ホーム > 月別アーカイブ: 2017年12月
川越占い館は本日で御用納めとなります。
1年間ありがとうございました。
皆様のお陰で、今年も充実した1年を過ごすことができました。
来年は皆様にとって良い年でありますよう心から願っています。

今年一年を振り返ってみて。
皆様に「ありがとう」を伝えたい。

対面鑑定でお越し頂いて「ありがとう」
電話鑑定でお電話頂いて「ありがとう」
ブログを読んでくれて「ありがとう」
本を買ってくれて「ありがとう」
悩んでくれて「ありがとう」
頼ってくれて「ありがとう」
ネガティブからポジティブになってくれて「ありがとう」
消極的から積極的になってくれて「ありがとう」
心が晴れた、すっきりしたと言ってくれて「ありがとう」
吹っ切れて前へ進んでくれて「ありがとう」
好きな人を最後まで諦めないと言ってくれて「ありがとう」
それでも彼が好き!頑固なあなたに「ありがとう」
波瀾万丈な恋愛に女の命を賭けるあなたに「ありがとう」
リベンジ・チャレンジするあなたに「ありがとう」
彼を諦めて前へ進むと言ってくれて「ありがとう」
ずるい男、卑怯な男、ダメ男、悪い男と別れてくれて「ありがとう」
堂々巡りの解決しない問題に諦めずに頑張っているあなたに「ありがとう」
苦しい胸の内を語ってくれて「ありがとう」

「ありがとう」はたくさんある
全てのお客様に伝えたい「ありがとう」と。
1年間、どうもありがとうございました。




もしあなたが女女しい男が好きなら。
オレのことは頼るな。
オレに依存するな。
オレをあてにして、メソメソ泣くな。
をやめよう。
自立した女性はそういうことをしない。

つまり女にはならない。
女になれば、男に頼って、男に依存して、男をあてにして、願いが叶わなくなると苦しんで自爆する。

そういう女を何というか?
そういう女を乞食という。

「そういう女は乞食」ひどい!ひどいことを言うね、沖川は。それは私が言ったのではない。鑑定中に、ある女性が言った言葉である。彼女の周りには知人や友人も含めて、そういう女性がたくさんいるらしい。男に媚び売って乞食になっている女が。それを見て、彼女はそうはなりたくないと思ったのだろう。

「私は乞食になりたくない」
衝撃的な言葉。
だが、斬新。
今の時代にぴったりかもしれない。
そう思って、ブログにした。

彼女が望んでいるのは自立した女性。
「私は乞食になりたくない」
それを実行すれば、彼女は自立した男性と結ばれるだろう。
さらに話を前進させれば、
女女しい男もOKである。
女女しい男の言い分は、
オレのことは頼るな。
オレに依存するな。
オレをあてにして、メソメソ泣くな。
で、あろうから。
自立した女性はそういうことをしない。
きっとダイモン・ミチコのように、
「いたしません」というだろう。
フリーランスでかっこいい女。
そういう女に女女しい男は憧れる。
それを目指せばいい。




今の時代は女性たちも自立が余儀なくされる。
やむをえず、そうせざるを得ないのが今の時代。

男たちが弱くなった。
精神的に弱い男たちが世の中にたくさんいる。
精神的な病を抱えた男たちが世の中にたくさんいる。
「え、これでも男?」という相談が、私のところで何万人といる。

昔では信じられないほどの数。
「え、これでも男?」という相談数は、昔は10人に1人くらいの割合でいたが、今は10人に5人くらいの割合でいるのではないだろうか。精神的に弱く、ちょっとした喧嘩で、次の日から連絡が取れなくなる。ちょっとこじれたくらいで逃げ、無視・沈黙・の音信不通は当たり前。曖昧ではっきりしない無責任な男があまりにも多くなった。精神的に弱く、将来に不安を抱える男たちが多くなった。この時代に生まれた女性たちは大変だと思う。今は結婚氷河期時代。人より早く抜きんでて幸せを掴むためには、それなりの技術と運がないと成就できない。もう昔とは違う。これからの時代は、愛するより見極めること。見極め方が悪ければ不運に苛まされ、見極め方が良ければ幸運に恵まれる、そういう時代になった。

