ホーム > 月別アーカイブ: 2016年08月
人生とは選択だ。
まったくその通りだと思う。

自身の人生においても、他人や皆さんの人生においても、選択は必要に迫られ余議なくされる。ここ一番のときは誰しも選択をしなくてはならない。もう時間稼ぎは通用しない。いつまでも逃げているわけにはいかない。時は待ってくれない。辛いが、苦しいが、選択する時が来た。人生とは選択の連続、選択から逃げるわけにはいかない。

人は必要に迫られ、選択が余議なくされる。
ならば、正しい選択をしよう。

正しい選択とは、
冷静な判断。
正しくない選択は、
狂っているときの判断。

冷静な選択は、頭で考えたもの。
間違った選択は、感情で考えたもの。
選択するときは感情で物事を考えるのではなく頭で考えなさい。頭とは、あなたがこれまで培ってきた人間性のことを指す。あなたは教育を受けた人間である。あなたは野生の動物ではない。野生の動物のように本能で考えるのではなく、ちゃんと教育を受けた人間の頭で考えること。


「人間は感情的な生き物だ」と言われているが、その解釈には裏があり、間違った感情で解釈をすれば判断を誤る材料となる。確かに人間は感情的な生き物だ。だが同時にその解釈で間違った道を歩んでいる人もたくさんいる。「人間は感情的な生き物だ」とは、間違ったときのいいわけにしか過ぎない。正しい判断を誤り、自身を慰めるつもりで、「しかたがないのよ、人間は感情的な生き物だから」と言っているに過ぎない。頭で考えないで、感情のおののくまま突っ走り、失敗した例を私はたくさん観ている。この失敗を世界一見たり聞いたりしているのではないかと思うくらいである。誤解がないように言っておくが、世界一とはあくまでも沖川の世界観の見聞であると理解してほしい。感情で失敗した人を何万人と観てきた私だから言える、選択は感情より頭ですること。その意味が解れば、「頭では解っているけど…感情がね…」という変ないいわけはしなくなるだろう。


感情には正しい感情と正しくない感情がある。正しい感情に持っていくには頭で考えること。あなたが小さい頃から教育された頭で考えること。頭の中身が薄いと感じれば、書物をたくさん読むこと。人間が書いた本をたくさん読めば、正しい選択が出来るようになる。多くの人間が人生に迷ったとき、ある本に出会って、人生を開眼させたという例は山ほどある。あなたもその例に従って本をたくさん読むこと。自身の狭い感情で判断するより、多くの書物から学び、人生の選択をすることをお勧めする。知識武装がないと、人間は間違った判断をするからだ。


選択は頭で考えること。
たくさんの知識武装を兼ね備えて、頭で選択すること。
そうすれば、あなたの感情は正しいものとなる。



失恋の後、多くの女性は切り替えが遅くて不幸の中にいる。
過去を怨み、過去を懐かしみ、喜びも悲しみも忘れられない過去にずっとすがりついている。

これを引きずるというのか、未練というのか、よくはわからないが、とくに女性は愛に対しては諦めない。これでもかこれでもかと諦めない精神を貫き、相手がほんのちょっとでも期待を持たせる態度を取ると、落ちた心が息を吹き返し、奇跡を信じて頑張ろうとする。二人の関係はもうとっくに終息しているのに、ゾンビのように愛を復活させようとしている。

愛の復活劇はいつも女性の謝罪から始まる。女性は好きな人には謝罪するようにできている。嫌いな人には当然謝罪などしない。好きな人、大切な人に女性は謝罪する。失ったら謝る、これがザ・オンナ。これが女の性格。でもこれは男には通じない。女同士なら通じるかもしれないが、男には通じない。通じないのに女性たちはいつも謝罪から入る、愛の復活を信じて。頭では別れを受け入れても、心では受け入れていない。そして納得もしていない。女心は受け入れないもの納得できないものにとても執着する。そしてその執着が相手に恐怖を与え、相手が逃げてしまう要因を作っているのに気づいていない。男性の気持ちは、愛が終息したら謝罪などするな!君が謝ったら余計オレが惨めになる、だからそんなみっともないことはしないでくれ。別れとは、悲しい別れか、有終の美を飾る別れか、どっちかだ。謝罪などでごまかすな。別れのときは物分かりのいい女でいてほしい。別れを受け入れる。別れを理解する。女でいて欲しい。みっともなくあとから謝罪する女は、二度とゴメンだ。謝れば済むと思っている女では、この先また同じことを繰り返すだろう。感情的なストレスが蔓延した愛の牢獄から脱出しようにも、謝罪されたら脱出する(別れること)ができないじゃないか。いいかげん別れを受け入れて成仏しろよ、謝罪から入るのは卑怯だし気持ち悪い。別れのけじめをつけられない女は、僕は嫌いだ。

