ホーム > 月別アーカイブ: 2013年11月
新卒者の3割は3年以内に離職すると言われている。7・5・3という言葉も聞いたことがある。つまり中卒は3年以内に7割辞め、高卒は3年以内に5割辞め、大卒は3年以内に3割辞めるという7・5・3である。


せっかく入った会社なのに、なぜ?すぐに辞める。
3年と言うのはまだまだ駆け出し、仕事ではほとんど役に立たない期間。会社は利益の生まない新人を赤字覚悟で育てる。3年かけて会社のために利益を生む人材に育てようとする。それなのに、利益を生む前に辞められたら今までの投資はすべて無駄になる。(人事部の嘆き)


働く人は人事部の嘆きをよそに、この仕事に遣り甲斐が無い、この会社に将来性がない、人間関係がうまくいかない、仕事がきつい、給料が安い・・・などの理由で辞める。


では辞めた後、将来性のある仕事についているか?人間関係がよくて遣り甲斐があって給料の高い仕事についているか?というと、ほとんどがそんな仕事には就いていない。最初の会社よりさらに条件の悪い会社に就いているのが大半である。非雇用正規の人口は急増し、今は2000万人に達していると言われている。


バブルがはじけ、リーマンショックなどの不幸な経済状況が続き、若者の離職率(3年以内に3割辞める)ことが何年も何年も続けば、当然その数字になるだろう。非正規雇用は労働者全体の3分の1を超えている。3割という数字は、人間が社会を形成するのにギリギリの数字だと私は思っている。3割の落ちこぼれ(とても失礼な言い方だが)によって日本という国がやがてとんでもない危機にさらされるのではないかと危惧する。3割が離婚し、3割が結婚しない時代、そして3割以上が非雇用正規、少子化に拍車がかかり、家庭は崩壊し、経済も崩壊し、日本も崩壊する。そんな危惧が脳裏をかすめる。



個人個人は「オレ一人くらいどうってことない」と思っているかもしれないが、オレ一人が2000万人もいれば、どうってことないどころか大変なことである。


その辺を政治家や経済界は知っているのだろうか?知ってはいても何も手を打たずにいるのだろう。きっと自分たちの代さえ金があって幸せならそれでいいと思っているのだろう。自由主義の弊害、甘ちゃん主義の政治経済。子供を叱って鍛えることをしない団塊世代の親たち。星一徹みたいな父親がいなくなった日本。甘くて根性無しの若者をたくさん育ててしまった。


企業もバカである。最近の若者の心理を知らないで、即戦力だけを求めている。ブラック企業などはいい例で、右も左もわからない若者に、今すぐに金を稼げ!とばかりに仕事を押し付ける。おいおいそこにいる若者は企業戦士で10年鍛えた若者ではないぞ、甘ちゃん世代で育った子だぞと言っても企業は聞く耳も持たない。すぐに金を稼げと生産性と即戦力を求めるのが今の日本企業、若者の心理に経営者は追いついていない。バカなプロ意識の塊がうつ病の若者をつくっている。人材を3年間赤字覚悟で育てる余裕のない企業が増えてきた。今の時代の若者も大変だ。企業も稼ぎたかったら遠回りすればいいものをみな近回りばかりしている。この先不安だから企業家も戦々恐々としているのだろう。日本を食い物にして崩壊させているのは、若者ではなく大人たちである。彼らはそれを改善しようとはいない。何故か?若者の心理がわからないからだ。



これからの時代は、もはや政治家や官僚、経済界や経営者、身内である親はあてにならない。個の力でなんとかする時代である。大人がつくった状況を自ら変える若者が求められる時代になった。そう考えた方が遣り甲斐を持てる。「状況を変えられる男」かっこいいではないか。恋愛において、私は女性に自立をしなさいと言っているが、男性も自立をする時代である。いつまでも政治に企業に親におんぶにだっこの時代ではない。自分の創造性を駆使して生きる時代である。甘ちゃんで育ったかもしれないが、厳しい現実で甘チャン根性は吹き飛んだと思う。人間は強い、今からでも遅くない、根性を鍛えて、状況を変えられる男になろう。な~に何年もその志しを持てば、状況は変えられるよ。これからだ訓練は。逞しい男になるために。


