ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 男が手放さない女(誠実な女性)
生き方に誠実な女性はいいですね。
仕事の愚痴(不平・不満)を言わない。人の(批判・悪口)を言わない。辛いことがあっても、それを顔に出さず、じっと耐えて誠実に生きている。そんな女性は手放したくないですね。


反対に仕事の愚痴の多い女性や、人の悪口ばかりを言っている女性は、すぐに手放したくなります。ネガティブの領域に長くいる女性とは付き合いたくないものです。


女性でもそうだと思います。仕事の愚痴、人の悪口ばかり言っている男性とは付き合いたくないでしょう。不平不満分子の多い人との付き合いは誰しも避けたいものです。


ところがですね・・・。

女性は男性と少し違うところがあります。誰しも不平不満分子の人は避けたいのですが、「女性には母性愛があり」不平不満分子を取り入れる傾向があります。「私だけに彼は愚痴を言う。」子が親を必要とする(必要性)を女性は強く感じてしまうのです。女性は男性にとって必要な存在になりたい、女性の必要性がなくなったら男性を愛せなくなる。母性愛は女性の愛のNO1の欲求であるため、それはしかたないと思います。だからダメ男を好きになる女性が後を絶たないのでしょう。


しかし、その母性愛は男性には通用しないこともあります。男性にも父性愛がありますが、愛に関するパワー比は女性の母性愛には到底及びません。父性愛は愛に関しては優しくなく、どちらかというと厳しいのです。だから不平不満分子を取り入れるものではなく、叱咤激励し自立を促すものです。我が子を先陣の谷に落とし、這い上がってきたものを後継者とする。ライオンの父子みたいなものです。不平不満分子の男子は社会で必要悪とされ、社会からはじき出されるのが男の社会の掟です。厳しく自立を促すのが父性愛であり、ダメ男を甘やかすのは父性愛にありません。だから男性にはダメ男を好きになる女性の気持ちが分からないのです。


そんな父性愛を基本的に持っている男性に、女性が母性愛で挑んでも通用しないのです。どういうことかと言うと、「女の考え、女の気持ち」で臨んでも男性には理解できないということです。


「女の考え、女の気持ち」でいくと、
仕事でストレスを抱え、対人関係で行き詰ると、女性はすぐに誰かと相談したくなります。愚痴や不満をたくさん言って誰かに話を聞いてほしいのです。その矢面(やおもて)に立たされるのが彼氏です。でも彼氏は男性の父性愛を基本に持っているので、女性のくどい愚痴を聞く耳を持っていません。解決策を述べ、そのネガティブな話はこれで終わりにしたいのです。女性が苦しい時に話を聞いてくれない彼氏に幻滅して女性のストレスはますますたまっていきます。その結果別れの原因の第二位をたどります。別れの原因の第二位は、女性が極度に男性に不平不満の愚痴を浴びせたせいで起きています。



これでおわかりでしょうか。男性もあなたと同じように母性愛を持っていると勘違いしないでください。これを「女の考え、女の気持ちでいくと失敗しますよ」と言っているのです。あなたの不平不満は男性と相談してはいけません。かえってあなたのストレスが増すだけです。相談するのなら同じ母性愛を持つ女友達か、あなたの母親と相談しましょう。建設的な前向きな相談なら彼氏と相談していいのですが、ネガティブな仕事の不満や愚痴、他人関係の悪化は、母性愛を持っている同性と相談しましょう。こういうときはあなたの彼は役に立たないのです。


男性が求めているのは、前向きな誠実な女性です。
社会に対して不平・不満のない女性。人の悪口を言わない女性。辛いことがあっても、それを顔に出さず、じっと耐えて誠実に生きている女性を求めているのです。

関連記事

コメント

上手く使い分けするのがポイントですね。

確かに(笑)
ただ話を聞いてほしいだけなのに、解決策とかお説教されてしまうことってあります。よけいストレスたまって、話さなきゃ良かったと思います(笑)

