ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男の浮気と自由
彼女がいるのに、結婚して奥さんがいるのに、浮気に走り自由を求める男たち。


理性が働かず、節操がなく、貞操観念がない男たちがいる。その男たちに尋ねると笑ってこう答える。人生は一度しかない、もっと楽しまなくては。いろいろな女を見てみたい、そしてかっこよく生きたい。ひとりの女で満足して疲れたお父さんにはなりたくない。男の理想は異性(女)にモテて同性(男)の尊敬を得ること。



そのために自由でなくてはならない。一人の女に束縛されてはいけない。籠の中の鳥ではなく渡り鳥のように季節が来れば違う世界へ飛び立ちたい。オレはいつでもどこでも好きなところへ行ける自由人である。


自由・・・かっこいい・・・どうかな?
へらへら笑う若い男に、人生の味付けをする。すると彼はじっと私の言葉に耳を傾ける。意外と私の声と態度は若い男性に受ける。人生の深い味付けは定評があると自負している。私自身が男で波乱万丈の人生を送っているので、男心や男の気持ちにはずしんと響くものがある。今までの過去と性格をズバリ言い当て、相手の気持ちをこちらに集中させ、今までヘラヘラ笑った態度を改め、真剣に私の言葉に耳を傾けるように仕向ける。


君の自由は寂しさからきているもの。
君がかっこいいと思っているものは、実は一番かっこ悪い生き方。
君は無人島で暮らした方がいいよ。
ジョークを交えながらズバリ言う。


生き方を諭し、期待し鼓舞する。そして味方になる。
最後には尊敬の念がこもったお礼「ありがとうございました」神妙に挨拶して帰っていく。へらへら笑っていた若者が最初と最後では人格が変わっていくさまが占い師冥利に尽き、やりがいを感じる。


男の自由。
男として理解はできる。
そして疲れたお父さん、それも男として理解ができる。なんのためにあくせく働くのか。それは単純、家族のためである。女性たちは男だから当然と安易に思っている節があるが、男のペーソス物語は男にしかわからない。そこに男同士の味付けがある。そこに生きる希望があるという話しは経験を積んだ男にしかわからない。男には何の得もないように見える結婚も男が持っている本能の真意を教えれば、結婚は豊かなものと理解するようになる。奥さんの有り難さ、子供の有り難さ、家族の有り難さ、寂しくない人生の有り難さ、一家の大黒柱である自分の城を築いた有り難さ、そのバックボーンを持っている人が成長できると教える。バックボーンを持っていないものは、動物と同じである。そのバックボーンがあるから、守るものがあるから、人は社会の戦いに勝ち抜き生き残れるのである。自由を求めそれを放棄するものは一時期の喜びを手にするが、やがて惨めな人生が待っているだけである。


疲れたお父さんではなく、実はその姿が一番かっこいいのである。君は目が悪くそのかっこよさを見抜けていない。
籠の鳥が嫌なら、ときどき自由になればいい、でも自由だけでは天涯孤独になる。


女にもてたいという思う心は寂しさから来ているのである。所詮女はみな同じ、どうせなら愛する女を見つけ、バックボーンを手にすることである。バックボーンのない男は動物と同じ、社会では使い物にならない。いくら才能があって能力が高そうに見えても、所詮半人前である。

関連記事

コメント

とても深いお話ありがとうございます。色々と深く考えさせていただきました。
では、女の幸せって、一体何なんでしょう。
先生の今回の日記を読んで、女が必死で恋を追いかけるのは寂しいからなんじゃないかと思いました。
自分でも一体何が幸せなんだかさっぱりわかりません。
ただ、この虚しさや寂しさはどこからくるのか。それさえもわからないのです
この正体もわからないモヤモヤから逃げるため、必死で危険な恋のドラッグに溺れているように思います
女の幸せって、一体何なんでしょう。

現在付き合って4年目になります
遠距離恋愛中の場合、どうしたら彼の寂しさを癒してあげることができるのでしょう
一度向こうに癒しの場ができてしまうと再び自分が癒しの場になることは難しいのでしょうか
最近久しぶりに会ってもとてもそっけないのです
倦怠期?それとも「浮気」ではなく「本気」になってしまったのでしょうか

どうして女性って「女の幸せ」と考えるのでしょうか…。
一生懸命仕事して趣味や遊びも楽しんで「個人の幸せ」を大事にしていれば虚しい気持ちになんてならないと思うんですがね。
恋愛・パートナー中心に生きるのって寂しいと思います。
結婚したら旦那、子供、家庭を大事にして女の幸せを噛み締めればいいと思うのです。

