皆さんからのコメントで最も多いリクエストが、「どんな営業をすればよいのでしょうか? 」でした。


営業・・・流れからいって営業について書いていかないといけないでしょう。


一言に営業といっても、営業の方法はたくさんあります。書店のビジネス書コーナーには営業について書かれている本がたくさんあります。礼儀やマナー、ビジョンやポリシー、企画やプランニング、顧客満足度を上げる方法、計画や戦略、マネジメント、営業を継続できる精神力の強化方法、意志や信念を強くする方法やその力を継続する保持力、まだまだあります。営業について書くと本が数千冊になるでしょう。私自身もサラリーマン時代、営業を20年間経験しました。営業について総括すると、「営業は人生の修羅場をくぐりぬける人生道場」そのものだと思います。



こうして日本が世界を代表するグローバルな国になったのも、日本の営業マンが世界中に日本の製品を売り込んだからです。品質が確かで信頼度の高い日本の技術力と誠実で勤勉な日本の営業マン。商談では一番信頼できるという評価を世界が認めたのが日本の営業マンです。資源のほとんどない島国である日本が、世界を代表する先進国になれたのも、日本の高い技術力と高い営業力があったからです。



技術があっても営業力がないと商品は売れません。いくら頑固に神業の職人の腕があると言っても売れなければその商品は何の価値もないのです。売れなければ死活問題になります、技術に命を吹き込む作業が営業なのです。商品を売り込むために営業マンはときに心理学者となり、ときに哲学者となり、ときに科学者技術者となり、ときに戦略参謀となり、ときにカウンセラーとなり、人の心を掴む人心把握術を駆使して自分と自社製品を売り込みます。「この人から商品を買いたい」と顧客の心を掴んでこそプロの営業マンなのです。大企業の経営者はみなさんこういうと思います。営業力がないと会社は大きくならない。技術だけではダメ、営業こそが会社を大きくし、存続するカギだと。



私がこうして占い師として小さな成功を収めたのも、占い技術より高い営業力があったからだと自負しています。


営業でたくさん教え込まれてきた人との関わり合い、人の心を読んで商品を売り込む艱難辛苦の苦闘の物語は、まさに占いにうってつけだったからです。営業は人生道場の宝庫、だからどんな相談にも対応できるのです。


営業について能弁をたれましたが、さて・・・実際に女性が恋愛に営業をかける場合、どんな方法がいいのでしょう?この方法はどこの書店に行ってもありません。書店にあるのはビジネスに関する営業本ばかりだからです。



恋愛に関する営業の方法。

うむ・・・面白いかもしれない。


明日からボチボチ書いていきますか。
関連記事

コメント

楽しみにしてます♪

沖川先生のお話を、ぜひ聞いてみたいです♪
教えて頂けたら、嬉しいです。
今現在、仕事でも行き詰まり彼にも会えず苦しい毎日です。 長年勤めていた業種から身体を壊して離れて7年目…。
別な業種を転々。
一貫して接客業ではあるんですが何をしても、しっくりこない。
今さらながら、その仕事から離れたこと後悔してます。
自分自身の責任なんですが…。
紆余曲折をしながら今に至ります。
その間に私には夢や目標が出来ました。 彼も応援してくれてたんですが…今は私の夢のサポートどころではありません。彼を信じてるとはいえ、依存しすぎてしまったことを反省。 『営業』って人間関係には大切ですね。 恋愛面においての『営業』は特に知りたいです。
彼との付き合いには欠かせません。
私には営業力が欠けてると気がつきました。
沖川先生ぜひ教えてください。
よろしくお願い致します。

例えばいわゆる「モテ本」を読めば良いのでは。
営業のヒントがたくさん!
私、どーしても×〓落としたい人がおりまして、
プライドが とか言ってる場合ではなく、
がむしゃらに、こーゆー類の本を読み、
とにかく、できることはできる範囲でやってみました。
3年やった。
今年の夏に、彼に好きと言われました!
結局は、どんな夢を叶えるのも、方法は一緒だなぁと思った。
(←いつも沖川先生が言うように。)
もちろん、くじけそうになった時もあります。
そういう時は、このブログに励まされ、続けることができました。

みんちゃん
のコメントに励まされます。
まさに諺、石の上にも三年ですね。
わたしも復縁希望で、営業かけたりやめたり、
押したり引いたりでつらいですが、まだまだがんばりますよ。
沖川先生、復縁の営業の方法も、どうぞよろしくお願いします。
毎日ブログ楽しく読んでいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する