ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 世間の風潮、風評に負けるな
結婚したら損だ!という風潮、風評。


30歳を過ぎた男性、5年付き合っている彼女がいる。周りの友人や親が、「そろそろ結婚したらどうだ」と言う。すると彼は「オレは絶対結婚しない」と声を荒げて言う。やくざ口調で、怖い目つきで、それを言った相手に今にもかみつくような態度で「二度とそれを口に出すな!」と恫喝する。「けっ!結婚なんて誰がするか!」と吐き捨てる。彼の態度を見た、周りの人は二度とその言葉を発しなくなる。



このように困った君が多くなってきた。「オレは結婚しない」などと言いながら、何で女性と付き合うの?と思ってしまう。


するとこういう類の男の言い分はこうだ。彼女と付き合う前に、最初にオレは結婚をしない、あるいは結婚を考えていないということを付き合う前に言っている。それを承知して彼女はオレと付き合っているのだから結婚はしなくて当然だろう。


「オレは結婚を考えていないよ」という言葉を最初に言っている。なのに・・・それを承知で付き合った女性たちが悪い。世間一般で言う「あんたが悪い!」と片づけてしまえばそれでお終いだが、私の心情でそうもいかない。


私は世間一般や第三者的観点から物事を見ない。不可能にチャレンジする習性が身についているのか、こういう類の男にチャレンジしたくなる。男の感情や心理、男の理論に対して、それを上回る方法をいつも見つけようとしている。世間一般の考えより、相談に訪れているお客さんの感情の方が私には大切だからだ。




たくさんの相談で毎日聞かされている言葉、「オレは結婚しない」毎日毎日聞かされて耳にタコができるくらい呆れるほど聞いている。「オレは絶対結婚しない」と声を荒げて、やくざ口調で、怖い目つきで、相手にかみつく態度で「二度とそれを口に出すな!」と恫喝する男も結構いる。あほらしいほどたくさんいる。そうかそうかわかった・・・「君は男として自信がないんだね。」自信のある男は女性の前で、みんなの前でそんなことは言わない。恥ずかしくてそんなことは言えない、なぜならばそう言う言葉は男の沽券にかかわるからだ。なのに平気でその言葉を発する男たちが多くなってきた。それは社会の風潮や風評に振り回されているからだ。そして精神年齢が低く、子供じみた男たちが増えてきたからだ。「タフで優しい男は減ってきた」みんな保身に走っているだけ。健常な男子なら「荷物を背負ってナンボ!荷物を背負わない男子は男ではない一人が自由だ楽だと言っても、晩年は世間に負けた惨めな孤独を味わうだけである。」



男たちよ!こんな時代だからこそ、タフガイな男になろうじゃないか。荷物を背負ってニコニコしながら階段を上って行こう。途中で子供という二つ目の荷物を背負い、また途中で部下というたくさんの荷物を背負う。みんなオレの双肩にかかっている。国の将来はこれからの若者の双肩にかかっている。目の前にいる「愛する彼女」をえいや!と君の肩に乗せよう。これで君もタフガイの仲間入りさ。このタフガイが未来を開拓する。今は情けないうじうじした男かもしれないが、荷物を背負えば逞しくなってくる。




話は元に戻して、
結婚したがらない彼をどうすれば結婚したがる男にさせることができるか、女性たちは悪戦苦闘しながらその答えを探している。私自身も難しい問題にいつも悩まされている。結婚したくない男をどうすれば結婚する気にさせることができるか、とても難しい。千差万別の事例にいつも頭を悩ましている。一生かかっても解けないなぞなぞを毎日解く努力をしているが、なかなか解けないでいる。(この仕事は一生かかっても終わらないかもしれない)笑。




そして考えに考え抜いて閃いた。


卵が先か鶏が先か作戦で行こう。企業でいけば青田買い作戦。卵のまま結婚してもらえばいい。鶏になるまで待っていては遅すぎる。仕事で何の実績のない学生を採用する、即戦力になるまで待っていられない。そのどちらも相手の将来性を買った作戦である。「将来を買う」ということは「相手を信用すること」である。


今は卵かもしれないが、青臭い人間かもしれないが、将来きっとあなたの優秀な戦略となる、将来きっと豊かなパートナーとなれる。私を信じてほしい。世界で成功した人は卵からスタートしている。何も知らないシロウト青臭い人間からスタートしている。

その意気ごみで、チャレンジしていこう。

卵から買ってもらう作戦。題して「好きを愛に変える、結婚した方が得だ!」という作戦。


結婚をしたがらない男も、彼女のことは好きなのである。その好きを結婚する愛に変える。その作戦で行こう。


続く。

関連記事


ブログランキングへ参加しています。よろしければ以下をクリックして応援よろしくお願いします。

コメント

早くその方法が知りたいです!!!!!

