ホーム > 月別アーカイブ: 2017年02月
多くの女性が考え過ぎ。
あなたも人によく言われるだろう「君は考え過ぎだ」と。そう…私は考え過ぎ。自分でもそれが欠点だということはわかっている。考え過ぎはいけないとわかっているが、でも事あるごとに考えてしまう。彼が言った言葉の意味?真意は?何だろうと考えてしまう。彼と音信不通になったら、なぜ彼はそういうことをするのか?何が原因なのか?私のどこがいけなかったのか?彼は不誠実で常識のない人なのか?それとも私の態度が悪かったのか?あるいはただ単に仕事が忙しいだけなのか?その他のいろいろな原因を夜も眠らず考えてしまう。

考え過ぎる人は、人間関係のありとあらゆる問題にとてもナーバス。とても繊細でとても神経質。だから、ついつい考えてしまう。人間は考える葦だと言われているが、それにしても弱すぎる。弱いのは自分の考えによって押し潰されるからだ。

考えることは悪いことではない。
何も考えずボーっと生きている人間よりましだ。
人は考えることによって成長する。
だが、成長するのは正しい考えに思考をコントロールしたとき。
悪い考えに思考をコントロールすれば、成長はおろか、後退するだけ。
考え過ぎるほとんどの人は、悪い考えに思考をコントロールしている。
それに気づいていないのが本人。
気づいていないから他人に「君は考え過ぎだよ」と言われる。
他人は知っているのだ。君の運が悪いのは、考え過ぎが原因だと。
過ぎる考え。この中身は正しい考えではなく、悪い考えが大半を占めている。
つまりネガティブ。
ネガティブの考えに思考を凝らすと結果は当然悪い結果となる。
悪い結果へ悪い結果へ導くあなたの考え。
これが考え過ぎるあなたの欠点である。

では、どうすればいいか?
次回、考え方をコントロールする。思考は現実化するについて述べます。



では、
どうすればいいか。
まず前日の記事をもう一度読み返すこと。
うまくいく人とうまくいかない人の違いを、読み返して頭に叩き込むこと。頭に叩き込めば、あなたが今後どうすればいいかが見えてくるはずだ。
そう、まずは、自分に自信をつけること。
いつまでもうまくいかない人のパターンをあなたは繰り返してはいけない。
何事も「無理、無理」と考えない。
チャンスを障害と考えない。
成長の可能性を失敗の可能性と考えない。
保証を求める選択はしない。保証は自らの行動によって勝ち取るもので、相手から得られるものではない。だから相手に依存しないこと。
選択は、自らの責任でしよう。選択とはチャレンジなり、チャレンジを恐れるものは、現状維持の不安の中に一生いることになる。さあ!飛び出せ、現状維持の不安の中の君よ。

今の男性に保証は求めても無駄なこと。男性だって自信がない。頭に叩き込んだ君ならわかるはずだ。自信のない男性の調理法が。男だって同じこと、この世に生きている男の中で、自信のある男はほんの一握り。間違いなくあなたの彼も自信のない男。

自信のない女…自信のない男…(あ~っ)と合体させても、Wで自信のないカップルしか誕生しない。あなたが見本を示すのだ。この記事を読んだあなたが、彼に自信をつけさすために。

今の時代は男に頼る時代ではない。
女が見本を見せる時代。
そう考えた方が、これからはうまくいく。
さようなら、逞しく頼れる男たちよ。
これからは私が男になる(笑)
女が男になるはオーバーだが、これからの時代は男でも女でもない。男と女は平等で対等。相互依存ではなく、どちらかがリーダーになればいい。あるいは平等な協力関係を保てばいい。女がリーダーになることが負担なら、後者の対等な協力関係を結べばいい。それが今の時代にふさわしい。

では、具体的にどうすればいいの?

具体的な個人ミッションは、鑑定の場でご案内します。
個人的な「CIA作戦」はあなたと相談しながら決めていきましょう。
どうやって彼に自信をつけさせられるか?ミッションの誘導作戦は個人鑑定で行います。

男と女の複雑で入り組んだ世界は、表題のブログでは明かすことはできません。表題は基本的な訓示のみで、個人のミッションは私と相談してください。経験豊富な私が、彼とうまくいく方法を伝授致します。あるいはあなたのうまくいく未来をご案内させていただきます。



