ホーム > 月別アーカイブ: 2017年01月
ここに相談に来られるお客様は、
「今後どうしていいか?」自分で選択を決められないお客様ばかりです。
自分の判断が正しかったのか?
自分の選択は間違ってなかったか?
私の白黒は正しかったのか?自爆ではなかったのか?
ここに相談に来られるお客様は、今後どうすればいいか?迷いが深くなって、わからなくなって来ているお客様が多い。

それで、経験豊富な私の意見を聞く。
私のアドバイスは総体的な判断に基づくもの。
枝葉の小さな悩みより、人生を総体的に見てアドバイスする。
彼と別れたことより、彼とうまくいかないことより、彼が音信不通だとか、彼が浮気をしたとか、そんな小さな事より、人生を総体的に見てアドバイスする。

もちろん枝葉の小さな悩みにもお答えする。男の心理を知りつくしている私は、なぜ彼が音信不通にするのか?仕事が忙しい男はどんな気持ちか?仕事に危機を覚えた男はどうなるのか?仕事が命である男の心理は恋愛にどういう影響を与えるのか?精神的にモロイ男は彼女のどんな態度を取るのか?弱い男は?うつ病の男は?マザコンの男は?女好きの男は?うそつきの男は?悪い男は?女性が悩みを抱える男は千差万別いろいろあるが、私はそのすべてにお答えができる。手相と生年月日を見れば、お茶の子さいさい、だてに5万人以上鑑定しているわけではない。

だが、そんなものはどうでもいい。
男なんかで人生を狂わしてはいけない。
人生はあなた自身のもの。
あなたの人生に沿って、私は総体的にアドバイスる。
もっと自分の人生に夢を与えよう。
男なんかで苦しんでいないで。



正しい選択は経験から覚えるもの。
正しい選択は失敗から覚えるもの。
たくさんの失敗を経験すれば正しい選択ができるようになる。
だから、自分の考えに従って選択すること。
自分の考えが一番能力を発揮できる。
人間は考える葦、まずは真剣に考えること。
考えて考え抜いて結論を出そう。

選択は他人に委ねてはならない。
友人、親、先輩、会社の同僚や上司、占い師、などに自分の選択を委ねてはならない。他人の意見はあくまでも参考意見として、最終的な判断は自分の内側の真理に従うこと。あなたを守ってくれるのは他人ではなくあなた自身である。自分がどうしたいか?自分のことは自分自身が一番よくわかっているはずだ。答えは他人の頭の中にない、答えはあなたの頭の中にある。自分の内なる真理をもっと大切にし、ぶれない心を創ることだ。

他人に委ねている人は、
わなわなとぶれまくっている。
わなわなと焦りまくっている。
わなわなとせっかちで、わなわなと白黒ばかりつけたがる。
一日中考え事の世界にいて、不安と心配の種ばかりが増幅し、自分を見失っている。
他人に委ねている人は考え過ぎ、いろいろな情報が入り過ぎ、どれが正しいのか?わからなくなっている。もっと自分を信じよう。自分の力を。

自分の力を信じること。
たとえ現在進行形がうまくいってなくと、自分の力をもっと信じること。
うまくいかない問題は他人が解決できるわけない。
うまくいかない問題を解決できるのは自分自身。
だからもっと自分の力を信じること。

自分の力を信じたければ、
私が背中を押してあげる。
私はあなたの力を信じているから。



「人生は選択の連続である」シェイクスピアの名言。

「人生は選択の連続である」この言葉通り、普段生活している中で私たちはたくさんの選択をしています。ほとんどが些細な選択の連続だけど、その選択にはすべて結果があります。レストランでの食事のオーダーも、テレビ番組でバラエティーを見るかドラマを見るかでも、恋人に連絡するかしないかでも、選択の結果はすべて自分に返ってきます。結果を後悔するか納得するかはすべてあなた次第となります。

選択には、人生を左右する大きな選択もあります。大学はどこに行くか、就職はどの会社にするか、恋人と結婚するかしないか、家を買うのならマンションがいいか一戸建てがいいか、などの人生を左右する大きな選択。小さな選択も大きな選択も、結果を後悔するか納得するかはすべてあなた次第となります。

