ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > メール、実践編。項目ごとに3回送る。
彼女は項目ごとに3回のメールを送った。

1、体を気遣う
「○○さんへ、最近はめっきり冷えて寒くなりました。私みたいにエアコンが効いている建物の中で仕事をしているものと違って、外で働いている人には堪える季節だと思います。外気は体を蝕むと何かの本で読んだことがあります。暑さ寒さとは無縁の、ぬるま湯生活のビルの中で働いている私と違って、○○さんの仕事は体力的にも精神的にもハードだと思います。どうか体調を崩さぬよう、ご自愛ください」


2、彼の仕事を理解する
「最近うちのおじが家を建てました。○○さんが大工という仕事なので、私は興味をもっておじの新築する家の自慢話に付き合いました。設計施工から建物が完成引渡しまで半年かかったそうです。土地の地盤調査から始まって、ベタ基礎、柱の骨組みを立て、建物の外装、内装、建具の取り付け、キッチン、洗面周り、ユニットバス、トイレの取り付け、電話やインターネット、電気、地レジ用アンテナ線の配線、給排水、最後に外こう。おじは自分がいかにハウスメーカーの営業の人と打ち合わせをして建物を建てるのに大変だったか自慢していましたが、私は中で働いている人、つまり実際に建物をつくっている身になっておじの話を聞きました。足場を立て屋根かわらを一個一個ずつ取り付ける作業はとても危険だと聞いています。とても危険で神経を使っている作業中に「女からのメール」はとんだ迷惑だと思います。女ってバカですよね。男の人の仕事を理解せず、何故メールの返信がないのばかりに捉われて恥ずかしく思います。おじの話を聞いて、少しは○○さんの大工という仕事を理解することができました。○○さんの仕事は、みんなに喜ばれ、みんなを幸せにする仕事だと思います。だって家を新築したおじのうれしそうな顔。無邪気な自慢顔が忘れられません。私も○○さんを誇りに思い、自慢したくなってきました。私の彼は大工さんだと自慢したいです。」


3、仲間の輪の中に入る
「○○さんへお願いがあります。お願いというより私からの提案です。オジの話を聞いて私は大工という仕事に興味を持ちました。知りたいのです。家を建てるための苦労話を。○○さんとお酒を飲みながら教えてください。できれば○○さんの仲間も一緒に、その輪の中に私も参加させてください。よろしくお願いします。」



数日後、彼からメールが来て、彼は彼女を飲みに誘った。その前に彼女は家を建てるためのマメ知識を本やインターネットで調べて行った。男と女の個人的な感情で会うのではなく、彼の仕事を理解するという目的を持って彼に会いに行ったのは今後の恋愛の展開に功を奏した。彼女は仲間に受けいられ、彼とも仲直りした。いずれは大工としての嫁の器ができるだろう。

関連記事

コメント

一度失った信用・信頼を取り戻す為に、彼女が取った行動は、とても立派ですね。
三度に渡った彼女の「誠意」あるメール(言動)。
相手の目線に立ち、相手の心・相手の今ある環境や、状況をしっかりリサーチし、彼への配慮をし、気配りが出来たからこそ取り戻せたんだと思います。
人の心のサイクルは、勿論人それぞれですが、「3日、3週間、3ヵ月」と言う言葉通り、「3回」にも、人の心を動かすしっかりした意味があるのかも知れませんね。
彼女の幸せが続くことを願っています。

う~ん、長くないですか?
あ、「小さい窓で長い文は」のゆうかりです。
でも、これでうまくいってるのなら いいのかなぁ。
たぶん、段階を追って詰めていくのがいいんでしょうね。
ホップ・ステップ・ジャンプ!でしょうか。
私は、まずは現在片思い中の相手のメアドを知りたいです…

中川先生。彼に別れを告げられてからサイトを見つけました。沈黙をしようか悩んでいます。好きだけど結婚はないと言われました。七年付き合ってました。毎日合っていたし突然でびっくりしました。でも別れてからも彼からは毎日一回はメールがくるし電話でも会話してます。情なんでしょうか?男の愛情は行動と教えてもらい.確かに彼は行動で愛してると言ってくれてました。彼に甘えて自分勝手にしてた罰が下ったのでしょうか?私は九紫火星でサイトに載ってた性格がぴったり合っていてびっくりしました。彼も九紫火星の8月生まれです。何かアドバイスがあれば教えて下さい。

No title

沖川先生

私が怒らせた彼も七赤金星の職人気質、怒らせるまでは毎日メールが来てたのが、怒らせてから本当にメールが減ってしまいました。
そこで、このメールを参考に、彼の仕事を褒めて今度仕事してるところを見せて下さい、ってメールしたら、今までにないテンションの高いメールが返ってきました。
仕事に興味を持つ態度ってこんなに相手を変えるんですね、ちょっと面白い(笑)。
時間おいてる間に「好き」が減ってしまったので、今は実験的に相手の反応を伺ってます。
これくらいの熱で続けていこうと思います。
ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する