ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 女性の考えはすべて逆
好きというテンションを勇気を持って下げる


「好き」という言葉。
女性はその言葉を恋愛において頻繁に使うが、男性はそうでもない。

○ ○さんが「好き」と言われるより、○○さんかっこいい、○○さんを尊敬しています、と言われた方が嬉しい。


あなたのことが「好き」は、恋愛の最初のときだけ、前の晩に眠れぬ夜を過ごしながら懇親の勇気を振り絞って言いたい。玉砕覚悟で、勇気を振り絞って、一生に一回の言葉「好き」・・・を言いたい。


「好きが合格すれば、もう二度とその言葉は恥ずかしくて言いたくない」男の持っている変なプライドが、言葉に色をつけるのが苦手なのです。


「好きだとか、愛しているとか」、欧米人じゃあるまいし、日本人がそうそう簡単に言えるか!


最初だけ、好きを連発するのは第一ステージのみ。第二ステージは古き日本人の男に戻る。そうなるのは、男たちには普段から好きという言葉を言わないという暗黙のルールがあるからだ。父親、上司、先輩、同僚、友達、周りの男たちは、誰一人「好き」を連発していない。皆がそうしているのに、自分だけ言ったら、それこそ冷やかされてしまう。男はその冷やかしが大嫌いで、まるで自分が軟弱で情けない男だと思われるのを嫌うからだ。サムライ失格みたいに思われるのが嫌なんだろう。


男の愛は、口に出せない愛がある。演歌みたいだが、事実男は付き合いが深くなるに連れて「好き」を言わない。その代わりに信頼関係を大切にする。


男の好きは重みのあるもので、女性のように毎日言ってほしいという軽いものではない。小さな積み重ねを喜びとする女性の愛に比べて、男の愛は一発決めたら小さなことはどうでもよく、一回にまとめて面倒を見ようである。


男と付き合うのならば、好きというテンションを下げよう。とくに第二ステージは好きというテンションを下げるべき。第二ステージに入り、男たちが忙しくなり仕事人間になったときに限って、女性たちは反対に好きのボルテージがあがる。反対だ、これじゃ男とうまくやっていけない。第二ステージの男たちは好きより信頼関係「僕のことを信じて」と心の中で叫んでいるのに、女性たちは「好き」という言葉が少なくなった彼に疑心を持ち彼を責めている。


いつも第一ステージと第二ステージのハザマで男と女は別れている。

この危機を乗り越える方法の一環として、

恋が第二ステージにさしかかったら、女性たちが勇気を持って好きというテンションを下げるべきである。第二ステージの言葉は「あなたが好き」より「あなたを信頼している」の言葉に置き換えよう。信頼という言葉は連絡がなくても、会えなくても、あなたを信頼しているという意味をさす。


それを男の通用する言葉に置き換えると、
「男が忙しいときは放っておけ」である。



大丈夫、大丈夫、女性と違って男性は放っておいても、あなたのことを忘れないから。

関連記事

コメント

先生こんにちは!
毎日拝見しています。
TVの収録お疲れさまでした。
放映が今から楽しみです^^
この3カ月で逢えたのは2回、計6時間程度(涙)ですが、
先生の言葉を読むたびに、
「逢えなくても信頼していて大丈夫!」って安心感をいただいています。
焦って不安になって自爆しないでいられるのは、本当に先生のお陰です!

はじめまして。
私も自爆寸前で、こちらに辿り着きました。
私の場合、この4ヶ月で逢えたのは5回、計4時間30分。。。
「男が忙しいときは放っておけ」
そうですよね。
なんか、諦めたころに連絡が来てる状態です。
向こうが私を信頼して、安心しているんだ!
と、思えるようになりつつあります。
先生、そんな感じでいいんですよね。
また来ます♪

放っておくと、忘れてしまう男性もいるので、一概に断定はできないかな?と思います。

私は1年待ちました。
そして、彼から会いたいと言われて1年ぶりに会うことができました。
会った時、彼はまた仕事で問題を抱えているようなことを言っていました。
そして、それ以来、また音信不通になりました。
彼を信じて待っていていいんでしょうか…
なんだか疲れてしまいました…

沖川先生の、深~い大いなるアドバイスで
最近ようやく気付いたことですが。
男性は決断力がありますよね。
女性は欲張りで、買い物に行ってもあれこれ迷い
結局何も買わずに後で後悔するとか、時間を無駄に使いがちです。
女性は、男性からのアプローチを楽しみながら(もったいぶりながら)
時間をかけてお付き合いまで持っていくのに
いざ付き合うと、彼にどんどん惹かれていって
(体の関係を持つとなおさらです)
毎日毎日、会いたいしお話ししたいし・・・
逆に彼は安心しきって、ゆっくり付き合おうとするのに
女性はもっともっと、と自分の「好き」を彼に押し付けたくなります。
。。。昔の私がそうでした。
イイおとなになった今は
寄ってくる男性に、飛びつくふりをして何度か会っても
その後は、やさしく突き放します。
付き合ってからも彼らは、しつこいくらい何度もアプローチしてきます。
放っておいていなくなる男性は、私にそこまでの興味がないのでそれまでの人です。
無理に引き止めても自分がイタイだけです。
待ちに待っていたメールがきても「あら、、どうしたの」くらいの気持で冷静に対応します。
その分、会ったときには思いっきり!キレイカワイク自分を演出します。
つまりは、女性も恋愛の方法においては、現実的に男性化したほうがうまくいくってことを、ごく最近知りました。
夢見る少女じゃいつまでたっても王子さまは寄ってこないんです。

