ホーム > アーカイブ 2014年07月
はてなブックマーク - 恋愛が失敗する子は「彼の1%の不正」を暴き、恋愛が成功する子は「彼の99%の誠実」に感謝する
女性は恋をすると人格そのものが変わってしまう。普段はおとなしい子猫ちゃんだが、恋をすると豹になる(これを豹変するという(笑))普段は礼儀のある子だが、恋をするとなあなあの無礼講となる。普段は常識のある子だが、恋をすると非常識になる。恋する前の女性と恋をした後の女性は180度違う。その違いがいい方に働けばチャーミングなギャップとなるが、悪い方に働けば事故となる。恋愛が失敗する子は、予想もしていなかった事故を起こす。


事故原因を調査してみると、どうやら彼は彼女の厳しい取り締まりにあっていたようだ。まるで犯人扱い。このシーンを再現してみよう。

彼女「ゆうべあなたはどこにいたの?」
彼「友達と飲んでいた」
彼女「アリバイはあるの」
彼「友達のA君が証言してくれる」
彼女「嘘をつくのではない」
彼 ドキっとしながら「何?」
彼女「この携帯のメールは何!これが動かぬ証拠。あなたは昨夜の9時~0時まで、渋谷の○○○という店で、Kという同僚の女子と食事をしていた。その子からあなたあてにメールが届いているわ『ゆうべはごちそうさま。また連れてって下さいね❤』なにこの❤マークは(怒)」
彼「オレの携帯を見たのか…」
彼女「あなたがお風呂に入っているすきに見たわよ」
彼「人の携帯を見るのは犯罪と一緒だ!」
彼女「やましいことをしていなければ、携帯を見られてもいいはずよ。やましいことをしているから携帯を見られたことに怒っているのでしょう」
その後は×××想像にお任せします。
彼は犯人に祭り上げられ、彼女にたっぷり絞り上げられました。そして一度証拠を掴んだ彼女は、彼のことが信用できなくなり、それからは事あるごとに彼を束縛するようになった。この事故をきっかけに二人は別れることになる。彼女は恋愛に失敗したのです。最初に事故を起こしたのは彼ですが、彼女の事故処理(束縛)が酷く別れることになったのです。



恋愛が成功する子は、事故処理が上手い。彼女はすでに知っている、彼がゆうべ何をしたかということを、彼の携帯をみて知っている。優秀な刑事さんは穏便に済ます。彼の、いや男という全容を把握して穏便にすます。男は野心家で自由人。野心家の自由人である男は、もてたいという欲望が強く、女の子にすぐに鼻の下をのばす。彼もそこら辺の男となんら変わらない。私だってイケメンのいい男には鼻の下をのばす。胸がときめいて鼻の下をのばす。また彼以外の男性と何回か食事をしたこともある。イケメンに心ときめき、他の男性と食事をしても、私はやはり彼が好きである。そこは彼も同じ、他の女の子に鼻の下をのばしても、愛しているのは私だけ。彼には理性があり、彼が私を大切にしている証拠はたくさんある。彼と付き合って1年、私のノートに書いてある彼のスケジュールは、ほとんど私のために使っている。ノートをめくるたびに彼は私を大切にしていると証拠がたくさんある。ときどき怪しいという日もあるが、それは年に数回あるかないか、あっても月に一回あるかないかの程度。99%、彼は私を大切にしている証拠がここにある。連絡は毎日くれるし、週一回以上会っている。これを本命といわないで何を本命というのか?私は間違いなく彼の本命である。鼻の下をのばしている女の子が本命であるわけがない。私だって年に何回か彼以外の男性と食事くらい行く。会社の同僚だったり、サークルや趣味の仲間だったり、女友達が連れてきた男性だったり、彼に内緒で他の男性と遊んだり食事をしたことは何度もある。内緒にするのは理性が働いて、自分は大丈夫だと思っているからだ。彼もそれは同じ、理性が働いて僕は大丈夫だと思っている。人間はパーフエクトではない。欲望渦巻く社会では多少の嘘とごまかしはある。その部分にだけ目を向けるのではなく、99%の誠実に目を向けることだ。皆さんは99%の誠実を見落とし、1%の事故に牙を向いている。私は99%の彼の誠実に感謝する。だから1%の彼の不正は穏便に済ます。

