ホーム > 月別アーカイブ: 2018年10月
たくさんのテーマありがとうございました。
皆さんから寄せられたコメントを私なりにまとめました。
まとめたら33のタイトルになりました。
1冊の本が書けそうですね(笑)
皆さんからのテーマ。どこまで確信に迫られるか分かりませんが、私なりのペースでぼちぼち書いていきたいと思います。私はノルマなカメなので慌てさせないでください(笑)急ぎや焦りは受付けません。ゆっくりマイペースで書いていきます。

1,タイミング。タイミングが合わなかった。タイミングの取り方。(アライグマさん)
2,復縁。(レイコさん)( ayaさん)(はなさん)(さこさん)
3,前向きになってきた時の心と、それによって起こる周りや物事の変化。(やまもとさん)
4,嫉妬、ヤキモチ。感情のコントロール。(あいさん)
5,因果応報( mayuさん)
6,男性が結婚を決める時は何らかの前兆がありますか?(さあさん)
7,音信不通の見極めができない自分。(ナイトウさん)
8,男性に、この人がいなくなるとだめだと気づかせるにはどうすればいいか。( mi さん)
9,忘れて待つってなかなか難しいですね。(ゆきえさん)
10,やはり結婚。辛い恋愛、不安などを、どう乗り越えるのか。(momo torako さん)
11,負担になるから恋愛をしたくない男への対処法( aさん)
12,核心に着く話をすると逃げたり、誤魔化したり、本心を言わない.。(かなかなさん)
13,終わらせたい。(かなかなさん)
14,恋愛でも仕事でも人生でも、どんなテーマでも。(信者さん)
15,アプリの出会いが多くなり、男の人に責任感がどんどんなくなってきている感覚があります。 (アプリさん)
16,九星気学(女性版)(らくさん)(あみさん)
17,シングルマザーの恋愛。一人でいる将来を考えると不安です。( an さん)
18,絶対積極。積極的な心構えで、思考は現実化すると信じて。( あやこ☆さん)
19, 親の犠牲にならない。親からの自立。早く結婚して家を出る。(わんさん)
20,復縁を果たした成功事例。(らぶさん)
21,九星気学の性格や傾向など新たな掘り下げた内容( eveさん)
22,潜在意識。復縁するには彼を忘れろ。難しい(まおさん)
23,見極め方(ゆうこさん)
24,頭でわかっているけど感情のコントロールが難しい。(まいごさん)
25,あきらめよう・・・そうすればうまくいく。
26,療養中。前を向きたいのに苦しい…そんなときの心の持ち方。(みぃたろさん)
27,別れの受け入れ方(みんさん)
28,仕事の成功法則を恋愛に応用する心構え(渚さん)
29,男性とはこんな思考回路を持つ、と分かれば女性も安心する。(ゴトウさん)
30,男性と上手く過ごすには、どういう心構えが必要でしょうか?(けいさん)
31,男性の浮気、二股、について(咲くくららさん)(れいさん)
32、バツ1シングルマザーの恋。男性の場合、愛の証は何を見れば良いのでしょうか?( megumiさん)
33、不倫について。男をダメにする女について。(めいさん)

本日の空き。
本日10/19(金)16時~17時30分に空きがあります。
本日の空きは、営業時間内に受付けます。
皆様の御予約お待ちしています。
予約受付電話番号 090-4023-5430



テーマを募集します。
せっかく皆さんとコミニュケーションが取れるようになりましたので、何かいいテーマがありましたら、ここにコメントください。皆さんのコメント(ご提案)お待ちしています。

テーマは何でもいいです。
仕事のこと。恋愛のこと。人間関係のこと。家族のこと。人生のこと。テーマは何でもいいです。

各項目に無数に広がる不安や心配事。
それにまつわる夢や希望。
成功させるための目標や計画。
達成させるための信念や哲学。
生きるための自分なりの法則。

ネガティブなテーマ。
困難に押しつぶされている自分。
苦しみから逃れたい自分。
助けを求めたい自分。
ネガティブから脱却したい自分。
誰にも相談できない自分。

ポジティブなテーマ。
夢に向かっている自分。
目標や計画がある自分。
目標を達成したい自分。
前向きで明るい自分。
挫折や困難を面白がっている自分。

好きな人のことで悩んでいる自分。
好きな人に振られた自分。
好きな人に逢えない、音信不通で悩んでいる自分。
復縁をするか?前に進むか?で悩んでいる自分。
好きな人がいると、新しい人に興味が沸かない、それによって幸せが遠くなっている自分。
見極めができない自分。
愛に執着している自分。
頭では解っているが、感情がついていけない自分。
などなどテーマは何でもいいです。皆様のコメントお待ちしています。

