ホーム > 月別アーカイブ: 2017年08月
恋愛はいつ終わってもいい。
悲しいけど…・
寂しいけど…。
恋愛は、いつ終わってもいい。
なぜ終わっていいのか?
それは解放されるから。

男性はいつでも解放を求めている。
普段通りの自由な生活を求めている。
何十年と生きてきた普段通りの生活。
このペースが体に染みついている。
飽き足らない生活に嫌気がさして、時々恋に落ちるが、落ちた途端にペースが乱れてしまい、慣れた普段通りの生活ができなくなる。ああ、懐かしい普段通りの生活が…あのペースをもう一度取り戻したい。

恋愛をするとプレッシャーがかかる。
責任というプレッシャー。
このプレッシャーが義務感を感じる。
連絡する義務。デートする義務。相手を気遣い相手を思いやる義務。
この義務によって、自分の時間がどんどん減っていく。
ああ、恋愛をしていなかったあの頃の自由な時間が懐かしい、義務感もプレッシャーも感じなかったあの頃が…懐かしい。

恋愛をすると罪悪感を覚える。
彼女とSEXする罪悪感。
彼女の愛が強くなればなるほど自分の気持ちが冷めていく罪悪感。
彼女が二人の未来を描けば描くほど、その夢についていけない罪悪感。
彼女は結婚を望んでいるが、自分はまだ独身で自由でいたいという罪悪感。
彼女の夢を叶えてあげられない罪悪感。彼女の思いに答えられない罪悪感。責任を果たせない罪悪感。恋愛をすると男性はいろいろな罪悪感を覚える。

価値観の違い。
男と女は価値観が違う。仕事に対する考え、恋愛に対する考え、好みや生活のペースも違う。オトコとオンナは違うもの同士がくっついて成立するもの。その意味は分かっているが、それをなかなか受け入れることはできない。やはり人間は自分が中心だ。価値観の違うものをそう簡単に受け入れられない。最初は我慢していたけど、もう限界だ。

恋愛はいつ終わってもいい。
ということは、
オトコはいつ別れてもいい覚悟でオンナと付き合っていることになる。


なぜ?オトコは、いつ別れてもいい覚悟でオンナと付き合うのか?
それは女性が甘やかすからだ。
女性がすぐに惚れてスイッチを入れるからだ。
オンナが強くオトコを愛することで、オトコの別れのスイッチが入る。
だから、
惨めなオンナの部分を出さないように。そのスイッチをすぐにOFFにすること。


オトコにとって憧れは、
オンナはいつでも神秘的であること。
手応えのある獲物として、いつまでもオトコに捕まらないで欲しい。

短期間(3ヶ月以内)で付き合ったオンナとは、いつでも別れる覚悟で付き合うことになる。オトコは釣った魚には餌を与えない。オトコを安心させ、甘やかすのは数年後でいい。その間、なかなか手に入らない魅惑的な神秘的なオンナでいること。オンナが恋を急ぐと、オトコはいつ別れてもいい覚悟で付き合うことになるから。


もし、あなたがそんな状態の彼と付き合っていれば、
今からでも遅くない、逆転しなさい。
逆転方法は、
失う覚悟を持って、オンナもオトコといつ別れてもいい覚悟で付き合うこと。
詳しくは次回へ。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
私のことをどう思っているの?彼の気持ちが知りたい。
彼は何を考えているの?彼の考えが知りたい。
女性には解らない男性の考えと気持ち…。
男は何を考え、何をどう思っているのか?恋愛をしている女性たちが知りたがっている男性の考えと男性の気持ち。オトコの恋愛心理を、少しずつ解明していきたいと思います。オトコの恋愛心理は、基本・初期・中期・後期とタイトル順に分けます。記事を進めながらタイトルを追加することもあれば、削除することもあります、その辺はご了承ください。まずは、私の過去の経験から、思いつくままに記事をしたためていきます。

恋愛の基本
女は恋愛が命で、男は仕事が命。
男と女は信頼関係で結ばれている。

恋愛の初期
なぜ男性は?最初にテンションが高く、後からテンションが下がるのか?
なぜ男性は?恋愛の賞味期限が短いのか?
なぜ男性は?突然気持ちが下がるのか?
なぜ男性は?突然音信不通にするのか?

