ホーム > 月別アーカイブ: 2016年06月
これから、九星学で音信不通にするタイプを分類したいと思います。
その前に私の講釈を述べたいと思います。
基本的にどの九星の男性も音信不通にしている例はあります。次回から述べるランキングは、私の長年の経験による統計です。音信不通とはコミュニュケーション不足あるいはコミュニュケーションが苦手で、コミュニュケーションを取ることを面倒臭がる男性が、恋愛に熱意を感じなくなり連絡を断ってしまう。恋愛にやる気が無くなったことをいいます。その要因は喧嘩だったり、すれ違いによる不協和音だったり、マンネリ化して飽きてしまったとか、彼女に浮気を疑われて感情的に嫉妬されて男のプライドが傷ついたとか、二人の恋愛が明るいものでなくなったとか、恋愛そのものが面白くなくなったとか、ロマンと情熱を感じなくなくなったとか、感情的な恋愛のトラブルに巻き込まれた末に、男性の恋愛に対するやる気(気持ち)が無くなった状態を示します。

さらに次の要因は男の仕事。NO1の要因は男の仕事。音信不通の80%は男の仕事の忙しさによるもの。女性からすれば、誠意のある男性はどんなに仕事が忙しくても彼女を放って置かないはず。音信不通にするのは誠意のない証拠、愛情のない証拠ということになります。確かにそうです。誠意のある男性は彼女を音信不通にすることはありません。だけど、世の中こんなに音信不通が多い。誠意のある男性が少なくなったということでしょうか。いやいや、またう~ん…うむ…女の視点と男の視点は違うな、というしかありません。今は誠意のある男性も音信不通にしているのです。これが現状であり、これがブームなのです。それだけ世の中の仕事が苛酷で複雑になり、仕事が凶器となりブラック化しているのです。労働基準法に違反し、過労死寸前まで働く、苛酷な労働条件で任務している男性も少なくありません。全体に疲弊している社会では、誠実な人も疲弊します。これが音信不通の要因となっているのです。

仕事が命である男性は、「仕事忙しい=音信不通」この単純な方程式を女性たちが理解すればいいものを、99%の女性は理解していない。だからトラブルになる。音信不通の要因のほとんどは男性の仕事の忙しさによるもの。それに対する対策は、もっと男の仕事を理解することです。そして信じて応援してあげることです。仕事と恋愛を一色淡にするからいけない。恋愛と仕事は分けるべきだ。「彼が忙しいときは恋愛ができない」と分けるべきです。それができれば音信不通の悩みの8割は解消される。男性と付き合う場合は心を半分にして付き合うこと。彼の仕事が暇なときは100%の愛情を注ぎ。彼の仕事が忙しくなれば愛情はシャットダウンすること。愛をON・OFFして付き合うこと。これが男との付き合い方です。女性のように年がら年中24時間愛を稼働させてはいけません。愛はときどきシャットダウンすること。このコツを女性たちは早く覚えることです。覚えれば、素晴らしい待ち方も覚えられるようになります。次の彼との愛がスイッチONになるまで自由に自分の好きなことをできる。「彼が忙しい間、一人遊びのできる女性」この素晴らしいセンスをあなたは手に入れてください。彼が忙しい間、苦しんで自爆する女性より、一人遊びのできる女性の方が男性にとっては女神です。あなたもオンナの神になってください。

では次回、九星学による音信不通のランキングを発表します。



たくさんのコメントありがとうございました。

やはり多いですね、この問題は。
沈黙か行動か?この問題を私は毎日聞かされ、毎日その対応に追われています。
平均鑑定は1時間なのですが、1時間この問題とばかり向き合っています。1時間も話し合えば、いろいろ見えてくる。沈黙か行動か?一番良い最善策が見えてくる。