コメントに対する答えは、承認されたコメントのみお答えします。非承認のコメントにはお答えすることができません。ここは夢や悩みを共有するマスターマインドの世界だからです。コメントに対する答えは私だけでなく皆様のご意見やアドバイスもお願いします。ただし、誹謗・中傷はお断りさせていただきます。極度な誹謗や中傷がある場合は削除させていただきます。

私の答えは、すべてにまんべんなく答えることはできません。こちらでセレクトさせて頂きます。短く答えたり、長く答えたり、あるいは答えないでいくかもしれません。時間があるときはなるべく答えるようにします。

ではでは、皆様のコメントお待ちしています。



10月の予約の空き状況
10/19(金)15時~17時30分(キャンセル分)
10/23(火)15時~17時30分、18時~19時
10/24(水)11時~12時30分、15時~17時30分、18時~19時
10/26(金)11時~20時
10/27(土)11時~13時30分、15時30分~16時30分、18時~20時
10/28(日)11時~13時、15時~17時
10/30(火)11時~13時、16時30分~17時30分、18時~20時
10/31(水)11時~20時

皆様のご予約お待ちしています。

予約の受付時間は、下記にて受付けます。
毎週、火・水・金・土、8時30分~9時、17時45分~18時(朝と夕方)
日曜日、8時30分~9時(日曜は朝のみとさせていただきます)

予約受付電話番号 090-4023-5430
沖川の電話はキャッチホンになっていますので、一度繋がったら電話は切らないでください。前の方の電話が終わり次第おつなぎしますので、切らずにそのままお待ちください。



皆さんは愛されることばかりを求めていませんか?
愛されるより、愛することです。

「愛されるより、愛すること」この言葉は昔から伝えられている言葉で、よく聞きますが、この意味は何でしょう?皆さんはどのように思われますか?

「愛されるより、愛すること」って。自己犠牲?都合がいい?相手の思うつぼ?相手ばかりが得をする。愛すれば、相手は良い気分になるが調子に乗る。これでは自分ばかりが損をしている。そう思われますか?皆さんの意見をお聞かせください。

「愛されるより、愛すること」
マザーテレサなら。
愛されることより愛することを求める心をお与えください。憎しみのあるところには愛を、不当な扱いのあるところには許しを、分裂のあるところには一致を、疑惑のあるところには信仰を、誤っているところには真理を、絶望のあるところには希望を、暗闇には光を、悲しみのあるところには喜びを、慰められることを求めるよりは慰めることを、理解されるよりは理解することを、愛されることよりは愛することを。以下インターネットにて、マザーテレサの言葉を引用。

「愛されるより、愛すること」
沖川なら。
うむ・・・私の考えは、静かで遠くで見つめる心かな。
本当の愛は静かな自己犠牲だ。
愛は犠牲の上に成り立つ。
決して欲張らない。
遠慮深く控えめでいい。
愛は求めず、そのままの自然の形がいい。
ただ自分の幸せより相手の幸せを望むだけ。
自分の幸せなんかどうでもいい、相手さえ幸せならばそれでいい。
ではいつ?自分は満たされるの?
遠くで思うことで満たされる。
私の愛し方は、「男はつらいよ」の寅さん。渋くいけば高倉健。二人ともこの世を去ったが、愛に関しては控えめ、去り際が分かっている。
愛は結ばれるだけが全てでない。
結ばれないからこそ極上の愛がある。

愛は利用するものでない。
愛は与えるもの。
私はそれを信じている。
だから静かな自己犠牲の愛でいい。

求めよ!さらば与えられない。
こういう言葉もあるが。
愛に関しては控えめがいい。
愛は利用するものでない、愛は与えるもの。
それでいい。



さあ気楽に行こう。
人生は気楽でいいのだ。
みなさん頑張り過ぎ。
そして苦しみ過ぎ。
もっと気楽に行こう。
気楽にいくには、起きていることは全部自分の責任にすること。
すべてが自分の責任だと思えば気楽に生きていける。
すべてが他人のせいだと思うから気楽に生きていけない。
だから今日から、起きている事は全部自分の責任だと思うことにしよう。
仕事を選んだのも自分の責任。
恋愛相手(彼氏・彼女)を選んだのも自分の責任。
結婚相手(夫・妻)を選んだのも自分の責任。
友達を選んだのも自分の責任。
趣味・スポーツ・資格・習い事を選んだのも自分の責任。
住んでいる国や住んでいる街や住んでいる環境を選んだのも自分の責任。
それらは全部自分で選んだのだ。
だから、人のせいにすることはない。
全部自分で責任を取ればいい。
そすれば気楽に生きていける。

