ホーム > 月別アーカイブ: 2018年04月
彼 1977年2月21日
私 1984年5月29日

彼は投資用のマンションを販売する不動産会社で働いてます。2016年5月に身体の関係をもつようになってから、曖昧な関係が未だに続いてます。私自身が離婚直後で情緒不安定だったのもあり、知り合った時に彼氏がいましたが、彼氏がいるのに彼と身体の関係をもつようになりました。すべてを知ったうえで、彼は私を誘ってきてましたが、彼氏と別れても付き合おうという話にはなりませんでした。彼自身は一度も結婚した事がなく、いま親にお金を無心されていて常に金欠状態です。両親が大好きで親から生まれてきたわけだから仕方ない…という考えで、身を削って…私に借金してまで親にお金を渡してしまってる状態です。

2017年5月に彼に数十万お金を貸し、その後も未だに返済がありません。彼が体調不良で寝込んだりしていたら、食料を届けに行ったり…自分でもバカだなぁってたまに思いますが、後悔はありません。"年内に返してくれないなら終わりにする"と宣言したのもあり、今年に入ってから一度も会っていませんが、LINEはほぼ毎日のようにしてます。正直、私からしたらお金はどうでもいいのです。あげたものだと思ってます。

彼には10年来の元カノなのか何なのか、詳細を話してくれないので、わかりませんが毎日のように"おはよう"から"ただいま"まで逐一報告LINEをするような子どもがいる人妻がいます。みてはいけないとわかってはいましたが、彼との関係に終止符をうちたいのもあり、LINEを見てしまいました。そしたら毎日のLINEだけでなく、GWとかの長期休暇時には会ってたようです。"彼女ではない"とは言ってますが、10年来の壮絶な関係らしく切ってもきれない縁なようです。

そんな状態なのもあり、彼とは終わりにしたい…でも私は大好きなので、何だかんだ連絡はとってしまってます。彼は何を考えているのでしょうか。何の考えもなしに私からお金を借りてるわけじゃない、とか思わせぶりな発言をしてますが、沖川先生のブログに励まされ、私は一切、信じてないです。女性ならではのよくわからない愛を排除したい反面、彼を支えたい気持ちと葛藤な毎日です。男心についてアドバイスをいただけたら幸いです。


沖川の答え。

女性にも必要ですね、「好きだけど、愛しているけど、別れなくてはいけない」という決断が。この決断さえあれば、この問題は解決できます。「好きだけど、別れる」という決断は、男性でもよほど能力の高い人でないとできません。心の弱い人にはできません、心が強くないとできない決断だからです。こういった決断が出来る人は、自分の人生に責任が持てる人です。Marimoさんも自分の人生に責任が取れる女性になってください。

彼は何を考えているの?
私はこういった問題に詳しいので、彼が何を考えているのか?大体想像がつきます。彼はまず結婚を考えていません。女から金を借りる男は結婚を考えていない男と相場は決まっているからです。これは男の積悪、悪事を積み重ねる性格の持ち主で、結婚できない男の定番といっていいでしょう。多くの女性が彼(男)にお金を貸していますが、その後、彼(男性)が責任を取って結婚したと例はほとんどありません。「男に金を貸す=結婚はきない」というルールを女性たちも敷くべきです。責任を取る男性は女性からお金を借りないものと相場は決まっているからです。

彼は悪事を積み重ねる積悪の性格の持ち主。
彼の悪事は女性問題です。表向きの彼は情が深くマメで、言葉巧みに女性に親切なところがあります。さすが不動産屋。不動産の仕事は千三つ商売と言われていて、千の話があれば、三つしか契約できないと言われています。つまり千の内997は契約に至らず、裏切られるわけです。その世界で長く仕事をしていると、常識が普通でなくなるのは仕方がないことです。裏切られた件数が多いほど、人は生き残るために調子よく言葉巧みに悪事を重ねるからです。それがまた板についた、これが彼の性格です。

もちろん不動産屋でも立派な人はたくさんいます。すべてが悪事を積み重ねる性格の持ち主ではありません。この環境(千三つ商売)では、そうなりやすいということです。

彼はまさしく積悪の人。Marimoさんの投稿では、そう捉えられます。
積悪の男に対しては、これ以上お金は貸さないことです。
「好きだけど、愛しているけど、別れなくてはいけない」という決断をすることです。
貸したお金は第三者を使って回収しましょう。
私の答えは出ました。
あとは、Marimoさんがどう決断するかです。



