ホーム > 月別アーカイブ: 2016年05月
恋愛にはやっていい恋愛と辞めた方がいい恋愛がある。
やっていい恋愛と辞めて方がいい恋愛?その線引きはあなた自身に任せる。他人に言われなくても、やっていい恋愛と辞めた方がいい恋愛はあなた自身で分かるはずだ。不倫や浮気は辞めた方がいい恋愛と巷では言われているが、これは他人の常識ある言い分で、不倫や浮気をしている当事者はそうは思っていない。不倫や浮気をする人はそれなりの理由があってのこと、全てが悪いというわけにもいかない。理由は人それぞれ違うが、理由のいかんによって、やっていい恋愛と辞めた方がいい恋愛があると思う。


それなりの理由は、男女によって違う。

女性の理由。
パートナーに思いやりがあって誠実ならば、浮気や不倫はしない。
パートナーに思いやりがなく、不誠実だから、浮気や不倫でその穴埋めをする。

男性の理由。
パートナーが自分を信じていれば、浮気や不倫はしない。
パートナーが自分を信用していないから、浮気や不倫でその穴埋めをする。


男女の理由は、大きくこの二つに分かれる。女性は付き合っている彼に舐められてバカにされると、彼以外の優しい男性に走る傾向がある。男性は付き合っている彼女に束縛され、疑われると、彼女以外の優しい女性に走る傾向がある。


もちろん性欲もある。性欲は男性の方が強く、性欲をコントロールできなくて浮気に走ることもある。だが、男性の性欲は瞬発的なもので長くは続かない。性欲による浮気もいずれ飽きてしまい、元の鞘に収まる。その点女性の性欲は男性ほど強くはないが、持続力がある。心と体を許した女性は元に鞘に収まらない。それがとても厄介で、複雑な世界を作る。男性の性欲は発情期のオスのような習性に対し、女性の性欲は愛のドラマを作り活性化させる。そこには罪悪感との戦いもあり、彼が悪いからそうなったと罪の意識を打ち消すドラマも展開される。悪いのは私をぞんざいに扱い、私を下にして、私をバカにして、私のことを舐めた彼(主人)の方、私は悪くないというドラマを作る。そして浮気や不倫相手に心から陶酔していく。自分たちの恋は間違ってないのだと…言い聞かせながら…こんなドラマが女性の頭では展開されていく。
どんなドラマを作るのもいい。
あなたの人生だ。あなたがそうしたいのなら。そうしなさい。
だが、全てが自己責任。
それを忘れないように。
自分の人生だ。自分で責任をとる。
辞めるのも自分、続けるのも自分、それしかない。



5/15、急遽のイベントにも関わらず、たくさんのお客様にお越し頂き、誠にありがとうございました。やはり私の帰りを待っていたのですね(笑)私も皆さんに会えるのを待っていました(笑)休みボケ解消のデモとしては最高でした♪これで今日から心おきなく仕事ができます。また今日から始動します、沖川ワールドたっぷりのカウンセリングが。リフレッシュした沖川、さてどういうスタイルでお客様を向け入れるか、今朝から楽しみです。

イベントを通して感じたこと。
女性は凄い。いきなりのイベントでも、さらに鑑定時間が短くても、遠くから来てくれる。ここは埼玉なのに、千葉、神奈川、大阪から駆け付けてくれる。女性の愛に関するパワーは凄い、並外れている、とても男性には真似できない。ここまで努力しているパワーを是非満願成就へと向かわせたいものだ。それが私の仕事、イベントでそれを強く感じました。

どんな言葉を投げかけようか?遠くから来てくれたお客様に…何を理解するか?遠くから来てくれたお客様に…私のありとあらゆる経験は、その中からあった方法を瞬時に見つけ出す。短い鑑定時間では、長くお話を伺うことはできない。一人ひとりのお客様にあった方法で要点をつくしかない。そして要点をつく、「あなたにはこの方法がいいですよ」と。瞬時だけど的確な判断を下す。これもイベントで感じたことでした。