恋愛が失敗する子は彼の1%の不正を暴き、恋愛が成功する子は彼の99%の誠実に感謝する。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 恋愛が失敗する子は喧嘩のあと「自分の努力が足りない」と考え、恋愛が成功する子は「自分の創造力が足りない」と考える
喧嘩をしてしまった。彼との関係がギクシャクした。彼は冷たくなり私を避けている。なぜ私を無視するの?私のどこがいけないの?私の努力が足りないから?恋愛が失敗する子は、いつも自分のせいにする。そして間違った行動に出る。それは、後から謝るという行動。彼の気持ちを取り戻すには、とにかく謝ればいいと思っている。男性からすれば、この女性の行動はとても不可解。なぜ後から謝るの、悪いのはオレの方ではないか、謝られたことで逆に嫌な気分になる。彼女が謝罪するとことは、オレに後から謝れということか「ごめんなさい、オレが悪かった」と謝ってほしいのか?ぅぅぅ……なんか嫌な気分、暗くなる。男性は気分が悪くなり、彼女の謝罪を無視する。謝罪を無視された女性はショックで夜も眠れなくなるほど悩む。私の最後の頼みの綱が…無視された、もうどうしていいかわからない……。そしてこう考える、まだ努力が足りないんだわ、神様教えて、私はどうすればいいの?恋愛が失敗する子は、恋愛に翳りが出るとネガティブなことばかりを考える。朝から晩までそればかりを考える。仕事も手につかず、ゴハンも食べれず、夜も眠れず、日常生活をめちゃめちゃにしてそればかりを考える。自分の努力が足りないと。



恋愛が成功する子は、彼と喧嘩をしたとき、仲直りは喧嘩の最中にすると決めている。家に帰って後から謝罪などしない。喧嘩両成敗、関係がギクシャクしたのはお互いのせいだと考える。こういう場合は、謝罪より放置するほうがうまくいくと考える。このタイミングで謝れば火に油を注ぐことになり、かえって二人の関係は悪化することを知っているからだ。後から謝って済む問題ではない。とにかく謝って関係を取り戻したいという女性特有の手段は使わない。男性からすれば、これは姑息な手段に見えるからだ。男性にこれ以上嫌われたくなければ後から下手な謝罪はしないことだ。恋愛が成功する子は、この先の考えが一般の女子と違う。喧嘩のことは忘れて未来を創造する。彼とギクシャクしたのは、私の創造力が足りなかったからと反省する。謝罪することを考えるより創造力を駆使する考えに持っていく。そして創造力を豊かにするために、美味しいゴハンを食べて、仕事に精を出し、夜はぐっすりと眠る。一日中考えることは、彼との楽しい未来。彼とどんな楽しい未来を創るか、考えるだけでワクワクしてくる。しばらく経って、喧嘩が引けた彼が会いたいという。久しぶりに会った彼女はキラキラ光っている。楽しい創造力の世界にいた彼女はキラキラ光っている。眩しいくらいに美しい。彼は惚れ直し、ニヤついている(笑)そうして仲直りの儀式が始まる。会話が弾み、信頼関係が以前より増してくる。そのとき彼女はぽつりと言う「あのときはゴメンね」…。彼もポツリという「オレも悪かった」…。謝罪は仲直りした後、ポツリと言えばいい。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 恋愛が失敗する子は「彼に他に好きな子ができると」苦しみ、恋愛が成功する子は「ライバルができた」と闘志を燃やす。
これから付き合う男性、あるいは別れて数カ月たった男性がいる。これから付き合うことを期待している女性も、別れた彼と寄りを戻したいと思っている女性も彼のことが好きである。そんな彼は女性の好きだという気持ちを逆手にとって思わせぶりな態度を見せる。思わせぶりな態度に女性たちは期待していくが、期待とは裏腹にどこかよそよそしい。そして冷たい。連絡もほとんど返してくれないし、逢おうともしない。こちらがもうあきらめようと思ったときや忘れかけたとき、ひょんな確認メールをしてくる。「元気?いま何しているの?」と。やめて期待させないで……と思うのが女心だが、彼はそれを無視して忘れかけた頃、諦めかけた頃に連絡をしてくる。そのわずかな彼の行動に女性たちは期待する。ささやかな願いを込めて期待する。それが半年以上続き、ささやかな願いは打ちのめされることになる。友人の情報で「彼には彼女がいる」という話を聞く。その情報で彼を愛していた女性は目の前が真っ暗となる。信じていたのに……。彼に裏切られた女性はもの凄いショックを受ける。