この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。



1988.09.24 彼氏Aとします。
1991.02.25 りく

いつも読ませて頂いて私自身の恋愛観が変わりました。前向きに捉えることができたのも先生のブログに会えてです。彼が何を考えているのか。まさしくこちらを最近考えておりました。付き合い始めて1年ほどです。新幹線で会う遠距離をしています。普段の連絡は、向こうが連絡くるまで私からはほとんどすることはありません。だいたい2日に1回のペースで電話がきます。だいたい1時間以上、その日の1日の出来事を話します。彼の性格は、人から頼りにされたいという思いが強いように思います。そんな彼ですが、私と電話しながら仕事の後輩の女の子、男の子と何人かLINEをしています。電話越しにクスっと笑うのでどーしたの?と聞くとAちゃんがね…Bちゃんが…と話し始めます。そのことをあーだこーだ言うつもりもなく。いつも話を聞いています。ただ毎日LINEしてるのかなと思う時もあります。普段も電話はくれますが、不定休の彼はほとんど会いに来てくれません。また、仕事場のバイトの子達などに彼女がいることを伝えてはないです。好きにしたらいいという彼氏は嫉妬をすることもなく。浮気の心配より、彼の気持ちはきちんと私に向いているのかが気になっています。信用することってなかなか難しいですね。まずは自分に自信をつけようと日々明るく過ごしています。

沖川の答え。
彼らしいですね、このシリーズでも多く登場している、寂しがり屋の、29歳三壁木星。ホント笑っちゃうくらい同じパターンです。仕事の後輩の女の子、男の子と何人かLINEをしています。私との電話越しでも、Aちゃんがね…Bちゃんが…と話し始めます。それが彼の特徴、この性格を飲み込めばほとんど問題ありません。

浮気の心配より、彼の気持ちはきちんと私に向いているのかが気になっています。今のようにマメにコンタクトを取っていればまず問題ありません。彼はおしゃべりで、常に誰かと連絡とっていないと、気がおかしくなるからです。その点は女の子かもしれないね。女の子というより幼い子供と考えた方がいいでしょう。幼稚園児の男の子が、今日の出来事をママに報告する、Aちゃんがね…Bちゃんがね・・・そんな感じです。それを相手すれば十分です。相手をすることで、彼に信頼関係が生まれるからです。

さてこの二人。りくさんは26歳の九紫火星。彼は29歳の三壁木星。火と木の相性ですから相性はいいです。二人ともさみしがり屋で、行動力抜群の外へ向かう子。どちらも縛られるのが嫌いで、自由を求めるタイプ。こんな二人だから、なまじか近くにいるよりも遠くにいた方がいいのかもしれません。その方が新鮮だからです。

この組み合わせ、実は波乱も多いのも事実です。火と木は燃えやすいので、愛の情熱も生まれますが、激しいバトルになることもあります。ほどよく燃えている分には、前向きで明るいのですが、激しく燃えると相手を傷つけてしまいます。この組み合わせでは火の方が強く、木の方が弱い存在なので、バトルになると彼の方が傷つきます。りくさんが激しく燃えないようにすることです。激しく燃えるとは?りくさんは九紫火星、九紫火星は感情的になるととても気性の激しい性格となります。いったん火がつけば、この性格は言いたいことを言い放ち、ヒステリックに相手をやっつけてしまいます。そうなったら手遅れ、彼は恐れをなして逃げるでしょう。今のように子供をあやすみたいに冷静ならば良いのですが、感情が激化すると手に負えなくなるので注意が必要です。自分磨きをしながら、ストレスをためないようにすることです。

傷つくと彼はどうなるのか?
これも定番です。
音信不通にして逃げます。
怖がっている子供を想像してみてください。
彼は彼女のことを怖がって彼女に対して何もできないでいるのです。
こうなったら、三壁木星は手に負えません。
あとは逃げるだけですから。


この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。


彼→1974年7月30日
私→1975年11月5日
初めまして。思いが断ち切れずコメントさせて頂きます。丸4年間付き合っていましたがその間に何度も別れ→復縁を繰り返してきました。去年には彼の方から結婚の話も出すようになりました。今年1月にいつものパターンで大喧嘩→すぐに別れる!と言ってLINEブロックされる。という流れからいつもは私が縋ってしつこくして嫌われてたので(←その後何ヶ月か冷却期間を置いて復縁してました)今回は過去の学習能力から、別れる!と言われたので分かった!と納得して(納得したように見せておいて)冷却期間を置くべく彼の収まりを見守ろうとした矢先、新しい彼女を作っていました。喧嘩は1/9、途中2/6に彼の飼っていたワンコが不慮の事故で亡くなったと電話をかけてくれましたがやはり私とは戻る気はないとの事で、私も納得した素振りを見せました、そして3/2に彼の家に乗用車が1泊、新しい女か仕事仲間が飲みに来て泊まったのか定かではなかったので様子見をし、その後また3/9に同じ車が泊まっていて居間の窓に耳をかざした所家の中から女性の声がしたので私が家の呼び鈴を鳴らし彼が出てきて新しい女が出来た、と。今後戻る事は二度とないのでしょうか。今までも別れるとこのように他の女性を物色しつつ上手くいかなかったから私に戻ってたまでで今回はうまく意気投合した女性が現れたので嬉しくて嬉しくて本気なのでしょうか。辛すぎて生きてる気が全くしません。助けていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。


