ホーム > 月別アーカイブ: 2012年12月
川越占い館は本日で御用納めです。

一年間、ありがとうございました。


今年を振り返って、一年はあっという間でしたが、充実した一年でもありました。充実できたのも皆様のお陰です。誠にありがとうございました。


来年は皆様にとって良い年でありますよう願っています。

来年もよろしくお願い申し上げます。

では来年またお会いしましょう。「良いお年を」











ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
成功者はみな積極的だ。これを忘れないように。
成功者はみな前向きだ。これを忘れないように。

あなたが人に感動を与える前向きさと積極さをどう持つかだ。


そのために恐れを克服しなければいけない。恐れの克服方法は成功した偉人たちの言葉に耳を傾けることだ。


恐いからこそチャレンジする。危険だからこそチャレンジする。心配で不安だからこそチャレンジする。これが成功した人の恐れに対する精神的な心構えである。ひとたび前に進むと決めたのなら恐れを克服することである。



慎重過ぎて躊躇している人は成功しない。優柔不断の人は成功しない。他人に依存している人は成功しない。時間が立てばいつか解決してくれると思っている人は成功しない。自分の不幸を他人のせいにしている人は成功しない。そして人を恨んでいる人は成功しない。そう・・・ネガティブで消極的な人は成功しないのである。



感動を与えよう。

人々に。そして愛する彼に。



あなたの今後の前向きな積極的な行動によってあなたの運命は変わる。恐れることはない、いざ!前向きに積極的に行動しよう。


積極的な計画はあなた自身で立てよう。具体的な計画は当事者であるあなたが一番よくわかっているはずだ。あなたの力量で彼にふさわしい前向きな計画を立てよう。彼のことをよく知っているのはあなたしかいない。それでも不安というのなら私と一緒に計画を立てよう。前向きなお手伝いはいつでもできる。彼の性格、彼の職種、彼が今置かれている精神的な状態から、短期・中期・長期の計画を一緒に立てよう。


計画はできたとしても、それをやり遂げないと何も意味がない。そのために次の精神的な心構えを持つことである。


それは、

彼の反対、彼の批判を楽しむことだ。相手の抵抗は凄まじい。それをどう楽しむか、そしてその抵抗に対してどう踏ん張るか、踏ん張ったら止まらないでどう前に進むかだ。普通の人は計画まではできる、でも相手の抵抗によってすぐにその計画を引っ込めてしまう。長い時間かけてつくった計画も一度の抵抗(NO)で引っ込めてしまう。それが成功しない人の心の弱さである。一回断られたら二回チャレンジすること、二回断られたら三回チャレンジする。断られても断られてもチャレンジする。そう、断られてもチャレンジする天才になることである。天才になれば彼(人々)に感動を与えることができる。あなたは相手に感動を与える領域に達していないだけだ。



前向きな行動はときとして非常識である。
前向きな行動とはあなただけのもので、相手(彼)にとってはこの上ない迷惑なことの方が多い。「もう別れたのだからオレのことは放っておいてくれ」という男の心理がある以上、あなたが行動すれば彼に嫌われるのは間違いない。頭がおかしくなったと変人扱いされることもあるし、ストーカー呼ばれをされることもあるだろう。あなたは前向きでも彼にとっては非常識そのものである。


そう、非常識。だが、それがどうした。あなたはすでの彼の抵抗、反対・批判・罵声・怒り、などの彼のネガティブな抵抗をすでに楽しむようにインプットされている。そしてその壮大な教えのバックボーンには、あの英雄であるナポレオンの言葉が流れている。「たとえ1000万人が反対しても我が道を行く」1000万人が反対しても我が道を行くのだから彼一人の反対などどうってことない。成功すると信じた我が道を進むだけである。この限られた瞬間を後悔することなく思い切って楽しむことである。