恋愛が失敗して不幸になる子

「彼に他に好きな子できると」苦しむ。そしてその苦しみからなかなか立ち直れない。知らないときはそれなりに頑張れたが、知った以上もう頑張れない。最悪な精神状態となり怨みも出て来る、私の時間を返して、あなたを愛した貴重な時間を返して。私はもうあなたに何年も費やしているのよ、この貴重な時間を返してぇー…と泣け叫ぶ。でも時間は帰って来ない、残されたのは落胆の日々だけ。恋愛が失敗する子は、この先どうしていいかわからない。


恋愛が成功して幸せになる子
まあ、これが男だろうと理解している。こんなケースは巷でたくさん起きている。男は自由奔放で野心的だからだ。よそよそしくしていたのは真剣に向き合う気がなかたということ、男のホルダー保存に引っ掛かってしまった。彼に新しい彼女がいると早く分かって良かった。これで無駄な時間が省ける。もうこれで彼に気を使うこともないし、苦しい曖昧な時間を過ごす必要もなくなった。ああすっきりした。なるほど彼がよそよそしくしていたのはそういうことだったのか、これで納得ができた。さてこれからどうしょうかな?このままバカにされたまま黙って見逃すわけにはいかない。よしどっちがいい女か勝負しよう。彼に最高の女を見せつけてやる。そして彼が私に向き合うようになったら、今度は私の方からふってやる。彼が私にふられるのが恐くて土下座でもすれば、考え直してもいいけど、それは彼次第だね。この作戦は面白い、凄く楽しみだわ。さて明日から、ネコちゃんになって可愛く彼に接しよう。幸せになる子はその後の行動が凄い。そこには何も苦しみがないからだ。苦しみのない行動は、男にとってこれ以上のいい女はいない。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 不幸になる子は「男はずるい」と考え、幸せになる子は「男は野心的」だと考える。
恋愛が失敗する子、彼との恋愛がうまくいかない子

多くの女性は子供の頃から「男はずるい」と教えられてきた。男はずるいから警戒しなさい。騙されないように注意しなさい。芸能人のゴシップやネットの性犯罪。たくさんの女性たちが騙され裏切られてきたニュースを見る度に、「なんで女ばかりが不幸になるの」と憤慨する女性たちも多いと思う。有名人のゴシップやマスコミで流れる性犯罪のニュースばかりでなく、身近でも「男はずるい」という噂話は絶えない。友達のA子が彼に騙された。彼の子供を妊娠したら、彼は急に青ざめて逃げた。私と会う約束をすっぽかして他の女と会っていた。彼の部屋に行ったら女物の下着があった。彼は私が一番好きだと言っておきながら浮気をしていた。彼は働かない怠け者男、デート費用は全部私が払っている。食事が終わった後に「いけない財布忘れた」とわざとらしい嘘をついて食事代を私に払わせる。その他モロモロ……。男はずるいという話は絶えない。そして、こんなずるい男と付き合っている女性も彼ことが好きなのである。彼のずるさに傷つきながらも彼のことが好きなのである。恋愛が失敗する子は自己責任という言葉を嫌うので、芸能人や性犯罪者を批判して、友達や他人を批判して、自分をごまかそうとしている。