IMG_1672 (800x533).jpg

紅葉2013年11月


本日は秋晴れ。

天気のいい朝は気持ちがいい、心も晴れ晴れする。

特に休みだと尚更(^_^)(^-^)v。

平凡だけど生きていて良かったと思われる瞬間である。

刺激も便利さもいらない。ありのままの幸せでいい(*´∀`*)。
お金も恋もいらない、名誉も権力もいらない。今日という今を幸せに生きたい。

日常の見てあきない景色を眺めながら、今日もこれから散歩に出かける。
ああ~楽しい。

柔らかい日差しと柔らかい風に吹かれながら水上公園辺りを散歩しよう。黄色いイチョウと赤いもみじに挨拶しながら。


IMG_1710 (800x533).jpg




中年以降の男女の変化
中年になれば、男性は仕事人間になり、女性は人のために尽くす。
長年この仕事をしていると、その傾向になる男女が多い。


女性で高収入の人がいる。メディアで活躍している芸能人や女子アナ、企業で副社長まで上りつめたキャリアウーマン、医師や弁護士、大学の教授、自営で成功している人。30代後半から40代、50代の女性たち。男勝りで、男性以上に第一線で活躍している。彼女らの年収は数千万円。このまま定年まで働き続ければ、一生贅沢して遊んで暮らせる財産ができる。


でも、ある時期に差し掛かると突然その数千万円の収入を捨てる。

ある時期とは?

親の介護が必要になった時期、親の介護をするために仕事を辞める。または家族に問題があったとき、夫や子供のために仕事を辞めて家に入る。女性はある年齢に差し掛かると家族のために尽くす傾向がある。高収入を捨てて人や家族のために尽くす。高収入を得るということは常に戦いのプレッシャーの中に身を置かなければならない。夜も眠れないほどのプレッシャーの連続、人間と言うものを女と言うものを捨てて戦場に身を置かなければならない。何のために生きているのか?わからなくなるのが高収入を得ている人の特徴。そこに15年~20年と在籍していると、疲れ切ってしまって人間の尊厳を失ってしまう。収入は高いが、そのために女を捨てなければならない。若い頃はそれに気づかず、男に追いつけ追い越せと頑張ってきたが、ある年齢に差し掛かると嫌気がさしてくる。もうボロボロ、人間に戻りたい・・・女に戻りたい・・・自然界の流れに従い「女としての幸せを手に入れたい」という願望が日に日に増してくる。そしてある時期を境に、数千万円の年収を捨て、家族や人のために尽くす女になる。夫や子供がいない人はパートナーを探そうとする。



男性は違う。
高収入を捨ててまで家族のために尽くすことはない。あるとしても稀である。ほとんどないと言っていいだろう。親の介護が必要なら施設に入れた方がいいと考える。専門の介護のプロに見てもらった方が安心だし、その方が親も幸せと考える。生活を守るという収入があるから家族が成り立っているので、妻や子供ために仕事を辞めることもしない。中年以降の男は仕事人間、苦労して得た収入を捨てることはしない。「男は仕事が命」の真っ盛り、さらに仕事に精を出す。女性は中年以降に愛のために尽くそうとするが、男性は天命を知るがごとき仕事人間になる。男性は合理的である。


この仕事をやっていると、
男女の違いがわかるようになる。


男である私は、最初はわからなかった。
なぜ?数千万の収入を捨ててまで親の介護をするのですか?
朝から晩まで介護に明け暮れて、収入がゼロの状態を続けるのはとても厳しいのでは。なぜ、そこまでするのですか?と思った。でも、「これが女性」愛はお金では買えないのを学ばしてもらった気がする。介護が必要になった親は、男の子より女の子がいて良かったと喜ぶ。精神的な支えが必要になった家族は、男の愛情より女の愛情を求める。愛はお金では買えない。



男にとって恋愛は人生の通過点に過ぎないが、女を守るのもひとつの志しである。
時間の無い男は、女と付き合うのを面倒臭がるが、これも志しだと思えば面倒でなくなる。「志しとは義務」そう義務だと思えばいい。女と付き合うのは義務と割り切るといい。義務という言葉が嫌いなら命令でもよい。「女と付き合うのは上からの命令」と決めればよい。縦社会で働く男は上からの命令で動く。意に反してやりたくないことも命令には逆らえない。心の中で嫌だとブツブツ文句を言いながらも命令通りに動く。会社でもそうだし、軍隊でもそうだ。「命令とあらば、命令に従いましょう」そう自分の脳にインプットしてもよい。「女を守るのは男の義務だ」これは天からの命令だと言い聞かせよう。なぜこんな命令を下すのか、それは男が成功するために必要だからだ。


