ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 陰徳の心は積極的に
こういうときも「心を積極的に」そしてその積極的は陰徳で勝負する。

こういう男性には、妙な明るいポジティブは通用しません。だからあえて相手の目線に合わせて自分を下げるのです。下げるのは演技です、あなた自身が自分を見失ってはいけません。下げるとは・・・そうですね、反抗的で、できの悪い子供に上から目線で見るのではなく、腰を落として同じ目の高さにして相手を見るということです。ワザと相手のネガティブや悪さに共感してあげましょう。そうです同情してあげるということです。常識や世間体が通じない相手に対しては、自分を下げて相手に合わせるのもひとつの手です。私も占いやカウンセリングでもその手法を使っています。相手がどんな悪いことをしていても、相手を責めることなく、まずは相手の味方になることを努めています。結婚して子供を二人生み、家庭も幸福で良いダンナさんに恵まれながらも、奥さんは浮気をしている。そういう奥さんが相談に訪れても、最初は同情してあげます。そうでないと相手は警戒し、自分の本音を語らないからです。周りの友達はみんな反対し、どこも相談するところがなくて私のところに駆け込んでくるわけですから。ひとにはいいわけがあります。まずそれを聞いてあげないと物語は始まりません。


いいわけをきかないで、悪いと片付けて、相手をガンガン責めたら、相手は心を閉ざすか、もっと開き直って逆に悪くなります。罪悪感のある人に正義の言葉は、最初は通用しないのです。たとえあなたが相手のためだと思って正義の言葉を連発しても、相手にとっては余計なお節介で、うざくなるだけです。正義の言葉が悪の言葉にならないために、相手に共感し味方にならなければいけません。とてもメンドーな作業ですが、ネガティブな人は同情から入らないと、この心は開けないのです。


関連記事

コメント

沖川先生
いつも先生のブログを楽しみにしています。
今日は仕事面で他者との接し方について参考になるお話でした。ありがとうございます。
先生の本、拝読させていただきました。あの時、彼は彼なりに私に愛情表現をしていてくれた。そう思えました。もう一度、彼との信頼関係を築いていきたいと思います。
ありがとうございました。

先生こんばんは。
毎日勉強になる記事を書いてくださって、ありがとうございます。
このブログを読むようになって、最近は彼との状態も冷静に見つめるようになりましたし、前向きに笑顔で毎日仕事をがんばることが「生きがい」って思うようになりました。
「私が私らしくいること」
それが彼にとっても安心感につながるのだということが分かってきました。
私の彼は八白土星なのです。
だから、いつかのコメントで書かれていた、
「一つ一つ丁寧に積み重ねていく付き合い」をしないとなぁと思います。
もし、このブログを通して先生に出会っていなかったら、こうして彼と続いていたか分かりません。
だから、感謝の気持ちを伝えたくて投稿しました。
まだまだこれから先は長いですが。
ここに同志がいっぱい居る気がしてがんばられます。
記事に関係の無いコメントなのでアップしないで下さい。
すみません。
ただ先生に読んでいただけるだけで光栄です。
これからもブログや本を読み続けますね。
いつか占い館にも伺わせてください。

沖川先生、こんばんわ☆
昨日先生のところへ、伺った者です。
その際にはありがとうございました。
『今こそ、彼を信じて。』
先生に言われたことです。まさにその通りだと思います。
そして、少しでも良くない方に考えてしまった時には、
『心配・不安・悲しみはいらない。』と心に強く思うように決めました。
そして何よりびっくりしたこと…25.5歳で結婚すると言われたことです。
約1ヵ月前、自爆して彼とお別れをしてしまってから、先生のこと知り、ブログや本を読んで勉強してきました。
そして“指輪のおまじない”を実行してきたのですが、その日と昨日先生に結婚すると言われた時期がほぼ一緒なのです。
すごい嬉しい気持ちになりました。先生、本当にありがとうございます。
これからの道のりの方が長くてツラいと思います。時にはネガティブになるかもしれません。
しかし先生の毎日のお話で、いろいろ考え成長していきたいと思います。
これからも、よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する