恋愛が成功する子、彼との恋愛がうまくいく子
恋愛が成功する子は「男は野心的だ」と考える。野心があるから上を目指す。芸能人を見ていると、出世するたびに、いい女に替えている。自分の能力が上がるたびにそれに見合った女性に衣替えしている。とても野心的だ。男は自分の器の中で女を選んでいる。金のない男は金のない女を選び、愛のために金をなんとか引き出させる。愛を求める女には愛を提供し、それでも満足いかないからよその女に愛を提供している。男に騙される女は男に騙される素質を持っている。類は友を呼ぶ、同類だ。


恋愛が成功する子は「男は野心的だ」と考える。男の野心に勝つためには自分も野心的にならなければならないと考える。女性の野心は男を見極める能力である。その能力を磨くことで自己責任が果たせると考える。自分に責任を持ち、幸せになるために全力を傾ける。言いわけをして労力を無駄にすることなく、創造力を発揮して問題を解決することに全力を尽くす。恋愛が成功する子はずるい男を愛さない、ずるい男は価値のない男だとしての最低評価を下す。そんな男を愛する女にならないと決める。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 不幸になる子は「男は複雑」だと考え、幸せになる子は「男は単純」だと考える
恋愛が失敗する子、彼との恋愛がうまくいかない子は、「男性は複雑な生き物」だと考えている。とても複雑な生き物で、女性が思っている通りにはいかないと考える。最近の彼はメールが激減し、逢いたいと誘ってもなかなか逢ってくれない。仕事が忙しい忙しいばかりいって、私のことどう思っているの?いつまで待たすつもりなの?私のこと避けているの?なぜ私に冷たい仕打ちをするの?ホント男は何を考えているのかわからない、複雑な生き物だわ。男は面倒で疲れる(ハー)



恋愛が成功する子、彼との恋愛がうまくいく子は、「男性は単純な生き物」だと考えている。とても単純な生き物で、女性が思っている通りにいくと考えている。最近の彼はメールが激減し、逢いたいと誘ってもなかなか逢ってくれない。恋愛がうまくいく子はこう考える。彼は男の本能に目覚め、私のために仕事に頑張っていると考える。(私のために頑張っている…ウフ❤)だから彼に頑張ってもらわなくてはいけない「あなたお仕事頑張って、疲れ様です」と応援して、私は自分の好きなことをやる。男は単純だから仕事が終わったら私のところへ帰ってくる。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 良心
どんな人間にも良心がある。
最近そういうことを考えるようになった。
「人間には良心がある」と。
私の占いも否定から肯定へと良心の傘に変貌しつつある。


彼は悪い男ではない、きっといい奴だ。そして面白い、いろいろなハプニングを起こしてときに悲しみと苦しみを与えるが、君たちはぴったり合っている。周りから反対されても、君は彼を選んでいる、だから彼と君はぴったりだ。