恋愛の中期
なぜ男性は?仕事が忙しくなると彼女を放置するのか?
なぜ男性は?仕事の環境が変わると恋愛を終りにしたいのか?
なぜ男性は?肝心な話し合いをしないのか?
なぜ男性は?白黒はっきりしないのか?

恋愛の後期
なぜ男性は?自由を求めるのか?
なぜ男性は?浮気をするのか?
なぜ男性は?女性と付き合うと疲れるのか?
なぜ男性は?恋愛はいつ終わってもいいと思っているのか?

今朝の起きがけにパーッと書いたタイトル。
では、タイトルに従って記事を進めましょう。注意書きとして、今回のテーマはタイトル順には書きません、逆からいきます。最後の「なぜ男性は?恋愛はいつ終わってもいいと思っているのか?」から記事を進めていきます。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
女の力で男の性格を変えられるか?
私的は無理だと思う。
人の性格は他人の力では変えられない。人の心も他人がコントロールすることはできない。女の力で男の性格を変えられないというのが私の見解である。なのに…多くの女性がこれを試みている。私の(女の愛)で彼の性格を変えようと試みている。結婚をしたがらない彼を結婚したい彼に変えようと試みている。

そして、私にこんな質問をする。
「どうすれば、彼は私と結婚する気になれますか?」
単純だが、とても難しい質問。
私は神でも仏でもない。また神や仏でも人の気持ちは変えられない。
その質問に対して、「人の気持ちは、他人がコントロールすることはできない。私もできないし、あなたもできない」と答えるしかない。
人の気持ちを変えられるのは本人だけ、他人ではない、その基本を忘れないように。

人の気持ちは他人が変えることができないが、他人が説得することはできる。上手な説得こそが愛の力であり、愛そのものである。コミュニケーション能力の高い女性なら上手に彼を説得することができると期待するしかない。

男性の愛は最初説得から入る。説得とは口説くことを意味する。「口説く」言葉巧みに口説いて相手を説得する。最初はその男性に興味がなかった女性でも、熱意のある説得「口説き」に根負けして恋に落ちた女性はたくさんいる。最初はタイプではなかったのに、どちらかというと嫌いなタイプだったのに、口説かれて説得されて好きになった。人の気持ちは他人が変えることができないが、他人が上手に説得すれば、嫌いなタイプでも好きになれる。この技術を使うしかない。「人の気持ちは、他人がコントロールすることはできないが、説得はできる」という技術を使うしかない。

さて女性の説得技術だが、正直言って下手である。
女性は受け身だから、説得が下手なのは仕方がないとは思う。
どれだけ下手か、またなぜ下手か?というと、それは白黒決着を急ぐからだ。しかも感情的になって白黒決着を急ぐ。相手の状況を見ないで女性特有の感情論で自分勝手に急ぐ。だから、うまくいかない。感情論で白黒決着を急ぐのではなく、焦りと苦しみの感情をまずコントロールすること。不安と心配と悪いことばかりを考えているネガティブ思考もなんとかすること。ネガティブ思考では説得はできない、説得はポジティブ思考に限る、そう強く自分に言い聞かせること。そして忍耐力。白黒決着を急ぐ女性は忍耐力がないことを意味している。忍耐のない人は何をやっても失敗する、この基本原則が分かっていない、だから忍耐力を身につけること。男と付き合うことは我慢だ、と自分に言い聞かせること。さらに長期的な視野に立って物事を考えること。男は、恋愛の初期と後期では違う生き物である。後期の男は責任というプレッシャーに押しつぶされそうになっている。そこへ白黒感情論で女性が勝負出るものだから、みんなNOというしかない。

発想がネガティブから始まり、忍耐力のない焦った白黒決着の感情論では、男は説得できない。「疲れた…もう終りにしよう」と言われるだけである。

女の力で男の性格を変えられるか?
恋愛後期の男はとても厄介である。
結婚するかしないか、とても厄介である。
そんな難しい相手に対して、どんな説得をするか?
これがあなたの腕試しとなる。