最近、なんかブレを感じます…。
男性の理想の中にも、色々な好みの
女性やパターンがあって、全部参考に
してたら、それこそワケわかんない
何考えてるかわからない女になって
しまいそう…。
もういい加減年ですし、ある程度
自然体に行こうと思います。
「明るくて前向きならすべてよし」
「前向きで頑張る人間が素晴らしい」
みたいな風潮がずっとあって…
意外と前向きな人たちが、急にウツに
なってしまうことが、自分の周りでも
よく起こっています。
頑張ってきた人ほど、
皆さん取り返しつかないほど、ぶっ壊れて
らっしゃいます。
人間いいときばかりじゃない。
頑張れない時もある。
つらい時に支えあえるのが、家族では
ないでしょうかね。
プラスの側面しか、見ない、
見せせられない考え方は、先々大きな危険を
はらんでいるのではないですか?
男には、男の考え方とやり方があるけど
同じように
女には、女の考えとやり方があって
当たり前。
「えー、そんな考え方あり?」
みたいに、違いを感じてお互い折り合いを
つけながら進むのが、人間関係の基本かと
思うのですが…。

私の母親は「父性愛」的な性格で(笑)悩みを相談しても「ウジウジしててもしょうがない」で終わってしまい、子どもの頃はそれが辛かったことがあります。
あまり悩みを人にうまく相談できなかったり、好きになる男性に心の支えを過度に求めてしまうのは、そういったところも影響しているのかな?と思いました。幼い頃から母親が上手に相談に乗ってあげることも、恋愛上手の条件なのかしら…と。

いつも本当に勉強させていただいてます。
いつも本当にありがとうございます^^
男が手放さない女のシリーズ、すごく考え方の参考になっています。
そうですね。。
我慢強さ、忍耐とか最近失われつつありますね。
本当に便利になりましたものね。
我慢しなくてもいい、我慢している人は損、みたいな風潮。
我慢というと、ネガティブなイメージですが、
私の場合イメージするのは、その男の行動をありのまま見て待ってみる、という感じでしょうか。
いろんな責任の伴う大きな仕事を抱えている男ほど、愚痴は山ほどあって、それをいいたくない、他人に弱さをさらけだしたくないから、いろんなストレス方法を考え発散はしてみるものの、、
やはり人だから、信頼できる側にいる人にたわいもなく話せる、だまってきいてくれる、
そんな男は、そういう状況が常に欲しいと望んでいると思います。
でもここはこうがいいんじゃないのなんて、アドバイスをしたくなるのも母性をもつ女性心理ですが、そこをぐっと押さえ、ひとまず飲み込む。
とりあえず愚痴をいった自分を、認めてだまって信頼してほしいのが、男だと思います。
最近、本当に男って可愛い生き物だななんて思うようになりました。
年齢ですかね、、、
女性は悩んで誰かに相談しても、結局最後は自分できめる強さがありますよね^^
でも何かアドバイスがもらえないと不満だったりして、また何度も相談したりしますね。
そしてその何度も相談してそうよね~ってその人のことをきいても、
自分の中ですでに回答はきまっているんですよね。
結局きいているようで何もきいてなかったことになってたり^^
ほら、よく友人同士の会話でも、へ~そうなんだってきいてなくて、それでさあ~ってすぐ自分の会話になってませんか。
男はそういうことはできないと思うんです。
会話しているときにこちらがきちんと反応してないと、きいてないでしょなんていわれたりする。
男はひとついわれると、それを必死にきくから。
相談とか面倒くさいと思いますよ。そしてどうして女っていちいち相談するんだろう、結局自分できめるのにって感じてたりしてますよ。
だから男に相談すると、回答が非常に早いですよね。
え~もっと話をきいてほしいのにって^^!
最近は携帯メールのおかげで、いいたいことをどんどん書いてくる男も増えたように思います。
それも電話だったら絶対にしないような時間帯に平気で打ってくる。
友人としても男としては幼稚ですね。
世の中が我慢のない時代になってきているように思います。
だから、せめて自分だけでも、常識や相手の生きている世界をふりかえって、人とうまくやっていくことを常に思っていたいと感じています。

