やはり男性側のタイミングと意思でプロポーズされる流れが、結果的に結婚後も上手くいく気がします。


プロポーズする主導権は男女どちらにあるのでしょう。本来は対等であるはずなのに、みなさんのお話を聞いているとプロポーズの主導権は男性側にある気がします。


何万年も続いた男女の役割のせいでしょうか?オスとメスの自然界の掟なのでしょうか、結婚は男性からのプロポーズが決まり文句のようになっています。これは日本だけではなく、世界の国々がプロポーズは男性からというルールが自然に定着しています。


男女の恋愛における、さまざまな葛藤や問題は、不思議と世界共通です。西洋・東洋問わず男と女の心理は、日本で起きていることが世界でも起きています。これは国際電話を通して世界で活躍している日本人女性の相談で明らかになりました。何だ、アメリカ人もドイツ人もフランス人もインド人も中国人も韓国人も男はみな一緒じゃないかというのが私の感想です。そして性格や特徴も生年月日で割り出した九星の運勢は、世界共通です。一白水星の人はアメリカ人でもヨーロッパ人でも東洋人でも同じです。九紫火星の傍若無人な振り回しぶりも世界の男たちが皆一緒でした(笑)。


その世界の彼ら男性は、結婚は自分の主導権でと考えているふしがあります。女性からプロポーズして結婚したという話はほとんど聞いたことがありません、あったとしてもごくわずか、ほとんど皆無でした。女性から催促されて結婚に至るケースはありましたが、女性がプロポーズの主導権を握っていると例はほとんどありませんでした。プロポーズだけは古来から培った本能のしきたりのままのような気がします。


その古いしきたりとはなんなのでしょう。
私が考えるに、その古いしきたりは男たる所以の「責任」だと思います。


この女性を一生かけて守るという責任と覚悟。その責任と覚悟があって愛する彼女にプロポーズするのではないでしょうか。


自由を愛する男性には結婚は不利になることが多々あります。「自由と愛」恋愛をしている男性はいつもそのはざまで戦っています。彼女のことは好きで愛しているけど結婚は考えられないという理由の大半は自由を奪わられるからです。「結婚すると自由でなくなる。」干渉され束縛され、好きなように自由に遊ぶことができなくなる。友達と夜中まで遊ぶこともできない、フラフラと外泊もできない、たくさんの女の子と遊ぶこともできない、旅行も気ままに行くこともできない、仕事を休まないで好きなだけすることもできない、車も自分がほしい高級車を勝手に買うこともできない、自分が稼いだ給料を自由に使うこともできない、自由を制約されるのが結婚だという抵抗が男性側に強くあるからです。



その反面、孤独は嫌だという部分もあります。一生一人では嫌、愛する妻と子供もほしい。家族が安心して暮らせる家もほしい。自由を求めながらも一人前の男として安定も求めているのです。「自由と愛との天秤」その比重の重さで、愛が重くて尊いとなればプロポーズするでしょう。その反対に自由が尊いとなれば彼女と別れを決断することになるでしょう。自由と愛のはざまで男はいつも戦っているのです。


プロポーズは男性が愛を選んだ結果生まれます。その覚悟は男性の責任となります。


そしてプロポーズされる女性は、男の自由より大事な女性です。彼女がいなくなると困る、とても良い子で彼女となら楽しく生活を送ることができる。チャーミングで元気で、一人で自由に遊ぶより彼女と遊んだ方が楽しいと思わせる女性です。そこには責任という重々しいものより、一緒にいて楽しいという動機の方が強いと思います。


理想は男性側のタイミングと意思でプロポーズされる流れ。となっていますが、私はあながちそうは思いません。何故なら昨今の男性は昔の男性と違うからです。草食系、中性化、慎重でシャイな男性、曖昧で優柔不断な男性が、ウイルスが繁殖するように増殖しているからです。男たる所以の「責任をとる男性」が少なくなってきました。そしてそういう男性を多く輩出する日本の経済にも問題があります。先々不透明な時代に、どうすれば男女は一生のパートナーとなって組めるのか、そこに恋愛日記の大きなテーマがあります。


そのテーマに沿って、今後とも時代にマッチした記事を提供していきたいと思います。

関連記事

コメント

今日の先生の記事、彼の気持ちをそのまま代弁してくださったのかのように納得出来ました。
結婚出来ないけど別れたくないと昔言ったかれ、結婚によって縛られる責任、自由に出来なくなると言ったのがやはり一番の理由だったのでしょう。
周りの結婚してしまった友達を同情の目で見ていますもんね。
責任や縛りよりも、安心や楽しさを彼に与えれば固い頭が少しは柔らかくなって結婚へ迎えるのでしょうか。
収入も少ないし、彼はやりたいことだらけの今の現状。
あたしは彼と一緒にいることを幸せに結婚など求めないのがベストなのかなぁ。
だって結婚の話題すらでなければ、もっと長く平和に居れるカップルいっぱいいるわけですもんね。
ホントそーゆ意味でも結婚てタイミングなんだなと思います。