すべてが自分の責任だと思えばどうにかなる。
自分のことは自分で責任を取る資格を持つこと。
そうすれば他人に対しても責任が取れるようになる。
他人を愛することができ、他人に優しくなれる。

世の中は嫌なことだらけだ。
こういうことを発するのは責任の取れない連中が発する言葉だ。
責任の取れる人はなんて素晴らしい世の中だと思っている。
こんな恵まれた世の中はない。
すべてがチャンスに包まれている。
この時代に生まれて良かった。
やる気さえあれば何でも手に入る。
こんな素晴らしい世の中はない。
これが責任の取れる人の言葉だ。

何に頑張っているの?
仕事で頑張っているの?
恋愛で頑張っているの?
その頑張りには価値があるの?
価値があるのなら頑張りなさい。
価値がなければ時間の無駄です。

仕事が苦痛なら辞めなさい。
恋愛が苦痛なら辞めなさい。
苦痛でも満足すれば続けなさい。
苦痛ばかりで不満足なら辞めなさい。
辞めた先に新しい門出が待っている。
辞めるときは後悔思考でなく未来思考でいくこと。
そうすれば未来は拓ける。
必ず拓ける。
なぜ拓けるか?それは苦痛の時に頑張ったからだ。
ダテに苦しんだのではない。未来を切り開くために苦しんだのだ。
未来を切り開くための苦難、苦境、悲観、災難、いい勉強をした。
これからはこれを肥やしにして、さらなる飛躍を遂げよう。



シリーズ化すると、気合いは入るが疲れることもある。ずっと続きを書かなくてはいけないというプレッシャーはしんどいものだ。誰のためにやっている?それはお客様のため。というか自分のためでもある。自分の実力を試し、それをお客様に評価してもらう。このやりとりが好きでシリーズ化にしている。だから、しんどいけど面白い。病みつきになってしまう(笑)

皆さんいかがでしたか?
少しは参考になりましたでしょうか?

ここで述べた「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」の九星の特徴はほんの一部です。私の頭の中にはその数千倍もの知識が眠っています。私が持っている潜在意識の引き出しからほんの少し述べただけに過ぎません。九星は奥が深いですから。

九星は相手の性格と特徴を知るのは最強の占い哲学です。私はそう信じています。九星を使えば、西洋人も東洋人も同じ働きをする。相手の性格が手に取るように解る。長年の研究で、それを感じ取っています。

ただ九星は、相手の性格や特徴が解るだけのもので、未来を占うことはできません。未来を占うのは手相で行っています。私の手相学は未来の目標に使っています。相手の特徴を知るのは九星、未来を占うのは手相。この2枚看板で私はこの仕事をしています。

私の占いは、占術以外に複数の看板があります。
どちらかというより占術よりそちらの方を重要視しています。
それは、人生経験によるカウンセリングです。
私の仕事は、相談者の抱いている感情について話し相手になり、理解を促し、理解を助けることにあります。批判や断定をしないで感情の問題解決に手を貸してやることにあります。皆さんの問題解決に手を貸す。これが私の仕事です。九星を駆使して、手相を駆使して、そして人生経験を駆使して、皆様の悩みにお答えしています。




「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」は九紫火星のためにある。そう言い切っていいほど、九紫火星の特徴はそうなりやすい。これをこのまま飲み込めば、苦しい相手だが、考え方によっては試練に耐え心が強くなる相手でもある。対策は試練に耐え心が強くなる相手と置き換えて戦えばいい。

