ホーム > アーカイブ 2015年10月
はてなブックマーク - 初めに女が警戒し、後から男が警戒する
恋の最初は男からのアプローチ、でも女は警戒する。
恋の終盤は女からのアプローチ、でも男は警戒する。

付き合う前、「彼のテンションが高かった」「彼のアプローチが凄かった」というお話はよく聞く。それに対して女性は、「彼のことに興味がないので冷たくあしらった」「タイプではないので、NOと断り続けた」という内容が多い。

恋の初めは男からのアプローチ、でも女は警戒する。警戒して冷たくあしらい、NOと断り続ける。でも、男の執拗な根性のあるアプローチによって、毎日何通もの熱心なメールの嵐によって、女は陥落し、彼のことが好きだというスイッチが入る。初めの女の警戒心は強い。男はそれをどう乗り越えるかだ。「押して押して押しまくれ!嫌われるほど押しまくれ」そうすれば女は陥落する。警戒心の高い女ほど押しに弱い、だから頑張れ、根性見せろ。


恋の終盤は女からのアプローチ、でも男は警戒する。恋は終わりに近づいた、あとは彼と結婚するのみ。その頃に男の警戒心が強まる。「背負うものが大きいと警戒する」この根性無し!最初の勢いはどこに行った!男のくせに情けないほどプレッシャーに弱いな(がっかり…)「男なら最後まで責任取れよ」と言いたい。だが言っても無駄か、これが現代の男たちの現状だからだ。

さて…こんな時代にどうするか?
プレッシャーに弱い男たちに、女たちはどんな態度で臨むべきか?

1、結婚するまでネコをかぶった方がいい?
その手が有効だが、だが最後までネコをかぶり続ける女を見たことない。いつも途中で化けの皮が剥がれてトラになっている。「ネコからトラに変身するのはまだ早い」と言っても、最近の女子はすぐにトラになってしまう。世の中に可愛いネコをかぶり続ける女が少なくなったのか?それとも女がいつまでもネコをかぶり続けるに値しない男たちが多くなったのか?男と女は小さな戦争を起こし、いつもいがみ合って、ぶつかってばかりいる、双方がワガママになってきたのかな?「ネコかぶり」も相当な根性がいる。ネコかぶりはとても有効、有効だが、これを最後まで貫き通せるのは、男の心理を知りつくした、本当に頭のいい女しかできないだろう。
2、耐えしのんで待った方がいい?
待つことも大切。耐えることも大切。最近の子はワガママになって忍耐力がない。いつも「どうして女ばかりが我慢しなければいけないの!」「女にはタイムリミットがあるのよ、いつまでも待てないわ!」と文句ばかりをいう。しょうがないだろう、ボンクラの男と付き合っているのはあなたなのだから。それが嫌だったらボンクラな男とは別れて責任の取れる男と付き合えばいい。それができないのなら待つしかない。「プレッシャーに弱い男なら待ってあげるのが常識」今の時代は10年遅れている。男の成長を待つ、これも有効な手段。恋をすれば女たちはせっかちになるが、男の成長が追いついていない。まして今の時代はそうだ、10年遅れている。男は10年遅れているのに、女は10年進んでいる。じゃ女はどうすればいいの?この場合は、「おしん(30年以上前のNHKの大河ドラマ)」になることだ。古き女の根性を見せろ!かな。ちなみに私はおしんが好きである(笑)私は男だが、おしんの根性物語は私と相通じるものがある、だから好き。忍耐力を身につける良い訓練だと思って「おしん」になろう。「耐えしのんで待つ?なんで私がそこまで耐えなければいけないの?」君の今はそういう役目なんだよ。だから君はボンクラの男と付き合っている。神様は君に足りないものを与えるんだ(君には忍耐力がないとね…)

3、思い切ってマルチな女になることかな?
今の時代はそれが一番有効かもしれない。時代はどんどん進んでいる。古き恩恵も大切だが、最先端の恋愛テクニックも大切。古い方法がいいと思う方は、1、2を実践すればいい。「わたし、もう待てないの!」という方は3のマルチな女になればいい。あるいは1、2、3の方法全部使ってもいい。それこそマルチだ。


君に足りないものを補うことができれば、
すべてがチャンスになる。
恋の最初は男からのアプローチ、でも女は警戒する。
恋の終盤は女からのアプローチ、でも男は警戒する。
それらの裏には、すべてチャンスが隠されている。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 予約の空き状況
11/4(水)14時30分~16時、18時~19時
11/6(金)18時~19時