個人個人の状況はそれぞれ違うので、一概にこの方法が良いとは言えませんが、私のやり方は、話を最後まで聞き、沖川が得意とする、男心、男の心理を深く知りつくしている方法で、彼が何を考えているのか、何に悩んでいるのか、何をどうしたいのか、男心の奥深いところまで読み取り、女性にはわからない男性の視点に立って、今後の対応策を話し合うようにしています。


たくさんのコメントを頂いたのですが、個人の状況はそれぞれ違うので、とても一人一人のコメントにお答えすることはできません。ブログでは総体的な沖川の考えを記事で書かせて頂きます。個人の問題は沖川の予約を取って頂き、鑑定を参考にして頂ければ助かります。

では総体的な沖川の考えを述べます。
私の総体的な見解論は、誰にでも通じるものです。
ただし「ある程度」という注釈を加えて起きます。
細かいことは個人鑑定を受けて下さい。

では、誰にでも通じる、ある程度の見解論を述べていきます。

沈黙か行動か?
付き合っている当事者はあなた自身です。あなた自身で決めて下さい。自分を信じられない人はこの先見込みがありません。自分で決心できない人はこの先見込みがありません。見込みがあるのは自分に自信があって決断力のある人です、優柔不断で悩んでばかりいる人は見込みがありません。あなたに自信と決断力がありますか?なかったらこの恋愛はやめて次へ行ってください。「好きだ」とワガママばかり言っていないで次へ行ってください、その方があなたには合っています。自信と決断力のある人は、沈黙でも行動でも、どちらでも良いので決めて下さい。あなたが決めたことに間違いはないからです。ただし決めたら最後まで貫き通すことです。沈黙か行動か?どちらを選択するか?相手と付き合っているのはあなたです。あなたが相手のことをよく知っているはずです、誰よりも、それが愛ではないですか。相手のことを誰よりもよく知っているあなたが他人と相談しても意味がありません。反対されて、かえって傷つくだけです。相手のことを知っているのはあなたです。あなたが自分で決められないでどうするのですか、自分の恋は自分で始末することです。友達や第三者には分からないのですから。


では沖川はどうなの?私はあなたの友達でも第三者でもありません。私の場合は仕事です。そして、「あなたの彼は全部お見通しだ!」という人物です(笑)同じような相談を何万人も受けている私からすれば、あなたの彼のタイプは少なくても7000人以上は相談に乗っています。九星気学の1~9までの分類で、各7000人は相談に乗っている計算になるからです。だからお見通しだ!と言えるのです。おそらくあなたよりも私の方が彼のことは詳しいのではないでしょうか。

さて、それはさておいて。

今度は総体的に尚且つ具体的に、
沈黙していいタイプと沈黙してはダメなタイプの分類に入っていきたいと思います。

今後の記事のタイトルはこのようになります。
1、沈黙していいタイプ。
2、沈黙してはダメなタイプ。
3、音信不通にするタイプの分類。
音信不通NO1男はこのタイプだ。みたいなランキング。

タイプは九星気学で具体的に示していきます。

最後に、
4、沈黙か行動か、何を基準に判断するか?大切なのは期限を決めること。沈黙の期限、行動の期限を決めて、自分が決めたことを期限まで全うすること。


というわけで、記事の続きは次回になります。



彼と喧嘩して仲が悪くなった。
あるいは、
彼との恋愛がうまくいかなくなってきた。
または、
彼の私に対する気持ちが最初の頃よりうんと冷めてきた。
それは、
男と女のすれ違いか、神のいたずらか、いずれにしても愛は疎遠になりつつある。

彼と暫く会っていない。
連絡もうんと激減し、今は音信不通となった。

さあ、どうする?
どうすればいいの?私。

このまま沈黙するべきか?
それとも行動するべきか?

沈黙すれば自然消滅になる恐れがある?
行動すれば彼に迷惑がかかり私のことを嫌いになる恐れがある?

さあ、どうする?
どうすればいいの?私。

こんな相談が多い。
ほぼ毎日と言っていいほど。

人生は常に選択。
選択が正しければ幸せになり、選択を間違えれば不幸になる。
あなたならどうする?

