ホーム > 月別アーカイブ: 2017年02月
あなたが考え過ぎるのは、納得がいかないからだろう。
では納得がいくまでとことん考えるがいい。
ただし、その中にネゲティブな感情をいれないこと。
辛いとか、悲しいとか、不安だとか、心配だとか、怒りだとか、嫉妬だとかのネガティブな感情は入れないこと。ネガティブな感情を入れれば納得できない。納得はポジティブな感情によってもたらされる。あなたが納得したければ、ポジティブな感情を導入することだ。

考え方をコントロールするのは簡単なこと。
ネガティブ感情をポジティブ感情にすればいい。
それができれば、人間界で起きている様々なトラブルは全て解決できる。

ネガティブ感情をポジティブ感情に変える場面は、危機に面したとき。
そう、危機のときに…いかに感情を、ネガティブからポジティブに変えるかだ。
危機のときの人間の頭の中はネガティブだらけ。すべてが悪い方悪い方考えがち。生きる希望を失い、自信もなくしている。頭の中は100個のネガティブ感情。それでは、結果は全て悪い結果になる。

思考は現実化する。悪いことを考えれば悪い結果に。良いことを考えれば良い結果に。そんなこと小学生でも知っている、今さら偉そうに言うな!とお叱りを受けるかもしれないが、小学生でも知っていることを大の大人が実践できていない。大の大人が小学生以下にあたふたしているのを私は何万人と観ている。だからあえて言わせて頂く、「思考は現実化すると。」

大の大人に教えよう。悪いことを考えれば悪い結果に。良いことを考えれば良い結果に。その意味は、危機に面したときに使うもの。危機のない平凡な暮らしではあまり役に立たない。思考は現実化するは何かの志を持った時に使うもの。何かの志を持てば人は当然危機に遭遇する、その時に使うのだ、思考は現実化するという意味を。

何かの志とは、その人が一番大切だと思っているもの。女性であれば恋愛や結婚、男性であればビジネスだと思う。「女性の命である愛」「男性の命である仕事」両方甲乙つけがたい志し。どちらも人間には大切なもの。命の部分である志には紆余曲折な危機がたくさん埋蔵されている。その危機をどうやって乗り越えるのか?それによって成功と失敗と成就と失恋に分かれる。乗り越えなければ地獄に真っ逆さま、乗り越えれば成功と成就が約束される。後者の人間になるために、あなたは危機に面したとき、思考は現実化するという正しい意味を理解することになるだろう。

次回、危機の時に思考は現実化する。
その具体例を述べていきます。