私事ですが、ここ数日、「風俗遊び」という新しい難題に立ち向かってきました(笑)。同時に、結婚式をキャンセルされたのは「当時気になる子がいたから」という事実を明かされました。
最初は嫉妬や怒り、悲しみがあふれてしまい、これまでの様々な思いをぶつけてしまいました…。その時、泣きながら伝えたのは「一緒に苦しんで欲しい」ということです。「逃げないでほしい」と伝えました(重!)。
でも意外に、男のプライドに火をつけたのかな?逃げようとしなくなりましたね(笑)
その後、本を読んで気持ちを入れ替えて、彼を許し、心からの愛情を身体いっぱいに表現しました。で、彼氏はもぅーメロメロ(笑)。
そして週末を無事乗り越えましたが、その後から、性感染症のリスクとの闘いが始まりました。男の性をわかっている私は、これからは性病覚悟で、死を覚悟で、彼と向き合わなければいけないのか…「彼を信じ、疑わず」、それでも恐怖に怯えながら一人で検査を繰り返さなきゃいけないのかと…。このストレスをどう処理していけばいいのだろう、と。
でも、正しい心に返ったら、彼に一生懸命性教育を始めている自分がいました(笑)参考になるサイトを、嫌われる覚悟で、勇気を持って、彼にメールしたんです。
そして、ついに、簡易検査してくれることになりました!!\(^o^)/彼の身体を守りたいという純粋な気持ちが、伝わったみたいです。
世間一般では、そんな男最低だよ。普通別れるよ。と言われる相手です。でも、私も沖川先生と同じでそういう人にチャレンジしています!!赤ちゃんみたいな、真っ白な心で、挑んでいます。
多分これが今の私の宿命なんですよね。日本の若者を1人でも更正させてるよ私。命、守ってるよ。凄いじゃないかぁ!めっちゃ社会貢献!!なーんて(笑)
今の時代、重い荷物背負ってるのって、男性ですかね?実際背負ってるのは女性だったりするんですけどねσ(^_^;)

先生の言葉にグッときた。
私は半年毎日仕事を頑張ってきました。
そしたら連絡ホントにきましたよ。
何となく先生の本来おっしゃる意味が
少しずつですが理解してきたように思えます。
自分の気持ち次第で何だって前向きに。

将来を買う。
名言ですな。
良い言葉ありがとうございます。

7歳年下の卵の彼氏に「今は結婚できない」と振られました。
1ヵ月後、友達かのように連絡をしてきました。
仕事の話、愚痴、世間話、何もなかったかのように聞いてあげたら、会おうと。
居心地がいいんでしょね。
都合のいい女にはなりません。
勇気のない卵に、結婚したい、離したくないと思われるように、作戦早く聞きたいです。
楽しみにしています!!

というか、今の男って女心をナメまくってない?と感じる時があります。
言葉がザツですみませんが…
草食系とかだけど、結局は女を慕わせてる気がする。
男もちゃんと考えて!だけど
女もしっかりー!!彼がいなくても少しは頑張れるように生きてみようよって思います。
自分が納得する恋愛や結婚したいですね。

連絡をなかなかしてくれなくなった彼に「私のこともう要らないの?」とか「別れたいの」と自爆行為?
それに対して「忙しい」「疲れてる」と。
携帯を見せてくれないことに「隠し事はして欲しくないししたくない」と言うと「自分は見せたくないし見たくない」
そんな話をすると黙り込むから「嫌な気持ちにさせてごめんなさい」と謝ったけど…
それから相変わらず連絡がないからこっちからもしないようにして…で、仕事で泊めてもらい(遠恋なので)帰りは送ってくれ、今度はうちに泊まり帰ってから20日間音信普通…
その時は普通にラブラブだったのに!
2年前に仕事でいっぱいいっぱいの時自爆行為をして「仕事が忙しいのを分かって欲しかった」と距離を置かれて復活したのにまたこんな状態…
今度は先生のブログを読んで、あたたかく見守り信じようとしてたのに、仕事が原因?私が原因?
戻ってきたら小出し作戦絶対やります!
その前に、沈黙?それともしつこくあきらめないで週間メールを出し続ける?
先生にみていただくのが早道なのでしょうか?
(因みに私たちは今9年目です)