これをいとも簡単にやってのける女の子がいる。そうアラレちゃんである(笑)私はアラレちゃんのような超前向きな子が好きである。アラレちゃんはロボット、ネガティブな感情は組み込まれていない。だからキャハハハと笑いながら前向きに行動ができるのである。別れた男はクールなロボット。ロボット相手にネガティブな人間感情で勝負しても勝ち目がない。あなたは感情を入れない前向きロボットとなって計画通りに行動することである。抵抗を面白く楽しく受け入れることだ。



さてこのようにあなたにとって前向きだが、彼にとっては迷惑千万な行動を三か月もとったとする。三か月、あなたは彼に千本の矢を放った。彼にとってもの凄く迷惑でもの凄く常識を逸した行動をあなたはした。彼はあなたのことを狂った変人扱いするだろうか?私は、それはないと思う。狂った変人扱いはネガティブに苦しんでいる人間に与えられるもので、明るく前向きに楽しんでいる人間には与えられない。おバカさんとは言われるかもしれないが、バカだけど憎めない子という称号が与えられるだけである。何よりも果敢にやり遂げたあの子。オレがいくら反対しても、無視してもお構いなくキーンと飛んでくる。何なんだあいつは?バカだけど・・・正直感動した。ここまでオレのことが好きかと・・・感動した。嵐のような三か月が過ぎ、静かな時を迎えた今、彼女の行動がなくなり寂しくなった。前向きな子はどこへ行ってしまった。寂しい・・・今度はオレが動くしかないかな、彼女に対して前向きに。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
あきらめないというか・・・執着というか・・・とにかく困ったものだ(笑)


まあいいか、前向きだということでとらえよう。複雑怪奇な問題を提議されて、私の神経は常にすり減っていく(汗)おお~神よ・・・半ばやけっぱち(笑)・・・ぼやいてもしょうがない、やけを起こさず、メンドウだと思わないで、クールなロボット(男)相手にどう対処していいか頭を使うしかない。すり減った神経は経験によって強く逞しく図太くなる(なんちゃって)沖川は超前向きだ(笑)



冷めた男はロボット。別れることに目標を持った男はロボット。熱い血が流れているわけではない。まるで機械人間のように別れを事務的に処理していく。


こんなロボット(男)に対して、一般的な女性感情の愛が通じるわけない。合理的な戦法を編み出すしかない、これが今回のシリーズである。



ロボットに熱い血を灯そう。
そのために何をするか?これがテーマである。



困ったちゃんたちよ!ロボットを操作する技術を身につけよう。その技術が身につけば、ロボットはあなたの意のままに動く。かな?まあ前向きに作戦を立ててやってみよう。「何もしなければ何も変わらない」この教えの通り、幾何学的で複雑怪奇な配線を前向きに繋ぐしかない。



彼がロボットならあなたもロボットになることである。


そのために、あなたに抜いてほしい配線がある。


それは・・・苦しんでもがいている配線を抜くことだ。


そんなのできない!と言っていないで、顕在意識に命令を下そう。「もう二度と彼のために苦しまない!」と命令することである。毎日毎日そうやって顕在意識に問いかければ、苦しみはなくなるはずだ。さあ!自分の声で自分の耳に毎日何十回も「もう彼のために苦しまないと」話しかけよう。続ければ苦しんでもがいている配線は抜くことができる。その配線を抜かないとあなたは前に進むことができない。


これから本当の意味でのあなたの前向きが試される。

うむ、面白くなってきた♪次回が楽しみだ。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
一言「理性」といっても難しい。


愛に関しては理性が働かない気がする。皆さんのお話を聞くたびにそんな気がする。


愛とは、不可能なことにチャレンジして奇跡を起こすものなのか?奇跡を生むドラマ、映画や小説に代表されるように人類は数々の奇跡を生むドラマを見てきて、それが自分にでもできると錯覚して、成功した主人公のように幾何学的難題である愛の葛藤にチャレンジしていく。


でも・・・

やはり奇跡は起きない。




起きるのはストレートな物語通りのことが起きるのである。ストレートな物語とは最初に決められた物語「別れる」という物語である。多くの人は「終わった」ということを認めないで奇跡を信じて闇雲にチャレンジしているだけである。