でも、物足りたいと思う。要点をついた瞬時の判断は、とても物足りないと思う。男性ならそれでいいが、女性は男性と違って、お喋りをもっとしたいはずだ。細かいところを細部までこだわりながら話を進めていくのが女性の話し方の特徴、イベントではそれができなかった。

イベントで来られたお客様、ありがとうございました。時間がなく要点だけになってしまい申し訳ありませんでした。それでも、「来て良かった」というお客様が何人かいて助かりました。次回は予約をとって頂いて、ゆっくりとお話を伺いましょう。またのご来店をお待ちしています。



ただいま。
ブログの投稿は久しぶりです。
お休みを頂いて、2泊3日の旅行と家でのんびりとさせて頂きました。
お陰さまで体の疲れがとれました。体がなまったといっていいかもしれません(笑)

体のなまりを解消するために明日5/15の日曜日、デモのイベントを開催します。
時間は13時~16時、1鑑定3000円、予約なしの先着順で占いを行います。
ご希望の方は、明日13時に川越占い館へお越しください。

お正月とGWにイベントを開催したのですが、とても好評でした。
早い人は営業の1時間前に来て、すでに並んでいました。イベントの日の鑑定は普段より鑑定時間は短いのですが、要点をついてズバッと答えます。「短くズバッと答える」それがなかなか良いみたいです。過去2回のイベントで来られたお客さんは10人ちょっと、最大で2時間待ちくらい、早いと30分以内で鑑定が受けられます。予約だと2週間先か1カ月先ですが、当日受けられる沖川の鑑定はなかなか良いとの評判でした。

予約なしの沖川の鑑定、行きたいときにいける沖川の鑑定、急ぎの悩みにズバッと答える沖川の鑑定。
いいかもしれません。ときどきこうしてイベントを開催しようかなと思っています。

では明日の5/15(日)13時~16時、イベントを開催します。
皆様のご来店、お待ちしています。





沖川は5/9~5/16までお休みを取らせて頂きます。
お休みの期間中は、ブログの投稿をお休みとさせて頂き、予約の受付もお休みとさせて頂きます。
旅行にでも行って、しばらくのんびりしたいと思います。


沖川が留守の間、千里彩先生、絵里先生が皆様の鑑定をお請けします。
千里彩先生 ☎ 080-3157-5201 (対面鑑定と電話鑑定) 
絵里先生 ☎ 090-4729-4494 (電話鑑定のみ)
皆様の御予約お待ちしています。







計画を立てたら実行に移すことです。躊躇しないで行動する、それしかありません。慎重で神経質なあなたは、なかなか行動に移せないかもしれません。そのときは専門家に頼んで、自分がやろうとする行動が正しいかどうか、鑑定を受けるのもひとつの方法です。自分の考えが正しければ、行動することに自信がつきますし、たとえ計画が間違っていたとしても、正しい計画に修正できます。一度専門家に相談してみることです。

私のところではお客さんが計画を持ってきてくれれば、親身に相談に応じます。恋愛鑑定のプロとして、相手とあなたのことを細かく分析することができます。付き合っている当事者はあなたです。あなたの考えと私の考えをミックスさせて計画を立てる、そうすればより上手くいく方法が見つかります。付き合っている当事者は相手のことが解っているつもりでも、実はぜんぜん解っていないところがあります。恋は盲目というのでしょうか、好きな相手を間違った解釈で見てしまうのです。ひいき目で見たり、ひどく疑って罪悪感で見てしまうこともあります。それではうまくいく恋愛もうまくいきません。専門家の判断が必要なら、是非私を指名してください。

私の場合は、無理に私の計画を押し付けたりしません。その点は安心してください。あくまでも参考意見としてアドバイスするだけです。計画を立てて実行する、相手がある恋愛は、それでもなかなか上手くいくものではありません。人の気持ちはどの科学でも解き明かせないからです。どんな有名な心理学者でもどんな著名な精神学者でも解き明かせられるものではありません。まして友達や知人のシロウトレベルでは到底無理です、間違った方向にあなたを導くのがせいぜいでしょう。では私がすべて正しいか?というと、そうでもありません。私でもうまくいかないものはうまくいかないのです。人の心は科学では解き明かせない、一番厄介な人の心は神でも解き明かすことができないのです。ただ、その道に関しては、私はどの科学者より自信があります。恋愛専門のプロとして、どの裁判記録に負けない、どの臨床記録に負けないくらいの豊富な経験があります。その経験を生かして私はあなたにアドバイスするだけです。