上記に空きがあります。
明日の12時45分~13時にて受け付けます。


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 本日はブログをお休みします
本日は朝早くからリフォームの打ち合わせのため、ブログの投稿をお休みします。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 明日から11/3~11/8までの予約を受付けます
お待たせしました。
明日から11/3~11/8までの予約を受付けます。
受付時間は、
10/30(金)12時15分~13時、17時45分~18時
10/31(土)12時45分~13時
を予定しています。
皆様の御予約お待ちしています。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - キャンセル情報
10/31(土)15時から16時、キャンセルが出ました。
キャンセル分は本日の12時55分から13時にて予約を受付けます。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - ピンチの後はチャンスあり
ピンチの後にチャンスがやってくるのは、「ピンチをしのいだとき」チャンスはやってくる。どんな状況でも我を忘れないで、ピンチを耐えしのび、ピンチが通り過ぎるまでピンチと戦い、忍耐と根性でピンチを撃退してこそ、次のチャンスがやってくる。ピンチをやり過ごしてチャンスに変えるには、常に心が積極的でなければならない。チャンスを捕まえる心の準備とは、そういう積極的な心のことを指す。

「あ!ここはチャンスだったのに…見逃している…もったいない」という話はたくさんある。皆さんの話を聞けば聞くほど、どの子もどの子もチャンスを逃している。非情にもったいない、とても残念だ!「チャンスは一度」見逃したらチャンスは二度とない。もし万が一、次のチャンスが来るとしても数年はかかる。オリンピックと同じで4年かかる。そんなにかかるのなら、この男とはもうない。チャンスとはマラソンランナーのごとく。捕まえる準備ができていないと、スタコラスタコラ去っていく。一瞬の躊躇が、「あっあっあっ」と去っていく。去っていくチャンスに、いくら「カムバック!」と叫んでも、チャンスは戻って来ない。あなたは「あっあっあっ」と落胆の声を上げ、チャンスはマラソンのランナーのように、あなたの目の前をスタコラスタコラ去っていく。

女から見れば男はみな自分勝手。
だが、チャンスは自分勝手な男の部分に隠されている。
自分勝手な男の部分に女は振り回されて悩み苦しむ。そして、自分を悩ませている男に敵対心を持つ。「好きだけど敵対する女心」この女心は、男の意向に逆らう心となる。

付き合い立ての頃の彼は優しかった。私を一番にしてくれた。その頃の女性は男の意向に素直に従う。だが三カ月後、彼は仕事が忙しくなり、私を一番にしてくれない。その頃から女性は反旗を翻すようになる。待たされてイライラして、ストレスが溜まりにたまって反旗を翻すようになる。モヤモヤとした時間が長くなればなるほど、女性は彼を疑うようになり彼に逆らうようになる。そして、ネガティブが頂点に達する。


ピンチをしのいだとき」チャンスはやってくる。でも、最近の女性はピンチをしのげない。せっかちでワガママで、すぐに白黒決着をつけようとする。根気と忍耐が足りないのだ。ピンチをしのいだとき」チャンスはやってくる。そのことを覚えておく必要がある。それを覚えればチャンスをものにすることができる。そのためには道理の流れを覚えて、忍耐力を養うこと。忍耐力をつけるには苦しめばつくというものではない。忍耐力は、ここを我慢すれば次はきっと良くなると確信があってつくもので、むやみに苦しめばつくものではない。苦しんだだけ損している自分に早く気づくことだ。「そこのあなた!いつまで苦しんでいる?もう苦しむのをやめなさい」そのくらいの志しで、忍耐と仲良くすることだ。苦しめば自分が損するだけ。苦しめば心が曲がって相手を怨むようになる。怨めば、チャンスのとき反対の言葉を言ってしまう。ひねくれた、嫌みな言葉をワザと相手にぶつける。一瞬にして反対の言葉を発してしまう。一度その言葉を発したら、女は感情的になって、もう止めることができない。散々待たされた後の女の言葉、それが女かもしれない。だが男は、その女の言葉の意味がわからない。自分を責めている嫌な女の言葉にしか聞こえない。ひねくれた、嫌みな言葉を言われた瞬間、男は黙り、彼女に対する気持ちがその瞬間に冷めて、後はその女の前から去っていくしかない。「あっあっあっ」と去っていくしかない。そして、チャンスはもう二度と訪れない。




