ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 2回目の結婚式
結婚前夜、彼は夢にうなされた。。。

忘れていた悪夢がまた再現するのかと思った・・・
もうとっくに忘れてたはずなのに・・・昨夜の夢は・・花嫁は彼女で、今度は親・親族、来賓たちが大勢集まる目の前で、また彼女がさらわれるという悪夢にうなされた。

『僕は結婚式のトラウマになっていた』。

夢とは反対に、結婚式は華やかに祝福のもとに行われた。

今度は、双方の両親、兄弟・親族。高校、大学時代の親友、会社の上司や同僚。妻の親族や親友。総勢100人の人たちが、僕たちの結婚を祝福してくれた。

感動的なエピソード。
それは、妻の祖父からのスピーチだった。
祖父は末期ガンで、無理を押して孫の結婚式に出席した。余命わずかな命のスピーチは場内がシーンと静まって魂のこもるスピーチだった。
『○○ちゃん、結婚おめでとう。』祖父は、子供のころのエピソードや孫に対する愛を声がとぎれとぎれに語った。妻はおじいちゃん子でおじいちゃんに大事に育てられ、愛されたという感動が伝わってきた。そして最後に感極まって泣く。妻も一緒に大粒の涙を流してなく。そして僕も泣いた・・・。

僕はそのとき決心した。
『もう彼女のことは完全に忘れよう、このおじいちゃんのために妻を大事にしようと』

結婚式には、ひとそれぞれの想いを持ちながら出席している。私を愛で育てた両親、そして妻の両親。それにまつわる親戚、家族。親友や会社の同僚。100人がひとつの想いで僕たちの結婚を祝福している。

僕が彼女に今だに、未練をもったら、『僕は100人の敵を作ることになる』

妻初め、命がけでスピーチしたおじいちゃんを裏切ることはできない・・・・

僕はその日を境に、彼女との悪夢を断ち切った。
そして、彼女が可哀相に思えた。

彼女は、100人の敵をつくり・・・今苦しんでいるのだと・・・・

続く。




関連記事

コメント

沖川さん おはようございます。
浴衣に花火、楽しみました☆翌日は久々の2人揃ってのお休みでしたので、海に泳ぎに行ってきました(^^)瀬戸内海は穏やかで良いですよ。沖川さんも一度訪れてみては?(^-^)
・・・どうか、どうか、奥さんを裏切る様な決断をしませんように!!!と、祈りながら、続きを読ませて頂きます!!!!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する