謝罪から入る愛の復活劇。これを信じている女性は執着する。この執着が切り替えを遅くし、タイミングを悪くさせている。タイミングには幸せタイミングというものがある。切り替えの遅い子は、いつもその幸せタイミングを逃している。

早く結婚して早く幸せになる子は切り替えの早い子。
幸せになる子は、「切り替えの早い子。切り替えの速い子。」ダブルでこれだけ言えば解ってもらえるだろう。愛を失って執着しているとき、この言葉を思い出してほしい。そしてあなたの潜在意識にインプットしてください。「切り替えの早い子が幸せになれる」とインプットしてください。それ以外の余計なことを考えるから不幸になるとインプットしてください。あなたの数百億個の脳細胞を、別れたら数百億いろいろなことを考えるのではなく、「切り替えの早い子が幸せになれる」この1点に絞って集中してください。それ以外の余計なことは考えないように。もう過去にすがりつく必要はありません。パッと切り替えることによって、あなたの未来が拓けてきます。過去に執着して苦しんでいるときの特効薬は新しいものを見つけることです。



第26回小江戸川越花火大会
埼玉県川越市 / 安比奈親水公園

安比奈親水公園はうちの近く。私がよく散歩する河川敷。ブログの写真によく使った場所。
本日ここで川越花火大会が開催されました。本来なら昨日の8/27(土)に花火大会を執り行う予定だったのですが、悪天候のため今日に順延されました。昨日だったら花火は見れなかったのですが、今日は日曜日、仕事は夕方の5時に切り上げ、花火見物へとしゃれこみました。

花火は15年ぶりに見ました。壮大で豪華絢爛。空いっぱいに広がる真っかなバラ、黄色い菊の花、青と白のすだれ桜、。ドンドン、バンバンバンと花火の連射で、観客が「ヤバイ!凄い!」キャーキャーーーーと奇声を上げる、久しぶりに感動して興奮した。こんな近くで花火大会をやっているのに、見たのは15年ぶり。なんてこった…たまたま土曜日は雨だったから日曜日に順延となって花火が見れた。15年ぶりに見た花火はとても良かったです。

DSC_0841 (640x427)

DSC_0850 (640x427)

DSC_0852 (640x427)

DSC_0856 (640x427)

DSC_0863 (640x427)

DSC_0888 (640x427)






1、 切り替えの速さ
2、 正しい選択
3、 前向きな思考
4、 反面教師(身内や他人、身体的特徴や環境のせいにしない)
5、 心を積極的にする

今、思いついた改善策はこの5通りです。記事を書いている途中に他の改善策が思いつけば追加するかもしれません。まずはこの5項目から順次述べていきたいと思います。

タイミング良く上手くいく人もいれば、タイミング悪く上手くいかない人もいる。この違いは何なのか?私なりに違いをひとつ上げるとすれば、精神的な問題が大半を占めているということです。

外見上の問題もあると思いますが、外見上の問題はこのブログで後日詳しく述べさせて頂きます。簡単に述べれば、外見上の問題は、自信がないもの、自信があるもの、その他いろいろと分かれますが、私が鑑定を通して感じたことは、今の時代は外見に自信のある人も取り残されているということです。どういう意味かというと、綺麗(美人)な人ほど結婚できない、ということです。普通なら綺麗な人は先に相手が見つかり結婚するものですが、今の時代は綺麗な人ほど取り残されています。外見が良くても結婚できない、そんな変な時代になってきました。また、この人は結婚すれば良い奥さんになるのは間違いないという人も取り残されています。愛嬌が良く、家事も立派にこなし、容姿端麗で奥さんにすればパーフエクト、という女性も結婚できないで取り残されているのです。人は自分の器の取れた相手としか結ばれません。つまり、外見の良い人も悪い人も、それぞれにコンプレックスを抱えているということです。

また学歴にもコンプレックスがあります。東大やハーバード大を始めとする世界のトップクラスの大学を卒業した人々と私は占いの鑑定を通して面談したことがありますが、人は自分の器の取れた相手としか結ばれないという基本がある以上、学歴によるコンプレックスも熾烈な戦いが強いられています。学歴が高い分、この世界はとても複雑な世界です。通常の常識は通用しない高学歴コンプレックス。普通の人では理解不能な物語がこれでもかこれでもかと頻発して起きています。「人は自分の器の取れた相手としか結ばれない」この盲点がいろいろなコンプレックスを生んでいるのです。盲点を基本とするか、盲点を悩みの種とするか、すべてが精神的な問題なのです。タイミングの良い人と悪い人の違いの解決方法はそこにあるということです。