なぜこんなバカバカしい記事を書いたかというと、
論理性の高い男は、女の愛だの恋だの好きだのは通じない。男の愛は理屈である。何のために女と付き合うのか?何が目的か?女と付き合う利益はなんだ?女と付き合う価値は???なんだ???と論理性の高い男は理屈っぽく考える。「付き合う意味はなんだ」という理屈が通らないと男は女と長く付き合えない。付き合う意味を探している最中に女に飽きてしまい、そのうち逃亡したくなる。男に愛だの恋だの好きだのと求めると、すぐに冷めてしまう。初めの頃は性欲の本能のままに愛だの恋だの好きだのと言って女に近づくが、男は甘いロマンスに長く居られない。男の愛はロマンスではない、愛は義務、愛は責任、愛は使命、愛は命令と男社会風に置き換えないと長続きしない。義務・責任・使命・命令と置き換えれば、仕事と同じように長く続く。仕事と同じように長く続かせるために、男社会の論理、論語を使えばいい。



「女と付き合う意味は何だ?」
理屈で言うと成功するために女と付き合う。こんな価値の高いものは他にはない。「独身は成功しない」という世界共通の教えに従えばいい。


女との付き合いは、生きていくための通行手形。女との付き合いは、世界で通用する免許証を手に入れること。この免許があるから成功する基礎が手に入る。成功する免許を手に入れるために男は女と付き合う。色気や性欲だけで女と付き合うのではない、甘いロマンスだけで付き合うのではない、最初のうちはそれが喜びだが、その喜びは長く続かない。人は甘い怠惰な生活に長く居られないからだ。「女と付き合う最終目的は試練に打ち勝つため」人生で襲いかかって来る試練に立ち向かうために男は女と付き合う。試練に勝つ方法は、守るものがあるかないかだ。


守るものがない男は試練に負け、守るものがある男は試練に勝つ。
ただそれだけのこと。


男は荷物を背負ってナンボ。
守るものがあるから
男は勝てるのである。




彼を「本気」にさせるために

あなたができること

ブログ1 日5 万アクセスの、人気占い師が明かす究極の恋愛啓発。

沖川の10年の歳月が、「恋する女性に絶対読んでほしい「男が手放さない女」になる方法をこの世に出します。(大好きな彼に一生大切にされる方法として)






※ 何千回と繰り返す恋愛の失敗から学び、それを体系化してまとめた本。

※男は半年が勝負、出会ってから半年間の印象をコントロールする。

※男の浮気の特徴を知り、浮気をさせないためには?

※音信不通に対しての対処方法(なぜ男は音信不通にするのか?)その対策とは。

※復縁、女性には想像もつかない発想で大好きな人と復縁する方法( 復縁したかったら、早く新しい彼氏をつくる)復縁もできて、より価値の高い男性と結ばれる(どっちに転んでも幸せになれる方法)を伝授。

※結婚するために、誰も知らなかった斬新なアイデア( 告白はNO、プロポーズはYES作戦)これは必見、お見逃しなく。

その他etc..

発売日は、11月28日発売です(地域によって多少前後する場合があります)

アマゾンではすでに予約受付をしています。



恋する女性に絶対読んでほしい「男が手放さない女」になる方法




こういう心配が脳裏に浮かぶだろう。
女に貢いで騙されたらどうする?
女性に奢るだけ奢って、最後にポイっと捨てられたらどうする?コツコツ貯めた金を全部使われたらどうする?「うまいこと言って、こいつオレのこと騙しているな」苦労して得たお金を贅沢にワガママに使われたらたまらん!とね。



