ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > それぞれの幸せ
それぞれの幸せ

たくさんのコメントありがとうございました。

Aさんの考え、Bさんの考え。これは実際、川越占い館のお客さんから聞いた話をブログに載せました。

「好きな相手との恋は疲れる」・・・とつぶやいたAさん。いろいろあったのでしょう。

「やはり好きな人でないと」・・・パワフルなBさん。

私はどちらかというと、年齢的にもAさん派になりますかね。異性への「好きだの、愛しているの」はもう卒業したせいでしょうか。

人間はみな同じ、目があって鼻があって口があって手がって足があって、ほら同じでしょう。もとは同じ生物、植物や他の動物ではない。後は形や大きさの好みの問題。好みにこだわっているだけ。

心だって同じ。生まれたときの心は皆純粋にこの世に生まれている。後は生まれた環境や親の躾、友達や仲間の影響を受け性格が出来上がってくる。大人になれば職種によって性格も違ってくる。長い環境の時間に身を置けば、人はその環境の性格が刷り込まれる。遺伝子から引き継がれた性格さえも、環境によって変わってくる、たとえ極悪人の子供でも、良い環境で育てれば良い人間になる。人は人と環境によって性格は作られてくる。


姿かたち、心だ性格なのだというより私は人間そのものを尊重したい。「あなたがこの世に生きていることが奇跡なのである」その尊厳ある人間としての人生を是非、有意義にまっとうしてほしい。

人との付き合いは「好きだの愛しているよりも、信頼である」好きだからこそ信頼する。愛しているからこそ信頼する。信頼は相手に対する最大の尊敬である。

好きだからこそ疑うというような昨今の恋愛では信頼関係はできないだろう。疑うような相手、疑心暗鬼を抱く相手を「好き・好き」と連発しないことである。それは本物の好きではない、あなたのプライドや意地が好きと決め付けているだけである。

Aさんも若い頃の20代は、疲れる好きを追い求めてきた。イケメンでエリートで、朝9時~深夜まで働く男。土日も出勤し休みのない男。たまにできた時間は自分の遊びや趣味にあてる男。常に数人の女性がいる男。俗にかっこいいと言われている男世界の人を好きになった。そんな男性と釣り合いのとれる女性はそれなりの器をもった女性しかないのに、Aさんは普通の女の子の気持ちで恋をした。朝から晩まで会いない彼のことを24時間考える。イライラや嫉妬のオンパレード。自分は平凡な男よりも、仕事ができるかっこいい人が好きといっておきながら、本人の精神的器は、平凡な恋を求めている。理想と現実のアンバランスである。

そういった恋を何回か繰り返して、Aさんは疲れたのだろう。人生の疲れみたいな現象が起こった。私は人生の疲れはひとつの教訓だと思う。この教訓が今後の人生に生かされるからだ。

Aさんは好きな人を放棄したわけではない、好きなタイプを変えただけである。自分の分を悟っただけである。言葉では好きな人より平凡な人と恋すると言っているが、Aさんは自分と釣り合いのとれた相手をいずれ好きになるはずである。


最後に、
だって目があって鼻があって口があって、ほら同じでしょ。(笑)あまり変わんないよ男は、みんな同じ。

関連記事

コメント

これは沖川先生の記事ですか?

結局はひとそれぞれご自由に。ってことですね。
自分が選んだ道に対して周りにどうこう言われるのもおかしい話です。
Aさんがそれで良いならいいじゃないですか。
Bさんもそれで良いならいいじゃないですか。
後でどんな結果になろうと自分が選んだ道。
他人の意見に振り回されず、自分で選んだ道を正しい方向に変えながら生きていくべきです。

わたしは好きになった人が、自分のタイプだと思いますし。
一生恋愛から卒業したいとは思いません。
先生の今回のお話を伺っていると、結局は、Aさんも好きな人を選んだんだなとわかりました。
タイプが変わっただけですね^^

