ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > ゆっきーさんへ(私の考えと答え)
私 広島育ちの広島県人。1980年1月24日生まれ28歳。B型 仕事は8月末まで販売員 今は職業訓練校通い一ヶ月目。今のところ休みは土日祝
彼 熊本県出身の現在広島在住6年位。一白水星 36歳 B型 職業 土木関係(現場仕事、自身も小さいながら経営者)休みは基本は日曜日だが、場合によっては日曜日も仕事。土曜日夜は接待が多い。朝早くから夜7時位まで仕事だが、最近は忙しいらしく夜勤もあり。その為、現在付き合って約二ヶ月だが、会ったのもまだ4回位。電話メールも忙しいらしく、付き合って一ヶ月過ぎた辺りからほとんど無し。用件のみあれば伝える。面倒見が良く兄貴肌。週末は電話が電源切れか切っているのか繋がらない事しばしば。
一度そのことでメールで意味がわからずメールでどういうこと?!と怒りの送ったら、こんなことはしばしばあるから嫌なら別れた方がいいかもよとメールで言われた事があります。私も忙しい彼に対して自己中心的だったと反省を伝えました。
彼との休みの兼ね合いを考え再就職先は日曜休みの事務仕事等を考え今の職業訓練校に通ってはいるが、事務経験も無ければ、正直興味が無い。私は販売など接客業をしたいが、そうなると日曜日は仕事となってしまいます。今の段階で日曜日も会えて居ない状態なので、私が日曜日に仕事をしても変わりは無いような気もするが、彼の仕事が落ち着いたらまた状況は変わるかもしれないと思う…。ますます動けないでいます。

彼は仕事が忙しい上に親方で面倒見がよく、ワイワイするのが好きそうです。私は彼を支えていきたいと思っていますが、彼から連絡があれば会いに行くという今の状況です。都合の良い女にはなりたくないです。
どうにか彼を支え、はげまし、内助の功的な女になれるようなメールはあるでしょうか?教えてくださいm(__)m
Posted by ゆっきー at 2008年11月20日 16:09


熊本県出身の一白水星、年齢は36歳、自営で土木関係の仕事。九州男児の性質と土木関係の仕事から連想すると、男尊女卑的なガンコな男性をイメージしますが、どっこい相手は一白水星。男としてそれなりのプライドはありますが、実は協調性の高い優しい男性だと思います。ただ男は仕事によって性格がつくられていきます建築現場の土木関係の人はホワイトカラーと称するサラリーマンと比べて、気性が激しく言葉使いも荒く、ガサツな面も多いでしょう。その代わりにやや薄情なサラリーマンと違って義理人情に厚く仲間を大事にする面が強いと思います。そして、彼が小さいながらも経営者だということ。経営者はそれ相応の責任もあり、雇われの身とは違う苦労が多いでしょう。ある経営者の話です。「自分が死んでも会社だけは潰したくない」その奥には会社が潰れたら、そこで勤めている多くの社員・家族が怒涛に迷う、自分の責任においてそれだけはしたくないという苦労話でした。そんな苦労人が経営者には多いのです。土木関係の性格と経営者としての責務、、育った環境、そして気学上の特性が重ね合い彼個人の性格ができているのです。

そんな彼に前回記した大工さん宛へのメールも内容を変えれば有効に使えるでしょう。それと相手が零細ながらも経営者とするのならばこう考えましょう。「経営者の内助の功とは経理です」日本で数多くある中小企業・零細企業の経営者の奥さん方は経理を担当していることが多いと思います。中にはそんな仕事はしたくない、あなたの仕事はあなたの仕事、私とは関係ない、仕事を家庭に持ち込まないでという人もいるでしょう。彼は一白水星なので、奥さんがそう強く主張するのならそれを呑むでしょう。でも内心は、悪妻・鬼嫁と思っています。経営者は協力関係にない恋人や妻はいらないのです。それより協力関係にある仲間の方が大事なのです。きつい言い方ですが、潜在意識ではそう思っていると思った方がいいかもしれません。

ゆっきーさんが好きな彼はそういう立場にいると自覚することですね。
私がそういう立場の人を好きになり、彼のために内助の功をしたいと思うのなら、まず事務仕事を覚えます。パソコンを覚え、経理の仕事をマスターすると考えるでしょう。そして簿記2級程度の資格にチャレンジします。「簿記の検定に受かったよ」と彼にメールすれば、彼はあなたを自分の未来構想図に入れるでしょう。ゆっきーさんは販売業の経験があり、接客の心得があるので、彼の仲間との人間関係はスムーズにできると思います。後は経理を覚えることですね。そんなの面倒くさいと思うのなら、もう一度彼の置かれている状況を分析し、自分には無理、合わないと思うのなら相手を変えることも視野にいれてください。それはしたくない、彼を好きになったから。彼は会社が命なら、私も彼が命。と思うのなら、次のメールを送信してください。

それは有言実行メールです。

「○○さんへ、いろいろ悩んだけど、事務仕事を覚えることにしました。そしてパソコンを今以上に覚え、文書や表計算をマスターしたいと思います。今まで販売の接客業ばかりでしたが、畑違いの仕事にチャレンジすることは、自分を変化させ成長させるものだということがやっとわかったのです。接客業の経験を生かし、さらに事務仕事も覚える、内と外の仕事を覚えるわけですから、鬼に金棒かな(笑)。これからの職業訓練の勉強に身を入れていきたいと思います。応援してね」



続いて協力関係のメール。これは私ならこういうメールをするという例です、参考までに。
「○○さんへ、ジーパンにTシャツ。というラフなスタイルであなたとデートがしたいです。お弁当を人数分作って。そのデート先は現場です。私が行くとみんな迷惑かな?だって朝5時起きして人数分の弁当を差し入れするつもりよ、迷惑だと思わないよね。それと女ながらの手伝いもできればしたいです。あなたが柱にスクリュードライバーでビスを固定するとき、私が両手でその柱を固定できるよう押さえます。高さとか平衡がとれているかどうかちゃんと指示してね。言われたとおり押さえるから。ネコを転がし砂やジャリも運んでもいいです。体を使いダイエットになるから。・・・それでも、女なんか男の仕事場に来るんじゃね~とあなたが言うのなら、その代わり仕事がひけた後の飲み屋で私を皆さんに紹介してください。接客しますわ」

一白水星は、川の流れのようなゆったりとスローな流れで目的に向かっていきます。最初はメールの返す頻度は少なくても、相手が熱心に自分のことを思って行動をし続けるとメールの頻度はだんだんに多くなります。一回や二回では聞いてくれなくても、前向きな誠意ある態度を続けると、だんだん相手の誠意に答えようとしてくれます。急げば回れ精神で続けるといいでしょう。



関連記事

コメント

ありがとうございます!!まさか選んでいただけるとは思ってもみませんでした。すごく感謝しています。ありがとうございます☆
彼と付き合っていくのに、長い目で見ると経理を覚える事はすごく大事で、何よりも彼を支える事になりますね。なんでそんな事も分からなかったのだろうと思います。恥ずかしい話、私自身視野が狭く、自分の事しか見えていなかった様に思います。
ちょうど職業訓練校で学んでいる内容が、パソコンのワード、エクセル、アクセス等の事務系に必要な内容なので、それらをしっかり習得し、事務仕事に就き彼を支えていけるようになろうと思います。
彼は義理固く情に厚い優しい人なので、そんな彼を支えていく器の大きな女性になろうと思います。
目指すは、中尾彬さんを支える池波志乃さんのようになりたいと思います☆
ありがとうございました☆これからも楽しく見させていただき、勉強させていただきます☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する