統計によれば、
男性が結婚しない理由は、「僕の収入では家族を養えないから」がNO1の理由になっている。彼女ができたら、「君も一生働いてね、正社員で」と平気でいう。「私は子供が欲しいの?」と彼女がいうと、「子供なんかいらない、子供が出来たら食べていけない」(僕の収入では家族を養えないから)これが今の時代の男たちの本音。

今の時代の男性たちが女性たちに望んでいることは。
オレのことは頼るな。
オレに依存するな。
オレをあてにして、メソメソ泣くな。
だろう。

今の時代は期待を拒む時代。
だから、女性が自立しなくてはならない時代。
大変な時代だけど、成せばなる。

成せばなるは簡単、あなたが自立すればいいだけのこと。
あなたが自立すれば、自立した男性が引き寄せられる。
前記の記事の男の本音は、自立していない男たちのいいわけ。
この時代に生きていけない、女女しい男たちのいいわけ。
女女しい男はよく泣く。恋の終りは、女の子より男の子の方が泣く。
女女しい男に、母性愛をくすぐられて可愛そう(あるいは可愛い)と思うかもしれないが、ちょっと待って、それは違う。それは男ではない。あなたは見極め方が間違っている。こんな男を愛したら一生うだつの上がらない人生になってしまうよ。それを肝に銘じて、たくましく前に進みなさい。そして自立しなさい。自立すれば、自立した男性を引き寄せることができる。これは間違いない。



女性は人を好きになると感情のコントロールができない。
女性の好きは。
とても厄介だ。
女性の好きという感情の世界は、無法地帯。
そこには法律も秩序もない。
まあ、法律も秩序も人間が編み出した理屈の産物に過ぎないが、でもこれがないと人間は生きていけない。人間は法と秩序のルールによって生かされている。個人の好きな感情で社会が回っているわけではない。だから、ルールに逸脱した者は弾かれるようになっている。

女性の好きは、そのルールを逸脱した感情。
だから、とても厄介だ。
なぜ厄介か?
ものわかりが悪いからだ。
ものがわかっていない女性の好きは、これほど女性を苦しめるものはない。
それは当事者である女性自身もわかっている。
頭ではわかっている。
頭とは人間界の法と秩序。つまり理屈。
理屈ではわかっているが、感情がいうことをきかない。
好きという感情はとても厄介だ。
法と秩序を乱し無法地帯になるから。

ばかだな・・・と私は思う。
こんなこと簡単なことではないか。
好き(感情)をコントロールすればいいだけのこと。
好きな気持ちで苦しむことはない。
好きな気持ちは、人間の誇りであり、とても純粋な気持ち。
その誇りである純粋な気持ちを自分で傷つけてどうする、といいたい。
この純な気持ちを守るにはどうすればいいか?
その純な気持ちに、人間界の法と秩序を導入すればいいだけのこと。
そのやり方は、好きは結果を生んでから。
つまり好きは成就してから。愛が完成して、結婚式が終わってからでいい。
結果を生む前に100%好きになるからおかしくなる。
あなたの好きは未完成交響曲だ。

相手の気持ちを知らずに未完成のまま突っ走るから傷つく。
途中で兜の緒を締めないから傷つく。
未完成から完成まで、気を緩めず、好きを段階的にコントロールしていく。
その術を覚えよう。
これからの時代はこの技術が必要だ。

好きは確信に合わせて徐々に好きになること。相手が信頼できれば好きのパーセントを上げ、相手に不信があれば好きのパーセントを下げる。好きを上手にコントロールする方法は、いつでも別れる覚悟を持つこと。この覚悟さえあれば、あなたの好きは完成へと向かう。覚悟とは余裕。余裕がない好きはいつも悲惨な物語になっている。そうならないために、いつでも別れてやるという覚悟を持ちながら、兜の緒を締め、最後まで諦めず、この好きを完成させること。本気の好きは最後でいい。