どんな説得がいいか?
その技術をあなたが取得することである。
技術は個人個人違う、それこそ千差万別である。

技術の取得に私で良ければお手伝い致します。
面倒な彼と相対峙して、うまくいく説得方法を一緒に考えましょう。
そして、どう考えても、うまくいく説得方法が見つからない場合は、あなたの手相を観て、次の相手、次のプレゼンを用意しましょう。大丈夫、男は35億人いるから。次があなたを幸せにしてくれます。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
女性の愛情。
女性の愛情は凄まじい。
今までは男性の愛の方が深いと思っていたが、この仕事をするようになってからは男性の愛はちっぽけなものと感じるようになった。とにかく女性の愛は凄まじい。そして奥が深い。この愛は男性には真似できない。

男性の愛は概ね基本を守るもの。そして合理的。だから、基本を持っていない人は切り捨てる。外資系企業のように能力のない人間は即刻クビにする。そこに情けはない。男性の愛は出来上がった人間を重宝する。育成教育で能力のない人間を育てるより即戦力を求め、その能力に見合った成果と数字を求める。この流れ、まるでビジネスだ。そう男性の愛は競争社会のビジネスの流れで作られている。純愛は青春時代に置いてきた。社会人になれば、仕事で鍛えられて愛の価値観も変わってくる。純愛を忘れてきた男たち。青春時代の純愛は最初の1ページだけ。好きな女性に出会い、最初の(1ページ)
3ヶ月間だけ青春を取り戻す。我が青春を謳歌するように一生懸命好きな女性を口説く。そして最初の1ページ(3ヶ月)が過ぎれば、即戦力の合理化を求める。この流れによって多くの女性たちが被害にあってきた。これが男性の愛だから、ある意味致し方ないかもしれない。

それに対して女性の愛は、こんな子供じみたちっぽけな愛ではない。一言でいうと、女性の愛は奥深い。男性の浅い愛に比べて女性の愛は奥が深い。男性はこの奥深い愛をなんて呼んでいるか?どの男性もみな「面倒臭い」と言っている。「女の愛は面倒臭い」これが男たちの世界共通語である。浅はかな人は深いものを面倒臭いという。低レベルの人はハイレベルの人を面倒臭いという。つまり負け惜しみで言っているのである。出来の悪い子が複雑な問題を「ああ、面倒くせ~」といって問題を放棄して逃げるように、自ら自分のことを頭が悪く能力のないことを認めているのに過ぎない。だから、ハイレベルの女性よ、低レベルの男性の愛に翻弄されないように。翻弄されるから女性の価値が低くなるのである。男性の頭の中は単純、嫌なものは「面倒くせー」と言えばそれで済むと思っている。とくに女性の愛は「面倒くせー」といってみな男たちは逃げている。男はそれでいいさ。なにもかも「面倒くせー」で済ませば生きられると思っている。実際そうやって生きてきたから、何ら問題はない。問題はないが、成長はない。いつかその面倒くせ~を打破しないと成長は見込めない。それは男たちも分っている。だから女と付き合うのである。面倒くせ~を打破したくて。だが、男のプライドが許さない。面倒くせー女に低姿勢で臨むなんて男のプライドが許さない。ああ~男の方が面倒くせー。この低レベルの愛をなんとかしないと、男の成長は見込めない。
男の低レベルの愛をなんとかすのが女の役目。
だから、女の愛は奥深い。
男の育成教育にはぴったりだ。


男の性格は変わらない。
今まで私は女の力では男の性格は変えることができないと思ってきた。
でも、その考えは浅はかだった。

女の力で出来るはずだ、男の性格を変えることを。
なぜなら男は女のお腹から生まれたから。
主は女の方にある。

愛の主である女性たちよ。
さあさあ、面倒クセ~男の性格を変えよう。
ハイレベルのあなたの愛の力で。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
女の感動。
女は、好きな人と結婚したい。
それは至極当然のこと。是非、好きな人と結婚してください。

でも、好きな人は基本を持っていない…どうしょう…。
条件はあとからついてくるものです。最初はときめく恋心、あとから条件。
好き+条件=成就。
この公式が完成しないと結婚はできません。