うまくいく人(自信がある)
うまくいかない人(自信がない)
自信がある人は何事も「できるできる」と考えます。
自信がない人は何事も「無理、無理」と考えます。

自信がある人は必然的に「自分の実力を試してみたい」と考えるので、上へ上へと行こうとします。自信がない人は必然的に「いまのままでいい」と考え、現状維持を望みます。結果、自信がある人はチャンスの幅を広げ、自信がない人はチャンスの幅が制限されます。

お金持ちになれる人は「チャンス」が見える。
お金に縁のない人には「障害」が見える。
お金持ちになれる人は「成長の可能性」がわかる。
お金に縁のない人には「失敗の可能性」がわかる。

人によってこれはチャンスだ!と考える人と、これはただのトラブルだと考える人と分かれます。目の前で起こっていることは全く同じ事なのにこうも捉え方が変わってくるのは不思議なものですが、お金持ちになる人はチャンスと捉えるようなポジティブシンキングを持っています。

一方で、お金持ちになれない人の考え方の基本は、「上手くいかなかったらどうしよう」、「うまくいくはずがない」と思ってしまう。最初からこのように諦めてしまっていては、誰がどう見てもチャンスだと思えるようなことでも、ただのトラブルとしてしか認識することができないでしょう。以下引用「NAVERまとめより」


上記に記載されている内容が、私の鑑定の場でも実際に起きています。皆さんの愛は自信のないものばかり。常にネガティブで、物事を悪い方悪い方へ考える傾向がある。できることを無理と考え、チャンスを障害と考え、成長の可能性を失敗の可能性と考える。自信のない現状維持の心が、選択する勇気もなく、今後の人生に常に不安を抱かせている。うまくいく人は保証のないものにチャレンジし、うまくいかない人は保証がないからといってチャレンジしない。保証は自ら勝ち取るものなのに、依存して保証ばかり求める。保証は行動を起こした先に見えるもので、依存では見えない。今の男性に保証は求めても無駄なこと、男性だって自信がない。男性の中にもうまくいく人うまくいかない人がいる。うまくいく人はほんの一握りで、うまくいかない人の方が圧倒的に多い。あなたの彼も間違いなくうまくいかない人の部類に入る。自信がなく女性に頼られるのを恐れている。だからこの先の言葉「プロポーズ」が言えない。「プロポーズ」ができないのは自信がない証拠。そして結婚に対する見かたも間違っている。結婚を障害と考え、結婚を失敗の可能性と見ている。考え方が圧倒的多数のうまくいかない人の考え方の中で生きている。だから、自信がないのだ…あなたの…彼も…。

では、
どうすればいいの?
この続きは次回書きます。




前者・責任を果たさず逃げる男。
後者・責任を果たして逃げない男。
どちらが大変か。
どちらも大変。
前者は、最初は楽だが後から後悔する。
後者は、最初は苦労するが後から楽になる。
最初に楽をして後から苦労するか、最初は苦労するが後から楽になるかの違いではない。前者と後者では幸せの尺度が全然違ってくる。前者は人生の後半で不幸によって破綻し、後者は人生の後半で幸福によって栄える。
責任を果たして逃げなかった男が人生は勝つようにできている。これが人間の掟。


この世に男として生まれたのならば、
責任を果たす男になろう。

責任から逃げたらいけないよ。
逃げたら、
君は間違いなく不幸になる。

一時期は幸せかもしれない。
逃げることで、一時期は幸せかもしれない。
ああ、やっと自由になれた。
愛もない、仕事もない、面倒なことは一切ないない、普段の自分にやっと戻れた。やっと平和な自分の生活を取り戻すことができた。よかった、責任を取らなくて、責任を取っていたら、僕は今頃地獄にいた。責任のプレッシャーに押しつぶされて、夜も寝もれないご飯も食べれない地獄にいた。これで安心して眠れる。

だが…
この幸せは長く続かない。
なぜ長く続けないか?
それは退化するからだ。
男の基本は責任の積み重ね。
その基本を失えば男は退化する。
後はガード下で浮浪者になる道しか残っていない。
若い頃はよく逃げた。
逃げて逃げて逃げまくった。
女から逃げ、
仕事から逃げ、
人生から逃げた。
逃げるたびに一瞬の幸せを手に入れるが、後に残るのは虚しさだけだった。

虚しさをたっぷり味わい。
男はちょっとずつ学習する。
そしてちょっとずつ責任を取るようになる。
男の基本は責任の積み重ね。
責任を積み重ね、積み重ねて、成長することを覚える。
退化から成長へ。
そして進化へ。