女はただ話を聞いてほしいだけ、共感を求めているのであって、聞いてくれるだけで癒されるのに、男の人って、話を最後まで聞かずに、助言だったり、解決策を示したがりますよね。
それは、男の人は限界ぎりぎりまで自分で考えて、人に話すときは助言を求めているときだからというようなことが、ジョン・グレイ氏の「ベストパートナーになるために」にも書かれてますけど、あの、十分に話を聞かずに途中で口を挟まれると、結構イライラするんですよね・・・。
女は話を聞いてほしいだけなんですよね。
「うんうん」と耳を傾けて、共感してほしい。
それだけで癒されるのに。
愚痴は誰もが聞いていて気持ちいいものではないけど、近しい人には、聞いてほしい、気持ちをわかってほしいと思いますよね。
パートナーにも。
タイミングや言葉選びなど、十分な配慮は必要になると思いますが。

そんな女性ばかり我慢させるような、包容力ない男性なんていらないです。

いつも楽しく拝見しています。
男性は、自分の身に降り掛かる火の粉くらい自分で払える女性に
自立心を感じるんだと思います。
私も年相応に、色んな経験をしてきて、やっとわかるように
なったのですが・・・。
彼氏だから、愚痴や不満を聞いてくれて当たり前、
弱い部分を見せられるから、彼氏じゃないの?
そんな風に思っていたし、自分の気持ちをぶつければ
受け入れてくれて当然だと思っていました。
でも、違うってことに気が付いて、大げさかも知れないけれど
人間って、女性は特に、彼氏がいても、たとえ結婚して
家族や子供を持っても「孤独」を感じることが
あるものかも知れないと。
だから、一人でいても楽しい自分を作った方が
きっとこの先の永い人生、自分に前向きで楽に生きていけるのではと
最近思っています。
なんだか冷めた意見と思われるかも知れませんし
上手に言えなくて申し訳ないのですが、
こんな風に考えることが出来るようになってからの方が、
私は、恋愛が楽しくなりました。

彼の前では明るくいます。笑顔を見せて、手料理を振る舞い、不安や不満はなるべく口にしません。相手の話を興味深く聞いて、リアクションをしっかりとっています。でも甘えるところは甘えるし、感謝の気持ちを伝えます。だから二人の関係はすごく良いですし、そうやって過ごしていると、「不安」や「迷い」が消えて…私はまた前向きになることができます。これは私の自然体です。
誰に対してもこんな努力ができるわけではありません。やっぱり今の彼氏を尊敬して、彼が応えてくれてるからこそ、継続できているのです。
でも今回、婚約破棄になり、それでも許して尽くし続けていることを… なかなか周囲に理解してもらえません。ダメ男だ、要らぬ忍耐だ、彼は応えてないじゃないか、と言われ…胸が苦しいです。
私自身は辛い気持ちを乗り越えて、前向きに歩き出したと思っていても、「一人になることから逃げている」と、(特に年配の方からは)言われます。
「現代の頼りない男の代表」である彼氏の味方であり続けるには…周囲の共感や協力を得られない(つまり、自分の決断に責任を持つ)覚悟をしないといけないなぁ…と思います。
それが結果的に婚期(出産適齢期)を逃して、手遅れになったとしても、「自分の気持ちに素直に、やれるだけのことはした!」と、自分を認めて後悔をしないこと。明るく生きていくこと。
これからは、そういう覚悟で臨まないといけないのかな。
両親は寛大で理解がありますが、一般論からしたら「責任を負わない男の、都合のいい女になっている」のでしょうから、なかなか本音で相談できません…。
破天荒な彼氏に付き合える自分は、破天荒なんです!!彼氏は弱いけど、私も弱いんです、すみません!!
って、早く開き直りたいです(笑)
あたよんさんのコメントには、心から共感しました。