ばかばかしいほど簡単な公式ですが、恋する女性はそれができていません。公式を完成させるには、「好きを後回しにする、相手を見極めるまでは恋に落ちない」この鉄則をしっかり守れば、公式は完成します。今の時代は相手を愛する能力より相手を見極める能力を高める方が大事なのです。恋愛は得意だけど結婚は下手という若者が大変増えました。友達感覚で付き合い、友達感覚で別れる。女性が本気になれば、重い女だと切り捨てる。別れ方はグレー、はっきりしない。グレーゾーンにいる男は、突然音信不通にして、突然連絡網をブロックする、何の説明もなしに。友達感覚で恋愛はするけど、ちょっとでも嫌なことがあるとすぐにでも恋愛を遮断する。少年少女の甘い恋愛は得意だが、大人の苦みのある結婚は苦手、責任は取りたくないから。


グレーゾーンにいる男に散々振回された女性たち。私はその数、何万人と知っています。
そして、グレーゾーンの男にあれだけ苦しめられても、皆さんその男が好きだといいます。あれだけ精神的に痛みつけられても、尚且つまだ、彼のことが「好きだ」といいます。第三者から見ればあきれかえるほど困った女です。「女はやはり好きな人と」これが女脳の基本なのでしょう。恋する女は、もはや正常ではありません、異常です、狂っています、中毒患者です。

恋の中毒患者のいいわけ。
結婚は好きな人としたい。今付き合っている彼としたい。
でも、彼はその条件を持っていない。
また、条件があったとしても、彼にその気(結婚する意志)がない。
こんな好きなのに…私は報われない。

私のところでは、こんな相談ばかりです。
私は、これが女だ、またはこれが女脳だと、よく理解しています。だから、協力体制で相談に乗れるのです。

女の感動物語は好きな人と。
この物語は想像を絶する物語ばかりです。
うまくいっていない恋愛ほど、逆に私にとっては楽しい物語です。当事者は大変だけど、この手のものは何万とこなしている私からみれば楽しいのです。楽しいというより修行と言っていいでしょう。この世界に入った以上修行を積まなければなりません。想像を絶する物語を完成させるために。

女は感動する生き物です。
好きな人に感動する生き物です。
うまくいっていない好きな人。
条件を持っていない結婚する意志を持っていない好きな人に、悩みながら苦しみながら感動する生き物です。

ならば、とことんやりなさい。
感動を求めて。
私も協力しましょう。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
基本。
人生の感動は基本を持つことで生まれる。
基本のない感動は一時的なもので、すぐにフラストレーションがたまってしまう。なぜフラストレーションがたまるのか?それは基本がないからだ。一時的な自由の喜びがあったとしても、夢に向かって何かを成し遂げたとしても、基本がない自由や成功は、心の底から喜べない。また、やり遂げたという達成感もない。孤独を埋めるためにただあくせく働くだけである。

人生で感動を呼び起こす基本とはなにか?
それは、至極簡単なこと。
結婚して子供を作って家庭を持つこと。
これが基本。
人類なら誰でもわかる基本。
残念だが、現代社会では、こんな簡単なことができていない人類が増えたという印象は否めない。

私は基本(結婚して子供を作って家庭を持つこと)が出来ていない人を批判しているわけではない。それぞれの考えがあり、それぞれの理由があり、結婚だけが人生でもないからだ。私は、世の中は自由でいいと思っている。人がどう生きようが、その人の勝手なので、それを詮索する気は毛頭ない。

ただ私のところには、基本を取り戻したいという人々が大勢押し寄せて来る。結婚して子供を産んで家庭を持ちたいという女性たちが、日本全国から何万人と押し寄せてくる。結婚して子供を産んで家庭を持ちたいという女性たちに私が言える一言は、「基本を取り戻しなさい」である。そのために、愛より基本を大切にすること。愛することも大切だが、基本のない相手を愛したら、愛の犠牲者になるだけ。その愛は一時的なもので、人生の喜びや感動に発展しない。愛の犠牲者になりたくなかったら基本を取り戻すこと、それしかない。

