ホーム > 月別アーカイブ: 2017年10月
小さな不安はいっぱいある。
誰にもある・・・小さな不安は。

男も女も小さな不安に押しつぶされている。
ここに来るお客様も私自身も。

世間から見れば、くだらない小さなことで悩み、取るに足らない不安に押しつぶされている。小さな不安だが、当人とっては大きな問題。悩みを抱えている本人にとっては、とても大切な問題となっている。

でも、世間や第三者から見れば、取るに足らない小さな問題。なんでこんなことで悩むの?こんなことで悩む必要ないよ、に過ぎない。確かに冷静に客観的に見れば、悩むほどの問題ではない。

確かに・・・。
悩むほどの問題ではない。
本人がそれにいつ気づくかだ。
自分が抱えている悩みは取るに足りない問題。こんなことで悩むなんてばかばかしい。それこそ時間の無駄、早く前向で有意義な人生を取り戻したい。いつ本人がそれに気づくかだ。

頭ではわかっている。その方が良いということを。
だが、できない。
こびりついた悩みが頭から離れない。
このこびりついた悩みをどうすれば消せるののの?とまた悩む。

人間とは小さな不安で出来ている、といっていいだろう。小さな不安の集大成が人間だ。
とても繊細でとても神経質でそしてとても弱い、これが人間だ。こんなにもろく弱い人間が、果たして不安を乗り越えることができるだろうか?

ある。
不安を乗り越える方法が。
それは物事を大局的に見ることだ。
あなたの不安を顕微鏡で見るのではなく、天体望遠鏡で見ることだ。
宇宙から見た地球は小さい。宇宙からの観測のように自分の心を見れば良い。
そうすれば、己が抱えている問題はなんとちっぽけな悩みだと気づく。

物事を大局的に見る。
この方法は本からでも学べる。
悩みの克服は、世界から学べばいい。
世界の偉人たちの本を読めば、あなたも大局的な考えを持つ人間になれる。大局的な考えを持つ人間になれば、取るに足りない悩みなど、大したことないと開き直ることができる。「開き直る」この心理に達したとき、あなたは大局を見据えていることになる。そうすれば悩みはふっと消えて楽になる。




将来に不安があるのは、とてもいいことだ。
人生は常に不安。不安があるから人間は生きていける。不安がなかったら人間は生きていけない。不安のない人生は安心しきった生きる屍となる。不安があるからこそ人間は前向きになれる、不安があるからこそ人間は努力することができる、不安があるからこそ人間はチャレンジすることができる。だから、将来に不安があるのは、とてもいいことだ。

不安は前向きに行動して努力することで退治できる。
前向きに行動して努力するためには、不安の原因となった選択を正しいものにしなくてはいけない。どんな理由にしろ、なるべく正しい選択をすることだ。

たとえば、恋愛において相手と付き合うか別れるかの選択。復縁するか復縁をあきらめるかの選択。相手のひどい裏切りに許せるか許せないかの選択。恋愛における不安や迷いはたくさんある。恋愛とは選択の連続だろう。

仕事において、今の仕事を辞めるか続けるかの選択。事業の方向性で、こちらでいくかあちらでいくかの選択。仕事は人生の修羅場であり人生の道場である、この世界の選択は無数にある。

人生において、どの場面でも選択は余儀なくされる。どの場面でも選択は余儀なくされるから、ついつい不安になる。人は不安になって始めて真剣に物事を考えるようになる。つまり不安は人生の岐路に立たされていることを意味する。岐路とは「運命の分かれ道」を指し、その後の人生を少なからず左右するような選択に迫られている状況を意味する。今のやり方に真剣になるか、違うジャンルに挑戦するか、どちらを選ぶか?真剣に物事を考える時期にきている。

この不安の時期はどの人にもある。
今のあなたがきっとそうだろう。
将来に不安のある人はたくさんいる。
逆に不安のない人なんていないんじゃないかな。
人口に比例するくらい不安はある。
世界の人々がそれぞれの不安を抱きながら生きている。
それが人間の生きている証である。
みんな不安を抱えている。
だから、あなたも不安に押しつぶされないように。
押しつぶされないためにはこう考えること。
不安は、生きるための友達だ。
不安は、あなたの未来を導く羅針盤だ。
不安は、不安があるから物事を真剣に考えられるようにできている。
不安は自分を良くするためのスターター。つまり良くするためのスイッチ。あなたはそのスイッチをONにし、前向きに行動すれば良い。そうすることで不安はなくなる。

