ホーム > 月別アーカイブ: 2016年12月
企業の奴隷になってはいけないよ。一生懸命もいいが休むことも重要です。

私もこの仕事をやる前はサラリーマンをやっていました。30年以上のサラリーマン人生、長きに渡る企業戦士と企業の奴隷です。企業戦士と感じたときは、高いモチベーションでやる気があったときの自分です。企業の奴隷と感じたときは、精力的に一生懸命頑張っても、ある日突然、「燃え尽きる」ようにやる気がなくなった自分です。いわゆる「燃え尽き症候群(バーンアウトシンドローム)です。人はやる気を高く保つこともあれば、突然やる気がなくなってモチベーションが下がることがあります。それは疲れているからです。

余談ですが、私も長い間企業の奴隷でした。嫌な上司に睨まれ戦ったものです。

結果として私は勝ちました。嫌な上司はみんないなくなったのです。その数30人以上はいるでしょうか。

なぜいなくなったか?上司も人の子、企業の奴隷だったからです。転勤でいなくなり、退職していなくなり、不始末を起こし解雇されていなくなりました。

私はただ淡々と辛抱強く働いただけです。もちろん無謀な上司の要求にはNOと主張しながらです。企業の奴隷はストレスが多く人に当たるものです。パワハラ上司も人の子、仕事が軌道に乗らず、成績が落ちると、部下にあたり散らすものです。私も何度もやられました。横暴な酷い扱いを受け、「貴様はクビだ」と言われ、仕事を失う恐怖にもさらされました。

そのときは落ち込みましたが、尊敬できる上司と相談し、自分でも本を読みながら勉強して、なんとかこの危機を乗り越えました。そしたら、いつのまにか嫌な上司はいなくなったのです。「ああ、やはり上司も人の子か、弱い人間だ」というのが当時の私の感想です。

この嫌な上司のお陰で、自分が精神的に強くなったことを今は感謝するくらいです。「結果として嫌な上司はみんないなくなった」その経験を踏まえ、私は独立しました。「一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福を探す必要はない」(トーマス・カーライルの名言)こんな幸福感に今の私は包まれています。



19世紀の歴史学者、トーマス・カーライルの名言。
「一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福を探す必要はない」

なるほど、今の私にぴったりの言葉。
「一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福を探す必要はない」では他の幸福を探すのはやめよう。この仕事にもっともっと喜びを感じよう。

好きな人と好きな仕事、どっちを選ぶ?
私は仕事かな。
仕事に勝る幸福はないから。
その考え…やはり男だ。

男はね、仕事以外の楽しみは隙間でやるもの。
あなたの彼も隙間で君のことを愛している。
隙間の愛は本物か?
本物です。
隙間でもなんでも愛は本物。
男の好きだという気持ちは永遠に不滅です。
女性が白黒つけるものだから、不滅でなくなるのです。

男は限られた時間で女性を愛するしかない。
好きな女性のことを1日中考えているわけではない。
考えるのは1日1%の時間だけ。24時間の1%は15分。15分だけ君のことを考えている。
男の愛はそれで十分。1%でも愛に変わりはない。


「一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福を探す必要はない」
そう考えると、恋愛だけが人生ではない。結婚だけが人生でない。それらは青春の副産物、若気の至りみたいなもので、人生の単なる通過点に過ぎない。異性への愛だけでは男は不満足だし、そこに手ごたえのある幸福感は感じない。女の人を愛するのは1部としてはいいが、全部ではない。それだけでは人生がスランプとなる。スランプから脱出するために男は、愛を1部にし、一生の仕事を見つける努力をする。これが本来の男の姿なのです。



恋愛における彼氏の悩み。
仕事における人間関係の悩み。
友人との悩み。
家族との悩み。
これらを小さな悩みといいます。
日常接している小さな悩みは、未来に目標を持つことでなくなります。

悩みがなくならないには、目標がないからです。目標という言葉が嫌なら、夢でもいい。未来に向けてのあなたの夢はなんですか?なにかないですか?ただ日常の小さな悩みと葛藤し、大切な時間を無駄な悩みと相殺しているだけですか?それじゃつまらない人間になってしまいますよ。

「目標(夢)があるから人は救われる」それをもう一度思い出してください。
「私にはこれがあるから頑張れる」というのがあなたに何かないですか?なかったら今からでも作ってください。