愚かな男のために苦しむ女。
できれば、こんな悲しい物語は書きたくない。
だが、その事実が多い以上書かなければならない。そこから何を学ぶかだ。

チャンスは一度。
逃がしはしない。
どんな状況であれ、心は常に積極的にすること。
そうすれば、ピンチのあとにチャンスはやってくる。
チャンスが来れば、躊躇しないで、ひねくれた嫌みな言葉など言わないで、
「あなた、お帰りなさい❤」と言って、抱きつけばいい。
嬉しさいっぱいで抱きつけばいい❤
それだけで、あなたはチャンスをものにすることができる。
男は単純。
待たされた女が可愛い態度をとると、
男はその女を一生愛したくなるからだ。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - チャンスを捕まえるには心の準備が必要
男と女は性格が違う。もちろん性格は個人によって違うが、ここで言いたいのは「男と女の違い」つまり愛における違い、愛の捉え方、愛の優先順位、愛の価値観、愛のタイミングとバランス、男と女の愛の性差の違いを意味している。

女性が男性と付き合えば男という生き物はわからない。男性が女性と付き合えば女という生き物はわからない。わからないから、男は男の考え方で、女は女の考え方で、判断してしまい、うまくいかない物語を作っている。性差の違いを理解すれば悩まなくていいのに、男と女は人類が誕生して以来、ずっとそのことで悩んでいる。人間はやはり自分勝手だ、すべてが自分の考えのもとで行動している。だから、相手とのタイミングとバランスが崩れてしまい、男女は行き違いを起こすのである。男は仕事が忙しいと仕事のことしか考えない。女は愛が忙しいと愛のことしか考えない。男は仕事が上手くいっていないと朝から晩まで仕事のことで悩み、女は愛が上手くいっていないと朝から晩まで愛のことで悩む、双方とも人としてバランスが崩れている。男は「もっと僕の仕事のことを理解して欲しい」といい、女は「もっと私のことを大切にして欲しい」という。双方の利害関係が一致していない。どちらも自分勝手だ、だからうまくいかない。

女から見れば自分勝手な男。
だが、チャンスは自分勝手な男の部分に隠されている。
自分勝手な男の部分にチャンスがある?
この部分はどこでも明かしていない。
あなただけに教える沖川の特別授業。
男の自分勝手な部分のどこにチャンスが隠されているのか?
それは多くの失敗例を見ればわかる。

チャンスを捕まえるのは心の準備が必要なのに、自分勝手な男たちに振り回されて心の準備ができていない女性が多い。女の気持ちをないがしろにしている男にイライラし、怒りを持っている女性にはチャンスをものにする心の準備ができない。不安・心配・悲しみの世界にいるネガティブな女性にはチャンスをものにする心の準備ができない。他に女がいるのでは?と男を強く疑って不信感を持っている女性にはチャンスをものにする心の準備ができない。つまり心が消極的だからチャンスをものにするころができない。チャンスを捕まえるには、心は常に積極的でなければならない。チャンスは一瞬、心が積極的でないとチャンスは捕まえることができない。心を積極的にして、チャンスを捕まえる心の準備が必要。それを皆さんは今日から実践することです。心は常に積極的に。

チャンスは一瞬。ばかばかしいほど、チャンスは一瞬に訪れる。その例題を次から述べよう。そして、なぜ女性たちがチャンスをものにできなかったのか?なぜ失敗したのか?それも詳しく解説しよう。世界初の沖川の個人授業。明日からレッスン1を開催する。授業に遅れないように。今日は悩まないで早く寝なさい。授業は明日から。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - ポスター貼り
本日はお休みで、今度移転する店舗のポスター貼り。
午前中かけて、窓の看板とポスターができました。
この写真は移転した後の道案内として使います。

11/15までは現在の占い館で営業しますので、お間違いないようにお願いします。

移転は11月20日です。

DSC_0430 (640x427)

東武東上線の川越駅、改札口を出たら西口へ進んでください。

DSC_0546 (640x427)

西口の歩道橋を突き当りまで歩いてください。

DSC_0557 (640x427)

歩道橋の突き当りを左に曲がると「川越占い館」が見えてきます。(駅から1分、すぐです)

DSC_0553 (640x427)

歩道橋を降りましたら、三光建設西口支店の左わきのドア(引き戸になっています)から中にお入りください。

DSC_0561 (640x427)

らせん階段を3階まで上がってください(エレベーターはありません)

