ホーム > 月別アーカイブ: 2014年03月
時間管理が上手な人と、時間管理が下手な人がいる。
恋愛における時間管理を見てみると、
A,仕事が忙しいと言って彼女に会えない男性は時間管理が下手な人。
B,どんなに忙しくても彼女への時間を作れる男性は時間管理の上手な人。
AもBも同じ仕事量だとすると、Aは時間管理が下手となる。無駄なことに時間を使っていて、仕事の要領も悪いのではないかと思う。


「タイム」誌によれば、私たち現代人は「時間欠乏の時代」に生きているらしい。私たちの生活はますます多忙になっている。人生という車輪は回転の速度を増しており、同じ場所にとどまるためでさえも、ますます速く走らなければならなくなっている。特に先進国では誰もが追いこまれた気持ちでいる。競争の激化した経済界が個人の生産性をあまりにも重要視するため、生産性の低い人は弾き飛ばされてしまう。結果として残るのは、成果を上げることへのプレッシャーと、将来へのどうすることもできない不安である。TQ、ハイラムW・スミス著を引用


時間がいくらあっても足りない時代「時間欠乏の時代」に現代人は生きている。私自身も、普段の鑑定でそれを感じている。今の世の中はすることが多くて時間が無い。忙しさに追われて人生を心から楽しんでいない気がする。文明が発達すればするほど人々は忙しくなる。便利なものが開発されれば開発されるほど人々は忙しくなる。企業も社員を絞り雑巾のように使い、労働基準を無視したブラックに変貌しつつある。文明が発達し、多様化になればなるほど人々は忙しくなるのではないだろうか?何もなかった時代の方が人々の暮らしは人間らしかった。そんな気がしてならない。パソコンがない時代、携帯やスマホがない時代の方が人々は恋人を大切にした。ほとんどの人が結婚し家族を大切にした。昔の方が時間には余裕があった。そんな気がしてならない。スローライフの時代が懐かしい。


私は皆さんにスローライフを提言したい。
こんなせかせかした時代でも、本人の志し次第でスローライフは手に入れることはできる。それは自分で自分の時間を管理することだ。
どんな時間管理がいいか、皆さんで考えてほしい。


私は、どうでもいいのは捨てることだと思っている。一日は24時間しかない。それは全人類が公平に与えられた時間。時間の過ごし方は各人自由である。その公平な24時間をどう有効に使うかだ。そのためになにを捨てるかだ。そして大切なものに優先順位をつけることだ。


一日10個やることがあって、大切なものは2個しかないとする。ほとんどの人はどうでもいい8個に時間を費やしている。そのどうでもいい8個とは、暇つぶしと怠惰な時間。テレビを見たり、マンガを見たり、スマホをいじったり、FBなどのSNSサイトを5分置きに見たり、LINEが既読になってないとか、コメントがないとか、メッセージがないとか、24時間の大半を四角い二次元の情報ツールに費やしている。情報ツールがいけないと言っているわけではない。時間を決めて、短くすることだ。私は仕事以外では携帯やスマホは持ち歩かない。休みの日は携帯の電源は切ってある。テレビは一日一時間以上見ないと決め、ブログも2時間以内と決めている。ブログは仕事のためにやっていることで、遊びではほとんどやっていない。暇つぶしと怠惰な時間をなるべく作らないようにすれば、時間は余る。余った時間を大切な人のために使えばいい。そして未来の自分のために使えばいい。また今日をノンビリする時間に使えばいい。文明から外れる時間をいかに作るかで、スローライフな時間は作れる。



テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

「遠くから来た甲斐がありました」。
お客さんに、そう言ってもらえると仕事冥利に尽きます。

生きるヒントという大袈裟なタイトルをつけましたが、私の仕事は問題解決のヒントやアイデアを提供すること。そこにやりがいを感じています。

恋愛の悩み、夫婦の悩み、家族の悩み、人間関係の悩み、仕事の悩み、悩みは千差万別。

そんな悩みに対して、私の経験が少しでもお役に立てば、嬉しく思います。

ブログを読めば読むほど元気になる。「苦しいときは先生のブログを読む」ブログで何度も救われました。そんな声も増えてきました。嬉しいですね。

私の仕事は、占いというより人生相談かな。「占いは始めてです」というお客さんが多いのですが、「それは良かったですね」と言います。なぜそんなことを言うのかというと、私は占いを単なるツールとして扱っているだけなので、怖いことは何もないからです。また占い師と言っても私自身が占いをあまり信じていません。科学的に根拠がないものに私は深く関与しないようにしているからです。占いは幅広い鑑定をこなすためのひとつの知識で全てではありません。