沖川の答え。
一言でいうと、彼は難しい相手。OANさんは、かなりの学習能力を積んだと思いますが、それにしても難しい相手であることには間違いありません。彼の性格はワンマンな野心家。「オレがオレが」という自己中心的な亭主関白タイプ。情も深いが、ひとたび冷めると信じられないほど冷酷になる。敵に回すと倍返しをするタイプで、喧嘩になると理屈で相手を思いっきりやっつける。とても頑固で、プライドも高く、まさしくワンマンな亭主関白タイプ。

それに対して、OANさんもプライドが高い。プライドは彼に負けず劣らず持っている。そして筋も通せる。いざとなったら、「こんな奴いつ別れてもいい」という覚悟が他の女性より潔いよい。だが、所詮、女。女心が、筋を通しても悩む。そして後悔する。それさえなければ、彼と対等に渡り合えるが、女心が邪魔していつも彼の下になり苦しむ。さらに追い打ちをかけるようにライバル(他の女性)の出現。こうなったら、OANさんの心はボロボロとなります。

ボロボロになったOANさんへ、
前向きになる言葉を進呈しよう。
それは、
「冷静になることです。」
そして、
「明るく前向きになることです」

明るく前向きに生きている。この状態が、OANさんの実力を一番発揮できる状態です。OANさんがネガティブになると、何もかもうまくいかなくなります。OANさんは仕事も一生懸命、恋愛も一生懸命、勉強も一生懸命、趣味や友達や家族も大切にすることも一生懸命、明るく前向きに一生懸命にやっているのが、OANさんの姿です。これは彼にない性格です。彼には人を信じる暖かさがありません。彼は堅物で暗いのです。彼がOANさんに惚れたのはOANさんの明るさに惹かれたからです。明るく前向きに生きて、本来の明るさを取り戻し、彼を見返してやりましょう。

その間、彼のことは忘れることです。
彼は勝手に新しい女性といちゃいちゃすればいい。どうせうまくいかないから。うまくいかない理由は、彼の性格が女性にとって難点で天敵だからです。彼は女性にとって難しい相手。彼と合う女性はほとんどいません。彼と合う女性がこの世に存在するとなると、OANさんくらいしかいないでしょう。彼と4年も付き合えたことは奇跡だと思ってください。二人は喧嘩も多いが、相性がとても良い。だから4年持ったのでしょう。彼が戻ってくるという奇跡を起こすためには、彼のことを放置することです。新しい女性がいることに嫉妬ばかりしていないで、逆に見ないことにして、冷たく放置することです。そうすれば、忘れた頃に彼は戻ってきます。そのときは冷たくして彼を懲らしめてやれば、亭主関白の男の闘争心に火をつけることができます。そうなれば彼は努力します。OANさんに好かれるように。なぜ?そうなるのか、彼は時の長さを大切にするからです。



この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。




公開での再投稿です。
彼 1973.2.13 郵便局員(課長補佐)
私 1974.3.8 非正規公務員
投稿コメントを見ると同じ思いをされてる人がたくさんいてびっくりしました。
5年前に婚活パーティーで知り合い1週間後に告白され付き合う事になりました。付き合って半年は毎週会って楽しくデートしてました。半年経った頃に婚活パーティーで知り合ったので結婚のことをどう考えてるか聞くと2,3年付き合って〜との返答であ然としました。お互いのトーンダウンとこちらからの誘いに忙しいと断られる事が多くなり8ヶ月目でお別れする事になり直接会って彼の気持ちを聞くと「正直迷ってる」と。ちゃんと会って別れてくれてありがとうとメールしました。2ヶ月の沈黙の後、連絡をすると連絡をもらって嬉しかったと言われ復縁と言う言葉なく復縁しました。別れの時にちゃんと会うのは礼儀だとも話してました。復縁してからは月2〜3回会うペースでした。一昨年、彼の糖尿病が発覚し(食生活の不摂生が原因?)男性機能低下も出てきました。昨年の3月に私が酔っ払った勢いで彼になんで?と理由を聞いてしまい「疲れてて〜」との返事で今から思うと彼のプライドを傷付けたのだと思います。それ以降、GW,夏休み、10月の連休も私からの誘いに忙しいと言って確実に避けられてしまいました。ちゃんと会って話をしたいとメールしましたが返事なし。12月に私が婦人科の手術をする事になり不安から彼にメールしたら「いろいろ大変と思いますが頑張って下さい」と。これが彼からの最後のメールです。私からは手術が無事に終わった事、あけおめメール、彼の誕生日メールをしましたが返信はありません。明日で彼と会わなくなって丸1年です。前回の別れの時はちゃんと会ってくれたのになぜ今回は生殺しのような事をしたのか?が知りたいです。
ちょうど初めて会ったすぐに彼が転勤になりました。仕事の事や職場の人間関係の愚痴もこぼしてました。一時期は仕事を辞めようかとも考えてたようです。昨年の4月に本人の希望もあり他の局に転勤になってます。彼の不誠実な態度に彼との未来に望みがないと思い人生設計を見直し転職を決意し運良くこの4月から正社員での転職が決まりました。(転職の勉強もせずかなりの高倍率でダメ元で受けたら受かってしまい私自身驚いてます)何かを無くすと何かを手に入れるんだと実感してます。
会わなくて1年、新しい環境に入るので全てリセットと思ってます。ただ、彼に思いやりや誠実さがあったのか?彼の最後の気持ちはどうだったんだろう?というのが心残りです。
沖川先生のご意見を伺い今後の参考にさせていただきたいと思います。長文失礼いたしました。

