強欲ではなく前向きととらえましょう(笑)今より、より豊かな生活を求めて前向きに生きていると考えることにしましょう。


彼女らの強欲はぶりっこである。
眉間にしわを寄せて、顔面の上半分が暗くて黒い縦線が入り、この世のものとも思えない恐ろしい顔(ホラー映画のリングの貞子のような)男が引いてしまうような強欲さではない。暗い女とは真逆に、爽やかな顔で、自分の一番可愛い顔を演出して強欲さを要求する。この技術は業界で鍛えられたのだろう。ぶりっこに強欲さを出すものだから男は引くどころか前のめりに聞いてしまう。「男の心理をついたうまいやり方」と感心してしまう。


顔はぶりっこだが、話の中身は凄い・・・常軌を逸している。このぶりっこ顔がなければ怒鳴りたくなるような内容だ。あまりにも常識外れで呆れかえって・・・逆に、クッククックと小笑いから・・・ワッハッハと大笑いしてしまう。奇想天外な常識はずれはバカバカしいことが多く、お腹が痛いほど笑ってしまう。非常識の虜になってしまう瞬間である。この私でも一瞬虜になるのに、経験の少ない一般男性なら、彼女らの小悪魔の虜になるだろう。可愛いぶりっ子で無茶なお願いをするものだから男はたじたじとなりながらも、無茶なお願いを聞き入れようとする。通用しないのは女をなめているかバカにしている理論派の生意気男子か、古い頭の頑固ジジイだけだろう。礼儀正しい健常な精神を持っている青年なら、おそらくそのぶりっ子の虜になるだろう。


相手(男)に要求するときはぶりっこであれ。これがオトコ心をくすぐるキーポントである。


話はそれてしまったが、このぶりっ子が後で通じなくなる。

彼女らの本性が発揮したとき、だんだんと通じなくなる。

その流れをおいおい書いていこう。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 残暑
猛暑が続いています。皆さん体調には十分にお気を付けください。

夏は嫌いでないですが、ここまで暑さが続くと体が少々参ってしまいます。歳のせいかな(笑)無理せずマイペースでノンビリいきたいと思います。暑さのせいですか、時々記事を書くのを渋る時があります。深くて手ごたえのある記事を書くときは、頭もその気でなければ書くことができません。


文章とは不思議なもので体調によって内容が変わっていきます。私の記事は起承転結がなく、そのときの頭の出来具合で記事を書いています。思っていることを書こうにもまとまらない時もあります。書いてみて、あれ?これだっけ?私が書きたいことは・・・なんてことはよくあることです。本を執筆するときは、何度も何度も読み返し、書きなおしと習性を加えて編集していくのですが、ブログの場合はその日の気分で書いています。



ばーっと書いて、一度読み直しをして軽く修正してインターネットに送信する。毎日の作業で習慣的にそれを行っている。時々記事を全部書き直したいと思う時もあるが、時間がないので、えいや!と送る。大事なのは続けること、それ以外は大事ではない。と自分に言い聞かせ、頑固にその習性を繰り返す。不徳な記事も納得がいかない記事も、それが沖川自身である。何が何でも続ける、これに勝るものはないと信じて書き続ける。体調が不良な時も、暑さで頭がぼーっとしているときも、昨夜飲み過ぎで二日酔いのときも、風邪をひいてダウン寸前のときでも、とにかく書き続ける。記事は何でもいい、遠くで待っているフアンのために書き続ける。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 彼女らの強欲を検証していこう
彼女らの強欲的なワガママは、確かに刺激があって興味を惹く。平凡な暮らしを打ち破るようなワクワク感・ドキドキ感を与える。いかに平凡な暮らしがつまらなかったかを物語るように、彼女らの出現で様子が一変する。


遊ぶにはいい女。
様子は一変するが、安心安定感がない。何かの刺激にチャレンジする気分にはなるが、長くは続かない。おそらく一週間も同じ屋根の下で暮らすのは無理だろう。遊ぶにはいい女だが、一緒には暮らせない。彼女らもそうだと思う、いくら好きだとは言え、同じ男と同じ屋根の下で長く暮らせるだろうか。もし束縛の激しい男なら三日と持たないだろう。女として結婚して子供を生んで家庭を持ちたいという願望はあるが、果たしてその願望を叶えることのできる男性は日本にどのくらいいるだろう。よほど器が大きくて、とても誠実で、彼女らの欲求を満たすくらいの収入を得ていないと無理だと思う。でもそういう男性が選ぶお嫁さんは安心安定の女性を選ぶ。刺激のある女性は遊ぶ女と決めて、結婚する女は清楚な大和撫子を選ぶ。