付き合う=何でも言えて、辛いときに支えてくれると思っている方は今日の日記を読んでそれじゃ付き合ってる意味なんてない!と思うのでしょうね。前の遠慮しない女と繋がってくると思うのですが、政治、経済に対する考え、自分の人生、自分の好み、それら自分自身のことについては相手の意見と同じだろうが違っていようが『私はこう思う』とはっきりいった方がいいに決まってます。
でも、沖川氏のおっしゃるように、人の悪口は、相手もその人を知っていて、相手も同意する場合は別かもしれませんが、最小限にしないとそれを言ってる人のイメージダウンになってしまうのですよね。
そういう人がいても自分でやりすごすなりの解決力や人としての余裕を求めているというか。
ことあるごとに聞いてよ~って言われてもうんざりするだけです。どうせなら風情でそれをさりげなく健気に訴えた方がいくらか同情してくれる気がします。
ブレてきているとおっしゃっている方がいらっしゃいましたが、人の魅力としてはその人の人間性(何を考えどう生きているか)以外にないですよね? 料理や仕事は、(人間性の一部であるかもしれないけど)人間性を彩る要素なのだと思います。
そしてその人間性はどんなに素敵なものであったとしても、是と思う人もいれば否と思う人もいる訳です。
万人に是と思われる策などこの世にはなく、それを分かった上で私にはこれしかない、この私で打って出る、負けても已む無いと覚悟を決めることが大切なのだと思います。でも折角勝負に出るのなら、武器を少しでも持ってる方がいいですよね ってことだと思います。
愛とか情とか皆軽々しく口にしますが本当は相手のことをそんな風に見れるのは信頼が確立されたずーっと後からのことのように思います。
沖川氏のおっしゃるとおり恋愛はビジネスと酷似してますね。

あよたんさんへ
私も同感です
女性だっていつも、いつも元気で前向きばかりではいられないと思います
そんな時にに理解を示して欲しい人にわかってもらえないのは
なんのための家族なんだろうと思ってしまいますね
たしかに、一方的に愚痴や不満ばかりで追い詰めてはいけないと思います
でも、男性には女性が自分らしさを失ったときにこそ
本来の自分をとりもどさせるよう魔法のように接して欲しい
彼の接し方を見てハッとさせられるってことがあると思うんです
もちろん不平不満を聞いてくれる女性の友達もいるとよいと思いますが、だから彼には話さないでおこうって言うのはまた別の事象のような気がします
自分のことを客観的に見る目を失わないでいたいものです

一生懸命頑張って、正直にまじめに生きていても、
それを理解して向き合ってくれる人ばかりではありません。
真剣に向き合った結果、
あいまいな態度をとられ、、
自分自身のバランスをとれなくなり、自分を見失ってしまう。
あよたんさんの言うように
まじめに生きている人ほど、バランスを
崩してしまう人が多いと思います。
先生の意見や、
皆さんの意見はとても参考になりますが、
すべてが自分に当てはめられるかというと
そうではないような気がします。
それぞれの性格、個性があるのですから、
先生の言葉を理解したうえで、
自分なりに噛み砕き、
自分を偽ることなく、
自分らしく生きていくしかないのではないでしょうか。。
先生の言葉を、
理解したうえで、自分らしく生きるのと、
何も知らずに、努力もせずに生きていくのでは、
大きな差があると思います。
たぶん、
すべてを自分に当てはめてしまえば、
自爆の一途をたどるだけです。。。私自身は。。
しかしながら
恋愛を始める前に、
ここを知っていたら、
違った道を歩んでいたように思います。
自分を偽ることなく、正直に生きて、
良い時も、悪い時も、
お互いを支えられるような人と
是非ともめぐり会いたいです。
そんな器の深い人は、
最近少ないようですが。。。
自分が生きることで精いっぱいの世の中なのでしょうかね。

ひとしきり討論したあとに、
「話をきいてくれてすっきりしたわ、ありがとう」とさえ
言ってくれればそれで男性は満足しますよ。
そのひとことが欲しいんです。

この手放さないシリーズ、とても参考になります。
すべてをバランスよく兼ねそろえたら、それは、手放さないでしょう。自分ができそうな得意な部分を延ばしていけたらいいと思います。
ただ、がんばりすぎには注意です。
いつだって女は一途で誠実で信じてて優しく元気で明るく・・・。
を求められます。女が元気なら日本が元気になるってね。
でもいつだって前向きにはいられないです。
みんな人間なのですから。
私は性格が内向的でおしゃべりではないので、口数も少ないため
女性はいつも明るくと期待されるとつらい時あります。
そんな、ちょっとした部分をちょっとフォローし合える関係が
できるといいですよね。