二度目のコメント失礼します。同じ男として読んでいて
「なんだ、男として普通なのか」と安心しました。
先生が今回書かれていることが付き合っている間ほぼ3年変わらず。
しつこく求められれば「・・・す・・スキ・・。だよ。」言うが、
しかしそのしどろもどろに「本当にそう思ってるの?」と疑心を
増すだけ。
どうして、言葉だけで安心を得ようとするのか、どうして
自ら不安になるのか、理解ができなかったのですが、
なるほどそういうものかと納得しました。
ただ、相手に説明して「気をつけるね^^」ということはないと
思うので・・・先生の恋愛日記をある日見つけて読んでくれれば
と、淡い期待を持つばかりです・・・。

いつも読ませていただいています。
私は信じることができなかったため、険悪ムード真っ最中です…。
信じるって難しいです。
信じたいと思っても悪い考えが次から次へと出てきて、どんどんネガティブになっていきます。
精神世界にずっといるせいですよね。
もっと強くなりたいです。

会わなくても大丈夫だけど気分は冷めます。何も考えず傍にいる人が一番好きな人でになるのではないですか?

欧米人の男性でも、普通の人は『愛している』は簡単に言いませね。
I like you.は日本で言う「好き」よりすごく軽い意味あいです。
友達にでも誰にでも愛情が無くても簡単に使います。
でも、I love you、この言葉を口にするのは、
欧米人でもかなり慎重になるそうです。
簡単にI love you.を連発するのは、何か下心がある男性か
映画やTVの中くらいだと思います。
男性は、どこの国の人でもあまり違いは無いと思います。

本当に・・・驚いてしまうくらいにいつもあてはまっています。
沖川先生のアドバイスはまるで聖書みたいに、どんな時も持ち歩きたいです。
私の彼はいつも”サムライになるのが夢”と言っています。そんな彼が最初の第一ステージの頃には私よりも女性みたいになって、ご飯がノドを通らないくらいに痩せちゃったり、私のコトが好きで好きでどうしようもなくて夜も眠れないと言っていたんです。
もちろん今は第三か第四ステージなので好きだなんて一言も言ってくれません。仕事に打ち込んでいて、忙しくてなかなか会えないです。
でも優しいメールを毎日くれるので今はもう何も望んでいません。心の中ではまたつきあった頃のようにもっと好きってたくさん言って欲しいって思うけど、それはもう封印した方がいいんですね。
もし先生に出会わなかったら、もう私のコト好きじゃないんだねってとっくにさよならしていたと思います。
彼がいてくれるだけで幸せと素直に思えるようになりました。いつもそばで彼の夢を応援したいです。

だめでした。忙しいから放っておいてたら、既婚者女性と同棲をはじめてました。
知り合って1ヶ月で、女性は群馬から上京してきたそうで、旦那さんのDVから逃げてきたそうです。
私と揉めて二三日で男女での飲み会?に顔を出し、そこで初めて会ったそうです。体の関係もあるそうです。私は処女なのですが、彼は自分が気持ちよくなるような事は一切しませんでした。彼が下着のみになるのは何回か、服を来ているのが殆どで、全裸になるのは稀です。
…人によって違うんですね、先生のブログを拝見してやってきましたが……実は未遂でしたが馬鹿をしました。朝方お風呂で目を覚ましました。たすけてください

私の亡くなった恩師と同じことを言ってる~!と思わず笑ってしまいました。
恩師は「理想の女性像」を私に残して5年前に亡くなりました。
私は恩師の亡くなったあと3年後、自分の理想の男性に出会うことができました。今は仕事の関係で離れてしまい、連絡もメールもない彼のことを信じて待って2年目になります。これこそが、恩師が昔話していた、最期の理想の恋愛なのだと思っています。
りこさん、私も以前は「信じることって難しい・・・」と恩師に言ったことがあります。でも無理に信じようとするのではなく、何にも力を入れずに信じることができたら、それが本当の愛だと思います。まだ不安になったりする間は、恋なのかもしれません。愛に変われば、相手の幸せだけが自分の幸せになりますから、相手が何をしていても信じられるようになります。そういう執着が無くなった頃に、必ず男は帰ってくるし、決して忘れることはないと沖川先生も言っています。そういう私もこれから何年かかるかわかりませんけれど。。。
私もここまで悟るのに○○年かかっていますから、今は苦しんで、がんばっていろんな恋愛の中から学ぶことだと思います。そうすれば、運命の人が必ず現れます。運命の人は自分が何かをがんばって何年も続けたあとに出てくるそうです。そういう私も体験ずみです。

随分過去の記事にコメるのは恐縮ですが、
欧米人でも気軽に「i like you」を言わぬ人もいます。
「なんの約束も出来ないし」と。
とはいえ、男なので、女の子をひっかけて合意の上で遊んでいます。

好きっていうの苦手です。
恥ずかしいです。
だってもう、今更です。
私は前世が男だったのでしょうか。
そしてまた、
俺の事好きなの?とか言われます。
むむむ。
分かるじゃないですか、雰囲気で。
そんなん恥ずかしくて言えるか
と思いつつ
不安にさせるのも可哀想なので
好きだと言葉に出します。
そうすると、
にこにこ嬉しそうにしています。
思いやりの気持ち、ですね。
素直さは大事ですよね。
好きです。

No title

沖川先生へ♡
先生がお休み中なので過去のブログを読ませていただいて
心を勇気づけています。
>「男が忙しいときは放っておけ」である。
>大丈夫、大丈夫、女性と違って男性は放っておいても、あなたのことを忘れないから。

この2行がとくに好き!です!
先生かっこいいです!

No title

またこの記事にきてしまいました!
>大丈夫、大丈夫、女性と違って男性は放っておいても、あなたのことを忘れないから。
この文好きです!
>男性は放っておいても、あなたのことを忘れないから。
だと、いいなあ。この理由知りたいです!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する