彼女らの理想とする願望、安心して豊かな生活を与えてくれる男性はそうそういない。そして彼女らの好みも変わっている。チヤホヤしてくれるカバン持ち的な遊びの男性は草食系男子を選び、本命の彼氏は真逆のアグレッシュブな肉食系男子を選ぶ。類は友を呼ぶのだろう。「オレ様の自分勝手男」が彼女らの好みとなる。彼女らをコケにして、傍若無人に振る舞う男。ワンマンでワガママ、傍から見れば何でこんな男?と思える男である。その男には普通の男性にない力がある。仕事に対する能力は高く高収入を得ている。そして幅広い人脈を持っている。その人脈も、まともな人脈とは言えない、金儲けを企む集団と言っていいだろう。ブラック企業のコンサルだったり、悪徳金融の商品を扱っていたり、芸能の裏でイベントをやっていたり、外資系の投資で儲けていたり、普通のサラリーマンではなく、フリーだけど特殊な仕事で自立している小金持ちの男を好む。そういう男も女に関しては海千山千、自分の出世と同時に女を替えていっている。そして彼女らはそういう男性に巡り合う。会った瞬間、自分が探していたのはこの人だと電撃が走る。



人とは不思議なもので、自分の上を求めている。とくに女性はその傾向が強い。依存心と従属が本能的にある女性は、自分と同じ性質で尚且つ自分より上の男性を好む。モテている自分にもプライドがあり、そのプライドにふさわしい人でないと承知できないのだろう。安心安定感のある男性より危険な匂いがする男性になぜか魅かれていく。それが「私の好きな人」と言わんばかりに。自分の上をいく性質に反面教師的にチャレンジしているとしか私には見えない。数々の自分の罪悪感とそれを正しめたいという気持ちと、彼にチャレンジしていかに自分が正しい女か、いかにいい女か、それを彼に知らしめたいという欲求の下で危険な匂いのする男にチャレンジしているのだろう。



ここまで来ると、彼女らも普通の女の子である。普通の子が叶わぬ恋、うまくいっていない恋に相談に訪れるように、彼女らも同じ心境で相談に訪れる。そこはやはり女だ。



さて、彼女らはどういう戦いをするのだろう。自分の上をいく、超オレ様男に対して。彼女らの強欲ぶりが見ものである。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 強欲
ネガティブな部分から検証しよう。

彼女らは「強欲」である。
欲しいという欲求が人より強く、そして大変ワガママである。付き合っている人は相当振り回されるだろう。


彼女らの強欲は大変刺激的である。ふだんおとなしく生活しているものからすれば、超辛いスパイスの効いた食材を食べた気分と同じだろう。辛くて暑い、頭がかっかして汗ダラダラ。。。刺激が強過ぎて普通ではいられなくなる。


頭がカーッとなって、ぐらっとするのに、そこに輪をかけるようにワガママを連発する。無抵抗な男がその辛いスパイスの虜になる。刺激物は慣れてくると虜になる。普通にない新鮮な刺激にだんだんと興味を持ち魅かれるようになる。男は不美人なワガママには嫌気がさすが、美人のワガママは鼻の下を伸ばす仕組みとなっている。それは男のサガだからしかたがない。PTAのおばさんたちが、「それは間違っている」とピーチクパーチクわめいたところで男のサガは変えようがない。女性だってイケメンの母性愛をくすぐるダメ男には弱いはずだ。周りのPTAがいくら辞めなさいと注意しても辞めない、辞めたためしがない。


今回のシリーズはダメ男版の反対バージョンか?というとそうではない。彼女らは比較的能力も高く優秀である。華やかな産業の第一線で働いている。得ている収入は一般のOLよりうんと高い。収入面では男がいなくても十分に食べていける。専業主婦には向かないタイプで、一生働くことを希望している。何故そこまで働きたいか、いつまでも華やかで、いつまでも刺激を求めたいからである。ダメ男は社会から取り残された無気力感があるが、彼女らにはそれがない。無気力どころか、気力は常軌を逸している。


彼女らは能力が高く自立している。男に食べさせてもらう必要性がないので、結婚も考える必要もない。だから恋愛のみに走り、たくさんの恋愛遍歴を重ねるのだろうと私は思っていた。ところがそこは女、やはり幸せな結婚は夢見ているという。彼女らの頭は男が考える論理的な計算式は通用しないようだ。これだけ男遊びに明け暮れ、尚且つ結婚も考えるとはなんというワガママだ!・・・と半ば呆れかえる。