DSC_0567 (640x427)

新川越占い館の店内です。

DSC_0563 (640x427) (2)

外から見るとこんな感じです。


窓にポスターを貼るのに半日かかりました。
歳かな?ちょっと腰が痛い(笑)
でも大丈夫、本人は楽しんでやっているから。
アイデアが湧いてきて、意外と面白い。

新店舗への移転は11月20日ですが、窓に貼ってあるポスターは見ることができます。
今の占い館へ来る途中に見えますから、是非ご覧ください。新店舗の位置が確認できると思います。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - チャンスは一度
チャンスは一度、その気になればなんとかなる。
だから、あまり心配しなくていい。

人生において、不安や心配はつきものだが、心配したから不安になったからっと言ってどうにかなるものではない。どうにかなるにはチャンスが来た時だ。千載一遇のチャンスは誰にでも来る、それを見逃さないこと。

「チャンスは一度、逃しはしない」その心意気で日々を過ごすこと、そうすればチャンスは訪れる。チャンスが来たとき、「なんとかなる」という真の意味がじわじわとわかってくるだろう。チャンスに向かっている人間は日々充実している。丹念に物事に集中して様々な問題を解決している。潜在意識は活性化し、顕在意識は理性を取り戻し、一日も休まず目の前にあるチャンスをしっかり捕えている。その時の人間はフォローの風が吹き、「なんとかなる!やってやる!」という心意気に燃えている。そうなればチャンスは我がものにできる。


チャンスを呼び込むには、ポジティブでなければならない。ネガティブな人間にはチャンスは訪れない。たとえチャンスが訪れたとしても、ネガティブに人間はチャンスを見逃して後悔するのが関の山。「いつも後から後悔」そればかりを繰り返している。

チャンスを呼び込むには真面目でなければいけない。怠け者にはチャンスは訪れない。たとえチャンスが訪れたとしても、怠けてチャンスを見逃してしまう。そして怠けている自分を責め、堕落した生活に身を置いて、自虐的な人間となる。


チャンスを呼び込むには自立していなければならない。自立していない人にはチャンスをものにできない。人に依存し、人に甘えているばかりの人間は、チャンスが訪れたとき、あえて反対のことをしてしまう。肝心なとき、躊躇してひねくれてしまうのが自立していない人の性格。自立していない人は、チャンスを逃しても、再びチャンスが訪れると思っている。「甘い!」肝心なチャンスは一度きり、そう何度も来ない。次のチャンスが訪れるのは数年後、チャンスはオリンピックに1回しか来ないと思っていい。だからチャンスをものにするためには自立が必要。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
はてなブックマーク - 男は忘れた頃に帰って来る
放っておけば男は必ず帰って来る。

女性は恋愛に夢中になると視野が狭くなります。朝から晩まで彼のことばかりを考えるため、視野が狭くなってしまいます。
恋愛は女性にとって生甲斐かもしれませんが、あまり恋愛ばかりに夢中になっていると、仕事に支障をきたし、生活が乱れてしまうこともあります。それでも、恋をしている女性は、恋愛そのものを辞めるつもりはありません。

――何事も、恋愛があるから頑張れるのであって、恋愛が無ければ頑張れない。多少の仕事や生活の乱れも、恋愛がうまくいけば全て解決する。

こう思っています。恋愛はまさしく女性にとって命です。それがあるから生甲斐を持てるのです。

それに対して男性は、恋愛ばかりに夢中になっている自分を客観的に見て、不安になります。

――彼女を愛することも大切だが、そればかりに時間を費やしていていいのか?
他にもやることがたくさんあるのに、彼女にだけ夢中になっていていいのか?

男性は、女性と付き合ってから数カ月で、そうした不安を感じ、半年後には本来あるべき自分の姿を取り戻そうとします。本来あるべき自分の姿とは「仕事と自由」です。

――仕事は男が生きるための生命線だ。恋愛はその生命線上の一部でしかない。一部が中心になってはいけない。だから恋愛は本来あるべき姿、生命線上の一部に戻していく。
自由は男にとって、何事にも変えられないものだ。自由があるからこそ、ストレスを軽減でき、生甲斐も生まれる。恋愛も、その自由の一部にすぎない。一部が中心になってはいけない。だから恋愛は本来あるべき姿、自由の一部に戻していく。

仕事と自由はまさしく男性にとって命です。それがあるから生甲斐を持てるのです。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。