ホーム > 月別アーカイブ: 2017年04月
女性の皆さんに、驚くべき事実を伝えよう。

男性は、
「いつ別れても覚悟で、女性と付き合っている」ということだ。
ええ?と思うかもしれませんが、それが事実だ。

男は頭のどこかで女と別れる覚悟をもって付き合っている。
女性と付き合うことは楽しいが、それだけが男の人生ではない。
確かに女性との付き合いは刺激的だ。本能を揺さぶる出来事がたくさん起こる。
霞みかかったシークレットの秘密の園を暴くのはとても神秘的でやりがいがある。
まさしく男の闘争本能に火がつく。「オレは男だ!」を実感しながら野生のサガを発揮できる。

だが、味気ない。最初は女を求めるサガが強かったけど、時間の経過と共に味気なくなってしまった。女と長く居ることを男の本能は求めていない。24時間、365日、そこだけに思考を照らすわけにはいかない。女と長く居ると疲れる。女との付き合いが人生の全てではない。女といる時間は一瞬でいい。与えられた人生の1割でいい。残り9割は自分で自由に使いたい。男は9割の時間を大切にしたい。女と愛を語り合うより、仕事と語りたい。「オマエ今後仕事はどうするんだ、このままだと仕事がダメになって仕事を失うぞ」という恐怖と戦いたい。仕事には夢と恐怖があって、それが男の人生の大半の時間を費やす。

男の、人生の時間割を示すとこうなる。
仕事に55%。
睡眠時間に25%。
趣味・友人との付き合い、ボーとしている自由時間に10%。
最後に恋愛に10%。

恋愛に用する時間は10%。多くて一日2時間ちょっと。
一日2時間として、一週間で14時間、1カ月で60時間、1年で730時間。この時間は行動している時間ばかりではなく、彼女のことを思っている時間もカウントする。行動における稼働率は大体50%くらいである。


稼働率50%として、
恋人のことを思っているのが1日1時間。メールやラインで連絡を取る行動時間が1日15分。残り45分がデートに充てる時間。週に1回デートするとなるとデートの時間は約5時間となる。

行動における稼働率で再計算すると。
行動する時間は、1日1時間、週で7時間、1か月で30時間、1年で365時間となる。彼があなたに費やす時間は1週間で7時間しかない。
週末あなたとデートして1泊したとすると、彼は恋愛に24時間使いきったとなる。デートは週に5時間しか使えない彼は、もうすでに1日でデート5回分使ってしまったことになる。そうなると次のデートは1週間後ではなく1か月以上先となる。これがよく起きている現象。男性の恋愛の持ち時間はほぼ決まっている。持ち時間をオーバーすると、男性は自分の時間を取り戻すため、恋愛の時間を削る。

よく起きている現象は、
彼女の誕生日に、イベントで2泊3日の旅行をプレゼントしたとする。
そのあと彼と3カ月も連絡が取れないことはよくあること。男からすれば、3か月分の時間を彼女に費やしたから、今は動く気がしない。行動する時間はないが、彼女のことを思っている時間はある。今はそれに時間を費やしているだけ。

たっぷり楽しんだ後に急に冷たくなる男の心理はそこにある。男の習性を知れば、何も苦しむことはない。男はお腹いっぱいになるとしばらく餌を求めないからだ。男の時間管理を女性が知れば、何も案ずることはない。ああ~彼は私に3か月分の時間をイベントで使いきってしまった。「だから3カ月放置しよう」それでいいのである。


男性は女性とはいつ別れてもいいという覚悟が持てるのは、その時間管理にある。恋愛にかけられる時間は10%。それをオーバーする女性とは、いつ別れてもいいという覚悟を持ちやすい。皆さんと恋愛相談をするたびに、男の心理が、如実にわかってくる。男には恋愛する時間に限りがあると。

さて、あなたも「いつ別れてもいい覚悟で付き合う」ことをやってみたら。これを女性たちに推奨したい。
女性の「いつ別れてもいい覚悟とは?」男性とはまったく異なる心理。
これを次回述べます。