過去苦労があって未来苦労がある。
過去と未来の苦労があって現在の苦労がある。
過去・未来・現在の三つの苦労を取り越し苦労という。


取り越し苦労をしないためには、まず始めに過去を許すことだ。自分を、関わった他人を、許すことだ。そして忘れることだ。過去の失敗、過去の過ち、過去の嫌なこと、全て許して忘れることだ。それが出来れば過去苦労はなくなる。過去苦労がなくなれば、未来苦労も現在苦労もなくなる。でも、ときどき過去の嫌なことを思い出す。過去の嫌な出来事が夢に出てくる。人間は感受性が強い、過去の嫌なことをときどき思い出すのは仕方がないこと。そういうときは、これを反省点として使おう。過去を放置するのではなく、思い出したら反省点として使おう。自分はもう過去の人間ではない、過去より成長した人間だ。成長した自分が過去の失敗を反省点として使う、二度と同じ失敗をしないために。そして、その反省点は未来の予兆へと繋がる。同じ失敗を繰り返さないための未来の予兆、つまり学習能力である。


学習能力がつけば、悪い男に騙されることがなくなる。ふがいない自信のない男は相手にしなくなる、けち臭い貧乏な男にはがっかりして興味も薄れてくる、母性愛をくすぐるやんちゃな男は子供として扱い依存心を捨てられる、精神的な病を抱えた男に同情などしない、仕事が激務で忙しい仕事人間にはこちらから付き合う相手ではないと判断する、音信不通男に対してはこちらも音信不通で対処する、今までそういう男を好きになってトラウマになった。トラウマが過去苦労となった。過去はトラウマにするのではなく反省点として使おう。もう二度とあんな苦しみはしたくないと過去を反省しながら誓うこと、これが学習能力である。

過去・未来・現在の三つの苦労を取り越し苦労という。
取り越し苦労の発端は過去から来ている。
過去を反省点として学習能力を身につけよう。



心と体を痛める自己犠牲の鍛錬を積むためには、心を積極的にしなくてはいけない。心が消極的だと自己防衛に走る。健康のために運動が良いとわかっていても、運動が苦手、かったるい、しんどい、疲れる、やりたくないという消極的な気持ちが支配すれば、運動はできない。そのうち健康被害がもっと深刻な問題となる。それは全てに当てはまる、仕事でも勉強でも家事でも、人間が生きていく営み全てに当てはまる。

好きな人に気持ちを伝えるためには、心を積極的にしなくてはいけない。恥をかきたくない、嫌われたくない、振られたくないという消極的な気持ちがあれば、自分の思いを伝えることができない。そうなればあなたの恋愛は後悔のるつぼ化する。消極的な後悔の積み重ねが、いつまで経っても結婚できない自分を作る。


自己防衛の消極的。自分を守ることは良いことだが、あまりにも自分を甘えかすとダメ人間になる。もっとバカになろう。恥をかいてもいいではないか。嫌われても振られてもいいではないか。筋肉痛で体の節節が痛くなってもいいではないか、息切れしてしんどい思いをしてもいいではないか、後悔するより失敗した方がいい。この気持ちで心を積極的にすれば、最終的には全てうまくいく。心を積極的にするということは、そういうことだ。成功するために恥をかこう、痛い思いをしよう、これが基本原則。大いに恥をかきなさい、大いに痛い思いをしなさい、それによってあなたの勇気は100倍になり、自信も100倍になる。そうなれば、やりたいこと、欲しいものが、何でも手に入る。

運を上げるためには、心を積極的にすること。
これだけ覚えれば、あなたの運はめざましく向上する。




運を上げるためには積極的にチャレンジすること。
思ったこと、やりたいこと、何でもチャレンジすること。
これがなかなか難しい。
たとえば。
運動の場合。
健康のために運動しようと思っていても、運動の苦手な人は運動をしようとしない。健康診断で引っかかり、このままでは健康に良くないから運動した方がいいよとお医者さんに言われても、あるいは親・恋人・友人に言われても、本人は運動をしようとしない。自分でもわかっている運動した方が健康に良いことを。でもしない。運動することが苦手だから。運動の代わりに別の案を考える。運動などしなくても健康被害にならないと自分勝手な解釈に終始し、これでいいんだ!と運動することを否定する。そして、いつも次の言葉を言う。「わたし運動嫌いだから、絶対にしない」と。