沖川の答え。
前回の別れの時はちゃんと会ってくれたのになぜ今回は生殺しのような事をしたのか?が知りたいです。
この質問に答えるとなると、
「男とはそういうものです。」
単純な答えですみません。

女性はその答えに納得いかないと思いますが、男性には納得できます。
男と付き合えば、「最後は納得しないで別れるものなり」これが男脳の定番だからです。

好きになるのに理由などない。嫌いになるのに理由などない。好きでも嫌いでも男は別れることができる。だから男の別れは納得できないようにできている。だから、納得しようとしてはいけない。納得しようとするからおかしくなる。納得しようとするから傷つくし、納得しようとするからモヤモヤが残り、引きずったり、恨んだりする。「男との別れは納得できないものなり」この考えをしっかりと心に刻み、マスターできれば、傷つくことはない。「そうか、男との別れは納得できないようになっている」というルールを敷けば、これ以上時間を無駄にすることはない。

男と付き合えば、「最後は納得できないで別れるものなり」。
その説明に対して、女性たちは納得できないと思います。
ここで言いたいのは、女性の視点から物事を見るのでなく、たまには男性の視点から物事を見たらどうですか、と言いたい。女性の視点で物事を見るからクドクドとおかしくなる。男性の視点で、もっとあっさりと、「別れは別れ」、「最後は納得しないで別れものなり」という考え方を導入してもいいのではないでしょうか。

さて、これからは個人の鑑定へ移行します。
彼は44歳の九紫火星。44歳の九紫火星はイチローみたいな凄い男もいるのですが、情けないほど自信のない男もいます。彼がまさしくそれ、自信のない男です。自信がないから、婚活パーティで知り合ったのに結婚を切り出せない。糖尿病の男性機能低下で自信をなくし、それを彼女に指摘されてさらに自信をなくした。また転勤による環境の変化で忙しくなり、恋愛に対してもやる気がなくなった。こういったモロモロの状況を考えると、彼は自信のない男です。

自信がないから、沈黙の音信不通にする。徹底的に、卑怯にも逃げるように音信不通にする。男は言葉より行動です。行動が止まったら、もう気持ちがないということです。

彼に思いやりや誠実さがあったのか?
最初はありました。

彼の最後の気持ちはどうだったのか?
最後の気持ちは、「好きだけど、自信がなくて、しかたなく別れた」というのが彼の気持ちです。男は好きでも別れることができる。これが私の答えです。


この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。





彼1991.5.8
私1991.12.23
私と彼は先日お別れをしました。付き合いは2年弱でした。彼は飲食業で独立したいという夢が昔からあり、仕事が一番だと付き合った当初から言っていました。

私に対してたくさん向き合ってくれていたのですが、今の彼は1年後に独立するという目標があり、結婚を先に考えて付き合っていた私達ですが、今の彼には結婚願望がなく、好きという感情はあるけども仕事に集中したいと言われ別れを切り出されてしまいました。今の自分は私の求めていることに答えてあげられないと。

私としては受け入れてあげることしかできませんでした。別れを切り出したのは思いやりもあったのだと感じたからです。ただやはり、突然のことだったので頭でわかっていても心は苦しい毎日です。お互いが好きでも別れなければ行けないのかと思ってしまうことがあるたび、彼が今何を感じてるのかと考えてしまいます。