目標に向かっている人、夢に向かっている人は、日常の小さな悩みは意に介さなくなります。目標(夢)に向かうとは、上(天)に向かっている姿なので、下で起きているザワ事など一切気にしなくなります。高い見地から悩みを見ることができるので、彼氏がどうだ、仕事がどうだ、人間関係がどうだと、下で起きている小さな悩みに押し潰さることはありません。自分には大切な目標(夢)があるからです。

そういう人間になれば、下で起きている小さな悩みなど、どうでもよくなります。あとはその小さな悩みを起爆剤にして上に上るだけです。目標に向かっている姿、夢に向かっている姿を自分自身で作ることです。




占い師の私が言うのも変ですが、占いに依存してはいけません。

占いは依存ではなく、あくまでもアドバイスと受け止めて下さい。

占いには様々な種類があり、どれも的確なアドバイスをしてくれます。この道に長く居た人は、それぞれの自分なりの占術(法則)を持っていて、それに従って占ってくれます。占いは科学で証明できない特別な分野です。私自身この世界に15年いますが、未だにこの世界のことがよくわかりません。わからない世界と葛藤しながら、日々たゆまぬ努力を続けているだけです。


私はときどき「占いを信じてはいけない」とブログで発信しています。その真意は、占い依存を無くすためです。占い依存による障害を私はたくさん観てきました。その経験から、占いを信じてはいけないと発信しているのです。

占いの基本はあくまでも自分自身です。あなた自身がポジティブかネガティブかで結果が決まります。「ポジティブはポジティブの結果を生み、ネガティブはネガティブの結果を生みます」これが占いの基本です。相手がネガティブではいくら良いアドバイスをしても良い結果にはなりません。すべてが自分自身の心の持ちようによって結果が決まるのです。

占いは依存ではなく、あくまでサポートやアドバイスをしてくれる存在です。その事を忘れて自分で決断をする事を一切せずに占いばかりに頼っていると、そのうち何も自分で判断できなくなってしまいます。せっかく占いをするのなら、ポジティブになってポジティブの結果をもらえるようにしてください。



もう12月……今年もあと一カ月を切りました。
早いですね、今年も残りわずかとなりました。
そう言えば、川越占い館も駅前に引っ越して1年が過ぎました。駅前の便利なところに引っ越して1年が過ぎ、今ではすっかりここの住人となりました。旧占い館は取り壊しとなり、今は新しい建物を建設中です。帰りは車で国道16号を走るのですが、旧占い館の取り壊し作業を見ると、ここに5万人のお客様が来てくれたかと…哀愁の念にかられます。時代は時と共に変わるものです。

時代は時と共に変わるか?
変わらない自分でいたいですね。

沖川は変わりません。
基本真面目ですから(笑)
自分のペースで、とことん自分を追求します。

さあ、今年もわずかです。
皆さんも残り少ない2016年を悔いのないようにしてください。


未来は自分で変えていくしかない。

これからのあなたは、人間関係において高い志を持った高みの人間になることです。

高みの志を持てば、人を変えようとする無駄な努力がなくなります。

人を変えるのは大変なことです。自分の力ではとても無理だと判断することです。それこそ神の力に委ねるしかありません。人間は神ではありません、だからありのまま受け入れるしかないのです。「人は変わらない」とありのまま受け入れれば、イライラすることもなくなり、悲しむことも苦しむこともなくなります。

人は変えられないという考えを持つことは精神衛生上とても良いことなのです。他人に自分の価値観を押し付けなければ、自分の考えと違う相手でも尊重することができ、相手の馬鹿な行動でも大目に見ることができます。人を変えようとしなくなったら自分が成長した、そんな人間になってください。



「男性は仕事が忙しい=恋愛ができない」とシンプルに考えることができれば、恋愛ができない時間、あなたには時間が余ります。

この時間を有効に使えば、あなたの今後の未来は拓けて来るでしょう。

今までは、男性に好かれるために、彼に好かれるために、女子力を上げてきました。これからは自分磨きに専念して自分力を上げましょう。外見の美しさより、内面の美しさを磨くいいチャンスです。

丁度彼の仕事が忙しくなった、これは二度と来ないかもしれない千載一遇のチャンスだと思うことです。

自分力を磨くことは恋愛だけに限りません。彼氏がいない方でも自分力を磨くことは必要です。これからの時代は男女問わず、自分の力が試されるからです。