だが、その前に正しい選択がある。
今のことを続けるか、新しいことにチャレンジするか、あなたはどちらもできる。どちらもできるが、選択はなるべく正しいものを選ぶようにしよう。恋愛においては相手の気持ちを考慮しながら。仕事においては職場の上司・部下・仲間・得先の顧客のことを考慮しながら、家族関係においては両親や兄弟・姉妹を考慮しながら、自分勝手の自己中の判断ではなく、選択は相手の身になって、なるべく正しく選択することだ。




学歴も高く頭もよく知識も豊富だが、精神的な弱さを感じる。
真面目だが、今一男らしさが感じない。
自己防衛本能(自分勝手)には優れてはいるが、人のために何とかしてやろうという気概がない。

男の基本を取り戻そう。
男の基本は「守るものべきものがあってナンボ」
荷物を背負ってナンボ。
責任をとってナンボ。
割り勘や平等や公平ではない。
公平や平等を度外視した自己犠牲の中に男らしさがある。

男は守るものがないと成長しない。
自分以外の他人を守ることで男は成長する。

私の考えは古いかもしれない。
だが、古いけどポンコツではない(笑)

私の考えが古ければ、逆にあなた方の考えが古い、時代遅れだ。
今の厳しい時代にふさわしくない、こんな繊細で自己防衛の甘い考えではこれからの時代は生きていけない。
そう、基本のない考えは古すぎるのだよ。

将来の不安ばかり考えている考えも古すぎる。
今の出来事、今後の出来事に悲観して恐れている考えも古すぎる。
自分勝手で自分さえ良ければいいという考えも古すぎる。
自己防衛能力に優れた自分を守る考えは太古以前の考えだ。
そして、幼児的な考えだ。
皆さんは幼児に戻って考えが古くなった。
口は達者だが、中身は言い訳ばかり。しかも、自分を守る言い訳ばかり。
基本のないいいわけを理論整然と正したところで、中身がないのはお見通し。
言い訳に学歴の高い頭を使ってもしょうがない。
ただ、逃げ道を探しているにしか聞こえない。
それを自由と勘違いしている。

男の基本は理屈ではない。
もっと単純だ。
男基本は上記に書いたが、もっとかみ砕くと、
「男はタフで優しければいい」
男の基本は精神的にタフになること。
そして、女性や子供に優しいこと。
たったそれだけでよい。

男は守るものべきものがあってナンボ。
荷物を背負ってナンボ。
責任をとってナンボ。
割り勘や平等や公平ではない。
公平や平等を度外視した自己犠牲の中に男らしさがある。

将来を悲観して不安がっている君よ。
もっと強くなりなさい。




どっちにしよう?
その判断はあなたがすることです。

人生は選択です。
選択はあなたがしなくてはいけません。

どっちにしよう?という選択があることは、どっちも選べるということです。
つまり両方選べるということです。
人間の選択は自分の力量以外の選択はありません。迷っているときはどちらでも選べるということです。
どちらを選ぶか?どちらも選べるあなた自身が判断することです。

恋愛でうまくいっていない彼。
別れるべきか?続けるべきか?
どちらがいいか?あなたは両方選べます。
どちらを選んでもあなたなら充分にやっていけるでしょう。
選び方は、精神的に一番被害の少ない方を選べばいいのです。

別れた彼と復縁したいか?それとも新しい人を探すべきか?
どちらがいいか?あなたは両方選べます。
どちらを選んでもあなたなら充分にやっていけるでしょう。
選び方は、精神的に一番被害の少ない方を選べばいいのです。

彼が浮気をしたとします。
浮気をしたのは許せないと別れるべきか?浮気を許してそのまま付き合うべきか?

どちらがいいか?あなたは両方選べます。
どちらを選んでもあなたなら充分にやっていけるでしょう。
選び方は、精神的に一番被害の少ない方を選べばいいのです。

迷ったら?
今すぐ決めることが大切か?決めるのは後の方がいいか?