男はそんなけちな考えを持ってはならない。
女に貢いで騙されるのは社会常識が欠如している証拠。普通に女性と接して社会常識をマスターしている男性は女に騙されることはない。女に騙されるのはモテナイ君。真面目だが陰湿で暗くて女性とはほとんど接したことが無い男性。女性を喜ばせる社交性が足りてないので普通の女性は相手にしてくれない。近づくのは金銭をだまし取る悪い女かもしれない。女性も結婚詐欺などの悪い男に引っ掛かるのは暗くて真面目な子が多い。普通に異性に接して並みの社会常識を積んでいけば、まず大きく騙されることはない。騙されるのが恐かったら、社会常識をバランスよく経験することだ。異性と接するのは生きていくための勉強でもあり訓練でもある。真面目もいいが、遊ぶことも大切。



社会常識が普通にある女性は男を騙すことは無い。一般的な女性は礼儀をちゃんとわきまえている。男性に奢ってもらえば、心から「ごちそうさまでした」と感謝をしてくれる。心のこもった感謝に「また奢っちゃうかな♪」と鼻の下をのばす(エヘ)可愛い心のこもった「ごちそうさま」を聞きたくて男性は女性に奢っているものだ。可愛い子とゴハンを食べるのだから、可愛い子と遊ぶのだのだから、そのデート費用は全部男が持っちゃおう。そうすれば男の株が上がり、ステータスも上がる。株とステータスが上がれば、また稼ぐ男になれる。



「社会常識が普通にある女性は男を騙すことは無い」と言っていたが、それでも騙されたり、裏切られたりしたらどうする?

心の狭い神経質な男だね。

「それでもいいではないか、女に騙されるくらい、どうってことない」

そのくらいの太い男になろう。

社会常識のある女性の被害は少ない、それもいい勉強。

きっと他に好きな人(男)ができたのだろう。

奢った損害を嘆くより、彼女の幸せを願おう。




沖川の7作目の本、

恋する女性に絶対読んでほしい「男が手放さない女」になる方法

の発売日が決まりました。

発売日は、11月28日発売(地域によって多少前後する場合があります)

アマゾンではすでに予約受付をしています。



恋する女性に絶対読んでほしい「男が手放さない女」になる方法


恋する女性に絶対読んでほしい「男が手放さない女」になる方法の本は、私の10年の歩みでもあります。10年間来る日も来る日も恋愛鑑定に明け暮れ、その日に感じたことを、ブログ「恋愛日記」に毎日書き続けてきました。10年間で更新した記事は3500記事におよびます。このブログは私の10年間の鑑定記録でもあり鑑定資料でもあります。


私のところへは、北は北海道から南は沖縄まで全国各地からお客様が訪れます。都心から離れた辺鄙な場所にある川越占い館に全国から何万人ものお客様が鑑定に訪れています。遠くから遠路はるばるお越し頂いたお客様の労をねぎらうのと同時に訪問に心から感謝申し上げます。「遠路はるばるお越し頂き誠にありがとうございました」


10年間のブログと10年間の鑑定歴史、膨大な資料の中から練って練って、やっと本が完成しました。編集に編集を重ね、自分でも満足した本が完成したと思います。


お待たせしました。

やっと発売日が決まりました。やっと皆様にお届けできます。


恋する女性に絶対読んでほしい「男が手放さない女」になる方法

よろしくお願い申し上げます。


沖川東横


いつもその記事を書くと、割り勘が当たり前の若者たちの反発を食らうが、私は割り勘が嫌いである。「え!割り勘?何だそれ」と耳を疑い「男が割り勘?それ男?みっともない」とついつい思ってしまう。(若者たちゴメンよ、オヤジはそう思っている)友達なら仕方がないが、大切な彼女に割り勘はないよな。日本の男も、とうとうそこまで地に落ちたか(ひとりつぶやく・・・)ついついツイッターなんちゃって(オヤジギャグ)



「男が割り勘?みっともない」と思うのはもはや私たちの世代だけかもしれない。「女に金を出させるのは男の恥だと言われた時代」懐かしいね・・・あの時代が。



まあ、古いオヤジのたわごとだと思って、これからの記事は読んでほしい。


ひとつ言えることは、「必要な金は手に入る」と言うことかな。何も割り勘などしなくても必要な金は手に入る。是非そういう男になってほしい。


「必要な金は手に入る」これも潜在意識の活用方法。「割り勘を無くせば必要な金は手に入る」これが潜在意識の力。その力を伸ばそう。それはどの男性にもできること。できないのにはいつまでも割り勘をしているからだ。割り勘を辞めればお金は廻って来るのを作れる。またそれを作るのが男、必要なお金は手に入る男になろうよ。それができると人生は楽しくなるよ。(間違いなくモテる男になる)