沖川の書籍はこちら

鑑定の予約はこちら


書店より早く、新刊を川越占い館で販売してみて、1日で5冊売れました(サイン付きで)。
初日にしては好調です。

対面鑑定に訪れたお客様が待合室で待っている間に、本を手にし、中身をパラパラと見た瞬間に購入が決まっています。

お客様からは、読みやすく、「今の私にぴったり」ということでお買い上げ頂いています。

この本は、手にとって中身を少し読んだだけで買いたくなる。
おしゃれな本です。

文章は硬くなく女性に読みやすい。
しかも、確信のついた言葉と中身で満載。
この本を読めばやる気になる。
悩みが吹き飛び、心が軽くなる。
マイナス思考をプラス思考に変換できて運も良くなる。
読みやすくて、今必要としている答えも見つけやすい。
答えが見つかって、なんだかホットしている自分がいる。
そして、明日からの生き方が変わってくる。
生きる希望と勇気が湧いてきて、前向きに生きることを誓う自分がいる。
この本は、こんな構成になっています。


沖川からの一言 (本のテーマ)
本書は、悩みの正体を暴き、悩みを素直に受け入れ、悩みの奴隷になることなく、悩みそのものを生きるための目的とするための本です。少しでも多くの人が、この本を読んで生きる目的を見つけることを願っています。

518NpYCdHqL._SX344_BO1,204,203,200_

アマゾンでの購入はこちら



運の悪い男に対しては、女が見本を見せるしかない。
運の悪い男が好きなら、そうするしか方法はない。

私が女なら運の悪い男とは絶対付き合わない。
私は女でなく男なので、そういうことが言える。
私は基本的に運の悪い人とは付き合わない。
仕事は仕方がないが、プライベートでは運の悪い友人とは一切付き合っていない。

なぜ運の悪い人と付き合わないか?簡単なこと、運の悪い人と付き合えば、自分の運が悪くなるからだ。だから、付き合わない。

では、愛する人とは付き合うか?
家族や兄弟…親しい友人が運を悪くしたら、突き放せずに付き合うことができるか?
もちろん、愛する身内や親しい友人とは付き合うことができる。
ただし、同調はしない。
基本的に私はいい人なので同情はする。
同情はするが同調はしない。
同調しない代わりに見本を見せる。
最悪なときほどポジティブにという見本を見せる。
不安なときほど、一生懸命働くという見本を見せる。
何もかも嫌になったときほど、目の前の仕事をコツコツやるという見本を見せる。
ネガティブを無くすには夢に向う努力をすること、それを実践して見本を見せる。

この見本は人に強制しない。
運の悪い人に、自分の考えを押し付けても仕方がない。
女性の欠点は、言葉で何とかしようとすること。
運の悪い男に、その女の言葉は、押しつけがましく、嫌になるほどうるさい。
かえってやる気がなくなり、頭にも来る。
そして、「この女とは別れてやる」という気分にさえなってしまう。
運の悪い男は、女の注意や責める言葉など求めていない。
ただ、黙って放って置いて欲しい。それだけを求めている。
愛する人と会話が途絶えた女は、きっと気が狂ってしまうだろう。
だが、案ずることはない。男の習性を知れば、心配することはなにもない。
男の習性にぴったりあったやり方は、黙ってあなたが自分の運を良くすることだ。
自分の運が良くなるまで、彼と会話は途絶えていい。
運の悪い男と会話をしても、さらに関係は悪くなるだけだ。

だから、会話はやめて、自分の運だけを良くすることだけに専念しよう。
最悪なときほどポジティブにという見本を見せる。
不安なときほど、一生懸命働くという見本を見せる。
何もかも嫌になったときほど、目の前の仕事をコツコツやるという見本を見せる。
ネガティブを無くすには夢に向う努力をすること、それを実践して見本を見せる。

その見本を黙ってあなたが彼に見せること。

それができれば、

しばらく経って、

彼はあなたを求めて来る。

僕には君が必要だと求めて来る。

あなたはしばらく経って?という、時間の計算をしないこと。
何日、何週間、何カ月という期日の計算をしないこと。
見本を見せるとは、運の悪い男は忘れることにある。
だから、期日に関係なく、彼のこと忘れて、自分磨きに専念すること。
あなたの運が向上すれば、彼は間違いなく帰って来る。
あなたの運の良さに触発されて彼も運を良くしようとするからだ。