どちらがいいか?あなたは両方選べます。
どちらを選んでもあなたなら充分にやっていけるでしょう。
選び方は、精神的に一番被害の少ない方を選べばいいのです。

精神的に一番被害の少ない方を選ぶ。
これは仕事でも、人間関係でも、人生全般の悩みでも使えます。
迷ったら精神的に一番被害の少ない方を選べばいいのです。

選んで前に進んでも、また悩みにぶつかるでしょう。
そのときもまた精神的に一番被害の少ない方を選べばいいのです。
これを繰る返すことによって、あなたの選んだ道が整然としてきます。
整然とすれば、これで良かったとあなたは納得するでしょう。

精神的に一番被害の少ないのはどれかわからない?
ならば、私の鑑定を受けてください。
あなたにとって精神的に一番被害の少ない方法を模索しましょう。



「あきらめよう・・・そうすればうまくいく。」最近私はこの言葉が好きです。お客様の話を聞いて、鑑定を通じて、その言葉が好きになったのではありません。その言葉は、私自身にぴったりの言葉だからです。「あきらめよう・・・そうすればうまくいく。」自分の過去を振り返ってみると、いつもそうだった・・・と記憶しています。今となって、この歳になって、あきらめたものがいい思い出になっている。もちろん嫌な思い出も後悔した思い出もたくさんありますが、全体としてはいい思い出になっています。たくさんのあきらめた思い出があるからこそ、今日の私がいる。あそこであきらめなかったら今日の私はいなかった。あそこであきらめたからこそ今日の私がいる、今はそれで良かったと思っています。「あきらめよう・・・そうすればうまくいく。」私はそれを、身をもって体験しました。あきらめたら、本当にうまくいきました。あきらめることに感謝ですね。


自分の過去を振り返れば、手に入ったものよりあきらめたものが多い。恋愛も仕事も、ものやお金も、手に入ったものよりあきらめた数の方が多い。悲しい別れもたくさん経験した。恋人との別れ、両親との別れ、親戚との別れ、親友との別れ、同僚との別れ、仲間との別れ。そして仕事もたくさん失った。手に入ったものより、失って、あきらめた数の方が多い。

こんなに別れたり、あきらめたりしたら、寂しくありませんか?
という質問もあるでしょう。
それは寂しいですよ。
一瞬ね。
でも、すぐに新しいものが手に入ります。
過去をあきらめたら未来が手に入る。
それを、身をもって体験しているので今は寂しくはありません。

あきらめることは辛いことです。
あきらめることは悲しいことです。
あきらめることは切ないことです。
あきらめることは人生を不安にさせます。
でも、だからといって執着はいけません。あなたはあきらめないで限界まで頑張ったのです、もうそろそろよいでしょう。「限界まで頑張った、もうそろそろよい」とあきらめた瞬間、あなたの未来の扉が開くのです。限界まで頑張って手放す、未来は過去とお別れすることで拓けてくるのです。それを体験したら、あきらめることがどんなに素晴らしいか、あなたは気づくと思います。



野心や欲望が悪いというわけではありません。

野心や欲望は目的を達成するためにはとても重要な感情のひとつだからです。

だが、野心や欲望がすぎれば成功を逃します。

欲求に満ちた文化に身を置いて暮らしていると、これはとても難しいことだと思います。

奇跡は起こそうと思って起こせるものではありません。

行動そのものに徹底的に集中することで、奇跡は自分の中に生まれてくるのです。

素直に純粋に自分が決めた目標に集中している。その心の姿には何の野心も欲望もありません。

今は達成しなくても夢に向かって努力している、夢に向かっているときは何の不安もない、そして余計なことは考えない、ただただ自分の夢に集中している、すべてを忘れて徹底的に集中している、こういった悦に入ったフォロー状態のときに奇跡は心の中に宿るのです。