1時間の鑑定で、占いにかける時間はわずか5分程度、残り50分以上はカウンセリングをメインにしています。私の考えでは、占いだけでは人間の奥義を知ることはできません。奥義は個人個人のお客様の考え、言葉の中にあると思っています。言葉「言霊」を大切にし、その言葉の中に隠されている真実を知る。それが私の鑑定方法です。私の鑑定は、「話しやすい雰囲気を作る」それをメインにしています。ですから、始めてのお客さんでも、ものの5分もすれば、雰囲気になれて、お喋りになります(笑)まるで友達に喋っているように。リラックスしてたくさんお話をしてください。包み隠さず苦しい思いのたけをぶつけてください。私はそれを全部受け止めます。占いより重要な人と人との会話。今後ともそれを大切にしていきます。




テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

彼に疑いを持った場合、あなたはどう対処しますか?
恋愛の基本は「信頼」です。

でも、男の人は信じられない。
彼を信じたいけど信じられない、疑いの方が強い。そういう場合、あなたは今後どう対処しますか?
私のデータでは、疑いを持った相手とは別れている。
よく話を聞いてみると、別れずに済む疑いの方が多い。ほとんどが被害の少ない、別れる必要のない疑いばかり。みなさんは小さなことに神経質になり過ぎ、ちいさなことにクヨクヨし過ぎ。男と付き合うのだから、少々の嘘と悪さは大目に見るくらいで丁度いいのではないかな。もっと大きくなろうよ。これは男である私の見解である。


どんな疑いがあるかというと。
例えばケイタイ。
彼のケイタイを見たら、女性と交信していた。とくにわたしが嫌がる元カノと。元カノは彼のことがまだ好きみたい。彼も嫌っている様子はない。そして二人は密会している。私と付き合ったのに、彼はたまに元カノに会っているようだ。男のケイタイを見たら、こんなの山ほどある。元カノだったり、元奥さんだったり、飲み屋のねえーちゃんだったり、キャバ嬢だったり、合コンで知り合った女性だったり、SNSサイトで知り合った女性だったり、彼女以外の女性と知り合うチャンスなど、この世は無数にある。いつでもどこでも誰とでも交信できる電波を止めることはできない。後はその男性の人間性に任せるしかない。そしてその男性と付き合っている女性の人間性に任せるしかない。


自分に疑いを持っている彼女に、男性が言いたいことはこうだ。


女性の愛は支配(一党支配)(独占)に対して、
男性の愛は人類みな兄弟型。
兄弟の中にも序列がある。序列とは順番、つまり好意の優先順位である。
もちろん君が一番さ。僕は君に80%の愛を向けている。80%とは愛の独占状態。だから毎日連絡をして週に1回は逢っている。これって凄い事なんだよ。僕の大半の愛を君に捧げている。やはり本命の彼女は違う。人類みな兄弟でも、君は群を抜いて1位の座を占めている。


残り20%は本命ではないその他大勢の兄弟愛。本命でない愛は男のグレーゾーン。男は女性にはわからないグレーな愛を持っている。これからはその愛をグレーと呼ばず、この愛は人類みな兄弟と呼ぼう。人類はみな兄弟、つまり多くの人と仲良くなりたい。多くの人に優しくして、親切にしたい。1年を通して、元カノと数カ月に1回会ったり、サイトや合コンで知り合った女の子と月一回食事に行ったり、年に数回キャバクラに行ったり、クラブへ行っていろいろな女の子と遊んだり、社内の後輩の女の子とランチに行ったり、とにかく人類みな兄弟愛は幅広い。幅広いが、この愛は最大で20%しかない。やはり本命は彼女との愛。兄弟愛のボランティアが終わった後は、本命の彼女に逢いたい。やはりここが一番落ち着く。我が家が一番。


疑いの原因は、男の人類みな兄弟愛。
女性の一党支配の独占愛は、男性の人類みな兄弟愛に嫉妬している。
自分が本命であることを忘れて。
これが男性の言い分。




テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

完璧な人より完璧でない人を好む。
ダメ男を好きになる人はそういう傾向があると思う。

ダメな人、欠点がある人、体調が悪い人、精神的に弱っている人を支えたいという気持ちが人にはある。完璧な人は自分を必要としていない。ダメな人は自分を必要としている。人は自分を必要としているものにやりがいを感じる。