自分も彼を越す人が現れないかぎり、前に進めない気がしています。男でもやはり元カノの中で一番と思う人がいたら行動するものなのでしょうか。


沖川の答え。
男の夢の犠牲となった女性たち。この物語は、悲しいほどいっぱいあります。「男の夢のために恋が終わる」まるで古典のような、古い演歌のような、なんとも切ないものです。このシーンの別れは、男をいい気にさせます。自分だけ哀愁で酔っていられるからです。大切な人と別れてまで、オレは仕事(独立)を選んだ。この仕事をなんとしてでも成功させなくてはいけないという闘志がわく。犠牲が大きかった分、男は燃えるのです。別れをきっかけに将来のチャレンジが始まる、だから男をいい気にさせるのです。それが男の哀愁なのかもしれません。男の演歌は好きな人と別れる詩ばかりです。「こんなに愛しているのに、別れなくてはいけない。男の夢のために別れなくてはいけない」それがかっこいいと思っている。男ってバカですね。ばかだけど、これが男の道です。

この物語に遭遇すると、私はいつもある本のことを思い出す。それは、「アルケミスト」パウロ・コエーリョ(著)です。「アルケミスト」は、情熱的な恋愛が人生の中心に置かなければならないという考えを否定する恋愛小説。

愛と自分の夢とのせめぎ合い。
男は板挟みになる。恋愛関係に人生の意味を置くことがしばしばあるが、気持ちの高まりのままに相手と結ばれることにとらわれれば、世界の残りの部分に深くかかわる人生から、自分が切り離されかねない。

情熱的な恋愛は大切だが、義務ではない。義務は自分の夢を追うことだ。夢に心身を捧げることを通じてのみ、「大いなる魂」は、孤独を打ち破り、知恵と力を与えてくれる。

夢を追求している時は、心は決して傷つかない。それは追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ。

「アルケミスト」は男が夢を追求する姿を書いてある。男の夢は恋愛より大切だと書いてある。そして女性の愛は、「男の夢を応援する」ことによって愛が証明されると書いてある。

私もそう思う。この場合の愛は、「男の夢を応援すること」それ以上でもそれ以下でもない。ただ彼の夢を遠くで応援すること。それでいい。

自分も彼を越す人が現れないかぎり、前に進めない気がしています。男でもやはり元カノの中で一番と思う人がいたら行動するものなのでしょうか。
それはあります。「自分の夢を心から応援してくれる女性ならば」

この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。



彼1947.12.1(70歳、八白土星)
私1962.8.17 (55歳、一白水星)
いつも沖川先生のブログを楽しみに拝見しています。
他の方々より年齢層が上なので恥ずかしいのですが、アドバイス頂きたくコメントさせていただきます。

彼と私は7年前にお互い伴侶を亡くしたもの同士です。お付き合いは5年になります。お互い子供もいなくて気楽に週末を過ごし時々旅行に行ったりしています。彼は自営で建築内装業をしています。朝早くからの仕事ですが夕方には帰宅して事務作業もこなしています。私は遺族年金で生計を立てて無職です。以前パートをしていたのですが、彼が養ってあげるから仕事はしなくていいと言われ辞めてしまいました。去年8月彼の言動がグレーな時期があり、思い余って問いただしましたが見事にはぐらかされました。その時に私は一緒になるつもりが無いのなら別れるつもりだったのですがあと1年仕事をしたいから待って欲しいと言われ渋々了解しました。

よく考えると先生のブログを読んでるにも拘らずドツボにはまっている気がします。5年も都合のいい女を続けてるような、仕事を辞めて一緒になると経済的に大丈夫なのかと不安が押し寄せてきます。今となっては一緒になりたい程好きなのかどうかも定かではありません。なのに別れるほど嫌いになることもなく時が過ぎて行ってます。進んで幸せになれるのでしょうか。先生の溜息が聞こえてきそうですが、是非アドバイスを頂けたら幸いです。よろしくお願いいたします。


沖川の答え。
溜息ついていませんよ(笑)
年配も若い人も、男と女の関係はみな一緒です。

さて、LIKOさんの問いに私の答えを言います。
二人とも大人です。判断は自分で出来る年齢に達しています。ですから、今後どうするかの判断はご自身でなさってください。

参考までに私の意見を申し上げます。
70歳八白土星。彼らしいですね。もともとこの星は人を待たせる性格。ホント、嫌になるほど、頑固に、徹底して人を待たせます。「あと1年仕事をしたいから待って欲しい」これが彼の本音である常套句、つまり決まり文句です。私も男なので、彼の気持ちはよくわかります。仕事人生の終盤である最後の1年。悔いを残すことなく勤めたい。この気持ちよくわかります。この気持ちは男性にはわかるが、女性にはなかなかわからないと思います。男性の気持ちで考えるのなら、「彼を信じてあと1年待つ」となりますが、女性の気持ちで考えると「1年は長すぎる、しかも何の保証もない、保証のない1年を待つことはできない」となるでしょう。