中には苦渋の選択もあるでしょう。仕事を辞めるとき、愛する人と別れるとき、人生の中心だった大切なものを失うときの苦渋の選択。人生は選択の連続と、選択したものの積み重ねで成り立っている。長い人生では、仕事を失うこともあれば、愛する人を失うこともあります。それも人生の積み重ね、結果を後悔するか納得するかはすべてあなた次第となります。

人生は選択ですが、選択を後悔しないことです。
私も、反省だらけの選択、失敗だらけの選択を数々やってきました。当時は後悔しましたが、今は後悔していません。後悔より、その当時の選択の全てで今の自分が成り立っているからです。

過去を振り返れば、あの時あーすれば良かった。過去に戻ることができれば二度と同じ過ちはしない…等々、いろいろ思い伏せることがありますが、今となっては過去。過去には戻れません。嫌な過去は悔むことなく忘れることです。反省と後悔が人を育てる、過去の失敗を次に生かせばいいのです。

過去の選択で今の自分がいる。
反省と後悔と失敗をを繰り返し、そこで学んだことが今の自分を作っている。
だから今後の選択は、あまり間違えない。
それによって、今の自分が生かされている。
そう思えばいいのです。


「女は面倒くさい、女は仕事の邪魔だ」
強烈なタイトル。

彼氏にそう言われたら、あなたはどんな気持ちになりますか?
ショックで傷つく。がっかりする。愛情のかけらもない冷たくてひどい男だ。
頭にくる。女をバカにするな。女をなめるな。この仕事バカ人間。
こんなことを発する男は子供、非常識で世間知らず、結局は仕事のできない男。
女がいるからあなたは仕事ができているのよ、基本を忘れないでほしい、あなたは女から生まれたのだから。
などなど・・・。

「女は面倒くさい、女は仕事の邪魔だ」
ここまで痛烈でなくても、それに近い言葉で言われている。
「今は仕事だけに専念したい」
「仕事が忙しいので、当面君に会えない」
「今は仕事のことで頭がいっぱいいっぱいだ」
とか。
やや優しい言葉で、同じことを言っている。

男からすれば、
私も、同じことを思う。
口には出さないが、
(女は面倒くさい、女は仕事の邪魔だ)
心の中で…そう思ってしまう。

そして、「女を助ける、女を守る」これこそ男の責任だ。
とも思う。

前半は仕事が忙しい時、後半は仕事が落ち着いた時。
つまり男は、余裕がないと恋愛はできない。

ひとたび余裕がなくなれば、
「女は面倒くさい、女は仕事の邪魔だ」と思ってしまい。
一人になることを求める。

しばらく一人でいて、寂しくなれば、また女を求める。
男の愛はコンビニではない。365日、24時間、女を愛せない。
男の愛は非正規労働者。派遣・契約・フリーターの期間限定の愛。
ときどき愛を解雇されて、しばらくプラプラするのが男の愛。

「女は面倒くさい、女は仕事の邪魔だ」と思わない女もいる。
惚れた女はそうは思わない。
タイプは個人個人違うが、とにかく惚れた女にはそうは思わない。
だが、惚れた女とは結ばれない。
結ばれるのは、「女は面倒くさい、女は仕事の邪魔だ」と思う女。
男は荷物をしょっていくしかない。
ぶつぶつ文句を言いながら。

「女は面倒くさい、女は仕事の邪魔だ」と彼氏に言われても、ショックを受けなくていい。
ここまでいい放つことができる間柄は、
逆に本物だ。
優しさも、愛のかけらもないが、結ばれる女だからこそ、
男は口が悪くなる。
惚れた女のロマンの香りは、男は失恋と決まっている。



今年のテーマはこれですね。
「運を上げる」

私もそうですが、皆さんも。
運を上げていきましょう。

今年は、悶々とするより、運を上げることを目指しましょう。
運を上げることはそんなに難しいことではありません。
やるべきことを面倒くさがらず、さっさとやればいいのです。

一番の運の上げ方は新規開拓です。
いつまでも過去に拘っていては運は上がりません。
過去は後悔と反省の学びの場として捨て、新規にチャレンジするべきです。
ですから、終わった過去の恋愛相手(元彼)の連絡先はすべて削除してください。
SNSサイも削除して、今後二度と見ないこと、過去の情報はいっさい入手しないことです。
恋愛は、過去と「さようなら」することによって、運が上がっていきます。
本気で過去とさようならする。そうすることで未来の扉が開いていきます。
本気で未来に進めば、中途半端でなく、本物が来ます。本物が来ないのは、いつまでも過去に支配されているからです。
あきらめないという執着は、ただ単に自分の運を悪くするだけです。
女性は白黒です。ですから過去と白黒決着をつけてください。もう時間があまりありません。