野心や欲望は集中力を低下させます。余計な考えは集中力を散漫させます。抱えすぎているたくさんの問題があると集中できません。

奇跡を起こすには、余計なことは考えないで、ただ一点に絞って集中することです。

野心や欲望がすぎれば奇跡は起こりません。



なんとかなる、リラックスしていこう。

将来に不安がある。
みんな同じだ。
みんなが同じだと言うことで、リラックスしていこう。
不安の感じ方はそれぞれ違う。
小さな不安、大きな不安、みんな違う。
恋愛の不安もあれば、仕事の不安もある。家族の不安や今後の人生の不安もあるだろう。不安のことを考えればきりがない。
きりがない不安は、大丈夫、不安通りにならない。将来の不安は取り越し苦労という、取り越し苦労の97%は実際に起きない。起きないであろうたった3%のために、朝から晩まで悩んでどうする。起きたら起きたときに考えればいい。

起きたら起きたときに考えればいい。
いい考えだ。
なかなかそれが実行できないが、いい考えだ。
そうだね、悪いことは起きたときに考えればいい。
その間、リラックスして好きなことをやろう。
人生は短い、いかに好きなことをやって、いかに楽しく過ごすかだ。

そんなのんきなこといって、もし最悪な結果になったらどうするの?
そういうことを考える人が最悪な結果を招くのであって、のんきな人は逆に最悪な結果を招かない。そしてもし、最悪な結果になったとしても、のほほんとして、最悪な事態を楽しんでいる。さらに最悪な事態から次の目標までちゃっかり見つけている。不安である最悪の事態は、その人の感じ方によってどうにでもできる。

最悪な事態に焦ってパニックになる人もいれば、最悪な事態を逆に面白いと楽しむ人もいる。前者は自分の人生はこれで終わったと感じ、後者は自分の人生はこれからだと感じる。なぜ後者は自分の人生はこれからだと感じるのか?好きなことをやって楽しく過ごしているからだ。前者は眉間にしわを寄せる人生、後者は笑顔が絶えない人生。最悪な事態の乗り越え方は常に前向きに明るく過ごしている人に軍配が上がる。

常に前向きに明るく過ごしている人は、
恋人に振られても動揺しない。次の恋人はどんな人がいいかなと振られた瞬間にわくわくしながら次の出会いを楽しみにしている。
仕事をクビになっても動揺しない。この仕事は自分が一生席を置く仕事ではなかった。さあ、自分にぴったり合った仕事を見つけようとかえって前向きになる。
人生は短い、いかに好きなことをやって、いかに楽しく過ごすかだ。



私も人間、悩むときがある。
不安で夜も眠れないときがある。
今はそういうときがほとんどなくなったが、若いときはひどかった。
青春とはいつの時代も苦しいもの。それを実践するかのように青春時代は苦しかった。
私の青春時代は?10代、20代、30代、40代、50代、いやいや今も続いている。おそらく死ぬまで青春時代が続くだろう(笑)

というわけで、今もときどき苦しい。
今も苦しいが、若いときより苦しんでいる時間が短くなった。

たとえば、20代、30代に1年苦しんだ悩みは、今は三日でおさまっている。40代、50代の人生の危機の悩みは、今は二週間でおさまっている。年を取るたびに悩みの時間は短くなってきている。たとえ人生の危機でも、仕事の大きな不安でも、2週間ほどネガティブの世界にいるが、悩みはそこで終りにする。そこから先は、頭を解決思考に切り換える。すぐに0から100%の解決思考にはできないが、毎日少しずつ解決思考の領域を増やすようにしている。解決思考の領域を増やすことで、1ヶ月後にはなんの心配もない、いつもの自分に戻っている。

解決思考は頭で考えただけではダメ。行動に移さないとダメ。問題の解決は行動する努力にある、解決に向けて努力しながら行動するから問題は解決するのである。これがいいという方法を問題思考のときにいっぱい考えた。悩んでいるときにいっぱい・いっぱい考えた。たくさんの悩みからたくさんの考えが生まれた。あとはこれを整理して行動に移すだけ。整理の仕方は基本に戻ればいい。あなたらしい基本が人間にはあるはずだ。その基本がわからなければ、初心に戻ればいい。自分が志した初心、(初心を取り戻そう)その考えに従って行動に移せば良い。

問題思考のときはいっぱい考えた。
私もそうだが、そのときはいつも悪いことばかり考える。
最悪な事態になったらどうしよう…自分の人生これで終りだ。
なんてバカなことも考えた。