タイミングの良い人と悪い人の違いは精神的な問題を解決することによって改善される。
そう、あなたの気持ちである精神的な問題を、これからどう改善するかです。

改善策は、次回から少しずつ述べていきます。


はたから見ると、
「とんとん拍子にいっている子が羨ましい」という。

「とんとん拍子で羨ましいね」とはたから言われても、
とんとん拍子にいっている子は、なにがとんとん拍子かわからないでいる。

とんとん拍子。本人にとっては、それは自然であり、努力の結晶でもある。他人に「とんとん拍子だね」と言われても、あるいは「運がいいね」と言われても、他人のどこふく風に過ぎない。他人にとんとん拍子の感想をもらすほどの感想が本人にないからだ。

あなたがとんとん拍子を得るためには嫉妬をなくすこと。

私もよく言われる。先生はとんとん拍子でいいね。ブログは盛況だし、本も出版して占いの予約もいっぱいでいいねと言われる。尊敬に値する素直な羨望もあれば、このヤロー自分だけいい思いしやがって!という揶揄する羨望もあるだろう。揶揄する羨望に対しては、「じゃオマエやってみろ」というしかない。「じゃオマエやってみろ」はビートたけしが言った言葉。ビートたけしが若い頃、「たけしオマエいいな、あの程度の漫才で何億円も稼ぎやがって」半グレ若者の言葉にたけしは「じゃオマエやってみろ」と一喝した。「じゃオマエやってみろ」この言葉にたけしの思いのすべて凝縮されている。イチローもそうである。「僕はイチローが嫌いだ…イチローを見ていると…」というCMがあるが、イチローの真似は誰も出来ない。揶揄する羨望に対しては、「じゃオマエやってみろ」その言葉ですべてが解決する。私はどうかというと、私はたけしやイチローの1000分の1しか実力がないと自覚している。だから彼らには嫉妬はしない。彼らには心からの敬意と称賛する言葉しか見つからない。


嫉妬はいけないよ、嫉妬は人類を破滅させるほどの人類最悪の凶悪な感情だ。嫉妬によって多くの友人が破滅の道を辿っているのを見て、これは人間が持ってはいけない感情だと気づいた。「嫉妬は人間が持ってはいけない感情」それを強く皆に言いたい。嫉妬をするくらいなら「じゃオマエやってみろ」の言葉に従ってやればいい。そうすれば自分の実力に気がつく。自分の実力が底辺だと気づいても落胆することはない。すべてが底辺からのスタートだからだ。問題なのは底辺に気づかないで嫉妬していること。自分は底辺だと気づかないで、たけしやイチローと肩を並べて嫉妬するからおかしい。いくら人類は皆平等だと言っても、それはとんだ勘違いの問題外だ。その嫉妬は変態というしかない。肩を並べて嫉妬するほどの器は他人にはない。底辺は底辺らしく嫉妬などしないで、黙っておとなしく、自分の実力を上げることをすべきである。嫉妬をしている暇があれば行動しなさい。モンモンと考えている暇があれば行動しなさい。とにかく黙って自分の成すことだけに集中して行動しなさい。余計な考えは無用、余計な嫉妬は無用。雑念の中にいればとんとん拍子はいつまで経っても訪れない。

とんとん拍子
はたから見ると、
「とんとん拍子にいっている子が羨ましい」という。

そうかな…。
とんとん拍子にいっている子は、「とんとん拍子で羨ましいね」とはたから言われても、
なにがとんとん拍子かわからないでいる。それより他人に嫉妬されて心を傷つけている。とんとん拍子にいっている子も真からとんとん拍子を喜んでいるわけではない。羨ましいなら「じゃ、オマエやってみろ」という思いが心のどこかにあり、自分のトントン拍子を守るために懸命に努力している。とんとん拍子は楽をして手に入れたのではない。アホとバカの調子もので、何の悩みも持たない子がトントン拍子を手に入れたわけではない。人には楽をして手に入れたように見せかけ、陰ではもの凄い努力をしている。アホとバカの調子もので、何の悩みも持たない子のとんとん拍子はすぐに化けの皮が剥がれるが、努力で得たとんとん拍子は色褪せることはない。