恋愛を大切にするか?基本を大切にするか?何を大切にするかは個人の自由で、私にはそれ以上のことは言えない。結婚して子供を産んで家庭を持ちたいというのなら、基本の持っている男性を愛すればいいだけのこと。今の好きな人がその基本を持っていないのなら、相手を変えるのも致し方がない。基本に一歩一歩近づくのがあなたの使命であり、それがすなわちあなたの基本でもあるからだ。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
今年の夏は雨が多い。
関東は来る日も来る日も雨。
昨夜のゲリラ豪雨は凄かった、帰りはびしょびしょ。
今朝も曇っている、また雨が降るのだろう。
恵みの雨は嫌いでないけど、スカッと晴れた日差しが恋しい。

日曜の朝。
日曜日はなんか記事を書く気が起きない。
日曜日=休みという習慣が染みついているから。
日曜ぼけの自分が好きである。
たまに、人生はゆっくりでぼんやりでいい。



ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
オトコに自信をつけさせる方法はオンナの感情です。
スパルタではありません、オンナの感情です。
だが、オンナの感情はオトコにとって厄介なもの。オトコにその感情を乗り越えてもらわなくては自信がつきません。乗り換えられなければ悲劇となり、かえって自信をなくしてしまいます。失う覚悟のある女性は、悲劇になるのを食い止め、力強く相手を説得する力があります。失ってもいい覚悟は本気で相手を説得する、命を張った戦いなので、相手の心に深く浸透し、相手を感動させる熱意があります。熱意のある説得は裁判の最終弁論でも見られるし、企業の大きな仕事のクロージングでも見られます。また女子高校生が卒業して離れ離れになる好きな人に熱意を持って大声で「好きだ!」と海に向かって叫べば、後ろから彼も大声で「好きだ!」と答えます。離れ離れになる失う気持ちが熱意のある行動に繋がり感動を呼ぶのです。そんなことをする女子ではありませんでした。そんなことをしない女子が熱意のある予想外の行動に出る。純粋に真剣に思いの丈をぶつける。だから感動するのです。感動すれば、二人の愛は一気に縮まります。熱意のあるオンナの感情はオトコに自信を植え付けるからです。

オンナの感情はオトコにとって厄介なもの。
なぜ厄介か?
それは中途半端だからです。

オトコの感情はオンナにとって厄介なもの。
なぜ厄介か?
それは中途半端だからです。

オトコもオンナも中途半端では熱意が伝わりません。
何年たっても、何十年たっても、伝わりません。

伝わるのは、熱意のある真剣な気持ちしかありません。
この勇気を支えるのが失う覚悟です。

失う覚悟の奥義には「あきらめよう、そうすればうまくいく」という哲学があります。往生際の悪い中途半端な気持ちより、「あきらめよう、そうすればうまくいく」と覚悟を持った方が、何事もうまくいくのです。




ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
男性が結婚したくなる最大の理由は、
寂しいからです。
つまり独りでは寂しいから早く結婚したい。これが最大の理由です。
この理由は女性も一緒だと思います。
寂しいから男女は結婚する、これが男女共通の答えだと思います。

その答えを踏まえて、結婚したがらない男性と結婚するためには、寂しさを与えればいいのです。「私がいなくなると寂しい」と本気で思わせれば、男性は結婚したくなります。たとえお金がなくても、自由がなくても、責任を取って結婚したくなります。男性を結婚する気にさせるのは簡単なこと、寂しさを与えればいいのです。

この寂しさですが、男性の中に寂しさを感じない人もいます。具体例を挙げると、孤独に強い男性、孤独に強い男性は結婚などしなくても独りで生きていけます。続いて実家に住んでいる男性、実家に住んでいる男性は寂しさを感じません、ママが身の回りの世話を全部やってくれるので、あえて奥さんを持つ必要がないからです。さらに友達の多い男性、友達が多く、趣味が沢山ある男性は寂しさを感じません、彼女がいなくても趣味と友達で間に合っているからです。それらの男性の中でも寂しさを感じて結婚する人がいますが、結婚しない多くの男性は自由で寂しさを感じない環境に身を置いている人が多いのは事実です。

でも、どの男性にも基本というものがあります。この世に男として生まれた以上、種族を残し子孫を繁栄させるという基本。結婚したがらない男性にも、このDNAはしっかりと刻み込まれています。基本を持っている男性から見れば、「結婚しない男は負け組」として評価されます。基本から外れた数少ない男性たちが、結婚しないことを正当化しつつありますが、あれは負け組の遠吠えにしか過ぎません。基本を持っている男性は減らず口など叩きません、生き方に自信と余裕があるので、負け組の自由を認めているだけです。また負け組の面倒を見ているのも基本を持っている男性です。早く基本を取り戻せ、と面倒を見ているのです。基本を持っている男性は器が大きく、男は荷物を背負ってナンボというのを見本として見せているからです。

