ホーム > 月別アーカイブ: 2015年07月
男「会社の同僚の女の子、仕事の能力も高く、器量よしで、とてもいい子なんだ」
女「(イライラしながら)『ふ~ん』と応える、この子のことが好きななんだ(嫉妬して)」

彼の最近の話題は、会社の同僚の女の子の話題が多くなった。彼は何気なくその子の話をするが、聞いている彼女はあまりいい気がしない。この女性のことが好きなのかな?と勘繰りたくなる。

男性が特定の人の話をするのはその人に対して関心がある証拠。関心とは、ある物事に心を惹かれ注意を向けること。そして関心には、良い意味と悪い意味がある。

良い意味の関心、「尊敬」(人格・識見・学問・経験などの優れた人を,尊び敬うこと)
悪い意味の関心、「誹謗」(他人の悪口を言うこと)
さらに、あるもの事に心を惹かれ注意を向ける関心には異性に対する愛情がある。異性に対する愛情は良い意味も悪い意味も含まれている。

男性が、会社の同僚の女の子の話をするのは、尊敬・誹謗・愛情、良い意味も悪い意味も含んで話題にしていることが多い。「この子は、仕事の能力が高く、素直で明るい性格なので社内でも評判もいい」という尊敬から「でも、俺の好みではない。チャラチャラして男に媚売っているところが嫌い」という誹謗から、「この子の将来が心配…大丈夫かな…」という愛情もある。

話題に上がっている会社の同僚の女の子は、彼がその子のことを一生懸命褒めるわけでなく、彼女の手前「俺のタイプではない」と安心させるフォローもちゃんと入れている。その点、男性もバカでなく彼女に余計な心配をかけたくない配慮もする。だが、その子に関心があるのは事実。

勘の鋭い女性は、彼の「俺のタイプではない」という言葉に一時期安心するも、その子の話題が上がるたびに嫌な気分になる。彼は「俺のタイプではない」と言っているけど、果たしてそうなのか?その子のことが好きなのではないか?だからその子の話題が上がるのではないか?と勘繰り嫉妬する。


そこで質問。
彼が自分以外の女の子の話をしたら、あなたはどうしますか?
彼がその子のことを褒めたら、どうしますか?
彼がその子のことをバカにしたら、どうしますか?
彼が「その子は俺のタイプではない」と言ったら安心しますか?
彼がその子のことが好きだとわかったとき、あなたはどうしましか?
いずれにしても聞きたくない、彼が関心のある女の子の話題。あなたは今後、どのような対応をしますか?



女「A子が彼氏に振られたの、ねぇどう思う?それから来月B子が結婚するそうよ」
男「なんで女は人様の恋愛の話ばかりするの?興味ない、人のことはどうでもいいじゃん」

前記の続きで、「仕事の話ばかりする男と反対に恋愛の話ばかりする女」これはどうなのでしょう?女性は男の仕事の話を聞くのは歓迎だという意見が多く。彼がどんな仕事をしているのか?どんな心持で仕事に携わっているのか、仕事に対する夢や目標に興味がわく、というような意見が多かったような気がします。

果たして男性はどうなのでしょう?彼女の恋愛話についていけるのでしょうか?

女性の理想の恋人は、友達の恋愛相談を気軽にできる男性。
ある女性が言っていました。「恋愛の悩みを真剣に聞いてくれてアドバイスをしてくれる男性が私は好きです。」これは自分のことではなく、恋愛で悩んでいる友達のことを相談したら、彼は真剣に話を聞いてくれたというところからきています。友達の悩みを聞いているうちに私自身が精神的に疲れてしまった。それを彼に打ち明けたら、彼は面倒臭がらずに話を聞いてくれた。そして私が悩まないように的確なアドバイスもくれた。友達はうまくいっていない恋愛で苦しんでいるけど、私には彼がいるから大丈夫だと思うようになった。女性は他人と比較して自分の幸せを確認しているのかもしれない。「友達の恋愛相談まできる彼が本物の恋人」女性は友達の恋愛相談までできる男性を完璧な彼氏とみなす。