とんとん拍子はそうそう訪れるものではない。
全体の1割、人生の1割と言っていいだろう。
10人いれば、9人がとんとん拍子から外れ、一人がとんとん拍子。
一生で見れば苦難の人生が9割で、1割がとんとん拍子の人生。人生は艱難辛苦、幸せと喜びの時間はほんの一瞬でしかない。
9割の苦難の人生の要因は、すべてが雑念と嫉妬によるもの。雑念と嫉妬をなくすことでとんとん拍子の人生が始まる。雑念と嫉妬による余計な時間をとんとん拍子に乗る時間に充てられるからだ。

まずは嫉妬をなくすこと。
恋人、夫婦、親・姉妹・兄弟、親戚、友人、上司、同僚、すべての人に対して嫉妬をなくすこと。嫉妬よりライバルと心がけること。羨望より尊敬。嫉妬は人類が持ってはいけない感情と決めること。嫉妬をしている暇があれば自分を鼓舞しなさい。自分を愛して、自分を労わり、自分に自信がつくまで、これでもかこれでもかと飽きるほど行動をしなさい。もう勘弁して欲しいと飽きるほど、そして嫌になるほど動いて動いて行動すれば、考えそのものが行動についてくる。考えと行動が一致したとき、あなたはとんとん拍子の人生を手に入れることができる。手に入らないのは雑念の中にいるからだ。一生雑念の世界にいるつもりかい?それではとんとん拍子はいつまで経っても訪れないよ。

とんとん拍子に向かっている世界は孤独だ。
ひとり目標に向かっている姿は、孤独で勇敢。
皆さんはそれが嫌で、雑念と嫉妬の世界にいる。
なぜそこにいるのかというと、独りでは寂しいからだ。
だからはたから羨むとんとん拍子に羨望の目を向け、人の粗探しをしている。
それじゃいつまで経ってもとんとん拍子になれないよ。



次回、
とんとん拍子になるための心得。
その具体例を、細かく描写していきたいと思います。
とんとんとね。




仕事でも結婚でも、
1、トントン拍子にうまくいく人もいれば、
2、何をやってもうまくいかない人がいる。
この両者の違いは何なのですか?

1は運のいい人。2は運の悪い人。簡単にこの二つに分ければそれで済むかもしれませんが、なぜ運のいい人と悪い人がいるのでしょうか?また運のいい人と運の悪い人の精神構造や心理状態は何が違うのでしょうか?さらに人の力ではどうすることもできない力が働いているのでしょうか?たとえば悪霊とか善霊、縁とか偶然、それらの不可思議な力が働いているのでしょうか?私は引き寄せの法則など、心理学や哲学、あらゆる分野の書物を読みましたが、いまひとつわからないことがあります。長年占いに携わっている先生の見解を是非お聞かせください。いつかブログにしてくれると助かります。

という質問がありました。
うむ、よくよく考えてみると…とても難しい質問。
深層心理の奥の世界を解明する深い質問だ。その世界は、まだ科学で解明されていない。人類がまだ到達したことのない未知の世界。人の運や精神構造は世界中のスーパーコンピューターを結集しても解明されない。当然、心理学者や精神学者や医者や霊能者や占い師などの米粒みたいな個人や集団の力での解明はとても無理。この世界の紐を解くのは人間の力では困難だと言わざるを得ない。もちろん私にも解らない。ただ言えるのは、それぞれの世界で活躍している人はそれぞれに自分なりの法則があるということ。沖川にも自分なりの法則がある。私の法則は、心理学者や精神学者、科学者や医者や他の占い師とは違う法則。この法則は朝から晩まで生の鑑定を通して得た実戦の法則。机上の空論ではなく現場の法則。ベテランの職人のように朝から晩まで何十年と技を磨いた直感の法則。この自分なりの法則に従って、質問に答えてみたいと思う。

しかし、難しい。
どうなることやら。
次回から少しずつ、自分の経験値を述べていきたいと思います。



お知らせ。
8月の予約状況。
8月の予約は全て埋まりました。現在予約の受付をストップしています。9月分の予約は8/26(金)から受付ける予定です。それまでしばらくお待ちください。

沖川は8/22~8/25まで夏休みを取らせていただきます。その間、ブログはお休みとさせて頂きます。

リフレッシュしたあと、自分なりの法則をブログ化していきます。



オリンピックの中継を見過ぎて寝不足です(笑)
リオと日本は12時間の時差があり、昼夜逆転状態です。
ブログを書く時間だが、ついついオリンピックを見てしまう。
頑張っている日本選手を応援せずにはいられない。

水泳、体操、柔道、レスリング、卓球、バドミントン、深夜に放送されるテレビにくぎ付け。自分も高校時代にレスリングをやっていたので、女子レスリングには感動した。金4つの快挙は素晴らしい。

