ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > (メール恋愛について) 女のメール、男のメールは違う
●メールでの恋愛

現代の恋愛は「メール恋愛」である
今の時代はメール恋愛である。ケイタイ電話による恋愛が主流である。恋人たちにとってケイタイ電話は生命維持装置である。おそらくケイタイ電話のない世界では生きていけないだろう。

ポケベルの時代、少女たちは、学校の売店の片隅にある公衆電話に行列をつくった。電話をするわけではなく、もの凄い速さでピコピコと数字を発信する。(32=「好き」)である。数字を文章にする時代が数年続き、やがてポケベルからケイタイの「メール」へと連絡ツールが進化していく。

メールは好きなとき、どんな時間でも送信することができる。電話だと相手が仕事などで
忙しい場合は出ることができないが、メールは後から読んで返せばいいので、気軽に送ることができる。その気軽さが、さまざまな恋愛模様をつくりだしている。

●メールで始まり・・・メールで終わる

メールは一度も会ったことのない相手と「恋」ができる。ネットの世界がそうである。今はネットで恋人を探す時代でもある。私のところへ来る相談者の2割は、ネットで知り合った恋人との相談である。お話を聞くと、まだ相手と会ったことがないという人も結構いる。会ったこともないのにもうすでに「恋」をしている、メールのやりとりで「好き」になってしまったのである。
そして、メールで終る恋・・・恋の終わりは会って話し合うべきだと思うのだが、今はそんな面倒なことはしないでメールですましている。「君のことが好きなのかわからなくなった」 「疲れた一人になりたい」と、 ・・・気軽に簡単にメールで恋を終らせている。 





●女のメール、男のメールは違う

女性のメールはコミュニュケーションツール、男性のメールは連絡ツール。

女性はメールを会話だと思い、男性は手紙だと思う。

女性のメールは愛をたすためで、男性は用をたすもの。

女性はメールの作成に時間を惜しまない、男性は時間の無駄だと考えている。

女性は電話よりメール、男性はメールより電話、タイムイズマネー精神から言ったらメールは電話の10倍、時間と手間がかかる。

女性は必要がないときもメールをし、男性は必要がないときはメールしない。

女性はメールでの返事を待つことができるが、男性は後回しにして忘れてしまう。

女性はメールで気持ちを訴え、男性は無言で気持ちを訴える。

女性はメールという言葉で愛を表現し、男性は行動によって愛を表現する。

関連記事

コメント

私は電話よりメールの方が簡単だと思っていましたがそうでもないんですか?慣れてしまえば電話の方が楽ですが、相手がどういう状況かわからないのに電話するのは気がひけてしまって。
仕事では電話の方が楽ですよね。

先生の話拝見させてもらいました。
前に相談したときにも同じこといっておられましたね。
先生は『男性は用事とかでメールをする』と言っておられましたが、自分が分からないことを聞きたいとき(例えば、パソコンのこの機能ってどうするんだっけ?みたいな内容)そのようなメールを送っても大丈夫なんでしょうか?
相手にしたら用事でも何でも無いことなんでどうなのかなぁっと疑問に思ったので…。
コメントからの質問をしてしまい…すみません。

ここではいつも、メールをするのはめんどいと思う男性ばかりが登場しますが、私の周囲ではむしろ男性のほうがメールを楽しんでいます。
(確かに返事が来ないといって悩んでいる女友達も多いですが…)
浮気まではいかない人も多いですが、彼女や奥さんがいても、
女の子とのメールを頻繁にしている男性は多いです。
仕事に熱心な男性でも、そういう方は多くいます。
昨今の出会い系サイトなども、結局、男性が支えている市場だと思いますし…
めんどいと言って往信しないのは、
安心している本命や、冷めかけの場合に対してだけ、のような気がします…
メールのお陰で、浮気願望が実行に至りやすくなっているのも本当だと思いますし、先生はその辺、どうお考えでしょうか??

旅行先から彼がその地域に詳しかったのでどうしても教えて欲しいことがあり、質問メールをしましたが、返事はなかったです。帰ってからのただいまメールにも反応してもらえませんでした。
これって、彼には興味も用事もないから返事がなかったんですよね?
そんなことや他のこともあり、彼に大切に思われてない気分が膨らみ、今は少し離れて一人になりたい気分になりました。会いたい気持ちもあるけど、連絡するまでの気分にはならない状態です。
ご縁があれば、彼からまた連絡が来ると信じてます。

先生、こんばんは(*^_^*)現代の恋愛において、メールは必需品となっていますよね。でも、便利になった反面、それによって「不安・悲しみ・疑い」の本来ならば持たなくても良い感情が生まれてしまっているのも事実です。そして、それがないと繋がりが無い様に感じてしまうことも悲しいことですね。現実問題として、とても難しい問題だと思います。
今日の先生の記事を拝見し、単純な答えになってしまうかもしれませんが、私の心の中に、一つの考えが浮かびました。
「愛している」とメールで何十回・何百回言ってくれても、会えない状況と、一度会った時に、顔を見てちゃんとした言葉で「愛している」と言って貰える状況があったとしたら、どちらが嬉しいのか?そして、どちらに誠意のある言葉・気持ちを感じるか?
私の個人的な気持ちは、後者でした。後者の方が、何倍も何十倍も愛情を感じることができる。そう思いました。極端な例になってしまうかもしれませんが、男脳・女脳はあり、それぞれ別のものですが、共通する部分もあると思うのです。
それを生かし、メールにおいても、普段のコミュニケーションにおいても、相交わる部分を見つけていき、破錠のない恋愛法を見つけていけたら素敵だなぁと感じました。
メールで相手の気持ちを計ってはいけない。メールが愛情だと思わない。そう考えると、相手への思いやりも、自分の心の健康も保っていけるのではないか?と思います。