告白の場合。
好きな人に告白したい。
でも、できない。
嫌われたらどうしよう・・・というネガティブな心が邪魔してできない。
好きな人に気持ちを伝えることができない。
思ったことが伝えられない。
自分を主張することができない。
私の恋はあのとき、ああすれば良かったという後悔の連続ばかり。
後悔して、後からなんとかしようと思うが、結局のところ何もできない。

相反するどちらの例も。
積極的にチャレンジすることを忘れた例。
あまりにも自分を守りすぎて、きっと頭が良いのでしょう。
だから、もっとバカになりなさい。
自己防衛のエリートではなく、自己犠牲のバカになりなさい。
運動する体の痛みを知る自己犠牲。
告白して恥をかく心の自己犠牲。
自己犠牲とは自分を鍛えること。
この世で生きていくためには、心と体を痛める自己犠牲の鍛錬を積んでいかなくてはならない。そうでないと後で後悔する憂き目にあう。

運を上げるためには積極的にチャレンジすること。
思ったこと、やりたいこと、何でもチャレンジすること。


「継続は力なり」
私はこの言葉が好きである。
なぜ好きか?
それは、自ら実践しているから。
私が実践しているのは説明する必要はないと思う。
ブログを見れば、一目瞭然でわかると思うから。

継続。
続けることに意味があるのか?
私にはわからない。
わからないが、好きだから続けている。
楽しい?と言われると、それは好きだから楽しいときもあるが、それはほんの一瞬で、どちらかというとしんどいときの方が多い。面倒くさいな、かったるいなと思うときもしばしばある。記事を書くのは早朝、冬の朝は寒いしかったるい、布団から出る気がしない。前の晩にお酒を飲めば頭はボーッとしている。朝は血流が悪くアイデアも出てこない。体調がすぐれないときは記事を書く気もしない。そんな最悪なコンディションでも、とにかく続けている。いつのまにか記事を書き始めて15年になろうとしている。なぜ続けるか?それは好きだから。好きというのは楽しいことばかりではない。好きというのは辛いことの方が多い。それはあなたの恋愛も一緒だろう。好きだけでは恋愛は続けられない。どんな困難な状況でも、どんな最悪な事態でも、私にはこれしかない、私はこれを全うするしかない、という強い気持ちがないと続けることはできない。好きだから続ける。この道は茨の道かもしれない。だが、好きだから続ける。楽しくても辛くても、好きだから続ける。

「継続は力なり」には成功の全てが凝縮されている。
それは続けた人にしかわからない。

続けた私の経験からもの申すと。
大変だけど楽しい。
人になんと言われようが信念が育つ。
この信念はとても頑固だ。そして融通が利かない。
頑固で融通が利かない信念が、人の反対や批判をものともせず、自分なりの考えが持てるようになる。この考えは素晴らしい。人の意見に左右されない独自の考えを持つことはとても素晴らしいことだ。これをブランドという。占い師沖川東横というブランドはこうしてできた。大企業のブランドや有名メーカーのブランドとは比較にならないほど小さなものだが、私は自身のブランドに誇りを持っている。自身のブランドを持てば、企業の奴隷や組織の奴隷になることもない。ブラック企業よさらば!といつでも言える。この感触がたまらない。だから茨の道でも続ける。好きだから。

朝はかったるい。
なぜ記事を書かなければいけないのかとかったるい。
それはスタートの5分くらいの領域で、5分過ぎればやり甲斐が出てくる。そして10分後には悦に入っている。悦には入れば、やはりこれが好きだと思えるようになる。



時間を守らない人は切る。遅い奴は切る。
それが時期を守り、時間を有効に使うベストな方法です。

時間を守らない人は切る。遅い奴は切る。
冷たいかもしれませんが。
それが自然界に君臨するメスの役目。女王の役目(笑)だと思ってください。
遅い人の犠牲になってはいけません。
人生は一瞬なのですから。