どうやって戦うの?
まずあなたが知識武装をしなくてはならない。
どんな知識武装?
それは、起業家精神です。
え?え?え?起業家精神???。
とあなたは?マークに陥るかもしれません。
そう、彼と戦うには起業家精神の強い心が必要だということです。
女は恋愛が命でしょ。ならば恋が女の事業です。事業なら命がけの起業家精神を持つことです。事業で成功したのは無一文から成功した人がほとんどです。裕福な家庭で生まれた子が成功することもありますが数は微々たるものです。恵まれた家庭より裸一貫で苦境を乗り越えて成功した、無一文で困難を乗り越えて成功した、これが世の成功者のほとんどです。その起業家精神が彼を落とすためには必要だということです。この精神を学びましょう。彼は恋愛の申し子、女を狂わす天才。この相手に勝つためには、この相手に認められるためには、起業家精神の心を持つことです。そのためにビジネス書の自己啓発書をたくさん読むことです。ここに起業家精神の知識武装がたくさん含まれているからです。こういう良いことを学んだら、早速実行しましょう。実行しなければあなたの寿命は縮まるだけです。恋の寿命をね。女の寿命をね。

最後にとんでもない男が現れましたね。
そうシリーズの最終章なので、最強の男を持ってきました(笑)
私はかねがね思う。恋は女の仕事だと。結婚も女の仕事だと。甘いロマンも必要だが、甘い蜜ばかりでは頭がおかしくなってしまう。頼るのも大切だが依存ばかりでは女が廃る。酸いも甘いも乗り越え、この事業を成功するべし。これが女の事業。だから、事業を成功させるために最強の男を用意した、女に最強の試練を与える九紫火星を持ってきた。彼の情熱に対抗するためにはあなたも情熱家にならなければならない。

彼の恋の特徴を述べよう。彼は火の性質。だからとても熱い。この情熱は100%の愛を求めるためにある。自分も100%愛し、彼女にも100%の愛を求める。1%でも愛が曇ると彼は途端にやる気がなくなる。やる気がなくなったら一気に冷める。冷めたら次の女へ100%の愛を求める。この100%の愛が彼の問題点。この性格が女を試練に落とす。

試練に落とされたとき、起業家精神の強い心が役に立つ。この心を持つ人間はどんな試練にも耐えられる。耐えるというより試練を逆に楽しんでいる。試練を楽しみ、逆境をチャンスに変えられるとワクワクしている。よくもまあ次から次へと悪いことが起きるものだ、よくもまあ次から次へと不幸が舞い込んでくるものだ、面白い♪逆に面白いと試練を楽しみに変えてしまう。

試練を楽しみに変えられる女になれば、彼はその女を尊敬する。この女なしでは自分は生きていけないと深く感じるようになる。彼は女性に試練を与える。これでもかこれでもかという苦難と逆境を与えて女性たちをテストする。95%の女性はそれで参ってしまうが、起業家精神の強い心を持った女性は参らない。平然としている。至って平然としている。そしてただ優しいだけの女性ではない。彼の至らないところはちゃんと注意する。彼は言いたいことをいう性格なので、起業家精神の持った女性も彼に負けじと言いたいことをいう。この言い方は感情的なヒステリックな言い方ではなく、起業家精神の信念を持った言い方。彼は信念を持った言葉に弱い。愛に飢えたロマンスだけの女の訴えには耳を貸さないが、信念を持った女の言葉には耳を貸す。そして従う。従えば、彼はその女性を一生手放さない。なぜならこの女性なしでは生きていけないからだ。彼をここまで持ってきて、女の事業は完成する。はちゃめちゃな男だが、納得すれば彼はそれに従う。まるでヤンキーなアメリカ人のように。そして、オレはこの女を愛している。オレも愛されていると認める。



九紫火星。2000、1991、1982、1973、1964、1955年。いつものように節分を境に判断してください。

いよいよこのシリーズの最後の九紫火星ですね。「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」は九紫火星のためにあるのかもしれません。九紫火星が一番そういうことをするからです。熱しやすく冷めやすい性格が、「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」となるのです。このシリーズは、九紫火星そのものといっていいでしょう。

九紫火星の特徴。性質は火。火は情熱。燃える心の熱いハートを持っている。このハートがとても情熱的なので、九紫火星は「恋愛の申し子」とも呼ばれている。彼の術中にはまれば、どの女性も恋に落ちる。一度でも九紫火星と恋に落ちた女性は病みつきとなり、二度とこの男を手放したくないと思ってしまう。なぜなら九紫火星は女性が求める欲求の全部を持っているからだ。ロマンスはNO1だし、SEXもNO1だし、母性愛もNO1。「女に持てたかったら九紫火星に生まれろ」と言われるくらいの恋の天才である。だがこの天才はとげが多い。女に持てる天才は女を振る舞わすNO1でもあるからだ。そして女に持てる天才は子供じみた行動をとるNO1でもある。そしてさらに女に持てる天才は一番の浮気男でもある。最高のロマンスと最高の母性愛と最悪な裏切りと最悪な振回し、この恋の申し子は女に試練を与えるためにこの世に存在しているのかもしれない。