ネガティブが人を蝕むとはよく言ったものだ、ホント最悪なことばかり考える。でも、よくよく考えてみると、こういった考えに至った経緯は、自分が楽をしようと怠けたときに起きている。怠惰怠慢のときネガティブが起きている。初心を忘れて、基本を忘れて、努力を忘れたときに起きている。それが原因となって人間はネガティブになる。ネガティブになれば、不安が押し寄せてくる。

そして基本を取り戻す。
不安だからこそチャレンジするという基本を。
怖いからこそチャレンジする。
苦しいからこそチャレンジする。
不安だからこそチャレンジする。
この基本を取り戻したとき、不安は消えて無くなった。

問題思考がけっして悪いわけではない。
問題思考は、問題を考える良い機会を人間に与えてくれる。
そして人間は、問題を解決することで成長できるようにできている。



あなたの悩みが永久に解決されないことはない、と私は思っている。解決方法は、苦痛に振り回れるのか、苦痛を理解して自分に合わせていくのか、この二通りだと思う。

苦痛に振り回れるのか、それには何の説明もいらないだろう。今、あなたが苦しんでいる状態をそのまま続ければいいだけのことだからだ。

だが、苦痛を理解して自分に合わせていくには、修行が必要である。苦痛を理解して自分に合わせれば苦痛は無くなる。その境地に達するには並大抵ではないからだ。

その並大抵でないことをやろう。
これが今日のブログである。
並大抵ではない?私が大袈裟に書いたことは気にしなくていい。人間は並大抵ではないことをやってきた。過去の歴史を見ればわかる。それが人間の使命であり生き甲斐である。人間は強い。心を持っているから強い。そしてこの心をコントロールすればさらに強くなる。並大抵でないことを成し遂げるのは、心をコントロールすることである。

問題思考
心をコントロールする。
心のコントロール方法は、考え方を整理すること。
人間は一日数万回考えると言われている。
解決できない問題があると、人間の思考はそればかりに考えが集中する。今の問題が解決できないのは、そればかりに考えが集中しているからだ。そればかりに考えが集中するのを「問題思考」と呼ぶ。問題思考にいたのでは解決できない、かえって事態は悪化してしまう。事態が悪化すれば、心が乱れ、ますます収拾がつかなくなる。それが苦痛に振回されている状態である。

解決思考
考え方の整理は、どうやって「問題思考」から「解決思考」に頭を切り換えるかだ。「頭を切り換える」この点が人間の弱いところで、なかなかできていない。頭の切り替えは、100人のうち一人しかできないだろう。なぜ他の99人はできないのか?それは頭を切り替える重要性をしかと認識していないからだ。人間は感情の動物だ。ほとんどが感情任せの思考で生きている。あるいは自分の性格のままに生きている。自分の考えが唯一正しく、自分中心に生きている。自分の感情や自分の性格のおののくまま生きていては頭を切り換えることはできない。そこにメスを入れないと切り替えることができない。頭を切り換えるには、自分の感情と性格を殺して、これが正しいという論理に従った解決思考を見出さなくてはならない。そのために自分の感情や性格に答えを見つけるのではなく、もっと次元の高い崇高な本(自己啓発などの本)や、尊敬できる人のアドバイスを参考に答えを見つけるしかない。頭が切り替えることができる1%の人間は、みなそういった勉強を積んでいる。そして、彼らは頭を切り換える重要性をしかと認識している。あなたもそれに続くと良い。




目標
否定的な人は目標が見えない、目標に対して全て否定するからだ。
肯定的な人は目標が見える、目標に対して全てを肯定するからだ。


計画
否定的な人は計画が立てられない、計画そのものを否定するからだ。
肯定的な人は計画が立てられる、計画そのものを肯定するからだ。


幸福
否定的な人は幸福を掴めない、幸福そのものを否定するからだ。
肯定的な人は幸福を掴む、幸福そのものを肯定するからだ。


自信
否定的な人は自信がない、自分の人生を否定し、悲観視するからだ。
肯定的な人は自信がある、自分の人生を肯定し、楽観視するからだ。


あなたは肯定と否定どちらを選びますか?すべてあなた次第です。
恋愛の場において、女性たちはみな否定的です。
否定ばかりでは幸せにはなれません。
何事も肯定する人間になってください。