男は現実路線。
男性は将来のことはわからない。うまくいくか、うまくいかないか、成功するか失敗するか、やってみないとわからない。
女は希望路線。
女性は将来に夢と希望を与えて欲しい。ちゃんとした説明と保証があれば女性は待てる。

女性は、嘘でもいいから、将来に対して安心できる言葉が欲しいのに、男性は嘘でもいいから夢と希望を与える言葉が出てこない。男性は(やってみないとわからない)という生真面目な現実路線の説明不足人間。とくに70になれば、男はよう説明しない。

そう・・・女が安心できる言葉は男からはもらえないのです。それから先は女性がどう判断するかです。

もし、私なら。
このケースの場合、1年待ちます。年齢も年齢ですし、1年くらいどうってことありません。悩むより、この先どうなってもいいくらいの覚悟で、楽しみながら1年過ごします。もう慌てる年齢でもないですから。
/span>

この記事に関するコメントは投稿者本人のみとさせていただきます。
他の人はコメントできません。ご了承ください。


最近増えてきましたね。
よく泣く男が。

別れの際、彼が泣いた。
私の方が泣きたいのに、彼の方が先に泣いてしまって・・・私は彼をなだめるのに精一杯だった。
こんな話、よく聞きます。

最近の男子は優しくなったのでしょうね。
意気地がないというのか、弱くなったというのか、男らしさがなくなったというのか、変な言い方だけど、「とにかく優しくなった。」

この優しさは、いい悪いに関係なく、時代がそうさせているのかもしれません。今の時代は「頼れる男性が少ない」、それを物語っているかのように、世の中が変化してきたのでしょう。

ならば、女性もその変化に合わせる必要があるのかもしれません。
いま、うまくいっているカップルは、「尻に敷かれている男性」
「彼を尻に敷けばうまくいく」という考え方も取り入れた方がうまくいくのかもしれません。
もちろん全ての男性がそうではありません。「女の尻に敷かれる?」ちょっとそれは無理…というのが大半の男性の意見でしょうから。でも、自信のない男性、よく泣く男性には、このやり方はいいと思います。

尻に敷かれてうまくいっている男性の特徴は。
1、器の大きい男性。指導権は彼女や奥さんに与えている。女性にいい風に使われても気にもとめない。男のプライドより、二人の関係がこれでうまくいくのなら問題はないという器の大きな男性。
2、自信のない男性。こういった男性は指示待ち人間。彼女や奥さんを上司として見て、指示を仰ぐ。自分で決めるより、しっかりした、頼れる女性から「こうしなさい」「こうしたら」という指示をされたい。
お互いが納得して、お互いの思考がうまく噛み合えば、それでもいいのです。

今の時代は忙しい時代。
男性たちの仕事が忙しい忙しいという話はよくきく。ホントに仕事だけが忙しいのかどうか定かではないが、とにかく今の男性は忙しいらしい。そして、忙しい男性は恋愛に向かない。どうやら恋愛する時間がないみたいだ。こんなせわしい時代に、どうやって男女は一緒になれるのか?男性は恋愛をしている時間がないので、恋愛は女性が中心となって時間を作って動き、彼に指示に与え、尻に敷けばうまくいく。恋愛の仕事は女性側がまかなう。そういう発想もありかと思います。


彼は何を考えているの?シリーズを今展開していますが、これからは私の答えのみを公開して、皆さんのコメントは公開しないようにします。

応援や心温まるコメントも多々あるのですが、中には批判めいたコメントも少なからずあるみたいです。批判がためになる人もいれば、批判で傷つく人もいます。私が今回の「彼は何を考えているの?」をシリーズ化しているのは、皆さんの悩みを軽減するためです。決して傷つけるためではありません。応援なのか、批判なのか、教訓や訓示なのか、それは人によって受け取り方が違います。ためになる人もいれば傷つく人もいます。まして人は自分のこととなると過敏に神経質になるからです。教訓が批判に聞こえることもあると思います。そういった点を踏まえて、このシリーズに関する皆さんのコメントは今日から公開しないことにします。公開するのは私(沖川)の答えのみとさせて頂きます。

コメント欄は書き込む状態にしておきます。予約のキャンセルや連絡事項で必要だからです。
記事に関するコメントを書くこともできますが、コメントの承認はせず非公開とさせていただきます。