あなたが計画を立て行動する。それでも壁にぶつかるでしょう。そのときは私がフォローします。常連のお客さんは、いつもそうやって何度も私の鑑定を受けています。あなたの恋の結末が見えるまで、私はあなたの傍にいます。

計画を立てたら実行に移すことです。躊躇しないで行動する、それしかありません。私がついています。計画が出来たら思い切って行動してください。




行動を起こせば何かが変わる。
音信不通の彼でも、
無視している彼でも
逃げている彼でも、
別れている彼でも、
行動を起こせば何かが変わる。

何もしないで悶々と悩むより、行動を起こした方が何かが変わる。たとえそれが良い結果でも悪い結果でも、悩んでいる頃より事態は好転する。「悩むより行動」とはよくいったもので、動けば確実に相手も動いてくる。少なくとも今の苦しみより、新しい何かが生まれる。それが相手からの否定かもしれない、嫌がらせかもしれない、精神的な屈辱を与える罵声かもしれない。それでも、何もしないで悩んでいるよりいい。相手は動いたのだ、どんな形であれ動いたのだ。相手が動くということは行動した人に関心を示した証拠。長いこと沈黙しておいて、やっと関心を示した。物語はそこから始まる、相手が動いたことで、新たな息吹となる物語が始まる。行動を起こせば何かが変わる。

行動を積極的に持続するためにはエネルギーが必要。今のあなたにそのエネルギーがありますか?大分悩んで体力を消耗しているのではないでしょうか?精神的にまいったという状態ではないでしょうか?もしそうなら体力を回復しなさい。精神力を強化しなさい。体力を回復して、精神力を強化するためには休むことです。しばらく彼のことを忘れて、恋愛はお休みにしましょう。3の数字、3カ月恋愛を休むことです。その間一切彼のことを考えてはいけません。考えればこれから行動に移るためのエネルギーが蓄えられないからです。今は本でも読んで、スポーツをして、精神力と体力の強化のみに努めてください。仲のいい友達と遊んで、旅行にでも行ってリフレッシュしてください。充電期間中は彼のことを考えないこと、そのことを約束してください。考えればエネルギーはどんどん消耗していきます。行動するのにエネルギーが足りないと、あなたの行動は最悪な結果となってしまいます。行動して勝つために、体力の回復と精神力がどうしても必要なのです。

たっぷり充電したあなたはもう大丈夫です。いざ行動。そうすれば物事は好転していきます。多くの人間が行動して彼との関係を修復させました。逃げている彼を振り向かせることができたのです。人間は積極的に行動する人には勝てません。彼も人間、たとえ面倒臭い、ひねくれた男でも、行動する人には勝てないのです。その後の物語は、エネルギーを蓄えた人が有利に運ぶことができます。今後起きる男と女の葛藤物語を制するためにも、今のあなたには体力回復と、精神力強化の充電が必要なのです。



私のところは、全国からたくさんの悩みが押し寄せてくる。
川越占い館の仕事は、「悩みのぶつけどころ」といっていい。

一般の人では相手にしないような悩みも相手にしなくてはいけない。男なら逃げ出しそうな複雑な女性の悩みも相手にしなくてはいけない。これでもか、これでもか、というネガティブオンパレードの悩みも相手にしなくてはいけない。たくさんのモヤモヤ、イライラ、ぐちゃぐちゃ、無理難題の悩みを相手にしなくてはいけない。こんな小さなことで悩まなくてもいいのにと思うものでも、それは本人にとっては一番大切な悩みなので相手にしなくてはいけない。とにかく川越占い館は悩みのオンパレード。それらを全て相手にしなくてはいけない。


