ホーム > アーカイブ 2015年07月
はてなブックマーク - 予約の空き状況
8/5(水)16時~17時
8/7(金)15時~17時
8/8(土)20時30分~21時

上記に空きがあります。
明日12時45分~13時
にて受け付けます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 沖川の見解
自由になりたくて、別れを切り出す男性。器が小さいと思うかもしれないが、自由になりたくて別れを切り出す男性は多い。「え、なんでこんなことで別れなくてはいけないの?自由が欲しければ、自由になりたいと言ってもらえばいいのに、私はあなたを束縛しているわけではないのよ」と女性は思うかもしれません。でも、違うのです。男性が求める自由は女性が考えている自由と比べものにならないのです。

例えば、数カ月会わなくてもいいくらいの自由。もっと極端に言えば、一年や二年会わなくてもいいくらいの自由なのです。もちろん連絡はその間一切なし。これだけの自由を女性は男性に与えてくれるのでしょうか?女性の時間(タイムリミット)からいったらそれは無理な話だと思います。数カ月から数年も会えない自由を彼に与えてしまったら、もう彼は恋人ではなくなるからです。


彼が自由を求めたら私はどうすればいいの?
男性のサイクルを見極めれば心配ない。
サイクルは男性によってマチマチですが、パターンは一緒です。数週間単位の人もいれば、数年単位の人もいる、サイクルは短いか長いかです。女性の見極めはサイクルの長さを計ることです。数週間数カ月なら待てるけど、何年も待てないとなれば、彼をあきらめて損切りしてください。待たす男性はいつまでも待たせます。また永遠に待たすかもしれません。そんな男性を待っていたら人生を無駄にします。いつまで待てるか、その期日を女性自身が自分で決めることです。

ほとんどの男性はちょっと自由を与えれば戻って来ます。戻って来ないのは自由を与えないからです。「女性は待っている間に酷く苦しむ。それによって男性が嫌になる」このパターンの繰り返しです。このネガティブなパターンを繰り返さないために、男性が持っている「自由になりたいというサイクル」を女性は見極めることです。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 明日から8/4~8/9までの予約を受付けます
お待たせしました。
明日から8/4~8/9までの予約を受付けます。
受付時間は、
7/31(金)12時15分~13時、17時45分~18時
8/1(土)12時45分~13時
を予定しています。
皆様のご予約お待ちしています。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 自由を大事にする男性
男「彼女とだけ過ごすと自由がなくなる気がする、もっと自由に好きなことがしたい」
女「私と一緒にいるのが不服なの?こうして一緒にいるのが楽しくないの?」

昨日まで仲の良かった彼が突然別れを言いだす。

彼「申し訳ないけど、君と別れたい」
なんの前兆もなく、突然彼に告げられた彼女は、頭が真っ白になる。
彼女「え!なんで…どうして?」パニックで言葉が出てこない。
彼「ゴメンね、君のことが嫌いになったわけではない」
彼女「嫌いでないのになぜ別れなければいけないの?」
彼「君といると楽しいけど、自分らしさを失っている気がする」
彼女「私といると楽しいけど、自分らしさがなくなる?私の何が不満なの?私の何がいけないの?」
彼「いや君は悪くない、悪いのは僕の方さ」
彼女「なぜそういうこと言うの?それじゃわからない。別れたいという理由は何なの?」
彼「疲れたんだよ」
彼女「私が疲れさせた…の?」

彼「最初は君といる時間が楽しかった。君はチャーミングで一緒にいるだけで僕の心は癒された。青春の一ページを飾るような淡い恋に浸るのも悪くないと思った。だが、途中から何かが違う?これは僕らしくない…と考えている自分もいた。気づけば、君と付き合うようになってから僕には自由がなかった。君と居ると楽しいけど、自由がない僕は監獄に入っているような気分になっていった。愛することは素晴らしいけど、愛は縛りとなって自由を奪う。規律正しい愛の縛りによって一日たりとも僕は自由を与えられなかった。毎日のメールやライン。週末はいつも君と一緒。規則正しく相手を思いやる恋愛のルールは最初の数カ月は楽しかったけど、やがてそのルールによって自由を奪われていることに気づいた。そして、自由がないことに苦痛を感じて、疲れてしまったんだよ」

彼女「私はあなたと一緒にいると楽しいし、あなたに対して何の不満もないわ。あなたと付き合えて私は充実した日々を過ごせるようになったの。仕事にも生活にも張りが出て、モチベーションも上がり、将来に期待が持てるようになった。私の環境が良くなったのも、すべてがあなたのお陰よ。だから、私を不幸におとしめることは言わないでください。お願いだから疲れたなんて言わないで…お願いだから別れるなんて言わないでほしい」

彼「君は充実しているかもしれないが、僕は充実していない。自由を奪われた僕は疲れ果てている。僕はやはり独りがいい。独りになって自由に好きなことがしたい。その方が僕の人生は充実する。だから別れたい」


女は愛のエネルギーによって活性化され、男は愛のエネルギーによって消耗していく。女は愛を継続することに生甲斐を持つが、男は愛を継続するよりたまに切り離して自由になることで生甲斐を持つ。

この違いをあなたはどう考えますか?