沖川先生
はじめまして。
現在のブログまさしく今の私にうってつけです。
しっかり自分を見直して彼に戻ってきてもらえるように
自由にがんばります。
本も楽しみにしてます☆
いつか伺える日が来るかもです。

男性って 長い文章を小さい窓で読むのが苦手みたいですね。
そういうのを男友達に聞いて以来、
彼にはごく簡単なメールでのやり取りをするようにしてたら
ささいなことでもメールをくれるようになってました。
簡単なメールってどのくらい?ってことですがほとんど電報レベルです。
相手からのメールにも「了解しました」の一言で。
そっけないくらいで 丁度いいみたい。

私の彼は、電話は苦手と言い、メールしかしません。。
「用件」ではなく、完全に「会話」なんです。。
逆に私がイライラするほど、急用の時もメール・・・;
これって、おかしいですか??
彼みたいな男の人って、いるのでしょうか・・?

パソコンのこの機能ってどうするんだっけ?みたいな内容は男性に精通するりっぱな用事となります。
私の周囲ではむしろ男性のほうがメールを楽しんでいます。確かに最近の若い男性はメールを多用していますね、言えるのは電話は料金が発生し、メールはただということもあると思います。遊び心ではメールを多発しても、彼女との感情に葛藤がでてくると男はリラックスした遊びのメールより、緊張した義務感が生じメールを返さなくなるのではないでしょうか。相談では彼がメールをよこさないということの方が多いのです。楽しければメンドーでなくなり、義務感になるとメンドーになるのが男かもしれません。
私の彼は、電話は苦手と言い、メールしかしません。そういう男性もいるでしょう。それぞれの性格にあった恋をしてください。
男性って 長い文章を小さい窓で読むのが苦手みたいですね。「小さい窓で読むのが苦手」いい言葉ですね、今度使わせていただきます。
メールに関するみなさんの率直な意見お待ちしております。

こんにちは。
私は男性は、付き合いたての熱い時とアプローチ中のメールは かなりマメだと感じます。
でも、ある程度 関係が確立されてきたり落ち着いてきたりすると、彼女とのメールより 趣味や仕事優先。
女性側が苦しむのは 最初の頃とのギャップなんですよね。
初めから そんなマメじゃなかったら、別にこんなに苦しい思いして“メール‥メール‥”って思わなかったような気がします。
自分でも なんでこんなに“メール”に拘るのかわからないくらい 拘ってしまう自分になってきてました。
メールがある=愛されてる、メールがない=愛されていない。みたいに。
メールって 恋愛において 初めはすごく必要だけど、恋愛がはじまったら 必要としちゃいけないものなんですかね。

いつも『恋愛日記』を拝見し、勉強させて頂いてます。
初めてコメントさせて頂きます小娘です。
男性のメールは、連絡手段(特別な感情は込めていない)ということ、すごく納得しました。
数ヶ月前、付き合っていた彼に私は振られてしまったのですが、携帯の連絡についての言い合いで、沖川先生のおっしゃることを同じように言っていました。
今回の日記を読み、冷静になった今、本当に携帯電話の価値が、男女で食い違っていることが分かりました。
喧嘩になった時に、彼は、私が連絡が欲しいと言うと、『明治時代の人は、携帯がなくてもちゃんと恋愛できてたんだよ!!』と言っていました。
後から考えると、少し笑ってしまう比喩ですが、本当にそうだと思います。
このような男女の価値観の違いがわかるだけでも、次からはどうしたらいいか、対応ができるので、価値観の違う点について、もっとお話しが聞きたくなりました。
いつもありがとうございます。
失礼します。

学生のときには、メールや携帯で好きな人とお話して楽しんでいることが多かったですが、
社会人になってからは、メールや携帯は仕事のツールに変わりました。
なので、会って直接話しをしたいと思います。
大人になって会話以外から感じ取ることが多くなったということなんでしょう。

はじめまして。ちえと言います。
メールのやりとり…。これは良し悪しがあると思います。 私はいまだに三十路独身だけど、基本的にメールは苦手です。なんというか、小さな画面上の活字で人と人の気持ちがはっきり伝わるのか、いささか疑問に感じます。
同じ世代の人間からは、古い! ってよく言われますけど、私は手書きの手紙がいちばん人に気持ちを伝えられる、唯一の伝達手段だと考えます。
うまくない文字であっても、一字一句真心こめて手紙をつづることの意味…。普段から大切にしている私の生き方の一つです。
メールで始まって、メールで終わる…。なんだかさみしいですね。心なしか、そう思いました。 少し長くなりましが、コメントさせていただきます。
ちえ。

確かに、
恋の始まりは
メールだった気がします。
懐かしいな、しみじみ。
今はお互い用件のみが多いですね。
私もお手紙書くの好きです。
久しぶりに
感謝の気持ちを込めて
彼にお手紙書いてみようかな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する