彼19901129
私19930816
出会いは友達の友達みたいな感じで、連絡先だけ最初知っていて、2.3ヶ月やりとりしてから会いました。わたしより歳上なのにいつまでも敬語で、とても真面目な人で、男の人としてというよりは人間として尊敬できる人でした。週の半分は出張に行く営業マンです。まだ27歳ですが課長を任されていました。彼を信頼しきっていて、絶対この人と結婚するだろうと思っていましたが、わたしの子供っぽい態度に、最後は価値観が違う、悩みながら付き合うのは君のためにもならない、離れようと言われました。彼は持病があり、そのせいで私に気を遣わせるのも嫌だと。会うと情が湧いてしまいそうだと言われ電話でお別れしましたが、最後彼は、まだ君を好きだから、だけど今は離れたいと言いました。わたしは待つと言いました、今離れて3ヶ月です。そのときはまだ復縁の可能性があると思っていましたが、好きだけど別れるという選択は、裏を返せば好きだけど愛せない、一緒にいたくない、致命的だと思いました。彼は周囲に、完全に別れたと言っているようですし。だけどまだ彼のSNSにはまだわたしとの写真が残っています。なぜきっぱり振ってくれないのか、とても苦しみました。何を考えているのか、、先生のブログを読んで、あれは彼の最後の優しさだったんだろうと思うようになったのですが、、


沖川の答え。

恋愛に関しては、ゆっくりな性格の男性とせっかちな女性の組み合わせ。優しいけど優柔不断な彼と白黒決着を急ぐ彼女。それは価値観が合わないですね。価値観が合わないから別れたのでしょう。

では、相性はどうでしょうか?
相性は大吉です。
大吉の相性とは、持っているものが違うから相性がいい。つまり足りないものを補う相手。欠点を長所に変えられる相手。相手の良いところを取り入れて自分の悪いところを正す。それをお互いが認め合えば、とてもいい相性となります。

彼は27歳の一白水性。
いつまでも敬語で、とても真面目な人で、人間として尊敬できる人。
mさんは24歳の七赤金星。
若くて明るく、とても楽しいが、子供っぽさは否めない。

別れの原因、
わたしの子供っぽい態度に、「最後は価値観が違う、悩みながら付き合うのは君のためにもならない、離れよう」と言われました。そして一白水星らしく、「まだ君を好きだから、だけど今は離れたい」という言葉を残す。彼らしいですね。


それに対してmさんは、
好きだけど別れるという選択は、裏を返せば好きだけど愛せない、一緒にいたくない、致命的だと思いました。これも七赤金星らしい発想です。

さてどうするか?
mさんはまだ若い。あなたの良いところは、スパっ!とあきらめて前へ進むこと。うだうだ言わず、終わったものは終わった!とけじめをつけて前へ進むこと。これがmさんにぴったりの方法です。

彼と復縁したいという女の部分で勝負したいのなら、
明るく行くこと。
二人は相性がいいと信じること。
なんてたって、相性は大吉だ。
大吉の相性とは、持っているものが違うから相性がいい。つまり足りないものを補う相手。欠点を長所に変えられる相手。相手の良いところを取り入れて自分の悪いところを正す。それをお互いが認め合えば、とてもいい相性となります。

今後のやり方は、
彼に、「私とあなたは相性がとてもいいの」と教えて、認めさせればいいのです。
復縁を目指すのなら、それを目標に頑張ってください。




この記事に関するコメントはできません。
ご了承ください。



はじめまして。Emmieと申します。
お別れした彼と、復縁したく日々悶々としております。

他の人を見る努力もしましたが、99%無理でもあとの1%にかけて、時間をかけ友達からでも一歩ずつ人間関係を築いていきたく、アドバイス頂けますと幸いです。

◾️彼について
・1985年5月27日、B型、日系人。
・研究開発エンジニア職にて米国にて日系メーカーに勤務。
・大らかで前向き。仕事には意欲的だが、その分周囲に認められないとストレスを感じる様子。
・3年程前に、長く付き合った女性に振られ、追い回したり、失恋の辛さから自傷行為した経験があり、真剣な恋愛に対して慎重なほう。結婚願望は強くない。

◾️私について
・1985年6月14日、A型、日本人
・法務職にて、日本の企業研究所に勤務
・好奇心が強く少し前のめり、一方で他者の反応にかなり過敏と自他共に認める神経質さがあり臆病でもある。
・2年程前に、長く付き合った人(こちらも遠距離、外国人)に振られ、恋愛に対して不安が1番先にくる。結婚願望は強い。

◾️これまでの経緯
①2017年3月〜6月
・マッチングアプリで出会い、2〜3日に1回のペースでメッセージのやりとり。お互いに、日本人離れしたのびのびと自由な思考をしている点で意気投合。
・交際以降現在まで彼は本アプリを使用している。

②2017年7月上旬
・私の米国出張を利用し、初対面。
・週末を共に過ごし、彼のほうから好意を積極的にアピールされる。
・私の滞在ホテルに送って貰った際に、体の関係は付き合わないと無理と拒絶したところ、彼女だよとの返答。
(半ば無理矢理な印象)
・帰国日から、彼から毎日のようにメッセージや電話が来て、愛情表現してくれるようになる(時差16時間)