仕事が忙しいといって女を放置する男は切ってください。
付き合っているのか付き合っていないのかわからないグレー男は切ってください。
これに構っていたらあなた方は時期を逸してしまいます。

時期を守るには厳しくても冷酷な判断が必要です。自然界のメスたちはいとも簡単にその判断を下しています。役に立たないオスは切る、何も罪悪感を持たず自然に切っています。時期を守るオス・メスの営みは人間より動物に軍配が上がっているようです。役に立たないオスは切る。あなた方もやってみませんか?

仕事が忙しいといって女を放置する男。
付き合っているのか付き合っていないのかわからないグレー男。
どちらも曖昧で女をキープしている。
はっきりすることなく、責任も取ることなくキープしている。
この点の恋愛に、合わすか合わさないかはあなた方の自由です。
時期を守り、限られた人生を有効に使いたいのなら、自然界のメスのように役に立たない男は切ってください。その方がすっきりします。すっきりすれば、運は向上してきます。

愛の犠牲になってはいけません。
愛とは慈しみ思いやるものです。
冷たく放置、グレーではっきりしない男の態度は、愛ではありません。
そんな仕打ちにあっても、「それでも彼が好き」という気持ちをなんとかしてください。女性特有の「それでも彼が好き」「それでも彼がいい」これが時期を遅らせている最大の元凶になっています。「それでも彼が好き」を成敗することです。


それでも・・・彼が好き?
しつこい。
女性特有の・・・何度説明しても、理解してもらえない・・・この粘り、この気持ち。
「それでも彼が好き」???
いいでしょう。
これがあなたのモチベーションなら。
これがあなたの生き甲斐なら。
それでも彼が好きを継続してください。

ただし、
その男は切ることです。

「それでも彼が好き」は、あなた方のモチベーションである生き甲斐のために取っておいてください。現実には存在しない空想の世界で。女性は恋愛がないと生き甲斐が保てないので、空想でも生き甲斐は持った方がいいでしょう。それでも彼が好きは前に進む動力源に使うことです。それは、新しい人が現れれば乗り換えるためのものです。あなた方は放置してグレーだった男たちを「それでも彼が好き」と前に進む動力源として使いました。そして、そのお陰で見事役立つ素晴らしい男性と出会いました。元彼に伝えてください。「ここまで送ってくれてありがとう」と。それで、あなたは時期通りの素晴らしい人生を歩めます。





時間は大切。
宇宙は時間軸で動いています。
何百億年という気の遠くなるような宇宙の歴史から考えると、人間の歴史はほんの一瞬です。あなたの人生も私の人生も広大な宇宙から比べるとほんの一瞬です。100年未満の限りある人生。この人生をいかに有効に、いかに楽しく、いかに健やかに、いかに幸せに過ごすかです。

時間を有効に使う。
時間の有効活用は、時期を大切にすることです。

あなた方は小・中・高・大学と時期通りに行きましたか?
その質問に、ほとんどの人が時期通りに行ったと答えます。

では、大人になって
仕事・結婚・出産などは時期通りに行きましたか?と質問すると。
答えはバラバラです。

学校生活は時期通り。
社会生活の時期はバラバラ。
社会人になって時期が大分遅くなりました。

社会生活を義務教育で換算すると、中には25歳で中学校に入学している時期遅れの人もいます。時期通りにいかない人を落ちこぼれといいます。学校生活の落ちこぼれが5%ならば、社会生活の落ちこぼれは50%はいるのではないでしょうか。時期遅れの人が実に10倍、恐ろしいことです。だから晩婚化が進み、少子化が進んでいるのでしょう。人間の人生はほんの一瞬です。遅れを取り戻しましょう。そのために時間を大切にすること、時期の重要性を再認識することです。

時期の重要性を再認識する。
人間の寿命、能力には限界があります。
天から与えられた人間としての尊厳のある時間をいかに有効に満足して使うかはあな方次第です。