沈黙か行動か?
私が答えを出す場合は、二人の恋愛の経緯を聞き、状況を把握して、相手の性格を分析して答えを出す。彼の場合は3カ月程度沈黙した方がいい。また彼は頑固だから沈黙したらダメ、沈黙したらそのまま別れが決定してしまう。というような答えを出す。


沈黙か行動か?
あなたならどうする。

まずはあなた自身で現状を分析して答えを出してください。

皆さんのコメントを見て、続きを書くかどうか検討します。



好きなこととは何だろう?とつい思ってしまう。
好きなこととは好きな時間に好きなことをやる?それとは違う。活動している人間には自由な時間などない。制限された中で、好きなことをやりたければ自分で時間を作るしかない。好きなことは時間を忘れて好きなことをやるのが目的だが、時間を忘れて好きなことをやる時間など自分を含めて忙しい人間には無い。好きなことは限られた時間の中で義務感と使命感でやるしかない。

好きなことは義務感と使命感?そんな固いこというなよ、と言われるかもしれないが、実はこれが正解。好きなことは使命感と義務感でやるのがいい、その方が長く続けることができる。長く続けば好きなことが実となる。適当に遊び気分でやっていると実はならないし、途中で飽きてしまう。飽きることなく成果が出るまで続けるには義務感と使命感がどうしても必要となる。

自分の仕事好きか?好きだからこそ使命感と義務感でやっている。
自分の家族好きか?好きだからこそ使命感と義務感でやっている。
自分の趣味好きか?好きだからこそ使命感と義務感でやっている。
そして最後に、自分のブログ好きか?好きだからこそ使命感と義務感でやっている。飽きることなく10年以上記事が書けるのは、義務感と使命感でしかない。これが私の義務だ!これが私の使命だ!と言って聞かせないと、ここまで長く続けることはできない。義務と使命の中に喜びが生まれるものだ。そしてその喜びが好きとなる。好きとは義務感と使命感が固まってできたものだ。

君と付き合っていると義務感を感じて嫌だ!と若者は言うが、何をバカなことを言っている、義務感を感じるからこそ愛が本物となる。付き合うとは義務教育を受けるみたいなもの、自由と遊びで付き合っては困る、それでは勉強にならない。義務感があってこそ勉強になる。義務を継続してこそ、やがてそれが使命感となる。途中で義務を放棄した人は仕事も恋愛も人生も大成しない。多くの人が義務を全うできず、途中で嫌になって放りだしている。そしてその後は悶々とした人生を送っている。人間何かをやるときには義務を果たさなければならない。そのことをいつ覚えるかだ。

好きなことをやるときは黙って行動しなさい。うだうだ悩んでいないで、うだうだ文句ばかり言っていないで、黙って、行動、しなさい。動けば悩みが解消されてくる。動いてみれば、あの悩み何だったの?という爽快な気分を味わうことができる。「行動を起こせば悩みは吹き飛ぶ」そして義務感と使命感で続ければ、あなたの欲しいものは何でも手に入る。




幸せとは、自分で創るものである。
幸せとは、自分の身の回りに起きている事柄をすべて享受するものである。辛いことや悲しいこと、不安事や心配事、うまくいっていないことや失敗したこと、なんで自分だけがこんな目に合うのという人生の苦悩も、すべて生きている証として受け入れることだ。どんな災難でも、どんな悪い環境でも、どんなに最悪な状況でも、幸せとは自分で創るもの、自分で「幸せだ」と自覚することである。


今日から幸せになろう。
そのために、まずやることは、自分は幸せだと思うことだ。
どんな小さなことでもいい、どんな些細なことでもいい、自分は幸せだと自覚することだ。そうすればあなたは幸せになれる。




育った家庭環境が良くても、付き合っている友達が悪いと、恋愛がうまくいかないことが多い。家庭環境と友達はとても大切だ。彼がどんな家庭環境で育ったのか、どんな友達がいるのか、付き合う前に調査が必要。