プロポーズは男性からでも女性側に結婚する気持ちがないとですね…。
結局お互いのタイミングなんですかね。
彼はまだまだ自分の自由が大事みたい。
別の男性の熱烈アプローチが日に日に強くなって、今は距離をとりながら友達として食事行くくらいですが…。
仕事に一段落ついた大人なその方は今ちょうど、そろそろ結婚したいタイミングのようで…。
まるで私の友人達のように、今は大好きだけどまだ結婚する気持ちがない彼を待ち続ける私を卒業して、結婚の現実に目を覚ますのか…。彼が結婚する気持ちが生まれるか、私の前からいなくなるかの決着が着くまで、頑張ってみるか…。
でも結局最後は自分の決断です。男性側だけに何かを決める権利があるわけではなく、
受け取る取らないは、自分次第なのですから…。

そんな奴は『清く正しく美しくお一人様』を貫いたらいい。
そんな覚悟も出来ない奴に、適当な恋愛をして欲しくない。甚だ迷惑なだけである。

今日の先生のブログを読んで、大事なことを思い出しました。
一人で自由に遊びまわるより、彼女といたほうが楽しい。
以前、結婚してた時、彼は私と過ごすのが楽しく、彼の友達に会う時も出来るだけ一緒に遊ぼうと私を連れてました。
私は消極的だったので、社交的な為に大勢いる彼の友達との付き合いは、気が重かったのですが。。
出会って一ヶ月でプロポーズされ、私は時期では無かったので待ってもらい、五年付き合い結婚。
その後五年生活しました。
色々あって結果別れましたが、今思い返すと彼がプロポーズしてきてくれたのは、単純に一緒にいたかったのだと思います。
今好きな別の彼の気持ちをぐるぐる考え、複雑にしてましたが、とてもシンプルなことなんだな、と先生のブログで気がつきました。
会いたいな、一緒にいたら楽しいな、と彼に思ってもらえたら、
忙しくても今よりはもっと会えるかなと思います。
つい、彼の無精さなどのせいにしてしまいがちですが、相手の姿から、自分の至らなさも感じます。
会っていても、要求が頭に浮かんでしまうから、曇った表情を見せていた時も多分たくさんあるので。。
前向きに、自分がハッピーになって、会えた時には、感謝の気持ちで彼と楽しい時間を過ごせるようにします!