彼女の友達の恋愛相談まで付き合う彼氏。今の男性は優しいからそれが出来るかもしれませんが、長くは続かないと思います。出口の見えない女性の悩みは、よほどの神経の持ち主でないとできないからです。普通の人はネガティブな話が続くと、そのうち切れて、「いい加減にしろ、この話はもう二度とするな!」となるでしょう。解決策を主とする男性は、解決策を示しても、解決しようとしない女性の感情に嫌気がさし、話を振り出しに戻す女性の話に懲り懲りするからです。

女性は男性の仕事の話に忍耐強く長く聞くことができるが、男性は女性の恋愛話に忍耐強く長く聞くことができない。その点では女性の方が忍耐強いと思います。コミュニュケーション能力も言語能力も女性の方が上だからでしょう。

そこで質問。
あなたは彼に恋愛の話をしたことがありますか?
そのときの彼の態度はどうでしたか?
彼は忍耐強くあなたの話を聞いてくれましたか?
それとも面倒臭がって聞く耳を持たなかったですか?
あるいは人の恋愛話はするなと否定されましたか?





女性の意見として(皆さんのコメントから)

女性も、好きな人なら「仕事の話は大歓迎」という人が多い。逢えない時の彼の様子が解るし、生き生きと仕事をしている彼に好感が持てる。ただ、同僚や上司や部下の悪口や愚痴などを常に話題にされるのはNG。

彼に好きな女性のタイプを尋ねた時、開口一番、「仕事に理解のある人」という答え。わたしも男の人は仕事が一番だと思うし、命を懸けて大切にしていることを教えてくれるのは嬉しい。

男の仕事話で嫌な部分と尊敬できない部分。
場所をわきまえてほしい。
公共の場、例えば電車内やカフェ等で、大声で周囲の人に聞かせるかのごとく、仕事の話、それも専門用語等を使い、携帯で喋っている男を時々見かけますが、あんな見苦しいものはないですね。
意義のある仕事をしているか。
どんな仕事であれ、長期的な視点から見て社会的な意義のある仕事をしている人の場合は尊敬しますが、そうでない場合は相手の人生の器の限界を感じます。


「仕事の話ばかりする男」私自身は「どうかな?」である。

いくら男は仕事が大切だといっても彼女の前で四六時中仕事の話をするのはナンセンス。仕事バカの余裕のない男にしか見えない。

余裕のない男は恋愛にも影響が出る。「仕事が忙しく会えない」とか「仕事が忙しく連絡できない」とか、恋愛をないがしろにする悪影響が出る。

やっと連絡がついたとしても、仕事の業務報告。「○○時にクライアントとの打ち合わせ、○○時に営業会議、そして夜は飲み会で○○を接待する」これだけ自分は忙しい、という報告。報告はその日だけで終わらない。来週から○○へ出張する、来月は海外へ出張する、というような数カ月先までの仕事の予定も報告してくる。

久しぶりの彼の連絡は「いかに自分の仕事が大変か、そしていかに忙しいか、またこの仕事に携わっている自分がいかに有能か」に終始している。業務報告ばかりする男は、待たしている彼女への配慮が足りない。数カ月先まで仕事の報告をするということは、数カ月連絡が取れない、数カ月会えないことを意味している。これでは付き合っている女性が大変だ。苦しい状況に追い込まれるのが目に見えてくる。彼女の前で四六時中仕事の話をする男はこういう傾向になりやすい。そういう男との付き合いは、待たされることが日課となり、待たされ過ぎて心が折れてしまう恋愛となる。

仕事の話ばかりをする男は、私自身がいいとは思わない。本当に仕事ができる男は彼女を待たせることはしないからだ。仕事ができる男は、彼女に対してさほど仕事の話はしない。仕事とプライベートはきっちり分けて付き合っているから、彼女との楽しい話題に終始する。


「男は家庭に仕事を持ちこむな!」古い考えかもしれないが、私はそういう男が好きである。




男「今日会社でこういうことがあってさ…これからの仕事の予定はこうなんだけど…」
女「なんで男は、彼女と会っているときに仕事の話ばかりするの?今は仕事のこと忘れて」

今夜は仕事帰りに彼とゴハン。
レストランで二人だけの食事。
でも、彼は…仕事の話ばかりでつまんない。二人で会っているときは仕事のことを忘れてほしいのに。
女性の中に彼の仕事の話を熱心に聞く人もいる。きっと彼と会っている時間が楽しいのだろう。でも毎回仕事の話ばかりではさすがに嫌になってしまう。なんで男は仕事の話ばかりするの?