女性に必要と思われる。そういった意味では、男はみんなダメ男かもしれない(笑)ダメ男というか、女性の支えがないと男性は生きていけないのかもしれない。

歳をとって介護が必要になったとき、献身的に支えてくれるのは圧倒的に女性の方が多い。男性の中にも介護をする人もいるだろうけど、どちらかというと介護を放棄してしまう。弱った人を支えるのは圧倒的に女性の方が多い。

子育てもそう。男性が育てるより女性が育てるのがいい。それは一目瞭然。母性と父性では役目が違う。母性の方が子育てには向いている。男性は仕事をやる忍耐があるのに対して、女性は子供を育てる忍耐がある。どちらの忍耐も大変だが、それぞれが自分に似合った忍耐力を発揮している。

ダメ男を育てるのは、介護と子育てに似ているのではないだろうか。どちらも女性の支えを必要としているから。



テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

誰しも不安なときがあると思う。
不安があるとき、人はどう過ごせばいいのだろう。
不安があるときは、不安のことを考えないようにするのが一番いいが、でも考えるのは不安のことばかり、それが人間ではないだろうか。いっそのこと、不安なことをやめたい。恋人が不安なら別れたい、仕事が不安なら仕事をやめたい、人間関係が不安なら人と関わりたくない。携わっている不安をやめたいが、今度は失う不安がまた襲いかかって来る。

不安の払拭法は、一からまたやり直すことだ。恋人が不安なら恋人がいなかった時代に戻って、仕事が不安ならその仕事をしていない時代に戻って、人間関係に不安があるのならその人と関わらない時代に戻って、初心に戻って一からやり直すことだ。

今まで自分がしてきたことを後悔する必要はないと思う。良いことも悪いこともすべてが経験だ。順調なときもあれば、おもわしくないときもある。順調なときは前向きな気持ちになるが、おもわしくないときは不安な気持ちになる。問題は不安の気持ちのときにどう過ごすかだ。

過ごし方に忍耐がある。待つという忍耐。「頑張るか、やめるか」気持ちが混雑してどちらも選択できない。どちらにするか決まるまで待つしかない。いま自分で決められないのであれば、その時が来るまで待つしかない。時がいつか解決してくれると信じて。

また別の過ごし方は、そのこと自体をあきらめる。無理することも頑張ることもあきらめる。全部捨てて0になってみる。「あきらめようそうすればうまくいく。」卑怯で無責任のように思えるかもしれないが、あきらめれば不安から解消される。それによってまた1からつくっていける。あきらめよう、そうすればうまくいくは、もちろん長い時間あきらめるわけではない。泥が沈むまであきらめればいい。不安という泥が沈むまであきらめて待てばいい。

最後にとっておきの過ごし方は、目標を持つことだ。夢に向かっている自分がいれば不安はなくなる。不安より目標を達成しようという意欲の方が強く不安など入る隙間はない。ただし、疲れるという苦しみはずっとある。夢とは達成した瞬間だけ喜びを味わうもので、過程の99%は努力という疲れのオンパレードである。人々はたった1%の喜びのために99%苦しみながらも努力を続ける。不安は努力に比べれば、贅沢病かもしれない。

不安という精神的なもので苦しむか。
目標に向かっている努力で苦しむか。

どちらの苦しみが利益を生むかというと、目標に向かっている苦しみの方が利益を生む。
どちらも現実の苦しみがある。不安も目標も。あなた次第。

私は、どちらからも解法されたい(笑)
これからは、少しのんびりしたい(笑)


自己中で自分さえ良ければ他人なんかどうでもいいという男が何故持てるのだろう。
女遊びが激しく浮気ばかりを繰り返す男が何故持てるのだろう。
働かないで弱さをさらけ出す男が何故持てるのだろう。
社会に反抗的で愚痴ばかり言っている男が何故持てるのだろう。
女を振り回す男が何故持てるのだろう。
人でなしと言われる男が何故持てるのだろう。
みんなから「やめた方がいいよ」と言われる男が何故持てるのだろう。女は不思議だ、何故そんな男を選ぶ・・・不思議だ。

それが持てる男だとしたら、そんな男になりたくない。
それなら、持てなくていいからいい人でいたい。


いい人とはこんなイメージかな。

僕には片思いの好きな女性がいる。でもその女性は悪い男に夢中になっている。ロクに仕事もせず、彼女がその男を食べさせている。金もないくせに女と遊ぶことが好きで、浮気ばかりを繰り返している。逆らうと暴力を振るわれる。誰もが「こんな男やめろ」と言うが、その女性はその男から離れようとしない。僕はそれに何一つ口出すことができない、そんな男やめろとも言わない。僕はただ彼女の傷ついた心を癒すだけ。彼女が僕を頼れば優しくしてあげる。ゴハンも御馳走してあげて、たっぷり愚痴も聞いてあげる。彼女が必要とするならば、どんな手助けもできる。でも、彼女は僕のことを愛していない。彼女が愛しているのはその男だ。切ないが、それは仕方ないと受け止めている。その男に嫉妬もしない。彼女を優しくしてやれと願うだけだ。僕は持てる男よりいい人になることを選ぶ。外れくじを引いてもいい、利用されてもいい、彼女が僕を必要としているのなら、僕は陰になって支える。彼女がいつか幸せになれるまで。