いつも勉強になっています。
ありがとうございます。
そうですね。。
男の責任感、、私は女性ですが、難しいこと抜きに、
そうなんだと思います。
いいからだまってこの俺についてこいっていう男のセリフ、、
今はめっきり古臭い響き?ですがねえ、、
でも根本は、男ってこういう気持ちがあると思うんです。
ぐちゃぐちゃいわないで、わかってよ~
結婚するんだったらついてきて、あるいは全てまかせるから~って^^仕事忙しいし細かいこと面倒だしって。
そういう男性って仕事はできたりするし、それなりの経済力とポジションにありますよね。
そして女性にある程度主導権を握らせているというか。
家庭と仕事がうまくいけばって思っているから、自分の自我を通さない部分をわかっている。我慢強く生きていけるんですね。
私の友人夫婦は友人女性が再婚ですが、一度目の結婚で浮気されて、二度目で今ご主人ととても幸せにくらしています。
その話をきくととても参考になります。
人それぞれ、いろんな状況があって様々違うけれど、
結婚生活の流れとして悩む基本は一緒なんだなあって感じます。
話を聞いた後で思うのは、
あとは自分にどう活かすかなんでしょうね。
そこはこう思う、けどそこは私はこうするみたいな。。。
ただ今のこの世の中、先生や皆さんもおっしゃるように、
本当に多様化、便利化しすぎて、
価値観って何?って人々を迷わせる情報が多すぎるんですよね。
だから結婚は人生に必要かなんてなってきたり、、
結婚しなくても生きていける世の中でも、いずれ孤独になって伴侶を求めるのはいくつになっても一緒なのに、、
だからその情報も自分でどれを選ぶか、どんな人と一緒になってどんな生活をしていきたいのか、
より明確でなければ結婚する人には出会わないと思います。
やっぱり自分がなんとなく恋愛したいだけだと、そういう人が寄ってくるし、、、
そして、何よりも経済も不安な世の中、全てにおいて不安だから結婚するまではいけないっていう男性が多いと思います。
実際、私のその友人女性のだんなさんも結婚しないで一生独身でもと思っていたといってましたが、彼女とであった頃がそろそろ年齢的に結婚をと思った時期だったといったそうです。
そんなもんですよね。
やはりタイミングは重要ですよね。
タイミングといっても、双方があわなければ意味がない。
男のほうはもともと結婚したくない、自由でいたい、
でもするとしたら、この女だったらお金かけてもいい、あるいはこの女だったら面倒なことなさそう、そして一生自分を面倒看てくれそうだからが理由でしょうかねえ、、
なんとなく恋愛してやっと結婚したとしても、やはりその男にとってはその女性じゃなければならない女としての魅力があったから結婚したわけだし、、、
できちゃった婚は複雑で、それでうまくいった人々はとても幸せでもともと絆があったからだと思うけど、
それで離婚している人々は、女性も自分の女の価値を下げてしまったのかなって感じます。
子供ができたら結婚するわね~みたいな。。それがなければ私はこの人と結婚できないからって、脅迫感がありますよね。
子供はネタではないし、、ただできちゃった子供に対しては宝だと思いたいけど、、^^;
もともと男がその女がすごくタイプならば、女にとっては有利ですから、その上で自分の価値を男性に対してあげていくしかないんですね。
価値をあげるって、外見を美しくするばかりでなくて、むしろそれ以外の自分の性格やその男性が何を求めているか、何が好きかたくさんつくすこと、常に怠慢にならないで努力するってことですかね。。
女が怠慢になれば絶対に飽きられますし、男は嫌になりますよね。
その怠慢さと願ってもいなかったずうずうしさが男が嫌になる原因。
女って半年もつきあうとその男に慣れてくるでしょう?
そんなふうに感じ、男側になって想像してみました^^
単純でわかりやすい男の人がいいと思いますよ^^
条件はあとからついてくるもので。。
一緒になる人ってたんたんとスムーズにいくし、電話で気楽に話したいときに話せたりするものですよね。
単純に自分が幸せになりたいと思って、それにむかっていけばいいだけかなって思うようになりました。
結婚もそんなに難しく考えてするもんじゃないような気がします。
自分が幸せになるために幸せになれる人を選ぶ。
今年はそう思い、先生のこちらの日記で自分を励まし、
冷静に着実に行けたらと思っています^^
前の彼、忘れてないけど、、
幸せになることはあきらめない、
自分にとっての幸せって何?どういう人と一緒になりたいの、どういう生活がしたいの?って
自分に毎日いいきかせてます。

今、結婚する気がないって言葉に落ち込んだり未来が見えなくなって不安になりますが…あたしは、じゃぁしばらく自由な時間を楽しむか!って割りきりました(笑)
友達と海外旅行行ったり、脱毛通ったり、一人暮らしをやめて結婚するまで親孝行しよ!とか。
がむしゃらに彼を追いかけるのを辞めて、お金も時間も自分のために使うって楽しい!
沖川先生のブログを真面目に読んでいたら、今の彼は全然ダメでこのままズルズル付き合っていたら結婚適齢期すぎてしまうー!と焦ったりもしましたが…
結婚をしたいのか、今の彼と結婚したいのか、きちんと決断してからはブレなくなりました。
わがままではなく自分にとって、何が大切なのかをその時その時で選んで行きたいです。
今は、仕事、家族、友達、一人の時間を大切に彼は5番手ぐらいで生活しているのがちょうど良いです(^.^)
未来より今を一つひとつ大事にして、お互いに育ちあっていきたいと思います。
先生のブログを必死によんで、一年かけてやっと、穏やかに彼の事を考えられるようになりました。
ありがとうございます!

なぜ、結婚の主導権が男性側にあるのか。
本当に不思議ですし、なんか理不尽です。
>「自由を愛する男性には結婚は不利になることが多々あります。」
>「彼女のことは好きで愛しているけど結婚は考えられないという理由の大半は自由を奪わられるからです。」
>「この女性を一生かけて守るという責任と覚悟。その責任と覚悟があって愛する彼女にプロポーズするのではないでしょうか。」
確かにそうなんですが、それは女性だって同じですよね?
女性には、出産という時間の制限があります。
男性にはそれがない。
私も、出産年齢という縛りがなければ、今の彼とのんびりお互い自由に恋愛したい。
結婚すると、制約もあるし、このご時世、男性の収入ばかりに頼ってられないので、仕事もしなきゃいけないのに家事も増えるし育児だって…。
今のまま、自分で稼いだお金をショッピングや外食やオシャレに使うこともできなくなる。などなど…
女性だって男性と同じくらい、いや!もしかしたら男性以上に不利なことたくさんあります。
男性は、自由と愛のはざまで揺れてるだけですが、
女性は、自由と愛と、年齢のしばりまで。。。
その時点で、すでに男女の結婚の主導権は対等ではないです。
なんか、書いていて辛くなってきました;

男女同権とか女性も自立して仕事を頑張っている人がいいとか、女性はパートナーとか言う男性がいますが、わたしはかっこつけてるだけで、責任とりたくない、自分のお金を君に使いたくない、時間を自由に使いたいの翻訳じゃないか?と思ってます(笑)
今の母親の甘やかし、マザコンが草食男性を産む元凶になるんじゃないんですか?
ひねくれすぎですかね?