オリンピックを見ていると、自分も…何かしたい…と、こみあげてくるものがある。選手の皆さんからたくさんの勇気と感動をもらった。「よし、自分もやるか」という気分にさせてくれた。

ありがとうオリンピック。
ありがとう日本選手。
自分もこれから頑張る。




男運がないか…それはそうかもしれないね。
でも、それも勉強じゃないかな。
いつ運を変えるか、それの勉強。
その勉強の名を「チャレンジ」と呼ぶ。チャレンジしなさい。

チャレンジは失敗してもいい。たくさん失敗しなさい。たくさん失敗することで、チャレンジはやがて成功する。やがて成功するまで、チャレンジを続けなさい。大切なのは続けること。

男運が悪い。
女運が悪い。
そんなことはどうでもいい。
悪ければ、良くするだけのこと。
それも意志の問題。
良くする意志があるかどうかの問題。
人の運は、意志で持って変えられる。
変えられないのは、気づいていないからだ。
変えることに気づいていないから、いつまで経っても男運・女運が悪いと嘆いている。

私の好みは変えられない。だからいつも同じようなタイプを好きになっている。世間一般のいい人には興味がない。真面目で優しい人はつまらない。そういう人には刺激を感じない。私は世間からつまはじきされた面倒な男が好き。ワイルドで、クールで、ダメ男で、超オレ様で超自分勝手な男。連絡は寄こさないし、会おうともしない、何を考えているのかわからない人に興味が注がれる。安定している人より不安定な人の方が好き。常に危機を与えてくれるからいつまで経っても新鮮で刺激的だ。この人何を考えているの?この人何を考えているの?何を考えているのかわからない彼のことを考えるのが好き。彼の安定していない部分に私は役に立ちたい。女として面倒をみたい。女としての必要性を感じたい。彼は何を考えているの?私の妄想はどんどん膨らむ。好みは変えられないか…おバカさんだね、君は。

だったら、とことんやるんだね。
波乱万丈の相手と、とことんやるんだね、それもチャレンジだ。
チャレンジするには約束すること。二度と私は男運が悪いと言わないこと。これは男運が悪いのではなく、私の好みだから仕方がない。好きなものは好き。好きだったら、擦り切れるまでとことんチャレンジしなさい、そうすれば見えてくる。



という問いに対し、
私は「できるよ」と答える。

結婚したければ結婚すればいい。
独身を貫きたければ独身を貫けばいい。
どちらもあなたの選択だ。

結婚したければ結婚すればいい。これは全てあなたの意志の問題。強い意志があれば、人は何でもできる。意志が弱く薄弱だから何もできない。強い意志を持とう。

強い意志は己自身のもの。周りのものではない。結婚氷河期時代、社会から世間から周りの友達から、今の時代は、結婚は厳しい時代だといと言われても耳を貸さないことだ。そして己自身にも結婚はできないという不安を持たないことだ。周りから湧き上がって来る不安、己自身の内側から湧き上がって来る不安、それらの不安を退治することによって意志は強くなる。具体的にどうすれば意志は強くなるの?そんな変な質問はしないこと。それも単なる依存だ、依存があるから意志もできない。何度も言うように意志は己自身のもの。意志は自分で育てる戦いだ。他人に依存することなく己と戦いながら意志を強くすること。具体的には心を積極的にすることだ。あなたの心が消極的だから意志が育たない。だから、「私結婚できるのかしら」と悩むことになる。「結婚はできる」と意志が強ければ、「結婚できるのかしら」という言葉は使わないはずだ。他人にも己自身にも。

自分に意志があっても相手に意志がなければどうすることもできないじゃないの?またまたそんなネガティブなことをいう。相手に意志がなければ相手を変えること。相手に意志がなければ自分の意志を貫き通すこと。勇気を持ってこの二つを実行すればいい。時代は変わったのだ、男に依存してはならないと。今の時代の独身男性は、結婚に対して半分は消極的で意志薄弱。意志薄弱な男性に振り舞わされてどうする。彼が結婚する気がなければ彼と別れて新しい人を見つければいいだけのこと。意志の強い人は、小異を捨てて大同に就くことができる。なぜなら自分の人生に責任があるからだ。彼のことが好きだからそんなことはできないと言っているようでは、自分の人生を冒涜していることになる。そして、今の時代は女性からのプロポーズが多い。何年も付き合ってはっきりしない彼に、女性側がしびれを切らして逆プロポーズする場面が多くなった。成功すれば結婚、失敗すれば失恋。これを繰り返して成長するのが今の時代に生きている女性の役目。意志には未練はない。別れても引きずらない。意志は意志薄弱な愛のためにあるのではない。意志は自分の夢を達成するためにある。