幸せの基本は、
二人の運が向上しないと、二人は結ばれない。
そして、幸せにもなれない。





今の男性は頼りにならない。

よく聞く話だが、この世界にいると、本当にそう思ってしまう、今の男性は頼りにならないと。鑑定の場では、付き合っている彼の頼りにならない話が永遠に続く。ヒステリックでひねくれた、繊細で神経質で、些細なことでもすぐにネガティブに受け取ってしまう女脳を差し引いても、そうではない、君が愛している彼は男としてりっぱに役目を果たしている、もっと「彼を信じなさい」と、男を擁護してひいき目に見ても、やはり頼りにならない。悪い部分を差し引いて、良い部分を足しても、残念だが、やはり頼りにならない。

頼りにならないというより。
変態が多くなった。
数カ月で終わる恋。

最初は勢いよくアプローチして数週間で息切れして音信不通にしてしまう変態が多くなった。変態の考えていることは(何を考えているかわからない)それを女性たちは、何を考えているかわからない男のために、ご丁寧に悩み苦しむ。そんな、バカバカしいショートラブのコメディが続く。長い年月をかけてじっくり楽しむロングラブより、今はあっという間に終わるショートラブの方が多い。時代の流れに合わせて、恋愛も携帯化しつつある。早くて便利な携帯の恋。人の気持ちはコロコロ変わる。最初は好き、ちょっとのつまずきですぐに嫌いになる。最初は好き、つまずいて逃げる。逃げる、逃げる男たちが多くなった。しかも理由を告げずに逃げる。後に残された女がどうなっても構わない、自分さえ良ければ、自分さえ傷つかなければいいという考えで逃げる。携帯の恋はテロリストの恋。あんなに誠実だったのに、急に態度が冷たくなった。男心と秋の空、七変化のコロコロ変わる変態の男たちが多くこの世に散在している。また頼りにならない変態の男と付き合ったのか?そんな相談ばかりが続く。

そういうわけで。
今の男は頼りにならない。
頼りにならないから、依存も期待もしないこと。
これが私の答え。

私もこの時代を生きて、この時代を感じているが、私は他人に対して依存も期待もしない。人に依存も期待もしないから、人のネガティブな中傷や批判は一切無視している。人は信じるが、人の悪い部分は削除する。人を信じて裏切られたらどうするの?という心配はしない。信じれば意外と裏切られないものだ。もし裏切る人がいるとすれば、その人は私を避けて通る。なぜ避けて通るか、私は人に依存も期待もしないからだ。人に依存も期待もしないのは、自分を持っているから。自分さえ持っていれば、自分の夢は手に入る。自分がこうしたいからと夢は手に入る。恋愛でも結婚でも仕事でも、人がなすべきことは簡単に手に入る。手に入らないときは、人に依存して期待しているときだ。依存と期待を無くせば手に入るようになる。自分を持っている人は「自分に期待している」だから自分が欲しいものは、何でも手に入る。

あなたも、
人に依存して期待するのをやめたら。
それができて、あなたは自分の夢が手に入るようになる。



見本が刷り上ってきました。
どんな悩みも乗り越えられる(女)43のルールです。


出版社から、
今回の本は、「今までの本とは違う別次元の斬新さを感じる」という評価を受けました。

カバーもタイトルもいいし、中身も内容もいい。
文章は読みやすく、尚且つ内容がしっかり頭に入ってくる。
女性が陥りやすい悩みをすべて網羅したような本。
この本を読めば、女性が抱えそうな悩みはすべて退治できてしまう。
とても良い仕上がりでなので、この本は読者に感動を与えます。
という称賛の言葉も頂きました。


見本が届いて、熟読すると、
確かに…
今までの本とは違う。
とても斬新で、とても良い本だ。
と納得した。


納得というより感動した。
内容が良い。カバーもタイトルも良い。ページごとのポイントをついた言葉も良い。そして、悩みを解決する方法の文章の持って行き方、文章の流れがいい。これは、いい本に仕上がっている。執筆した本人が読んで感動してしまった。この感触は久しぶりだ。

作者自身が感動した本。
この本を皆様に早くお届けしたい。

もうすぐ発売日。
どんな悩みも乗り越えられる(女)43のルール。
4/15発売日、4/17には書店に並ぶ予定です。
早く、皆様のお手元に届くことを願っています。


川越占い館では、4/15より、鑑定に訪れたお客様にサイン付きで販売致します。
数に限りがございますので、ご希望の方は鑑定の際にお申し付けください。(先着順とさせて頂きます)