私は結婚してます。
主人と出会った時の印象はサイアクでした。でも「この人と結婚するんだな…」という直感がありました。
出会う男性に対して、私は結婚対象か…とまず見ます。
対象外の人とはその時だけ熱い恋愛をしました。
主人は特に好きではなかったけど、結婚するという直感があったのでなんとなくお友達として付き合っていました。
もちろん大好きだとお互い思い始めて付き合い結婚しました。
結婚してからは冷めてます。結婚=恋愛ではありませんしね。
それで家庭が成り立っていれば良いことかな。
私のことを好きだと言ってくれる男性がいます。
一人の男性は私も大好きです。お互い既婚者ですから「手の届かない芸能人」みたいな憧れです。どちらかと言えば恋愛対象です。
結婚を想像すると無理があります。
きっと続かないだろうな…って。燃え上がる恋は結婚前だけだろうなって。
もう一人の男性ももちろん大好きです。その彼も既婚者です。
その彼は…大切なパートナー的存在です。
一緒にいてホッとする。燃え上がる恋じゃなく穏やかな恋愛対象。
この彼とは結婚したら幸せになれそうだな…って思えます。
私のことをすごく心配してくれて助けてくれる優しい人です。(もちろん妻を一番大切にしてるけど)
こんな相手なら長く幸せに暮らせる自信があります。
きっとAさんはこんな相手を望んでいるのでしょうね。
こういうことを言いたいのかなって。
熱い恋愛は一生続くとは思えませんからね…
大好きだけど疲れない、一緒にいて安らげる相手が一番です。
主人は…???

まさしく先生のおっしゃる通りだと思います。
私は「人は誰でもOKである」と思っています。
人は誰でも人間としての価値があり、重要で、尊厳があると思います。
ただ存在してくれていることだけで幸せに感じることもある。誰もが、かけがえのない存在なのです。
そして、「私は自分を自分として、あなたをあなたとして受け入れる」という存在に対する声明を持つことの素晴らしさを感じている日々です。
「他人と過去は変えられない」
アメリカの精神科医エリック・バーンの言葉です。
「あなたのすることを、私が好きでなかったり、受け入れられないことがあったとしても、私は常にあなたがあなたであることを受け入れる。」ことの大切さ。
過去は変えられなくても、相手の心は尊重すべきだから、変えられないのかもしれません。
そして過去に渡っても、現在に至っても、他者との間に築き上げた信頼があるからこそ、信頼が生まれ、寄り添い合うこともできるのだと思います。愛情を持つことの大切さ・相手を受容する広い心を持てることこそが、人との関わりで大切なのだと思います。
柔らかな心・穏やかな心を持つこと。
人間として思いやりを持つことも大切なことだと思います。

目があって口があって・・って乱暴じゃ・・(笑)
(言わんとすることはわかりますが)
星の数ほどいる男の中で、なぜか、どうしても彼に惹かれるんです。
すごく愛してる人に振り回されたこともないです。
対応しだいなんじゃないですかね?
一番愛する人に愛される幸せなお付き合いっていうのが
この2人の極端な例の他にある、大きな3つめのスタンダード
だと思いますよ。

結婚して幸せかどうかは別ですが・・
やはり好きな人との恋愛が何倍も楽しいとおもいます。
医学的にみてもときめいている恋愛をしていると
免疫力もアップするし、美容面でもよりきれいになれる!
何より・・陰の底力がだせます!!
でも、失恋したときのリスクも大きいですが・・

それてしまうかもしれませんが、俗にかっこいいといわれている男世界の人に合う、器の大きな女性って例えばどんな感じなのでしょうか?
いつも思うのですが、そのような男性は、どんな女性と一緒になっているのか、気になります。
私が今片思いをしている男性は、まさしくこのタイプです。
いつも振り回されています。。二回フラられていて、縁をきりたくて、何度も切ろうとしているのに、切らせてくれない。。。相手は、私のことを好きでないのに、私が連絡やめると、しつこくよってきます。
彼は、こんな人だから仕方ないかぁと、あきらめているので、私も縁をきれるのに切っていないかもしれません。
それが、いけないんですよね。