さて、基本を持っていない男性との付き合い。
あなたはそういう男性と付き合っているのかもしれません。基本を持っていない男性との付き合いは苦労が多い割に報われない、悲観的な恋愛が多いのではないでしょうか。では、基本を持っていない男性の心の中を覗いてみましょう。心理眼で心の中を覗けば、微かに…あるのです。奥の方に…小さく…隅っこに置かれた…基本が…見えます。どの男性にもDNA(基本)はあります。男としての基本は基本を持っていないような男性でも持っているのです。でも、それがなかなか表に出てこない。なぜ表に出てこないか、それは生き方に自信がないからです。

女性の役割は、男に自信をつけさせること。
それによって、男は感動する。
感動すれば男は自信がつく。
自信がつけば男は基本を取り戻す。
これを女性たちがやるべきです。

男に自信をつけさせる方法として、
軍隊に入れて鍛える、鬼コーチや鬼上司の下で鍛えるなどのスパルタ方式がありますが、スパルタだけでは男は自信がつきません。自衛隊員やプロスポーツ選手、競争の激しい企業で働いている人の中でも基本のない男性はたくさんいます。

やはり男に自信をつけさせるのは「女」です。「ザ・オンナ」の心意気が弱っている男に自信をつけさせる。これしかありませんし、これが一番いい方法だと思います。

ではどうやって、
オンナが、
オトコに、
自信をつけさせるのか?

うむ…。
だんだん話がややこしくなってきた(笑)
乗りかかった船だ。
もう少し記事を続けよう。





ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。
感動には2種類あります。
楽しい感動と危機を乗り越えた感動です。

楽しい感動は説明するまでもなく楽しい感動です。若くて可愛い彼女といろいろな所へデートする様はどの男も感動します。会話の弾む楽しいご飯、夕暮れのおしゃれな街を散歩、映画を観る、夜景を見る、テーマパークへ行く、思い出作りの旅行をする、これらの楽しい時間は、楽しい感動となります。

危機を乗り越えた感動も説明するまでもなく危機を乗り越えた感動です。
危機を乗り越えた感動は、楽しい感動の数倍の力があり、この感動によって、男は危機を乗り越えた女性と結婚したくなります。

恋愛とは楽しみの後に危機が訪れます。
「危機をいかに乗り越えるかで二人の行く末が決まる」とっても過言ではありません。

今現在、あなたは恋愛の危機で苦しんでいるのなら、
危機を苦しむのでなく、どうすれば危機を感動に変換できるか、問題思考より解決思考に頭を切り換えることです。

問題思考から解決思考への切り替えは、人によって中身も違うし個人差もあります。詳しいことは個人鑑定を受けてください。私があなたにぴったりあった解決思考を伝授致します。

さて、ここは個人鑑定ではありません。
全国統一の悩み、問題、全国統一試験です(笑)
例題を作らなければいけません。
恋愛には様々な危機があります。
音信不通、浮気の疑惑、突然の別れ、楽しい感動が一晩で奈落の底に突き落とす危機が恋愛にはあります。この危機をどう乗り越えるか?乗り越えた先にどんな感動が待っているのか?危機を感動に変えた女性が自分の願いが叶う、それが恋愛なのかもしれません。

危機を感動するパワーに変えるためには、自分を信じることです。自分を信じ、自分で勝負することです。そのために、「もう別れてもいい」という「失う覚悟を持つことです。」その覚悟があって危機が乗り越えられます。頭を「失う覚悟を持つ」ことに切り替える、それによって今後のあなたの勝負が決まります。

相手に感動を与えられるのは失う覚悟を持った女性。男性が女性に危機を与えたのなら、女性も男性に危機を与える。これで平等、これによって危機を乗り越える土台ができました。楽しい感動をいっぱい作ったあとは、危機を乗り越える精神力を持つこと。その精神力の支えが、「失う覚悟」です。






ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。