②2017年8月上旬
・彼が日本出張を利用し、2回目の対面。
・2〜3日共に過ごし、色々話すなかで、お互いに過去の恋愛を引きずっており、今の関係にもそれを無意識に投影してしまうことが判明。(少し重い空気になった瞬間あり)

③2017年8月下旬
・妊娠の可能性と、私自身も米国企業にヘッドハンティングされ遠距離をやめるチャンスが巡ってきた一方で、付き合いが短いなかの急展開で不安になる。
・彼に結婚は未だ分からないがゆくゆくは遠距離はやめる方向で考えたい、妊娠していたらどうしようかと率直に相談。
・彼より、男性として自信がまだないから、すぐに遠距離はやめれないし結婚は想像できないとの返答。
・そこからしばらくは彼より毎日連絡あったが、ある日突然忙しいと連絡が止まる。
・明るく待っていると返信して1週間以上経ち、これはダメだなと思い、妊娠疑惑も含め状況を整理したいと彼に連絡。
・すぐに連絡はとれ、展開が早すぎて気持ちがついていっていない、前の彼女を忘れられないと聞き、潔く別れることにする。
・病院で妊娠していないことを確認し報告、久しぶりに2時間程たわいもなく楽しい電話ができた。
・最後に彼よりこれからもたまに電話して良い?と寂しげな声で言われたが、都合の良い人間にはなりたくなかったのもあり、良いけどもまずはこれで一区切りつけお互い幸せになろうと明るく電話を切る。

④2017年9月〜12月
・交流一切なし。

⑤2018年1月〜現在
・私より彼に元気にしてる?と連絡し、2週間ほどメッセージ交流が続く。
・穏やかなやりとりのなかで、彼より楽しかった思い出話を何度かされるが、気持ちを確かめられている気がしてそういった話題はさらりとかわし、終了。
・以降本日まで、彼からの連絡もなく、私からも連絡していない。

長文で申し訳ありません。覆水盆に返らずと思う自分もいて、なかなか彼にアプローチできていません。助けて頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。


沖川の答え。
Emmieさんの長文しっかり読ませていただきました。時系列でまとめられていて、とてもわかりやすかったです。

彼、1985年5月27日、B型、32歳(六白金星)研究開発エンジニア職。彼にふさわしい職業ですね。一点集中、妥協を許さない、コツコツ型の六白金星には研究職、エンジニア職がぴったりだからです。

Emmieさん、1985年6月14日、A型、32歳(六白金星)日本の企業研究所に勤務 。Emmieさんもふさわしい職についていますね。好奇心が強く少し前のめり、一方で他者の反応にかなり過敏と自他共に認める神経質さがあり臆病でもある。 性格もその通りだと思います。

さてこの二人ですが、私は相性が良いと思います。能力も性格も組み合わせとしては最高だと思います。遠距離だけど、出会うべきして出会ったと二人だと思います。一緒になる(結婚する)条件として、とてもふさわしい二人だと思います。

とてもふさわしい二人ですが、逆の見方をすれば、とても難しい関係となります。今の二人の状況は難しい方が強く作用しているので、関係性はとても難しくなっています。

問題は、妊娠の可能性から生じました。
「彼より、男性として自信がまだないから、すぐに遠距離はやめれないし、結婚は想像できないとの返答」。 今の若者にありがちな卑怯な考え、彼は妊娠の可能性で一気に冷めたと思います。また彼をフォローする見方をすれば、冷めた原因は彼の準備不足によるものです。彼は妥協を許さない技術系のエンジニアタイプ。このタイプは実利を優先する完璧主義者。この性格から彼の胸の内を推測すると、「彼女が妊娠???やばい、どうしょう・・・僕にはまだ準備ができていない・・・彼女をアメリカに呼んで家庭を持つほどの金銭的な余裕は僕にはない。僕にはまだまだやりたいことがたくさんある。このままじゃ僕の人生終りだ・・・。こうなったら仕方がない、彼女と縁を切るしかない」。今の若者にありがちな、準備不足の卑怯な考え。今の時代、こういった考えを持つ若者はたくさんいます。彼も例外なく。

さて、この難しい関係性をどうやってうまくいくように解決していくか?ここは思案のしどころです。どんな考えで、どんな思考を持つか?それにかかっています。この問題は双方にとって、とくに女性にとってダメージが大きく、なかなか解決の糸口が見えないものかもしれません。だが、もしこの問題がクリアになれば、二人はさらに前進できると思います。

問題解決の糸口を見出すアドバイスはできます。だが、ここで文章化するのはとても難しい。このケースはマンツーマンでアドバイスするのが一番いいからです。当事者の希望を聞きながら、当事者が納得する形でないと、なかなか解決の糸口が見えず、前に進まないからです。