ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > タイミング
タイミング

男女間ではタイミングが大事である。

タイミングが良いと結ばれる。
タイミングが悪いと結ばれない。

ただそれだけかもしれない。

タイミングが良いときは、何もかもうまくいく。
タイミングが悪いときは何かもうまくいかない。

(良いタイミング)
こちらが求めているとき、向こうも求めている。
メールしたいとき、向こうもメールをくれる。
声が聞きたいと思ったとき、向こうから電話がくる。
会いたいと思ったとき、どんなに忙しくても会える時間はつくれる。

(悪いタイミング)
こちらが求めているのに、向こうは求めていない。
メールをしても返事がない。
声を聞きたいと思っても電話はこない、こちらから電話をしても留守、折り返しもかかってこない。
会いたいと思っても、忙しくて無理だという。

タイミング。

男と女は良いときと悪いときのタイミングがある。

そのタイミングの流れを冷静に判断したらどうだろう。

彼からメールが来ない、電話にも出ない、会えない。という流れはタイミングが悪いのである。「タイミングが悪い」と頭に言い聞かせましょう。「タイミングが悪い」それ以外のことを考えるのを辞めにしたら、うまくいくかもしれない。

「ああ・・・今は彼とタイミングが悪いのだわ。タイミングが悪いときは何もしないこと、時間が経てばタイミングはきっと良くなる」そう解釈しよう。

ただ単にタイミングが悪いのを、他の方法で考えないことである。

他の方法とは、感情からくる不安と心配である。

タイミングが悪いのを「彼は私を嫌っている」と感情変換しないことである。
タイミングが悪いのを「新しい女ができたのでは」と誤解変換しないことである。

「ああ、タイミングが悪いんだ」だけで片付けよう。

そうすれば心も平穏無事である。

心が平穏無事であれば、またタイミングは良くなってくる。

関連記事

コメント

仕事に忙しく、別れた彼が、別れる時にまさに「タイミングが・・」と言っていました。
彼は「他に好きな人を作る気もなく、私のことが今でも好きだ」と言っていました。
ただ、「いまは彼女にはいらない。」と
別れる前、仕事(多忙と転職)でストレスを抱えた彼が、私に冷たく当たってきて、そんな自分が嫌だとも、責めていて「こんな弱い自分でゴメン」と言っていました。 その後、私も彼のために「別れたほうがいいんじゃない?」と提案しました。
先生の文章を見ていると、何も心配する必要はなかったのかと後悔しています。
別れた後、仕事で多忙な彼は、ほとんどメールも返信なし(本当に重要な事だけ帰ってきます)。着信もボイスレコードも無視されます。
私は、彼は必死に頑張っているのだと、自分も負けずにがんばっています。
でも、たまに不安になります。このまま好きでいても、報われないんじゃないか。
こんな状況でも、信じて待つべきでしょうか?半年でも?

仕事に忙しく、別れた彼が、別れる時にまさに「タイミングが・・」と言っていました。
彼は「他に好きな人を作る気もなく、私のことが今でも好きだ」と言っていました。
ただ、「いまは彼女にはいらない。」と
別れる前、仕事(多忙と転職)でストレスを抱えた彼が、私に冷たく当たってきて、そんな自分が嫌だとも、責めていて「こんな弱い自分でゴメン」と言っていました。 その後、私も彼のために「別れたほうがいいんじゃない?」と提案しました。
先生の文章を見ていると、何も心配する必要はなかったのかと後悔しています。
別れた後もうすぐ1ヶ月がたちますが、仕事で多忙な彼は、ほとんどメールも返信なし(本当に重要な事だけ帰ってきます)。着信も「げんき?」というボイスレコードも無視されます。
私は、彼は必死に頑張っているのだと、自分も負けずにがんばっています。
でも、たまに不安になります。このまま好きでいても、報われないんじゃないか。
こんな状況でも、信じて待つべきでしょうか?半年でも?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する