ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 頭の中の曇りが晴れてこそ運は良くなる
恋に悩む女性たちの頭は曇りである。


頭が曇っていては、運は良くならない。


その曇りを解くべきである。


彼もそう・・・頭の中は曇っている。そして運が落ちている。


男が女と別れるときは、運が落ちているときだ。

運が落ちているときに復縁を望んでもうまくいかない。苦しくジタバタもがいても物事は悪い方向へ進むだけである。


慌てず騒がず、心を冷静にして、あえて遠回りしよう。遠回りとは体制を立て直すために必要な時間となる。その時間を大切に出来ない人には運も味方しない。


急がないと手遅れになってしまうという気持ちは危険である。繋がりがなくなったら永遠に終わってしまうという考えも浅はかである。運が落ちているときの急ぎや焦りは全て失敗に終わる材料でしかない。



先人の谷からつき落とされた気分が失恋である。
パニクッた心を静めよう。頭の中で渦をまきながら出てくる失望感をなんとか止めようとして必死にくらいつく姿は惨めでしかない。奈落の底に落ちていく自分を必死にもがきながら藁をもつかもうとしている姿は哀れでしかない。


惨めで哀れな姿は、男の共感は呼ばない。「ウザイ・しつこい・重い」という言葉で片付けられてしまうだけ。みっともない姿を現しては損である。


共感を呼ぶ姿は静観である。
先人の谷からつき落とされたら、奈落の底までいってみよう。「底」についたら、後はもう落ちる必要はない。後は時間をかけて上がるだけ。遠回りにできる時間をゆっくり楽しめる女性が男の共感を呼ぶ。その時間を静観という。短期で短絡的に答えを求まる女性には共感できない。お互いのわだかまり、お互いの葛藤、お互い頭の中の曇りが晴れるまで、時間をおく必要がある。その時間を有意義に過ごせない人には運は開いてこない。


頭の中の曇りが晴れるために。
あなたは過去を振り返ってはならない。過去に振り返って過去に留まっていては、頭の中は曇ったままだ。どんよりとした雲空を見ればわかるが、雲に動きがない。どんより曇ってどんより止まっている。じめじめとして暗い気分となる、まるであなたの心のように。「風が吹いて」雲が動き出し、晴れ間が出てくる。その風が「前進」である。



曇りから前進して晴れになる。

あなたは奈落の底につき落とされて過去の反省の住人となってしまった。いつまでその牢獄にいるつもりですか?

前の扉は開いているのですよ。

さあ!

前進しましょう。

心が晴れてくれば、運は絶対に良くなる。

運が良くなれば欲しいものは何でも手に入る。そう信じて前へ進むべきです。

関連記事

コメント

遠回りは必要な時間だ、と先生がおっしゃると安心してしまいます。
誰か背中を押してくれる人がいると心強いものですよね。
まだまだですね、安心が欲しいなんて。
最近天気が悪くて、つい天気も曇りだと気分も滅入ってしまう私です…。。
今日も曇りですが、笑って人に優しく親切に仕事をしてこようと思います。
先生も、良い一日が過ごせますように。

いつも素敵な言葉をありがとうございます☆
最近『過去を振りかえっるな!前を見ろ!』というような言葉をいろんなところから聞く気がします。
これはきっと私に向けられたメッセージでもあるのかなと感じています☆
最近感謝の気持ちを持って日々暮らそうと自分の中で意識してると心が晴れ晴れしてくるのを感じています(^-^)
どんなに素敵な思い出が2人の中にあろうとも過去は過去です。
その過程を経て今の私がいる!
だからもっと素敵な人とちょうどいいタイミングで出会えると信じています!
今はな~んにもないですが(笑)
これからも楽しみに見させていただきます♪
ありがとうございました(^-^)

運というのは、仕事についても同じことが云えるんでしょうか‥?

先生の言葉今のわたしにとても深く響きました。
騒がず、焦らずあえて遠回り…
そうですね。
また少し心が曇り悪い方向へと考えてしまうところでした。
彼が別れをつげ、またすぐに戻ってきましたが、復縁とはいきません。
運が下がっている状態なのですね。今は…
頑固すぎる彼はなかなか難しいです。
お互いの曇りが晴れるまで、私は私でこれからも前向きに明るく過ごし、またいい運気を自然体で待ちたいと思います。
きっと前向きな気持ちは彼にも届いていますよね!
先生、ありがとうございます。

こんばんは。すこし忙しくて久々に見た先生の記事。。
「静観」ですか。先生のご意見はその通りだなと、おもいます。
そのような姿勢でいられる女性こそ、心の強くて広い人でしょうね。
去年の今日、わたしのいたところはまさに、底。でした。
苦しかった、、でも先生が励ましの言葉をくださいました。もがいていた自分を振り返り、恥ずかしくもありますが、その経験が自分自身を成長させてくれたということは、いまになりそう、感じるところになりました。もう2度と会うこともないだろうそのひとのことも、忘れることはありません!いつも、ありがとう、、という思いでわたしの心に1ページの宝物になっています。
いつか、その人に届くような素敵な人になれるようになりたいものです。
近況がまさに、「静観」まっただ中にいます。
そうしていられるのは、経験と先生のおかげだと思います。
仕事で忙しく頑張っている、自分のことに力を全力で注いでいるようなので、わたしのことはちょっと横においておいてくれていいと
心からそう思います。心から。。
静観が、中断とは絶対違うと思えるようになりました。
それがいつか信頼を育て、互いにそう思いあえたらいいなと思います。
時間を味方に、できますように。

曇り、晴れました\(^▽^)/

はじめまして。
沖川先生のブログ、今日初めて読ませていただきました。
実は昨日、私から別れを告げた彼と復縁しようとしたのですが、
友達でいたいと言われてしまいました。
別れを告げたときは、結婚に対しての気持ちを確かめたい(試す)という気持ちもありましたが、それも昨日ではっきりしてしまいました。
ですが、私もあきらめない、いい意味でしつこい女でいたいなって先生の
ブログを読んで励みになりました。
明日からは自分磨きに精を出して前向きにがんばろうと思えました。
これからもブログにお邪魔させてください。
応援しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する