尋常とは言えない、たくさんの男性遍歴を持ちながら、幸せな結婚を夢見る彼女たち。そこは女であることを認めよう。その女の部分は子を生む性(サガ)から来ているのだろう、子を産まない男とは違う。・・・だが神は二物を与えない。「彼女らは未だに幸せな結婚ができていない」それが彼女らの現実である。なぜ幸せな結婚ができないのか?彼女らの悪い部分を改心しないと「幸せな結婚は無理」それが答えだからである。


過ぎたるものを改心しないと幸せは手に入らない。
何事もそう、「過ぎたるはなお及ばざるが如し」何事も度を越してしまうと足りないのと同じように良くない。幸せな結婚が目標なら、度が過ぎる行動では逆に目標を達成することができない。幸せな結婚を夢見るのなら度が過ぎた行動を慎むことである。




次回、彼女らの強欲を検証しよう。(遊ぶ女としてはいいが、結婚は?)




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 5、小さなことにうじうじしない(切り替えが早い)
プラスの部分の最後になるが、彼女らは切り替えが早い。普通の女性よりはるかに切り替えが早い。「ダメなものはダメ」という切り替えの早さは超一流である。


「はや!」という第一声の言葉が飛び出すのが彼女たちである。



代わりの男は世の中ゴマンといる。それを行動によって示しているのが彼女たちである。あっちがダメならこっち、こっちがダメなら今度はあっち。モテる子は男を切らさない。常に横に彼氏がいて、次の彼氏候補も順番待ちの状態である。男たちも彼氏がいるのを承知で彼女の周りをうろつく。二番手、三番手でいいから自分と付き合ってほしいと願いながら。


普通の子が、「なんであの子ばかりモテるの?」と嫉妬したり「ぶりっこだ、女を安く売って下品だ!」と揶揄する。モテる彼女らに敵対心を持ちながらも反面羨ましいとも思っている。清廉潔白を重んじるきつい女性は「そんな下品な子は罰が当たります」と厳しく凶弾する。モテる子に対する女性たちの怒りは、嫉妬を通り越して増悪まで発展している。


モテる男もそんな状態である。彼らはイケメンを武器に女を人占めしている。もてない君たちは何年も彼女がいないのに、モテる男は春夏秋冬、日進月歩と入れ替わり立ち替わり女がいる。そしてモテる男は結婚を考えない。付き合って半年も経てば結婚の話題が女性からあがる。あがった瞬間に切るようにしている。イケメンでかっこいいチャライ男に女たちが集まる。その女たちは、「私は違う、私は他の女たちと同じように彼にはフラれない。なぜなら私が一番彼を愛しているから」と変な自信を持っている。みな同じようなことをいうというのが私の感想である。どの女性も「彼を本気で愛しているのは私だけ、ここまで彼に尽くすことができる女は私しかない、他の女では無理。」どの女性もみな同じことを言っている。「他の女性では彼は無理だと」自分だけが彼との愛の歴史、物語があると勘違いしている。女性の愛は概ね、一人の男性を真剣に愛する。真剣に愛した男性を私が一番愛していると豪語する。モテる男はそんな女性たちに囲まれて、次から次へと女を替えていく。彼を愛しているのは私が一番という女性たちの歴史を踏みにじりながら。「私が一番彼を愛している、他の女では無理」そう言い放っているのはあなただけではないよ、他の女性もみな同じことを言っている。早くそれに気づくことである。



モテる男に女が集まり女を一人占めしている。
モテる女に男が集まり男を一人占めしている。

不公平だが、これが男女の人間関係の実態である。これが裏の恋愛の実態だと言っていいだろう。


このモテる女、モテる男から成功法則を抽出するとこうなる。
「切り替えの早さ」これが成功するツールである。「他にいい人はゴマンといる」彼らは身を持って示している。彼らのやり口は身勝手で卑怯、それを真似てはいけないが、切り替える精神は真似ても良かろう。


あなたが真面目で真面目な人を愛したとしても結ばれる保証はない。世の中のたくさんの恋愛相談をしてきたが、真面目でも結ばれないことは多々ある。相手が逃げたり、自信を失くして恋愛を続けられない状況に追い込まれた事例は数えきれない。愛を失った女性たちの相談は、みな切り替えが遅い。いつまでも失った愛にしがみついて引きずっている。そこから脱出する方法がこのツールである。



「恋愛は相手の自由である。」相手が逃げれば、それが相手の自由である。相手が結婚したくないと言えば、それが相手の自由である。恋愛において、逃げる人、結婚したがらない人を法律で罰することができない。少なくとも日本では罰することができない。恋愛は相手の自由だからだ。