いつも勉強させていただいています。
いつも本当にありがとうございます^^
すごく感動しました。
先生の熱意、そして考え方。
今、まさにその心境です。
男って本当に意気地なし。でも本当は女を幸せにできないで男じゃないって強く感じていると思います。
こういう風潮だからこそ。
ひねくれてるんですね。
私はバツ一長女なので、責任感の強い結婚できない長男の気持ちがよくわかります。
結婚に失敗した男なんてもっと自分に自信ないです。
だから変に意固地になったりする気持ちも理解できるようになりました。
潜在意識ってすごく難しい理論的なように一見、感じるけど、
実は案外、自分のいいように人を信じてみるってことだと思っています。
自分の都合のいいように解釈してしまって、
勘違いだったらスルーすれば言いだけの話で、
期待するってことはエゴだから、男は嫌になりますよね。
どんなに熱愛された男でもあまりに期待されすぎると、嫌になっていくと私は感じています。
ただ、心のどこかこの男はこうだからだめだとか、
きめつけるとそうなっていくし、男は自分にとっていいもんだ、幸せにしてくれるもんだって思っていないと、そういううまくいかない男がよってくるし、また不幸感のある女と一緒にいたいなって思わないと思うんです。
なにか俺が支えてやらないとって思わせる女の可愛らしさとは別に、
よく、映画でこういうさみしげな女にぐっとくるっていっている男の本心も、実はその映画の虚構の世界だからそう思えるってことで、現実はそうでもなかったりする。だってそんな女が日常にそばにいたらうざいとおもいませんか。。
想像するにAVをみる感覚なのでしょうね。。
話がかなり脱線してしまいましたが。。
やっぱり好きになったその男を信じてみるっていうのは、勇気のいることだけど、
自分にとってもプラスになると思います。
たとえその男が自分の思い通りにならなかったとしても、それは当たり前の話くらいにかまえていればいいと思うんです。
信じるっていうと重い感じもするので、そのすきになった男をひとりの人間として本心から信頼して何かあれば優しく支えるという感覚でしょうか。。まるで親友みたいですが。
とことんその、先生のおっしゃる、心は積極的の精神でいきたいと思います。

興味深い内容をありがとうございます。
皆がどんなことを考えているのかがわかり、つい毎日読み入ってしまいます。
此処から先は、男性のちょっと穿った意見につき、理解しにくい内容であることは予め断っておきます。
思ってしまうことの中に、結婚したところで幸せな未来が見えないということがあります。
結婚できたとしたとしてもそれはスタートに過ぎないのです。
職は失えない、収入は高い水準で一生維持しなければならない、疲れて家に帰ってきた後は家族の悩みを聞かなければならない。
でも、生活水準を死守しろというのはもう不可能に近い注文。経済情勢は日々変化し、平均収入は下がる一方。
しかし、ひとつでも達成できなければもう離婚への秒読みが始まる。熟年離婚やら離活といった妙に軽々しく不吉な言葉は、日々耳に入ってくるものです。
自分の財産だと思ってきた家族から、ある日突然理不尽な理由で離婚を迫られ、築いてきたものすべてを失う。
そんな状況想像もしたくありません。
しかし、想像したくはないとはいえ、離婚率なんてもううんざりする水準です。
予備軍までいれるといったいどれくらいになるのか・・・・。
卵からかえった鳥が猛禽となり、爪を突き立てた後に飛び去っていく。
それが件の男性の考えた「損」なのでは?と邪推してしまいました。
気分を害した女性には申し訳ありませんが、ふとこんなことを思ってしまいました。

とある男性さんへ
そんなに次から次へとネガティブなことばかり考えていて疲れませんか?
・・・ねばならないことなんて、実は一つも無いかもしれませんよ。
あなたが思い込んでいるだけで。
例えば、家族の悩みなんて、聞きたくないときは聞かなければ良いだけの話です。
あなたは何がしたいのですか?
どんな人生を歩みたいのですか?
人生は、自分の手で切り開くもの。
もっと、自分のやりたいこと、なって欲しい人生に焦点を合わせれば、あなたの人生は変わっていくと思いますよ。

上記の「とある男性」さんと
そのレスの「うめ」さんとのやりとりを、とても興味深く拝見しました。
男性は男性で、そんなふうに悩んでいるのですね・・・。
女性は、「将来、結婚できなかったらどうしよう。出産リミットがあるのに」と悩み、
男性は、「将来、家族を養えなくなったらどうしよう。」

お互いがお互いに
自分をギューギューにして、悩んじゃうのですね。
「結婚してくれない!」とギャーギャー言うよりも、
「お互いに結婚に対する不安を話しあってみる」ところから始めればいいのかも。
そうすれば、お互いの不安を取り除いてあげられるかも。
2人でがんばって
想像以上の幸せが手に入るかも!
明るい未来のビジョンを、積極的に話しあおうと思いました。
ありがとうございます。

丁寧なコメントをいただきありがとうございました。
私は確かに悪いことばかり考えすぎなのかもしれません。
もう少し明るいビジョンを持ちたいと思うようになりました。
そうしないと悪い情報にばかり目がいってしまうものだからです。

世界のあちこちで、天変地異が起きたり、経済不況に陥ったりして、今まで通りのシステムではうまく機能せず、人類全体が変革を迫られていると思っています。
私達は変わっていく。
過去の当たり前は、今の当たり前では無くなっていく。
自分の考えや、気持ちを一度ゼロに戻して、自分にとって大切なものは何かを心で感じる。
心で感じた大切な温かいものを実現するために、私達は明るいビジョンを持って行動していけば良いと思っています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する