ホーム > 月別アーカイブ: 2016年01月
鑑定を通して普段私が感じていることは、独身男性の結婚に対する意識の低さ。ホント結婚したがらない男性が増えた…と感じる。結婚どころではない、恋愛をしたがらない男性も増えてきた。

結婚できない原因にパラサイト・シングルがいる。パラサイト・シングル(Parasite single)とは、「学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者のことを言う」そういう若者が増えてきたのではないだろうか。パラサイトは英語の"parasite"からきているカタカナ語だが、日本語では寄生虫の意味。つまり親のすねをかじっている寄生虫。

どの男性も、「いつかは結婚したい」という願望はあると思うが、現実に結婚するとなるとデメリットの方が多い、と感じている。

男性の結婚に関するデメリットをあげると、次の4項目に集約される。
「自分の自由になる時間がなくなる」
「お金が少なくなる」
「行動が制限される」
「一人になれない」
この4項目が結婚したがらない男性の言いわけの上位を占めている。

最近の男性は、自分のプライベートを最優先にして、稼いだお金は全部自分のためだけに使いたい。人のためにお金を使って、もしそれで自分のお金がなくなったらと思うととても恐怖を感じる。女性と付き合えば、自由はなくなりお金もなくなる、行動は制限され一人になれない。人を愛することも大切だが、愛に束縛されるのはまっぴらゴメンだ。

できればパラサイト・シングルでいたい。
自分のプライベートを最優先にし、自由気ままに生きたい。
そういう男性は、恋愛もパラサイト・シングルで臨む。彼女を親に仕立て、寄生虫のように寄り添う。基礎的生活条件を彼女に依存し、自分は責任を取らない方法で付き合いたい。彼女が本能に目覚め「責任とってよ」と言おうものなら、ここは住処でなくなったと逃げる。そして次のパラサイト・シングルができる住処を見つける。

パラサイト・シングルの要素を持っている男性は、女性に対して責任を取らず、グレーにする。


嫌な記事で申し訳ない。
だが、現実を直視することも大切。
そうでないと、あなた自身が不幸になる。
男の見分け方として、この記事を読んでほしい。




愛に関して、男と女ではどちらが責任は重いか。
私はどちらも同じだと思う。
どちらにもそれぞれの責任があり、責任は男女平等である。男性の方が重いとか女性の方が重いという問題ではない。責任とは逃げないで背負こと、それは仕事でも愛でも同じことが言える。

多くの男性は、「家族を養う男の方が責任は重い」と言っているが、それを言った時点で「男失格」の烙印を自ら押していることになる。私は男失格の烙印を自ら押したくないので、間違ってもそんなことは言わない。そんなの当たり前で、何のためにこの世に男として生まれてきたのか、そこから逃げたら男の存在価値を自ら失うという危機感さえ覚える。だから逃げない何があっても、歯を食いしばって男道を歩く。その基本を持つことで家族を養うことは朝飯前になった。大袈裟に家族を養う男の方が責任は重いなどと無責任なことは絶対言わない。それを言った時点で男は終わりだと思っているからだ。

男の基本を忘れたら男は不幸になる。
それだけをグレー男に言いたい。



予約状況。
1月分の沖川の予約はすべて埋まりました。
2月分の予約は1/26から受付けます。
申し訳ありませんが、それまでお待ちください。

沖川の予約は埋まりましたが、千里彩先生、絵里先生には空きがあります。
千里彩先生 080-3157-5201
絵里先生 090-4729-4494
皆様の御予約お待ちしています。





グレーに関するたくさんのコメントありがとうございました。
グレー、「今、まさに」という方が多く、それだけたくさんの女性が苦しんでいるのだとわかりました。

グレー男の流れ。(コメントから抜粋)
彼はお付き合いしている時もはっきりと「付き合おう」とか「好き」とか言ってくれない。また仕事が激務のため一カ月も連絡がないことはよくあること。そのあとに、私と会う時間を作れない彼が責任を感じてしまい、仕事でいっぱいいっぱいで結婚は考えられない、待っててもらってもあなたが望むような将来を描けない、あなたのためにもお付き合いをやめたいと振られてしまった、という流れが多い。