アマゾンでも販売しています。

518NpYCdHqL._SX344_BO1,204,203,200_

アマゾンでの購入はこちら






私は、相手がネガティブなら、一応ネガティブに同情しながら、途中から最後の方にかけて、ポジティブに接するようにしている。

いつ?ネガティブからポジティブに変えるか?そのタイミングが楽しみであり、タイミングがまだ来ないかな?とタイミングを心待ちにしながら、ネガティブな人とは接するようにしている。

ネガティブな相手をポジティブに変えるには、最初からポジティブではダメ。最初からポジティブだと相手は警戒して本当のことは語らない。深部まで、悪い部分を全部吐き出すまで、これでもかというネガティブな感情に付き合うことである。ネガティブな話は受付けないという人より、ネガティブな話はOKよという人の方が人間的に器は大きくなる。あとは…いつ、その話をポジティブに変えるかだ。人間嫌なことを吐きだしたら、前向きな明るい話が欲しくなる。そのときに明るい前向きなポジティブな話をすること。ポイントをついた前向きな話を掴むため、ネガティブな話に付き合う、これが重要である。

そういうことを解っている人はなかなかいない。とくに男には解らない、こんな面倒臭いことを男が解るわけない。単細胞な男では、女のネガティブな感情は解らない、だから女性たちが苦労するのだろう。

女性もまた、単細胞な男に、複雑な話はしないことだ。複雑な話をしてわかってくれないことに苛立つだけである。複雑な話に興味のない男こそが、実は本物の男かもしれない。逆に考えれば、女の複雑でネガティブな気持ちなど解らない男の方がいい。そういう男こそ、男の役目を果たすので女を幸せにする力を持っている。男は単純で悩みがない方がいい。

問題なのは、悩みを抱えて運を悪くしている男。
こういう男はネガティブで複雑。複雑な話を得意とする女にはうってつけだが、必ずといってほど女が不幸になっている。なぜ不幸になるのか?それは、ネガティブを途中からポジティブに変えていないからだ。最初から終わりまで全部ネガティブ。次の日も次の日もネガティブ…そんな状態が1~2カ月続けば、女は見事に好きというスイッチが入り、運の悪い男を好きになる。そしてその地獄から抜け出せないでいる。運の悪いネガティブで複雑な話に関心を強く持つ女性は、いつもそうやって不幸になっている。

不幸な女にならないために、
ネガティブ感情をポジティブ感情に変換するのを忘れないことだ。

相手がネガティブなら、一応ネガティブに同情しながらも、途中から最後の方にかけて、ポジティブに接するように心がけること。そうすれば、あなたの運は悪くならない。ネガティブに引きこまれないことを覚えたあなたの運は悪くならない。そこを強く心がけることだ。




「運の悪い人に同情したら自分の運も悪くなる」そのことをまず心得よう。運の悪い男に同情したら私の運も悪くなると心得ることだ。

同情こそが愛?
多くの女性は好きな人には同情すべきだと考え、好きな人の気持ちに同情して寄り添ってこそ本物の愛が生まれる、と信じている。

でも、それは女性特有の性格で男には通用しない。多くの男がちまちました話を嫌うように、女の繊細でちまちました話は聞きたくない。男は繊細で、神経質で、考え過ぎのネガティブな話は本能的に受付けない。ところが、女性はそういう話が好き。そんな話は聞きたくないと思っても、相手から話を持ちかけられれば断れない。人との和を大切にするコミュニュケーション能力の高い女性は、ネガティブな話を断れない。ネガティブで嫌な話でも、持ちかけられれば断れない女性の性格が、運の悪い男に同情する。運の悪い男は本能的に話を聞いてくれる相手を探す。それが女だ。女には母性本能があり、弱った男を助けようとする本能が働く。そのときの脳は冷静に客観的に相手のことを見ていない。ただ、可哀そうと同情しているだけである。そして、この人は私がいないと生きていけないと変な使命感を持つのである。

運の悪い男のネガティブな話を本能的に受付けて同情した女性はどうなるか?その女性も同じように運が悪くなる。残念だけど同情だけでは人を救えない。同情は相手の気持ち寄り添って、相手の気持ちを探るには適しているが、人を助ける力はない。同情だけでは人を助けることはできないが、同情することで相手が安心して少しでも気持ちが楽になればいいと考えるには適しているが、相手を助けるものではない。あとは、相手の努力次第、「自分の運の悪さは自分で何とかする」自助努力を促すために同情してあげることである。同情は「ここに味方がいるよ」と、応援するために使うものである。