若い頃の友達の影響は絶大、悪いものには悪いものが集まり、正しいものには正しいものが集まる、類は友を呼ぶようになっている。行いの悪いものは行いの悪いものが集まる。暴走族は暴走族にふさわしい人たちが集まり、不良少年は不良少年たるものが集まる。やくざやチンピラはそれにふさわしいものが集まる。ギャンブル狂にはギャンブル狂が集まり、酒乱酒豪には酒乱酒豪が集まり、ナンパ師にはナンパ師が集まり、詐欺師には詐欺師が集まり、女狂いには女狂いが集まる。類は友を呼ぶ。また逆に行いの良いものには行いの良いもの同志が集まる。健全なる趣味やスポーツをやっている人は健全なる人が集まり、困っている人々を助ける社会貢献やボランティアに健全なる精神を持っている人たちが集まる。良い仕事を持っている人は良い遊びをし、良い精神を持っている人は良い仲間を作る。良い人間は良い人間を選び、類は友を呼ぶ。

彼がどんな男友達と付き合っているのか?付き合う前に彼の男友達と会ってみることである。付き合う前はあなたも友達、健全な友達として遠慮することなく彼の友達に会えばいい。友達も紹介できない、また友達もいないとなると、彼候補という男は信用できないかもしれない。友達に会うことができたら、あなたの目で健全な友達か、不健全な友達か、しっかりと見ることである。人間関係の女性のリサーチ能力は男性よりうんと優れているので、彼の男友達に会えば、どんな人と付き合っているのかすぐに察しがつくだろう。

男性との付き合いは調査が必要。リサーチする期間を4カ月から半年程かけること。その間好きにならなくていい。最初の頃の男性の熱心なアプローチは嘘が多く、冷たくあしらうこと。男の言葉は三月まではロマン語の嘘が多い。真実のある男の言葉は3カ月以上経過してからだ。そのとき彼が音信不通なら、ほら偽物だろう。最初に言った男の言葉を信用するからこういう目にあうのだ。最初はあんなに私のことを「好きだ!好きだ!」と言っていたくせに、「結婚したい、結婚したい」と熱心にアプローチしたくせに、3カ月後には閑古鳥の音信不通。こんな恋愛ばかりしていないで、そろそろ男を見極める目を養おう。教訓「男の言葉は3カ月までは嘘が多い、真実のある言葉は3カ月以上経過してから」これを教訓にして、最初の男の言葉は信用しないこと。女性は言葉に弱い。だから、男を見る目がなってない。「男は言葉より行動」そのことは何回も口酸っぱく言っているが、未だに男の言葉に騙されている。最初の頃の甘い言葉など騙されてはいけない。真の男は3カ月先にいる。3カ月後に彼がどういう態度をあなたに取っているかだ。逃げているのか、傍にいるのか、愛情が冷めているのか、愛情が以前より増しているのか、最初は熱心でも数カ月先に冷めたのなら、これは偽物の男と呼んでいい。本物は数カ月たっても、何年経っても、愛情は変わらない。本物の男の愛情は年月を重ねるごとに逆に増えていくものだ。本物と偽物の違いをどう見極めるのか、これからのあなたの見極め方にかかっている。



育った家庭環境が悪く、別れた例も多い。

あなたがこれから新規で男性を選ぶ場合、相手の育った家庭環境を考慮することも大切です。相手の育った家庭環境をいろいろな要素を含めてよく考察することです。相手の家庭環境の事情を知ることはとても大切になります。それが今後の付き合いに大きな影響を及ぼすからです。できれば普通の比較的良いとされる家庭環境、両親が健全で兄弟も健全、両親の夫婦仲が良く兄弟仲も良い家庭で育った男性を選ぶべきです。健全な家庭環境は健全な精神が宿り、健全に生きていく基本となります。


相手の育った家庭環境が悪かった。それによる別れを何千通りと私は観てきました。その経験から、育った家庭環境はとても大事だなと思うようになりました。親が離婚すれば子も離婚する。親が悪ければ子も悪くなる。それが全てだと言えませんが、家庭環境は何らかの影響を子供たちに与えるものです。あなたがこれから新しく相手を選ぶのなら、相手の育った家庭環境を考察することも大切だと思います。

私は育った家庭環境の悪かった人と現在付き合っている。どうしたらいいの?その人とは別れた方がいいの?