そんなに仰々しく考えなくていいよ。君にプレッシャーを与えているわけではない。それは「やってみればわかること」お金の回し方は実戦で覚えるしかない。やってみると、何だそんなことかと実感するだろう。やれば実感する、その実感を覚えるためにまずは割り勘を辞めることだ。「それはいつやるの?今でしょ(笑)」割り勘を無くせば君の生活費や小遣いが不足して貧乏になるだろう。貧乏はたまらんので逆に稼ぐ能力が身について来る。彼女とのデート費用を捻出しつつ自分が貧乏にならないような想像力が増してくる。そしてその想像力を駆使して行動すれば必要なお金は手に入る。男脳にはその能力が仕組まれている。金を生む新しいアイデアが仕組まれている。ケチ臭いからその能力が有効に働かないのである。「ケチは稼ぐ力を否定するもの」そして「ケチはうだつの上がらない人生を自らつくるもの」男が成功するための基本中の基本、「女を守る」これができて初めて男は成功の第一歩を踏み出すことができる。「女は金がかかる、その金を生むのが男の力」その女を守る基本が割り勘を辞めることである。割り勘を辞めるのは初級に過ぎない、成功するための初級、その後に中級、上級と待っている。自己実現を果たすため、まずは初級を制覇しよう。


ケチな割り勘を辞めてごらん。必要なお金は手に入る男になれるよ。
ケチな割り勘を辞めてごらん。成功の基本が見えてくるよ。


そのことを今気づこうよ。40代、50代になって気づいても遅いよ。君は成功から遠ざかっている。うだつの上がらない人生を長くやり過ぎだ。早く女を守る男になることだ。



割り勘を辞めて女に裏切られたらどうする?女に貢いで騙されたらどうする?
ワッハハハ。まあ、その続きは明日書こう。


IMG_1676 (800x533).jpg


紅葉
2013年、11月11日(月)秩父ミューズパーク。
全長約3キロのスカイロードに整備された約500本のイチョウ並木は一面金色一色、落ち葉は黄色いじゅうたんを敷き詰めたようで綺麗でした。




女性とは向き合うべき。

別れる女性と向き合うのはとても面倒だと、多くの男性がそう思っているだろう。
「人を好きになるのも、人を嫌いになるのも理由などない」理由がないものを相手に説明するのは骨の折れる仕事。何を言っていいか、何を話していいか、わからない。面倒臭くて避けたくなる。


「別れることに理由などない」理由など聞かないで察してほしい、できれば自然消滅でいい。ああ~面倒だ、女と別れるのは。


好きなときは一生懸命アプローチするくせに、嫌になったら自然消滅でいいと考える。それが男の考え。嫌だねー男は、自分でもそう思う。


女は別れの会議が好きだが、男は別れの会議が嫌い。別れの会議は面倒なのでドタキャンしたくなる。その会議は、裁判所へ出頭する被告人みたいなもの。オレは罪を犯していないのに、何も悪いことをしていないのに、なぜ出頭しなければいけない。メールでいいではないか。


なぜ?メールで「さようなら」するか。
彼女の悲しい顔を見たくない、目の前で辛い思いをさせたくない、彼女の前で泣きたくない。彼女に責められたくない、別れることは決まっているのに別れる別れないの押し問答をしたくない。別れの会議は男にとってこれ以上ない修羅場になる危険性もある。修羅場を避けるために彼女に会いたくない。別れの会議に出向くことは、彼女を不幸にさせたというレッテルが張られ、それによって自分のプライドも傷つく。女を守れなかった男として自分が惨めになる。だから会うより逃げたいという自分のプライドを守る。逃げる自分も卑怯だが・・・しかたがない側面もあると自分で自分を慰める。いつもそうやって逃げてきた。肝心なときはいつも逃げてきた。今まで何人かの女性と付き合ってきたが、いつも逃げてきた。女だけではない、勉強も仕事も逃げてきた。肝心なときはいつも逃げてきた。逃げるのがオレの人生。情けないと思うが、いつもそうやって逃げてきた。いまさら変えることはできない。根性のない自分を変えることはできない。