九紫火星の凄いことばかり書いたが、九紫火星は女にだらしない面ばかりではない。この情熱を仕事に向ければ仕事の天才となる。この天才ぶりも群を抜いている。彼の情熱とストイックな性格が仕事に発揮できれば、彼はこの世界でトップになり最高の成績を収めることができる。この天才の代表がメジャーリーグのイチローである。彼は1973年生まれの九紫火星。誰もが認める天才である。

この情熱を仕事に向けるか女に向けるかで、評価が大きく違ってくる。仕事に向ければ賞賛され、女に向ければ評価はガタ落ちとなる。仕事は天才、女にはだらしない九紫火星も多く、
九紫火星の人生は波乱が多い。それを彼は望んでいるのかもしれない。だって波乱が多い方が人生は楽しいから、と思っているのかもしれない。真面目な九紫火星もいることはいる。それは心に燃えたぎるような情熱を持ち、ストイックな性格が感情を殺して理性を保っているからだ。自分のいけないところ(女にだらしないところ)を殺せる九紫火星もいる。そんな九紫火星なら安心して幸せな家庭が築ける。だが、私のところに相談に訪れる九紫火星は波瀾万丈が多い。笑ってしまうほど、(よくもまあ、女をここまで振回すねと感心するほど)波瀾万丈な九紫火星の相談は多い。

彼が「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」となるのは、その性格から来ている。つまり彼の火が消えたからだ。情熱が静まれば、当然そうなる。熱しやすく冷めやすい性格はいつもそうやって女性を振回す。あなたは振回す天才に引っかかっただけ。ここで苦しめば対策が見えず、苦しまなければ対策が見えてくる。

対策は次回に述べる。


まず彼の仕事を理解すること。
彼は代表的な仕事人間。「仕事が命」な男。
仕事が命という部分を女性たちはもっと真剣に勉強する必要がある。
私は何年もかけて「男は仕事が命だ」というのをブログで書いてきた。残念ながら10年以上経っても、未だに女性たちには理解されていない。これが残念で悔しい。現実は、いつも同じパターンで別れている。別れの原因のNO1は男の仕事の忙しさ。男の仕事が命だということを理解できれば別れなくて済んだ恋愛は山ほどある。それが残念でたまらない。この山を無くすために私は10年以上努力してきた。でも、現実は変わらない。相変わらず別れの原因は「男の仕事の忙しときに、待ちきれない女性の自爆」で終わっている。それは仕方ないか、男と女は脳の造りが違うから。人類が誕生して以来、男と女の違いは何百万年も繰り返されてきた。70億人の1の一介の占い師が吠えたところで事態は何も変わらない。それは仕方ない。だが、砂漠の一粒の砂である私にも貢献できることがある。それは少しでも多くの人を助けること。ここに私の使命がある。

能書きはこのくらいにして。また何でこんなことを書いたかというと。仕事が命である八白土星の特徴を理解してほしいから。
対策はここにある。
彼の仕事を理解する。
彼を信用する。
彼の味方になる。

彼は仕事が忙しいと、冷たい男になる。
彼は仕事が忙しいと、彼女を放置する。
彼は仕事が忙しいと、音信不通にする。
彼は仕事が忙しいと、恋愛の約束はしない。
彼は仕事が忙しいと、彼女がいくら連絡してもスルーする。

仕事が忙しい八白土星はこんなタイプ。
女性からみれば、とてもやり切れないタイプ。
仕事が忙しくても彼女(奥さん)を大切にする八白土星もいることはいるが、その数はわずか(微々たるもの)、ほとんどが彼の仕事の忙しさで女性たちが参っている。恋愛が出来ない彼に降参するしかない。だって何をやっても通じないんだもの。悩み苦しんでいる自分がバカをみるだけ。

そんな八白土星に対して、女性たちはどうあるべきか。
それは、女性が自立すること。
仕事が忙しい彼に恋愛で頼ってもダメ。彼は恋愛を無視するので、頼るからおかしくなる。だから、頼らないこと。彼との恋愛は彼が仕事で忙しい期間はないと決めて自立しよう。これはどの女性にも言えることだが、男が仕事で忙しいときは、自立すること。「恋愛が命」な女性には難しいかもしれませんが、難しいことにチャレンジして恋愛はうまくいく。この逆転の発想を身につければ、ほとんどの男性とはうまくいく。