付き合っているのはあなたです。育った家庭環境が悪いからと言って、全ての人が悪いとは限りません。家庭環境は子供の性格を作り上げているといっても過言ではないと思います。家庭環境が悪ければ、悪い影響を子供たちがモロに受けてしまうからです。だが、それは子供時代までです。20歳を過ぎたら家庭環境は関係ないといのが私の考えです。20歳過ぎてまで自分の運の悪さをいつまでも育った家庭環境のせいにするな!といいたい。いつまでも甘えるな、いつまでも親のせいにするな、いっぱしの男なら、悪い家庭環境を反面教師にして、良い家庭環境を自分で作ればいいだけのこと。このくらいの気概と根性が欲しい。かくいう私も、小さい頃は悪い家庭環境で育ちました。貧乏とコンプレックス。6畳一間に家族5人の貧乏生活。なんでうちは貧乏なんだ!友達はみな自分の勉強部屋があるのに自分にはない、友達と違う家庭環境に小さいながら傷ついたものです。それで私は小学4年から働きに出ました。朝4時に起きて新聞配達をし、牛乳配達をする。(家が貧乏だったからしかたがない)学校での授業は居眠りばかり、当然成績も良くならない。最悪な少年時代でした。だが、それが今の自分を支えている。若い頃に、しかも早く、反面教師という言葉を覚えた。悪い環境なら自分が将来良い環境にすればいい。成人して20歳を過ぎた私は、それからは運の悪さを家庭環境のせいにしなくなった。運が悪いのは親のせいではない、全部自分が悪い。自分の能力と実力がないから悪い。これからの人生は全部自分の力で切り拓かなくてはいけない、と思うようになりました。早く反面教師を覚え、早く自立できたのも、思えば小さい頃の家庭環境の悪さからでした。

育った家庭環境の悪かった人と現在付き合っている。
見極め方は、その相手が自立しているかどうかです。
悪い家庭環境を反面教師というバネにしているかです。
答えは自立と反面教師です。
彼は悪い家庭環境をバネに自立していますか?
悪い家庭環境を反面教師と捉え、自分の将来の家庭環境を良くしようとしていますか?
これがあなたの見極め方です。

相手が育った家庭環境の悪さに甘えているのなら、その人は見込みないでしょう。根性のない人とは早々に縁を切ることです。いつまでも親のせいにするな、これがあなたの見極め方です。20歳過ぎたら、家庭環境は関係ありません。


育った家庭環境の悪かった人と現在付き合っている。でも、私は彼が好きなので別れたくない。

なるほど。
そんな彼でもあなたは好きか。
ならば、
あなたはこれから波乱万丈の恋愛をすることを覚悟してください。
そして波乱万丈の恋愛を楽しんでください。

波乱万丈の恋愛の乗り越え方と楽しみ方は、私が教えます。
予約を取ってください。
女性たちの好きは困ったものです(笑)
いつも厄介な相談を受けている私の身にもなってください(笑)
まあ、それを私は楽しんでいるけどね。
波乱万丈の恋愛大歓迎。
いつでも予約をお待ちしています。



続いて見極めること。
見極めることは大事です。
女性にとって一番大事な能力は、彼を好きになることより彼を見極めることです。うだうだと彼が好き好きと言っていないで、彼を見極めることに重きを置いてください。冷静に客観的に彼を見極める能力を身につけるようにしましょう。見極め方は簡単です。第三者の目で、常識の範囲で、社会的な判断で彼を採点すればいいのです。