あなたに愛する人がいて、復縁を望むのなら。
過去を継続したままでは復縁はできません。
過去を心機一転させてこそ復縁も可能となるのです。
そのために、一端過去を葬り去ることです。

復縁はその年度内ではできません。相手に新しい彼女ができたり、相手の気持ちが別れた女性にすぐには気持ちが戻らないからです。男は女と違って、別れた後は時間の流れが遅い。別れた後のタイムラグは、男と女では大きく違います。「女は数カ月、男は数年」およそ10倍違います。女は一番苦しい時に復縁を望み、男は過去のわだかまりがすべて取れてから復縁を望む。ですから、女が数カ月に対して、男は数年かかるのです。本気で愛した女だからこそ、男は戻ってくるまでに数年かかるのです。平均すると2年。早くて1年以上経過してからです。私は男だから男の気持ちはよくわかります。ふった男はそうそう戻ってきません。男には別れたというプライドがあるからです。

そんな男の特徴をうまく利用することです。
過去を継続したままでは復縁はできないこと。
過去を心機一転させてこそ復縁も可能となる。
そのために、一端過去を葬り去ること。

新規開拓に進んでこそ、過去も未来も両方手に入るのです。
これからはマルチの時代です。
同時進行でなく、時間差進行を心がけることです。


川越占い館は、今日から2017年の営業を開始致します。
1週間の正月休みを頂き、誠にありがとうございました。
お陰さまで執筆活動も順調に進み、休みの間は、心も体もリラックスすることができ、自分にとっては良い正月だったと思います。
皆さんはどのようなお正月を迎えましたか?
きっと良い正月を迎えたと思います。

さて、2017年。
沖川は今日が初出勤です。
川越占い館に一週間出勤していないので、なんか懐かしく感じます。
無事にあるのでしょうか?川越占い館は(笑)
主の帰りを持っているかのようにひっそりと駅前でたたずんでいるのでしょうね。
駅前の目立つところで。看板だけが目立ち、ひっそりと。
お待たせ。
今日から主が出勤します。
またこの場所で、たくさんの悩める子羊たちを出迎えましょう。

さて、今年はどんな物語が待っているのか?
楽しみです。



新年明けましておめでとうございます。
今年は皆様にとって良い年であることを願っています。

元日の今日は、川越喜多院へ初詣に行ってきました。
私がお参りするのは、いつものところ。
本殿でなく、天海僧正の 慈眼堂。
いつものように皆様のご多幸をお祈りしてきました。

今日はぽかぽか陽気の天気に恵まれて、歩いていて気持ちのよい正月でした。
川越のわが街をぷらぷら散歩するのもいいものですね、いろいろな発見があって楽しい。
普段は滅多に行かないから、正月くらい神社の周りを散歩するのもいい。

私の年末年始の休みは元旦のみです。
あとは本の執筆に追われています。
正月休みのお陰で、一章分、早めることができました。
一週間まとめて本の執筆に充てる、そういう機会は正月休みくらいしかないですから。
お陰で、正月休みは休んだ気がしません(笑)
まあ、仕事があるうちが華かなと思っています。

あと三日ほどで、第四章を書き上げる予定です。
すると、残りはラストの第五章。いよいよ本の執筆も終盤に向かいます。
1月末には原稿が書きあがるでしょう。
早く書き上げて、解放されたい。今は、それが正直な気持ちです。

本の依頼を受けて、11月からブログが手抜きとなり申し訳ありません。
1月中には、本の執筆作業も終わり、2月から正常に戻ります。
あと少しお待ちください。

2月になれば、また熱の入ったブログが展開できると思います。
鑑定を通して感じたことを、リアルに記事が書けるのを、自分自身楽しみにしています。
早くその日が来ないかなと。普段の生活ってやはりいいですね。日常が一番。

お正月休みも、あとわずかです。
皆様も健康に気をつけて、残りのお休みを楽しんでください。
では、1/5にお会いしましょう。
2017年の皆様のご来場をお待ちしています。