彼女と別れる日が来た。彼女は苦渋の選択の上、やっとその男と別れる決心をした。それは良かったと思う。そして彼女は僕を選ばず、他の新しい人を選んだ。今度はどうやら誠実ないい人を選んだようだ。それも良かったと思う。後に残ったのは、僕の悲しみだけ。彼女が幸せになれるのならそれでいい。僕の役目は終わった。それでいい。僕の悲しみ?それは誰にも見せない、一人でこっそり泣く。


持てる男より、いい人でいたい。
かっこいい悪い男より、かっこ悪いいい人の方がいい。
これじゃまるで寅さんだ。
コーヒーのCMのいい人だ。
愛とは切ない自己犠牲で成り立っているかもしれない。



テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

世の中には、
悪い男もいれば、良い男もいる。

女性を騙す男もいれば、女性を大切にする男もいる。

前者は恋愛日記で、評判の悪い男としてたびたび登場している。記事の中にもコメントの中にも。

しかし、悪い男に騙されている女性たちが多い。何故?悪い男を好きになるの?と不思議でしょうがない。
そしてダメ男も好きになる女性たちも多い。何故?ダメ男を好きになるの?これも不思議でしょうがない。

悪い男とダメ男を好きになった人。その理由をお聞かせください。

悪い男は、ワイルドで魅力的とか。刺激があるとか。つまらない男より女を喜ばせるツボを心得ているとか。SEXが上手とか。

ダメ男は、わたしがついていないとこの人はダメになるという母性からきているのか。あるいはダメな部分を教育してやろうという支配欲から来ているのか。

大体は予測できるが、詳しいことはわからない。
何故?悪い男を好きになる。何故?ダメ男を好きになる。
その理由を知りたい。

おそらく、後から悪い男と気づき、後からダメ男と気づいたと思うが、気づいた時点で別れることが何故できないのか。それは情なのか、愛なのか。理性はなぜコントロールできないのか。
その理由を知りたい。



テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

いま運が悪い人は、10年前の行いが悪かったから。
因果応報は、そうやって、長い年月をかけて我が身にふりかかってくる。
いま浮気をしているあなた。
いま不倫をしているあなた。
いま働かないでいるあなた。
いま悪いことをしているあなた。
いまは調子がよくても、
10年後に因果応報が働くかもしれない。
いまは良くても、10年後は不幸になっていることもある。
それが因果応報の定め。

脅かすわけではないが、悪い行いは自重してください。私はそうやって運が悪くなった人をたくさんみています。

浮気をしている人がいる。浮気をされた被害者がいまは苦しむが、10年後は浮気をした本人が苦しむことになる。この苦しみは運の悪い苦しみ。何をやってもうだつが上がらず、その後の人生は貧困で体調も悪く、10年後の自分はすっかり見るも無残な形となってしまう。


人は10年後の自分を見据えて生きなければならない。
今善いことをしていれば、10年後に倍返しであなたの運は良くなる。
今悪いことをしていれば、10年後に倍返しであなたの運が悪くなる。
どちらを選択するかはあなた次第。
人生は善因善果、悪因悪果で決まる。
善い行いをすれば善い結果となり、
悪い行いをすれば悪い結果となる。


人間だから全てが善いわけではない。
人間だから全てが悪いわけではない。
だから、なるべく善い行いにいる時間を多くしよう。
善い時間に長くいれば、人生は善い結果となる。
悪い時間に長くいれば、人生は悪い結果となる。


悪い時間は二乗で運を悪くする。
不貞の行動を1年間行えば、2年間は悪い運勢となる。2年行えば4年運勢が悪くなり、3年なら9年運勢が悪くなる。例えば、25歳のとき、不倫を3年続ければ、9年間結婚相手が見つからなくなる。悪因悪果は行った年数の二乗となる。だから、早くやめるように。今不貞の行為をしている人は、悪いことはいいません、早くやめてください。