それを知らずに男は仕事の話ばかりをする。
男の仕事の話はキリがない。自分がどういう仕事をしているのか?彼女に細かく説明する。彼女が彼の仕事に興味が無くても、自分という人間をわかってほしいがために強制的に説明する。会社の方針やシステム。将来の計画や目標。その中で自分はどんな活躍をしているのか彼女に自慢したいのが男の性質。現場で起きている問題点や改善点、その中で登場する上司や同僚や部下をリアルに登場させ、おもしろおかしく、刹那的に「男はつらいよ」の物語を演出して披露するか暴露する。男の仕事はドラマの宝庫、この物語は永遠に続く。一日の大半を仕事に埋もれている男は、話は仕事の話しかない。


なんで男は仕事の話ばかりするの?
その答えは簡単「男は仕事が命だからです」
反対に、なんで女は恋愛の話ばかりするの?
その答えも簡単「女は恋愛が命だからです。
男は仕事に興味があり女は恋愛に興味がある。興味の対象が大きい方に話がいくのは当然のこと。

男の酒の宴でも、「今日は仕事の話をやめてよう」と誰かが提案したとする。すると「今日は仕事の話はやめよう」と誰かが賛同する。そしてみんなが、仕事の話はしないことにする。それからどうなったか?無口でシーン…の沈黙の時間が続く。誰かが彼女の話をボソボソとするが、あまり長く続かない。そしてゴルフやサッカーなどのスポーツの話題に少し盛り上がり、30分後には仕事の話に戻っている。3時間の酒の宴、2時間半が仕事の話。これが男である。

会話は彼が一日中喋っている。話の内容は仕事の話ばかり。
そんなことを女性の皆さんからよく聞く。彼の話題は仕事しかないと。

あなたは仕事の話ばかりをする彼に、どんな気持ちを持ちますか?



「俺と付き合ってみる?」という言い方はほとんどの女性に支持されない。
軽すぎる。お試しみたい。自分の逃げ口を作っている。上から目線で人を見下しているようで不愉快な気分になる。そして、その言葉の裏にはずるさが見える。「僕は君が望むならつきあってあげてもいいよ」。何かあったら「君が僕と付き合いたいって言ったんでしょう?」 とか「僕はどっちでもよかったけど…」と責任回避されそう。

「俺と付き合ってみる?」という他人事のような言い方は、現代社会が生んだひとつの歪みです。格差が広がり不安定となった社会では、責任を回避する動きが出ている。また自由と遊びが加速した現代では、苦労をしないで楽に生きる方法として責任回避の動きが出ている。

こんな時代では、責任をとって生きるより、自分を守りながら楽に生きた方がいいという考えを持つ人が増える。さらに社会は情報量が増え、個人個人の考え方もグローバルになってきた。一過性の考えではなく多方面な考え方を持つマルチ人間が増えた。この時代において「男の責任がどうのこうの?」という考え方は、あまり意味を解さないのかもしれない。だから「俺と付き合ってみる?」という他人事のような言い方をする。


こんな時代だからこそ、女性たちはネガティブになってはならない。

「俺と付き合ってみる?」かまをかけた(誘導尋問のような)言い方が今の時代に合っているとはいえ、それじゃいつまで経っても幸せになれない。時代の流れを把握するのはいいが、時代の流れにネガティブにどっぷりつかってはいけない。こんな時代だからこそポジティブにものを考えること。責任転嫁するような男らしくない男は捨て、責任を果たす男を選ぶこと。時代の流れを把握し、この時代だからこそ本物を探すぞ!意気込めば、責任をとる男を見つけることができる。