君は彼の否定的な言葉に傷つきながらも、この言葉を鵜呑みにするのではなく、何とか良くしようと頑張っている。健気だ。頑張れ。


君が前向きになれば、彼は後ろ向きになり。彼が疲れた一人になりたいと言えば、君はそういうときこそ私が傍にいるべきだと言う。彼が忙しいと言えば、君はあえて邪魔をする。彼が付き合う気がないよと言っても、君は好きなのはあなたしかいないと言う。君が結婚したいと言えば、彼は結婚したくないと言う。それに君が疲れて落胆していると、彼はご機嫌をとってくる。素直でない可愛げのないメールで「お~い、何している」とメールを打ってくる。彼のことでこれほど悩んでいるのに、バカたれな彼は全然気づいていない、このアホンダラ!と言いたい。いや彼は気づいている、だからこそデリカシーのないメールを送る。彼も寂しいのだ、君が噛みつかないと。君たちは仲が悪そうに見えて、実はとても仲が良い。男と女は表裏一体だからだ。この調子で頑張れ、彼の否定に、彼の抵抗に立ち向かえ、人間には良心がある。だから頑張れ。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - はっきりしない彼にイライラする
男がいう「女はメンドクサイ」と。
女がいう「男はメンドクサイ」と。
メンドクサイな、という話はたくさん聞いている。
どうしてこうメンドウなことばかり起こすのだ!男と女は(笑)
女のメンドウは多岐に渡るが、男のメンドウはひとつに絞られる。
それは、
はっきりしないことだ。
はっきりしない、ホントにはっきりしない。
なぜだろう?
優しいのかな、男は。
遠慮深いのかな、男は。
そう、優しくて遠慮深いからはっきりしないのだろう。


男の優しさ。
「君のことが嫌いになった」「他に好きな女ができた」「君とは結婚する気がない」とはっきり言えば、君を傷つけてしまう。だからはっきりと言えない、はっきり言えば傷つけてしまうからだ。僕ははっきりしないことが優しさだと思っている。この問題の解決は後回しにしたい、だからゴメン、今ははっきりできない。


男の遠慮深さ
まだ実力もない、準備もできていない、目標も達成していない、お金もない、他にやることがある、自由でいたい、遊んでいたい、という気持ちが男にある以上、男は遠慮深くなる。遠慮深い男はズケズケとものを言わない。人を押しのけて前に出ない。遠慮深く「どうぞ」と道を譲る。一歩引いたマナーのある男、決して無理をしない。責任が取れないものにとると無責任なことは言えない。様子を見ているのだ、いつか自分がはっきりするのを。だから遠慮深くなる。


ほんと男ははっきりしない。
優しくて遠慮深くてはっきりしない。
ずる賢くて卑怯者の悪い男もいるが、大半の男は優しくて遠慮深い小心者。根はいい人。それに対して女性たちは、はっきりしない彼にイライラする。「いつ、はっきりするの!わたしもう待てないから、のびた君。」




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - いやはや逃げる男たちが多いね
逃げる男は捕まえよう。
積極的になって捕まえよう。
逃がすな!彼氏を。
……。
なんか逆だ。
私の記憶では、
逃げる女を捕まえよう。
積極的になって捕まえよう。
逃がすな!彼女を。
と記憶している。


この時代は、女性たちがリードしなくてはいけないのか。地球の歴史が変わっていく。宇宙人のジョーンズ博士。いや(オキカワ博士)


しかして逃げている人は必至だろうな。罪を犯した犯人みたいに必死に逃げている。捕まったら自由がないと逃げる。それを逃がすものかと必死に追いかける警察(彼女)、捕まるものかと必死に逃げる犯人(彼)。まるでアメリカ映画だ。街中のビルからビルへ、道路の走行する車をよけながら、ごったがえす買い物客をよけながら、地下鉄の階段をもの凄いスピードで一気に駆け下り、入ってきた電車に飛び乗る。(プシュー、バタン、ドアが閉まる)「助かった、逃げられた」とぜぇぜぇしながら安堵の息。でも、次の駅で手配された警察組織によって捕まる。「もう逃げられないぞ、かんねんしろ!」100丁の銃を向けられながら、逮捕される。犯人は両手を上げて、もう逃げない…疲れた…と言って逃げるのをあきらめる。
逃げる男を捕まえる組織があるといいですね。
でも相手は犯人ではないか。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 感謝
お金は、女のために使う。
男の稼いだお金は「妻や子供、家族のために使う」と言っても、感謝がないと男はやる気が起きない。
感謝がないと、「オマエら誰のお陰でメシが食えているんだ」となる。みみっちー男の怒りだが、感謝がないと男はそういう気分になる。感謝がないと、男は何のために働いているか分からなくなるからだ。ほんの一瞬の小さな感謝でいい。それだけで男は朝から晩まで50年、女のために働く。