よくお客さんに言われる。
「先生も大変ですね、女性たちの悩みを毎日聞いて疲れませんか?」と言われる。

それに対して私の答えは、
「もう慣れました」と答える。あるいは「これが仕事ですから」と答える。答えをさらに付け加えると、「この仕事をやる人は、よほど精神力がタフでないとできない。たくさんのネガティブを相手にするので、悩みを請け負う相手がネガティブに負けてはしょうがない。普段から心を鍛えている。ポジティブ思考の訓練をして心と体を鍛えている。」と付け加える。

そういった訓練を積んでいない一般男性からすれば、
「女はメンドークサイ」となるだろう。私のところでは一般男性からすれば、「「女はメンドークサイ」という悩みが山ほどある。おそらくそれに耐えられる男性は皆無といっていいかもしれない。通常の男脳の思考では爆発してしまう面倒臭い女の悩み、解決策が主体とする男脳ではついていけないからだ。

私の脳は訓練によって変わってきた。通常の男脳では爆発する問題も、ソフトに優しく包み込む脳に進化を遂げてきた。だから私は「女はメンドークサイ」と思っていない。むしろ勉強だと思っている。細かく無理難題を押し付ける女の悩みも、悩みの一個一個を精査して上手くいく方法をその中から見つける、それによってより細かいシビアな探究心も育ってきた。大雑把な解決策の男脳が、より女心を理解した解決策に導く。また女性には解らない男の気持ちを、解りやすく翻訳する。「私は複雑な恋愛心理の翻訳家だ!」と自負しながら、皆様の相談に乗っている。



恋愛日記は、今から12に年前に生まれました。駆け出しの頃のお客さんが来ない時代に、どうやったらお客さんを呼び込むことができるのか、思考錯誤の思案の末に生まれました。当時は今と違って、お客さんが来ないことへの戦いが3年以上続いていたからです。商売をやっている人なら誰しもその戦いはつきものです。商売の鉄則は石の上にも3年。3年で食べるだけのお客さんを集めないとその商売は失敗に終わる。いくら実力があっても客が来なくては意味がない。それは単なる宝の持ち腐れで、かっこつけの仕事であり、口ばかり達者の何の成果も生まない、愚弄の夢追い人のやり方だからです。商売は客が来ないと意味がない、そして客が来ないことで終わる。

商売を当てることは、準備ばかりしていてもダメ。資格ばかりとってもダメ。商売でうまくいかない人の特徴は、準備と勉強ばかりに時間をかけて、客を集めることをしていないからです。お店を開ければお客さんが来てくれる、これこれの資格を持っているからお客さんは当然来るだろう、というような殿様商売が多い。それじゃお客さんが来るわけない。商売の鉄則は、まずお客さんを集めることから、これに代わる鉄則はない。準備の時間があれば客集めに奔走すること、資格をとっている時間があれば客集めに奔走すること、とにかくお客さんを集めることに終始すること。準備や資格はお客さんが集まってからでも十分に間に合う。これが私の考え。

私が占い師を目指した頃は、準備期間に三日間。資金は5000円(ホームセンターの折りたたみ机と椅子)でスタートした。商店街の路上に折りたたみ机と椅子を並べ、今日か占い師です、といってスタートした。資格や実力は?そんなものない。またそんなもの必要ない。30年サラリーマンやってきた経験で十分、それですべて補えると思ってスタートした。私の性格は、何かをやるときは石橋を叩かない。石橋が崩れてもいいからとにかく渡る、渡って崩れたら、そのとき考えればいいという考えの持ち主。無謀とも言えるかもしれないが、それはサラリーマン時代に培った能力。それがサラリーマンを長くやってきた実力。喜怒哀楽、艱難辛苦を長く味わったサラリーマンを舐めるなよ。サラリーマンは、どんな資格より実力は上。スタートして見れば分かること、机上の空論のお固い能弁者などすぐに追いつき追い越せる。ビジネスマンの戦いは熾烈極まるもの、どの大学より、どの研究機関より、どの難問の資格より、そこで戦った人間の方が器は大きい。私はその世界で30年以上戦ってきた、だから器を持っている、資格などなくても、十分に人々の悩みには応えられる、と思ってスタートした。