悪口や愚痴って仲間でぱぁっと言ってしまえば、結構楽しいけどくだくだ聞かされたり、あんまり長くされると、疲れますもんね!男女関係なく。
笑える愚痴の言い方とか、愚痴っても最後は笑いにもってくとか、
言っても切り替えて別の明るい話にしたらいいんでは?
ネガティブで常に口を開けば愚痴ってばかりだと誰でも嫌ですよ。嫌われますよ。話術があって面白く言えるなら別ですが。
でも適度ならネガティブな話しだって男性だって嫌がりませんよ!
ただ聞いてくれるだけでいいから時間いい?
ありがとう聞いてもらえてよかった、やっぱりあなたに話してよかった!助かった、わたしこんな大変だけど仕事頑張る!とかけなげさを演出して
大げさにありがたがってまとめちゃえば男性喜んでますよ!
あとコメント読んで思ったことですが、真面目で頑張り屋で正しくしていたって恋愛に関してだけは、報われるとは限りませんよね。
むしろ仕事の方が裏切らないかもしれませんね。
人生の中でも特に恋愛は残酷で理不尽で当たりまえ、一番厳しい分野だと聞きます。
身近に失恋して自殺した方までいます。
わたしは恋愛は素晴らしいもの、癒されるものと思ってますが、同時にだましあい、魅力の競いあい、化かしあい、傷つけて傷つけられて当たりまえ、残酷で当たりまえ。そう考えてます。すると楽になります!
恋愛や人生は理不尽で、不公平で当たりまえで、その上でどうするかを日々考えてます。

男が手放さない女シリーズ とても参考になります。
自分はどうかな〜って見つめ直すきっかけになってます
ありがとうございます。
彼と出会ってそして付き合って別れ、ここで、先生の本で学んで復縁して…気がつけばもう3回目の夏が終わろうとしてます。
いつもここで勉強させて頂いたおかげで、彼とは、今までで1番良い関係に変わってきました。
先日、一緒に過ごした時に、何気ないいつもの会話、いつものような時間…それが心から本当に幸せだと感じました。
私は凹む出来事があったら、彼に相談しますよ。彼はちゃんと聞いてくれますし力になろうとしてくれます。
愚痴の垂れ流しは気をつけたいところですけど…(笑)
女同士でも同じですよね。
色んな出来事を乗り越えて、気がつけば、二人の間に信頼が育ち、思いやりが育ち、尊敬する気持ち感謝の気持ちが育ち…
始まりはただ、好きな人だった
好意が、学ぶ姿勢を持つと、こんなに成長していくんだなって…
これからも、勉強させて頂きます。いつもありがとうございます。

すごく勉強になりました。
いろいろ考えるところもありますが、この男女の違いを互いに理解し、わかり合えればいいなぁと思いました。
結婚間際の男友達が「俺もうん、そうだね。偉かったね。って言えるようになったんだよね。」って言ってました。その彼女は自爆をしなくなっていったそうです。互いが理解し受け入れる。そしてある程度、成熟した大人が家族をつくればきっとうまくいくのかなぁ。なんて思いました。
あたしはしばらく自分磨きに専念して、愚痴は女の子にお願いします。

社会に対し不平不満がないのは、何も見ていないからではないかと思えてなりません。
仕事をしていれば不平も不満も出てくる。
それを改善していく事で会社はよりよくなる。
社会も同じ、何も疑問を持たず国のやる事を右から左に聞いているからこんなだらしのない社会になる。
目先のマニフェストを鵜呑みにして、国を駄目にする片棒を担ぐ。
男性は何かと女性の社会進出を拒む手立てを模索します。
社会に対し不平不満のない女性を望むのも、何にも疑問を持つな。
与えられた仕事や生活に満足しろ、という奴隷のような感じがして嫌です。
私は、不平不満はいいと思います。
ただし建設的に代替案を用意できるなら、です。
ですから愚痴は「だけど頑張ろう。だからこうしよう。」って最後に言えないものは却下です。
所詮女は、母親の代役なんですよね。
男性の脳の仕組みは、母親に対する子供そのもの。
本当は母親しかいらないのです。
でも母親とは子孫を作れない。
だから母親役を彼女にスライドさせ「妻」という名を与えて子を作るのでしょうね。
男性が本能で求める女性に、母親じゃない所が一つもないことが結論なんだろうな、と読んでいて納得しました。

先生が書いてある記事を見て思います
私は男の前で
完璧ですね
モテます
私に足りない所は
男の前では完璧な女
家では手抜き(息抜き)
する所です 何故なら私も人間だから
でも決してボロは出ません