理性がある人とは「終わった」という日本語を十分に理解した人のことをいう。「終わった」という日本語を理解しないで、狂った愛情と感情で藁をも掴む思いで努力しても奇跡は起きない。起きるのはストレートな現実通りの結果しか起きない。何百時間、何千時間ストレートな路線から外れた考えをいくら考えても結果的には無駄である。無駄な時間を費やせば費やすほど、あなたは人生を無駄にするだけである。



理性とはダメなものはダメと認めることをいう。動物ではない人間界の法律を順守するのが理性である。

本能や直感や感性や感覚でない判断が理性。人間である以上理性に従わないと幸せは訪れない。

人間は理性を重んじる愛に徹していかなければいけない。これが人間の宿命でもある。何だかんだ愛だと言っても、やはり物語は理性の通りに動くのである。その理性を重んじていないからあなたの愛は失敗するのである。


理性を重んじよう。
理性を重んじれば、今起きている問題が冷静に客観的に判断することができる。そして冷静に判断した通りに行動するのが理性である。終わったのなら終わったでいいではないか、終わったということで動物のように悲観することはない。人間には動物にない高い目標がある。その目標を生みだすのも理性である。


あなたの目標が彼との復縁であれば、それが理性を働かせた最終的な決断であるのなら、まず手始めに「終わり」を認めることである。動物の本能のままの愛を終わらせること、これが第一の条件である。ダメなものはダメ、別れと終わりを理解する。そして別れを尊重して認めて、もう一度一から自分を作り直す。溺れる者藁をも掴む思いで、別れを認めない瀬戸際で必死に頑張ることをやめ、一度ぶら下がった枝(彼への愛)から手を離すことである。手を離すことは理性、そしてその理性は手を離した瞬間に目標に生まれ変わる。その目標が正しいかどうか、手を離して見ることである。


手を離せば・・・あなたは人間として尊い愛を手に入れることができる。本当に苦しい物語の後には理性によって幸せが訪れるようになっている。人間はそうやって生きている。動物のままのエゴの愛を捨て理性のある人間に生まれ変わることです。


直感や感覚、感性の愛が動物の愛だというのなら、私は動物のままの方がいいという人もいるだろう。うむ・・・困ったちゃんだ。私のところは困ったちゃんが多い(笑)そう言う人に対して、私は深く入り込んでいく。理性も奥義がある、個人の宇宙の中に入り込んでその奥義を伝達するしかない。膨大な個人レベルの相談、千差万別、ブログには書けない。困ったちゃんの個人面談は大変だけど、相談を重ねていくうちにその人の成長が見えるから、これまた楽しみでもある。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
Tokyo_odaiba.jpg


皆さんはクリスマスの想い出はどんなものがありますか?年齢や時期によって多種多様だとは思いますが、私はほとんど仕事していました(笑)


クリスマスを思いっきり遊んだのは20代の頃の若き青春時代、後は子供が生まれて家族で過ごすクリスマス。想い出深いのは、子供を出しにしてあっちこっちイルミネーション散策でドライブしたことですかね。横浜、お台場、新宿、原宿表参道、寒空に輝くブルーのキラキラ輝くイルミネーションを求めて彷徨ったものです(笑)ドライブでお気に入りのコースは湾岸通りのレインボーブリッジから眺める夜景、首都高の横浜ミナトミライの夜景、いやー宝石箱をひっくり返したような夜景はキレイ美しいを代表する幻想的な風景です。男の私でも感動します。(すごい・・・銀河の宇宙空間にいるみたい)


独身の頃は寂しいクリスマス。最近の若い子は(クリボッチ)と言っているようですが、ホントにクリスマスは一人ボッチ。この何とも言えないやるせない気分、寂しさと切なさが、よし来年は大切な人と過ごそうと言うリベンジ精神に生まれ変わった。友達とワイワイ過ごすより、逆に一人で孤独をかみしめるから家族を持ちたいという欲望が強くなったと思います。