前者・責任を果たさず逃げる男。
後者・責任を果たして逃げない男。

君はいつまで前者の男にいる?
早いとこ、後者の男になった方がいいよ。


「僕は君のことが大好きだよ」
「君を心から愛している」
「君と出会うために僕はこの世に生まれた」
女性が欲しがる、甘い~❤ロマンチック☆な言葉。
男性にとっては、とても恥ずかしくて言えないキザな言葉。
女性の愛の感性は耳にあり、耳で愛を感じる女性は男の言葉を待っている。
君のことが「好き」という言葉を待っている。
「スキ」この二文字の言葉で女性は永遠の恋に落ちる。

女性の恋は全てが好きで始まり嫌いで終わる。好きか嫌いかの白黒判断、気持ちがあるかないかの白黒判断。愛が冷めたら、女性はこの場所に居られない。

それに対して男性は、愛が冷めてもこの場所に居られる。
なぜ居られるか?愛より尊い責任があるからだ。
愛は数年で冷めるが、責任は一生続く。
責任を果たすため、男性は愛が冷めてもその場所に居られる。

男の愛は責任。
責任を取る男が、女を一生大事にする。
責任を取らない男は、最初の甘いロマンチックな言葉だけで、都合が悪くなった途端に逃げている。耳元では「君が好きだよ」と言っておきながら、いざ責任の段階になると態度が硬化し、いままでそこに居たロマンの王子様が急に悪魔に変貌し、やくざ口調の口汚い罵声を浴びせながら逃亡する。その後はお決まりの音信不通。無視して逃げれば問題は解決すると思っている。

納得いかない女性が、地獄の苦しみに悶えながらも連絡を取り続け、やっと彼から連絡が来たと思ったら、ラインで一言「さようなら」と告げられる。女性がさらに詰めよると、「君のことが嫌いになったわけではない…好きだけど別れたい」というような返信が返って来る。好きだけど別れたいという方程式は女性にはない。好きなら別れることはないというのが女性の方程式。なんで男性は好きなのに、別れたいというの?

それは、
男の愛は責任だからです。
責任は愛より尊い。
男の愛は、最初は好きから始まり最後は責任で愛が完成する。責任まで発展すればこの女を一生大事にし、責任まで発展しなければ好きだけど途中で別れることになる。これが男の愛。2~3カ月の甘いロマンで男は生きているわけではない。50年続く責任を果たせるか否か?そこに男の愛がある。

責任は、
愛より尊い。

男性を見る目を養うのは、
甘い言葉にチャラチャラ騙されない。
チヤホヤにうっとりしない。
言葉よりその男の芯を見る。
愛より責任感のある男性を見つける訓練を積むことです。



複数の悩みと感情と思考を抱えるのでなくて、これをしようと一つに決めてごらん。そうすれば、その中のひとつは叶えられる。

あなたが結婚したいと考えれば、結婚は簡単にできる。
結婚という事業ほど簡単な事業はない。こんな簡単な事業は他に類がないくらいだ。ほら、世界中の人が結婚しているだろう。好きな人と愛する人と結婚しているだろう。どの世界を見ても、どの分野を見ても、こんな簡単な事業は他に見当たらない。だから、あなたにも簡単にできる。心が積極的になれば、結婚などチョイチョイと朝飯前にできる。結婚がしたいのなら、そういう考えを持つこと。「こんな簡単な事業は他にない、私でもできる」と。

皆さんは結婚に対して、壮大な夢を持ち過ぎ。
難攻不落な悲しい恋の物語を勝手に作っているから結婚ができないでいる。
いつまでダメ男と付き合っている。
いつまではっきりしない男と付き合っている。
いつまで思いやりのない男と付き合っている。
いつまでだらしない能力のない男と付き合っている。
いつまで不能な男と付き合っている。
いつまで裏切り者の男と付き合っている。
結婚にふさわしくない男は、さっさと切り捨てればいい。

それができないから、あなたいつまでも愛だの恋だのロマンの世界にいる。いつまでその世界にいるの?その世界は、愛の世界ではなく実は地獄の世界だよ。「そこに愛はない」それに早く気づくことだ。あなたは恋愛の悪魔に支配されて、怨み、悲しみ、苦しみ、嫉妬を愛だと勘違いしているに過ぎない。

結婚したいのなら、合格する男を見つけること。
不合格な男をいつまで愛している。
早く不合格だという烙印を押しなさい。
そうすれば、あなたは簡単に結婚ができるようになる。




ネコ系女子の発売日が決まりました。

51DmHMQ1zPL._SX340_BO1,204,203,200_

『好きな男を手に入れたければ、ネコ系女子になりなさい。』
監修/沖川東横  写真/沖昌之
辰巳出版
2017年2月10日発売
1300円+税

アマゾンでの購入はこちら

●紹介文

あなたの愛、重くないですか?!