男「俺と付き合ってみる?」
女「付き合ってみる?ではなく、『付き合ってください』と言ってほしい」

男性の中には、他人事のように「俺と付き合ってみる?」と、無責任な言い方をする男性がいる。女性側からすればその言い方は、「何かあったときに責任はとらないよ」に聞こえる。自分の責任を回避して人のせいにする言い方。男は女より上だと思って舐めているのか、それとも男として自信がないのか、NOと言われて恥をかきたくないのか、とにかくその言い方は、女性にとってとても不愉快な言い方。男なら、「俺と付き合ってみる?」ではなく、正面から正々堂々と「付き合ってください」と言ってほしい。

逃げ腰の男性は、言い訳がましいというか、無責任というか、何かあったときは自分に被害が及ばないようにしている。まるで官僚主義、独自の裁量と責任で行動するのではなく、建前論を根拠に対応している。その態度は、しばしば傲慢で独善的に見える。

最近は男性の方が女性の専売特許を使っている。専売特許とは依存心。依存心の高い女性が「私と付き合ってみる?」と言うのはわかるが、男性が「俺と付き合ってみる?」と言ったら、あべこべだ。男女の中性化が進み、どっちが男だか女だかわからなくなってきた。今の時代は、男女どちらとも依存心が高いのかもしれない。

「俺と付き合ってみる?」これがたとえ冗談でも、かまをかけて相手を誘導する言葉でも、やはり男らしくない。男は男らしく真正面から「僕と付き合ってください」と言うべきである。

そこで質問。
あなたは、男性に「俺と付き合ってみる?」とかまをかけられたら、どんな対応をしますか?



男性は行動こそがすべて。

男性の中には言葉と行動が伴っている人もいる。また男性の中には言葉と行動が伴っていない人がいる。両者の見極め方は、その男性の行動を見ればわかる。本当に好きな女性に対して男性は変わりのない行動を示す。

毎日「好きだよ・愛しているよ」といって、一見軽そうに見える男性でも行動が伴っていれば問題ありません。毎日「好きだよ・愛しているよ」と言えるのは、よほどその女性のことが好きなんでしょう。

またその逆のタイプで、「好き」となかなか言ってくれない男性でも行動が伴っていれば問題ありません。こういう男性の「好き」と言う言葉は「好き=責任」と重く、男が最後に言う言葉だと思っているのでしょう。


言葉を、軽く使う重く使う男性の差は、性格の違いで大差はありません。問題なのは行動が伴っているかどうかです。


女「彼は私のことを『好き』だと言ってくれない」
男「そんな恥ずかしいこと、口が裂けても言えない」

とくに、日本人の男性はそうですね、彼女に対して「好きだよ」と言わない。女性は彼からの愛の言葉を待っているのに…なかなか「好き」と言ってくれない。男性は「そんな恥ずかしいこと、口が裂けても言えない」と抵抗する。

男「オレは日本人で西洋人ではない。日本人は、西洋かぶれの『愛している・好きだよ』という色情魔の言葉を使ってはいけない。日本人は黙って彼女のことを愛するべし。これが日本のサムライ魂だ。」

彼にこう言われた女性は、(ばっかじゃないの、あなたはサムライでもなんでもない。そこら辺にいる農耕民族と一緒じゃん、都合のいいときだけ自分をサムライ扱いするな!)と思いつつも、彼にはこう伝える。

女「日本人とか西洋人とかサムライがどうのこうのではなくて、素直に私のことが『好き』だと言って欲しいだけ。素直な気持ちに体裁も大義名分も必要ないと思うの。心をこめて『君のことが好きだよ』と言ってくれれば、私はあなたに一生ついていくわ。それが女心よ。女心は、『ねぇ私のこと好き?』『うん好きだよ』という愛の確認作業を一日一回すれば満たされるのよ。」

男「一日一回?それは無理。」

女「照れるの?」

男「いや、気軽に女に『好き』だという男の気がしれない。そういう男はナンパ師か詐欺師しかいない。口先だけ『好き好き』と言って、後で女を騙しているではないか、オレはそんな男になりたくない。」