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 沖川の見解
男と女は趣味嗜好も違えば価値観も違います。それが男と女ではないでしょうか。(自分で仕切りたいのに、いつも彼女に仕切られる。女の趣味ばかりに付き合わされるのは嫌だ)という態度を彼が見せ始めたら、たまには彼の趣味に合わせてみることです。偏見をなくして彼のリードでデートをしてみる。すると意外な発見があるかもしれません。男性の趣味は女性に合わないかもしれません。反対に女性の趣味に男性に合わないのです。男性は男らしいものを好み、女性は女らしいものを好むからです。双方が自分の趣味ばかりにこだわっていたら、男女関係はうまくいきません。視野を広げるつもりで、新しい発見をするつもりで、相手に合わせることも必要です。男女関係はお互いの趣味をすり合わせて、コ―ディネートするとうまくいきます。自分の趣味に合わせたら、今度は相手の趣味に合わせる。互いの趣味のいいところを採用して、いいところは今後も継続する。これがベストな関係です。

キャンセル情報
本日、7/28(火)16時~17時にキャンセルが出ました。
キャンセル分は本日の12時50分~13時にて受付けます。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 女性にいろいろ決められると萎える

女「今日は、ここに行って、ランチはあの店で食べて、帰りはこのルートで帰ろう」
男「(俺が男らしく仕切りたいのに、彼女に仕切られるのはちょっと嫌だな)」
女性の中には仕切りたがり屋の女子がいる。積極的というか、前向きというか、彼とのデートを楽しみたいというか、「今日は、ここに行って、ランチはあの店で食べて、帰りはこのルートで帰ろうね」女子主導で、女子の希望に即したプランを立てる。これが決して悪いわけではない。ただ、男性によって受け入れる人と受け入れない人がいる。

受け入れる人は、女性に仕切られることにさほど抵抗がなく、どちらかという女性にリードされたい男性。または女性に仕切られても悪い気がしない器の大きな大人の男性。前者はシャイな草食系男子。後者は寡黙な高倉健のような控え目で静かな大人の男子。どちらも女性にリードされて抵抗を感じない。むしろ彼女が喜べばそれでいいと思っている。

受け入れない人は、やはり自分でリードしたいタイプ。男らしい面もあるが、どちらかというと亭主関白のオレ様。女の趣味は合わないから男の趣味に合わそうとする。人混みが嫌いで、ディズニーや渋谷などの人が多く集まる場所は行きたがらない。行くのはアウトドアか男の好きそうなスポーツ観戦。あるいはどこも出かけずに家の中でノンビリしていることが多い。とにかく女子の好きそうな賑々しいところは行きたがらない。

受け入れる人受け入れない人の中間がいる。世の男性のほとんどはその中間に納まっているのではないかな(例題の男性もその中にいる)。最初は女子にもてたくて女子のご機嫌を取りながら女子の趣味に合わす。だが、だんだんと(なんか違う、オレの趣味に合わない…)と思い始める。女性は最初に彼が何でも聞いてくれるので、彼は優しい人だと思っている。自分の趣味に合わせてくれる彼をいい人だと思っている。彼は優しくていい人となれば、女性のワガママはどんどんエスカレートしていく。そして、彼は私がワガママでも、私の元から去らないと、変な安心感を抱いてしまう

その辺から二人の関係がギクシャクしてくる。
今まで、女性に仕切られていた男性が、女性に仕切られるのを嫌がるようになる。全面拒否でなく、子供が親に反抗するように(俺が男らしく仕切りたいのに、彼女に仕切られるのはちょっと嫌だな)という態度を見せる。女性は男性の気持ちの変化に敏感なので、今までとは違う彼の態度に戸惑ってしまう。それから、デートは気まずい雰囲気になってしまった。最初はかっこつけて女性に合わせていた男性も、あとから男のプライドが出てきて、女性とぶつかることはよくあること。そうなったとき、二人はこの気持ちの変化をどう修正するかだ。

あなたなら、どう修正しますか?