やり方はこうだ。
彼が仕事で忙しいときは放っておこう。
何もせず、ただ放っておこう。
連絡などしなくていい、ただ放っておこう。
会いたいという希望を持つことなく、ただ放っておこう。
彼に将来を期待することなく、ただ放っとこう。
これって冷たい女ではない?
そう最高の冷たい女性を目指すのじゃ。
このくらいやらないと八白土星は帰って来ない。
やるなら徹底的にやること。
そうすれば半年後、もしくは1年後に彼は帰ってくる。
自立したあなたの元へ。



本日の空き。
本日10/12(金)17時~17時30分、19時30分~20時に空きがあります。
本日の空きは、営業時間内に受付けます。
皆様の御予約お待ちしています。
予約受付電話番号 090-4023-5430




八白土星。2001、1992、1983、1974、1965、1956年。いつものように節分を境に判断してください。
八白土星は八の土というくらい、八方に広がる体積を持つ土。つまり山。八白土星の男性は山を征服するような、向上心、野心、支配力の強い性格。この強い性格でお山の大将とも呼ばれている。土の性質は、二黒土星、五黄土星、八白土星とあるが、八白土星は、その中でNO1の頑固者。この頑固さは鉄の意志と言われている。彼が決めたことは撤回しない。彼が別れを決めたら何が何でも別れる。別れを阻止することはできない。そして復縁は無理。八白土星と別れたら復縁は不可能とあきらめた方がいいのかもしれない。彼の意志はそんじょそこらの男の意志とは違う。決めたら徹底的にやるのであきらめた方がいい。八の土の性質は女性にも持っている。八白女子は、頑固な粘り強さNO1で、あきらめないNO1。つまり執着もNO1となる。この執着ともいう粘り強さ。この頑固さ。これを仕事や家庭運営に回せば、相当な力を発揮する。家庭は安定を保ち、仕事は成功する。この頑固な粘り強さが功を奏することもある。つまり目標にはぴったりなのである。

八白土星の「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」となるのは、概ね、(ほとんどといっていい)原因は、彼の仕事の忙しさにある。原因は仕事にあると決めつけていい。それ以外の考えを持つと話は複雑になる。

女性はそれ以外の考えを持つ、だからややこしくなる。彼が冷たくなったのは私のせい。私が感情的になって彼を責めたから。あのときの喧嘩で彼を怒らせてしまったから。彼が他の女の子と連絡をとっていたから。私が嫉妬したから。彼がここまで冷たいのは私に飽きたから。私に対する愛情がなくなったから。私に冷めたの?もう私のこと好きでないの?それとも他に好きな女ができたの?

えーいしゃらくせぃ。

だから女は面倒臭い。
と、彼は言っている。

なぜオレのことを信用できない。
オレが仕事で忙しいのが分からないのか。
オレが求めている女は大和撫子だ。大和撫子は男の仕事を理解している。
君はもっとオレの仕事を理解しろ。言いたいのはそれだけだ。

八白土星の「過去のあの人は素晴らしかった、だが今のあの人は冷たい」になる原因は、95%仕事の忙しさ。彼は山である。山の性質は頂上に向かう。野心と向上心で頂上に向かう。目標はてっぺんを取ること。そしててっぺんを支配すること。この性質が基本にある。だから彼はNO1の仕事人間。九星の中でもNO1の仕事人間。これを理解しないと八白土星とは付き合えない。ただ彼の性格は、明るく前向きで楽しくてっぺんを目指すタイプではない。土の持つ慎重で暗い性格で、人を寄せ付けない人を信用しない性格でてっぺんを目指す。人を疑い、人をこけにし、オレがオレがという強い自分勝手な性格で頂上を目指す。野心の強い男は人を踏み台にして出世する。経営者になればワンマンタイプの社長が多い。明るくみんなを引っ張っていくタイプではなく。上からの圧力をかけてワンマンに人を使う、これが山の性質、八白土星の特徴である。ただ、良いところもある。それは身内を大切にすること。親孝行で家族思い。彼と結婚して子供が出来れば、彼は家庭を何よりも大切にする。外ではワンマンに社会と戦うが、家では子煩悩な教育熱心なパパとなる。

こんな八白土星の対策は、
次回に続く。