女「あなたは詐欺師でもナンパ師でもないわ。私が信頼できる唯一の男性よ。女は一番信頼できる男から『好き』と言って欲しいのよ?ね、、、お願い。」

男「男はやっぱり言葉より行動だな。好きだと言う代わりにオレの行動見てくれ。」
女「(こいつ、どうしても好きだと言わない気だ!)あきれた…」

あなたは彼に『好き』と言って欲しいですか?
それとも行動があればいいですか?
あなたの考えお聞かせください。



男からすれば、女という生き物は、とても冷酷でとても残酷。

恋人との別れ=他人。
別れた男には、思いやりや人間的感情がなく、無慈悲にひどい扱いをする。別れた男に対して、とても冷酷でとても残酷になるのが女。この豹変ぶりにほとんどの男が傷つき、悲しい思いをしている。

男は別れても、「彼女はオレのことをまだ愛している」と思っている。それに対して女は「別れたら他人」と思っている。恋愛脳の創りは、男と女では違う。

男は最初に女を追いかける。女は後から追いかける。恋愛に疲れた男が逃げるように別れを告げる。別れたくない女は苦しみながら逃げる男を待つ。散々苦しんだ数カ月後に女はその男をあきらめる。1年ほど経って恋愛の疲れと、過去のわだかまりがとれた男は「久しぶり!今度飲みに行かない?」と連絡する。女は「何をいまさら」と冷たくスル―する。男は「彼女はオレのことをまだ好きなはずなのに、なんで?」とショックを受ける。

付き合っている中で男は女に対して冷酷で残酷な扱いをする。
別れたら男に対して女は冷酷で残酷な扱いをする。

女は愛が継続中のときは一生懸命努力するが、愛が終わったら180度人格が変わる。この豹変ぶりは男には理解できない。想像を絶する冷酷で残酷な女がそこにいる。だから、男からの復縁は無理。愛が終わった女の愛を取り戻すことはできない。

だから男たちよ。「女と別れたらお終いだ。」


あなたが別れた彼との復縁を望むのなら、この男と女の恋愛心理を逆利用するといい。あなたが、別れた彼はどうでもいいと思うのなら、女脳で冷たくスルーすればいい。

このケースの復縁方法は?
うむ…話が長くなるので、続きは占い館で話しましょう(笑)
「男の未練を逆利用する」というテーマで。






男「久しぶり!今度飲みに行かない?」
女「(別れたのに連絡するってことは、復縁できるってこと?)」

別れた彼から久しぶりに連絡が来た。
もう彼のことはとっくに忘れていたのに…なんなの今頃?しかも唐突になんの詫びる様子もなく連絡をしてくるなんて、どういう神経しているの?

あなたと別れて私がどんな思いをしたかわかるの。体重は7kも減って、友達にも会社にも家族にも迷惑をかけた。友達からは「あんな男やめとけ、別れたよかったじゃん」と散々なじられて嫌な思いをし、仕事はうまくいかず「やる気がないなら辞めろ!」上司に怒られ、家族はげっそり痩せていく私に「大丈夫なの?」と沈痛な思いで心配された。あなたと別れて私は暗い生活を余儀なくされた。仕事も人間関係もダメになった。すべてがあなたのせいよ。
そんな思いをして、やっとあなたのことを忘れたのに…なんで連絡してくるの?
やっと失恋の傷から癒されて、体調も回復してきたのに…なんで連絡してくるの?
期待しちゃうじゃない…私はあなたのことがまだ好きだから。

別れた彼女に連絡する男性の心理。
はっきり言って、男性は女性のようにあれやこれやと物事を考えたりしません。男性が別れた彼女に連絡するのは、軽い気持ちと、ちょっとした原因と思いつきです。
1、なんとなく。
暇だから、なんとなく、気が向いたから、ちょっと寂しくなって、連絡してきた。
2、仕事がうまくいかず。
元彼も別れた後に運を悪くし、仕事がうまくいかず、むしゃくしゃしているところに、元カノことを思い出して飲み行かない?と誘った。
3、新しい彼女と別れて。
元カノと別れてすぐに新しい彼女を作ったが、うまくいかず別れた、失恋した辛さから元カノに連絡してきた。
男性が別れた彼女に連絡するのは、すべてが男の都合によるものです。別れたに彼女がどんな辛い思いをしたか?その気持ちを察することはありません。自分が寂しいから、あるいは自分が辛いから、軽い気持ちで別れた彼女に連絡を取る。甘えているのでしょう。

別れた彼から連絡が来た場合、あなたはどうしますか?