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク -  女性はなんでも浮気だと決めつけたい(沖川の見解)
多くの男性が女性の嫉妬に散々懲らしめられてきた。そして多くの女性が男性の浮気に散々苦しめられてきた。恋人以外の異性とのからみは、どうしても神経が過敏となる。男女関係は、一度でも浮気疑惑が根付いたら修復は難しくなる、だから疑惑がもたれないように配慮したいし、疑惑をもたれたらその疑惑を解消したい。

男性の配慮は、彼女にばれないように隠れてすること。女性側から見れば、悪いことをしているから隠れてコソコソとしているに見えるかもしれないが、男性側からすればそれは彼女を傷つけたくない配慮からきている。だが男性の配慮は下手くそ、すぐにばれてしまう。配慮というより、それは嘘と裏切り以外の何ものでもないという誤解を女性に与えてしまっている。だが、それは誤解だ!男性は説明が下手なだけで、誤解を解く説明がうまくできないだけ。なぜ?説明ができないのか、それは女性には理解できない下心が男性にあるからだ。下心は本能、本能は説明しようがない。だから下心はゴメンなさいというしかない。あるいは下心は説明しても女性に通じないので、ひたすら責めないでほしいと願うしかない。下心は一夫多妻の血を受け継いだ種ばらまきの本能。あわよくば複数の異性を自分のものにしたいという本能。男性は理性を持ちながら下心と戦っている。でもいつも理性が勝っている。下心が勝つのは年に数回だけ。あるいは一生下心を封じ込めようと努力はしている。浮気に走る男は理性が下心に負けた男のみ。その数は少ない。その少ない数に女性は振り回され過ぎて、全ての男性がそうだと思っている。だが、それは誤解だ。大半の男性は理性が上回っている。ほんのちょっと下心があったとしても、彼女を裏切ることはしない。裏切らないようにちゃんと理性は働いている。だから彼女にばれないように隠れてする。それは女性には理解できない下心を隠すためと、彼女を傷つけない配慮からきている。


理性があるのだったら下心はやめたら?と女性は思うかもしれない。下心はある一部的な生理現象。それはやめることができない。女性に恋するのをやめたらと同じようなもの。どちらも本能で、どちらもやめられない。悪か正かは理性に委ねるしかない。女性に判断してほしいのは男性の理性。付き合っている彼が理性の持ち主か、理性をちゃんとコントロールしているか、そこを見てほしい。肉体的にも精神的にも意志薄弱で、動物のように異性を求める男なら別れた方がいい。その判断はあなたがするしかない。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 予約の空き状況
7/31(金)20時~21時
8/1(土)20時~21時
8/2(日)15時30分~16時

上記に空きがあります。
予約は残り少なくなってきましたので、
明日の12時45分~13時にて受け付けます。







ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 女性はなんでも浮気だと決めつけたい
女「このメールの相手、誰?浮気しているの?」
男「取引先の子だよ(どうして勝手に携帯を見るんだ)」

携帯端末ができたお陰で、こういったシーンが多くなった。いつでも相手のプライバシーが見られる時代、便利な世の中になったが、隠し事ができない時代になった。
女の子は男の動向が気になり、男の子は女の動向が気になる。携帯端末を見れば、この人誰?とすぐに発見することができる。この人は誰?と発見する能力は男性より女性の方が優れている。それはそうだろう、女は人類誕生以来、男の悪事をずっと暴いてきた。このDNAが脳に組み込まれている以上、男のちょっとした怪しい動きはすぐにばれてしまう。女の直感はあなどれない。

だが、この直感は過敏すぎる。これでは男と付き合うことはできない。男は自分を疑う女とは付き合えないからだ。

確かに女の直感は当たっているだろう。彼が自分以外の女の子に好意を持っていることをしっかりと当てるはずだ。隠れてコソコソ連絡を取ったり、隠れて会っている事実を突き止めるだろう。だが事実はそこまで。彼がその女性とどういう関係なのか?詳しいことはわからない。仕事関係の取引先の女性だったり、会社の同僚の女性だったり、趣味やサークル仲間の女性だったり、学生時代の友人の女性だったり、彼とどういう関係なのか?深いところまではわからない。また男性も彼女以外の異性と行動するときはなにも言わないで隠れて行動する。ひとつは彼女に余計な心配をかけたくないから。ひとつは彼女の嫉妬が怖いからだ。女はなんでも浮気と決めつける、それが怖い。

女の勘は、男が隠れてコソコソ連絡を取ったり、隠れて会っている事実を突き止めることはできる。だが突き止めるのはそこまで、詳しいことはわからない。そこから先は妄想によって、なんでも浮気と決めつけてしまうのが女性のいけないところ。これには男性もたじたじで、これでは外も歩けない、仕事もできない、社会との交流もできないと嘆く。多くの男性は、自分は彼女を裏切っていないという。他の女性のことを彼女に隠しているのは、彼女に余計な心配をさせたくないという配慮からきているのであって、社会で活動する以上、彼女以外の女性と接点を持つのは仕方がないことだからだ。

ここで質問、
あなたは、彼が隠れてしていることを、なんでも浮気だと決めつけますか?





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 明日から7/28~8/2までの予約を受付けます
お待たせしました。
明日から7/28~8/2までの予約を受付けます。
受付時間は、
7/24(金)12時15分~13時、17時45分~18時
7/25(土)12時30分~13時
を予定しています。
皆様のご予約お待ちしています。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。