私も仕事がら、たくさんの人に同情している。ネガティブな人にここまで同情している人は世界でも稀であろうというくらい同情している(笑)ホント、笑ってしまうくらいネガティブに同情している。それで私がネガティブな人間になったか?運の悪い人間になったか?というと、これがすべて逆である。何万というネガティブに同情しながら、逆にどんどんポジティブになっていく。何万という運の悪い人に接して逆に運はどんどん良くなっていく。私のポジティブは表面的なポジティブではなく、山のようなネガティブに裏打ちされたポジティブである。これだけネガティブダメージを受ければ、嫌でも強い免疫ができる、毒には毒を持って制す、すごいバックボーンを持ったポジティブである。世の中の人間の悪いことは全部知っているポジティブである。

こんな私が運の悪い人にどう接するか?
同情はする。
同情しないと話は聞き出せないからだ。
だから、素直に同情する。
素直に相手の気持ちに寄り添う。
そして味方になる。

味方になって細部まで話を聞く。
細部まで聞かないと、どこに運を良くするポイントがあるか、わからないからだ。

私の同情は何が原因でこうなったのかを探るのが目的で、相手の運の悪さを引き継ぐものではない。同情はするが同情はしない。つまり、相手の気持ちに寄り添うために同情はするが、相手の運の悪いネガティブを引き継ぐ同情はしない。同情して味方になるということは、人には言えない細部なところまで話を聞き、そこにある運の悪いネガティブなポントを見つけるために同情して味方になるのである。細部まで入らないと運の悪い原因がわからないからだ。

私の同情はがん細胞を見つけるファイバースコープのようなもの。つまり胃カメラのようなもの、表面では見えない癌細胞を、ファイバースコープを通して発見する。こんな同情だ。

私の同情は、運を良くするポントを見つけるためのもの。
つまり、心の治療のために同情している。
だから、人に同情して運を悪くすることはない。




日曜の朝、ふと…物思いにふける。
なんという思いだろう?それはわからない。ただ、なんとなく物思いにふける。
今日も仕事があって、堕落しているわけではないが、何かを自分は探している。
何かを。

その何かが見つからない。
自分は何をやりたいのだろう?
今現在それがわからない。

258 (640x427)

今現在、自分は何をしていいのかわからない。
そういうときは、自分に言い聞かせる。
「これはチャンスだと」
わからないものを見つけるチャンスだと、言い聞かせる。

よし、何かに関心を持とう。
関心の度合いを多くして、関心の持てるもの、浴するものを多くしよう。
欲張っていろいろなものに関心を持ち視野を広げよう。
そうすれば自分が何をやりたいか見つかる。

やりたいことが見つかったら、それに集中して、関心度を高めていけばいいのだ。
関心が高くなればなるほど、目的は早く達成する。
その状態にいることで、人は生き甲斐を持てるようになる。
生き甲斐のある人生は、健康で豊かで幸福な人生が保証される。

自分は何をやりたいかわからない人。
今後どうしていいかわからない人。
今はわからなくていい。
わからなくていいから、何かに関心を持ちなさい。
何でもいい、どんな小さなことでもいい、何かに関心を持ちなさい。
関心の量を多くして、これが好きだというものを見つけなさい。
好きになれば、関心度は高くなる。
日に日に高くなる。
そうすれば、自分のやりたいことが見つかる。




私は女脳の愛で男に臨まない。
男に臨むのは、男脳にぴったり合った論理で臨む。

この論理は、単なる論理ではない。
ありとあやゆり成功法則を取り入れた論理である。
偉人たちが成し遂げた、ビジネスの成功法則を駆使した論理。
ビジネスを成功する過程の精神的な哲学を取り入れて、私は男と勝負をする。

男を落とすにはビジネス書をたくさん読むこと。私は何度も恋愛日記にそのことを書いてあるが、それを実践している女性はほとんどいない。だから失敗続きの恋愛が巷にあふれているのである。