愚痴を言わない、これはとても大切なことです。
(頻度の問題もありますし、笑い飛ばせる程度ならよいのですが)
私の母が「口を開けば愚痴と批判ばかり」の人で、
子供のころからそれを聞かされて育った私は
危うくそういう性質の人間になるところでした。
両親は父のギャンブルが直接の原因で離婚しましたが
もしかしたら、母の愚痴体質に嫌気がさして
家に帰りたくなくなりギャンブルに走ったのかもしれません。
100%自分は悪くないと思っている母にこのことは絶対に聞けませんが…。
長い人生をともに歩むことになるパートナーが
愚痴体質だとうんざりしますよ。娘の私でさえそう思いました。
愚痴のひとつも話してはいけないの!?と
不満をコメントされている方がいらっしゃいますが、
どうしても愚痴を聞いてほしいときは
「とてもイヤなことがあって…あなたにただ話を
聞いてもらえるだけで楽になれるから聞いてくれない?」と
前置きをしてはいかがでしょう。
そうすれば聞く側も心構えができますし、下手なアドバイスをせずに済みます。
有名な話ですが、女性は男性に対して
「相談」という形をとって話を聞いてもらおうとするので、
ただ話を聞いてほしいだけの女性の思惑に反して
男性は解決策やアドバイスをします。
「相談」しているのだから当然ですよね。
話を聞いてほしいなら、それをハッキリと前置きすれば
無用な行き違いが起きずに済みますよ。
言わずにわかってほしいというのは甘えです。

昔、二十歳過ぎくらいの頃、彼氏に仕事の愚痴を言っていたら、ある日、初めて別れ話をされました。びっくりして泣いて謝り、お付き合いは続きましたが。
その時、以前友人の彼氏が私に、「仕事の愚痴ばかり言われてもこっちはつまらないじゃんねぇ。」と友人のことを話していたのを思い出しました。因みにこの男性は友人のことを大好きでした。
男性と女性は違う、と認識しました。私はそれから、彼氏には仕事の愚痴は言わない、を徹底しています。というか、今は自然にそう出来る様になりました。愚痴は女友達に(笑)
当時の彼氏には感謝しています。愚痴を言わない私になれたきっかけを作ってくれた。愚痴って言い始めると日々ぽろぽろ続いてしまいそうなので。自分の愚痴は言わず、彼のたまの愚痴を優しく聞いている自分の方が、自分としても自己嫌悪にならず、イイ女の気分で楽かもしれません。
でも大きな岐路、迷う時、本当に困った時等は彼に相談しています。今の彼はちゃんと頼もしく相談に乗ってくれます。

沖川先生、皆様。
何かすんません。波紋投げかけて。
実は私自身、実生活では、あまり愚痴も
悪口も言えなかったりします。
しかも関係が深くなるにつれ
「ここで言っちゃいけない!」
と、なぜか規制をかけてしまいます。
そうすると、どうなるかと言うと逆に
相手との壁ができてしまいます。
で、関係が硬くなってなんかギクシャク
するんですね。
何かにつけコチラが我慢していると、
なぜか相手がイライラしてくることが
あります。フシギですが。
コチラでパンパンに膨らんだ風船が
なぜか相手から噴出する感じ…。
以前、どうしても我慢できなくて
「仕事辞めたい、うじゃーっっ」
と唸っていた時に、彼から
「辞めたいなら辞めちゃえ!」
と言われて、妙にお互いスッキリした
ことを覚えています。
「聞いてー、今日こんなことがあってな…」
「あいつは、もうどうもならんなー」
とか、明るい感じの愚痴や、愛情込めた悪口は
逆に潤滑剤になりえる感じがします。
「なあなあ」な関係はマンネリも生みやすい
けど結局楽ですし、最終的にそんな
場所に人は落ちつきたいのかもな。とも
おもいますね。
もちろん、いろんな方の好みと考え方が
ありますが。
ちなみにビジネスにも恋愛にも戦略は
必要ですが、やっぱり基本は信頼関係だと
思います。
しかも、信頼できる本当に誠実な人間か
どうかは、割と初期からシッカリ見られている
ような気がしますね。
本当の意味で「性格が良い」と言うのは
ものすごく、重要なことかもしれません。