男の採点方法は次の三つになります。
1、仕事
2、育った家庭環境
3、付き合っている男友達
です。
一番重要なのは1番の仕事です。「男は仕事が命」男を見る目の80%はここにあります。男の見方は「愛だの恋だの」ではありません。男の見方はその男が携わっている仕事です。彼の気持ちを探るより、彼の仕事を探ることです。その辺が女性の欠点で、その欠点によって男を見る目を間違えています。もっと根底から男の仕事について勉強することです。男の愛する気持ちばかり探っている女性よ、あなたは間違いなく男とうまくいきません。うまくいくためには彼の仕事の全体像を把握して、仕事がうまくいっているかいないかを冷静に判断する能力を身につけることです。「仕事がうまくいっている男はこの先の幸せが見え、仕事がうまくいっていない男はこの先の不幸が見える」そういうことです。男は仕事、それが理解できないうちは、これから先どの男と付き合ってもうまくいかないでしょう。

では男と仕事について、その見極め方を伝授していきましょう。
次に述べる項目は、男の仕事によって別れた例を参考にして作った男の見極め方です。

仕事はちゃんとしていますか?文化的な生活を送れるくらいの収入を確保していますか?仕事に対する不平不満はありませんか?上司や同僚の悪口、仕事批判や会社批判などありませんか?仕事に酷使されていませんか?休みはちゃんととっていますか?休みの日に出勤していませんか?朝から深夜まで1日12時間以上働いていませんか?近いうちに転勤はありませんか?また近いうちに海外赴任はありませんか?今の仕事が嫌になり転職を考えていませんか?仕事に対する彼の健康状態は良好ですか?鬱になっていませんか?体がボロボロになっていませんか?体調不調で入退院を繰り返していませんか?仕事が長く続かず転職を繰り返していませんか?実力もないのに夢ばかり追いかけていませんか?資金もないのに商売や起業をしたいと言っていませんか?自分で商売を始めて3年以内ではありませんか?学校を出て3年以内に会社を辞めていませんか?正社員ではなく非正規で働いていませんか?引きこもりのオタクやニートではありませんか?彼は仕事をするための気力・体力・精神力・根性がありますか?彼は仕事に対して優しくてタフですか?その他モロモロ…・。男の仕事に対する判断材料は限りなくありますが、この辺にしておきましょう。

ここに述べた項目は、
仕事が原因で別れた例です。
仕事が不安定な男は彼女と別れます。

ここに述べた項目は、
音信不通、会おうとしない、男たちの例です。
仕事が不安定な男は彼女を苦しめます。

ここに述べた項目は、
仕事が不安定な男とは、付き合ってはいけないという例になります。

あなたはこれを参考に彼を採点してください。
採点の結果×なら、彼と別れることも覚悟してください。
愛情だけでは幸せになれません。決断するからこそ幸せになれるのです。



2の育った家庭環境は次回書きます。



仕事が忙しい男は恋愛では役に立たない。
まず冒頭に、あなたはこれをマスターしたわけです。
とはいっても、恋愛を置き去りにされたあなたは納得できないでしょう。
男性の身勝手な都合で「なんで女ばかり苦しまなければいけないの!」と怒りがこみ上って来るのもしかたがないことです。男性はホントに自分勝手です。女を舐めているのか、バカにしているのか、下に見ているのか分かりませんが、とにかく自分勝手です。ただ男性自身である本人は気づいていないだけ。女の苦しみを気づかない、これが男脳です。女の苦しみを気づかない男脳に、いくら女性が苦しんで愛情を注いでもダメです。相手は気づかないのですから。それより男が忙しい時に仕事の邪魔をする厄介な女、重くて面倒な女だと思われるだけです。そんなことを感じている男脳に、あなたは連絡を取って愛を強要するなどの自ら嫌われる行動をとってはいけません。仕事が忙しい男は放って置く。これが一番の方法で、世界中の男性たちがそれを彼女に望んでいます。