この流れを読めば、まさしく無責任な男、男の風上にも置けない男となる。しかし、そう感じるのは古い人間だけかもしれない。今の日本は無責任大国となってしまった。自分さえ良ければ人のことはどうでもいい。寂しいから女性と付き合うが、いざ責任となると逃げてしまう。とにかくグレー(中途半端にして曖昧に)すれば何も責任を取らなくていいという作戦に出る。やる気が無いものは法で裁けない、気持ちが下がったもの、嫌になったもの、面倒臭くなったもの、やる気が無くなったものは法で裁けない。恋愛は自由だ、愛も自由だ、自由であるものは法で裁けない。あるのは道徳観念だが、その道徳観念さえも今は稀有になりつつある。



グレー=無責任な男。
男選びにはそれが欠かせない。
責任の取る男をどうやって見つけるかだ。
選び方によってあなたの一生が決まる。

私は女性をグレーにする男性は出世の見込みがない男と判断している。すべてにおいて万事休す。(もはや施す手段がなく、万策尽きる。もはやおしまいで、何をしてもだめだという意味)グレー=無責任、万事休すの男。もはや男として施す手段がない。男として何をやってもダメ、もはやおしまいで万策尽きた。グレーにしている彼の相談が多いが、その中身は散々たるもの。男社会を見れば、仕事にいっぱいいっぱいで余裕がない。つまり能力がなく仕事が安定していないということ。なぜ不安定か?その主たる原因は精神的に不安定だからだ。精神的に不安定な男は、成長できていない子供と一緒で、責任と言うプレッシャーに弱い。責任を取りたくないから何事もグレーにする。仕事も恋愛もグレーにする。グレー=優柔不断。優柔不断は人類共通の敵。そのことに気づかずに面倒になったら逃げているだけ、自分は責任を取りたくないと逃げているだけ。逃げた先には不幸が待っていのに、逃げて不幸探しをしている。そのことに本人は気づいていない。一時期の辛さから逃げればそれでいいと思っている。

今まで何万人ものグレー男の相談に乗って来たが、上記に書いた胸糞悪い臭いばかりがする。君の彼は男ではない、とついつい言いたくなる。




女は好きになると白黒決着が多い。
男は好きになると曖昧(グレー)にすることが多い。

多くの女性が、そんな経験を持っていると思います。

なぜ?
男性は曖昧(グレー)にするのか。
そこを推理したいと思います。推理の中から正しい方向性を見つける、そんな展開に持っていければいいかなと考えています。男のグレーの真髄をつく、これからの恋愛日記はこんな流れで進めていきます。

まず皆さんに質問があります。
あなたは、はっきりしない男と付き合ったことがありますか?
どんな男でしたか?
皆さんのコメントをお待ちしています。


自分が好きなものはかっこいいわけではない。
なのに…拘る。
なぜ好きか?と言われると理由などない。
理由もなく説明もつかないけど、好きである。
つまり好きという表現しか見つからない。
好きと言っておけば何でも済まされる、こんな風に人は好きなものに拘る。

自分の仕事が好きだが、なぜ好きか?と質問されると困る。好きな理由を述べるとキリがない。それこそ宇宙を解明するほどの理由が必要となる。好きだという理由を単語に
並べてもキリがない。座右の銘みたいに、一言で表現できない。好きな理由は言葉で言い表せないほど無尽蔵にあるからだ。

マスコミ関係や出版社から、
先生が占いをやっている理由は何ですか?
先生の占いにはどんな特徴がありますか?
座右の銘は何ですか?
と、質問されるが、この質問に対して私の答えはない。
答えを出せと言われば、適当につくろった答えしか出せない。
占いをやっている理由は?特徴は何?と言われても、「これだ!」という理由などない。ただ好きだからやっている。それしかない。理由を説明しろと言われれば、何年も単語とにらみ合いながら文章化するしかない。こんなのめんどくさい。一言で好きだと言えばそれで済むだけのこと。

占いをやっている理由は?経済危機によって追い込まれたから。
特徴は?世界にひとつしかない沖川独自の世界を確立すること。
この仕事好きですか?最初は好きでなかったけど、10年以上やったら固まって好きになった。

この仕事は普通でない。占い業に従事している人は変わり物が多い。奇人変人の集まりかもしれない(笑)失礼…・その中に私は普通の光を灯そうとしている。私のサラリーマン時代は普通だった。その中に戦いがあった。喜びも悲しみも、成功も挫折も、エジソンと同じくらい味わった。それを味わってから占いの世界に身を投じた。だからいい。なまじか占い一本で行くより回り道をしたから、知識に付加価値がついた。この普通のサラリーマンが占いの世界にデビューする。そうするとどうなったか、5%の人間になった。5%の人間とは一般常識の人間とは違う。一般大衆とは違う。人々に影響を与える人間。その位置にいて私は喜んでいる。こいつは面白いと喜んでいる。私は一般大衆とは違うと喜んでいる。苦労が多かったが、今は喜びも方がいっぱい。だからこの仕事が好きである。