ケースバイケース^^
みなさんのコメントを読ませていただき、率直に思いました。
誰からも好かれる=八方美人
になる可能性もあり、そんなあなたを見て「なんだよ。誰にでもいい顔るすのか」ってなるかもしれないし。。
自然体でいいと思います。
無理は自分を壊します。
自然体の自分を好きになってくれる人。そんな人と出会いができれば
ベストですね。。。
私自身、いつも勉強です。

こんばんは。ちょっと、今日の記事は私はわかりません(ごめんなさい) 愚痴を言わないのが、誠実って言うのがちょっと。愚痴は心のゴミだから、適度に吐き出さなければ、しんどいんじゃないでしょうか? だから、私は恋人が居る時でも居ない時でも、適切な場所で適当に吐き出しております。

さっき別れてから連絡をとってなかった大好きな人に四ヶ月ぶりにメールしてしまいました…
自爆です(笑)
私の事なんて興味もないみたいですね。
沖川先生が言うような女性になれたらいいな。

愚痴を言わずに前向きにいつも明るく!
これが出来れば苦労しないんだろうけど、それだと疲れちゃいますよね。
どーしても愚痴言いたくなる時はあります。
そんな時は他の方も言ってますが、前振りするとか、おもしろおかしく愚痴を話すとか、工夫しないとダメですよね☆
ネガティブな話を聞いてもらうんだからそれぐらいの配慮はしないと!
まぁ前の彼で失敗して学んだことなんですけどね(笑)

手放さない女シリーズ、続けば続くほど「あっちゃ〜」って後悔しきりです。
これ以上男性の理想(お母さんになれ的な)を聞きたくないような…
次のテーマに行ってください!
但し不倫には戻らないでください(笑)。

ここに集まる皆様のコメントの深さに、とにかく感動しています。先生、このような唯一無二の場所を…無償で…本当にありがとうございます。恋愛日記に出会えたことで、今まで孤独に闘ってきたことの全てが、報われているような気がしています。
皆さん、吉野弘さんの「祝婚歌」ってご存知ですか?
私はこれまでトイレに貼って毎日眺めていたのですが、今回の皆さんのコメントを読んで、改めて本質を突いてたんだなぁと実感しました。

『愚痴』と『相談』は違うし、『八方美人』と『みんなに優しく出来る人』も別物だと思います。
どちらも前者は
誰しも自然と受け流したくなるものでしょうが
後者の場合は、しっかりと受けとめたくなる物ではないでしょうか。
世の中には『紙一重』のものが、たくさんありますが『誠実さ』を忘れない自分でいることができた時に、好ましい選択をすることができ後悔しない。
正しいか否かではない。
どんなシーンにおいても
『前向き』な姿勢が
全てに繋がると思います。

今回の話はなんとなくわかります。
ネガティブな話ばっかりされると聞かされている方は嫌になってくるんですよね。それは男女関係なくだと思いますが。
でも、元々ストレスたまらないような性格なら別ですが、あんまり完璧な女演じるのもしんどいので私はテキトーに吐き出してます。
そう言えば一時期、仕事が本当にしんどくて辛い時があって泣いたりすることもあったのですが、その時の彼は本当に親身に支えてくれました。その彼とはお別れしてしまいましたが(それとは別の原因で私から別れました)、今でも感謝しています。
一所懸命生きてれば思わぬところで辛いこともあります。いつもいつも明るくいられる人っていません。私個人としては、そういう自分もたまには見せられる人がいいですね。もっとも、小さなことで揺れない自分を作るのも大切だと思いますが。
あともう一つ。
愚痴を言わない=誠実、って言うのは飛躍しすぎだと思います。

私はまさに、愚痴や文句を言い過ぎて振られたので、今回のテーマがグサッときました。反省して、自分を見つめ直して「もう愚痴や文句は言わない!」と決意した矢先に先生のこの書き込みがあったので、すごくびっくりしました。
前までは彼に聞いてもらって、ストレス発散してました。かなり精神的に依存してたと思います。
愚痴は言わないって決意したら、案外言わなくても大丈夫になりました。
どうしても何かを聞いて貰いたい時は、相談という形で、アドバイスも話を折らないで受け入れて聞くようにしてます。
でも、話を聞いて貰うだけで、話すだけで楽になるという女性の気持ちはすごくよくわかるので、友人の話はなるべく真剣に聞くようにしています。