私は独身同士の恋愛は恋愛の自由があっていいと思います。
お互い独身同士で、まだ結婚の約束とか婚約をしていなければ恋愛の自由ってあるんじゃないでしょうか。
恋愛は好きと言う気持ちがあれば成り立つのだから
他の人に目移りしたりすることは当然あります。
極端な話、ただの恋愛ならば他の人と同時に付き合ったって
二股だろうが三股だろうが自由なんじゃないでしょうか。
そんな人が嫌ならサッサと別れればいいだけだと思います。
男も女も色んな人と付き合ってみて一番好きな人を選んでもいいと思います。
もちろん最初からこの人だけと付き合うと決めて恋人になるのもいいと思います。
彼が浮気したって思ってる人、もしかして本命がそっちで自分が浮気相手なのかもしれません。
でも、婚約結婚となると別だと思います。

では結婚を選ばない男と女は、ずっと半人前なのでしょうか?
(もちろんいつかは結婚するという前提で、です。)
私は若いうちから結婚を選ぶ人に疑問を持ちます。
自分の生活がしっかりしていないのに、お互いを支えることができるのでしょうか?
就職するとすぐ結婚に走ろうとする周りの友人が、私には弱く見えてしまいます。寂しさや社会に限界を感じて結婚を望む女の限界が、なんだか悲しいです。
もちろん結婚は素晴らしいものだと思うのですが・・・
結婚する人すべてが成功者であるという、という概念に疑問を感じるのです。年を重ねるにつれ一生を共にしたい、と思う人と結婚することになったのなら納得できるのですが・・

私が小学生の時に父は、『お父さんはね、お母さんや順ちゃんが安心して楽に生活出来るように、昇級する試験に合格するために勉強しているんだよ。』と、休みの日も勉強をしていました。
私は父を尊敬していますし、男の強さとは、こういうことかなと思っていました。また、社会人になった自分も、父と同じく資格取得の勉強をしたりします。
しかし、お笑い番組に興じ、キャバクラで遊んでいる同僚達に、今日の先生のブログを読んであげたいと思いました。
私も、先生の信念と活動を応援します!

…深いですね、と言えるほど私は人生を生きていませんが…
軽い気持ちでへらへら笑って、
「俺はこーゆう人生を生きてきて、
こーゆう経験を経て、こーゆう考えを持っているんだ!!」と
自信満々に"それっぽい自論"を語っている
同年代の若い男性みんなに先生の言葉を聞かせてやりたいです^^;
…まぁ、本人達は本人達なりに真剣みたいだから、(例外もいるけど)
一慨にそれを否定しようとは思いませんが…
でもやはり、人生の先輩である中高年の方から聞く言葉の方が、
言葉1つだけでも、だんぜん、重みと深みがありますね。
あと、唱さんのコメントに納得です^^
私は恋愛中心でもいいと思うけれど、
たった1度の人生だから、↑恋愛だけでも勿体ない人生ですよね。
恋愛中心でも、他でも充実した気持ちになれる事をみつけたりとか、
輝く自分でいる…
女の幸せも、個人の幸せも、大切にしたいですね☆

先生。夫と離婚することになりました。その事を夫に伝えると、嬉しいと…。それだけ私は夫を苦しめてたんだと思いました。一度壊れたものは戻らないですね…。子供と共に生きます。

女の幸せって私には良くわかりませんが…。
私の目標とする幸せは、素敵な方に巡り会って、結婚して、子どもはいらなくてずーっと二人で仲良く暮らす事。
旦那様は年上が良くて、年上の旦那様が先に亡くなられたら親友と一緒に暮らすのが夢です(笑)
親友と、おばあちゃんになってお互い一人になったら一緒に住みたいね、って言ってるんです。まぁ、理想だしそう上手くはいかないとは思いますが。
だけど、そんな理想に向かって良い人生を送りたいですね。
自分の幸せは自分で決める。
人生は結婚が目標という訳ではないのですから。
死ぬ時に良い人生だったなぁって思って死にたい。
実家に住んでるし、まだまだ半人前な私ですが、これだけは自信を持って言える!!
今死んでも後悔はないです。それくらい全力で生きてます。
明るく楽しく生きてます。
記事とあまり関係無くなってごめんなさい。。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する