【家族ができれば何てことはない】クリスマスは楽しい。寂しくない。独身の頃の数年間の寂しさは一気に取り返した。おつりがくるくらい(笑)いやーこの幸福を分けてやりたたいという気分にもなりますよ(はしゃぎ過ぎ・・・)ホントに何てことない、前に進んで恋人をつくり結婚して子供をつくって家族ができれば、クリスマスは毎年楽しく過ごせる。これには太鼓判を押そう。


こうやって20代30代が過ぎ、今はクリスマスの仕事人間です(エヘン)男は仕事が命、仕事をしながら最高のクリマスを過ごしています。今日は帰りにケンタッキーフライドチキンでも買って帰ろうかな。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
理屈(論理と理性)による恋愛をいつかまとめてみたい。


「愛だの恋だのより、理屈にあった戦法」

男を落とすのはこれだ!そういった理屈をとうとうと述べる。うむ・・・いいかもしれない。今まで気づかなかった理性、理屈、論理、価値、数字。能力が高く出世欲の高い男性を落とす方法。理にかなった理屈や数字を大事にする男性を落とす方法。理論バカの専門的愚昧人間の男性を落とす方法。等など・・・・。



能力が高く出世欲の高い男性は直線的な女性感情では通じない部分が山ほどある。そんな男性に古き遺伝子の愛情や感情で勝負しても勝ち目はない。機械的な数字の戦法を入れないとダメだと思う。電卓を持って数字をはじいて恋することも大事。そして理にかなった価値で自分を相手に売り込むことも大事だろう。能力の高い男性に対しては、彼の夢を彼の仕事をビジネスパートナー的にサポートできる能力が女性側にも必要である。


男性は好きだという気持ちは女性の半分以下。残りの半分以上は付き合いに値する価値である。その価値は最初に気づかないが、付き合いが長くなるにつれて、価値は下がってくる女性と価値が上がってくる女性がいる。最後に残るのは後者の方である。特に仕事に能力が高く優秀で頭が良い男性ほど、好きより価値を重視する。ピンチをむかえた恋愛の終盤、女性は価値より愛を重視して一生懸命に尽くすが、女性の気持ちとは裏腹に事態は悪い方に悪化している。やり方が間違っているのに、当の女性は苦し紛れの愛情を注ぐ方法しか知らない。そんな女性にピンチの時こそ、あなたの価値が上がる方法があるというのを教えたい。



理性を重んじる愛。
理論を重んじる愛。
理にかなった理屈を重んじる愛。
数字を重んじる愛。
価値を共有できる愛。
最高の味方、最高のサポーター、そして最高のビジネスパートナーになれる愛。
能力が高い理論系の男を落とすのはこれだ!
という方法論を書いてみたい。



出世欲が高く能力の高い男性は、ある意味カタワである。社会性が高く仕事では優秀かもしれないが、私生活やプライベートでは常識外れの愚昧人間が多い。特に恋愛における愛情や感情においては、中学生以下、幼稚園並みの能力しかない。勉強し過ぎて、仕事をし過ぎて、もう片方の能力を磨くのを置き去りにしてきた面がある。ホント並はずれの非常識というのか愚昧人間の専門バカたちである。そんな専門バカたちに通常の女性の優しい愛情や思いやる感情は通用しない。通じるのはほんの数週間か数カ月だけで、後は付き合う価値がないと言われて理論で葬り去られるだけである。そんな相手に対して女性たちも理論武装を敷くべきである。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
一年早いですね。あと10日で今年も終わりです。


今年を振り返って皆さんはどうでしたか?

