ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 本物の縁のある相手は、失いたくないから来る
本物の縁のある相手は、失いたくないから来る

「失ってもいい」どっちに転んでもいいという覚悟ができた彼女は強い。モテているからなおさら強い。彼の曖昧な態度に振り回されない、彼の勝手な都合にも乗らない。ルールズよりさらに冷たい女を演じてみた。

そうするとどうだろう・・・今度は彼が精神的に病んできた。

最初は男が持つ亭主関白よろしく強気に出てきたが、だんだんとその陰が落ちてきた。そういう状態のときの男性は大体二つに分かれる。ひとつは「もういいや」と諦める男性、もうひとつは彼女を失いたくないという男性だ。

彼女を失いたくない・・・こういう男性が縁のある相手である。

彼は根性のある縁の持ち主だった。

彼女の心を取り戻そうと必死にアプローチしてきた。

やっと彼も彼女と結婚する候補の一人になった。
そして、もう一人の候補はBさんである。


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する