じゃ、相談にものれない器の母親を持つ女性はどうしたらよいのでしょうか?
世の中には不出来な母親のもとに生まれた女性は沢山います。
友達ができた母親と仲がよく恋愛の相談から、応援までしてるのをみて何度うらやましいなと思ったことでしょうか。
私にもこんな母がいてくれたら、
私にもこんな尊敬できる母と仲良くできる関係がもてたら。。
そんなこと何度と思いました。
でも、母親はかわりません。
取り替えられないのです。
なんど、教育しても諭しても、不出来な母親がこの世には沢山いるのです。
そして、そんな母親の元に生まれた女性も沢山いるのです。
先生はその辺をお考えになってこのコラムを書いておられるのでしょうか?
できた母親がほしいのなんて当たり前です。
でも、それが現実にはなく、路頭に迷い、信じた彼氏に頼りたくなってしますのはおかしいことでしょうか?
私は普通だと思います。
男性だって不満があるなら、女性のその不満を理解したり受け止めたりできる位の度量を身につけてほしいものです。
だから、いつまでたっても日本の男性は進化しない"自分よりも"弱い女を囲いたがるのです。
不満や不平を母親と話せというなら、
世の中の不出来な親たちをまずは教育してからいってください。
そんな母親の元に生まれて苦労しているのはこっちです。
おかげで恋愛もうまくいかないのですから。
恋愛日記なる母親教育師なるものも、どうぞやってください。
どれだけ不出来な母親たちがこの世にいるのか、知ってみてください。
そして、そんな母親の元に生まれた女性たちの苦しみや苦労を知った上でこういう事をいってください。
簡単に母親と話せといわれるのは、腹が立ちました。

粋やね!

男性も今や等身大の生き方を望むようになった。
キーワードは「堅実」。自分の収入に見合った生き方をする。
自分の生き方を曲げてまで仕事に家庭に献身しようとは思わない。
という男性がいる反面、派遣労働・無職等不安定な身分に身を置き、不本意ながらもしぶとく生き抜くために堅忍不抜の思いで
現状に耐え続けている男性もいる。
その一方で、弱者優遇の旗印の下、
女にだけ甘い日本の法制度では
離婚しても地獄・結婚しても地獄・恋愛しても地獄ということが
男性の間に広く浸透し、非婚という生き方を選ぶ男性も徐々に
その割合を増しつつある。
そのような男性のライフスタイルの変化・多様化というものを
女とマスコミは全く理解しようとはせず・理解できず、
結婚しようとしない・したがらない男性をけなしたり貶めたりと
なんとか昔のように女を守る男性に戻そうと煽り・洗脳に必死ではあるが、
ネット全盛の現代にあって必要な情報はネットで取捨選択して
取り入れている今の男性にはその程度の煽り・洗脳は無駄である。
女性とマスコミが自制・自省し、人の褌で相撲を取るがごとき
言論・行動を改め、自らが生産的な社会資本としての役割を
担わない限り、男性はマスコミと女性からは離れ続けるであろう。
<注>
くれぐれも言っておくが、子供を産めることと生産的な社会資本であることは異なる。

書いてるのみてるだけで男の人の視点でみたらこれぞ「甘え」
男の苦労の苦の字も理解できてない女ってまだいるのね
私は朝6時半におきて~、 そのあと6時5分にお化粧して~
ジャニーズうんたらかんたらで~あいつの態度がアレで~
なんて下らない話なんてきいてられるかっつ~の
男は仕事・家庭関係・孤独・失敗したら死と同義の社会の輪
やくざみたいな上下関係、色々背負ってしっかり生きる為に
大なり小なりやってんだっつーの。ぐだぐだぬかすな
くそ寄生虫の女ども 海外でも日本の女は一番役に立たない
わがまま女だっていわれてるんだからもっと慈愛心持てやぼけこら!

どうしても、仕事の愚痴を言って、泣きたい時もあると思うんです。いつも気丈に泣かずに愚痴を言わずにいられる女性なんて、いないと思うんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する