愛とは、はかないものです。
でも、愛とは素晴らしいものです。
愛し方をちゃんと覚えましょう。
苦しい愛に長くいないことです。




テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

独身の人は結婚することを求め、結婚した人は独身時代の自由を求める。

前者は寂しいから結婚相手を求め、後者は結婚生活に疲れて自由を求める。

そんな構図になるかもしれない。

人は自分に足りないものを求める。


独身の人から見れば、結婚している人は羨ましいと思う。旦那さんがいて、子供たちがいて、アットホームな家庭があって、安定していて、寂しくなくていいなと思う。


結婚している人から見れば、独身は羨ましいと思う。心ときめく情熱的な恋愛ができて、好きなときに海外旅行に行けて、夜遅くまで遊んでも誰にも文句を言われない自由がいいなと思う。


独身は自由だけど寂しい、結婚は寂しくないけど自由ではない。
どちらを選ぶかは個人の判断。


私は、どちらでもいいし、どちらでも幸せだと思う。
独身なら独身生活をエンジョイすればいいし、結婚しているのなら結婚生活をエンジョイすればいい。幸せとは今を楽しむことだ。


責任を取りたくない、重たい荷物を背負いたくないという考えもあるが、その考えに対して私は、「そんなことないよ」と言いたい。重たい荷物を背負って責任を取るのもこれはこれでやりがいがある。その努力の過程で得る幸福感は何よりも変えがたいし、また喜びもある。これは、やり遂げた人にしかわからない至福の幸福である。責任を取るチャンスがあれば、是非チャレンジしてほしい。困難が人を大きくする。そうなれば、やる気に満ち溢れた人生を歩むことができる。


結婚した喜び、子供ができた喜び、夫婦で平凡な家庭を作る喜び、子供が成長していく喜び、やっとの思いでマイホームを買った喜び、家庭を維持するため、家族を守るために仕事に精を出す喜び、念願だった夢が叶った喜び、苦労も多いが、喜びも多い。ひとつひとつの責任は重いが、その責任を果たす喜びもある。






テーマ : 大切な人。 - ジャンル : 恋愛

aki さんのコメントから、
「「私も曖昧男性陣と同じように、結婚という制度が重苦しく感じてしまうタイプです」

みんみんさんのコメントから、
「グレーゾーンの男性が多ければ、結婚願望がない女性はそういう男性と付き合うのも有りだと思います!」

それぞれの生き方、それぞれの価値観。
「結婚がすべてではない。多種多様の生き方があっていい」と私は思います。
皆さんはどうでしょうか?

年頃になって、周りから「結婚はいつなの?」と聞かれて嫌になった。という人も多いと思います。私のお客さんの中にもそういう人がたくさんいます。結婚は本人の自由意志なのに、結婚しないことで変な目で見られる。普通じゃない変わり者とみなされる。これも社会の偏見だと思います。


今の時代は、生き方を選べる時代。

自由に、好きな道を選べばいい。

そう思います。

結婚しない人は変わり者と変人扱いしないで、その人の自由を尊重すべきではないでしょうか。


結婚しない生き方についてどう思われますか?
みなさんの考えをお聞かせください。



私の考えは、それぞれ自由でいいと思います。
結婚したければ結婚すればいいし、結婚したくなければ結婚しなくてもいい。
自分のことは、自分で責任を取る(自己責任)それでいいのではないでしょうか。

自由でいいが、ただしルール違反はしないでいただきたい。
自分が結婚する気がないのに、結婚願望を持っている人と付き合う。結婚願望を持っている人が、結婚する気がない人と付き合う。このルール違反はしないことですね。


ひとつの提案として、(結婚する気のある人とする気のない人を色分けする)
結婚願望がある人は青のカードを持つ。
結婚願望はあるけど、結婚は(3年~5年以内)だという人は黄色のカードを持つ。
生涯結婚する気がない人は赤色のカードを持つ。(結婚は5年以上先の人も赤カード)
名刺交換みたいに、自己紹介の挨拶のときなどにカードを交換する。
それができれば、結婚願望のある人は結婚できない人を選ばないはずです。結婚する気がないというのが事前にわかれば、その人を好きになることはないでしょう。こんな色分けがあるといいですね。

自由恋愛はいいですが、その自由によってたくさんの人が被害にあっています。その被害を無くす手段をそろそろみんなで考える時期に来ていると思います。


結婚する気がある人も、結婚する気がない人も、それぞれが悲しい思いをせず、時間を無駄にせず、限られた人生の時間を有効に過ごすべきだと思います。


そんな色分けしたカードはない。
ではどうすればいいか?
皆さんで考えていきましょう。

明日から私の考えも述べていきます。