さて、自分で商売するか。
商売は客集め。それを誰よりよく知っている。支度や準備は後でいい。資格などいらん。それより、とにかく客を集めることだ。これをサラリーマン時代に覚えた。商売の鉄則として体に染みついた。プロは準備や資格ばかりに時間を費やすものではない。スタートを早く切って、早くお客さんを集めることだ。実力?客が集まれば実力はメキメキ上がる。勉強はお客様がもたらせてくれる。生きた勉強に代わる資格はない。プロの勉強は教室でなく仕事の現場がもたらせてくれる。これに勝る勉強法はない。



今日の記事は、あくまでも私の考えに過ぎません。
資格のことを非難しているわけではありません。仕事によっては資格はとても必要なものだからです。
ただ…。資格を取ることばかりに専念して、仕事はいつやるの?という人があまりにも多い気がします。肝心なときに石橋ばかり叩いている人があまりにも多い。資格は単なるスタートラインにしか過ぎません。本当の学びは仕事を始めてからです。仕事をスタートさせることは恐いことです。だがチャレンジは、恐いからこそできるのです。恐がらずチャレンジしてください。そうすれば自己責任とは何たるかを知ることができます。最近の人は責任逃れが多い。仕事でも、恋愛でも、結婚でも、人生でも、責任逃れが多い。みんな逃げている。頭は良くなった、みんなが大学に行くようになって良くなった。資格もたくさん持っている。だが、仕事に生かされていない。高学歴で頭はいいが、精神力が弱い。それだから肝心なときに逃げ出す、そういう人が多くなった気がします。何のために高学歴の資格を取ったのか?逃げるため?それじゃ意味がないのでは?それを常々感じてしまう。






これからの時代は人に頼ることなく、自分の運命は自分で切り拓いて行くしかない。

自分というものがないから人に翻弄される。人の意見や人の言動によって、自分が望んでいない形になっていくのは情けないと同時に憤りも感じる。もう人に頼るのは辞めよう。人は表面だけの付き合いだけにして、下手に馴れ馴れしくしないこと。下手に馴れ馴れしくなるから軋轢が生じて感情的になってしまう。感情的になったら人との付き合いは難しくなる。感情的になったら誤解や憎しみ怒り嫉妬が生まれ、人が持ってはいけない悪感情がオンパレードとなってしまう。これだったら最初からこの人と付き合うのではなかったとなる。

無駄な争い、無駄な癇癪、無駄な憤りを抑えて付き合うこと。相手が自分の望んだ形にならないのなら、それに憤りを感じることなく(その考えもあるね)と尊重し、素直に自分の考えをひっこめればいい。自分を持っている人は人を頼らないから、人と軋轢が生じない。生じても、さらっとかわす。人に自分の意見を押し付けることもない。

低レベルの感情。
人にかみつく人は低レベルの感情の持ち主。あまり苦労もせずに育ったのだろう。あるいは相当な悪環境の中で育ったのかもしれない。または苦労があったとしても、その苦労を生かすことができないまま、苦労を怨みながら育ったのかもしれない。いずれにしても低レベルの感情の持ち主でしかない。低レベルの感情の持ち主との付き合いは、冷静に距離を置いて付き合うべし。相手の感情に翻弄されてはいけない。翻弄されれば、あなた自身の運が悪くなる。

低レベルの感情は誰しも持っている。
もちろん私も持っている。
ここに来られるお客様も持っている。

人間とは弱い生き物、誰しも低レベルの感情を吐きだす、これが人間なのかもしれない。だが低レベルの感情だけでは幸せになれない。常に運の悪さと不幸がつきまとう。そうなったら人間はおしまい、そこからなかなか抜け出すことができない、これが性格となってしまうからだ。運の悪い人はいつまでも低レベルの感情の世界にいる。だからいつまで経っても運は良くならない。常に人を怨んでいるから良くならない。飽きもせず人を恨み、飽きもせず人に依存しているから良くならない。低レベルの感情を抑えるのは、人を頼らないこと、そして常に冷静であること。そうすれば、人に頼らず、自分の運命は自分で切り拓いていける。