まだまだクリスマスもあるし、振り返るどころではないという人もいるでしょう(笑)今年最後のイベント楽しんでください。


私の方は総括に入っています。今年はどうだったのかな?相も変わらず、「まあまあの一年だった」というのが感想です。繰り返しの日々にいいかげん飽きることもありますが(笑)繰り返すから充実しているんだと自分を戒めています。


来年は余裕のある年にしよう。「頑張った自分に褒美を与える年」うむ・・・いいネーミング(笑)命の洗濯を交えながら来年も頑張ろうと思います。


さあ!残り10日、皆さん一緒に頑張りましょう。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
人を愛することは素晴らしいと思う。これこそ本能が示す基本的な欲求であろう。生を受けた以上異性を求める本能は、生き物すべてに与えられた基本的な欲求である。これは本能だからしかたがない、これこそ生を持つ者の生甲斐でもある。


人は人を愛するために生まれた。そう言い切ってもいいと思う。純粋に素直に何の汚れもなく人を愛したいものだ。巷で起きている悪い愛とは無縁に、清く正しく人を愛したい。無責任なエゴに振り廻られることもなく、裏切りもなく、酷い罵声を浴びせられることもなく、批判も反対も中傷もなく、卑怯にも逃げることもなく、信頼と尊敬で安心して人を愛したい。


男女の誰もが望んでいるそんな愛。だがその愛はなかなか手にすることができない。では、どうすれば手にすることができるのだろう?



私の飛躍した考え方はこうだ。「恋愛以外の生甲斐を持つこと」これに限る。

愛は直線的に操作するものではない。相手に直線的に愛して尽くしても、あなただけが自己満足するだけで、相手はこの上ないプレッシャーを感じる。そのプレッシャーは依存となって本能的に権悪感さえ感じる。依存ではなく対等に愛し合うことである。男女の最初の始まりにはお互いの好みもあるが、それよりもっと重要な中身である対等な関係から始まっているはずだ。彼があなたのことを好きになる。外見ももちろんだが、中身に尊敬と信頼があったからこそ付き合う気持ちになった。だが、その尊敬できる期待を先に裏切るのは概ね女性の方である。女性はひとたび好きになるとスイッチが入り、女性本能のまま行動してしまう。尽くしたり愛したり限りがない。対等で尊敬できる部分を放棄してまで彼一色となり、恋愛そのものが命となる。男性はそんな直線的な愛を望んでいない。あくまで尊敬と信頼できる対等な関係で彼女を愛したい。直線的な愛を男性は望んでいないし、迷惑でもある。


スイッチが入ると直線的な愛に変化する女性たち。でもそれだと男性に嫌われてしまう。その直線的なスイッチが入らないように操作するのが恋愛以外の生甲斐である。


恋愛以外の生甲斐を持とう。

それがあれば、男性とは対等に尊敬されながら愛し合うことができる。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
考えたことをやりたいようにやりなさい。前向きとは考えたことを行動に移すことである。


人の心には二律背反の心がある。前向きに行動しようという心と、いや待てよ?失敗したら取り返しがつかいない結果になるという恐れる心がある。やってみて失敗するかもしれない、やり方が間違っているのかもしれない。でもやってみなければどれが正しいかわからない。言いたいのは「何もしなければ何も変わらない」物事は前に進まない、ただそれだけである。


前向きに行動することはリスクを伴う。失敗してやらない方が良かったという経験の方が多いのかもしれない。後悔と反省の方が人間には多いと思う。過去の失敗による反省と後悔のお陰で、少なからず、躊躇するトラウマが宿っている人が世間には多い。では、行動を起こさないであきらめているかと言うとそうでもない。人間は躊躇しながらも前向きに行動したいという気持ちもある。だがその気持ちに自信がない。過去の数々の失敗のお陰で自信はドンドン喪失している。頭では前向きに行動しなくちゃダメだと分かっているが、過去の失敗が躊躇させているのである。変に大人になってしまったものである。



こういう人に対して、いつも私が投げかける言葉は「心は積極的に」である。私の座右の銘であるその言葉はいつも困難な時に威力を発揮する。「心は積極的に!」



前向きに積極的に。
私はもっと単純でいいと思う。
そしてもっとバカになっていいと思う。
純粋無垢なアラレちゃんのように。あるいは純粋無垢な赤ちゃんのように。アラレちゃんも赤ちゃんも行動することを「キャーキャー」いいながら楽しんでいる。失敗してもオヨヨ?と言いながら何度も何度も再チャレンジしている。ハイハイしながらヨチヨチ歩きしながら純粋に前向きである。時々失敗してワーワー泣きながらかんしゃくを起こすが、成功したら自分の手を叩いてはしゃぎながら大喜びする。何の悪気も屈託もない自然な前向き。純粋で単純でおバカさんでいいと思う。