占い業に従事している人は変わり物が多い。
私も変わり物だが。
でも私の経歴は普通である。
なぜこの仕事をしているか?この世界に普通の考えを導入したくてしている。
この仕事はかっこいいか?かっこ悪い。「占いなんて?ばかばかしい」と言われるほどかっこ悪い。科学や一般常識から見れば、非常識な世界。その非常識な世界に沖川独自の常識を注入しようとしている。当たり前の普通の知恵を導入して沖川の独自の世界を創ろうとしている。だから面白い。

おそらく私がこの仕事が好きなように、あなたも彼のことが好きなのだろう。好きなものに理由などない。ただ好きなものに拘るだけ。



救われるブログを書こうとしたが、今朝は寝坊してしまって…記事が書けない。
疲れているのかな。
昨日なにやった?大したことはしていない、ただ床屋にいってスーパー銭湯のお風呂に入っただけ。
それで寝坊?
体調管理ができていない。
まぁいいか、それはそれで。
10年以上さんざんブログを書いてきたから、神様がそろそろいいよブログは書かなくても、と言っているのかもしれない(笑)
好きなような書きたければ書けば、でも無理しなくてもいいよ、ということだろう。(納得)

今年は自分のペースで書こうかな。
使命感に燃えているわけでもなく。高い目標に向かっているわけではなく。情熱のある志があるわけでなく。ややさぼり気味で、のんびりした自分でいくか。義務とか使命でなく、好きだからブログを書く、面白いからブログを書く、書く気がしなかったら書かない。よしそれでいこう。営業日には10年も毎日書いてきたブログ、移転して勤務体制を変えてからペースが狂ったが、それなりの時間を作るしかない。限られた時間で、「救われるブログを書く」これが今年のテーマとしよう。




「女はめんどくさい」と言っている男たちを許してあげよう。女はめんどくさいと言っている男たちは社会に疲れているのだ。世間の荒波に揉まれ、やることなすこと全部失敗し、自信を失って生きる希望さえも失っている。そういう男たちが発する言葉は「女はめんどくさい」という言葉しか出てこない。

女を守り、女を愛する男は、余裕のある男と決まっている。余裕のある男とは、世間の荒波にもまれても腐ることなく前向きに努力している姿がある。1に努力、2に努力、3に忍耐、4に信念を持って、必死に頑張っている。この姿なくて男と言えないのに、女はめんどくさいと言っている男は、その姿が見えない。本人は必死に努力しているつもりでも、プロから見れば、やり方が間違っているか、サボっているにしか見えない。甘いんだよ!その考えやそのやり方では、とついつい叱咤激励してしまう。男は社会で頑張って余裕をつけるべきなのに、その余裕がない。余裕がない代わりにへらず口だけは一人前に「女はめんどくさい」という。なぜそんなことを言うか、それは自分が社会でプロとして確立されていないからだ。

社会のプロは違う。
プロから見れば、「女はめんどくさい」と言っている男ほど、逆に「めんどくさい男だ」と思ってしまう。この男には余裕がないんだ、可哀そうに、まあ頑張れよ、と人ごとのようにしか扱えない。心の中では惨めで可哀そうな男だと思うが、自分はこうはなりたくないと反面教師にするしかない。その点ではいい勉強になるが、この男を救いたいという気持ちはさらさらない。男はめんどくさい男など相手にしない。めんどくさい男を踏み台にして上にいくしかない。これが厳しい社会の掟、男はめんどくさい男は相手にしない。

めんどくさい男を相手にするのは女だけ。
なのに「女はめんどくさい」と言っている。あべこべだ。
気づかないか、
めんどくさい男に、女はプロ論を発揮しているのを。
1に努力、2に努力、3に忍耐、4に信念を持って、必死に頑張っている。
その献身的な姿を見ず、ただ「女はめんどくさい」という。
そんなことを言っている男は一生浮かばれないよ。
男としての基本を取り戻すべきだね。
捨てる神あれば拾う神あり。
拾う神が、君がめんどくさいと言っている女だ。
その救世主である女をもっと大事にしなさい。
そうすれば、君は男としてプロになれる。




心ない男がよく言う言葉「女はめんどくさい」
それをそうだろう、論点ばかりを追求する男からみれば、女という生き物はめんどくさい。とくに疲れたときは、女という生き物は、うざい、しつこい、重い、めんどくさい、という形容詞ばかりが並ぶ。