先生のご意見、非常によくわかります。
半年前、かっこよくて仕事のできる信頼できない男(ごめん元彼)について何度も電話させていただいて、鑑定していただいたことを思い出します。
本当に痛感しています。
これは、経験しないとわからないかもしれませんね。
とかいいながら、また悪い男にはまる可能性はないわけではないですが(笑)
やっぱり、一度苦労するものですね。
今では、見たら、わかるようになりました。
こいつはやばいぞ、とか(笑)
仕事ができるから、浮気するから、不誠実とかじゃなくて、
今の私の見解では、信頼できる、信頼できないは、もっと
恋愛をとびこえたとこにあると思ってます。
浮気しても、男気があって家庭をしっかり守るタイプは
信頼できると思う人もいると思いますしね。
ただ、人間的に不誠実だとか、裏切っても平気だとか、
そういうのが恋愛を飛び越えて、人間関係や社会まで
に出るような人は、やっぱり信用できません。
結構、仕事できるタイプは浮気とかちょろっとわりきって
してますけど、このあたりをどこで見極めるかが難しい
とこなんですけどね(笑)
だから私は浮気もしない誠実な人を彼氏として選びましたが(笑)
ようするに、彼女や妻をしっかり満足させて、きちんと守って
その上で何かしてても、意外と女の人って納得すると思うんです。
よほど嫉妬深い人は別ですが。
コメントで、どなたかがお書きになっていましたが、結婚は恋愛のときめきが覚めてもずっと続くものだから、
人間的に尊敬できる、尊重できる人としたいです。
友達や、同僚になっても、やっていけそうな人。
それが、仮にまじめで誠実な人だからと言って、ときめけないとは
思いませしね。
浮気しても、振り回しても、最後は責任をとるというような男気あふれた男性なら、私はときめきタイプでも幸せになれると思います。
でも、そうじゃなくて、自分勝手、わがまま、責任を取る気もない
人なら、それは浮気しても、しなくても、結婚にはむかない人だと思います。
責任をとるタイプにときめいている女性は、私は楽しいしいいなと思いますが、後者の人間的に。。。というタイプは、やっぱりだめだと思います。
沖川先生の「信頼できないから意地になっている」っていう相手とはそういうタイプだと推察します。
毎度ですが文章、まとまりなくてすみません。。。
いつも応援しています!
最近恋愛に対してもシンプルに考えられ、彼をうまくほっとくことができるようになりました。(信頼してるからかも)
それも、すべて先生のおかげです!
これからも応援しています!

尽くされる関係の方が、スタートにおいて
ロスが少ないのは当然ですし、誰でもそれは解っていることでしょう。
とはいえ、自分に好意的で誠実な相手であればどんな接し方をしようが
ケンカをする事も愛想を尽かされる事もない、なんていうものではないですし
あるいは自分のスタンスが変わる事で
ゆきづまっていた関係が改善するということも起こり得ます。
両者の感情や思考、環境、関係性は固定されたものではないからです。
つまり、どのような相手を選ぶか以上に、どのように良好な関係を築き
維持していくかが本当に重要な課題ではないでしょうか。
信頼構築・維持は一見、パートナー選択より後の課題に見えますが
むしろ交際を意識した時点から気をつけていく部分だと、私は思うのです。
それによって、条件のみ・感情のみに偏った一方的な関係を防ぐ事ができ
二人三脚で歩むための準備ができるはずですから。
たとえ、楽で釣り合う相手なら自然に好きにもなる…としても
人間誰しもアイデンティティーがあります。相手のそれを満たすのは「みんな同じ」
という博愛ではなく、やはり二者間の現実的なやりとりの積み重ねなので
男性の目線からの信頼構築・維持についての具体的な講釈を
期待しています。

私は最近すきという気持ちがわからなくなりました
なにが幸せかわからない
結局だれと付き合っても何かが足りなくて100%の幸せなんてないのかなって…
恋したい気持ちもあるけどこわい だってやっぱり好きな人とつきあわなきゃ一緒にいる意味ないですよね
いっそのこと損得感情だけでつきあう人を選べたらいいのにと考えてしまいます

こんにちは♪
わたしは、多分Aさんよりの考え方なんだろうけど、大事な愛する人と、いづれBさんのような関係にシフト出来たらいいなあと思ってます。
結婚は我慢と忍耐って、言われますよね。だったら、愛する人と結婚して幸せになるための忍耐だったら、自分自身の成長にはちょうどよいのかもなあ、と思っています☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する