メールでさようならする男は根性がない。
肝心なときは、いつもそうやって逃げる。
仕事でも、勉強でも、恋愛でも、結婚でも、人生でも、肝心なときは、いつも逃げる。逃げることが身に着いた男は可哀そうだと思う。その逃げは自分のプライドを守るため「オレが嫌だから、オレの心が傷つきたくないから逃げる」結局人間は自分中心に廻っている。オレのプライド、でもそのプライドは男のプライドではない。男のプライドは女を守るためのプライド、オレを大事にするプライドは男とは言わない。自分のプライドばかり守り過ぎ、そんなけちなプライドはいらない。逃げなかった男からすれば、ただ根性のない男にしか見えない。なぜ女ごときで逃げる。確かに女は怖いけどな(笑)・・・怖いけど男は女を守るためにある、それが男の器。



もう逃げるのはよそう。

最後くらい彼女に会えばいいではないか。
そのくらいどうってことない、男だろう何を怖がっている(ちょっと怖いかな・・・アハ)
一時期は愛した女だ、最後は有終の美を飾ろう。(そうした、大義名分を持てば怖くないし面倒でもない)



別れは一回の会議で済まないこともあるだろう。一回で済まなければ何回も話し合えばいいではないか。本物の裁判だって判決が出るまで何回も開かられる。国の予算委員会だって何回も質疑応答が繰り返される。会社のベースアップも経営側と労働組合で何回も団体交渉が行われる。彼女という存在はそれと同じだ。何回も何回も話し合って、双方が納得する形でけじめをつければいいではないか。それをやらないと、また逃げることになる。人生は逃げてはいけないよ。面倒なことを逃げずに戦うから男らしくなる。それを忘れちゃいけない。



男のけじめとは面倒なものよ。

「それがどうした」

最後くらい有終の美を飾ろう。

「それでいいではないか」




男のプライド

男は情けなくて弱い。弱いくせに男のプライドだけは一人前にある。そんなプライドなんか捨てればいいのに、男をやっているとプライドを捨てることができない。男をやっている私自身も自分のことを情けなくて弱い人間だと自覚しています。「男は情けなくて弱い。」男は弱いのに、女性たちは男を買いかぶり過ぎ、そしてプレッシャーを与え過ぎて過ぎ、男は女が思うほど強くない。生きていくのに精いっぱい、「生きていくのに自信がなく不安な毎日を過ごしているのが多くの男の現状だということを」女性たちはもっと認識してほしい。そんな男たちに親や女たちは、「男らしくなりなさい」とはっぱをかける。そのはっぱによって、しかたなく嘘の男のプライドをつくっていくしかないと考えるようになる。ホントは情けなくて弱い生き物なのに、「男だから」と言われ続け、虚像のプライド、ごまかしのプライドを作って身を固めるしかないと考える。



女を守るというプライド
男脳は古くから女を守るという本能が埋め込まれてきた。昔の男たちはその本能に従って女を守ってきた。だが、現代の男はその本能に従って女を守ることができていない。男のプライドは弱い立場の女や子供を守るためにあるのに、何を勘違いしているのか自分を守るプライドだけに使っている。親や女たち、社会の目上の人に言われ続け、その防衛策として自分を守るプライドが社会の進化と共に出来上がってきたのだろう。そのプライドはもはや女を守るプライドではない。自分を守るプライドは進化してきた。反対に女性たちは強くなり、男のプライドを上回る存在になってきた。強くなった女性たちは男にプレッシャーをかける。昔の女性では考えられないくらいの強いプレッシャーをかける。せっかちで結婚はいつなのというプレッシャーをかける。そんなプレッシャーに男たちは自分を守るプライドで防御するしかないと考える。そして自分を守るために女を否定してやっつける。口の悪い理屈バカの悪ガキのように、否定まがいの屁理屈を使ってやってける。男と女のプライドの食い違いによる精神戦争があっちこっちで勃発している。男たちよ!もっと男らしくなれ、そして女たち!よもっと女らしくなれ。古きオヤジは警告を発する(笑)



いけない。
路線から外れてしまった。

今日は「メールでサヨナラ」の男のけじめのつけ方を記事にする予定だったのに、書いている途中で本筋から外れてしまった。ナハハ(笑)。。。時間もないし、このままブログに載せよう。続きは明日。