なぜ彼女をつくらないの?
彼女をつくらない男がいう。
「女はめんどくさいから」。
それを言えば彼女を作らなくていい理由になる。女はめんどくさいと言えば、恋愛も結婚もしなくていい。男にとって、とても便利でとても都合のいい言葉だ。それさえ言っておけば自由でいられる。


女はめんどくさいと言って自由を求める男たちよ、君たちは女と付き合ってはいけない。寂しいから、性欲があるから、と言って付き合い合ってはいけない。君たちは女と付き合う資格がない。女はめんどくさいと思うのなら孤独は我慢しろ、性欲は自分で処理しろ、愛情のないデジタル人間で生きていけばいい。女はめんどくさいと言っている男が女と付き合えば、被害者が増えるだけ。

女はめんどくさいのではない。論理ばかりを追求する男脳から見ればそう見えるだけで、女脳は男脳の上を言っている。とくに愛に関して、男はシロウトで女はプロである。シロウトの男が「女はめんどくさい」と言っても、それは野球を知らない人がイチローに野球を教えているようなもの。そのくらいバカバカしい差があることをシロウトである男は気づいていない。

女はめんどくさいのではない。男よりはるかに優れた脳を女が持っているだけ。それに男は気づいていない。論理を追求する男が、論理で女に勝てなくなると、つい女はめんどくさいといって逃げてしまう。シロウトは逃げる、複雑なプロのレベルになると逃げる。だから、つい女はめんどくさいと言ってしまう。

男脳は仕事のためだけにある。愛に関しては女から教わるべきだ。
愛に関して男は赤子のシロウトに過ぎない。シロウトだからめんどくさいといって逃げているだけに過ぎない。そんなバカげた逃げ方をしないで、もっと女と向き合うべきである。仕事脳の論理だけでは人は生きていけない。その証拠に論理で疲れた男たちはみな愛を求めている。



今年は見極めようという女性たちが増えている。

彼でいいのか?という見極め。

●友達は片っ端から結婚しているのに、私の彼は結婚のけの字さえ出てこない。その話をしようものなら、彼は途端に機嫌を悪くして、顔が曇り、この話を二度とするな、という無言の態度をとる。ああ~このままでは一生独身だわという恐怖が襲いかかる。

●婚約している彼がいる。でも私は彼との結婚を悩んでいる。ホントにこの人でいいの?と悩んでいる。なぜ悩むかというと、この人のことを心から好きではないからだ。ただ、女として結婚は捨てがたい、だから付き合っているのかもしれない。条件で結婚するか、好きで結婚するか、悩んでしまう。

人それぞれだが、概ねこのような悩みが多い。
今年は見極めの年だ、というのが実感として感じる。

見極めまで辿り着いたということはあなたが成長している証拠、「見極め」いいじゃないか、大いに見極めなさい、その先にあなたの未来が待っている。

悩み多き相手とパッと別れて(見切りをつけて)新規改革をするか、それとも悩み多き相手とまた苦難の道を歩むか、難しい判断が迫られている。こんな年初め、私はどうしたらいいの?という悩みが多い。

こんな悩みに私が答える。
経験豊富な私の知識はどんな悩みにでも応えられる術を持っている。私の経験がすべて正しいとは言わないが、それを頼りに相談に訪れる人も多い。いいだろう、どんな悩みでも答えよう、私の英知を振り絞って。

今年は見極めの年だ。
どんな複雑な内容でも答える用意を持って皆さんをお迎えしたい。




沖川は本日が仕事始めです。
正月イベントも終わり、いよいよ今日から2016年の仕事がスタートします。
楽しみであり、なんかワクワクします。
長い休み(暗いトンネル)を抜け、やっと光り輝く仕事(出口)が見えてきた。いよいよ今日から2016年が始まる。
「いよ!待ってました」仕事始めにワクワクしている沖川です。

会社員時代は、ああ~今日から仕事が始まるのか、嫌だな、もっと休みたいという憂鬱な気分でしたが、自分が好きで始めた仕事は、仕事日よ早く来い休みよ早く終われという気分です。休みより仕事の方が楽しい、これこそ本物の個人事業主です。

皆さんも好きなものを今年は見つけてください。
好きなものは飽きません。
好きなものは凝り性になります。
好きなものがあると生き甲斐になります。
人は好き嫌いで生きている、それでいいのではないでしょうか。
好きなものを、今年は見つけてください。

今日から仕事始め。
本年もよろしくお願いします。