相手の自由を中心に置く恋愛は、相手が逃げれば止めようがない。愛で説得を計ることができるが、その愛でも止めることができないことがある。恋愛は相手の自由だからだ。そのことを解らない女性は必死にもがく、相手に自由を与えないようにもがく。でも悲しいかな・・・そのやり方では無残な結果に終わる。相手に自由があることを認めていないからだ。相手の自由を認める、逃げる自由を認める、結婚したがらない自由を認める。それを理解して、本当のものがわかる人になれる。


恋愛は相手の自由だが、あなたも相手にとって自由なのです。

ものがわかれば、切り替えは早くできる。これが今回のツールである。



次回より、彼女らのネガティブな部分を反面教師として解析していきます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 3、行動力があり、4、体力(パワー)もある。
彼女らの行動力は凄い、そして体力もある。

よくこれだけ動き回れるものだと感心する。「元気だね」というのが第一印象である。元気印の女の子、ただ家と会社の往復はしない。毎日行動している。常軌を逸した行動はこの元気印から来ているのかもしれない。


私との面談中にも、よく電話がかかってくる。最終の夜9時に、男友達から電話がかかって来て「今渋谷、来ない?」すると彼女は嬉しそうに「うん行く行く」と応じる。


「え!こんな時間に遊びに行くの?明日は仕事ではないの?」と聞くと、「平気だよ♪」という。どうやら遊ぶ時は徹夜も辞さないようだ、楽しんだ後は一睡もしなくても仕事は何とかなるという。いくら若いとはいえ、凄いパワーの持ち主である。私も若い頃は徹夜で遊んだことがあるが、次の日は会社が休みの日だけにしていた。彼女は平日でも平気で遊びまわる。その行動力と体力には脱帽である。


モテる子は行動力と体力がある。そしてそれがないとモテないだろう。成功するツールは行動力と体力をつけることである。何事も体力がないと続かない、そして瞬時に行動する力がないとチャンスを逃してしまう。楽しむ時は童心に帰って屈託のない笑顔で遊ぶ。これが彼女らのモテパワーである。


そして話を深堀しているうちに彼女らの努力も垣間見えた。一人の子は毎日10K走っている。夜10時から一時間ほど走る。毎日の過密スケジュールの中でも体力とダイエットを兼ねた運動をしている。昼間の仕事が終われば、資格の教室や料理教室に通い、スポーツジムやヨガも通い、歌のレッスンやピヤノも習っている。そしてその後さらに男友達とも遊ぶ。一日のスケジュールがスーパービジネスマンのように、ノートいっぱいに詰まっている。たくさんの目標、たくさんの懸案事項が頭の中にあり、次から次へと自分を忙しくする性質である。たぶん家でじっとしていられない性格なんだろう(笑)


真面目な普通の女の子は、ほとんどが家と会社の往復である。平日の仕事帰りに出かけるとしても、時々女友達とゴハンに行くだけ。お休みの日は家でのんびりするか、たまっている家事をするだけ。休日に出かけるとしても、女友達と遊びに行くか、ショッピングに出かけるだけ。これが大半の女性の私生活ではないだろうか。仕事で疲れてしまって、その後行動する体力が残っていない。疲れたらまっすぐ家に帰るだけである。



彼女らの体力と行動は普通の女の子ではない。どのくらい違うかというと「凄まじい」としか表現できない。もの凄いパワーを持っているのだ。そしてそのパワーをつける特訓も陰で行っている。単なるオトコ好きだけではない。モテる要素を普段の生活で動きながら身につけているのである。


彼女らの体型はスタイルがいい。余分な贅肉がついておらず引き締まっている。その引き締まり方は男のような筋肉質の引き締まりではない、女性らしい曲線美を出しながらバランス良く引き締まっているのである。大抵の男なら「いい女」と評価されるスレンダーな美人である。この体型を維持するのに並々ならぬ努力をしているのは言うまでもない。美と体力はハードな生活の中でもいつも心がけているからだ。まあ、もっともこれだけ動き回れば太っている暇はないだろう。



普通の女性から見れば、彼女らの常軌を逸した行動は批判と軽蔑の対象となるだろう。それは彼女らのマイナスの部分を次回の記事より反面教師として解析しよう。今はプラスの部分の解析中である。うまくいかない普通の女性が彼女らの行動力とパワーを少しでも身につけることができれば、今までうまくいかなかったことでもうまくいくようになるのではと確信しているからである。


成功ツールはそこにある。
行動力・体力(パワー)これが成功ツールである。厳しい競争社会、これを勝ち抜くには行動力と体力が必要なのは言うまでもない。何もあなたに不謹慎に夜中に遊びなさいと言っているわけではない。規則正しい生活の中にも行動力と体力をつける方法はいくらでもある。彼女らから抽出した成功ツールは行動力と体力である。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。