「手が届きそうで、届かない」
「自立」していて「重くない」……。

今、そんな“ネコ系女子"が男を夢中にさせている! !

恋に苦悩する5万人もの女性たちを幸せに導いてきた
カリスマ占い師「沖川東横」が、
気鋭の写真家「沖昌之」の猫写真にのせて授ける、
恋愛&婚活テクニック! !
男の心理とその対策を学べます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

男性から選ばれるのではなく、
女性から自分にふさわしい男性を選びたい……
そんな現代女性の姿勢は、
ネコの世界に当てはめるとしっくりくるのです。
ネコは本能に忠実に、軽やかにしなやかに生きています。
そして、自分第一のマイペース。
その姿一つとっても、恋愛に盲目になり
重い女になってしまう女性が学ぶべき点は多いのです。
「彼が本当にしてほしいこと」を、
ネコたちは本能的に知っています。
本書コンテンツは、男性の恋愛心理を知り尽くした
占い師の沖川東横先生からのメッセージです。
愛する彼をどう攻略すればいいのか、
世渡り上手のネコの姿やしぐさにたとえて解説しています。
かわいい写真に癒されながら、
楽しく読み進めていただけるはずです。

沖川東横&編集部



人生に悩みはつきもの。
だが、いつまでもその世界に居てはいけない。
不安があれば不安と戦い、悩みがあれば悩みを打ち消せばいい。
どうやって?
簡単なことよ。
「心を積極的にすればいいんだ」

心が積極的になれば、どんなことだってできる。
どんなことだってできるという気持ちになれば、悩んでいる暇はなくなる。悩んでいる暇がなくなれば悩みは消えてなくなる。


悩みとは、行動に移す前の阻止する心であり、躊躇する心であり警戒する心である。悩みとは、いわば行動を阻止する贅沢な感情である。頭ではこうすれば良くなるとわかっている。だが悩みという警戒心が、こうすれば良くなるという行動を阻止する。それによって人間には二つの感情が生まれる。1つは前向きに行動したい気持ちと、ひとつはそれを阻止する気持ち。どちらか一つに決まっていれば人間は悩まないが、悩み多き贅沢な人間は二つの感情を常に持ち寄って悩む。なぜ悩むか?どちらにもうまくいくという保証がないからだ。うまくいく保証がないから人間は悩むようにできている。

頭ではこうしようと考えても、悩みという警戒心が「ちょっと待て」と躊躇する。これの繰り返しばかりでは、あなたは前に進めないよ。
前に進むためには、どちらか一つ決めることだね。
頭で考えたことを躊躇なく行動に移すか、「ちょっと待て」という直感に従うか、どちらか一つに決めなさい。そして決めたことを最後までやり遂げなさい。これが保証を手にする一番の近道です。

いつまで、行動を阻止する悩みに支配されているの?優柔不断は「人類共通の敵」だということを忘れないように。



新刊の原稿から抜粋。

「絶対積極」とは、心がその対象なり相手というものに、決してとらわれていない状態のことを絶対積極といいます。何ものにもとらわれていない、心に雑念とか妄念とか、あるいは感情的ないろいろの恐れとか、そういったものが一切ない状態。けっして張りあおうとか、対抗しようとか、打ち負かそうとか、負けまいといったような、そういう気持ちでない、もう一段高いところにある気持ち、境地、これが絶対積極です。


「晴れてよし曇りてよしの富士の山」のごとく、超然とした泰然不動の心、つまり超然とした平常心のことをいいます。「怒ってはいけない」 「悲しんではいけない」 「恐れてはいけない」人間は感情の動物ではなく、感情をコントロールできる人間を目指さなければならない。人間の心は、人生の一切をより良く建設する力があると同時に、また人生をより悪く破壊する力もある。だから、心は常に積極的であれ。以上、中村天風「成功の実現」より引用。

あなたが彼に対して行動を起こす時、ネガティブな考えは一切持たないことです。
彼に連絡をしたら迷惑?しつこい・うざいと思われるのではないか?
などの女性特有のネガティブな考えは一切持たないことです。
ネガティブな考えがあったら、絶対積極にはなりません。
絶対積極は心に陰りがない状態、絶対積極にはネガティブは存在しないのです。

今日は新刊の宣伝もかねて記事にしました。