前向きとはある意味バカバカしい行動でもある。あなたがやろうとしていることは世間の批判を浴びるかもしれない。そしてひねくれた彼のイヤミとも言える抵抗に合うかもしれない。でもそれがどうしたの?前向きな私は純粋無垢になってバカバカしい行動を取るだけである。オヨヨ?と言いながらキャーキャー笑いながら。アッハハハ(笑)





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
あきらめることは決して悪いことではない。何故なら「決める」ことができたという評価に繋がるからだ。「優柔不断は人類共通の敵、決めることが大事」それこそ白黒決着ではないだろうか。一大決心の白黒で「彼のことをあきらめる」となったとしても、後悔はしないこと、決めたことであなたの新しい人生の扉が開くことを信じよう。そう決心した方が人生はより豊かになる。決めるときは一切の後悔がなく、未練もなく決めることである。一部の望みも持たないで綺麗に辞めること、未練を持ってはならない。はっきりとあきらめて前に進むことが大事である。



西洋哲学では最後まであきらめないハングリー精神を教え、東洋哲学ではあきらめることでうまくいくことを教える。相反する二つの教えだが、その両方を使いこなしてこそ人生はうまくいくと私は思っている。


時と場合によって、両方を使いこなそう。
最後まで頑張るのも良し、ここまで頑張ったのだからあきらめるのも良し。責任は全部自分にある。時と場合によって両方を使いこなそう。



あきらめない精神。
「最後まであきらめない」という精神。それについて私の考えを述べたいと思う。私の経験が皆さんに適合するか分からないが、聞いてほしい。



最後まであきらめないという精神は「夢に向かっているときにその精神が宿る」と私は思っている。そしてその夢には確信がある。


「夢には確信がある」
今はダメでも努力すれば夢は達成するという確信がある。


その確信があるから最後まで続けることができる。確信がないものはあきらめるに限る。確信がないものにいくら頑張ってもダメだと私は思っている。



あなたの夢には確信がありますか?恋愛が命なら、その恋愛に確信がありますか?確信がないものにいくら頑張ってもダメなのです。確信があるからこそ人はあきらめないで頑張れるのです。


確信とは、自分の器(能力)に見合った夢です。人は自分の能力以上の夢を達成することはできません。能力もないのに、自分がイチロー見たいに浅田真央見たいに活躍することはできません。それは誰もが分かっていることです。自分にあった器と能力で自分にふさわしい夢にチャレンジするしか方法はないのです。


自分に合った夢、自分の能力に見合った夢。それこそが確信の持てる夢なのです。これでおわかりいただいたでしょうか。確信とは自分の器(能力)にあった夢を持つことです。そしてさらに深くその真髄を述べていきましょう。



確信を得るには自立することです。
誰かに頼ったり依存したら確信が持てなくなります。夢とは人に依存したり頼るものではありません。夢の第一歩は相手に認められることです。認められて初めて夢への確信が持てるのです。認められるために自分がどんな努力をするべきか、そこを真剣に考えることです。


さあ!よく考えましょう。相手に認められるためにあなたは何をすべきか?

まだ相手に依存しているのですか?それとも相手のせいにして憎んでいるのですか?そんなことばかり考えて、それであきらめないと言っているようでは、あなたの夢は達成しません。それこそあきらめた方がいいのです。


夢とは苦しさの自己満足ではないのです。人々に影響を与え、認められてこそ夢の確信が持てるのです。それはあなたにもできます。たった一人の男性に感動を与え、認められる努力はそんなに難しいことではありません。あなたがネガティブスパイラルに苦しまないで、そこから脱して自立していけば簡単に彼に認められます。彼に認められるために自分はどんな努力をしていくべきか、悩んでいる暇があればそこを考えるべきです。そして認められる行動を起こすべきです。あきらめないとは認められるために行動を起こす。これです。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。