仕事が忙しい男は恋愛では役に立たない。だから放置する。
彼の仕事忙しくなった。だから恋愛を中断する。
簡単でしょう。あなたはこれをマスターすればいいのです。

では、男性が忙しい時の女性の計画とは、
まず期日を決めることです。
いくら仕事が忙しい男は恋愛では役に立たないといっても、女性にはタイムリミットがあります。だから、いつまでも待つわけにはいきません。中には平気で何年も女性を待たせる男性もいます、そんな男性を相手にしたら、人生を台無しにして後悔するのは女性自身です。仕事バカの男性は女性の苦しみなどわかりません。また女性のタイムリミットも気づきません。だから、期日は女性自身で決めることです。仕事が忙しい男性は恋愛が役にたたないとなれば、女性が自分のタイムリミットに合わせた期日を決めることです。私は彼のことが好きなので、いついつまでなら待てると、期日を決めて下さい。

人が幸福になるのは、愛ではありません。
人が幸福になるのは、運でもありません。
人が幸福になるのは、時期とタイミングです。
いくら、あの人のことを愛している、あの人は運命の人だと言っても、時期とタイミングが外れていたら二人は結ばれることはありません。時期とタイミングの外れた悲恋の物語を作るだけです。それでは幸福になれません。幸せを掴むのはタイミングです。旬な時期はいつ訪れるのか、彼はいつ仕事が落ち着くのか、時期とタイミングを見極める期日を自分で決めることです。



男の仕事が忙しくなったら、恋愛を中断することです。
そして先の計画を立てることです。
男が忙しい間、女脳で男を見ないことです。
「忙しい忙しいと言っておいて、ホントは浮気をしているんじゃないの?」という疑う女脳で男を見ないことです。

男の仕事が忙しい=疑い。この女脳の方程式では男とはうまくいきません。男の中には少数ではありますが、確かに仕事が忙しいといって彼女を裏切っている男もいます。だが、そんな悪い男は微々たるものです。この微々たるものに多くの女性が騙されています。女脳の方程式によって全人類の女性が騙されているのです。微々たるものは微々たるものです。男と付き合う場合は微々たるものは排除して付き合うべきです。そうでないと「あなたは彼の信頼を失います。」男女の別れのNO1は、仕事の忙しさを口実に彼女を裏切ったという理由より、彼女が彼の仕事の忙しさを疑ったという理由の方が圧倒的に多いのです。その比率はバカバカしいほど多い。間違いなく彼を疑った女脳が負けています。いつも彼の仕事の忙しさを疑い、悩み苦しんで、最後のとどめは自爆して大切な人を失っている、これが最も多い男女の別れ方です。そしてこういう(彼の仕事の忙しさを疑った)という別れ方は、もう修正不可能です。女性たちは何度も何度もこの修正不可能な別れ方をして成長していかなくてはいかません。いつそれを、修正可能な付き合い方にするかです。そのために、もうそろそろ終わりにしませんか、彼を疑うことを。いいかげんに覚えましょう。いいかげんに学習しましょう。

とにかく、仕事が忙しい男は恋愛に役に立ちません。そのことをよく覚えてください。役に立たないから彼女にほうれんそう(報告・連絡・相談)もできないのです。彼が忙しい理由をこと細かくまめに丁寧に説明してくれれば私は待てるのに、と女性はよく言いますが、男はそんな器用なことはできません。男は不器用なのです。頭が一個しかない男脳は仕事が忙しくなれば頭は仕事のことで精一杯、とても彼女に(ほうれんそう)をする余裕などありません。これが不器用な男脳の実態です。報告してくれない彼に悩むより、「とにかく仕事が忙しい男は恋愛が役に立たない」としっかりインプットして、男とうまくいくコツを覚えることです。

さて、そろそろ計画を立てましょうか。
どうも私のブログは前段の前置きが長くて、なかなか確信に至りません。書いているうちに熱が入り、前置きが長くなってしまうのです。ごめんなさい。

さて計画なのですが、時間がなくなってしまいました。
計画は明日書きます。