自分で稼いだ金は自分で使いたい
結婚って意味あるの?
と言っている現代用語の男性の中には、それを女性に感じているのではないだろうか。今の女性は感謝が足りない、と。
もし、そうだとしたら。現代用語の男性が言っているのも一理ある。父を見て、先輩や上司の疲弊しきった姿を見て、自分はああなりたくないと思うようになる。家に帰れば粗大ゴミ扱いされ、父親としての威厳は地に落ち、会社では上司と部下の板挟みにあって使えない男というレッテルをはられる。母親が父親をバカにする家庭は絶対に崩壊し、家庭のストレスを会社に持ちこむ男は出世できない。それを現代用語の男性は予知しているのかもしれない。自分はああはなりたくないと。


だから…「結婚って意味あるの」となってしまう。

それを救う道は「感謝」しかない。
今の時代、その感謝が足りない気がする。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - お金は、女のために使うためにある
自分で稼いだ金は自分で使いたい
結婚って意味あるの?
僕にはわからない。
結婚すれば、苦労して稼いだお金がなくなってしまう。
僕が朝から晩まで働いて、あくせくしてやっと手に入れたお金なのに、僕が自由に使えずに消えてしまうのは嫌だ。それならば結婚する必要はない、結婚なんて無意味だ。


という声を、最近とくに聞く。
結婚って意味あるの?
自分で稼いだ金は自分で使いたい。
という声を。男たちの嘆き節を。


現代用語から言えば、それも理にかなっているだろう。
でも、昔用語から言えば、それはちと違う。
昔用語が現代に参考になるかどうかは分からないが、書いてみる。
「お金は、女のために使うためにある」これが昔用語。女のためにお金を使う?おいおい、愛人でも作るつもりか?そうではない、「お金は女のために使うためにある」というのは、「妻や子供たち、家族に使ってもらうためにある」と言っている。男は稼ぐだけでいい、使い道は女に任せればいい。女の人の方が上手にお金を使えるからだ。


自分で稼いだ金は自分で使いたい。分かるけど…せこい。
結婚って意味あるの?大いに意味がある。この意味を知るようになれば、君はせこい男でなくなる。


バーっと稼いで、バーっと彼女や奥さんに使ってもらいなさい。君の稼いだ金はそう使えばいい。それができれば、稼ぎに値する男になる。ケチ臭い男はけちな金しか回って来ない。割り勘にしている男は、いつも給料が半分だ。いつまでもうだつが上がらないのは、自分で稼いだ金を全部自分で使ってしまうからだ。そしてさらに女に金を出させている奴は論外、男をやめてしまえ。


自分で稼いだ金が使えない。よくあることだ。給料が安いからな。そのときは霞でも食ってろ。結婚当初は霞を食うのが一番いい。はあーとため息をつきながら霞を食う。慣れてくればどうってことない。霞みも乙なものよ。私も結婚当初は、小遣いが十分の一になった。今までは10万円使えていたものが1万円となった。はあー。自分で稼いだお金が、女に使ってもらう生活が始まった。当時はそれで良かった、これが当たり前だった。


結婚したことに後悔してない?ぜんぜん。むしろ感謝している。稼いだ金を使ってもらって感謝している。だから今まで頑張れて来れた。


欲しいものがあったらどうする。
カメラが欲しい、バイクが欲しい、車が欲しい。
稼げるようになったら買いなさい。

友達と飲みに行きたい、旅行に行きたい。
稼げるようになったら行きなさい。

何のために働いているの?
共に生きるため。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。