どんなビジネス書を読めばいいの?
おそらくあなたはわからないだろう。
でも、安心しなさい。
恋愛日記を読めば、その片鱗が書かれている。
このブログを読めば、あなたはビジネスで成功する精神を手に入れることができる。ビジネスで成功する法則は、男の愛にも十分に使える。あなたの頭の中にたまった私の教え、そろそろ開花するときがきた。

運の悪い男に対して、
私ならこうする。

1、まず同情はしない。(運の悪い男に同調しない)
2、相手がネガティブなら、自分はポジティブに接する。
3、相手に依存も期待もしない。
4、自分が見本を見せる。(運を良くする方法を)
5、最後にいつ別れてもいい覚悟で付き合う。

愛より深い論理。男と女が愛するのはひとつの物語に過ぎないが、ビジネスの物語は男と女の愛の物語のレベルではない。それこそ、その何億倍も深い。女の愛より深い論理。あなたが、ほんの少し、その論理をマスターすることで、男を手玉に取ることができる。理屈がわかれば、男なんてチョロイものだ。

さて次回から、1、まず同情はしない。(運の悪い男に同調しない)
から始めよう。レッスン1だ。



金銭的には運の悪い人を助ける余裕がない。
できることは、その人を愛すること。

その人を愛す。当事者の女性は、それについては賛成するだろう。
友人からは、「そんな男はやめた方がいい」と言われても、人を好きになった女性はやめられないからだ。友人に反対されて心が深く傷ついても、その愛を全うしようとする、これが女性の愛の特徴。

哀れで、けなげで、いじらしく、なんともいえない、女は悲しみの物語を続けるしかないと錯覚する。愛は耐えること、愛は忍ぶこと、酷い仕打ちにあっても、私は逃げない。私が逃げたらこの人は不幸になる、生きていけない。だから、私は最後までこの人を愛する。

長年女性の愛の相談を受け、ありとあらゆる愛を観てきたが、私の領域になって初めて愛の深さを知る。男たちにはもったいない女の愛の深さ。これを知る男は35億人に一人しかいないだろう(笑)

男たちには、もったいない女の愛の深さ。
女の愛を知る男はこの世にほとんどいない。
男は男脳で生きているだけなので、女の愛の尊さはわからない。
運の悪い男は、女の愛を、愛の尊さを逆さまにして、いたぶるしか能がない。
けなして、愚弄して、侮辱して、いたぶる。これが運の悪い男の愛。
運の悪い男は女の愛を逆さまに扱う。

運の悪い人に対して、どんな愛の技術が必要か?
それは、
逆さまに考えることだ。
男たちには、もったいない女の愛。女の愛を知る男はこの世にほとんどいない。それを女性たちがマスターすること、よく学習して知ることだ。男に女脳で勝負しても勝ち目はない。女脳で勝負すれば反対の結果になるだけ、それを知ること。これだけ痛い目に合えば、もうそろそろ知ってもいいだろう。男にはもったいない女の愛。それを知る男はこの世にいない。だから、武装していない純粋な女の愛では勝ち目がない。愛は尊いが、ただ闇雲にその人が好きだけでは勝ち目がない。男に勝つには、論理的な愛の技術を身につけることだ。

「どんな愛の技術を身につければいいの?」
いつものように、こんな質問がくる。

「どんな愛の技術を身につければいいの?」あなたの質問は簡単には答えられない。なぜ簡単に答えられないか、それこそ「ローマは1日にして成らず」だからだ。あなたの愛の大事業は長年の努力なしに成し遂げることはできない。努力なしで簡単な質問で成し遂げようと思わないことだ。技術を身につけたかったら、まず過去の恋愛日記を全部読みなさい。その中にあなたにあった方法が必ず見つかるはずだ。私が書いた記事、私が書いた文章、私が訴えているもの、あなたがこれだとヒットする文章が見つかれば、それを咀嚼して精査して自分のものにしなさい。私の記事より何百倍も精査して自分のものにしなさい。私の記事は、男心、男は何を考えいるか、男の論理を嫌というほど書いてある。「男を知る方法はここにある」というくらい書いてある。これを自分のものにしなさい。まずは、これが愛の技術を見つける第一歩だ。

恋愛日記は常に進化し続ける。
進化して拡大するのを自分の目標としている。

進化のついでに、
運の悪い男に対する私の考え方を述べていこう。

次回に続く。