結婚って
あんまり素敵なものでなく
召使、下働き、下の世話など、
おんなにとっては輝きを失うものだとおもう。
ただ子育てのために必要だけど
世間体とかあるのかなあ。
犬が飼い主をもとめるように
かわいがって遊んであげればいいのでは?
(女が飼い主です)

今まさにプロポーズ待ちの状態です。
先月頃に結婚の話題になり、お互いするつもりだという意思確認は済んだのですが、
その後具体的な話を進めようとしたら
「もう少し待ってほしい。そういうことはプロポーズしてから決めるべきだし、まだ俺はプロポーズしてない。」
と言われました。
私はしばらく頭の中が?になり、すでに同棲もして お互いの親にも会い、
周りの友人にも結婚するつもりだと話しているにも関わらず、プロポーズがまだだから具体的に進められないというのが正直よくわかりませんでした。
「これから仕事が忙しくなるし、秋頃になればもうすぐ付き合って三年、という実感もわいてくる。
だからもう少し待ってて欲しい。」と言われました。
なんだよ、結局自分の都合とタイミングしか考えてないじゃん
とも思いましたが、
男性にはそのタイミングが重要なのですね。
まぁプロポーズしてくれるみたいなので、
もう少し待ってみようかと思っています。

今日は ひめだるまサンの意見に賛成~!!!!!!
大変な覚悟で男の方は結婚という道を選ぶ、、、
なんでもっと なんとかなるさ~って思えないのかな、、、
あんまり重ーく重ーく考えすぎちゃうから
頭が薄くなったり 胃に穴があいたり。。。
だってこれ本当でしょ?
それが男なの!って言われればそれまでですけど☆
女の人が男の人を頼り過ぎるから駄目なのかなぁ。

結婚=自由が奪われる、不利になるという考えは男性だけでなく女性もあると思います。どなたかもコメントされていましたが男性よりもむしろ女性のほうが不利になることが多い気がします。家事に育児に親の世話…ほとんど女性がしてるじゃないですか(>_<)
あと、結婚=不利だと思うのはあまりにも「結婚して幸せだ」と言う人周りにいないからではないでしょうか。もっと結婚の良さをアピールしてほしいものです。
私の周りでも既婚の方はみんな旦那の悪口ばかり。「子どもさえいなければ離婚するわよ。旦那の顔も見たくない!」男性も「結婚なんていいものじゃないよ。独身は気楽でいいよ~。」と言います。それでは結婚のイメージなんて悪くなるだけです(>_<)
世間体や出産のことを考えなければ私は結婚はまだ先でいいと思うと思います。
でも歳を重ねるごとに女性としての価値がなくなっていく気がしてしまうのです…。彼も若い子のほうに行ってしまうんじゃないかと不安になります。だから結婚に焦るのです。

みなさんの意見を拝見してると、本当に微妙です。。。
人生は自分のもの。他人のためではないので、自分が決めた道を行くのがいいと思います。。
他人が何を言おうが。。。

maaさんに同感です。
結婚は女性の方が義務と責任が増え、出産によって命までかける。。。
それなのになぜ男性が優位で主導権を持ってるみたいなご時世なんだろ。
男性こそ一人で生きられるものなら生きてみろと言いたい。家事も育児もセックスも女性なしでは大変だし成り立たないのに。。。
そういうことを考えてくれてプロポーズしてくれる男性はやっぱり尊敬します。

このところ、結婚をテーマにされた内容が続いていて、
考えさせられることが多いです。
コメントの内容も様々で、それぞれの考え方があって、
ケースバイケースだと感じています。
私の彼はバツいちです。
そのこともあり、結婚に関しては、かなりドライな考え方で、
女性には「癒し」を一番に求める人です。
そういう関係を大切にできる相手であることの先に、
現実的な事をすべてクリアできる状態があり、「結婚」が
自分にとってベストな選択であるなら、再婚することも
ありうると思います。
若い初婚の男性とは「結婚」に対しての考え方も、価値観も
条件もすべて違うと感じています。
私は、基本的に彼の考え方を理解して受け入れてあげたいと
今は思っています。
籍を入れることよりも、今は一緒に居られることが自分にとって
一番大切で、結婚にこだわることで、何かを壊してしまいそうで
怖いのも事実です。
ふたりにとって、一番いい形でずっとそばに居たいし、
先のことはわかりませんが、お互いが必要と感じて「結婚」と
いうかたちをとれることが、理想です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する